2015年06月08日

新型インフル薬:備蓄目標見直しへ 期限廃棄で無駄多く【毎日新聞2015年6月8日】(鳥インフルエンザ)

タミフル=石井尚撮影

【写真特集】ミクロの目で見た細胞、網膜…写真図鑑が人気
 厚生労働省は、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に備えた抗ウイルス薬の備蓄方針を見直す検討を始めた。現在は国のガイドラインで国民の45%相当(5700万人分)の目標が定められ、国と都道府県が薬を備蓄しているが、来年度以降、有効期限切れで大量に廃棄されるため。専門家の間でも巨額の費用の割に無駄が多いと疑問の声があり、同省は夏までに備蓄量や薬の品目について結論をまとめる。

 備蓄は、鳥インフルエンザによる人の死亡例が海外で報告されたことを受け、2006年度に始まった。対象の薬はタミフルとリレンザ。備蓄目標は当初、国民の23%だったが、08年度に45%に引き上げられた。同省によると、現在は目標を大きく上回る計6840万人分を備蓄している。

 薬の有効期限は当初5年だったが、7年、10年と2回延長してきた。厚労省はこれ以上延ばせないとの見解で、来年度中に国と地方で計1677万人分が初めて廃棄対象となり、新たに購入しなければ備蓄目標を下回る。一方、備蓄にはこれまで、都道府県への購入補助も含め総額で約1560億円が投入されている。

 現在は、国民の25%が新型インフルにかかり、患者の治療や予防投与が必要になった上に、季節性インフルエンザも同時流行し、全患者に薬を投与するとの被害想定に基づいて備蓄している。しかし、09年に新型と季節性インフルが同時流行した際も備蓄分はわずかしか使われなかった。感染症の専門家からは「こんなに薬が必要になる状況は考えにくく、無駄が多い」との指摘が出ている。また、備蓄薬の8割を占めるタミフルには耐性ウイルスも報告され、有効性や副作用を懸念する声もある。

 厚労省は既にこの問題の作業班を設置し、有識者らと議論を始めた。備蓄目標は政府計画で決められており、見直しには内閣官房での検討も必要となる。厚労省新型インフル対策推進室は「有事に備えは必要だが、現行の考え方が妥当かどうか幅広く意見を聞きたい。新たに承認された薬もあり、国民を守る適切な備蓄方針を検討したい」としている。【千葉紀和】
http://mainichi.jp/select/news/20150608k0000m040118000c.html

ttps://archive.is/fTOn8

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇治川生まれ 鵜の初陣【YOMIURI ONLINE2015年6月8日】(ウミウのウッティー)

「ほら、潜って!」

 鵜匠うしょうの沢木万理子さん(41)の腕に抱かれていた鵜が、かけ声を合図に水中へ飛び込んだ。綱をぐいぐい引っ張って、自分よりも大きなコイを追い回す。


 「あんたの獲物には大きすぎるよ」。沢木さんが笑いながら綱をたぐると、鵜は甘えるように沢木さんの頬にくちばしを寄せた。

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)のそば。宇治川の鵜飼いで、昨年6月、国内初の人工孵化ふかで誕生した鵜の若鳥が、今シーズンのデビューに向け、特訓中だ。

 国内の鵜飼いに使われるウミウは、すべて茨城県日立市で捕獲されている。気性が荒く、飼育下での繁殖は難しいとされてきた。

 ところが昨年、春先から1組のペアが巣作りを始め、やがて産卵。孵卵器ふらんきで温めると、ひながかえった。沢木さんは鳥類に詳しい専門家らに助言を求め、つきっきりで育てた。昨秋から鵜飼いの練習を積み、最初は水に入るのも怖がっていた若鳥が、何とか魚を捕れるまでに成長した。

 宇治市観光協会は、公募で若鳥の愛称を「うみうのウッティー」に決定。ウッティーグッズを作って盛り上げを図る。人工孵化の鵜をさらに増やそうと、冬場の餌のやり方を工夫。今年は2組のペアが13個を産卵。このうち2羽のひながかえり、沢木さんらが大切に育てている。

 沢木さんの目標は、綱を結ばず、自由に魚を取らせる「放ち鵜飼い」を、ウッティーをはじめ宇治で生まれ育った鵜で再現すること。かつて島根県益田市・高津川に伝わっていた「幻の漁法」だ。「ひなから育てて信頼関係を結べば、きっと実現できる」と夢を描く。

 平安時代の蜻蛉かげろう日記にも描かれている宇治川の鵜飼い。伝統を受け継ぎながら、新たな一ページを開きつつある。

 写真 尾崎孝 吉野拓也 文 今津博文(2014年7月1日から2015年5月28日に撮影)

「ウッティーは私のことを母親だと思っている。きっと『よくできたでしょう? もっとほめてよ!』とでも言いたいんじゃないかな」と沢木さんは目を細めた

孵卵器で温められる鵜の卵。手前の卵からウッティーがかえった(宇治市観光センターで、昨年7月19日撮影)

来年の人工繁殖を見据え若い鵜のペアを選ぶため、ウミウ捕獲場を見学する鵜匠の沢木さん(手前)(茨城県日立市で)

赤いかがり火の下、鵜匠の手綱さばきでアユなどの小魚を捕まえる鵜飼い。大正時代に観光鵜飼いとして復活し、夏の風物詩として人気を集めている(昨年7月1日撮影)


生後3週間目で初めて立ったウッティー。まだ羽毛は少ないが、魚のすり身などを食べて育つ(昨年7月19日、京都府宇治市で)

本物の鵜の卵(手前2つ)を見ながら鵜の偽卵に色づけする鵜匠の沢木さん(京都府宇治市で)

鳥類の繁殖に詳しい多摩動物公園飼育展示課の野生生物保全センターの杉田平三さん(中央)と相談する沢木さん(右)と同僚の鵜匠・江崎洋子さん(東京都日野市で)

沢木さん(右)が差し出した腕を目指して飛ぶウッティー(京都府宇治市で)

笑顔の沢木さんとウッティー(京都府宇治市で)

2015年06月08日 14時00分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/photograph/zoomup/20150608-OYT8T50548.html

ttps://archive.is/g1LN7
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードストライク 鳥と衝突し旅客機引き返す 乗客乗員にけがなし 名古屋発青森行き【産経ニュース2015年6月8日】(ヒバリ)

 8日午後6時ごろ、愛知県営名古屋空港を離陸した青森行きのフジドリームエアラインズ(FDA)367便エンブラエルERJ170の機首に鳥が衝突した。同機は点検のため、約30分後に名古屋空港に引き返した。

 FDAによると、機体に損傷はなかった。乗客乗員計73人にもけがはなく、約1時間40分遅れで青森に向けて出発した。

 衝突現場付近の滑走路でヒバリ1羽の死骸が見つかっており、この鳥が衝突したとみられる。
http://www.sankei.com/west/news/150608/wst1506080091-n1.html

ttps://archive.is/zBFgM
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゾフクロウのヒナすくすく 巣立ちは6月下旬【朝日新聞デジタル2015年6月8日】

北海道内の森林では、エゾフクロウのヒナたちが育っている=6日午前、北海道空知地方、山本裕之撮影

北海道内の森林では、エゾフクロウのヒナたちが育っている=6日午前、北海道空知地方、山本裕之撮影

 北海道空知地方の森林で、エゾフクロウのヒナが元気に育っている。孵化(ふか)したのは4羽。地元関係者は「今年は雪が少なかったせいか孵化も早めで、5月21日に巣穴から出てきた」と言う。

特集:どうぶつ新聞
 ヒナたちは仲良しで、くちばしで互いの身体を触るなど、寄り添って過ごしている。親からネズミなどの餌をもらい、6月下旬までには、周辺の野山へ巣立ちをする見通しだ。「それまで静かに見守ってほしい」と地元の人は話していた。(山本裕之)
http://www.asahi.com/articles/ASH674JPLH67UQIP00C.html

ttps://archive.is/8Nb26
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鵜飼いの未来を議論 岐阜でシンポ、鵜匠ら3人【中日新聞2015年6月8日】

鵜飼いの未来について意見を交わす(右から)近藤正臣さん、山下純司さん、細江茂光市長=岐阜市のじゅうろくプラザで
写真
 「長良川の鵜飼漁の技術」が三月に、国の重要無形民俗文化財に指定されたことを記念し、岐阜市などは六日、「長良川鵜飼未来シンポジウム」をJR岐阜駅隣接のじゅうろくプラザで開いた。長良川鵜飼の鵜匠代表山下純司さん(76)、釣り好きで、長良川の自然に詳しい俳優の近藤正臣さん(73)、細江茂光市長の三人が、伝統文化をいかに守っていくか、意見を交わした。

 市民ら約三百八十人が耳を傾けた。

 山下さんは、重文登録を知ったとき「えらいもんをもらってしまった」と責任の重さを痛感したという。鵜匠の仕事を引き継ぐことになる四歳の孫が見ているからと、毎日緊張感を持って鵜の世話をしていると話し、「孫の世代も、立派に仕事を続けてほしい」と期待した。

 岐阜市は、「長良川の鵜飼漁の技術」の世界無形文化遺産登録を目指しているが、細江市長は、仮に実現すれば、観光客の急増が予想されると指摘。「鵜飼いが見にくいという不満も出てくる。観客増を目指すのか、質を取るのか、将来の姿を今から考える必要がある」と話した。

 近藤さんは郡上市に別荘があり、しばしば長良川で釣りを楽しむ。「魚がいてこその鵜飼い。生きた長良川を残すことが大切だ」と環境保全を訴えた。

(宇佐美尚)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20150607/CK2015060702000017.html

ttps://archive.is/8xZUW
タグ:鵜飼
posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縁雫にちなんだペンギン登場 松江フォーゲルパーク【山陰中央新報2015年6月8日】

レインコートやてるてる坊主を着けたペンギン
 雨の松江を楽しむ「縁雫(えにしずく)観光月間」にちなみ、島根県松江市大垣町の松江フォーゲルパークで6日から、レインコートやてるてる坊主を着けたペンギンの散歩が行われ、来場者を楽しませている。

 8日は、ナイロン生地で作った衣装をまとったり、てるてる坊主をぶら下げたりした4羽が、散歩コースを歩いた。広島県三次市から訪れた受水節子さん(65)は「間近で見られて感激。かわいい姿に癒やされた」と笑顔で話した。

 松江観光協会などが雨に関連した多彩な催しを行う6、7月の同月間を盛り上げるために企画。6月28日までの毎日午前10時半と午後2時に散歩する。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=552846004

ttps://archive.is/submit/

キモかわいい♪ 話題のハシビロコウクッキー「ことりカフェ」登場!愛鳥家コミュニティ「Birdstroy」コラボクッキー♪「第2回ハシビロコウ祭り」で限定販売!【プレスリリース2015年6月8日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、愛鳥家や小鳥ファンに人気の情報コミュニティサイト「Birdstory」とのコラボレーション企画として、“キモかわいい”と話題の動かない鳥、ハシビロコウのクッキーを、2015年6月11日(木)から6月14日(日)まで「ことりカフェ表参道」と「ことりカフェ吉祥寺」で開催される「第2回ハシビロコウ祭り」にて数量限定で販売いたします。また、6月8日(月)から「ことりマルシェ」(http://store.shopping.yahoo.co.jp/kotorimarche/)にて先行販売いたします。

※クッキー撮影:オザ兵長/ハシビロコウ画像提供:神戸どうぶつ王国(http://www.kobe-oukoku.com/

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約20羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区 井上グランシェフ)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■Birdstoryについて
合同会社ほおずき印が運営する、愛鳥家さんのためのコミュニティサイト。鳥に関する最新ニュースの配信をはじめ、フォトコンテストの開催や鳥好きの友達探し、鳥に関する疑問・質問の解決等、鳥に関する様々なコンテンツを提供している(http://birdstory.net/

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6-3-7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1-14-7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎月第3火曜日※祝日の場合翌日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000091.000010272.html

ttps://archive.is/9i577
posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保存会奉納の鶏、神宮内宮に放鳥【中日新聞2015年6月8日】(小国鶏/河内奴)

参拝者が見守る中、籠から放された神鶏=伊勢市の伊勢神宮内宮で

 神宮奉納鶏保存会(玉城町)は七日、伊勢市の伊勢神宮内宮に鶏を奉納し、神の使いとされる「神鶏(しんけい)」として神域内に放鳥した。

 保存会には県内外の愛好家二十二人が所属し、神宮への奉納は十回目。真っ白な小国鶏(しょうこくけい)、小型の河内奴(かわちやっこ)など、会員が一、二年かけて育てた二十羽を用意した。

 会員は宇治橋を渡って鶏を神楽殿まで運んだ後、大勢の参拝者が見守る中で籠や箱から放った。保存会の西川祥一会長(67)は「奉納を続け、伝統ある日本の鶏を引き継いでいきたい。サミットで訪れる外国の方にも見てもらえれば」と話していた。

 (川原田喜子)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150608/CK2015060802000018.html

ttps://archive.is/5adyr
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【直撃!体験!ちばの現場】「千葉あそび」ツアー【産経ニュース2015年6月8日】(フクロウカフェ)

 ■フクロウ、ウインドサーフィン満喫

 千葉市の観光スポットを体験するプランを季節ごとに紹介するユニークな無料誌「千葉あそび」が、市内のコンビニなどで配布されており、内外に市の魅力を伝えている。第4弾となる今夏号(2万5千部発行)に掲載されているモノレール基地見学や田園サイクリングなど15ツアーの中から、中央区の繁華街にある3店舗をまわる「少しディープな千葉の夜」ツアーと、ウインドサーフィンを体験できるプランに記者が参加してみた。(山本浩輔)

                   ◇

 ◆「縁起がいい」

 千葉の夜ツアーの1店目は、フクロウとふれあいながら飲食を楽しめる市内唯一のフクロウカフェ「ふくろうの城千葉店」。出迎える約12羽はよく人になついおり、直接触ったり、エサやりができるのが同店の売りになっている。

 専用の手袋をつけて、1番大きなフクロウを乗せてもらった。体長約30センチはあるが、ほとんど重みは感じない。別のフクロウが餌をくわえたまま、うとうとしているのが印象的だった。ヒナも見ることができた。店長の青山玲子さん(44)は「子供だけでなく、お年寄りの方も『縁起がよい』と笑顔です」と話した。茂原市から夫婦で参加した会社員の森信介さん(58)は「これ目当てでツアーに参加した」と満足げだった。

 ◆久々の教室机

 続いて2月にオープンしたばかりの「あいどるかふぇ2ねん8くみ千葉店」へ。飲食しながら、いずれも県内出身という高校生、大学生ら約25人のアイドルの卵たちの歌や踊りを楽しめる。千葉市緑区出身のあずみさん(19)は「小さい頃からアイドルに憧れていました。あまり興味がないお客さんにも楽しんでもらえるよう、頑張ります」。

 座席は懐かしい教室机だ。この日はオリジナル曲を披露していたが、客のリクエストに応えたり、客が歌うのを盛り上げてくれたりもするという。常連客のハトさん(22)は「県内にはこれまで(無名の)アイドルを楽しむ店はなかった。各地の仲間たちを呼べてうれしいです」。

 最後の店「山傳丸千葉中央店」では、この日に鴨川港にあがった新鮮なネタがふんだんに使われた海鮮丼を食べた。刺激的な遊びでおなかも減っており、とてもおいしく頂けた。

 ◆高齢者もOK

 後日、検見川浜(同市美浜区)でウインドサーフィンを楽しむ朝のプランも体験してみた。

 晴れており、ウエットスーツで海に入るのは気持ちいい。ヨットの帆にあたるセールを少し動かすと風の当たり方が変わり、進行方向が変わる。180度の方向転換は難しく、何度も海に落ちてしまった。

 指導してくれた専門店「DUCK(ダック)」(同区)の岩下哲也店長は「特別な技術やセンスは必要なく、高齢者でもできる。この時期のこの浜は風の強さも良くおすすめです」と話した。

 3店舗をめぐる夜のツアー参加費は2800円、ウインドサーフィンのプランは3千円だった。「千葉あそび」の各プランは市ホームページからも見ることができる。日程などの問い合わせは市集客観光課(電)043・245・5066。

                   ◇ 

 県内の「気になる現場」を若手記者らが直撃・体験してレポートします。
http://www.sankei.com/region/news/150608/rgn1506080052-n1.html

ttps://archive.is/cNlaK

秋田)パレードやえさやりで動物と交流 大森山動物園【朝日新聞デジタル2015年6月8日】(ペンギン)

キリンにえさをあげる子ども=秋田市大森山動物園

 秋田市大森山動物園で7日、「春の動物ふれあいフェスティバル」があった。好天にも恵まれ、訪れた多くの親子連れが動物との交流を楽しんだ。

 フェスティバルは「動物と来場者が直接ふれあってほしい」と2006年から始まり、今回で10回目。

 「どうぶつパレード」ではヘビやヤギ、ペンギンなど8種類の動物が、飼育員とともに園内をパレードした。動物へのえさやり体験にも多くの人が集まった。

 小学3年の金田康希君(8)は、キリンにキャベツやニンジンなどを食べさせた。「長い舌で手をべろっとなめられた。おいしそうに食べていた。またあげたい」
http://www.asahi.com/articles/ASH674TV9H67UBUB004.html

ttps://archive.is/3SmpA

福島)仮役場和ます子ガモ9羽【朝日新聞デジタル2015年6月8日】(既報1ソース)

親カルガモに寄り添いながら、大熊町仮役場の中庭にある池を泳ぐ子ガモたち=会津若松市追手町

 会津若松市にある大熊町仮役場の中庭で、9羽のカルガモが孵化(ふか)した。よちよちと親ガモについてまわる姿が、職員や訪問者たちを和ませている。

 カモの子育てが仮役場で確認されたのは初めて。5月半ばに職員が、中庭の茂みで12個の卵を温める親ガモを見つけた。そっと見守っていたところ、6月に入り、子ガモ9羽が姿を見せた。

 中庭を建物がぐるりと囲む構造のため、まだ飛べない子ガモたちは、中庭から出られない。職員の村井一隆さん(42)は「しばらくの間、役場を和ませてくれそう」と話す。

 渡辺利綱町長も、カモの成長を楽しみにする一人。親ガモに寄り添い池を泳ぐ姿を町長室から眺めながら「おかげで、避難先で激務が続いている職員たちに笑顔が増えた気がするな」と目を細めた。
http://www.asahi.com/articles/ASH656W6PH65UGTB01B.html

カルガモ親子、愛らしい姿 大熊町職員らの心を和ませる【福島民友トピックス2015年6月7日】
見る人を和ませているカルガモ親子

 会津若松市の鶴ケ城近くにある旧会津学鳳高の校舎中庭に、カルガモの親子が生息しており、母ガモとヒナが連れ立つ愛らしい姿が見る人を和ませている。
 母ガモは中庭内に巣をつくっており、1カ月ほどの抱卵期間を経て、3日にヒナ10羽が誕生。母ガモの後に列となって行進したり、中庭内の池を悠々と泳いだりと、日々成長を続けている。
 同校舎は、原発事故に伴って全町避難している大熊町が役場機能を置いており、町職員は業務に追われている。慌ただしい日常に現れた親子ガモの光景に、町職員は「心を和ます存在だ。復興に向け町が“飛翔”する日も近い」と仕事への意欲を高めていた。
(2015年6月7日 福島民友トピックス)
http://www.minyu-net.com/news/topic/150607/topic5.html

ttps://archive.is/mF15a
ttps://archive.is/KbAAj
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする