2015年09月13日

サンコウチョウ:県の鳥、目撃情報減少 生息地の里山、手入れされず 県、保全とPRに全力 /静岡【毎日新聞2015年9月13日】(県の鳥)

 夏に飛来する渡り鳥「サンコウチョウ」(三光鳥)の目撃情報が減っている。実はこの鳥、あまり知られていない「静岡県の鳥」だ。生息地の里山が減少しつつあり、専門家は「里山環境変化のバロメーター」と指摘。県は保全と認知度アップに躍起だ。県版レッドデータブックの改定作業で昨年度から3年がかりで生息調査を実施中で、野鳥愛好家も結果に注目している。【荒木涼子】

 「ツキ(月)、ヒー(日)、ホシ(星)、ホイホイホイ」と聞こえる鳴き声から名付けられた。5月上旬に越冬地の東南アジアから本州以南に渡来するヒタキ科の夏鳥で、県内は主に富士山麓(さんろく)や県中部から西部にかけての標高1000メートル程度までの里山で確認される。

 サンコウチョウが好むのは薄暗く、生き物豊かな沢のある里山。だが近年、間伐など手入れが行き届かなくなった。県渡り鳥研究会の北川捷康代表(73)は「桶ケ谷沼(磐田市岩井)周辺の森では数年前まで巣を作る姿が見られたが、この夏は渡り途中の様子が見られた程度だった」と話す。一方で、浜松市浜北区の県立森林公園では以前と変わらず巣を作る姿が観察されるという。「森の多様性さえ維持できていれば、すみ続けられる」と分析している。

 県は1994年度から3年間、県内を縦4・5キロ、横5・5キロの区画に分けて調査し、230区画のうち90区画で生息を確認。2004年の県版レッドデータブックで、「生育条件の悪化などによって、絶滅危惧種になりうる」準絶滅危惧種に指定した。同会会員らが06年12月〜09年2月に行った調査では生息数は62区画に減少。主に富士山麓や県中部の新東名沿いで減った。

 北川代表は「木材を燃料に使わなくなって、人が森に入らなくなり、里山が荒れてしまった」と指摘。NPO法人県自然史博物館ネットワークの三宅隆副理事長は「新東名ができた結果も、里山への影響は大きい。守っていかないと、県の鳥なのに、県民が見られなくなってしまう……」と心配する。

 県の鳥に指定されたのは半世紀前の1964年。5種の候補から県民の投票で決まった。体長は15センチほどだがオスの尾羽は30センチにもなり、優雅な姿と鳴き声からバードウオッチャーに根強い人気があった。J2ジュビロ磐田のマスコットキャラクター「ジュビロ君」のモチーフでもある。

 しかし、「暗い森林を好み、動きもすばしこい」ことから、普段はあまり見かけられず、県自然保護課の担当者も「見ればきっと愛される鳥だが、そもそもなかなか知ってもらえない」と話す。県は公式キャラクター「ふじっぴー」のサンコウチョウバージョンのイラストも作製しているが、県広報課も「認知度が上がらなくて」と困り顔だ。

==============

 ■ことば

 ◇県版レッドデータブック

 絶滅の危機にある野生生物の県内の詳しい分布は、環境省のリストだけでは不十分として、県が独自調査し、2004年に作製した。植物、哺乳類、鳥類、爬虫(はちゅう)類、両生類、淡水魚類、昆虫類、陸・淡水産貝類の8分類に分け、評価対象約1万種のうち、アカウミガメなど全体の5・4%にあたる543種を絶滅のおそれがある「絶滅危惧1類、同2類」とした。18年度に新版を公表する予定。
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20150913ddlk22040153000c.html

ttps://archive.is/95PZG

posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の本棚:小島ゆかり・評 『鬼酣房先生かく語りき』=品田悦一・編【毎日新聞2015年9月13日】(シジュウカラ)

 ◆『鬼酣房(きかんぼう)先生かく語りき』

 (青磁社・1620円)

 ◇多様な大人の笑いに満ちた一冊

 『ツァラトゥストラかく語りき』(ニーチェ)ならぬ、『鬼酣房先生かく語りき』。鬼の酣(たけなわ)の房なる鬼酣房先生とは果たして何者なのか。そう思わせるところから編者の企ては始まる。本書の編集を任された経緯をまことしやかに語り、ただいま失踪中の先生と自分とは断じて同一人物ではないと、わざわざ記しているあたりが、断然アヤシイのである。

 鬼酣房先生は一九五八年に、群馬県沼沢(ぬまざわ)市という聞いたことのない市に生まれ、県立厩橋(まやばし)高校というなんだか臭いそうな高校を経て、帝都大学文学部に勤務、のち同大学教養学部へ移籍した、とある。帝都大学といえば東野圭吾の人気シリーズ、ガリレオ先生(湯川学)の勤める大学ではないか。じつにふざけているが、編者の経歴のパロディーであることが容易にわかる仕掛け。さらに、「日本の古典と近代詩歌を専攻する国文学者だが、その学説はあまりに独創的かつ破天荒であって、論述は緻密かと思えば豪快、大胆かと思えば些末(さまつ)、地を這(は)うごとき調査結果が延々開陳されたすえ、だしぬけに一大飛躍が敢行される」(「はじめに」)、その学者像は、わたしの知る編者そのものだ。

 『万葉集の発明−国民国家と文化装置としての古典』(新曜社)『斎藤茂吉−あかあかと一本の道とほりたり』(ミネルヴァ書房)など、緻密にして豪快、まるで推理小説のように独創的な研究書の著者である。そして、奇妙奇天烈(きてれつ)なアイデアによる本書もまた、おもしろい。中味は、校友会誌や大学広報誌に書かれた随筆をまとめた一冊である。

 たとえば、「屋は」という痛快な小文。

 建造物をいう語で「〜屋」というのにはどんなのがあったかと思って、用例を検索したら、ありました、ありました。(中略)清少納言は、粗末でないと「屋」らしくないと思っていたようです。そういえば「あばら屋」なんて語もありますね。(中略)なんの話かですって? 危険極まる施設を外界から遮蔽(しゃへい)すべき、すなわち無類の堅牢(けんろう)さを誇るべき建造物を、「建屋」なぞと平気で呼んできた人々の言語感覚が、したがってまた物事の処理能力全般が、私にはまったく信頼できない、ということです。

 そういえば「建屋」というあの不思議な言葉……。鬼酣房先生、さすがに言葉への反応が敏感で鋭い。ほかのことは言わず、たったこれだけであるところが、清々(すがすが)しい。

 一方、「四十雀(しじゅうから)の三四郎」という情感ゆたかな一篇もある。

 二月の駒庭キャンパスは閑散として人影も疎(まば)らですが、小鳥たちにとっては恋の舞台です。あちらからもこちらからも、ツツピ、ツツピ……と異性を呼ぶ四十雀のさえずりが聞こえてきます。(中略)四周めでしたか、ふと雄の姿が見えなくなりました。諦めて去ったのかと思っていると、さっきのとは別の赤い実をくわえて戻って来ました。プレゼントを新品に換えてきたのでしょう。なんという健気(けなげ)さ。私はこの雄を「三四郎」と名づけました。

 四十雀の三四郎の恋はこののち急展開して、あっと驚くうちに文章は終わる。そして、この経緯に対する姪(めい)との見解の相違(「見解の不一致」)、子息の予想外の反応(「再挑戦」)と随筆はリレーされ、「形容動詞『昭和だ』の語義」へと話は及ぶのである。

 多様な大人の笑いに満ちた一冊。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150913ddm015070037000c.html

ttps://archive.is/W8GZn

アマゾン

鬼酣房先生かく語りき

新品価格
¥1,620から
(2015/9/13 21:56時点)




楽天ブックス

鬼酣房先生かく語りき [ 鬼酣房山人 ]

価格:1,620円
(2015/9/13 21:58時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪)広告の鳥さん折って楽しく タブレットケースに【朝日新聞デジタル2015年9月13日】

人気を集めている鳥形タブレットケース「CHEWINK」。真ん中が考案した阪田歩さん=大阪市西区

 台紙1枚から組み立てて作る小さな鳥形のタブレット(錠剤)ケースが、じわりと人気を広げている。実はこれ、台紙に企業のロゴやイラストを掲載した「広告」だ。指輪風にはめたり、口からラムネなど小さなお菓子を入れたりして楽しめる。広告デザイン会社の若手社員が「作って楽しめる広告を」と企画した。

 大阪市西区の「アストラカン大阪」の阪田歩さん(22)が考案した「わけわけタブレットケース『CHEWINK(チェーウィンク)』」は、B5サイズの台紙から作る。ハサミを使わずに切り込みに沿って折れば、20〜30分ほどで組み立てられる。鳥のおなかやしっぽ、くちばしなどにマーカーやマスキングテープで色や飾りをつければ、世界に一羽だけのオリジナルの鳥ができる。

 初めて披露したのは、今年5月に京都市であった自転車マナーの啓発イベントだった。こうした催しで使われる広告は啓発チラシなどが多く、親子連れが来ても子どもが飽きてしまうことが多いという。けれど「CHEWINK」だと、子どもたちが台紙を求めて列を作り、用意した150枚が全て無くなった。台紙には、「自転車マナーをしっかり守って、快適な自転車ライフを送りましょう。」と啓発の言葉もしっかりと入っている。

 口コミで人気が広がり、行政機関の啓発イベントのほか、台紙で作る「鳥」そのものが注目され、里山に生息する鳥を「CHEWINK」で作ろうという企画も予定されている。

 「想像以上に好評で驚いています」。阪田さんは、入社3年目の若手グラフィックデザイナーで、学生時代から温めてきた企画を今春に提案した。社員らに好評で、すぐに若手社員5人からなるチームができ、普及に努めてきた。専用のサイト(http://chewink-bird.tumblr.com/別ウインドウで開きます)には、今までイベントで作った鳥たちを「鳥図鑑」として収録しており、すでに約170羽が集まっている。

 「CHEWINKを作ってみたいという人がいれば、出張ワークショップも考えている。想像力を豊かに楽しんでもらえたらうれしい」と阪田さん。

 今月は21〜23日に中之島公園芝生広場(大阪市北区)で開かれる親子参加型のワークショップ「くうそうの島」でも「CHEWINK」づくりが体験できる。入場料は大人(中学生以上)200円、子ども100円。当日は他にも様々なワークショップがあり、詳細はくうそうの島のサイト(http://www.cusonoshima.com/workshop.html別ウインドウで開きます)で。(大蔦幸)
http://www.asahi.com/articles/ASH994WDXH99PTIL00R.html

ttps://archive.is/1UNaR
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本よみうり堂 小鳥 食事や運動の工夫【YOMIURI ONLINE2015年9月12日】おうち拝見 小鳥のいる暮らし」(コンパニオンバード編集部編、誠文堂新光社)

 「おうち拝見 小鳥のいる暮らし」(コンパニオンバード編集部編、誠文堂新光社、1400円税抜き)は、小鳥の飼い主宅を訪れ、それぞれの食事や運動の工夫などを、写真とイラストでわかりやすく紹介している。

 トレーニングの時は褒めて伸ばすようにしたり、鳥かごの高い場所に移動しやすいよう止まり木を多く設置したりと、飼い主の愛情がうかがえる。
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20150911-OYT8T50079.html

ttps://archive.is/R5DcD

アマゾン

おうち拝見 小鳥のいる暮らし: 飼育書では教えてくれない、鳥さんとの暮らしのちょっとした工夫

新品価格
¥1,512から
(2015/9/13 21:43時点)




楽天ブックス

おうち拝見小鳥のいる暮らし [ コンパニオンバード編集部 ]

価格:1,512円
(2015/9/13 21:44時点)
感想(0件)


タグ:書籍
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本豪雨 「これからどうしよう…」片付けに追われる住民ら 宮城【産経ニュース2015年9月13日】(烏骨鶏)

 水の引いた床は水や泥、家具や衣類が混ざり合った状態になっていた。記録的な豪雨で、渋井川の堤防が決壊した大崎市の古川西荒井地区。濁流が住宅街や豊かな田園地帯をのみ込んだ水害から一夜明けた12日、住民らは避難所などから自宅に戻り、後片付けに追われた。

 「これからどうしようか…」。午前8時ごろ、大崎市内の実家から、古川西荒井地区の自宅に戻った建設業、斉藤勇治さん(32)は家の様子を見てつぶやいた。

 斉藤さんは11日午前8時半ごろ、自宅の床上約15センチまで浸水し、家族3人とともに消防のボートで救助され、実家に避難していた。自宅に戻り、家の中のものを外に出して乾かし、床を掃きながら「汚れや臭いが落ちればいいけど…」と肩をすくめた。12日も実家に泊まるといい、「いつになったら戻れるだろう」と困惑の表情を浮かべた。

 11日に約80人が避難し、一夜を明かした市立古川第五小学校の体育館は朝から住民らが荷物をまとめ、自宅の様子を確かめに行く姿が見られた。

 「もう食べられないな」。12日午前、避難先の体育館からタクシーで自宅に戻った佐々木公男さん(74)は、裏庭で汚水にまみれたジャガイモを持ち上げた。床上約10センチ浸水した自宅敷地から水は引いていたが、庭の軽乗用車も水を被り、エンジンがかからなくなった。自宅より一段低い裏の通りは大人の膝上辺りまで浸水していた。飼っていた約10羽の烏骨鶏(うこっけい)のうち数羽は死んでしまった。

 それでも1日かけて掃除した佐々木さんは「まだ砂のようなものはあるが、1階の片付けは済んだ。今夜は自宅で過ごせそうだ」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 佐藤敏行さん(61)は12日午前、避難先の体育館から自宅の様子を見に行った。水は引いていたが、電化製品やソファなど生活用品は使い物にならず、同日夕、もう一晩を避難所で過ごすと決めて体育館に戻ってきた。「自宅はリフォームして昨年11月末に完成したばかりなのに」と肩を落とした。

 一方、各地で冠水による通行止めは続き、交通網には混乱が生じた。決壊した渋井川堤防近くの区間では12日午後1時まで通行止めが続いた。古川西荒井地区でも、避難所から自宅へ戻る途中、膝まで水につかりながら歩く人もいた。

 堤防を管理する北上川下流河川事務所は12日昼ごろから、決壊部分の復旧作業を始めた。16日までに復旧作業を完了するという。
http://www.sankei.com/region/news/150913/rgn1509130047-n1.html

ttps://archive.is/HYpvW
タグ:烏骨鶏
posted by BNJ at 11:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人5人が「一日飼育係」 長崎ペンギン水族館 [長崎県]【西日本新聞2015年9月13日】

ペンギンに餌を与える「大人の一日飼育係」の参加者たち

 長崎市宿町の長崎ペンギン水族館で12日、飼育係の仕事を体験できる「大人の一日飼育係」があり、20〜50代の男女5人が、ペンギンの世話に挑戦した。
 長靴を履いた参加者たちは、飼育場を掃除したり、餌を与えたりした。指導役の飼育展示課の玉田亮太さん(25)は「水族館の裏方の仕事を知ることで、生き物が生きるために何が必要か実感してほしい」と話した。
 ペンギンが好きで大阪から参加した会社員吉田真由美さん(34)は「長崎の友人からこの体験を教えてもらって応募した。餌やりでは、くちばしで突かれないか心配だったが徐々に慣れた。ペンギンと近くで触れ合えてうれしい」と笑顔で話した。
=2015/09/13付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/194834

ttps://archive.is/MrMC4