2015年08月29日

大型の鳥「エミュー」で地方創生を 佐賀【NHKニュース2015年8月29日】

ダチョウに似た大型の鳥「エミュー」を育てて新たな名物を作り、地方創生を実現しようと、佐賀県基山町の農家の人たちでつくる会社が、耕作放棄地を活用して本格的な飼育を始めました。
エミューは、成長すると体長が2メートル近くにもなる大型の鳥です。
このエミューを耕作放棄地を利用して育て、さまざまな商品を開発して地域の活性化を図ろうと、基山町の農家の人たちが、生産から加工、販売までを行う6次産業化のための会社を先月、設立しました。
会社は、佐賀県の地方創生のための補助金400万円を得て、これまでの4羽に加えて、今月、新たに25羽を購入。
3か所の耕作放棄地を活用して本格的に飼育を始めました。
エミューの肉は脂肪分が少なくヘルシーだということで、会社では、町のご当地グルメにすることを目指してカレーの開発にあたっています。
また、エミューから取れる油は人間の肌に近い成分でできているとされ、化粧品の開発も目指すことにしています。
基山町内には、中山間地を中心に耕作放棄地がおよそ10万平方メートルあるということで、エミューの飼育はその活用策としても期待されています。
会社の設立メンバーの1人、吉田猛さんは「エミューの肉などを使った新しい商品を開発することで、過疎化が進んで耕作放棄地が増えている地域の現状を変えていきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150829/k10010208341000.html

ttps://archive.is/DdAhp

タグ:エミュー
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンのスペシャリストが集結したイタリア発のブランド「デュベティカ(DUVETICA)」がついにバランススタイルに登場!【プレスリリース2015年8月29日】(グレイグース/ガチョウ)

サッカーのあるファッションライフをコンセプトにしたセレクトショップ【バランスススタイル(BALANCE STYLE)】

BALANCE INC. 2015年8月28日 20時08分

株式会社バランスマネジメント(本社:東京都渋谷区、COO:高畠 侑加)が運営するサッカーのあるファッションライフをコンセプトに、ヨーロッパブランドを中心に展開するセレクトショップ「バランススタイル(BALANCE STYLE)」に、イタリア発の冬の定番ブランド「デュベティカ(DUVETICA)」を展開する事となりましたのでお知らせ致します。


2002年、デュベティカ(DUVETICA)は、イタリア・ベニス近郊のモリアーノ ベネト(Mogliano Veneto)で、ダウンジャケットというアイテムに一方ならぬ情熱を持ったスペシャリスト達が集結し、各々が携わった重要なダウンブランドにおける長年の知識や経験に裏打ちされたオリジナリティのあるアイテムを実現するために企画され、ダウンブランド/モンクレール(MONCLER)の中心的役割を担っていたデザイナー/ジャンピエロ・バリアーノ(Giampiero Vagiliano)により設立されました。


《ブランド名の由来》

DUVETICA(デュベティカ)は、フランス語でダウンを表す『Duvet(デュベ)』とイタリア語で倫理・道徳を表す『Etica(エティカ)』から名付けられました。『モノ作りをする人々と素材を与えてくれる環境に対する尊重』、『価値あるものをその価値のままお客様へお届けする誠実さ』を象徴として、この2つの言葉がブランド名に採用されています。



《製品のクオリティ》

DUVETICAのダウンジャケットはクオリティに最大限の注意を払い、使用する素材には100%フランス産のトップクオリティーダウンやフランス、イタリアの最先端ファブリックを採用、縫製にいたってはダウンジャケット製造におけるヨーロッパ最高レベルの技術が保証された東欧の縫製工場を選択しています。ブランド設立以来、それら全ての要素が織り成す最高品質のダウンジャケットは、最高の品質にこだわるお客様へ向けた希少なアイテムとして展開され、キング・オブ・ダウンとして広く認知されています。



《 採用されるダウンについて》


南フランスべリゴール地方は、グルメの国を象徴する最上級フォアグラの産地です。最上級のグレイグースダウンは、この最上級フォアグラ用に飼育されたグレイグース(ガチョウ)の胸元の産毛だけを使用します。 ガチョウたちは伯爵家の広大な敷地で自由に、そしてリンゴやコーンなどの自然の栄養をたっぷりと与えられ、これ以上なく健康に育てられます。この自然で、なおかつ伝統的な飼育方法だけが、最高のグレイグースダウンを生み出すことができます。一口にダウンと言っても鳥の種類によりクオリティは違います。その最上級が、べリゴール地方では高貴な鳥と称されるグレイグースなのです。グレイグースはフランス国内でも、特にべリゴール地方にしかほとんど存在していません。それに加えて、ここでの飼育方法は放し飼いで、自然の餌により行われているため、鳥達は極めて健康な状態を保っています。そのような環境で育った鳥達の羽は、他地域の工業生産的に檻の中で育てられた鳥達の羽とは比べ物にならない程、品質は優れています。


<BALANCE TIMES記事はこちらから>
http://balance-style.jp/times/tokushuu/fashion/duvetica-150826.html




<デュベティカ入荷詳細>
展開開始日程:2015年9月上旬
※入荷次第バランススタイルにてご購入いただけます。
※メルマガ登録頂いたお客様にはいち早く入荷情報をお届けいたします。

<メールマガジン登録ページ>
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01106164

<BALANCE STYLE>
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-41-8 1F
TEL : 03-6459-2188
OPEN-CLOSE : 12:00-19:30
WEB:http://balance-style.jp





■株式会社バランスマネジメント

設立:2009年9月
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-41-5 ドミール原宿1F
事業内容:サッカーのあるライフスタイルに関する事業
FOOTBALL DIV.:http://balanceinc.jp
Distribution:http://blmt.jp/
BALANCE STYLE:http://balance-style.jp/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000013566.html

ttps://archive.is/962o9
タグ:羽毛
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツちば:クラブ野球選手権40回記念 袖ケ浦・岩田さんのデザイン、シンボルマークに /千葉【毎日新聞2015年8月29日】(タカ/鳥類意匠)

袖ケ浦市の岩田敏明さんがデザインした全日本クラブ野球選手権の大会シンボルマーク=岩田さん提供

 ◇不滅と力強さ 「タカ」に託して
 社会人野球のクラブチーム日本一を決める全日本クラブ野球選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の優勝旗に40回目の今年、シンボルマークが描かれる。袖ケ浦市の会社員、岩田敏明さん(49)が「クラブ野球が世の中に広まってほしい」と願ってデザインした。慶応大3年の長男匡矢(まさや)さん(21)は初出場するゴールドジムベースボールクラブ(東京)の投手。「父のデザインした旗を持ち帰りたい」と、来月4日に埼玉県の西武プリンスドームで開幕する大会での活躍を誓う。【円谷美晶】

 シンボルマークは、タカが大空へ向かって羽ばたく姿とボールを重ね合わせたデザイン。日本野球連盟が40回大会を記念して募集し、40作品から選ばれた。企業チーム中心の都市対抗野球は、地上を駆ける「黒獅子」がシンボル。「それなら空飛ぶ鳥に」と力強さを感じさせるタカにし、「クラブ野球が熱く燃えて全国に羽ばたいてほしい」との思いを込め、赤を基調にして、タカが不死鳥になる瞬間をイメージした。

 岩田さんも中学まで白球を追った元野球少年。5年前まで袖ケ浦市の少年野球連盟で活動するなど野球への思い入れは強いが、クラブ野球にはなじみがなかった。

 縁ができたのは昨年4月。慶応大野球部に所属していた匡矢さんが「社会人野球に挑戦したい」とゴールドジムに入団。試合を見に行き、監督や選手と交流する中で「レベルが高く、野球への貪欲さがある」と感じた。「学生から元プロまで、年齢も経歴もさまざまな選手が一緒に夢を追っているのも魅力」。連盟のホームページで募集を知り、仕事でも看板などのデザインをしていることもあり、応募した。

 岩田さんの作品がシンボルマークに選ばれたと聞いて、ゴールドジムの手塚栄司監督らも喜んだ。「全国大会に出て、優勝旗を取りにいこう」と誓ったチームは、今月上旬の関東予選を勝ち抜いて初出場を決めた。1試合に登板した匡矢さんは「野球人生で初めての全国大会。チャンスがあれば先発、中継ぎ、抑え、どんな場面でもチームに貢献したい」と意気込む。

 「クラブ野球に出合い、野球を続ける道はプロや企業チームだけではないと教えられた」と岩田さん。高校、大学卒業後も本気で野球を続けたい選手の受け皿でもあるクラブ野球の発展を願う。

   ◇  ◇

 日本野球連盟に登録している社会人野球チームは354チーム(4月9日現在)。高度経済成長期の1963年に237あった企業チームが86に減少する一方、地域の人たちも参加できるクラブチームは76から268になった。クラブチームの強豪は、選手の雇用先や練習場所の確保といった課題を克服しながら強化を図り、昨年は3チームが強豪の企業チームを予選で破って都市対抗本大会に出場するなど、存在感を増している。
http://ama-baseball.mainichi.jp/news/20150829ddlk12050102000c.html

ttps://archive.is/AXg5V
posted by BNJ at 22:57 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちかど:出張ペンギンにチビっ子ら歓声 所沢 /埼玉【毎日新聞2015年8月29日】(ケープペンギン/所沢航空発祥記念館)

子どもたちに愛きょうを見せるケープペンギン
 所沢市の所沢航空発祥記念館前の芝生広場に22日、ケープペンギン3匹が現れ、夏休み中のチビっ子らを驚かせた=写真

 同館内の大型映像館で9月30日まで上映している映画「キングペンギン」のPRの一環。当日の県内は熊谷地方気象台が33・9度を記録する暑さだったが、入館者らは福島県二本松市の「東北サファリパーク」からの“出張ペンギン”に、じかに触れたり、記念撮影したりして楽しんだ。

 「キングペンギン」は、南極から2000キロに位置するサウスジョージア島で繰り広げられるペンギンの子育てと家族愛の物語。上映は1日4回。問い合わせは同記念館(電話04・2996・2225)。【海老名富夫】
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20150829ddlk11040383000c.html

ttps://archive.is/fwmcr

ワークショップ:鳥笛の音色楽しむ 篠笛奏者・佐藤さん、王子ケ浜小で指導 新宮 /和歌山【毎日新聞2015年8月29日】

 子供たちに伝統的な手作りの笛に興味を持ってもらうワークショップ「手作り笛で自然と親しもう」が28日、新宮市田鶴原町の市立王子ケ浜小学校であった。東京を拠点に活動する篠笛奏者、佐藤和哉さん(33)が同小の6年生に竹でできた鳥笛の吹き方を指導し、児童たちは可愛らしい音色を楽しんだ。

 用意された鳥笛は、長さ約5センチに切った竹の表面に穴を開け、穴にさし込んだストローから息を吹き込んで音を鳴らす仕組み。ワークショップは、熊野地方でコンサートを企画するグループ「熊野を音楽で盛り上げる会」と同小が協力して開いた。

 佐藤さんは、子供たちに丁寧に吹き方を教え、「鳥がたくさんいる所で吹くと、鳥が寄ってくる。自然と一緒に遊んでほしい」と呼び掛けた。その後、竹でできた横笛の篠笛でオリジナル曲を披露した。

 参加した前田未来さん(12)は「鳥笛は最初、音が出なかったが、優しく吹くといい音が出た」と喜んでいた。【藤原弘】
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20150829ddlk30040505000c.html

ttps://archive.is/tzG9D
posted by BNJ at 22:48 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ご当地アイドル発見】「NGT48」トキの衣装で初ステージ 「新潟から全国に羽ばたきたい」【産経ニュース2015年8月29日】(既報関連ソースあり)

信濃川の水上バスに乗ってイベント会場に登場したNGT48=新潟市中央区
 10月に発足するアイドルグループAKB48の姉妹グループ「NGT48」のお披露目イベントが21日、新潟市中央区柳島町の市歴史博物館前広場で行われた。メンバー26人が勢ぞろいして、パワフルな歌とダンスで、詰めかけた約1千人のファンを熱狂させた。

 メンバーは、キャプテンの北原里英さん(24)、AKB48兼任の柏木由紀さん(24)、ドラフト会議で選ばれた2人に、第1期生オーディション合格者22人を加えた26人。

 国の特別天然記念物、トキをモチーフにした白と赤の衣装に身を包み、信濃川の水上バスから登場。ファンの前でAKB48の代表曲「会いたかった」や、ショッピングモールの「万代シテイ」や笹(ささ)団子などの新潟名物を歌詞に織り込んだ新曲「NGT48」を熱唱したり、自己紹介したりした。

 メンバーは「ファンからの温かい声援を受けて心から楽しめた」などと感謝の言葉を口にした。新潟市出身の加藤美南さん(16)は「新潟から全国に羽ばたけるアイドルになりたい」と意気込んだ。

 新姉妹グループのお披露目はAKB48のコンサートなどで行うのが通例だが、地元で行うのは初めてだという。
http://www.sankei.com/premium/news/150829/prm1508290008-n1.html

ttps://archive.is/z99Lf
新潟NGT48が1期生募集開始【朝日新聞デジタル&w2015年4月10日】
posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南極基地の仕事、観測隊員が紹介 東川中と映像交信【どうしんウェブ2015年8月29日】(ペンギン)

隊員の及川さん(画面右)が南極について話した南極教室
 【東川】南極の昭和基地とリアルタイムで交信する「南極教室」が28日、東川中で開かれ、東川町から第56次日本南極地域観測隊に参加している医師の及川欧さん(52)らが南極の自然や観測隊の仕事について紹介した。

 及川さんは、医療担当として昨年末から基地に滞在している。教室は及川さんの地元が東川町という縁で開かれ、全校生徒約240人が参加した。

 及川さんは他の隊員と共に、野外観測で撮影したペンギンやオーロラ、昭和基地内部の映像を交えて、自然や気候、活動などを説明。生徒たちに「東川は小さな町ですが、私にとっては大切な場所。東川で暮らす皆さんも自分らしさに自信を持って、世界を目指してください」と激励のメッセージを送った。(笠原悠里)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0173637.html

ttps://archive.is/hRdTQ
posted by BNJ at 22:42 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛称は「紬」に…羽村市動物公園 タンチョウ【YOMIURI ONLINE2015年8月29日】

愛称が「紬」と決まった6月生まれのタンチョウ(手前)
 羽村市動物公園で6月24日に生まれたタンチョウの愛称が「紬つむぎ」に決まった。民話「鶴の恩返し」にちなみ、16日まで織物などに関連した5候補を挙げて来園者による投票を行い、総数151票のうち最多の71票を集めた。

 生まれた時に約15センチほどだった体長は現在、約130センチとなり、羽は茶色いものの、親とほとんど変わらない大きさに成長している。

 71票の中から抽選で、青梅市の芦沢龍美さんに命名者として横浜・八景島シーパラダイスのペア招待券が贈られた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20150828-OYTNT50358.html

ttps://archive.is/02ovG
タンチョウのひな9年ぶり誕生 羽村市動物公園【東京新聞2015年7月10日】

野生種?コウノトリ確認 「五島で繁殖を」生息地へ期待 [長崎県]【西日本新聞2015年8月29日】

五島市岐宿町に姿を見せたコウノトリ

 今年1月下旬ごろ、国の特別天然記念物に指定されているコウノトリ1羽が飛来していた五島市岐宿町で今月、再び1羽が確認された。放鳥を示す足輪が付いていないことから大陸から飛来した野生種とみられる。日本野鳥の会会員で同市の出口敏也さん(51)によると、冬鳥である野生種が夏に国内で観察されるのは非常に珍しいという。
 コウノトリは今月10日朝、同町の中村利夫さん(66)が田んぼのあぜ道にシラサギと一緒に降り立っているのを見つけた。冬に飛来したコウノトリは、6月ごろ姿が見えなくなっていたという。
 コウノトリの増殖に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」などによると、冬に大陸から飛来した野生種が夏まで滞在した記録は九州になく、同一であれば五島市が生息地になる可能性もあるという。今回の個体は羽が抜けかわるなどして、冬に飛来した個体と同一かどうかは不明。
 中村さんは「(冬にみつかったコウノトリは)大陸に戻ったと思っており、この時期にコウノトリがいたので目を疑った。自然豊かな五島で繁殖してほしい」と話した。
=2015/08/29付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/191756

ttps://archive.is/Cjfjo
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする