2015年09月09日

ライチョウ 人工飼育の壁 上野全滅 残るは富山の3羽【東京新聞2015年9月9日】(他2ソース/既報関連多数)

飼育されるニホンライチョウのひな=富山市ファミリーパーク提供

 国の特別天然記念物で絶滅が危ぶまれるニホンライチョウの人工飼育と繁殖を目指す国の初めての計画が、いきなり壁にぶつかっている。6月に北アルプス乗鞍岳(岐阜、長野両県)で採集した卵10個のうち、上野動物園(東京)でふ化させた5羽は全て死に、残りは富山市ファミリーパークの3羽だけに。「野生動物を育てる困難さを実感した」と望月義夫環境相。飼育技術を確立するまで手探りが続く。
 「少し動きが悪い。立ち止まっているようだ」。八月二十六日朝、上野の飼育担当者が雄のひなの異変に気付いた。通常、餌をついばみながら歩き回るが、体調が悪いと脚がふらつき休みがちになる。三時間後には動かなくなっていた。
 上野では同日以降ひなの死が続き、今月六日に“全滅”した。最後の二羽は八月下旬から体重が減り、液状にした餌をチューブで口から流し込むなど付きっきりで世話したが、回復しなかった。渡部(わたべ)浩文副園長は「順調に育っていたのに。突然のことで困惑している」と声を落とす。
 本州中部の高山帯に生息するライチョウは近年、環境変化や外敵の増加で減少が著しく、現在は推定二千羽弱とされる。
 環境省は、保護が遅れて国産の絶滅を防げなかったトキやコウノトリの教訓から、早い段階で人工繁殖を軌道に乗せようと計画。卵十個から上野で五羽、富山で四羽がふ化し、来年には雄と雌を“お見合い”させて繁殖を試みる予定だった。
 富山では七月上旬に一羽が死んだものの、残り三羽は育っている。「近縁種の飼育経験があるとはいえライチョウは初めて。しっかり取り組みたい」と担当者。ただ三羽は雄ばかりで、来年の繁殖は絶望的。環境省は来年も卵を採集して、再挑戦する意向だ。
 過去に人工繁殖に取り組んだ経験のある大町山岳博物館(長野県大町市)の宮野典夫元館長は「ライチョウは病気に弱く、飼育は試行錯誤の連続。経験を積んで対処法を学ぶしかない」と話した。
 <ニホンライチョウ> 南北アルプスなど、本州中部の高山帯に生息するキジ目の鳥。ずんぐりした体つきで体長は約40センチ。植物の芽や種子などを食べる。日本列島が大陸と陸続きだった氷河期に大陸から移りすんだといわれ、高山が信仰の対象としてあがめられる中で「神の使い」として守られてきた。1980年代には約3000羽いたが、キツネやカラスといった外敵の増加や、生息環境の悪化などで著しく減少した。環境省は絶滅危惧種に指定し、保護策を進めている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015090902000266.html

県内関係者 繁殖難しさ実感 上野動物園のライチョウひな全滅【信濃毎日新聞2015年9月8日】
ライチョウの人工飼育に向けた採集作業で見つかった卵=6月5日、乗鞍岳
 北アルプス乗鞍岳で6月に採取した卵から上野動物園(東京)でふ化した国特別天然記念物ニホンライチョウひな5羽が全て死に、来春の人工繁殖実現が困難な状況となっている。乗鞍岳で採取した卵10個のうち、残りは富山市で飼育中の雄3羽だけ。人工繁殖計画に関わる長野市茶臼山動物園、大町市大町山岳博物館の関係者も、野生動物の飼育・増殖の難しさをあらためて痛感している。

 「ふ化から3カ月くらいまではちょっとしたことで体調を崩しやすい。毎朝無事を確認してほっとする繰り返しだった」。ニホンライチョウ受け入れの前段として、近縁種のスバールバルライチョウを飼育している茶臼山動物園学芸員の田村直也さん(44)は言う。同園では、2013年にふ化した4羽のうち成鳥に育ったのは2羽だけ。「スバールバルで実績を積んだ上野動物園でさえ今回の結果。簡単ではない」と話す。

 同様に今年スバールバルの飼育を始めた大町山岳博物館の指導員、宮野典夫さん(64)も「野生動物ならではの強さと同時に、人為的な環境下でのもろさを感じる。まだ分からないことが多い」と受け止める。同博物館は1963年から04年までニホンライチョウを飼育し、繁殖の実績もある。「大町の経験も生かし、一緒に改善策を探っていきたい」とする。

 「高山帯という特殊な環境に適応し、生きてきた長い進化の歴史も踏まえて改善策を見いだしたい」。同省の保護増殖検討会にも出席した日本大生物資源科学部教授の村田浩一さん(63)は言う。

 上野動物園によると、今回死んだひなは消化機能の低下で栄養を吸収できなくなった可能性がある。村田さんは、腸内細菌の状態がニホンライチョウとスバールバルライチョウとでは大きく異なると指摘。「野生動物は、家畜を飼うのとは全く異なる。挑戦状を受け取った思いだ」と話している。

 環境省の安田直人・希少種保全推進室長は「来年の繁殖期に再び乗鞍岳から卵を採ってくる方向で検討したい」としている。
http://www.shinmai.co.jp/news/20150908/KT150907FTI090020000.php

上野ライチョウ全滅、環境相「飼育難しさ実感」 来年以降の試み継続も表明【YOMIURI ONLINE2015年9月8日】
上野動物園で死んだ5羽のライチョウ=7月(東京動物園協会提供)
 上野動物園(東京)で繁殖を目指し、飼育していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウのひな5羽が全て死んだことに関し、望月義夫環境相は8日の記者会見で「大変残念。野生動物を育てる困難さをあらためて実感した」と述べた。

 環境省は今年6月、ライチョウの人工繁殖に取り組むため、乗鞍岳(岐阜・長野両県)の巣から卵10個を採集。上野動物園で5羽、富山市ファミリーパークで4羽のひながかえったが、7月上旬に富山の1羽が死に、上野の5羽も今月6日までに全滅した。

 望月氏は「引き続き飼育繁殖に取り組んでいきたい」とも述べ、来年以降も乗鞍岳で卵を採集し、飼育を試みる考えを示した
http://www.sankei.com/life/news/150908/lif1509080019-n1.html

ニホンライチョウ“来年以降も人工繁殖”【NHKニュース2015年9月8日】
環境省が取り組んでいる国の特別天然記念物、ニホンライチョウの人工飼育で、東京の上野動物園でふ化したニホンライチョウ5羽が6日までにすべて死に、来年春の繁殖はできなくなりましたが、望月環境大臣は来年以降も引き続き人工繁殖に取り組む考えを明らかにしました。
ニホンライチョウは近い将来、野生での絶滅の危険性が高いと指摘されていて、環境省は初めて、東京の「上野動物園」と富山県の「富山市ファミリーパーク」で人工飼育に取り組んできました。
このうち、東京の上野動物園ではことし6月、5羽のニホンライチョウがふ化し飼育を続けてきましたが、先月下旬から6日までにすべて死にました。富山市ファミリーパークでは3羽のライチョウが育っていますが、すべてオスのため、環境省が計画していた来年春の人工繁殖はできなくなりました。
上野動物園では、これまでの検査でウイルスなどは見つかっていないということで、専門家と協力してライチョウが死んだ詳しい原因を調べています。
これについて、望月環境大臣は8日の閣議のあとの記者会見で、「大変残念だが、今回の経験を生かして次につなげ、環境省として引き続きライチョウの繁殖に取り組みたい」と述べ、来年以降も引き続き人工繁殖に取り組む考えを明らかにしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150908/k10010220561000.html

ttps://archive.is/MiQ0h
ttps://archive.is/pEhV0
ttps://archive.is/UV8gO
ttps://archive.is/ofIsC
上野動物園のライチョウ全滅 富山で3羽飼育続く【共同通信2015年9月6日】(他4ソース)

イワトビペンギン、浮気しない極意は数百キロ離れた「別居婚」【AFPBB News2015年9月9日】

【9月9日 AFP】一夫一婦制で知られるイワトビペンギンが浮気をしない極意は、子作りをしていない間は、長期間、数百キロ離れて「別居婚」を続けていることにある――このような研究論文が9日、発表された。

専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載された論文によると、イワトビペンギンは、ねぐらがあるアルゼンチン沖のニューアイランド(New Island)に戻ると、何とかして以前のパートナーや仲間を見つけるのだという。

久しぶりの再会は心ときめくものかもしれないが、ペンギンたちが一緒にいる期間は短く、年間、3か月も一緒にいない。

海上で6か月ほど過ごした後、10月になって陸地に戻ってきたペンギンたちがすぐに取り掛かるのは、交尾と産卵、そして抱卵だ。中でも抱卵には約1か月を費やす。

しかし、イワトビペンギンの親たちが、ひな鳥にいつまでも付き合うことはない。ひな鳥の子育てに70日ほど費やし、4月になると、親たちはさっさと別々の道を行ってしまう。

野生で別行動を取る動物のつがいは、永遠に離れ離れになってしまう恐れがあるのではないか。研究者らは、そう考えて、ペンギンたちが繁殖期以外も一緒に過ごす努力をしているのかどうかを確認しようとしたのだという。

AFPの取材に答えた研究者の1人、ジャンバティスト・ティエボ(Jean-Baptiste Thiebot)氏によれば、ペンギンの世界には「離婚」もあるが、イワトビペンギンのカップルが新しい相手と繁殖することはまれだという。

■先に旅立つのは雌

研究チームは、10組、20羽のイワトビペンギンに軽量センサーを付け、約半年間、別々に過ごしているカップルの動きを追跡調査した。

このうち、ねぐらがある島に戻り、以前のパートナーとの関係を復活させたペンギンは7組。2羽はシングルになった。研究チームは、残りのペンギンたちは、海で死んだか、別の場所に移動したのだろうと推測している。

センサーが示したデータによれば、一般的にイワトビペンギンのカップルは、海での暮らしを楽しんでいる間は、数百キロも離れて過ごしている。1組に至っては、2500キロ近くも離れていたことが分かったという。

イワトビペンギンは、以前の相手と久しぶりに再会した後は、即座にマイホーム主義者に変身し、大半の時間を巣で過ごす。

研究チームは、コウテイペンギンなどの鳥は、一緒に巣作りをすることもなく、一夫一婦制を保つことも少ないと指摘している。

「イワトビペンギンは、毎年、以前に営巣した同じ場所や地域で繁殖を繰り返しているようだ」と、ティエボ氏は言う。「そのおかげで、自分が知る陸地の場所で元のパートナーと再会できていると思われる」

イワトビペンギンの複雑な求愛儀式も、相手を見つけるのに役立っている可能性があるという。

繁殖期が終わり、最初に旅立つのは母親ペンギンのほうだ。父親ペンギンの旅立ちは1週間近く遅い。また、半年間、離れている間、雌のペンギンたちは、雄のペンギンたちより数百キロ以上長い距離を移動する。(c)AFP/Joshua MELVIN

http://www.afpbb.com/articles/-/3059804
http://www.afpbb.com/articles/-/3059804?page=2

ttps://archive.is/YuvrT
ttps://archive.is/6B91D
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海の動物たちがたくさんやってくる!ふれあい水族館など盛りだくさんの 「9周年アニバーサリーフェア」を開催!【プレスリリース2015年9月9日】(ららぽーと豊洲/ペンギン)

「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」(運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)では、9月18日(金)から10月12日(月・祝)の期間中、ららぽーと豊洲9周年を記念して「9周年アニバーサリーフェア」を開催いたします。 海の動物たちをテーマに、アザラシがやってくるふれあい移動水族館など、お子様と一緒に楽しんでいただけるイベントが盛りだくさん! ぜひこの機会に「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」にお立ち寄りいただき、素敵な時間をお過ごしください。


<Contents>

■9周年アニバーサリーフェア
・全館ポイントアップデー
・9周年記念店舗特典
・990円メニュー
・アニバーサリープレゼントキャンペーン
・各日先着99名プレゼントキャンペーン
・もれなくもらえるお買物券プレゼント
■キャラクターショー
■9周年イベント
■あそんで学ぼう! eco工作ひろば
■新店&リニューアル情報

------------------------------
9周年アニバーサリーフェア
------------------------------


■全館ポイントアップデー

おトクな「全館ポイントアップデー」を開催いたします。
【日程】 9/18(金)〜9/23(水・祝)
通常、お買い上げ100円(税抜)につき1ポイントのところ、期間中、三井ショッピングパークポイントカードをご利用いただくと100円(税抜)につき2ポイント、三井ショッピングパークカード《セゾン》でクレジット払いしていただくと100円(税抜)につきさらに1ポイント加算されます。
※三井ショッピングパークポイントカードのお取り扱いがない店舗が一部ございます。
※クレジットカードをご利用いただけない店舗がございます。
※ラゾーナ川崎プラザカードもご利用の対象となります。

■9周年記念店舗特典
約50店舗が4つの特典で皆さまに9周年の“ありがとう”をお伝えします!!
【日程】 9月18日(金)〜10月12日(月・祝)
【参加店舗】約50店舗
@スペシャルオフ&プライス
おトクなオフや9にちなんだ価格でご提供!
A数量限定ノベルティプレゼント
お買い物でオリジナルアイテムがもらえる!※なくなり次第終了
B数量限定ハッピーバッグ
ここでしか買えないアイテムやセット!※なくなり次第終了
Cスペシャルサービス
期間限定でポイントや割引チケットのサービスも!

■990円メニュー
9周年にちなんだおいしく、おとくなグルメをご用意しております。
【日程】 9月18日(金)〜10月12日(月・祝)
【参加店舗】
・伊豆高原ケニーズハウス
・博多 弁天堂
・ラケル
・チャウダーズ
・万豚記(ワンツーチィ)
・鶏丼や 博多 華味鳥
・リルドーナツ ナチュラル

◆豪華賞品がその場で当たる! アニバーサリープレゼントキャンペーン
期間中、アーバンドック ららぽーと豊洲で5,000円(税込)お買い上げ毎に『スクラッチカード』を1枚プレゼント!
※5,000円(税込)未満の場合は1,000円(税込)のお買上げ毎に「抽選補助券」を1枚差し上げます。5枚(5,000円分)集めていただくと「スクラッチカード」1枚とお引き換えいたします。
【日程】9月18日(金)〜9月27日(日)
【引換会場】1F 東京小町前
【引換時間】10:00〜21:00
【引換期間】2015年9月27日(日)23:00まで
【特賞】 旅行券30万円分
※引換期間終了後は賞品とのお引き換えはいたしかねますのでご了承ください。
※1等・3等にご当選の方は先着にてお好きな賞品をお選びいただけます。なくなった場合はお選びいただけません。予めご了承ください。
※一部対象外店舗がございます。
※その他ご参加にあたって注意事項がございます。

◆10日間限定!各日先着99名さまに人気ショップからうれしいプレゼント!
当日お買い上げいただいた3,000円(税込・合算可)以上のレシートをお持ちいただいた方、各日先着99名に人気ショップからプレゼント!
※会場で引換券をお渡しし、各店舗で商品をお受け取りいただきます。
【日程】9月28日(月)〜10月2日(金)、10月5日(月)〜10月9日(金)
【時間】10:00〜(先着に達し次第終了)
【場所】1F センターエントランス

◆ 5,000円(税込)以上お買い上げでもれなく500円分のお買物券プレゼント
アーバンドック ららぽーと豊洲対象店舗のお買い上げレシート5,000円以上(税込・合算可・当日分のみ)を会場にご持参いただいた方、各日先着300名に、ららぽーと共通お買物・お食事券500円分をプレゼント!
【日程】 10月10日(土)〜10月12日(月・祝)
【時間】11:00〜 (先着人数に達し次第終了)
【場所】1F 東京小町前
【お買物券有効期限】2015年11月30日(月)まで

--------------------
キャラクターショー
--------------------
◆それいけ!アンパンマン ショー『正義の味方 かいけつナガネギマン参上!』



すき焼きを作るために、ネギーおじさんからネギのカゴごと奪い取ったばいきんまん達。 すると中にあかちゃんまんが!アンパンマンはあかちゃんまんを助け出せるのか?

【日程】 9月19日(土)
【時間】@ 13:00〜 A15:00〜 1回30分程度
【場所】 シーサイドデッキ(中庭)メインステージ
※観覧無料
※天候などにより内容を変更・中止する場合がございます。


----------------
9周年イベント
----------------
9周年のアーバンドック ららぽーと豊洲は 海の生物に関するイベントがいっぱい!

◆みんなで海の生き物を描いて「TOYOSU AQUARIUM」を完成させよう!


海に住んでいるのは魚だけ?ヒトデやカニや貝、海藻だって生き物です。古代の恐竜なんかも実は潜んでいるかも知れません。身近にある「海」には何が住んでいるのかみんなで考えて、描いてみよう!
描いた海の生き物は装飾として、ららぽーと豊洲を彩ります!





【日程】9月20日(日)・22日(火・祝)・23日(水・祝)
【時間】11:00〜17:00 ※各日先着100名
【場所】1F センターエントランス
【参加料金】参加費無料
【監修】CANVAS
【協力】マスキングカラー

◆水遊びイベント
水あそびが大好きなお子様に、おもちゃのおさかなつりやぷよぷよボールすくい、キラキラの貝殻やヒトデで潮干狩り体験ができます。
【日程】10月2日(金)〜12日(月・祝)
【時間】10:30〜17:00
【場所】シーサイドデッキ(中庭)
【参加料金】各コンテンツ1回400円(税込)3回参加券1,000円(税込)

◆おさかなつり
自由におさかなつりを楽しんだあと、おもちゃのお魚3匹までお持ち帰りいただけます。

◆ぷよぷよボールすくい
ぷよぷよとした感触がおもしろい給水ポリマー加工したボールをすくって袋いっぱい持ち帰っていただけます。
お魚と一緒に水に浮かべると素敵なオブジェになります。

◆アクリルアイスの潮干狩り体験
砂の中に埋めたアクリルアイスを掘って潮干狩り体験。
自由に遊んだあとは好きな貝殻を5つ選んでお持ち帰りいただけます。

◆ふわふわエアー遊具
ふわふわのドルフィン滑り台や、飛び跳ねて遊べるシャークハウスを楽しめます。
【日程】9月26日(土)・27日(日) / 10月3日(土)・4日(日)
【時間】11:00〜18:00
【場所】シーサイドデッキ(中庭)
【参加料金】1回300円(税込)1回5分
【身長制限】ドルフィンスライダー 100p〜135p、シャークハウス 90p〜125p
※雨天中止

◆マリントレイン
9周年期間中は、マリントレインが運行!
【日程】9月19日(土)〜10月12日(月・祝)の土日祝日
【時間】11:00〜18:00
【場所】中庭(ドック付近)
【参加料金】300円(税込)
※雨天中止

◆ふれあい移動水族館











自然の海を再現した水槽の中で小さな命を感じられる移動水族館。 ふれあい水槽では、まるでシュノーケリングをしながら生き物に触れているような体験ができます。是非、お越しください!
【日程】 10月10日(土)〜12日(月・祝)
【時間】 10:00〜21:00 (ふれあい水槽は、11:00〜19:00となります。)
【場所】 1F カードデスク前
※参加無料
※動物の体調により途中休憩させていただく場合がございます。
※混雑時は人数を制限させていただく場合がございます。

◆本物のアザラシとペンギンがやってくる!











本物のアザラシとペンギンがららぽーと豊洲にやってくる!運がよければ、アザラシの「KISS」がもらえるかも!?
【日程】 10月12日(月・祝)
【時間】 11:00〜17:00
【場所】 シーサイドデッキ(中庭)メインステージ
※参加無料
※天候などにより内容を変更・中止する場合がございます。
※動物の体調により途中休憩させていただく場合がございます。
※混雑時は入場を制限させていただく場合がございます。

------------------------------------
あそんで学ぼう! eco工作ひろば
------------------------------------
体験型の教室を通して、エコや自然環境について楽しみながら学ぼう。
また、えこっくる江東のキャラクター「たすけくん」も登場します。
【日程】 9月21日(月・祝)
【場所】 1F センターエントランス
【時間】 10:00〜17:00 (※当日10:00〜より事前に整理券を配布いたします。)
【参加費】無料

◆リサイクル万華鏡づくり
廃ガス管をリサイクルしてオリジナルの万華鏡をつくる工作教室です。環境に配慮しながらエネルギーが届けられていることを知ります。
【所要時間】30分
【時間】@10:30〜/A12:30〜/B14:30〜/C16:30〜

◆あそびのひろば
三井不動産グループが所有する森林から作られた木製遊具の遊び場を設置します。森林保全と国産材活用の大切さを知ります。
【時間】常時参加可能

◆親子でつくるどんぐりクラフト
江東区内の公園で拾える身近な木の実を使った工作教室です。木の実での楽しみ方、活用方法を伝え、自然に親しむ機会を提供します。
【所要時間】30分
【時間】@11:30〜/A13:30〜/B15:30〜

◆スタンプラリー
「アーバンドック ららぽーと豊洲」の会場と、近接する東京ガスの校外学習施設 「がすてなーに ガスの科学館」の両方を訪問し、スタンプを集めるラリーを開催。

-------------------------
新店&リニューアル情報
-------------------------
◆ 9月1日(火)リニューアルオープン「ネイルズユニーク」



独立型のテーブルで落ち着いてサービスが受けられます。フットルームも完備 しています。1000 品目を超える充実の品揃え。

【場所】ノースポート 2F


◆ 9月5日(土)ニューオープン「フェンネル」



何が必要かを知り、自分らしさを追求する、そんな大人の女性に。上質感とさり げなく今を感じさせるネオベーシックなワードローブが揃います。
【場所】センターポート 2F


◆ 9月7日(月)ニューオープン「Yogibo」



快適で動けなくなるソファ Yogibo を体験しませんか ? Yogibo は、他のビー ズソファとは全く異なる特殊繊維(米国及び国際特許申請)であなたの身体を優 しく包み込みます。イス・リスライナー・ソファ・ベッド全て Yogibo 一つで解決。 世界一のビーズソファ Yogibo を体験しに来てください。

【場所】ノースポート 2F
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000001771.html

ttps://archive.is/VM2b5
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生きているミュージアム」の内覧会 海遊館プロデュース、エキスポ跡地の「NIFREL」【産経ニュース2015年9月9日】(鳥)

公開されたミュージアム「ニフレル(NIFREL)」。水族館「海遊館」が手掛け、11月にエキスポシティ(EXPOCITY)内で開業する=9日午前、大阪府吹田市(沢野貴信撮影)
 海遊館(大阪市港区)が大阪府吹田市の万博記念公園に建設中の水族館「NIFREL(ニフレル)」で9日、関係者向けの内覧会が行われた。「生きているミュージアム」をコンセプトに照明や音楽、映像を組み合わせた7つのテーマの展示が予定されている。

 この日公開された「いろにふれる」ゾーンでは水槽のほかに、映像を使って生き物の色彩の豊かさを強調。ゾーン内の直径1・6メートルの円形スクリーンには、オレンジ色や赤色など色とりどりの映像が次々と映し出された。魚や鳥などの生き物はまだ搬入されていない。

 ニフレルの小畑洋館長は「『多様ないのちと個性のつながり』をテーマに、水族館の枠にとらわれない施設を目指していきたい」と説明。水族館は「エキスポランド」跡地に建設中の大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」の開業にあわせ、11月19日にオープンする予定。
http://www.sankei.com/west/news/150909/wst1509090064-n1.html

ttps://archive.is/mDgSR
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅客機と渡り鳥「への字」編隊の"共通点"知れば知るほど面白い「航空力学」【東洋経済オンライン2015年9月9日】

渡り鳥とジェット旅客機の共通点は?(写真は、翼端渦の発生を減らし、空気抵抗を小さくしてくれるウイングレット)
渡り鳥が長い距離を移動するとき、大きな「への字」を描いた編隊飛行をします。これは、なぜでしょうか?

渡り鳥は、決して遊びで編隊飛行している訳ではなく、空気抵抗をできるだけ小さくして長距離飛行を可能にするため、「へ」の字を描いています。「空気抵抗を小さくする」というと、自転車競技のように縦一列に並び、先頭を交代制にするのがいいようにも思えますが、空を飛ぶ場合は異なります。

なぜなら、「翼端渦」(よくたんうず、翼端から発生する渦)の影響で、後方では、空気抵抗が小さくなるどころか安定した飛行すらできないためです。

この翼端渦のエネルギーは非常に強く、その後方には強い乱気流が発生します。数分前に通過した飛行機でも、その後流に入ると、激しく揺れる場合があります。拙著『カラー図解でわかる航空力学「超」入門』でも解説しておりますが、航空交通管制上特に離着陸時には危険なため、最大離陸重量により、

H(13.6トン以上)
M(7〜13.6トン未満)
L(7トン以下)


という、3つの「後方乱気流区分」があり、区分ごとに後方乱気流を考慮した時間、または距離の間隔が設定されています。渡り鳥は、この後方乱気流を知っているので、縦一列に並んでは飛ばないのです。

では、なぜ「への字」編隊飛行なのでしょうか?それは翼端渦の影響を小さくするためです。

細長い翼ほど翼端渦の発生が少なくなります。「への字」に並び、見かけ上の翼を長くすることで翼端渦の発生を減らし、空気抵抗を小さくしているのです。そして、編隊のすべての鳥の翼が空気力学的にひとつの翼になるように、すべての鳥の翼端と翼端を同じ距離に保ち、「への字」を描いています。その間隔は、翼の全長の25%という説もあります。

飛行機もまったく同じです。翼を細長くすると翼端に発生する渦を少なくできます。しかし、あまりにも細長い翼にすると強度上問題がありますし、翼内燃料タンクの容量や空港施設上の問題が発生します。

そこで、細長い翼と同等の空力的効果が得られる「ウイングレット」を取り付けています。直角に近い角度で翼端に取り付けられた小さな翼がウイングレットです。

このウイングレットは、空気抵抗を小さくするほんの一例に過ぎません。飛行機の空気抵抗を減らす工夫は、ほかにもたくさんあります。この工夫のための基礎知識が「航空力学」です。

燃料の消費量は自立航法の実現で激減

渡り鳥をプラネタリウムの中に入れて実験したところ、星の位置を参考にして長距離飛行していることがわかりました。一昔前の飛行機も、夜間フライトでは鳥と同じように星座から自分の位置を推測する「天測航法」と呼ばれる方法で、太平洋横断飛行をしていました。

現在では、星座を参考にしなくても飛行が可能な「自立航法装置」を備えています。この自立航法装置は、星が見えない天候でも安心して飛行できるだけではなく、燃費節減にも有効な装置となっています。

主に巡航に使用する飛行機の通路である「航空路」は、原則として「地上無線標識」を結んだものです。そのため、航空路は無線標識の設置場所によりどうしても多少折れ曲がった通路になってしまいます。

しかし、自立航法装置を装備した現在のハイテク機は、「広域航法(RNAV)」と呼ばれる航法により、無線標識を結んだ航空路以外でも自分の位置を知り、正確かつ自由に飛行できるようになりました。そこで、無線標識を結んだ航空路に加えて「RNAVルート」と呼ばれる航空路が新たに設置され、現在の航空路の主流となっています。

RNAVルートは、直線距離が長い航空路となり、飛行時間を短縮できるようになりました。たとえばRNAVルートを飛行することで3分間の時間短縮ができたとすると、500リットル以上の燃料を節約できます。

1年間では、ドラム缶(200リットル)にして1000本近くの燃料を節約できることになります。あるエアラインでは、東京〜福岡便は1日あたり18便あるので、この路線だけでドラム缶約1万6000本の燃料を1年間に節減できる計算《(500リットル×18便×365日)÷200リットル》になります。

このように、飛行機の空気抵抗を減らす工夫以外でも、航法装置の発達で、燃料を大きく節約できることがわかります。

渡り鳥は、小さな力で長い距離を飛べる、最も省エネとなる高度と速度を選んで飛行していることも知られています。

飛行機も、鳥と同じように最も燃費がよくなる高度と速度が存在します。最も燃費が良くなる飛行高度を「最適高度」といい、燃費がいちばんよい速度で巡航する方式を「最大航続距離巡航(MRC:Maximum Range Cruise)」といいます。最適高度を最大航続距離巡航で巡航するのが、「最も燃費がよい方法」です。渡り鳥は、この巡航方式で長距離飛行を乗り切っているのでしょう。

空気の状態に合わせてきめ細かく飛行速度を設定

しかし渡り鳥とは異なり、飛行機の運航には燃料費以外にも、着陸料や停留料などの公租公課、整備費、機材費、保険費、人件費などの「タイムコスト」を考えなくてはなりません。このように、燃費以外のコストも考慮した「経済巡航(Economy Cruise)方式」が主流となっています。

運航にかかわるトータルコストは、

(トータルコスト)
=(燃料費)+(タイムコスト)
=(燃料単価)×(燃料消費量+タイムコスト/燃料単価)
となります。ここで、

(タイムコスト)/(燃料単価)=(コストインデックス )
とすると、

(トータルコスト)
=(燃料単価)×(燃料消費量+コストインデックス)
となります。

コストインデックスは、1便を飛ばすために必要なタイムコストと燃料単価の比ですが、タイムコストを考えない――つまりコストインデックスが0のときには、燃費だけを考えた速度、最大航続距離巡航(MRC)となります。燃料単価が高い場合にはコストインデックスを小さく設定、タイムコストを重視するにはコストインデックスを大きく設定すればよいことになります。

このように、コストインデックスを基準にして設定される速度のことを経済速度(Econ Speed)といい、この経済速度で巡航する方式を経済巡航といいます。

コストインデックスの設定値は、エアラインの方針により異なっているのはもちろん、同じエアラインでも路線により設定値を変えるなど、細かく速度を設定して運航しています。

なお、トータルコストは、単位距離(対地速度×単位時間)を飛行するのに要するコストなので、上層風の影響も考慮しなければなりません。向い風ならば、航続距離を大きくするため、およびタイムコストを小さくするために飛行速度を速くし、追い風ならば、逆に飛行速度を遅くする必要があります。

飛行管理システムの実力

たとえば、冬期に小松空港から羽田空港に向かう場合、飛行経路は「小松上空‐名古屋(小牧)‐河和」(V52という航空路)と、「河和‐浜松‐大島‐房総半島」(V17という航空路)です。小松上空からの飛行はジェット気流による横風を受けますが、浜松上空で東に向けて変針すると、一気に強い追い風となるため、経済速度が大きく変化します。

このようなきめ細かい速度設定は、自立航法装置、推力制御装置、自動飛行装置などをコントロールする飛行管理システム(FMS)と呼ばれる機上コンピュータの発達で可能になりました。

飛行重量、飛行高度、上層風、外気温度などからFMSが経済速度を算出し、速度を維持できます。周りの空気の状態により逐次変化する速度設定を、手動で制御することは不可能です。

飛行管理システムのプログラムは航空力学を元に作成されています。このように、航空力学は、航空工学の基本ともいえます。
http://toyokeizai.net/articles/-/83101
http://toyokeizai.net/articles/-/83101?page=2
http://toyokeizai.net/articles/-/83101?page=3
http://toyokeizai.net/articles/-/83101?page=4

ttps://archive.is/WAqUZ
ttps://archive.is/hrE8R
ttps://archive.is/9YMNh
ttps://archive.is/VnwDz
タグ:渡り鳥
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満載:子育て・おやこ編 催し /大阪【毎日新聞2015年9月9日】(アホウドリ/ペンギン)

 ◇第13回ペンギンアート展

 20日(日)、21日(月・祝)10時〜18時半(21日は17時)、大阪市中央区南船場4の、第一丸米ビル1階、calmspace(カームスペース、地下鉄心斎橋駅から徒歩約5分)。世代、ジャンルを超えた約80人によるペンギンをテーマにした、絵画、陶器、手作り雑貨などのアート作品約300点。入場無料。ペンギン作品作りが体験できるワークショップ(材料費が必要)も開催=写真は前回の様子。実行委員会の山下さん(080・5365・5619)。

 ◇新世界宵市場

 19日(土)15〜21時、大阪市浪速区恵美須東1の新世界市場(通天閣の西側)。普段は夕方に閉店する店が21時まで営業を延長し、この日限りのよりすぐり商品を販売する。立ち飲みコーナーなど飲食の特設ブースも出店。ジャズCD販売の老舗・澤野セレクションによるBGMが同市場の昭和レトロな雰囲気を彩る。区市民協働課(06・6647・9734)。

 ◇2015年国際土壌年記念巡回展「土ってなんだろう?」

 19日(土)〜10月18日(日)9時半〜17時、大阪市東住吉区長居公園の市立自然史博物館本館2階イベントスペース(地下鉄長居駅下車)。トビムシ、クマムシなど目には見えない微生物を紹介する「土の中の小さな生き物たち」、日本のさまざまな土を紹介する「モノリス標本」(地面の垂直の断面をそのまま取り出し、1枚の板のようにした標本)の展示ほか。観覧料は大人300円、高大生200円。19日(土)13、14時、15時5分、15時半にギャラリートーク「たまごとたねを育む土」を開く。1、4回目は博物館内・特別展「たまごとたね」会場、2、3回目は「土ってなんだろう?」会場。無料だが各展入館料が必要。同博物館(06・6697・6221)。

 ◇大阪キャンピングカーフェア2015

 12日(土)、13日(日)10〜17時、大阪市住之江区のインテックス大阪5号館。(ニュートラム中ふ頭駅下車)。あらゆる種類のキャンピングカー134台を展示。流行のキャンプファッションを紹介する「秋のキャンプファッショントーク」(両日13時半)など楽しいステージイベントは観覧無料。キッズイベントは、「ダンボール迷路であそぼう!」500円。小学生以下が対象▽「食品サンプルをつくろう!」11、13、14、15時。各回先着15人、30分前から受け付け開始。900円▽「ファンルームでつくろう!」11時半、12時半、14時半、15時半。シリコンバンドでキャンピングカーなどを作る。各回先着15人、30分前から受け付け開始。500円。入場料は前売り中学生以上700円、子ども400円。当日はそれぞれ1000円、600円。事務局(06・6353・5738)。

 ◇こども劇場 人形劇「11ぴきのねことあほうどり」

 10月18日(日)14時〜15時25分、大阪市西区の市立こども文化センター(地下鉄西長堀駅7号出口すぐ)。コロッケの店を始めた11ぴきのネコたち。ところが毎晩売れ残るコロッケを食べ飽きてうんざり。鳥の丸焼きが食べたいと夢見ていると、一羽のアホウドリが現れて……。大人1000円、子ども(3歳〜中学生)500円。申し込みは(1)イベント名(「10/18 11ぴきのねことあほうどり」)(2)来場希望人数・子どもの年齢(3)代表者の住所、名前、電話(ファクス)番号(4)一時保育(10月10日締め切り、対象1歳半〜2歳、1人100円)希望者は子どもの名前と年齢を書いて、往復はがきかファクスで、〒550−0014 大阪市西区北堀江4の2の9、市立こども文化センター(ファクス06・6531・1679)へ。いちょうネット(検索キーワードにイベント名を入力し、募集ページへ)から申し込みもできる。問い合わせは同文化センター(06・6531・5975)。

 ◇ハローワークよどがわ マザーズサポートコーナー・オープニングセミナー

 28日(月)10時〜12時10分、大阪市淀川区十三本町3のハローワーク淀川3階大ホール(阪急十三駅西出口から徒歩約3分)。第1部10時、オッペン化粧品美容課長の池田ひろみさん「面接で好印象!ビジネスメイクアップ術」▽第2部11時10分、神戸屋総務本部長の花田典久さん「仕事と子育ての両立について」。先着30人。託児付き(先着20人)。申し込みはハローワーク淀川(06・6302・4771部門コード52〓)。
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20150909ddlk27100420000c.html

ttps://archive.is/MR3qV
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航空祭:記念塗装のF15戦闘機公開 21日、小松基地 /石川【毎日新聞2015年9月9日】(県の鳥/イヌワシ)

航空祭に展示される記念塗装のF15戦闘機=石川県小松市の小松基地で、中津川甫撮影

 21日の航空自衛隊小松基地(小松市)の航空祭を前に、会場に展示される記念塗装のF15戦闘機が8日、報道陣に公開された。

 記念塗装は毎年、基地の隊員からデザインを公募する。今年は空自第6航空団の第303、第306の両飛行隊所属のF15機から各1機が対象。このうち第306飛行隊は機首に白山と太陽を、垂直尾翼に県の鳥で部隊マークでもあるイヌワシを、それぞれ描いた。

 航空祭では、F15機をはじめ、空自の曲技飛行隊「ブルーインパルス」やF2機、救難機が飛行する。災害派遣されるC130機など計約20機も展示。このほか中部航空音楽隊の演奏や地元団体の太鼓なども披露される。航空祭前日には高齢者や身体障害者向けの特別見学会を開く。

 第6航空団の石津谷友規(いしづやとものり)広報班長(1等空尉)は「今年は地域の人々との絆がテーマ。ぜひ足を運んで楽しんでほしい」と話す。航空祭は午前7時45分〜午後3時半。ドローンの持ち込み・撮影は禁止。【中津川甫】
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20150909ddlk17040272000c.html

ttps://archive.is/LyqOY
posted by BNJ at 23:47 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良のフクロウカフェ「わたわた」が1周年 11種のフクロウがお出迎え【奈良経済新聞2015年9月9日】

モリフクロウ「ふくちゃん」(左)とアフリカワシミミズク「しんちゃん」をスタッフの手に乗せて

 11種のフクロウと触れ合うことができるフクロウカフェ「わたわた」(奈良市法蓮町、TEL0742-81-8822)がオープンから1年を迎えた。

商品に触るなよと言わんばかりの「ゆきちゃん」は、「商品ディスプレーの守り神」とも呼ばれる

 2014年9月3日にオープンした同店。入り口には「スタッフが案内するのでお待ちください」とのはり紙があり、案内を待っている間は、店内にいるフクロウから視線を浴びる。スタッフから「手の消毒」や「カメラのフラッシュをオフ」にするなど注意事項の説明を受けた後はフクロウをなでるなどの触れ合いが楽しめる。

 店主は、動物の中でも特に鳥が好きで自身もフクロウカフェにハマったことから奈良でもと開業した脇田和行さん(51)。オープン当初は少しやんちゃな性格のメンフクロウ「ゆきちゃん」、表情豊かなシロフクロウの「けんちゃん」など10羽だったフクロウも、今年春ごろにはお気に入りの1羽に出会い、ウラルオウルの「ウララちゃん」が増えた。

 「長く続けていきたい」と脇田さん。小学生以下は料金を半額にするなど料金設定を安価に抑えたのも「親子で気軽に来てもらいたい」との思いから。月平均500人の来店があるといい、1羽1羽に固定ファンも付いているという。

 森をイメージした約15坪の店内に、4人掛けテーブル3卓と2人掛けテーブル1卓を備える。ドリンクは鳥の毛が入らないようにとふたを付けて提供するが、記者が取材に訪れた時、来店客は飲み物に手を付けずイスにも座らずフクロウとの触れ合いを楽しんでいた。ドリンクメニューは、コーヒーやオレンジジュース、マンゴージュースなど。テークアウトにも対応する。

 スタッフも元動物病院勤務や鳥好きな人などフクロウに愛情たっぷり。フクロウが疲れた様子を見せると「休憩中」の札を置き、そんな日はごちそうのネズミを与えるという。普段はカロリーのことを考えて、ヒヨコやウズラを与えているという。

 性別はDNA検査しないと分からないなどその生態に不思議なことも多いというフクロウ。魅力は「表情豊かな見た目としぐさ」といい、店を営業してからは、不思議な声で鳴くなどの新たな発見もあったという。足につないだ金具を自分で外し、朝には店内が荒れていたこともあるというから、たまにイタズラもするようだ。

 「この1年皆さんによくしていただいた。もう1年頑張って行きたい。その気持ちでスタッフも頑張っている」と話す。

 営業時間は11時〜19時。料金は1時間=1,000円(ワンドリンク付き)。延長は30分=500円(ワンドリン付き)小学生以下は半額、未就学児無料。
http://nara.keizai.biz/headline/1005/

ttps://archive.is/QuH7y

サンリオ:類似指摘で鳥のキャラ「ゆトリとさトリ」を撤回【毎日新聞2015年9月9日】(他1ソース)

サンリオが人気投票企画の候補から取り下げた鳥のキャラクター「ゆトリとさトリ」=共同

 サンリオは9日、インターネットなどで実施中の新キャラクターの人気投票企画で、候補の一つだった鳥のキャラクター「ゆトリとさトリ」を撤回したと発表した。出版社の双葉社から、人気漫画「おひとりさま」の主役である鳥のキャラクター「白都リコ」に似ていると指摘を受けたため。サンリオは「似ているとの認識はないが、これ以上の論争が起こった場合、キャラクター育成に支障が出る可能性がある」と説明した。

 人気投票企画は「サンリオキャラリーマン総選挙」と題して4日に始めた。働く20〜30代の男女に向けた今後の商品開発などに生かす狙いがあり、25種類のキャラクターを提案していた。取り下げたキャラクターは2羽の鳥で構成され、サンリオ社員が「今どきサラリーマン」をイメージしてデザインしたという。

 投票結果は、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のスタンプのダウンロード数なども考慮して、11月13日に発表する予定だ。(共同)
http://mainichi.jp/select/news/20150910k0000m020061000c.html

類似指摘で鳥のキャラクター撤回 サンリオの人気投票企画【共同通信2015年9月9日】
 サンリオは9日、インターネットなどで実施中の新キャラクターの人気投票企画で、候補の一つだった鳥20+ 件のキャラクター「ゆトリとさトリ」を撤回したと発表した。出版社の双葉社から、人気漫画「おひとりさま」の主役である鳥20+ 件のキャラクター「白都リコ」に似ていると指摘を受けたため。
 サンリオは「似ているとの認識はないが、これ以上の論争が起こった場合、キャラクター育成に支障が出る可能性がある」と説明した。
 人気投票企画は「サンリオキャラリーマン総選挙」と題して4日に始めた。働く20〜30代の男女に向けた今後の商品開発などに生かす狙いで、25種類のキャラクターを提案していた。
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090901001733.html

ttps://archive.is/P1qEq
ttps://archive.is/GWzUd
posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大江の田んぼにコウノトリ【両丹日日新聞2015年9月9日】

 福知山市大江町金屋の廉屋巧さん(70)が8日午前、稲刈り後の田んぼで足環が付けられたコウノトリを見つけ、カメラに収めた。
 市老人クラブ連合会大江支部の事務局担当をしている廉屋さんは、同日が京都丹後鉄道の大江高校前駅の掃除当番になっていた。掃除が終わった後、田んぼでコウノトリを発見。落ち穂をつついているようなしぐさだったといい、車に積んでいたカメラで10分ほど撮影した。

 「豊岡市で見たことはあるが、こんなとこまで飛来しているとは驚き」と話している。

 足環から、8月末に長浜市、中旬に山梨県大月市に飛来した固体だと分かった。兵庫県立コウノトリの郷公園によると、特に秋口はコウノトリの移動が増えるという。


写真=田の中に立つコウノトリ(廉屋さん撮影)
http://www.ryoutan.co.jp/news/2015/09/09/009578.html

ttps://archive.is/uTxXl
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むかわで秋の干潟ピクニック 野鳥観察や自然満喫【苫小牧民報2015年9月9日】

野鳥の様子を観察する参加者たち
 ネイチャー研究会inむかわ主催の「大人も子どもも秋の干潟で楽しいピクニック!」が5日、むかわ町の鵡川河口干潟で開かれ、参加者が野鳥の観察などを楽しんだ。

 むかわの自然や干潟を満喫し、ふるさとの川「鵡川」の良さを知り、感じてもらおうと開催。約30人が参加した。

 参加者たちは「立っている鳥」「流木」「カモメ」「ゴカイ」など16の項目が設定されているネイチャービンゴをしながら、鵡川河口干潟を散策。河口近くでは双眼鏡や望遠鏡でアオサギなどを探し、見つけるたびに「本当にいた」「見えた」などと大喜びしていた。

 加えて、鳥をテーマにした絵本「干潟のくちばしじまん」の読み聞かせも行った。このほか、同日に鵡川地区で行われた大規模な防災訓練に合わせて、万が一の地震、津波に備えて干潟から安全な場所に逃げる自主的な避難訓練にも取り組んでいた。
http://www.tomamin.co.jp/20150929887

ttps://archive.is/L26tw
タグ:カモメ一般
posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室蘭の道の駅・みたらできょうから野鳥写真展【室蘭民報ニュース2015年9月9日】

 室蘭市港南町の写真家・熊谷勝さんと仲間たちによる写真展「野の鳥の四季9」がきょう9日から、室蘭市祝津町の白鳥大橋記念館・道の駅「みたら室蘭」で開かれる。熊谷さんを含め、室蘭や登別、苫小牧に住む9人が胆振周辺で撮影したハヤブサやキビタキ、ホオアカ、ベニヒワなど35種類の野鳥の写真約40点を展示する。


 写真展は2007年(平成19年)から毎年開催している。熊谷さんは「仲間たちと刺激し合い、情報交換しながら楽しく展示会をやっている。レベルの高い仲間たちの写真をぜひ見にきて」と来場を呼び掛けている。

 13日まで。入場無料。時間は午前9時半〜午後6時(初日は午後1時から、最終日は同5時まで)。問い合わせは熊谷写真事務所、電話0143・24局3423番へ。
(石川綾子)
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2015/09/09/20150909m_03.html

ttps://archive.is/H00n0
posted by BNJ at 23:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワセミ 躍動の一瞬パチリ 10月4日まで 新潟・西蒲区【新潟日報モア2015年9月9日】

 新潟市西蒲区岩室温泉の観光施設いわむろやで写真愛好家が撮影したカワセミの作品展が開かれている=写真=。岩室温泉周辺に生息するカワセミの生態を捉えた作品16点が並んでいる。

    ◇    ◇

 同施設が主催。撮影したのは鈴木与志春さん(66)=西蒲区=、久保田昌照さん(71)=西区=。

 カワセミが、くちばしにくわえたザリガニを幼鳥に与えている様子や川で小魚を捕る瞬間など一瞬を撮影した作品がある。

 西区の美容師女性(40)は「色鮮やかなカワセミの躍動感が伝わってくる」と話した。

 10月4日まで。16日休館。無料。問い合わせはいわむろや、0256(82)1066。
http://www.niigata-nippo.co.jp/life/tourist/news/20150909204349.html

ttps://archive.is/nCGlA
posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工ふ化の「ウッティー」、鵜飼いデビュー=京都府宇治市〔地域〕【時事ドットコム2015年9月9日】(既報多数)

 京都府宇治市にある宇治川で、日本で初めて人工ふ化に成功したウミウの「ウッティー」が鵜飼(うか)いデビューした。「先輩」のウミウたちと一緒に次々に魚をのむ姿に、成長を見守ってきた鵜匠(うしょう)らは「ほっとした」と笑顔を見せた。
 宇治川の鵜飼いは平安時代から行われていたとされる。現在の鵜飼いは1926年に再興され、夏の風物詩として親しまれている。
 ウッティーは昨年6月に日本で初めて人工ふ化で誕生。昨秋から川に入り、鵜匠の澤木万理子さん(41)らと特訓を続けてきた。練習中は、かがり火が怖くて近寄れなかったり、疲れてすぐ舟に上がってしまったりすることもあったという。
 黄色い綱に初心者マークを付けて臨んだデビュー戦では、時折バランスを崩してひっくり返りながらも、他の5羽に負けないパフォーマンス。鵜匠たちも「80点!」と評価した。
 同市では、今年新たに2羽の人工ふ化に成功。来年のデビューを目指して特訓に励むという。澤木さんは「人に育てられたという面も個性。それぞれの個性を大事に育てていきたい」と話した。今年の宇治川の鵜飼いは23日まで。(2015/09/09-10:35)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015090900247&g=soc

いじめ克服、鵜飼デビュー秘話 京都・宇治の人工ふ化ウミウ【京都新聞2015年9月7日】
鵜飼デビューを果たし、鵜匠が投げ入れた魚を飲み込むウッティー(手前)=5日、宇治市宇治・府立宇治公園
 「ウッ!」。一声鳴いてから「うみうのウッティー」は5日、宇治川にもぐり、鵜飼デビューを果たした。ウッティーは宇治川の鵜飼で昨夏、日本の鵜飼で初めて人工ふ化で誕生したウミウ2世。鵜匠を親代わりに育ち、膝に乗って甘えるなど人間のような行動をする。漁に必要な野性を取り戻すため、鵜匠と二人三脚の努力を続けてきた。

 「ほら、入らなあかん」。9月3日、鵜飼デビューを前に、母親代わりの澤木万理子鵜匠(41)がすぐに膝に乗ろうとするウッティーを川に向かって強く押す。「ここに生まれたからには鵜飼の鵜にしてあげないと」。鵜匠にもウッティーにも厳しい試練だ。

■何度も危機

 ウッティーは昨年6月、鵜小屋で初めて見つかった卵5個の中で唯一、ふ化した。60年近く鵜飼に携わる松阪善勝鵜匠(77)は「奇跡や。鵜飼の鵜は卵すら産まないもの。ふ化して育つなんて」と驚く。危機は何度もあった。生後すぐ、気温が低すぎて硬直したり、カルシウム不足から足やくちばしの形に異変が起きたり。そのたびに鵜匠3人が本を読み、専門家の助言を受け、乗り越えてきた。

■野性の序列分からず

 成長してからの大きな課題が漁だった。鵜飼は餌を捕獲するという鵜の野性の力を借りて行う。しかしウッティーは人間に近すぎて、泳ぎも漁もしたがらない。群れで暮らす野生の鵜を知らないため、序列が分からずほかの鵜にいじめられた。

 「かわいそう」と迷う澤木鵜匠に、松阪鵜匠の提案で仲間に慣れさせるため昨年末ごろからウッティーをほかの鵜とともに徐々に鵜小屋で過ごさせるようにした。今夏にはウッティーも鵜小屋の中で居場所を見つけた。同時にたらいで金魚を捕獲したり、川に放たれた餌を食べたりする練習を繰り返した。

 5日、ウッティーは、ほかの鵜とともに澤木鵜匠らの手綱で漁に参加した。漁の後、鵜匠を見る表情が「『どや、やったで』という感じだった」と3人は笑う。ほかの鵜にはない愛らしさがあるウッティーのデビューには多くの観客が集まった。

 今夏生まれたウッティーのきょうだい2羽は、ウッティーよりも泳ぎも漁も得意。来夏の鵜飼も期待できそうだ。鵜匠の目標は、かつて和歌山県で行われた「放ち鵜飼(手綱を使わない鵜飼)」の復活。江崎洋子鵜匠(37)は「ウッティーが生まれて初めてのことばかり。これからも新しい鵜飼を創り出していく」とわくわくしている。未知の大きな挑戦が続いていく。

■記録的な出来事

 鵜飼を研究する卯田宗平東京大東洋文化研究所講師(生態人類学)の話 ウッティーのデビューは日本の鵜飼漁の歴史で記録的なこと。前例がない状況でよく育った。成し遂げた鵜匠の観察眼と聞く耳、創意工夫が素晴らしかった。ウッティーは人間だけを見て育ったが、今年生まれた2羽は至近距離で互いを見ながら成長し、特に2羽目は目を開いた瞬間に1羽目を見ている可能性が高い。この点が人間に対して甘えん坊ではない今年のひなの行動に結びついているのだろう。現在は文献上でしか見ることができない「放ち鵜飼」の復活、2年後の「お相手」探しなど、今後もウッティーから目が離せない。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150907000030

「臆病な性格だけど、それも個性」人工孵化のウッティー、上々の鵜飼デビュー 苦難の子育て℃タる【産経WEST2015年9月6日】
ウッティーの追い網をたぐる鵜匠の沢木万理子さんは「80点」と笑顔=5日夕、京都府宇治市
 京都・宇治川の鵜飼(うかい)で5日、無事に鵜飼デビューを果たした「うみうのウッティー」。観光客ら約200人に見守られ、勢いよく川に飛び込んで獲物の川魚を捕えると、大きな歓声と拍手に包まれた。母親代わりとなって育ててきた鵜匠(うしょう)の沢木万理子さん(41)は初舞台を終えてひと言、「ああ、やっぱり鵜飼の鵜やったんや」。冗談めかした言葉の奥には、人工孵化(ふか)で生まれた海鵜(うみう)ならではの、苦難の子育て≠ェあった。(永山準)

人間と思い込む?

 ウッティーは昨年6月、海鵜のペアが生んだ唯一の有精卵を、全国で初めて人工孵化させて育てられた。

 海鵜は「人間に育てられると、産卵どころか交尾さえしない」のが定説とされる渡り鳥。各地で行われている鵜飼では、すべて捕獲した海鵜を用いている。

 生態に不明な点も多く、ウッティーの飼育は、中国で鵜飼に使われる川鵜の専門家の意見を参考にしながら、多くの人間の手によって行われてきた。その中で母親役の沢木さんが立てた仮説は、こうだ。

 「自分のことを人間と思っているのかもしれない」

 人間には慣れているものの、当初は川に入ることを嫌がったりほかの鵜を避けたりと、怖がりな一面を見せていたという。

 今年6月からは実際に舟の上に乗せて魚を捕る訓練を始めたが、かがり火を見て体をこわばらせるなど、一つ一つ慣れるまでに時間がかかった。連日の特訓を重ね、ついにつかんだデビューがこの日だったのだ。

初心者マーク

 太陽が徐々に沈みだし、かがり火が川面を照らして火の粉を散らす中、紺の烏帽子(えぼし)に腰みの姿の沢木さんら鵜匠と、ウッティーを含む鵜6羽が、舟に乗って川岸を出発した。

 ウッティーには、初心者マークをあしらった専用の追い綱がついている。カゴが開くと、水しぶきを上げながら勢いよく飛び込んだ。懸命に潜るが、体がひっくり返ってしまったり、狙った獲物を先輩≠フ鵜に取られたりしてしまう。

 「あんた、もっと泳ぎ上手やろ」「頑張れ!」。追い綱を握る沢木さんが励ます。ようやく獲物を飲み込み、舟に上がって吐きだすと、観光客からは「おお、すごい」と大きな歓声が上がった。

得意げな顔

 ウッティーはその後も元気に川を泳ぎ周り、獲物を追いかけ続けた。そして15分ほどたったころ、先輩たちより早く自分から漁をやめて舟に飛び乗り、沢木さんの前に戻った。まるで成果を自慢するかのような、得意げな顔だった。

 乗合船から観覧していた大阪府茨木市の中学1年、蔭久葵(かげひさ・あおい)さん(13)は「鵜の中で1羽だけ小柄だったけど、一生懸命水に潜って魚を捕っているのが、初々しくて可愛らしかった」と喜んだ。

 どうにか念願の鵜飼デビューを果たした相棒≠腕に乗せ、沢木さんは「やっぱり鵜飼の鵜やったんや、と感動しました。初めてのわりに良くできたし、80点あげたい」と笑顔。「最初は死んでしまうのでは、と心配もしましたが、この日を迎えられてほっとしています」と感慨深そうに話した。

 今回もウッティーは最初、ややかがり火を怖がっていたが、徐々に慣れていった。「臆病な性格だけど、それも個性。これからもウッティーらしく頑張ってほしい」と沢木さん。二人三脚の日々は続く。
http://www.sankei.com/west/news/150906/wst1509060021-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150906/wst1509060021-n2.html

宇治川の「ウッティー」 鵜飼い初仕事【YOMIURI ONLINE2015年9月6日】
鵜飼いデビューを果たした「うみうのウッティー」(手前左)(5日午後、京都府宇治市で)=吉野拓也撮影
 国内初の人工孵化ふかで誕生した鵜う「うみうのウッティー」が5日、京都府宇治市の鵜飼いでデビューを果たした。

 昨年6月に宇治川の鵜のつがいから生まれ、今年6月中旬、鵜匠の沢木万理子さん(41)らが鵜飼いの訓練を開始。臆病な性格で、他の鵜や船のかがり火を恐れ、慣らすのに時間がかかったという。

 この日は、車の初心者マークがついた専用の綱につながれて登場。初めは緊張気味で川に潜ろうとしなかったが、次第に調子を上げ、魚を次々とくわえると、観客から拍手が起きた。

 約15分間の初仕事を終えたウッティーが船べりに上がると、沢木さんは「やったで、という顔で私たちを見てました。80点かな」とホッとした表情。今年5月には同じ親から2羽が人工孵化で誕生しており、来季は3きょうだいの共演が実現しそうだ。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20150906-OYO1T50000.html

人工ふ化ウミウ、鵜飼デビュー 京都・宇治川のウッティー【京都新聞2015年9月5日】
鵜飼にデビューし、先輩の鵜とともに魚を追うウッティー(左から2羽目)。目印として綱の先を黄色くしている=5日午後5時7分、宇治市宇治・宇治川
 全国で例のない人工ふ化で誕生した宇治川の鵜飼(京都府宇治市)のウミウ2世「ウッティー」が5日、初めて鵜飼に登場した。初心者マーク付きの綱をつけて先輩の鵜と泳ぎ、悠然と魚を捕まえた。2カ月間の「見習い」期間を経て、堂々のデビューを飾った。

 鵜匠がウッティーをほかの5羽とともに操った。日没前の報道向け鵜飼では開始直後にひっくり返るなど立ち上がりにつまづいたが、徐々にペースをつかむと投げ込まれた小魚を次々のみ込んだ。15分ほどで鵜飼に疲れると自ら舟のへりに飛び移り、「降板」をアピールした。続く本番の鵜飼でも後半から途中出場し、大勢の観客に勇姿を披露した。

 育ての親の澤木万理子鵜匠は「正直不安だったが、80点はあげられる内容でほっとした。レギュラーメンバーに加えます」と宣言。今後は課題の持久力を伸ばし、綱をつけない「放ち鵜飼」にも挑戦する。

 ウッティーはウミウのつがいが産んだ卵から昨年6月末にかえった。今季の鵜飼は23日までで、期間中は状態をみて登板させる。
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20150905000127

人工孵化ウミウ「ウッティー」デビュー 宇治川の鵜飼【朝日新聞デジタル2015年9月5日】
デビュー後の会見で、高く掲げられるウッティー=5日午後5時36分、京都府宇治市の宇治川、戸村登撮影

 京都府宇治市の「宇治川の鵜飼(うかい)」で、国内初の人工孵化(ふか)によって昨年6月に生まれたウミウの若鳥「ウッティー」が5日、鵜飼いデビューした。

 初めて川に入った昨年秋以降、鵜匠(うしょう)の澤木万理子さんらが先生となり、水に潜ったり、投げ込まれた魚を捕ったりする訓練を続けてきた。人間に育てられたため、先輩のウミウになかなかなじめなかったが、春から鵜小屋で共同生活を始めて克服し、デビューにこぎつけた。

 この日は、鵜匠とつなぐ綱に初心者マークを付け、ほかの5羽と一緒に鵜舟から川に入った。最初は水面でひっくり返るなど勝手が違う様子だったが徐々に調子をあげ、何匹もの魚をのみ込んだ。

 澤木さんは「昨晩からすごく心配でしたが、80点ぐらいの出来。ほっとしました。ウッティー、やっぱり鵜だったんだ」と笑顔を見せた。

 宇治川では今年も人工孵化で2羽の「2代目ウッティー」が生まれ、順調に育っている。(小山琢)
http://www.asahi.com/articles/ASH954QN9H95PLZB00C.html

鵜飼い:人工ふ化のウミウがデビュー 京都・宇治川【毎日新聞2015年9月5日】
綱に初心者マークを付けて、鵜飼いデビューしたウミウの「ウッティー」=京都府宇治市で2015年9月5日午後7時33分、川平愛撮影

 国内初の人工ふ化で昨年6月に誕生したウミウの「ウッティー」が5日、京都府宇治市の宇治川の鵜(う)飼いでデビューを果たした。先輩の鵜5羽に交じり、「初心者マーク」付きの綱を着けて伝統漁法に挑んだ。

 野生のウミウを人にならして使う通常の鵜飼いと異なり、親代わりの鵜匠が泳ぎや魚取りを一から教えて達成した快挙。ウッティーが機敏な動きでアユなどを取ると、観光客から拍手と歓声が送られた。

 ウッティーは6月17日の鵜飼い開幕から舟に乗って先輩の鵜の動きを間近に見たり、1羽だけで魚を取ったりしてトレーニング。怖がっていたかがり火にもようやく慣れた。

 鵜匠の澤木万理子さん(41)は「初めての割には上出来。よくここまで育った。今年生まれた2羽も続いてほしい」と話した。鵜飼いは23日まで。問い合わせは市観光協会(0774・23・3334)。【富永浩三】
http://mainichi.jp/select/news/20150906k0000m040036000c.html

ttps://archive.is/ydSdg
ttps://archive.is/hS9Hc
ttps://archive.is/6fO5K
ttps://archive.is/Io5Dq
ttps://archive.is/nXiOr
ttps://archive.is/l2d3M
ttps://archive.is/PmfGT
ttps://archive.is/XP1z4
苦手の「火」克服「うみうのウッティー」9月3日デビュー 女性鵜匠の愛鵜【産経WEST2015年8月30日】
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨)県がレッドデータブック改訂へ 17年度公表予定【朝日新聞デジタル2015年9月9日】(ライチョウ/イヌワシ/コノハズク)

 ライチョウやイヌワシなど県内の希少な動植物をリストアップした「山梨県レッドデータブック」の改訂に県が乗り出した。3年かけて最新の生息状況を調査し、今後の保護政策に反映する。2017年度の公表をめざしている。

 現在の県レッドデータブックは05年に発行された。「植物」「哺乳類」「鳥類」「爬虫(はちゅう)類・両生類・魚類」「昆虫類」の五つの分野に分けて、計628種を掲載している。

 うち「絶滅」はニホンオオカミやニホンカワウソなど動物4種、栽培でのみ残る「野生絶滅」はマツバランやフジバカマなど植物4種。コノハズク、タガメ、ユキワリソウ、ホテイアツモリなど414種の動植物が「絶滅危惧」に分類されている。

 発行から10年が過ぎて、「野生動植物を取り巻く環境の変化で、生息状況との乖離(かいり)が見られるようになった」として、最新の知見を盛り込んだ改訂版をつくることになった。

 動物や植物の専門家16人による作成委員会を7月に立ち上げた。県内の自然保護団体などに委託し、今夏から調査を始めている。現行版に掲載されている628種について改めて調べるほか、必要に応じて調査対象となる種を広げる。

 生息状況に基づいて、それぞれの動植物を「絶滅」「野生絶滅」「絶滅危惧」「準絶滅危惧」などに分類する。完成は17年度を予定している。

 担当する県みどり自然課は「レッドデータブックは県の豊かな自然を守っていくための基礎となる資料だ。最新の調査結果を盛り込み、環境政策に生かしたい」と話す。(谷口哲雄)
http://www.asahi.com/articles/ASH8S6X8NH8SUZOB008.html

ttps://archive.is/6Yb7B
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道)アオバト襲うハヤブサ 様似町の岩礁で撮影【朝日新聞デジタル2015年9月9日】

ハヤブサの攻撃をかわすアオバト=様似町

 様似町の岩礁で、海水を飲んでいたアオバトがハヤブサの襲撃を間一髪でかわす瞬間をとらえた。

 アオバトは海水を飲む習性で知られる。普段は山で暮らすが、数十羽の群れで海上を旋回し、岩礁に舞い降りる。海水を飲むのはミネラルを補給するためといわれるが、見通しのいい海岸の岩礁はハヤブサにとっては格好のエサ場だ。

 海岸沿いを縫う国道を車で走行中、アオバトの群れを見て車を止めた直後の出来事だった。近くのアポイ岳ジオパークビジターセンターの学芸員によると、春から秋にかけてアオバトがいくつもの群れをつくり、アポイ岳の山麓(さんろく)から海に向かうという。(深沢博)
http://www.asahi.com/articles/ASH984R80H98IIPE01D.html

ttps://archive.is/rGWxQ
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道)新幹線開業に向け、北斗市が自然観光売り込み【朝日新聞デジタル2015年9月9日】(シロハヤブサ/クマゲラ/野鳥撮影)

 来春の北海道新幹線開業に向け、北斗市観光協会が自然環境を生かした体験プログラムを企画した。サケの観察と野鳥撮影の二つで、秋冬向けの旅行商品として旅行業者に売り込む。函館市で人気の夜景や史跡とは違う楽しみを提供し、多くの観光客を道南地域に呼ぶ狙いだ。

 サケの観察は10月中旬〜11月中旬に市内の茂辺地川で。安全に観察ができる浅瀬があるため、ライフジャケットなどを着て川に入って座り、特製の潜望鏡で川の中をのぞくとサケがすぐそばを遡上(そじょう)する様子が見られるという。イクラ漬けの体験などもある。

 野鳥観察は主に2月に北斗市内を中心とした道南地域で行う。野鳥の生態に詳しい野生生物写真家にガイドをしてもらい、写真撮影を楽しむ。北海道新幹線のシンボルマークのモチーフにもなったシロハヤブサや、国の天然記念物クマゲラを見られる可能性があるという。(磯崎こず恵)
http://www.asahi.com/articles/ASH8F3VTCH8FIIPE00C.html

ttps://archive.is/PxF0a
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ「生息域拡大」 野生復帰10年で郷公園が成果強調【神戸新聞NEXT2015年9月9日】(他1ソース)

放鳥から10年の成果などを話す山岸哲園長=県立コウノトリの郷公園
 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市祥雲寺)の山岸哲園長らが8日会見し、今年で丸10年を迎えたコウノトリの野生復帰事業を振り返った。「取り組みは順調」とした上で、「但馬地域の環境状況で生息できる野生のコウノトリの上限は50羽前後」とし、野生鳥の増加に伴って生息域が拡大しているとの考えを示した。

 会見は毎年この時期に開いている。

 山岸園長は「一時は国内で絶滅したコウノトリだが、野外で生息する数は80羽を超えた」とこれまでの成果を強調した。

 今年は初めて千葉県野田市や韓国で放鳥されたほか、福井県越前市でも10月3日に放鳥が予定されている。山岸園長は「取り組みは着実に広がりつつある。繁殖が全国、世界に広がると期待できる」と述べた。

 同席した江崎保男統括研究部長は野外での生息数に触れ、「2013年から豊岡を出るコウノトリが増え、豊岡では50羽前後で推移している」と説明。「コウノトリは長い期間、同じ雌雄がペアを続ける」など10年間の観察、研究で判明したことを紹介した。(斎藤雅志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201509/0008379002.shtml

コウノトリ放鳥10年「野生復帰、国内外に広がり」 郷公園・山岸園長ら評価 兵庫【産経ニュース2015年9月9日】
コウノトリ放鳥10年の取り組みを振り返る山岸哲園長(左)と江崎保男部長=豊岡市のコウノトリの郷公園
 一時国内で絶滅した野外コウノトリの野生復帰を目指した初放鳥(平成17年9月)から10年を迎え、県立コウノトリの郷公園の山岸哲園長は8日、豊岡市祥雲寺の同公園で記者会見を行い、千葉県野田市や韓国での放鳥に触れ、「コウノトリ野生復帰の取り組みは、国内はもとより海外にも広がりつつある」と評価した。

 さらに、野生復帰のための短・中期計画をまとめた「コウノトリ野生復帰グランドデザイン」が掲げる目標の実現に向けて、「繁殖地が全国へ、そして世界へ広がることが期待できる」と言明。最終ゴールの「国外個体群との断続的な遺伝子交流」に前向きな見通しを示した。

 会見には山岸園長や江崎保男・統括研究部長らが出席。まず今年の野外での繁殖状況(8月末現在)について、豊岡市内の9地区で9ペアが計28個産卵し、20羽が孵化(ふか)、うち13羽巣立ちしたことが報告された。飼育下では、保護増殖センターと放鳥拠点施設(養父、朝来市)で計5羽巣立ちした結果、8月末現在の野外個体数は83羽となった。

 江崎部長は、この10年間の取り組みで明らかになったコウノトリの生態について、堅い絆の一夫一妻制(現在、最長9年)▽3歳で繁殖を始める▽ヨーロッパコウノトリと同様に、餌不足による「口減らし」法として、親による子殺しが存在する−などの特徴を説明。さらに環境収容力として、現在の但馬で受け入れ可能なコウノトリは「50羽前後と考えられる」との見解を示した。
http://www.sankei.com/region/news/150909/rgn1509090059-n1.html

ttps://archive.is/rRbOz
ttps://archive.is/P878S
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする