2015年07月01日

マガモとカラス、幼鳥育てる母同士の攻防 札幌・中島公園【どうしんウェブ2015年7月1日】

マガモのヒナ(写真下)に襲いかかるハシブトガラスと、翼を広げてヒナを守る親ガモ=札幌市中央区の中島公園(加藤哲朗撮影)
 札幌市の中心部にあり、市民の憩いの場となっている中島公園(同市中央区)で、マガモとハシブトガラスが生存をかけた激しい攻防を繰り広げている。

 マガモは水草が多く茂る菖蒲池や周囲の小川で子育ての最中。一方、カラスは樹上に営巣し、マガモのヒナが浅い水路を泳ぐ間、何度も襲撃を繰り返す。親ガモたちはその度、翼を広げてくちばしを突き出し、必死の抵抗を見せている。

 カラスの生態に詳しい東海大生物学部(札幌)の竹中万紀子准教授によると、6月下旬はカラスのヒナも巣立ち間近。「(カラスは)大きく育ったヒナに餌を与えるため、カモのヒナも狙うようになる」と話す。

 中島公園管理事務所によると、同公園では毎年、マガモ数組が各10羽前後を子育てしている。

 しかし、猛禽(もうきん)類にも狙われるため、9月ごろにはそれぞれ、ヒナが5羽程度になってしまうという。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0151950.html

ttps://archive.is/YII4c

posted by BNJ at 23:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉県我孫子市公式ホームページをリニューアル 「手賀沼」をイメージしたデザイン・豊富なサブサイトで市の魅力を発信【プレスリリース2015年7月1日】

千葉県我孫子市のホームページおよびサブサイト画面
株式会社日立公共システム(取締役社長:建部 清美)は、千葉県我孫子市公式ホームページのリニューアルを実施し、2015年7月1日より公開しました。リニューアルにおいては、「ウェブアクセシビリティJIS」に準拠するとともに、自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb(フォーユーウェブ)/CMS」をクラウドサービスで導入し、災害時対策と操作性・閲覧性向上を同時に実現しました。

http://www.hitachi-gp.co.jp/newsrelease/2015/150701.html?k=pr150701_01

都心から一番近い天然の湖沼「手賀沼」をシンボルとする我孫子市は、春の桜や夏の花火大会、野鳥の観察などが楽しめる市民の憩いの場所として親しまれています。また、武者小路実篤や志賀直哉など、白樺派の文豪が創作活動を行ったまちとしても知られており、「北の鎌倉」と呼ばれています。
我孫子市は、ホームページやSNSなどを活用することで、こうした市の魅力を積極的に発信してきましたが、近年では、コンテンツやカテゴリの増加に伴いサイト構成が複雑化し、情報を探しづらい状況になっていました。また、アクセスが集中する災害時の対策も急務となっていました。

5年ぶりとなる今回のリニューアルでは、誰もが情報を探しやすく快適に利用できるだけでなく、市の魅力をより効果的に発信できる、市民の拠り所となれるようなホームページをめざしました。
具体的には、高齢者や障がい者でも平等に情報を得られるよう配慮し、「ウェブアクセシビリティJIS」の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に準拠しました。また、誰もが目的の情報に容易にたどり着けるよう、利用者目線でサイト構成を見直しています。

デザインも流行のフラットデザイン*をベースに刷新し、ブルーを基調とすることでさわやかで住みやすいまちを表現しました。ヘッダーには羽ばたく鳥、フッターには手賀沼周辺をイメージしたイラストや市のキャラクター「うなきちさん」を配置することで、親しみやすさも表現しています。そのほか、豊富なサブサイトのうち「鳥の博物館」のデザインを一新し、インパクトのある写真を大きめに配置することで、閲覧者の記憶に残る魅力的なホームページとなりました。

* シャドウやグラデーションを使用せず、単色もしくはカラフルな色遣いで構成されるシンプルなデザインのこと

また、今回サーバを2台構成とすることで、災害発生時などアクセスが集中する時でもサーバダウンを防ぎ、課題となっていた業務継続性向上を実現しました。

■千葉県我孫子市公式ホームページリニューアルのポイント
・WebアクセシビリティJISの等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)への準拠
・高齢者・障がい者を含む誰もが目的の情報へ快適にたどりつけるサイト構成
・サーバ2台構成による業務継続性向上の実現
・フラットデザインを基調としたさわやかで親しみを感じられるデザイン
・職員が容易にコンテンツの作成・管理ができるCMSの導入

■千葉県我孫子市公式ホームページ
http://www.city.abiko.chiba.jp/

■「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」に関するホームページ
http://www.hitachi-gp.co.jp/accessibility/?k=pr150701_02

■「4Uweb/CMS」に関するホームページ
http://www.hitachi-gp.co.jp/4uweb_cms/?k=pr150701_03

■株式会社日立公共システムについて
会社名:株式会社日立公共システム
資本金:3億円
従業員数:1,152人(2015年4月現在)
事業概要:
1.業務システム開発
2.システム構築・運用サービス
3.パッケージ・ソリューション事業
対象分野:官公庁、自治体、大学、年金、公的医療保険、図書館、住宅、交通、その他
URL:http://www.hitachi-gp.co.jp/index.html?k=pr150701_04

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社日立公共システム 経営企画部 広報渉外G [担当:森崎・照屋・原]
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
電話:03-5632-1338 (直通)
E-mail:news-release@ml.hitachi-gp.co.jp

以上

--------------------------------------------
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
--------------------------------------------

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000005268.html

ttps://archive.is/fVSGc
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐竜ロボを先行公開 「すごい迫力」 18日から特別展【YOMIURI ONLINE2015年7月1日】(羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜/熊本県)

ティラノサウルスの復元ロボットを写真に収める恐竜ファンら
 御船町の町恐竜博物館で7月18日に開幕する特別展「羽毛恐竜の世界展〜羽毛をもった恐竜と鳥類への進化〜」(御船町恐竜博物館、読売新聞社、KKTくまもと県民テレビ主催)を前に、展示の目玉の一つ、ティラノサウルスの復元ロボットが30日、恐竜ファンらに先行公開された。

 特別展は化石標本やジオラマなどを通して、羽毛恐竜の起源や進化を紹介。先行公開では、羽毛で覆われた全長9メートルの復元ロボットを実際に動かしてみせた。岡山県浅口市の矢部充恵さん(63)は「大きいだけに迫力がすごかった」と驚いていた。

 特別展は9月6日まで(会期中無休、午前9時〜午後5時)。観覧料は大人1100円、高校・大学生800円、小・中学生400円。前売り券は各100円引き。問い合わせは、同博物館(096・282・4051)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20150630-OYTNT50091.html

ttps://archive.is/ltxz0
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモ親子 寄り添い育つ【YOMIURI ONLINE2015年7月1日】

来園者の人気を集めているカルガモの親子(6月30日、目白庭園で)
 豊島区立目白庭園(目白3)で、カルガモのひな4羽が生まれた。親の後ろを歩いたり、池で泳ぎ回ったりしている。

 同園によると、園内では毎年春から夏にかけカルガモが子育てをしている。今年は6月29日に、卵がかえっているのを園長が確認した。ひなの大きさは親の4分の1くらい。誕生から3週間ほどで親と見分けがつかなくなるほどに成長し、8月末頃に巣立つという。

 6月30日には、池で元気よく泳いでいたひなが、大きなコイに驚いて親のそばに寄っていく姿が見られた。来園者たちは愛らしい様子を眺めたり、写真を撮ったりしていた。

 7、8月中の開園時間は午前9時〜午後7時。入園無料。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20150701-OYTNT50026.html

ttps://archive.is/3i5we
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモ肉、セタシジミ、フナ包み焼き…1300年前の食材・料理奉納 大津・近江神宮【産経WEST2015年7月1日】

供え物を神前へ運ぶ子供たち
 大津に都が置かれた1300年前、人々が食べていたとされる地元の産物を供える「饗宴祭(みあえまつり)」が6月30日、大津市神宮町の近江神宮で営まれた。稚児装束をまとった子供たちが、食材や料理など20種類の供え物を神前に奉納し、往時の都の繁栄ぶりをしのんだ。

 「夏越(なごし)の祓(はらい)」がおこなわれる30日に、神社の祭神で大津に都を開いた天智天皇が、当時食べたとされる地元の産物を奉納して往時をしのぶとともに、無病息災で夏を乗り切れるよう祈る神事。近くにある私立よいこのもり保育園の年長児29人が、食材や料理を運ぶ稚児役を務めた。

 子供たちは、琵琶湖でよくみられる水鳥・カモの肉や湖の固有種・セタシジミ、地元の伝説に登場するフナの包み焼きなどを三方に載せ、慎重な足取りで神前まで運んだ。また、生きたニワトリもカゴに入れ、稚児2人がかりで供えた。

 境内で見物していた市内の女性(60)は「生きたままの供え物もあって、びっくりした」と話していた。
http://www.sankei.com/west/news/150701/wst1507010014-n1.html

ttps://archive.is/IKAmI
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする