2015年06月22日

アデリーペンギン誕生、大阪 「海遊館」で公開中【共同通信2015年6月22日】

 大阪市の水族館「海遊館」は22日、アデリーペンギンのひな1羽が21日に誕生したと発表した。親鳥は卵をもう1個産んでおり、間もなくかえる予定という。(同館提供)
http://www.47news.jp/news/photonews/2015/06/post_20150622222801.php

ttps://archive.is/hGNz0

ムクドリもハトもタカが一喝 街の鳥害、鷹匠が救う【朝日新聞デジタル2015年6月22日】

街路樹に集まるムクドリを追い払う鷹匠の吉田剛之さんとハリスホーク=19日午後、福井市、伊藤進之介撮影

 野鳥の群れが都市部の街路樹などに集まり、各地で糞(ふん)害や鳴き声の騒音被害をもたらしている。いま、効果絶大の対策として注目されているのが、古来の妙技「鷹匠(たかじょう)」による追い払いだ。

特集:どうぶつ新聞
 6月中旬、福井市の繁華街の入り口にある大名町交差点。夕暮れが迫ると、一帯にあるケヤキやユリノキの街路樹にムクドリの群れが集まってきた。信号待ちの車や歩道に糞が降り注ぐ。けたたましい鳴き声がビルの壁に反響する。

 そこへ、石川県小松市から鷹匠の吉田剛之さん(42)がワゴン車でやってきた。ムクドリの集まる木を見上げる吉田さんの左手には、タカ科のハリスホーク。手を木に向けて振ると、タカは翼を羽ばたかせて猛然と木に向かっていった。数十羽のムクドリたちが一斉に逃げていく。

 外敵が少ない都市部の街路樹は、ムクドリやハト、カラスなどの格好のねぐらだ。日中は周囲の森や田畑などで過ごし、日没とともに集まってくる。大名町交差点付近の街路樹には、昨年12月の福井県の調査で4千羽を超すムクドリが集結し、住民や商店主から苦情が相次いでいた。

 このため、福井県と福井市などは昨年12月に「鳥害対策検討会」を設置。県が調べると、大阪府堺市が約2年前に鷹匠を使って成功した例があった。そこで、今年度に約100万円の予算を組み、1回約3万円で吉田さんに依頼した。5月から週2、3回、大名町交差点の周辺でタカを放ち、ムクドリの数は大幅に減った。12月まで様子を見ながら30回ほど続ける。

 幼い頃から動物好きだった吉田さんは、水族館の飼育員を目指して水産系の専門学校を卒業。就職したペットショップで知り合った鷹匠にあこがれ、2009年に諏訪流鷹匠の団体「日本放鷹(ほうよう)協会」に入った。仕事を続けながら協会で訓練を受け、3年後に認定試験に合格。13年に鳥害対策などを請け負う会社「鷹丸」を小松市で設立した。

 ムクドリが逃げ去り、吉田さんがエサ入りの木箱「餌合子(えごうし)」をたたいて合図をすると、タカは左腕に戻り、エサをもらった。吉田さんは「人とタカは主従関係ではない。タカは『人と一緒にいたら獲物にありつける。得をする』と思って飛んでいる。タカはうちの社員。互いに得をする対等関係なんです」と笑う。

 飼育しているのは南米原産のハリスホーク、日本やユーラシア大陸、北米に分布するオオタカ、ヨーロッパノスリの3種9羽。雌の百(もも)、雄の一(はじめ)と五十六(いそろく)のハリスホーク3羽が稼働中で、ほかの6羽は羽毛のはえかわり時期で休養中だ。

 金沢市も北陸新幹線の開業を控えた今年3月から週2回、吉田さんに依頼してJR金沢駅の駅前広場やシンボルの鼓門(つづみもん)に集まるハトを追い払っている。100羽ほどいたハトが今では数羽。金沢市道路管理課の担当者は「鷹匠による対策は効き目がある。(防鳥ネットや超音波発信器などの)器具を設置することもないため、観光地の景観も保てる」と満足げだ。

 吉田さんとタカたちは現在、週に6日は東海、北陸を中心に車で回り、半年先まで予約が入っている。昨夏には東海地方の大学構内でタカを飛ばし、1万羽のムクドリを1カ月間で約20羽まで減らした。

 吉田さんは「鷹匠は狩りをする仕事としてしか知られていなかった。鳥害で困れば鷹匠がいると頼ってもらえるようになれば、うれしい」と話している。(小川詩織)

     ◇

 〈鷹匠〉 タカを飼育・訓練する専門家。狩りや催しでの実演に加え、最近は害鳥駆除や追い払いもしている。かつては天皇家や徳川家、大名らに仕えてタカを調教し、狩りに随行した。現在はNPO法人の日本放鷹協会や日本鷹匠協会などがそれぞれ技術を伝えて認定。訓練方法や道具によって流派がある。諏訪流の鷹匠は初代小林家鷹(いえたか)が織田信長に仕えたとされ、歴代が徳川家や天皇家の鷹匠だった。諏訪流を受け継ぐ日本放鷹協会では9人が活動している。

 国内では野生の猛禽(もうきん)類の捕獲・飼育は原則として禁じられており、鷹匠は海外から輸入して繁殖させたオオタカやハリスホークなどを使うことが多い。
http://www.asahi.com/articles/ASH6D4DN7H6DPGJB00K.html

ttps://archive.is/QNHiV
posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモすくすく19羽 所沢・西埼玉中央病院の池でヒナ次々誕生【埼玉新聞2015年6月22日】

 所沢市若狭の国立病院機構・西埼玉中央病院(成宮学院長)の池で、カルガモの赤ちゃんが次々と生まれ、元気に育っている=写真。

 母ガモの後について泳いだり、池の石に上って遊ぶなど、愛くるしい姿が患者や家族、病院職員らを和ませている。

 カルガモは約20年前から飛来するようになった。地元のボランティアが天敵のカラスから守るためのネットを張って保護、管理しており、水生昆虫や水草のほか、パンなどのエサも与えている。

 今年は例年より約1カ月早く、5月上旬に12羽のヒナが誕生。カラスに襲われてしまったヒナもいるが、5月31日と6月6日にも生まれ、現在19羽のヒナがすくすくと成長している。同病院関係者は「今年はヒナがたくさん誕生し、患者さんらの人気者になっている。このまま順調に育ってほしい」と話している。

 母ガモと赤ちゃんたちは、いずれは同病院近くの貯水池に引っ越しする予定という。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/06/22/08.html

ttps://archive.is/q8hCr
posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卵の採取に出発 ニホンライチョウの人工飼育へ【チューリップテレビ2015年6月22日】(富山市ファミリーパーク)

 国の特別天然記念物に指定されているニホンライチョウの人工飼育に向けて、22日、富山市ファミリーパークの職員が卵を採取するため乗鞍岳(のりくらだけ)へ出発しました。

 絶滅が危ぶまれている、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」。

 地球温暖化の影響を受けるなどして現在の数は2000羽以下と推測されています。

 国としては初となるライチョウの人工飼育の施設に選ばれた富山市ファミリーパーク。

 22日職員が、野生の卵の採取のため長野と岐阜にまたがる乗鞍岳(のりくらだけ)に向かいました。

 輸送中、クルマの振動や温度によって卵のふ化に影響を与えないようクッション性や保温性の高い容器が用意されています。

 採取した卵はファミリーパークに運ばれ、順調に成育が進めば来月の上旬までにふ化するということです。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20150622111121

ttps://archive.is/coxE6

「コシアカツバメ」せっせと子育て いわき・四倉の民家で【福島民友トピックス2015年6月22日】

とっくり型の巣から出入りするコシアカツバメ(右)=いわき市四倉町

 いわき市四倉町の津波被災地の民家で、ツバメの仲間「コシアカツバメ」の子育てが本格化している。親鳥が、とっくり型の巣の穴から出入りし、中のひなに餌を与えている。
 県のレッドデータブックによると、県内では「希少」とされる。ただ、棚倉町には古くから記録が残され、同市四倉町では繁殖が毎年観察されている。ツバメより大きく尾が長いのが特徴。
 家の屋根に巣が二つ作られた鈴木サダ子さん(72)方では今月末、カフェをオープン予定。津波被害で商店が少なくなる中、みんなが語り合える場所をつくろうと思い立った。鈴木さんは「震災後、商店街に子どもの声が聞こえなくなった」と、懸命に子育てをするコシアカツバメの巣を見上げ、目を細めた。
(2015年6月22日 福島民友トピックス)
http://www.minyu-net.com/news/topic/150622/topic3.html

ttps://archive.is/HH9s0
posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別マリンパークのジェンツーペンギンふ化初成功【室蘭民報2015年6月22日】(既報別ソースあり)

登別マリンパークニクスで今春産卵が確認されたジェンツーペンギンの卵4個が、21日までに全てふ化した。同種の飼育は4年目になるがふ化成功は初めて。抱卵環境を研究、改善した取り組みが奏功、関係者は喜びに包まれている。

 今季は2ペアができ、4月下旬から5月上旬に4個の卵を産卵。5月下旬から6月上旬にかけてふ化した。当初は100グラムほどだったひなたちは、親から消化の進んだホッケなどを与えられ、現在は0・5〜1キロほどに育っている。

 過去にも産卵はあったがふ化に至らず、今回は環境を改善しふ化に備えた。ペア同士が巣石を奪い合って巣石が崩れないよう、ビニールパイプを重ね巣を覆った。ストレス軽減のためペア同士の間についたてを立てた。クーラーで涼しい環境を維持した。

 ひなたちは柔らかそうな毛に包まれ、くちばしや足もまだ黒っぽく縫いぐるみのよう。母親のおなかの下で温まりながら、すくすくと育っている。秋には親鳥たちとほぼ変わらない姿になり、パレードにも参加する予定だ。

 現在はガラス張りの室内で飼育されており、タイミングが合えば親鳥近くのひなを見ることができる。飼育課の澤山菜南子さん(32)は「見直しの成果がでてとてもうれしい。ぜひ多くの人たちに見てもらえれば」と笑顔。
(鞠子理人)

【写真=母親の腹に隠れるように温まるジェンツーペンギンのひなたち】
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2015/06/22/20150622m_05.html

ttps://archive.is/VBe9t
ペンギン:よちよち ヒナ2羽誕生 登別 /北海道【毎日新聞2015年6月18日】

ウトウの大群、一斉に帰巣 日没迎え北海道・天売島【共同通信2015年6月22日】(ケイマフリ)

 北海道・天売島で22日、日没を迎え、ウトウの大群が海から戻ってきた。何匹もの小魚をくわえ、巣穴で待つヒナの元に急ぐ。島はウトウの世界最大の繁殖地として知られ、約50万のつがいが子育てにいそしむ。

 灰黒色の羽毛にだいだい色のくちばし。ウトウは北太平洋や日本海の一部に生息するウミスズメの仲間だ。体長は約35センチ。ペンギンのように潜水でき、翼を器用に使って海中を泳ぎ回る。

 断崖に掘られた巣穴に親鳥が弾丸のように飛び込んでいく。待ち構えたウミネコに魚を横取りされることもある。両者の攻防はひなが巣立つ7月末ごろまで続く。

 島ではケイマフリなどの海鳥も子育て中だ。
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062201002310.html

ttps://archive.is/CfEhn
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモひな7羽、元気に成長中 西宮・夙川に【神戸新聞NEXT2015年6月22日】

元気に泳ぐカルガモ親子=西宮市の夙川河口
 兵庫県西宮市の夙川河口で、今年もカルガモ親子が姿を見せた。7羽のひなが母親とともに浅瀬でえさをついばんだり、中州で身を寄せ合って休んだり。通りかかった人たちは「かわいい」と目を細める。

 毎年夙川でカルガモを観察している「浜・川・山の自然たんけん隊」事務局長の粟野真造さん(55)によると親子が姿を見せ始めたのは16日ごろ。初めひなたちは親の後について泳ぐのに必死だったが、最近は親の羽ばたきや身繕いをまねる余裕も出てきた。

 ただ昨年も同時期11羽いたが、成鳥にまで育ったのはたったの2羽。カラスやサギ、ミシシッピアカミミガメなどに食べられたのが原因という。

 近年浜辺に放置されたごみを狙うカラスが増えており、カルガモ親子にとって先行きの不安は多い。「かわいいい光景だが、実は親子とも野生の中で懸命に生きているんです」と粟野さん。子育ては7月末まで続きそう。(三津山朋彦)http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201506/0008145469.shtml

ttps://archive.is/wCdM9
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 23:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書籍の販売累計約11万部!野鳥ファンの定番図鑑がより便利にiOSアプリ『山溪ハンディ図鑑 日本の野鳥』発売【プレスリリース2015年6月22日】

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)がコンテンツを制作・提供し、株式会社物書堂 (東京都江東区、代表取締役社長 廣瀬則仁)により開発されたiOSアプリ『山溪ハンディ図鑑 日本の野鳥』が、6月15日よりApp Storeにて配信開始されました。

日本の野鳥532種の写真・情報を便利に検索

販売累計約11万部を誇るバードウォッチャーのバイブル『山溪ハンディ図鑑 日本の野鳥』のアプリ版が登場です。収録枚数2,300以上を誇る写真と、書籍版同様の詳しい解説を、お手持ちのiOS端末でお楽しみいただけます。


【アプリ版ならではの主な機能】
<鳴き声が楽しめる!(掲載種のうち207種)>
書籍版の情報に加えて、ポピュラーな野鳥207種の鳴き声も収録。音声でも楽しめるよう進化致しました。

<環境や時期・大きさなどで検索できる「絞り込み」機能>
調べたい野鳥の名前が分からない時、鳥のいた環境や時期などの条件を使って、絞り込むことが可能です。

<選んだ種だけを表示する「選択」機能>
索引メニューから任意の野鳥を選択して、選んだ種のみの解説をスムーズに比較することが出来ます。

<自分だけのリストを作成できる「お気に入りフォルダ>
各種の解説から、自分で作ったフォルダに鳥たちを登録することが出来ます。観察場所ごとに分類したり、使い方は人それぞれ。



【コンテンツ詳細】
◎科名索引(78科)
- 科ごとに種を表示
- 科名による検索
◎種名索引(532種)
- 和名、英語名、学名などによる検索
- 特徴の一覧
- 選択した種の詳細を比較
- 207種の鳴声を収録
◎検索(種ごとの特徴的な写真や亜種も一覧表示)
- 種ごとに写真を1枚、もしくは複数表示(♂♀、羽衣の変化など)
- 亜種の写真も一覧に表示され、検索可能
- 名前、環境、分布、月、季節移動、大きさ、科による絞り込み
- 選択した写真の比較(「詳細」から種の情報にジャンプ可能)
- 長押しで写真の詳細を表示
◎よく使う項目
- 履歴
- お気に入りフォルダ(フォルダの追加/削除)
◎付録
- 書籍に掲載されている用語解説、コラム
- 検索可能な日本の野鳥リスト
◎その他
- 並び順の設定(分類順/五十音順)
- 解説文の文字サイズ変更

【紹介映像】
本アプリの特徴、楽しみ方がわかる紹介動画をご覧頂けます。
URL:https://youtu.be/u1TxyiaW-JM

【本アプリについて】
・ 価格=3,500円
・ セール価格(2015年6月15日?7月14日まで)=2,000円
・ 発売場所=App Store(https://itunes.apple.com/jp/app/id977908708?mt=8
・ 対応機種:iOS 8.0以降が動作するiPhone, iPad, iPod touch
・ 発売・アプリ開発=株式会社物書堂
・ コンテンツ制作=株式会社山と溪谷社

【著者紹介】
写真・解説 叶内拓哉
1946年、東京都生まれ。子どものころから動植物に興味をもつ。東京農業大学農学部卒業。卒業後9年間、造園業に従事し、その後野鳥写真家として独立、現在に至る。

分布図・解説協力 安部直哉
1938年、東京都生まれ。東京水産大学卒業。著書に『野鳥』(家の光協会)、『山溪名前図鑑 野鳥の名前』(山と溪谷社)など。

解説(鳴声)・音声提供 上田秀雄
1953年、東京都生まれ。1990年に「上田ネイチャーサウンド」を設立し、デジタル録音で鳥や昆虫、蛙、哺乳動物の鳴き声および自然の風景音を収録する。

【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
以上


【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当 草柳
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1911 メールinfo@yamakei.co.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000756.000005875.html

ttps://archive.is/7229l
タグ:書籍
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬)イヌワシの絵、小学校で発見 保護運動と関わり【朝日新聞デジタル2015年6月22日】(藪内正幸さん作)

環境委員会の児童がパネル(左)を使ってイヌワシを紹介=みなかみ町の新治小学校

 みなかみ町新治地区にある町立新治小学校の倉庫から、イヌワシが描かれたパネルが見つかった。同校は「貴重な自然を知るいい機会」と、専門家を招いて「イヌワシ集会」を開いたところ、実はこのパネルが、かつて地域で進められた自然保護活動と大きな結びつきがあることもわかった。児童は新治の自然との関わりを勉強し、11月の県の研究会で発表する予定だ。

 新治地区は、同町の南西部、関越道の西側に位置する。約1万ヘクタールの国有林「赤谷の森」が広がり、住民、林野庁、日本自然保護協会の3者で、生物多様性の復元と持続的な地域づくりを進めている。同校では、こうした豊かな自然への関心を高めるための教育に取り組んでおり、集会もそうした考えから開いた。

 パネルは動物画家の藪内正幸さん(1940〜2000年)の作で、縦210センチ、幅80センチに飛ぶイヌワシが描かれている。3月に倉庫の片隅にあるのを児童が見つけた。同校は7年前に猿ケ京、須川、新巻の3校が統合してできたが、だれも存在を知らなかった。

 学校は、日本自然保護協会の出島誠一さん(40)を招いた集会を12日に開き、全校児童約200人が話に耳を傾けた。

 イヌワシは近い将来に野生での絶滅の危険性が高い種に指定されており、出島さんによると、全国には約500羽が生息していると推定されている。新治には1つがい、町全体では2〜3つがいがいるのではないかとみている。本来は草原を好み、森では珍しいという。

 一方、イヌワシがこの地域で見つかったのは20年以上前という。赤谷の森にスキー場の開発計画が持ち上がり、地元の旅館主らが自然保護協会に相談して協会がヘリで現地視察した時に発見した。その後、森がイヌワシとクマタカの両方が生息する世界でもまれな森ということも分かった。

 森の保護運動はイヌワシやクマタカの保護という形で進み、開発計画は中止になった。その後、旅館主が、統合する前の旧新巻小で話をすることになった際に、イヌワシの姿を児童に説明するために学校に寄贈したのが今回のパネルだった。

 5年生の柴山海莉さんは「(イヌワシは)メスの方が大きいとは知らなかった。見たことないので見てみたい」と話した。松井宏義校長は「この地域を将来支えていく子どもたちに、地域と自然をどう守っていくかを伝えたい」と話した。(井上実于)
http://www.asahi.com/articles/ASH6D36N0H6DUHNB00D.html

ttps://archive.is/vVx4L
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ:再び大空へ 野田市来月23日、成功なら関東初 /千葉【毎日新聞2015年6月22日】(既報複数)

 野田市は今年3月20〜24日にふ化した国の特別天然記念物のコウノトリ3羽の試験放鳥を、同市江川地区の飼育施設で7月23日に行うと発表した。放鳥が成功すれば関東では初めて。野生で一度絶滅したコウノトリが、再び大空を舞うことになる。【橋口正】

 19日に文化庁で文化審議会文化財分科会が開かれ、文化財保護法に基づき試験放鳥の許可が下りたことから、市が放鳥計画のスケジュールを決めた。根本崇市長は「許可を受けてホッとしている。コウノトリが住める環境を取り戻そうという壮大な構想の第一歩がようやく踏み出せた」とコメントした。

 3羽は雄1羽、雌2羽。飼育施設の大ケージの中で元気に育っている。放鳥当日は、同施設で記念式典を行った後、3羽を飼育している大ケージの屋上ネットを外し、自由に飛び立たせたいとしている。

 こうしたコウノトリの「意志」に任せる放鳥方法は、餌を探す行為を自発的に促すことで、野生に定着する成功率が高いとされる。放鳥の期間は今年から3年間を予定しており、環境への適応を検証しながら野生への定着を目指す。

 また、同市では放鳥に向けた準備として、江川地区に人工の巣の設置や、市民有志によるコウノトリ見守り組織の結成準備を進めている。また、3羽には位置情報を把握するためのGPS(全地球測位システム)用送信機の装着を予定している。飼育施設周辺の自然環境も、魚や虫など自然の餌が増え、野生復帰の環境が整ってきているという。

 子供たちに豊かな自然を残す取り組みを進める野田市では「生物多様性のシンボル」として2012年からコウノトリのペアの飼育を開始。13〜15年の3年間に9羽がふ化、うち7羽が育った。また、飼育施設の周辺では、生態系を崩さず昔ながらの米作りができる市民農園などを整備。減農薬により自然に近い状況を保ちながら「里山再生」の取り組みが続けられている。

 コウノトリは明治時代まで各地に生息していたが、乱獲や、森林伐採による環境の激変で、1971年に野生のものは姿を消した。兵庫県などでも、野生復帰の取り組みが続いている。
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20150622ddlk12040057000c.html

ttps://archive.is/chd8j
野田のコウノトリ、来月23日放鳥 関東で初【産経ニュース2015年6月20日】(他2ソース)