2015年08月29日

野生種?コウノトリ確認 「五島で繁殖を」生息地へ期待 [長崎県]【西日本新聞2015年8月29日】

五島市岐宿町に姿を見せたコウノトリ

 今年1月下旬ごろ、国の特別天然記念物に指定されているコウノトリ1羽が飛来していた五島市岐宿町で今月、再び1羽が確認された。放鳥を示す足輪が付いていないことから大陸から飛来した野生種とみられる。日本野鳥の会会員で同市の出口敏也さん(51)によると、冬鳥である野生種が夏に国内で観察されるのは非常に珍しいという。
 コウノトリは今月10日朝、同町の中村利夫さん(66)が田んぼのあぜ道にシラサギと一緒に降り立っているのを見つけた。冬に飛来したコウノトリは、6月ごろ姿が見えなくなっていたという。
 コウノトリの増殖に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」などによると、冬に大陸から飛来した野生種が夏まで滞在した記録は九州になく、同一であれば五島市が生息地になる可能性もあるという。今回の個体は羽が抜けかわるなどして、冬に飛来した個体と同一かどうかは不明。
 中村さんは「(冬にみつかったコウノトリは)大陸に戻ったと思っており、この時期にコウノトリがいたので目を疑った。自然豊かな五島で繁殖してほしい」と話した。
=2015/08/29付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/191756

ttps://archive.is/Cjfjo

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

脱走ペリカン、動き鈍る夜に捕獲作戦…初日失敗【YOMIURI ONLINE2015年8月28日】(他2ソース/既報関連多数)

 札幌市南区の動物園「ノースサファリサッポロ」は27日夜、北海道むかわ町の鵡川河口周辺で26日夕に見つかった同園のモモイロペリカンの捕獲作戦を本格的に始めた。

 夜になると動きが鈍るというペリカンの習性を考慮して、27日の日没を待って職員ら約10人で物音を立てないように近づき、タイミングを見計らって網をかぶせて捕獲するのが作戦の概要。

 作戦は午後7時頃から始まった。ゴムボートで接近して捕獲を2回試みたが、ライトを当てたところ、ペリカンが羽ばたいてしまったため、約2時間後、作戦は失敗に終わった。ペリカンは依然、河口近くにいるとみられ、同園では明朝、姿を再確認した上で、新たな捕獲作戦を練る。

 鵡川河口でみつかったペリカンは同園で飼育している雌の「クンちゃん」とみられる。同園を21日午前に飛び去り、石狩市の石狩川河口周辺で23〜25日、目撃された。その後、26日午後5時半頃には石狩川河口から直線で約90キロ離れた鵡川河口周辺に出現した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150828-OYT1T50073.html

脱走ペリカン:札幌の動物園が捕獲作戦…目撃情報相次ぐ【毎日新聞2015年8月28日】
 北海道石狩市やむかわ町の河川で23日から、ペリカンが相次いで目撃されている。札幌市南区の動物園「ノースサファリサッポロ」から逃げ出した雌のモモイロペリカン1羽とみられ、動物園職員が捕獲作戦を始めた。

 動物園では、モモイロペリカン4羽について、飛べないよう羽根の一部を切った上で、天井のないスペースで飼育していた。このうち「クンちゃん」と呼ばれていた雌が、羽根の切り取りが不十分だったとみられ、21日に飛び去ったという。

 23〜25日は、約40キロ離れた石狩市の石狩川河口付近で目撃情報が続き、26日は約90キロ離れたむかわ町で発見された。28日午前まで同町鵡川河口周辺にいたことが確認されている。

 動物園は職員らを26日に同町に派遣。ペリカンは日没後に動きが鈍ることから26、27の両日、捕獲を試み、27日は居場所を突き止めたが、逃げてしまったという。28日は午後から居場所が確認できず、捕獲方法を検討している。【高野玲央奈】
http://mainichi.jp/select/news/20150829k0000m040098000c.html
http://mainichi.jp/shimen/news/20150829dde041040051000c.html

わなで捕獲検討も ペリカンは居場所不明【NHKニュース2015年8月28日】
北海道むかわ町で見つかった動物園から逃げたとみられるペリカンについて、動物園は、27日夜、捕獲に失敗したことから、わなを仕掛ける新たな作戦を検討していますが、ペリカンの居場所が分からなくなっています。
このペリカンは、26日、むかわ町を流れる鵡川の河口付近で見つかりました。
今月21日に札幌市南区の動物園「ノースサファリサッポロ」から逃げ出したモモイロペリカンのメス、「クンちゃん」とみられています。
動物園では27日夜、棒と網を組み合わせた手作りの道具を使って、ペリカンに近づいて捕獲しようとしましたが、ペリカンが飛び立ってしまい捕獲できませんでした。
一夜明けた28日朝も、ペリカンが河口付近で羽を休めているのが確認され、動物園は27日夜の失敗から、ペリカンに近づく方法をあきらめ、新たにわなを仕掛けて捕獲を試みることを決めました。
しかし、ペリカンは午前10時ごろに河口付近から飛び立ったまま姿を見せておらず、居場所が分からなくなっています。
動物園は、実際にわなを仕掛けるべきかなど、改めて対応を検討しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150828/k10010207861000.html

ttps://archive.is/zbOFU
ttps://archive.is/7Um69
ttps://archive.is/OgF6M
ttps://archive.is/SvXSW
動物園から逃げたペリカンか 捕獲に失敗【NHKニュース2015年8月27日】

=探鳥日記= シギ・チドリ飛来数日本一【佐賀新聞LiVE2015年8月28日】

杵藤版 探鳥日記 東よか干潟
 今回は少し遠征して、佐賀市の東よか干潟へシギやチドリの観察に行きました。肥前鹿島干潟とともに6月にラムサール条約に登録されたばかりの干潟ですが、シギ・チドリの飛来数は日本一を誇る、佐賀県を代表する探鳥スポットとして有名です。

 今の時季は、ロシアなどの北国で子育てを終えた渡り鳥たちが、越冬のため南の暖かい国へ移動する途中に日本へ立ち寄り、一休みしていきます。

 この日はハマシギ、ダイゼン、オオソリハシシギ、オバシギ、ソリハシシギ、アカアシシギなどを見ることができました。一番数が多いハマシギは、東よか干潟が越冬地です。春までここで過ごします。(日本野鳥の会県支部幹事)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/223663

ttps://archive.is/kjAUW
posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然守る連絡協、黒髪山の動植物紹介する看板設置【佐賀新聞LiVE2015年8月28日】(オオルリ/アカショウビン)

黒髪山の自然を守る連絡協議会が設置した看板「黒髪山系の動植物」
 黒髪山の自然を守る連絡協議会(野口正智会長)が、黒髪山系の動植物を紹介する看板を武雄市山内町の乳待房展望台付近と有田町の竜門山の家駐車場に設置した。

 九州の山でも多様な動植物が生息することで知られる黒髪山系の自然を理解してもらい、守り育てていくために設置した。

 看板は縦80センチ、横120センチ。カネコシダ、クロカミランなどの植物、オオルリやアカショウビン、グンバイトンボなどの野鳥や昆虫など15枚のカラー写真を掲載。ボロボロノキを「和名は枝が折れやすいため。花は5月」と紹介するなど、開花時期や特徴が分かる短い説明文をつけた。

 23日に会員14人で看板を建て、早速見入る登山者もいた。野口会長は「最近は植物観察が目的の山ガールも増えている。豊富な自然中で紹介できたのはわずかだが、自然を大切にする気持ちが育ってほしい」と話す。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/223689

ttps://archive.is/DfKn9
posted by BNJ at 23:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉敷・美観地区に「倉敷フクロウの森」 手乗り体験も【倉敷経済新聞2015年8月28日】

「倉敷フクロウの森」スタッフの柴田美香子さんとベンガルワシミミズクの「キング」

 倉敷・美観地区入り口の土産店「いろはに小路」(倉敷市中央1)3階に8月8日、生きたフクロウと触れ合える施設「倉敷フクロウの森」(TEL 086-423-0515)がオープンした。運営は、倉敷や由布院で土産店などの観光施設を運営するヴェルデ(大分県大分市)。

ハート型の顔を持つチャコモリフクロウの「チャコちゃん」

 木の枝に止まった状態のフクロウを手で直接なでることができる同施設。施設面積は60平方メートル。フラッシュを使わない写真撮影は許可されており、スタッフに申し出ればグローブを装着して「手乗りフクロウ」を体験することもできる。室温はフクロウにとって快適な20度弱に保たれている。時間制限は設けていない。

 施設内のフクロウは、「アフリカミミズク」「ニュージーランドアオバズク」「ベンガルワシミミズク」など世界各地に生息する12種12羽で、生後1カ月〜2歳。映画「ハリーポッター」に登場したフクロウの「ヘドウィグ」「エロール」に相当する種の「カラフトフクロウ」「シロフクロウ」も展示する。フクロウ以外にも、オウムやリスをおりの中で飼育・展示する。

 以前から猛禽(もうきん)類が大好きだったというスタッフの柴田美香子さんは、「予測を超える来場者数に驚いている。小さい子どもだけでなく大人も喜んでくれる。1時間以上滞在するお客さまや3日連続で来場するお客さまもいらっしゃる」と話す。

 「フクロウはおとなしくて優しく、癒やしてくれる存在。怖いと思っている方も多いと思うが、だまされたと思って触れてみてほしい」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は9時30分〜17時30分。入場料は大人=600円、12歳以下=300円、3歳以下無料。
http://kurashiki.keizai.biz/headline/609/

ttps://archive.is/crhat