2015年07月28日

宇部のギャラリーで「切手展」 世界各国の鳥の切手、一堂に【山口宇部経済新聞2015年7月28日】

世界各国の鳥の切手200枚以上を展示
宇部・中央町のギャラリー「まちなか市民★きらめきギャラリー」(宇部市中央町3、TEL 0836-39-5300)で7月28日、展示イベント「詩と切手の世界展〜切手で世界旅行〜」が始まった。(2015-07-28)
http://yamaguchi.keizai.biz/headline/photo/2255/

ttps://archive.is/2uywx

posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ分散飼育地 公開の動き加速 佐渡市民は思い複雑【新潟新聞モア2015年7月28日】

 全国に4カ所あるトキの分散飼育地の一つ、石川県が、飼育するトキの一般公開を目指して施設の建設を進めている。環境省は公開について地元佐渡の同意を得たい考えで、ほかの分散飼育地も同省や関係自治体の動きを注視している。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20150728195823.html

ttps://archive.is/4Z1Iv

「ことりカフェ」アニメCM完成!動画はじめました♪東京の新名所!?可愛い雑貨や美味しいスイーツ、ふれあえるモフモフも♪【プレスリリース2015年7月28日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、「ことりカフェ」のアニメCM(Director:NaotoKawabe/A.D:SayumiKunikata)の完成と合わせ、「ことりカフェ」ホームページ内にて、「小鳥」に関するコンテンツの動画配信サービスを開始いたしました。
今後、小鳥たちの愛らしい姿はもちろん、「鳥」に関するイベントやコラボ企画、雑貨やスイーツ情報等、小鳥ファンや愛鳥家の皆さまに楽しんでいただけるような様々な動画を配信してまいります。

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区 井上グランシェフ)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
※7月〜9月は無休営業
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎月第3火曜日※祝日の場合翌日)
※7月〜9月は無休営業

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000010272.html

ttps://archive.is/CVYp0
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出た!草食恐竜の歯【YOMIURI ONLINE2015年7月28日】(鳥類化石)

発掘された草食恐竜の歯の化石(勝山市で)
 ◇今年も発掘調査開始 勝山

 県立恐竜博物館は27日、勝山市北谷町杉山の白亜紀前期(1億2000万年前)の地層で今年の発掘調査を始めた。初日から草食恐竜の歯が見つかり、新発見への期待が高まった。

 調査は1989年に始まり、今年は第4次調査の3年目。約200平方メートルについて、肉食恐竜フクイラプトルなどが見つかった層まで重機で約5メートル掘り下げ、細かい石をハンマーで割って化石を探す。この日は早速、草食恐竜のブラキオサウルスやフクイティタンなどに代表される竜脚類の歯(長さ2・5センチ以上)が見つかった。

 2013年には原始鳥類の全身化石が見つかっており、翼竜や鳥類の足跡の化石が出土する可能性もあるという。同館の東洋一特別館長は「(日本初となる)鳥類の羽毛の痕跡を見つけられたら」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150727-OYTNT50034.html

ttps://archive.is/uKVBb
タグ:鳥類進化
posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバルクイナが村公認キャラに 「ゆるさ」と「リアル」の2体【沖縄タイムスプラス2015年7月28日】

国頭村公認キャラでリアル担当の「キョンキョン」(右端)とゆるさ担当=村役場
 国頭村は24日、初の公認キャラクター2体を発表した。いずれも国頭村の鳥で国の天然記念物のヤンバルクイナがモデル。「リアル担当」と「ゆるさ担当」で役割分担しながら村の自然をPRしていく。

 リアル担当は村安田の生態展示学習施設にいる「キョンキョン」から名前をもらった。先行して活動を始め、5月には「同じ赤、白、黒のキャラクター」である熊本県の人気者「くまモン」に面会。7月の村児童オリンピック大会では、100メートル走でなんと13秒7を記録したという。

 ゆるさ担当は愛らしい容姿を生かして、商品開発も検討する。名前はまだない。村のウェブサイトやフェイスブックで8月末まで募集する。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126030

ttps://archive.is/duEKt
posted by BNJ at 22:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三次のサギ繁殖地拡大に功罪【中国新聞アルファ2015年7月28日】

国道54号沿いの雑木林で見られるサギのコロニー
 三次市秋町の国道54号に面した民有林で、サギの集団繁殖地(コロニー)が膨らんでいる。数年前から数が増え、今季は100羽以上が飛来。野鳥好きの絶好の観察スポットとなる半面、鳴き声による騒音やふん害などで付近の住民を悩ませている。
(ここまで 114文字/記事全文 723文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=173895&comment_sub_id=0&category_id=110

ttps://archive.is/n5v78
posted by BNJ at 22:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーちゃんは命の先生 川口の中学生、母校の小学校でニワトリ飼育【埼玉新聞2015年7月28日】

永堀さんとピーちゃん=川口市立芝富士小学校の鳥小屋
 少年は小学校4年の春、ペットショップでヒヨコを買った。「ピーちゃん」と名付けたヒヨコはどんどん大きくなり、約3カ月後には、少年が通っていた小学校の鳥小屋に引っ越した。

 3年と4カ月の間、ずっと面倒を見てきた少年はこの春から中学生になった。今も母校の鳥小屋に通い、ピーちゃんの世話を続けている。

 小さな命を思うとき、岩手県でいじめを苦に自殺したとみられる中学生2年の男子生徒にも心を寄せる。「優しい言葉を掛けていたら救えた」と。

 少年は、川口市立芝西中学校1年の永堀海瑠(かい)君。

 同市立芝富士小学校4年だった2012年3月、市内のペットショップで買ったピーちゃんは、あっという間に大きくなった。ただ部屋の畳の上にふんをするのが悩みの種。困った彼は小学校の鳥小屋に目を留めた。校庭の片隅にあった鳥小屋は長く使われないままになっていた。

 その年の6月のこと。「昼休みに永堀君が突然『相談したいことがある』と校長室にやって来たんです」と大沢正則校長(59)は振り返る。

■約束

 「うちのニワトリを校庭の鳥小屋に入れてほしい」と海瑠君は切り出した。大沢校長が「あなたがこの先、責任を持って面倒を見ると約束できますか」と尋ねると「はい、できます」ときっぱり。

 「では考えてみましょう」と大沢校長は言ったが、腹は決まっていた。放課後、男性校務員と2人で鳥小屋を掃除した。1週間後、大沢校長が「許可」を伝えると、海瑠君は途端に笑顔になった。

 海瑠君は毎朝、早めに登校して鳥小屋を掃除した。ピーちゃんは小屋の前に生えた雑草やバッタを食べた。大雪の時は雪を食べた。時々、自宅に里帰りする。胸に抱えて自転車で走る間、ピーちゃんは腕の中でじっとしている。

 夏は「暑かったかい?」、冬は「寒かったかい?」と声を掛ける。「おいで」と言うと近寄ってくる。「じっと僕の目を見て、首をかしげる。言葉が通じているんです」

■命を守る

 「ピーちゃんは、僕が毎日来ているから寂しくないと思う」と話す海瑠君。小さな命を守っているという気持ちがあるせいだろうか、岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒が列車に飛び込んで自殺したニュースは無関心でいられない。男子生徒はいじめに遭っていることを担任の教師などに訴えていたという。

 海瑠君はこう話す。「自殺した彼が出していたSOSを先生たちが無視したようになってしまったことをニュースで知った。僕がピーちゃんにしているように、先生たちが優しい言葉を彼に掛けていたら、彼を救えたと思う」

 海瑠君の将来の夢は「動物の命を守る仕事」だ。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/07/28/03.html

ttps://archive.is/vyotI
タグ:ニワトリ
posted by BNJ at 22:19 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウを多角的に紹介 北海道博物館で企画展【どうしんウェブ2015年7月28日】

北海道博物館で開かれている企画テーマ展「鶴」
 北海道になじみの深いタンチョウについての企画テーマ展「鶴」が北海道博物館(厚別町小野幌53)で開かれている。生き物としてだけでなく、暮らしの中に根付いているタンチョウについて紹介している。

 博物館の所蔵物を中心に約400点を展示。羽を広げた状態で約240センチある実物大の模型を天井からつるし、剥製も並ぶ。頭頂部が赤いのは羽毛ではなく、皮膚が露出しているためといった生き物としての特徴を紹介しているほか、江戸時代には松前藩が縁起物として幕府へ贈っていたことを当時の資料から伝えている。

 博物館の担当者は「北海道とつながりが深いタンチョウについて知るきっかけにしてほしい」と話す。

 8月16日まで(月曜休館)。入場無料。問い合わせは同博物館(電)011・898・0456へ。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0161750.html

ttps://archive.is/3oxaZ
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海洋漂流ごみ、大半がプラ 横浜寄港のスイス環境団体【共同通信2015年7月28日】(海鳥)

 3月にフランスを出発しヨットで世界を回りながらプラスチックごみによる海洋汚染を調べているスイスの環境保護団体「レース・フォー・ウオーター」が28日、漂流ごみが集まるとされる島々でこれまでに採取したごみの大半はプラスチックだったと明らかにした。

 寄港中の横浜市で記者会見したマルコ・シメオニ代表は「紫外線で劣化し波で細かい破片になってもプラスチックは溶けないため、鳥や魚が餌と間違えて食べて死ぬケースがある。こうした生物を人間が食べた場合の影響は解明されていない」と述べ、生態系への悪影響に警鐘を鳴らした。
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072801001879.html

ttps://archive.is/Ab0Rz
posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ100羽目巣立ち 兵庫・豊岡【産経WEST2015年7月28日】(既報複数)

コウノトリ:野外で100羽目が巣立ち 07年以降、豊岡 /兵庫【毎日新聞2015年7月26日】
県立コウノトリの郷公園は25日、豊岡市河谷地区の電柱上の巣からコウノトリのヒナ1羽が巣立ったと発表した。2005年の初放鳥後、07年に野外での巣立ちを確認してから、今回が野外で100羽目の巣立ちになるという。

 ヒナはこの日の午前中、巣にいるのを郷公園職員が確認している。その後、百合地地区の畑の防獣ネットにコウノトリが絡まっている、との連絡が市民から郷公園にあり、郷公園の職員が確認した。外傷はなく、巣立った巣の近くの水田のあぜ道で解放された。【柴崎達矢】
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20150726ddlk28040217000c.html

兵庫)放鳥から100羽目の巣立ち 豊岡のコウノトリ【朝日新聞デジタル2015年7月26日】
巣立った100羽目の幼鳥=豊岡市河谷、県立コウノトリの郷公園提供

 県立コウノトリの郷公園は25日、豊岡市河谷の電柱で営巣中のコウノトリのペアから生まれたヒナ1羽が巣立ちした、と発表した。2005年の放鳥後、自然繁殖した100羽目の巣立ちになるという。

 郷公園によると、午前9時ごろ、同市百合地の畑のネットにコウノトリが絡まって動けなくなっている、と住民から連絡があった。郷公園の職員が現地に駆けつけ、今年5月に約700メートル離れた巣で生まれた幼鳥と確認。けがをしていなかったため、巣の近くまで運んで放したという。

 郷公園は、放鳥から2年後の07年に野外で生まれたヒナの最初の巣立ちを確認。今回はそれから数えてちょうど100羽目になるという。(藤本久格)
http://www.asahi.com/articles/ASH7T61QYH7TPIHB01Y.html

コウノトリえっちゃんのヒナ 豊岡で巣立つ【YOMIURI ONLINE2015年7月26日】
 越前市から特別住民票をもらった兵庫県豊岡市生まれのコウノトリの雌「えっちゃん」(6歳)の初めてのヒナ1羽が25日、豊岡市河谷の電柱上にある巣から巣立った。兵庫県立コウノトリの郷さと公園が発表した。

 えっちゃんは5歳の雄とペアになり、5月21日頃にヒナ2羽を孵化ふかさせた。1羽は6月下旬に死んだが、もう1羽は順調に育った。この日朝、巣から約700メートル離れた畑の鹿よけネットにこのヒナが絡まっているのを住民が見つけ、連絡を受けた同公園職員が保護して放った。

 2005年に豊岡市で始まったコウノトリの放鳥で、野外で巣立ちが確認されたのは07年以降、今回で100羽目。うち69羽は1年以内に生存が確認されている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150725-OYTNT50060.html

ttps://archive.is/bICR1
ttps://archive.is/5Utx5
ttps://archive.is/OjH9V
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニアジサシ無人島に営巣 沖縄県「上陸控えて」【沖縄タイムスプラス2015年7月28日】

抱卵中のベニアジサシの親鳥(資料写真)
 【南部】沖縄県自然保護・緑化推進課は、豊見城市と糸満市の西海岸沖にある無人島・岡波島(岩)に、絶滅危惧2類のベニアジサシ約400羽が営巣中として、島に近づかないよう呼び掛けている。人が近づくと巣を放棄することもあり、ヒナが巣立つ8月末までは、レジャーや釣りなどでの上陸を控えてほしいとしている。

 島に飛来しているベニアジサシは、県鳥獣保護員が7月中旬に見つけた。その後、約200カ所で巣を確認したという。同課の菊川章主査は「開発などで、年々、繁殖地が少なくなっている。巣立つまでの期間、温かく見守ってほしい」と話した。

 ベニアジサシはカモメ科の鳥で、全長約40センチ。県内各地に、オーストラリアなどから飛来し、海岸沿いの岩礁や無人島などで、5〜8月にかけて繁殖する。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126069

ttps://archive.is/4hbvw
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオバズク巣立ち間近 親鳥せっせと餌やり【沖縄タイムスプラス2015年7月28日】(リュウキュウアオバズク)

枝に止まるリュウキュウアオバズクの親子=7日、名護市
 【名護】巣立ち間近のリュウキュウアオバズクのひな2羽がこのほど、名護市内で確認された。羽地内海に面する保安林の一角に立つリュウキュウマツの枝で、ひなが親鳥に挟まれるように羽を温めていた。

 幹のうろに営巣したと思われ、大きな瞳で辺りを物珍しそうに首を振る姿が愛くるしい。海から受ける風に胸の柔らかな羽毛がなびき、動かずにいるとぬいぐるみのようにも見えかわいさが増す。

 親鳥は夕方から活発に動きだし、空中でガや昆虫、小動物などを捕食しひなに与える。日中でも近くの木にセミが止まるとサッと捕食、羽をもぎ取り、餌として与える姿もあった。夜の闇でホウホウ、ホウホウと飛び合う親子鳥の姿が見られそうだ。(島袋仁明通信員)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126031

ttps://archive.is/ofZZq
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする