2015年09月20日

【編集日誌】東日本豪雨災害に重なる記憶 コウノトリに託した願い【産経WEST2015年9月20日】

円山川が決壊し、水没した街=平成16年10月21日
 テーブルやソファなど家財道具が粗大ゴミと化して道路脇に積み上げられていた。車が走り去ると、乾いた泥が砂ぼこりとなって舞い上がり、目やのどを刺激した…。

 11年前の平成16年10月、台風23号による水害に見舞われた兵庫県豊岡市に応援取材で駆けつけた。円山川が決壊、周辺の住宅は流されたりして町は水没したが、当時の光景は今月10日に発生した東日本豪雨災害の被災地と重なる。

 「復旧など考えられないほどの被害だった」と当時の住民は語った。豊岡では翌年9月、コウノトリが野生復帰へ世界で初めて放鳥されたが、大空を羽ばたく姿に町の再興の願いを託した人は少なくなかった。

 豊岡を振り返れば、東日本の被災地の復興も相当な困難が伴うだろう。長期的な支援が必要なのは言うまでもない。(地方部長 徳永潔)
http://www.sankei.com/west/news/150920/wst1509200045-n1.html

ttps://archive.is/tzrR8

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなの掲示板 9月20日【佐賀新聞LiVE2015年9月20日】(鏡山ハチクマの渡り観察会(唐津市鏡山山頂駐車場))

【20日の催し】

 日本野鳥の会県支部9月探鳥会・鏡山ハチクマの渡り観察会(唐津市鏡山山頂駐車場)◆小城歩こう会9月例会「江里山棚田の彼岸花ウオーク」(小城市小城町・小城公民館、小城公民館岩松支館集合)◆武雄の荒踊奉納 松尾神社(武雄市西川登町)

【行政・人権相談】

 【行政相談】

24日 佐賀市富士支所(10〜15時)▽鹿島市民交流プラザかたらい(10〜15時)▽武雄市役所(9時〜正午)

25日 佐賀市諸富支所(13時半〜16時)▽江北町老人福祉センター(10〜15時)

 【人権相談】

25日 佐賀市諸富支所(13時半〜16時)

【イベント】

 ◆夏の特別企画展「海王展 海の支配者たちの系譜」

 (27日まで、武雄市武雄町の県立宇宙科学館)生物の誕生以来、その進化の舞台となってきた海。多様化する生態系の中でその頂点に立った「海の支配者」たちを中心に、カンブリア紀から現代までの生物進化の一端を紹介する。骨格標本、化石など70点以上。常設展示観覧料(一般・高校生300円、小中学生200円、4歳以上100円)で観覧可。電話0954(20)1666。

 ◆第12回佐賀模型展示会

 (20日〜10月4日、佐賀市立図書館)県内の模型愛好家でつくる「ぽんコツ倶楽部」の作品展示会。アニメのロボットや戦車、バイクなど、丹精込めて製作された作品。電話0952(40)0001。

【展覧会】

 ◆鳥山秀直展

 (27日まで、佐賀市天神の画廊憩ひ)長崎県出身の美術家。経験やアイデアから発想した模様を多く描き、身体感覚と絵画を結び付ける作品を追求する。電話0952(23)2353。

 ◆第31回佐賀水墨画会展

 (22〜27日、佐賀市城内の県立美術館)県内唯一の水墨画会の会員による作品展。1人2点ずつ出品。電話0952(24)3947。

 ◆北村福次・公正父子(おやこ)作陶展

 (29日〜10月4日、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)有田町の陶芸家親子の作陶展。父・福次さんが絵付けの器など約50点、長男・公正さんが陶器の造形作品約50点。電話0952(24)5556。

 ◆白木ゆり展

 (29日〜10月11日、佐賀市天神の画廊憩ひ)銅版画、コラージュ、ミクストメディアによって、見えるものと見えないもののはざまを行き交う世界を表現。電話0952(23)2353。

【近県】

 ◆グラフィックデザイナー豊増秀男展 かたち・時代・ユーモア

 (10月25日まで、福岡市東区の九州産業大学美術館)鳥栖市出身、鳥栖工業高卒のグラフィックデザイナー。時代に対する鋭い感覚を持って創作した、かたちの面白さやユーモアにあふれる約100点。一般200円、他大学生100円、高校生以下と65歳以上は無料。電話092(673)5160。

 ◆みんなの特撮ヒーロー―戦後日本の大衆文化―

 (11月29日まで、福岡県久留米市の六ッ門図書館)昭和30〜40年代の特撮ヒーローをテーマに特集。昭和の時代を彩った、仮面の忍者赤影やゴジラ、ウルトラマンなどにスポットを当て、フィギュアやグッズ、関連図書などを展示。電話0942(27)9281。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/231506

ttps://archive.is/dVwHJ
タグ:タカ一般
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスの被害に悩む畜産農家【デーリー東北2015年9月20日】

カラスを狙うハンター=19日、東北町

 東北町の畜産農家が、カラスによる牛への被害に悩まされている。牛舎を荒らされるほか、近年はくちばしでつつかれた牛が死んだり、傷ついたりするケースも。被害を食い止めるため、東北町猟友会(沼辺博会長)は19日、今年初の大規模な有害駆除を展開した。しかし、カラスは一時的に近づかなくなるものの、すぐに舞い戻るため、いたちごっこ≠フ状態が続いているのが現状。ほぼ手弁当で活動するハンターからは「長引くと経費がかさむ」との声も上がる。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20150920/201509190P094700.html

ttps://archive.is/Tm1yd
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする