2015年08月06日

ササゴイ(笹五位) 華麗に着地【東京新聞探鳥2015年8月6日】

 板橋区と北区にまたがる浮間公園でこの夏、池の浮島に着地するササゴイ。翼を大きく広げて足を下げた。ササの葉模様に縁取られた羽が印象的。バードサンクチュアリの林では毎年、コロニーを作って繁殖。今年も無事に巣立った。
 夏鳥で川などに渡来するサギ科。「キュウ」と鋭い声で鳴く。似たゴイサギは「ゴァーゴァー」、ヨシゴイは「ウーウー」と。全長52センチ。翼を広げると約75センチに。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2015080602000165.html

ttps://archive.is/WDJSM

タグ:ササゴイ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百貨店でサファリを体感!迫力の動物たちが阪急うめだ本店に大集合!「夏休みサファリランド」【プレスリリース2015年8月6日】(フラミンゴ)

夏休み、特にお盆は3世代でお出かけされる機会が増えます。昨今、祖父母様とお孫さんで出かける「孫旅」の人気が高まっていますが、旅に出なくても、大阪・梅田の快適な空間で、アフリカに行った気分で楽しんでいただけるイベントを開催!
8月6日(木)〜17日(月)/ 9階 祝祭広場
■見どころ
祝祭広場をサファリランドに見立て、ほぼ実物大のリアルなぬいぐるみで
まるで動物たちがサファリで日常を過ごしているように展示。
4層吹き抜けのスケール感を生かした、100羽のフラミンゴが羽ばたく光景も再現!!
それぞれのエリアでは、その動物たちの鳴き声(ほえ声)も響き、臨場感満点!


○サファリランドは5つのゾーンで構成
1.ライオンやアフリカゾウ、キリンたちによるサファリの象徴のような光景
2.のどかなシマウマたちと、チーターの群れ
3.フラミンゴ約100羽が生息する湖
4.水辺でのんびり過ごすカバたち
5.サファリの上空を飛ぶ100羽のピンク色フラミンゴたち

○動物をテーマにして楽しいイベントも!
アートユニット“フジヨシブラザーズ”が動物をダイナミックに描くライブペインティングショー。
 ・8月15日(土)・16日(日)各日午後2時

桃彩縞馬


アフリカンドラムの演奏やダンスなども
 「ドゥニドゥニ」・8月8日(土)午後1時30分・3時
 「バチコンドー」・8月9日(日)午後2時・4時

ドゥニドゥニ

バチコンドー


■かわいいアフリカン雑貨の販売も!

「アフリカンスクエアー」フルーツバスケット各2,160円

「アフリカンスクエアー」バブーシュ3,456円、カンガ布各2,592円
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000014431.html

ttps://archive.is/bX6b0
タグ:フラミンゴ
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ことりカフェ」期間限定!「ことりBAR」オープン♪インコおつまみプレートや話題のキウイワインも♪「ことりカフェ吉祥寺」で真夏のバータイム!【プレスリリース2015年8月6日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2015年8月8日(土)と8月 28日(金)の2日間限定で営業時間を20時まで延長し(通常18時迄)、「ことりカフェ吉祥寺」にて「ことりBAR」をオープンいたします。今回、通常のアルコールメニューに加え、三鷹市お土産認定「TAKA−1」に選ばれ(2012年)、スタジオ・ジブリデザインで三鷹市イメージキャラクターPokiがラベルの「三鷹キウイワイン」や、人気の「いんこKITCHEN」による「インコおつまみプレート」等をご用意いたします。真夏の夜、可愛い小鳥たちを観賞しながら、涼しい店内でまったりとほろ酔い気分をお楽しみください。

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区 井上グランシェフ)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1-14-7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎月第3火曜日※祝日の場合翌日)
※8月・9月は無休営業
※8月8日(土)・28日(金)は20:00迄営業

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000010272.html

ttps://archive.is/5JTAW
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ:死ぬ 豊岡で骨見つかる /兵庫【毎日新聞2015年8月6日】

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は5日、コウノトリ1羽が死んだと発表した。残っていた片足の足輪などから、豊岡市から先月に巣立ったコウノトリの可能性が高いという。

 郷公園によると、この日午前、豊岡市河谷地区の住民から、足輪の付いたコウノトリの脚のような骨が地区内に落ちている、との情報が郷公園に寄せられた。散乱した一部の骨と羽毛が残っており、食べられたと見られ、死因は不明という。

 郷公園は、足輪が片方だけのため断定はできないものの、先月25日、豊岡市河谷地区で巣立った1羽の可能性が高いという。この1羽は、2005年の初放鳥後、07年に野外での巣立ちを確認して以来、野外巣立ちの100羽目だった。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20150806ddlk28040446000c.html

ttps://archive.is/CoTtT
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余録:この2月に亡くなった児童文学者で…【毎日新聞2015年8月6日】(スズメ/ツバメ)

 この2月に亡くなった児童文学者で民話収集に取り組んだ松谷(まつたに)みよ子(こ)さんが「現代民話考」(ちくま文庫)にまとめた広島・長崎の原爆にまつわる伝承の中には現実とも幻想ともつかぬ話がある。被爆地で帯を拾うおばあさんの話もその一つだ▲「帯はいいから逃げなさい」と促すと、おばあさんは怒ったように言った。「こりゃ、わしのはらわたでがんす」。背中に材木のささった男が平気な顔で他人を助けていたという話もある。焼け跡には鬼火が出たともいう▲爆心地に面した松林では羽を焼かれた無数のツバメやスズメがよちよちとはい回るなかで、多くの子どもが死んでいた。3〜4歳の子は片手にツバメを握って死んでいた。息絶える前にツバメを手に取ったのだろうか。その時子どもは何を考えながら世を去ったのか▲「スベテアッタコトカ アリエタコトナノカ/パット剥(は)ギトッテシマッタ アトノセカイ」。広島で被爆した詩人、原民喜(はらたみき)は記した。何十万の人々の普通の暮らしが巨大な火球で焼き払われたのである。そんな惨禍(さんか)そのものがこの世にあろうはずのことではなかった▲人類の未来を映す水晶玉に「広島・長崎」のありえない惨禍をのぞき見て戦慄(せんりつ)し、かろうじて核戦争を回避してきた戦後の世界だった。しかし見渡せば核大国間の軍縮はむしろ逆流の中にあり、歯止めのない核拡散や核テロの脅威までがとりざたされる70年後である▲「民話考」の不思議な話も、この世のものと思えぬ悲惨な体験から生まれたのだろう。世代と国境を超えて引き継がれていかねばならないのは生身の人の心と体で受け止めた核の「現実」である。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150806ddm001070166000c.html

ttps://archive.is/izTvo
posted by BNJ at 12:05 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クジャク風に竹のオブジェ いしかわ動物園に8日登場【北國新聞2015年8月6日】

オブジェを組み立てるメンバー=能美市のいしかわ動物園

クジャク風に竹のオブジェ いしかわ動物園に8日登場

 能美市の誘客・まちづくり事業「ウルトラアート」で活躍する竹アートグループ「ARTOFBAMBOOJAPAN」は5日、同市のいしかわ動物園で8日から始まる夜間開園「ナイトズー」に向け、クジャクを模した竹のオブジェを完成させた。

 オブジェは幅6メートル、長さ7メートルで、竹や白い布を組み合わせ、大きく羽を広げたクジャクを表現した。大型休憩所の屋根の下につるし、下からライトで七色に照らす。

 同園がウルトラアートと連携して昨年9月に初実施した、床に動物の映像を映す「アニマルプール」も今回、オブジェ付近で披露される。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20150806401.htm

ttps://archive.is/3P9x3
posted by BNJ at 12:01 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする