2015年08月31日

ライチョウのヒナをニホンザルが捕食 北アの高山帯、国内で初確認【産経ニュース2015年8月31日】(他1ソース)

ライチョウのヒナをくわえるニホンザル(中村浩志信州大名誉教授提供)
 長野県は31日、絶滅の危機にひんしている国天然記念物のライチョウのヒナが、標高2800メートルの北アルプス東天井岳付近で、ニホンザルに捕食されているのを国内で初めて確認したと発表した。県の委託を受けてライチョウの生息実態を調査している中村浩志信州大名誉教授らが8月25日に撮影した。

 ニホンザルは本来、高山帯に生息する動物ではないが、近年は餌を求めて標高の高い地域に侵入し目撃される例が目立つ。ニホンザルがライチョウの親鳥を襲うのを目撃したという例は、登山者などにより報告されているが、研究者によって捕食の場面が確認されたのは初めて。

 中村教授らは「サルは肉食もするが、もともとは草食。まさかライチョウを襲うとは思っていなかったので驚いた。サルは群れで行動、学習する動物なので、他の山域のサルにライチョウの捕食が広がれば、大変なことになる」と危機感を募らせている。
http://www.sankei.com/life/news/150831/lif1508310031-n1.html

ニホンザル、ライチョウ捕食の瞬間 研究者が初めて確認【朝日新聞デジタル2015年8月31日】

捕まえたライチョウのヒナをくわえるニホンザル=8月25日、北アルプス東天井岳、中村浩志さん撮影
写真・図版
写真・図版
写真・図版
写真・図版
写真・図版
[PR]
 国の特別天然記念物ライチョウの研究者、中村浩志信州大名誉教授が31日、北アルプスでニホンザルがライチョウのヒナを捕食する画像を発表した。ニホンザルが高山まで生息域を広げてライチョウを捕食している実態は、登山者による報告はあったが、研究者が確認したのは初めて。

 環境省によると、ライチョウの生息数は、1980年代には約3千羽と推定されたが、2000年代には、2千羽弱に減ったとされる。長野県庁で記者会見した中村さんは「恐れていたことが現実に目の前で起きた。今後、ライチョウを食べる習性がサルに広がり、成鳥を集団で襲って捕食する可能性が高まった。早急に対策を講じる必要がある」と指摘した。

 中村さんらのグループは8月24〜26日、北アルプスの常念岳―大天井岳一帯で、県の「ライチョウ生息実態緊急調査」を実施。25日に、東天井岳(2814メートル)の山頂近くで、ヒナ1羽が襲われている場面を撮影した。これまで、ライチョウの天敵はイヌワシやオコジョなど高山に生息する猛禽(もうきん)類や哺乳類とされていた。9月上旬にアイスランドで開かれる国際ライチョウシンポジウムで報告する。(近藤幸夫)
http://www.asahi.com/articles/ASH804WG7H80UOOB00F.html

ttps://archive.is/gBeTf
ttps://archive.is/xmKbX

posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京は水もの:えにし訪ねぶらり探訪/6 巨椋池 干拓で消えた蓮の海 /京都【毎日新聞2015年8月31日】

 ■和辻哲郎も感激した巨椋池の蓮

 「蓮(はす)の花は無限に遠くまで続いていた。どの方角を向いてもそうであった。地上には、葉の上へぬき出た蓮の花のほかに、何も見えなかった」

 「風土」「古寺巡礼」で知られる哲学者、和辻哲郎(わつじてつろう)(1889〜1960)は大正のころ、舟を仕立てて巨椋(おぐら)池に遊んだときの印象をこう書き記した。夜明けとともに現れた「純粋にただ蓮の花のみの世界」は浄土をも想起させ、和辻を驚嘆させた。

 京都市伏見区と宇治市、久御山町にまたがる周囲16キロ、面積794ヘクタールの巨椋池は古くから蓮の名所として知られ、江戸時代の名所図会(ずえ)などにも登場する。

 明治末には鉄道会社も集客に努め、多くの観光客でにぎわった。和服姿の女性が蓮見を楽しむ写真や、日本画家・須磨対水(たいすい)(1868〜1955)が描いた蓮酒を楽しむ男性らの姿が当時の雰囲気を伝える。

 ■干拓で姿を消す

 だが古くは万葉集にも詠まれ、平安貴族が水に映る月をめでた巨椋池も昭和に入り干拓で姿を消した。

 坂本博司・宇治市歴史資料館長は「木津川、宇治川、桂川の水が山城盆地の一番低いところに集まる自然のダムが巨椋池なんです。大昔は細い川がからまるように流れ、干拓前のように大きな池ではなかった。しかし徐々に土砂がたまり、水域が広がった。天下統一後の太閤堤や、明治期の治水対策にもかかわらず大雨が降るとすぐにあふれる。付近の田んぼは『3年に1度が平年作』と言われたほど。明治の終わりごろには干拓しかないと分かっていました」と言う。

 河川改修に伴い宇治川と切り離され、水質悪化も深刻化。美しい蓮が咲き乱れた湖沼も、実はマラリヤの温床となった。その結果、1933年に国営干拓事業第1号として着工、41年に広大な農地に生まれ変わったのである。

 余談だが巨椋池干拓の指揮を執った可知貫一技師は「忠犬ハチ公」で有名な上野英三郎・東京帝大教授の愛弟子。八郎潟干拓の構想もまとめた農業土木の重鎮だった。

 ■よみがれ巨椋池

 干拓後の巨椋池は広大な農地や、70年代に開発された向島ニュータウンに生まれ変わり、京滋バイパスや第二京阪道路などが通る。かつての面影はなく、ここが大きな池だったことを知らない住民もいる。

 その姿を復元しようと今年夏、京都大防災研究所の宇治川オープンラボラトリー(伏見区)に200分の1サイズの「巨椋池流域模型ビオトープ」が姿を見せた。

 干拓前の巨椋池周辺10キロ四方の地形を約50メートル四方で復元。蓮やオグラコウホネ、ムジナモなどを植栽し、宇治丘陵には茶、男山や天王山にはタケ、向島にはヨシを植えるなど、30年当時の生態を再現した。

 プロジェクトに取り組んだ澤井健二・摂南大名誉教授(66)は「大正時代の巨椋池は植生も豊かで、漁業も盛ん。多くの鳥を目当てにハンターも集まった。のんびりと楽しい空間だった。そんな豊かな生態系を実感してほしい」と話す。

 治水の専門家だが、親水空間としての河川の重要性に注目し、ここ20年ほどはビオトープ造りに情熱を注いできた。「干拓前の姿は失われたが、田んぼに網の目のように掘られた水路の護岸を緩やかにしたり、砂州をつくるなどの工夫をすればある程度の自然再生は可能だ。ビオトープがそのきっかけになれば」と期待している。

     ◇

 すっかり姿を消した巨椋池だが、53年9月、あるきっかけで突如その姿を人びとの前に現した。次回(9月21日)はその出来事を紹介する。【榊原雅晴】
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20150831ddlk26040332000c.html

ttps://archive.is/HSGr0
posted by BNJ at 22:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもと違う夜のペンギン【長崎新聞2015年8月31日】(長崎ペンギン水族館)

夜のペンギンを観察する来場者=長崎市宿町、長崎ペンギン水族館

 長崎市の長崎ペンギン水族館(楠田幸雄館長)で29日、時間延長し営業する「サマーナイト水族館」があり、家族連れが夜のペンギンや魚の様子を観察した。

 夜の水族館を知ってもらおうと毎年開催。日中より水槽の照明を落としたほか、飼育施設の裏側を見て回るバックヤードツアーやウミホタルの発光実験、ビオトープの観察もあった。

 水族館近くには日見地区の自治会と長崎総合科学大の学生が協力して作製した竹灯籠約500個を並べ、幻想的な雰囲気を演出。この日は地域の夏祭りもあり、多くの人でにぎわった。

 楠田館長は「夜になるとペンギンや魚の動きが鈍くなり、いつもと違う姿を見ることができる。地元住民と協力し地域を盛り上げるイベントになったのでは」。家族らと訪れた同市立北陽小4年の嶋谷波琉(はる)君(9)は「夜も楽しい場所がたくさんあり面白かった」と話した。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/08/31090849018334.shtml

ttps://archive.is/8970L

アイデムフォトギャラリー[シリウス]  仙葉 烈写真展「おしどり百景Vol. 3」 期間:2015年9月3日(木)〜9月9日(水)【プレスリリース2015年8月31日】

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、仙葉 烈 写真展 「おしどり百景Vol. 3」を9月3日(木)〜9月9日(水)に開催いたします。



■写真展案内
古来、オシドリは美しさと、雌と寄り添って泳いでいる愛らしい姿から「おしどり夫婦」とか「鴛鴦の契り」といわれ、夫婦円満や平和のシンボルとして絵画や襖絵、工芸品等の文様になり愛でられてきました。
しかし撮影するには条件が悪く、遠い、早い、暗い、の三悪がそろっていてフィルム時代にはその美しさを表現するのは容易ではなかったと思います。
これこそデジタルカメラの高機能を生かす被写体ではないかと確信しました。
秋になるとオシドリが飛来する、都会の小さな池に通い続けて十数年、その間2010年「シリウス」にて「おしどり百景Vol.1」、2012年「おしどり百景Vol.2」として個展を開催させていただきました。
そして今回の「おしどり百景Vol.3」は、長い間同じ被写体を撮り続けていると見えてくる、自然の織り成す風景の中で、必死で生きている、おしどり達の姿に見る究極の「美」です。
1羽の雌をめぐり雄たちの壮絶な競争、勝ち残った2羽が雌の見ている前で最後の決闘をします。こうして「おしどり夫婦」が成立します。
また、天敵オオタカの襲来に備える群れでの回避行動、は見事です。
環境の変化なのか年々おしどりが少なくなってきています。
心配ですがこれからも撮影を続けていきたいと思っています。
フォトグラファー 仙葉 烈

仙葉 烈(せんば れつ)プロフィール
1948年生。秋田県出身。東和スタジオを経て1978年にフリーランスとして独立。阪急交通社・ケンウッド等のクライアントを得て国内外の旅行写真を中心に企業広告/PR/雑誌等の撮影を手がける。1984年より約20年間「斑尾ジャズフェスティバル」のステージ写真を担当。2004年頃、写真のデジタル化に伴い、素材の対象におしどりを撮り始める。鳥類は撮影難度が高く、アナログでは追求しきれない表現をクリアにすることにより新たな可能性に挑む。

【日時・会場】
会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
期間:2015年9月3日(木)〜9月9日(水)
開館時間:10:00〜18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します!
■シリウスブログ
PC:http://www.photo-sirius.net/blog/

[お問い合わせ]
アイデムフォトギャラリー シリウス事務局
担当:山下洋一郎・澤本慶子
TEL:03‐3350‐1211
http://www.photo-sirius.net/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000521.000002663.html

ttps://archive.is/MFmLU
タグ:オシドリ
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山後楽園のタンチョウ散策は月2回に【産経ニュース2015年8月31日】

 岡山市北区の岡山後楽園は、飼育するタンチョウを園内に放して優雅な姿を楽しむ「タンチョウの園内散策」の日程を発表した。

 9月13、20日▽10月4、18日▽11月1、8日▽12月13、23日▽28年2月7、14日−の午前10時〜11時。同年1月1、3日は後楽園初春祭行事として実施し、午前11時〜午後2時の予定。園内芝生および沢の池周辺で行われる。

 後楽園事務所によると、園内では8羽のタンチョウが飼育されており、例年、秋から冬にかけて園内散策を実施している。昨年度までは月1回の実施だったが、多くの入園者に楽しんでもらおうと、今年度からは月2回実施する予定。

 同事務所は「岡山後楽園の代表的な風景なのでぜひ見に来てほしい」と話している。問い合わせは同事務所(電)086・272・1148。
http://www.sankei.com/region/news/150831/rgn1508310022-n1.html

ttps://archive.is/TRhwe