2015年06月16日

自らを飾る驚異の装飾系動物6選 レディー・ガガなど目じゃない自然界のベストドレッサーたち【ナショナルジオグラフィック日本版2015年6月16日】(ヒゲワシ)

カムフラージュのために折れたウミウチワを背負う紅海のモクズショイ。 (PHOTOGRAPH BY CHRIS NEWBERT, MINDEN PICTURES/NATIONAL GEOGRAPHIC)

 自然界にはレディー・ガガより奇抜なファッションに身を包む動物がたくさんいる。

 カニや昆虫や鳥類には、体を飾り立てる習性をもつものが多い。「けれどもおそらく、その理由はまちまちです」と、英国エクセター大学の生態学者マーティン・スティーブンス氏は言う。

 スティーブンス氏とグレイム・ラクストン氏は、6月3日に英国王立協会の科学誌『バイオロジー・レターズ』に発表した論文で、自分の体を飾り立てる習性をもつさまざまな動物に関する研究を概観し、こうした装飾には、カムフラージュからコミュニケーションまで多様な機能があるらしいことを明らかにした。

 スティーブンス氏は、「動物が自分の体を飾り立てる最も一般的な理由は、捕食者から逃れるためです」と言う。

 ほかには、日よけや、異性の目に魅力的に映るためなどの理由がある。

 そこで、自然界のベストドレッサーたちを紹介してみよう。


モクズショイ

 クモガニ上科の多くが、捕食者から身を隠したり撃退したりするために、身の回りにある材料を使って体を飾り立てる。

 こうしたカニの殻は、マジックテープのような鉤状の毛に覆われている。海藻、海綿、イソギンチャク、サンゴなどをこの毛に引っかければ、背景に溶け込んだり、別のもののふりをしたりすることができる。生態学者はこの戦略を「擬態」と呼ぶ。

 刺激臭を放つものや有毒な化学物質を含むものを選んで身につけることで捕食者に抵抗しているカニもいる。

クモガニとは別の種類だが、ウニを背負って盾にしているホモラ科のキャリアクラブ。今日は荷物が重いとぼやいている方は、自分がキャリアクラブに生まれなかったことに感謝するべきだ。彼らは防御に使えそうなものはなんでも拾う。ほかの動物だっておかまいなし!


トビケラの幼虫

トビケラの幼虫は、身の回りにある材料をより合わせて作った「ケーシング」に入って身を守る。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
 トビケラという水生昆虫の幼虫の多くは、身の回りにある材料をつかって自分用のハードケース(ケーシング)をつくる。体から出した糸で材料を綴り合わせ、捕食者から身を守る頑丈なよろいに仕上げるのだ(参考記事:「華麗なる擬態の世界」)

 ケーシングは体がぴったり入る大きさで、餌を食べたり移動したりするときも、ほとんどの幼虫はこの中に入ったままだ。精巧な作りの巣には、流れの速い淡水に棲む幼虫の体を守る役割もあるかもしれない。


イノシシ

 イノシシは泥の上でごろごろ転がり、全身に泥を塗りたくってから乾燥させる。科学者は、イノシシの泥浴びには体温を調節し、寄生虫を落とし、傷を消毒する効果があると考えている。


サシガメ

この写真には写っていないが、サシガメは捕食者から逃れるためにアリの死骸の山を背負うことがある。(PHOTOGRAPH BY BRIAN GORDON GREEN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 論文の共著者であるスティーブンス氏によると、カメムシの仲間のサシガメという昆虫は、捕食者から逃れるために、自分が餌にしたアリの死骸を背負って歩くという。

 この戦略は有効だ。このゾッとするアクセサリーを背負ったサシガメは、何もないときよりハエトリグモに捕食されにくいことが研究により示されている。ハエトリグモは、アリの死骸の山には気づくものの、その下においしいサシガメが隠れていることには気がつかないからだ。


ヒゲワシ

鉄分を多く含む土で羽毛を赤く染めたヒゲワシ。(PHOTOGRAPH BY ROBYWILDLIFE, ALAMY)

 鳥たちの中には、見栄えを変えるために自分の羽毛にいろいろと付け加えるものがいる。まるで化粧のように。

 白い羽毛が多いヒゲワシ(学名:Gypaetus barbatus)は、鉄分を豊富に含む土に頭や首や尻をこすりつけて赤茶色に染める。

 歳をとり社会的に優位に立つ個体ほど赤茶色をしているので、この色は地位の象徴なのかもしれない。(参考記事:「“メイク”で異性の気を引くフラミンゴ」)

 羽毛を染める習性には、抗酸化作用や、有害な細菌から身を守る働きなど、医学的な意味もあるかもしれない。


クサカゲロウの幼虫

 排泄物を身にまとうという手もある。クサカゲロウの幼虫は、死んだ皮膚や自分自身の排泄物などを身にまとっているが、これには、カムフラージュと捕食者に襲われた場合の防具の両方の意味があるようだ。(参考記事:世界最古の擬態昆虫、1億1千万年前のクサガメ)

 例えば、クサカゲロウの幼虫はアブラムシを食べるが、その際、アブラムシが分泌する綿毛のようなロウ状物質を自分の体に移すことで、アブラムシの世話をするアリから身を守ることができる。実験では、クサカゲロウの体からこの衣を剥ぎ取ってしまうと、アブラムシと協力関係にあるアリから侵略者と認識されて追い払われてしまうという。

文=Mary Bates/訳=三枝小夜子
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/061500146/

ttps://archive.is/QxZMe

タグ:ヒゲワシ
posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[鳥獣害と闘う] 黒テグス カラス撃退 福岡県の古野さん【日本農業新聞e農ネット2015年6月16日】

 福岡県桂川町の古野隆雄さん(64)は、黒いテグスを使った安価なカラス撃退法を考案した。角度によってテグスが見えたり見えなかったりするため、カラスが慣れることがない。網の目のように張り巡らす必要がないため、費用は30アールの圃場(ほじょう)で460円程度と格安だ。水稲や野菜などの露地栽培全般に活用できる。

・30アール460円/効果持続

 農水省によると、カラスによる農作物被害額(2013年度)は全国で18億1100万円。野生鳥獣による被害額の1割を占め、被害に悩む農家が多い。かかしや音で驚かせたり、透明なテグスを張ったりしても、学習能力の高いカラスはすぐ慣れてしまい、効果が薄いのが現状だ。

 そこで古野さんは、光って見えてしまう透明テグスと違い、角度によって全く見えなくなる黒テグスに着目し、圃場に設置した。「黒テグスを使い始めた09年以降、カラスの被害は全くない」と古野さんは抜群の効果を強調する。

 網の目のように細かく張り巡らす必要はなく、コストが安く済むのが特徴だ。古野さんは横10メートル間隔で張る。黒テグスを張る距離が長くなる場合には、必要に応じて支えるための太糸を張って黒テグスがたるまないようにする。

 古野さんが使用したのは、鳥獣害防止資材メーカーの末松電子製作所(熊本県八代市)が販売する0.3ミリの極細黒テグス。価格は1メートル当たり1円で、古野さんと同じ間隔で張った場合、費用は30アール当たり460円に抑えられるという。

 ワイヤと違って、生産者がぶつかっても傷つく恐れがないため、安全性も兼ね備えている。古野さんは「細かく張らなくても効果が期待できる。心配なら部分的に密に張ればいい。ぜひ試してほしい」と提案する。

 極細黒テグスの問い合わせは、末松電子製作所、(電)0965(53)6161。(松本大輔)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=33650

https://archive.is/DJqyJ
岐阜 黒ワイヤ使い柿泥棒撃退 大野でカラス防止実験【中日新聞2015年9月16日】
カラス対策で弘大医屋上にテグス新設【陸奥新報2015年10月24日】
posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥撮影に最適なコンプリートキット“エクシリム”「EX-100」とスコープを組み合わせたセットを販売【プレスリリース2015年6月16日】(KOWAスポッティングスコープ TSN-884)

デジタルカメラとスコープを組み合わせて撮影する望遠撮影は「デジスコ」と呼ばれ、スコープで拡大されて見える被写体の像をデジタルカメラのズームレンズでさらに拡大して、野鳥を主役とした臨場感あふれる写真を撮影できることから、野鳥撮影を楽しむ多くの方に親しまれています。
カシオの「EX-100」は、コンパクトで高性能なズームレンズを搭載しており、全域F2.8の明るさで望遠撮影時のブレを軽減しています。独自のEXILIMエンジンによるハイスピードテクノロジーにより、サクサク撮れる高速レスポンスと高画質を同時に実現しており、スコープと組み合わせ、動きの速い野鳥の撮影を行うのに最適なモデルです。
組み合わせるスポッティングスコープとして、対物レンズに大口径88mmのフローライト・クリスタル素材を使用し高い結像性能を持つ「TSN-884」、口径77mmで色にじみを効果的に除去しながら深い被写界深度で写しやすく携帯性に優れた「TSN-774」(ともに興和光学株式会社製)の2モデルを用意。それぞれ望遠撮影のために必要な周辺機材をセットにしたコンプリートキットとし、焦点距離約900〜最大4200mm(35mmフィルム換算)の解像感豊かな望遠撮影が楽しめます。



※1 スポッティングスコープ「TSN-884/774」については、興和光学株式会社のWEBページをご参照ください。(http://www.kowa-prominar.ne.jp/product/spotingscope/index.html
なお、「e-casio」では、当コンプリートキット以外にも、手持ちのパーツを活かした望遠システム構築が可能なキットを用意しております(http://www.e-casio.co.jp/shop/c/c3001/)。

【EX-100とは】
焦点距離28mm〜300mm※3の全域で開放F値2.8を実現した、コンパクトで高性能なズームレンズを搭載しています。全域F2.8の明るさで望遠撮影時のブレを軽減するとともに、背景を美しくぼかして被写体を浮かび上がらせる表現も楽しめます。明るいレンズ、受光面積が広く高速連写に適した1/1.7型センサー、そして独自のEXILIMエンジンによるハイスピードテクノロジーにより、サクサク撮れる高速レスポンスと高画質を同時に実現。好評を博しております。
高速レスポンスとしては秒間30枚の高速連写、シャッター半押することで、シャッターを押す前も撮れる「パスト連写」など、野鳥の飛び立つ瞬間も狙いやすい性能を搭載しています。
「EX-100」製品ページ:http://casio.jp/dc/products/ex_100/
※3:35mmフィルム換算。

【株式会社デジスコドットコムとは】
デジタルカメラとスコープ(望遠鏡)を組み合わせた望遠撮影「デジスコ」の普及を目指し、デジスコに関わる光学機械器具の考案、設計、製造、販売を行うともに、著作や講習会・体験会などイベント企画・運営をサービス業務として展開。「デジスコ」に関わり、楽しむ人々に必要な情報の提供を目指したサイト「DIGISCO.com(デジスコドットコム)」を運営している。
「DIGISCO.com」(http://www.turboadapter.com/


コンプリートキット使用例(TSN-884)

スポッティングスコープ(TSN-884)&ユニット

雲台&三脚

撮影イメージ

EXILIMは、カシオ計算機の登録商標です。その他の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000014104.html

ttps://archive.is/wAWLq
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイパー40件破壊、嘆く警察「逮捕できない」【YOMIURI ONLINE2015年6月16日】(カラス)

 松江市東出雲町の住宅街で今春、車のワイパーが壊される被害が約40件相次いだ。

 被害届を受けた島根県警松江署が延べ約50人の捜査員を投入するなど捜査。警戒のため設置した防犯カメラに映っていた“犯人”は、カラスだった。巣作りに利用した可能性があり、松江署も「カラスじゃ逮捕もできない」と困惑気味だ。

 被害は今年2月頃に始まり、約300メートル四方の住宅街で、車に取り付けられたワイパーのゴムが引きちぎられるなどの被害が続いた。松江署は、日中には住宅街で覆面パトカーを頻繁に走らせ、夜間も警察官が張り込むなど、万全の警戒体制で犯人を待ちかまえ、防犯カメラも設置した。

 5月下旬、防犯カメラが、車のボンネットにとまり、ワイパーをつつく黒い姿を捉えた。目撃情報などの証拠もそろい、同署はカラスの仕業と断定した。その後、被害は沈静化したが、地元自治会では来年の繁殖期も警戒するという。

 カラスの生態に詳しい杉田昭栄・宇都宮大教授(動物形態学)は「カラスはクッションとして軟らかい素材を巣作りに使うことがある。しかし、これほど狭い地域に集中的に被害が発生するのは珍しい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150616-OYT1T50097.html

ttps://archive.is/38mol
posted by BNJ at 23:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクトウワシの空中大激戦【新華ニュース2015年6月16日】

6月14日付の英紙「デイリー・メール」によると、アメリカ・ワシントンを訪問中のマレーシアのカメラマンが2羽のハクトウワシが獲物を奪い合っている場面を写真に収めた。小魚の奪い合いで、2羽のハクトウワシが空中で大激戦を繰り広げていた。

ハクトウワシはウサギやリスなどの小動物を捕食し、時々ほかの動物の獲物を横取りする。

ハクトウワシは大型食肉鳥類で、翼を広げると2.5メートルに達するものもいる。勇猛なハクトウワシが高空から急降下し、鋭利な爪を伸ばして激しく噛み合っている場面が撮られたのは珍しい。

(翻訳 孫義)
http://www.xinhuaxia.jp/social/72259

ttps://archive.is/9PUIT
ttps://archive.is/RWqgn
posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コアジサシ:ヒナ、都会ですくすく 東京・大田区【毎日新聞2015年6月16日】

生まれたばかりのヒナにエサの小魚をやるコアジサシ=東京都大田区の森ケ崎水再生センターで2015年6月13日、後藤由耶撮影
 東京都大田区にある下水処理施設「森ケ崎水再生センター」屋上で、コアジサシのヒナが次々にふ化し、可愛らしい姿を見せている。親鳥は小魚やエビを近くの東京湾で捕っては、ヒナにせわしなく与えていた。コアジサシは環境省の第4次レッドリストで絶滅危惧2類に指定されている渡り鳥で、5〜8月に日本などで繁殖する。【写真・文 後藤由耶】
http://mainichi.jp/shimen/news/20150616dde001040050000c.html

ttps://archive.is/ZdMpe
タグ:コアジサシ
posted by BNJ at 23:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウから有害物質検出【NHK金沢放送局2015年6月16日】

国の特別天然記念物、タンチョウの体内から40年以上前に製造が禁止された有害物質のPCBなどが相次いで検出されたことが金沢大学の調べで明らかになりました。
国の特別天然記念物を対象にしたこうした調査はほとんど行われておらず、金沢大学では摂取経路などを調べてタンチョウの保護対策につなげることにしています。
金沢大学・薬学系の鳥羽陽准教授の研究グループは、タンチョウの保護に取り組む北海道の釧路市動物園から依頼を受け、交通事故や病気で死亡して保存されていた野生のタンチョウ34羽を調べました。
その結果、すべてのタンチョウの体内の脂肪から、昭和40年代に毒性が強いとして国が製造を禁止した、▼変圧器などに使われていた「PCB」や▼農薬の「DDT」が検出されたということです。
これらの物質は分解されにくく、今も魚や貝に微量に含まれていて、鳥羽准教授は、えさを通じてタンチョウの体内に蓄積されたとみています。
環境省によりますと、「PCB」を大量に摂取した鳥の卵のふ化する確率が低下するなどの事例が報告されていて、鳥羽准教授は、含まれる量や摂取経路を調べるなどしてタンチョウの保護対策につなげることにしています。
鳥羽准教授は「タンチョウは希少種で化学物質の調査はほとんど行われてこなかった。生態に影響を与える濃度レベルなのかや、どこから摂取したのかを調べて保護対策に役立てたい」と話しています。
06月16日 12時53分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3025545071.html

ttps://archive.is/uYA47
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ、子育て真っ最中 標茶【朝日新聞デジタル2015年6月16日】

2羽のヒナを連れて草地を散歩するタンチョウ一家=標茶町

 道東ではタンチョウが子育ての真っ最中。標茶町中茶安別の草地では14日、親鳥が2羽のヒナを連れ、のんびり散歩する姿が見られた。

 日本野鳥の会への寄付によって設立されたタンチョウ保護区のそばで、近くには牧草地も広がる。タンチョウは卵を2個産むが、自然の中では外敵に襲われたり、事故に遭ったりして2羽を育て上げるのは容易ではない。実際、草地の近くには外敵のキタキツネの巣もある。

 日本野鳥の会の「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」チーフレンジャー、原田修さん(53)は「ヒナは7月下旬から飛べるようになる。2羽ともうまく育ってほしい」。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1506160100001.html

ttps://archive.is/AHv9o
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオバズク2羽飛来 鯖江・照臨寺【YOMIURI ONLINE2015年6月16日】

アオバズク2羽飛来 鯖江・照臨寺
 鯖江市和田町の照臨寺の境内に、つがいとみられるアオバズク(フクロウ科)が今年も飛来し、愛らしい姿を見せている。

 越冬地の東南アジアから青葉の時期に渡ってくるのが名前の由来。境内には幹回り約4メートル、高さ約20メートル、樹齢300年以上のセンダン(県指定天然記念物)がある。昨年、4年ぶりに飛来し、センダンの洞で子育てをして3羽が巣立った。

 蓑輪賢住職(70)によると、今年は4月下旬に親鳥2羽の「クークー」と鳴き合う声が聞こえ、5月に入って姿を確認した。体長は30センチほど。毎朝、1羽は洞の中、もう1羽は近くの大木の枝に止まり、時折、目や首を動かしている。夕方になると餌を求めて山の方に向かうという。

 蓑輪住職は「今年もひなが元気に育つよう、静かに見守りたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150615-OYTNT50040.html

ttps://archive.is/dsePM
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東よか干潟で野鳥を観察 地元の小中学生20人【YOMIURI ONLINE2015年6月16日】

 国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された東よか干潟(佐賀市東与賀町)で15日、地元の小中学生約20人が、野鳥や生き物を観察し、干潟保全の重要性を学んだ。

 小中学生は、市の呼び掛けで同干潟の魅力を知る活動などに取り組む「東与賀ラムサールクラブ」のメンバー。5月末のラムサール条約登録後、初めて同干潟で観察に励んだ。

 この日の野鳥観察では、飛来数が少なかったが、ダイシャクシギやアオサギなどが確認できた。生き物調査は、事前にスタッフが採取した干潟の泥からゴカイや二枚貝の稚貝を見つけ出していた。

 東与賀中3年の丸田悠翔君(14)は「地元の干潟がラムサール条約に登録されて誇りに思う。普段は見ることがないゴカイなどを見つけることができて楽しかった」と話していた。同クラブでは来年3月まで、1〜2か月に1回のペースで活動する。
http://www.yomiuri.co.jp/local/saga/news/20150615-OYTNT50068.html

ttps://archive.is/lXMb3
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする