2015年09月23日

ムネアカカンムリバトに待望の赤ちゃん【くまにちコム2015年9月23日】

ムネアカカンムリバトに待望の赤ちゃんの写真、図解20年ぶりに繁殖に成功したムネアカカンムリバトのヒナ。左は親鳥=22日、熊本市動植物園
 熊本市動植物園が国内で唯一飼育しているムネアカカンムリバトに、20年ぶりの待望のひなが誕生した。国内での繁殖例も同園のみで、通算3羽目。

 パプアニューギニアなどに生息する世界最大級のハト。体長70センチ、体重2・5キロほどになり、頭に青いレースのような美しい冠羽がある。絶滅危惧種。

 同園には1986年に4羽が来園。93、95年に各1羽が誕生し6羽に増えたが、高齢の4羽が昨年相次ぎ死んで、同園生まれの2羽のみになっていた。

 ひなは6日に誕生。現在は体長約20センチまで成長し、親鳥のそばで元気な姿を見せる。すでにかわいらしい冠羽があり、来園者の顔をほころばせる。

 同園は3年前に繁殖に失敗しており、「自分で餌を食べるようになる生後1カ月までが特に大事な時期。やさしく見守ってほしい」と話している。(横井誠)
http://kumanichi.com/news/local/main/20150923001.xhtml

ttps://archive.is/cWRwe

東与賀中、干潟の生物熱心に調査 自然観察会 足跡採取や標本作製【佐賀新聞LiVE2015年9月23日】(野鳥観察)

双眼鏡をのぞきこみ、干潟で暮らす野鳥を観察する生徒たち=佐賀市東与賀町の東よか干潟
 佐賀市の東与賀中の2年生86人が同市の東よか干潟で自然観察会を行った。佐賀自然史研究会や佐賀野鳥の会のメンバー、佐賀大学農学部の学生を講師に、野鳥観察と生き物調査に取り組み、干潟で暮らす多様な生物について学んだ。

 東よか干潟が今年5月、多様な生物と水鳥の生息地を守るラムサール条約に登録されたのを受け、佐賀市役東与賀支所が同中学に呼び掛け、初めて開いた。

 生徒たちは双眼鏡と望遠鏡の使い方の説明を受けた後、野鳥を観察。講師が「シギは種類によってくちばしの形が異なり、エサを食べる最適な形になっている」と説明すると、双眼鏡を熱心にのぞき込んだ。

 生き物調査では生物を捕まえた場所の、岸からの距離を計測し、生物の分布を調べた。また干潟に石こうを流し、カニやムツゴロウの足跡を採取。捕まえた生き物はアルコールに漬けて標本を作った。

 貞包祥汰君(14)は「2年ぶりに来たけど、ムツゴロウやカニがたくさんいて自然が豊かだと思った。地元にラムサール条約に登録された干潟があるのは自慢」と話していた。

※佐賀新聞電子ビューアに動画(http://www1.saga-s.co.jp/viewer/plan.html
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/232268

ttps://archive.is/ll4vD
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電飾コウノトリ、夜空を羽ばたく 10月の放鳥祝し白山小学校に登場【福井新聞ONLINE2015年9月23日】

放鳥を祝って設置されたコウノトリのイルミネーション=福井県越前市の白山小学校

 福井県越前市白山地区で10月3日に行われるコウノトリの放鳥を祝おうと、同市白山小に空を羽ばたくコウノトリをあしらったイルミネーションがお目見えした。

 同市新町の建設業高野組が材料を無償提供。同校児童が昨年度に作製し、今年1月に白山地区内の道路に設置されたものを再利用した。

 3メートル四方のネットに白、青、ピンク色のLED電球がコウノトリの形になるようにくくりつけてある。

 設置を思い立ったのは、1970〜71年に地元に滞在したくちばしの折れたコウノトリ「コウちゃん(武生)」のために餌を集めた当時の小学生らでつくる「コウちゃんを愛する会」。校舎南西のコウちゃん像の近くに設置した。

 午後6時半から同10時まで毎晩点灯。放鳥後もしばらく設置しておく予定。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/80180.html

ttps://archive.is/gUsRB
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良猫ペット化に協力を 北海道・天売島の海鳥保護で【どうしんウェブ2015年9月23日】

天売島で捕獲され、人になれさせるため1次飼育している猫=北海道海鳥センター(留萌管内羽幌町)
 【天売】「海鳥の楽園」と呼ばれる留萌管内羽幌町の天売島で、野生化した猫が海鳥を襲う被害が深刻化している。海鳥の生育環境を守るため、同町や環境省は猫を捕獲し、ペットとして引き取ってもらえるよう、人になれさせる訓練をボランティアに依頼する。本年度の捕獲目標は150匹で、将来には同島から野良猫を一掃したい考えで、同省などは「できるだけ多くの人に協力してほしい」と話している。

 自然に恵まれ、断崖絶壁がある天売島では、絶滅危惧種のウミガラスやウミスズメ、ケイマフリなど8種約100万羽の海鳥が生息する。一方、かつて飼い猫として島に持ち込まれた猫が野生化して増えており、海鳥繁殖地でヒナや卵を襲う例が確認されている。

 ボランティアにはケージや食器などを無料で貸し出し、餌やトイレ用の砂を原則1カ月分提供。旅行などで数日不在にする際は施設に一時的に戻すこともできる。猫は性格にもよるが、人になれるのに3カ月〜半年ほど必要とされる。

 環境省羽幌自然保護官事務所の竹中康進自然保護官は「野生化した猫が人になれるには、人と触れあうのが一番いい。多くの人にボランティアになってほしい」と話している。問い合わせは、同協議会で預かりボランティアの窓口を担う市民団体「ニャン友ねっとわーく札幌」(電)090・3391・0841へ。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0182649.html
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美容液:エミューオイルで地域おこし 飼育の鳥から精製 北海道・釧路の会社【毎日新聞2015年9月23日】(既報1ソース)

 北海道釧路市の建設業者ら7人が設立した株式会社「しんこう音別」が、飼育しているオーストラリア原産の大型走鳥「エミュー」の脂肪を精製・開発した美容液「HEPTA(ヘプタ)」を発売した。エミューオイルは保湿性などに優れた高級化粧品として知られており、新たな地場産業として期待されている。【近藤卓資】

 エミューはオーストラリアの草原や砂地などに生息。体高は1・8メートル前後に達し、鳥類でダチョウに次いで大きい。寒さに強く、飼育に手間がかからない。同社によると、エミューオイルは人間の皮脂に近い成分で、肌に浸透しやすい。肩こりなどを和らげる効果もあり、オーストラリアでは治療薬として認められているという。

 同社は2011年、釧路市などの助成を受けて飼育を始め、現在は108羽を保有する。精製・開発した「HEPTA」は純度100%。小さなタンクで少しずつ精製し、エミュー特有の臭いを取ることに成功した。値段は30ミリリットル入り5400円(税別)。

 インターネットで販売しており、今後は店舗販売も検討していく。川村利明社長は「手応えを感じる製品ができた。今後は肉の販売にも力を入れたい」と話している。問い合わせは同社(01547・6・0919)。
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20150922ddr041020003000c.html

エミューの脂肪から美容オイル しんこう音別【日本経済新聞2015年9月17日】
 釧路市音別町の建設会社などが共同出資で設立した「しんこう音別」(釧路市)は16日、同町で飼育したエミューのオイルを使った化粧品「HEPTA」(ヘプタ)を開発、発売したと発表した。人間の皮脂の組成に近いエミューの脂肪からとったオイルを100%使用。肌への浸透が早く化粧下地に向くという。1本30ミリリットルで、価格は5400円(税別)。

 しんこう音別は地域の雇用創出を目的に設立。釧路市の助成なども得て、エミュー108羽を飼育、2011年からオイルなどエミューの商品化に向けた研究を進めてきた。釧路市阿寒町でエミューを解体、皮下脂肪を神奈川県の業者に委託して精製し、しんこう音別が売り出す。

 現在16羽から年間3千本を生産、18年度には8千本に拡大する。従業員も現在の2人から5人に増やす。販売はネット通販を基本とし、首都圏などでは大手百貨店グループを通じて販売する方向で交渉中という。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91816570W5A910C1L41000/

ttps://archive.is/Ms76y
ttps://archive.is/S3lJK
ケイト・ブランシェット、美肌の秘訣はエミューオイル【AFPBB News2015年1月31日】
タグ:エミュー
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする