2015年09月27日

ヨズクハデ大きいな 11基お目見え 大田・西田地区【山陰中央新報2015年9月27日】(ミミズク/島根)

大きなヨズクハデを見上げる子どもたち
 島根県大田市温泉津町西田地区で、刈り取った稲を干す伝統のヨズクハデが登場し、地元住民らが26日、恒例の「西田ヨズクの里棚田まつり」を開いた。家族連れらが訪れ、ステージのダンスやヨズクハデが並ぶ田んぼ周辺の散策を楽しんだ。

 ヨズクハデは長さ5〜7メートルの丸太を四角すい状に組み、稲束を掛けて作る。地元で「ヨズク」と呼ぶフクロウが羽を休める姿のように見えることから呼び名がついた。今年、ヨズクハデが市の有形民俗文化財に指定されて10周年を迎えた。

 催しは住民でつくる西田ヨズクハデ保存会が、地区ならではの魅力を伝えようと毎年開催。ステージを設けた会場周辺に11基のヨズクハデが作られている。

 来場者は、独特な稲はでが並んだ風景に秋の深まりを感じながら、地元産米のおにぎりを味わったり、子どもたちのダンスを観賞したりしていた。

 家族で訪れた団体職員の宮原勝さん(38)=大田市仁摩町天河内=は「伝統が長く続いてほしい」と話した。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=555094179

秋 すぐそこ◇伝統の風景 大田・ヨズクハデ【YOMIURI ONLINE2015年9月6日】
刈り取った稲の束でヨズクハデをくみ上げていく参加者ら(大田市温泉津町西田で)
 ◇伝統の風景 大田・ヨズクハデ

 大田市温泉津町西田の山あいの田んぼで5日、伝統的な稲束の乾燥法の「ヨズクハデ」づくりが行われた。約30人の参加者は4本の棒を高さ、幅ともに5メートルに組んで稲の束をかける作業に汗を流した。

 鳥のミミズクを思わせる印象的な姿からこう呼ばれる。谷あいで日照時間の少ない地区に伝わり、市有形民俗文化財にも指定される。

 年々見られなくなっているため、住民団体「西田ヨズクハデ保存会」(中井秀三会長)が10年前から維持に努め、地域おこしグループ「酒仙蔵人・五郎之会」(若林邦宏世話人代表)と共に2基を立てた。

 東京都葛飾区から参加した五郎之会の会員、今野尚さん(58)は「今年もいいお米になりそう」と話していた。

◇大粒甘さぎゅっ 邑南・ニューピオーネ

 邑南町矢上のブドウ農園で、ハウス栽培のニューピオーネの収穫が始まった。

 農業生産法人「はらやま」が、62アールで約150本を栽培。初出荷となった4日は、朝から5人がかりで、1房500〜700グラム(約40粒)に実った種なしのブドウを摘み取った。

 農園は昼夜の気温差の大きい山間部にあり、夏場の暑さで順調に育ったという。同法人の三田誠さん(56)は「手間暇をかけた分、満足のいく出来栄えになった」と話していた。

 糖度18、19度のほどよい甘さの大粒で、1キロ・グラム2000円。10月上旬までに7〜8トンの収穫を見込んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20150905-OYTNT50094.html

ttps://archive.is/98hYe
ttps://archive.is/CNK6j

posted by BNJ at 23:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国人の餌やり、渡り鳥の飛来に影響【AFPBB News2015年9月27日】(ズグロムシクイ)

ブラジルの空を北上する渡り鳥(2015年4月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/CHRISTOPHE SIMON
【9月27日 AFP】庭に鳥の餌を置く英国の習慣が、渡り鳥の移動パターンの変化に影響を及ぼしているとする研究結果を、英国鳥類学協会(British Trust for Ornithology、BTO)が24日、発表した。

ドイツ南部とオーストリアで繁殖するズグロムシクイは、冬には温暖なスペイン南部に渡る習性があるが、BTOによると英国に移動する個体が増えている。

研究は12回の冬を通じて行われ、ボランティア1万4000人以上が庭に餌を置き、鳥の飛来を観察した。研究主任のケイト・プラマー(Kate Plummer)氏は英BBC放送に対し「鳥に餌を与えることが、ある鳥の種の一国全体での分布に影響を及ぼすことが初めて示された」と語った。

また、BTOは声明で「気温と補助的な餌が、ズグロムシクイによる(ある地域の)利用率に影響を及ぼしている強い証拠」を発見したことを付け加えた。この数十年で英国の冬は「より温暖」になっているが、この渡りのパターンの変化はすでに遺伝子に組み込まれているという。ズグロムシクイは英国では、1950年代以前にはほとんど観察されなかったが、過去60年間で個体数が急速に増加している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3061258

ttps://archive.is/V0Hfj
posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松山・堀之内のハクチョウのヒナ成長の様子を写真で紹介【産経ニュース2015年9月27日】

 松山市堀之内の堀で今年4月末に誕生したハクチョウのヒナが育つ様子を紹介する写真展が、同市丸之内の松山城二之丸史跡庭園の多聞櫓で開かれている。30日まで。

 この堀では昨年もヒナを誕生させた同じハクチョウのつがいが卵を産み、4月28日に5羽誕生。その後2羽が死んだが、残る3羽は順調に成長し親鳥並みの体格になっている。

 会場には市民ら15人から寄せられた、ヒナの成長を示す写真43点を展示。うち15点は、誕生前後から8月末まで成長を記録した写真を順番に掲示している。

 誕生直後で幼い姿のヒナ5羽が小屋へと懸命に戻る様子や、少し大きくなって親と堀を泳ぐ姿、成長してコイと餌を取り合う様子などさまざまな場面がとらえられ、訪れた人らが見入っている。

 観覧には同庭園の入園料(大人100円など)が必要。
http://www.sankei.com/region/news/150928/rgn1509280024-n1.html

ttps://archive.is/0Neb7

【総支局記者コラム】米子市民の熱意で実現「水鳥の楽園」 間もなく渡り鳥が飛来【産経ニュース2015年9月27日】(米子水鳥公園/コハクチョウ/クロツラヘラサギ/ツクシガモ/ヘラサギ)

中海の原風景が広がる米子水鳥公園は間もなく渡り鳥たちでにぎわう=鳥取県米子市
 秋は国内で子育てを終えた渡り鳥が南に旅立ち、逆に北から越冬のために国内に飛来する。渡り鳥たちが日本列島を忙しく行き来し、野鳥観察には絶好の季節の到来だ。

 「水鳥の楽園」と呼ばれる鳥取県米子市の米子水鳥公園でも10月、渡り鳥たちの飛来が始まる。昨年は10月8日に国の天然記念物マガンが、冬の使者コハクチョウは同12日に姿を見せた。公園が最も活気を帯びる時期で、県内外から大勢の野鳥ファンが訪れる。

 その公園が、10月22日に開園20年を迎える。鳥取、島根両県にまたがる中海の旧彦名干拓地にある公園の誕生は、自然保護を求める“市民パワー”が背景にあった。そうした経緯を知る人も少なくなったが、20年前にも米子で取材活動をしていた経験から、当時を振り返りたい。

 中海では昭和40年代、国営中海干拓淡水化事業が本格的にスタートした。彦名干拓地事業は184ヘクタールを埋め立てる計画だったが、50年代に入ると、中海を囲った未干拓地の閉鎖水域に、越冬で飛来したコハクチョウなどが急増した。工事で人工の浅い池ができ、餌となる豊富な水草が繁茂して、水鳥たちが好む生息環境が生まれたのだ。

 50年代後半からは、米子市の自然保護団体などの運動が活発化した。市民も加わり、未干拓地を残す水鳥公園の整備を求める動きが盛り上がった。その結果、市は平成2年、未干拓地の約30ヘクタールを公園にすることを決断。水鳥の生息域に手を加えることなく、公園内に観察施設「ネイチャーセンター」などが建設された。

 同センターの神谷要館長は「公園は市民の誇り。外国の野鳥研究者の評価も非常に高い」と胸を張る。

 センターから望む園内は、眼下の水面で水鳥が遊び、ヨシ原が広がる中海の原風景であった。観察ホールには多数の望遠鏡が備えられ、指導員が水鳥の生態などを解説する。ロシアから移されたコハクチョウの巣や、貴重なクロツラヘラサギの標本なども展示され、水鳥の魅力を存分に伝えてくれる。


 園内では、来年春までのシーズン中、コハクチョウ約900羽のほか、カモ類など約4千羽が越冬、珍しいツクシガモやヘラサギなどの渡来も期待される。

 皮肉にも、干拓地事業がなければ、多くの水鳥が姿を見せる「水鳥の楽園」もなく、公園も整備されなかっただろう。開園に至った経緯に思いを寄せながら、多くの人に水鳥観察を楽しんでほしいと願う。(鳥取支局 山根忠幸)

■私のふるさと鳥取

 山陰の小京都と呼ばれる倉吉市出身。市中心部の「白壁土蔵群」は近年、整備が進み、イチ押しの観光スポットです。
http://www.sankei.com/premium/news/150927/prm1509270005-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/150927/prm1509270005-n2.html

ttps://archive.is/XWQnm
ttps://archive.is/VyNhC
posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡島で76種のチョウ確認…トキ調査の合間に【YOMIURI ONLINE2015年9月27日】

佐渡島に生息するチョウの標本の前で、島内での調査活動を説明する柴田さん(佐渡市で)
佐渡島で確認された南方系のホソバセセリ

 新潟県の佐渡島で国特別天然記念物・トキの調査を行う傍ら、島内に生息するチョウを追い続けている人がいる。

 一般財団法人自然環境研究センター佐渡事務所(佐渡市)の柴田直之さん(46)。これまでに島内で76種のチョウを確認した。「チョウは国内で約320種が知られているが、離島にこれほど多くの種類がいるとは」と、佐渡の自然の豊かさを実感している。

 柴田さんはトキの放鳥が始まった2008年に島に移住した。トキの生息状況を調査する「モニタリング専門チーム」の一員として活動しており、調査の合間を縫ってチョウの調査を続けてきた。

 島内をくまなく回って1種類ずつ生息場所を確認し、分布図も作成中だ。ほとんどが1年以内に一生を終えるため、成虫がなかなか見られない種は幼虫を探す。

 7年間にわたる調査で、島内に記録がなかったシジミチョウ科のウラナミアカシジミやセセリチョウ科のホソバセセリ、チャバネセセリなどを確認した。「ホソバセセリは南方系で、本土の県内でもかなり珍しい。佐渡での生息を確認して驚いている」と語る。

 島という孤立した環境にありながら76種のチョウが確認できた要因について、柴田さんは「佐渡には多様性に富んだとても豊かな環境があるため」と話す。

 北部の大佐渡山地では北方系のブナ林や針葉樹が繁茂する一方、南側の小佐渡山地は温暖な気候で西日本の植生の基本である常緑照葉樹を多く見ることができ、果樹栽培も盛んだ。地形も山地や平地、海岸と変化に富んでおり、チョウの食草が豊富にそろっている。

 柴田さんは東京生まれ。昆虫が好きで、高校生の頃は「トトロの森」として知られる狭山丘陵(東京都、埼玉県)などの里山を駆けめぐっていた。技術系の会社員として都内で勤務しながら、コウモリや野鳥の観察を主な趣味にしていた。

 生き物にかかわる職業にあこがれて07年に勤務先を退社し、同センターが認定している「生物分類技能検定2級(動物部門)」の資格を得て、08年に同センターに就職した。

 佐渡市立佐渡博物館に収蔵されている蝶類標本の目録の作成にも取り組んでおり、将来は「佐渡島蝶類図鑑」の刊行を夢見ている。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150927-OYT1T50094.html

ttps://archive.is/18Cha
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ放鳥の里に実りの秋 福井県越前市白山地区で稲刈り【福井新聞ONLINE2015年9月27日】

稲刈りに汗を流す田んぼファンクラブの参加者=26日、福井県越前市都辺町

 3日に国の特別天然記念物コウノトリが放鳥される福井県越前市白山地区で26日、「越前にコウノトリ呼び戻す田んぼファンクラブ」の稲刈りが行われた。時折晴れ間がのぞく中、約100人が鎌を手に田んぼに入り、たくさんの生き物と一緒に育った稲穂を次々と刈り進めた。実りの秋を実感しながら、間近に迫った放鳥に期待を膨らませた。

 今年は出穂後の8月下旬からの長雨による倒伏が心配されたが、ファンクラブの田んぼは雑草も少なく出来は上々。農薬や化学肥料を使わない米作りを田植えから体験してきた参加者は黄金色の稲の束を持ち、成長を喜びながら汗を流した。

 7年目の同ファンクラブは、同市白山・坂口地区の住民らでつくる「水辺と生き物を守る農家と市民の会(水辺の会)」が主催し、福井新聞社が共催。同市の「コウノトリ呼び戻す農法推進協議会」も運営協力している。

 水をテーマにした環境保全活動を全国展開するトヨタ自動車のキャンペーン「AQUA SOCIAL FES!!」が協賛した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/miraitsunagu/80440.html

ttps://archive.is/iFANB
posted by BNJ at 23:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平城宮跡:コアジサシなど希少種飛来 国に配慮要望【毎日新聞2015年9月27日】(コアジサシ/コミミズク/クイナ/ヒクイナ/ホオアカ/既報1ソース)

朱雀門の鴟尾(しび)を背景に飛ぶコミミズク=日本野鳥の会奈良支部提供

 国特別史跡で世界遺産の平城宮跡(奈良市)を日本野鳥の会奈良支部が初めて調査したところ、環境省レッドリストで絶滅危惧2類に指定されているコアジサシなど希少種を含む野鳥50種以上の飛来が確認された。平城宮跡は国営歴史公園として整備する工事が進められているが、市街地に残る広大な緑地が野鳥の楽園と分かり、同支部は生態系などへの配慮を国側に求めている。

 平城宮跡では文化庁が2010年、平城遷都1300年祭に合わせて第1次大極殿を建設した。国土交通省も大極殿前に広場を造るなど、約132ヘクタールを公園区域として開発している。今後、第1次大極殿の周囲に回廊や南門を復元整備するほか、既にある朱雀門の南東には展示館を作る計画だ。

 元は田畑が広がっていた平城宮跡には、草に覆われた広大な緑地が残り、多くの野鳥が生息している。公園化事業で環境が変化する恐れがあることから、同支部は昨年7月から今年6月にかけ調査した。会員約20人が毎月1回、午前9時〜正午の3時間、目視や鳴き声で鳥の種類や飛来数を計測する方法で、52種延べ3960羽を確認した。

 カモメ科のコアジサシは、宮跡の南西側で10羽が営巣していることが判明。環境省レッドリストで準絶滅危惧種とされるヒクイナ3羽を東端と西端で見つけた。このほか、県レッドデータブックで絶滅危惧種とされるクイナやコミミズクも1羽ずつ確認した。

 同支部幹事の上山義之さん(74)は「これほど多様な野鳥がいるとは思わなかった。農薬などの影響で周辺の農地で餌が捕りにくくなり、平城宮跡が相対的に生息しやすい環境になっているのだろう」と話す。

 同支部は8月に調査結果を国交省国営飛鳥歴史公園事務所平城分室に提出し、整備に伴う草刈りの時期など野鳥への配慮を要望。同分室は「野鳥の会からの意見も踏まえて適切に除草したい」としている。【伊澤拓也】
http://mainichi.jp/select/news/20150927k0000m040135000c.html

奈良)鳴くよ希少種、平城宮 野鳥の会が52種確認【朝日新聞デジタル2015年9月23日】
コアジサシのヒナ(右)と親鳥
 平城宮跡(奈良市)は、絶滅が心配される鳥のよりどころでもある。大極殿の前を舞うコミミズク、寄り添うコアジサシの親子……。めいめいが越冬や子育てに励む様子が、日本野鳥の会奈良支部の調べで分かった。

 草原、湿地、梅林などが広がる平城宮跡。多種多様な暮らしをする鳥たちのすみかとして知られる。国営公園の整備が進む中、斑鳩町の上山義之さん(74)は「行きすぎた手入れで鳥たちが行き場を失ってしまわないか」と気がかりだった。行政側に配慮を求めるためにはデータが必要と考え、初めての本格的な調査にとりかかった。

 約54ヘクタールを19のエリアに区分。昨年7月から今年6月まで毎月1回、鳥の種類と数、見た場所、聞こえたさえずりの数をエリアごとに記録した。野鳥の会の仲間と2人で始めた調査だったが、共感したメンバーが加わり、計20人が携わった。

 この結果、1年間で計52種類を確認。県や近畿地区版のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されているクイナ、ヒクイナ、コアジサシ、コミミズクも含まれていた。「こんなに見つかるとは思わなかった。餌となる植物や虫も含め、改めて環境の豊かさを感じた」

 クイナは2月、ヒクイナは4、5月と10月にアシの茂った湿地帯で確認。コミミズクは1月、県の絶滅危惧種(近畿版では準絶滅危惧種)のホオアカは2〜4月に草地で越冬しているのが観察できた。コアジサシは初夏、5つがいほどが、化学工場跡の砂利地でヒナを産み育てているらしいことが分かった。ツグミやヒバリのように、草を刈った後の開けた環境を好む鳥もいた。データから、エリアごと、鳥の種類ごとの生態が浮かび上がる。

 さえずりが聞こえた期間は、繁殖期と考えグラフ化した。営巣のためにアシやカヤを残しておいた方がいい時期や場所、逆に地上で餌を採る鳥のために草刈りをした方がいい範囲などを整理。宮跡を管理する国や県の担当部署に伝えた。「平城宮跡は、奈良時代、万葉集の歌に詠まれた鳥や草花が今も見られる、という意味でも貴重な場所。これからも知恵を出しあい、生物多様性を守りたい」(栗田優美)
http://www.asahi.com/articles/ASH9B73HQH9BPOMB013.html

https://archive.is/EXr2a
https://archive.is/w7V0v
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2羽のカイツブリ?…サツマイモ収穫でびっくり【YOMIURI ONLINE2015年9月27日】(滋賀県)

2羽の鳥の形に似たサツマイモ(米原市で)
 滋賀県米原市顔戸の漁網販売業の男性(68)が鳥の形に似たサツマイモ2本を収穫し、「こんな形は初めて」と驚いている。

 自宅横の畑で6月に植え、今月20日に20本ほど収穫。長さ約20センチ、重さ約500グラムの2本が鳥の形にそっくりで、並べると、まるで琵琶湖を仲良く泳ぐカイツブリのペアのよう。

 妻(62)も「くっきりと鳥の頭や首のように見え、とても食べられない」とびっくり。2本は家に飾り、友人や近所の人に見せて楽しんでもらうという。(黒川武士)
www.yomiuri.co.jp/national/20150926-OYT1T50147.html

ttps://archive.is/YckzJ
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする