2015年10月31日

伊丹の矢ガモ:小さな命大切に 治療終え放つ /兵庫【毎日新聞2015年10月31日】(他ソース多数)

治療が終わり池に放されるカモ=兵庫県伊丹市の昆陽池で、田辺佑介撮影

 伊丹市の昆陽池で、頭部に矢の刺さった状態で見つかったカモが30日、治療を終えて無事、池に戻った。

 カモはオナガガモのメス(体長約30センチ)で28日午後、長さ約10センチの矢が左目付近から右のほほにかけて貫通している状態で見つかった。29日に市が保護し、獣医が治療して目などに異常がないことを確認。池のそばのおりで保護していた。

 カモは元気そうに飛び回り、餌もよく食べることから、池を管理する市公園管理事務所は十分、回復したと判断。30日午後4時半過ぎ、定井正俊所長が池に放した。カモは定井所長の手を離れると元気よく羽ばたき、仲間の待つ池に帰った。定井所長は「無事に池に戻れてよかった。生き物を大切にしてほしい」と話した。【田辺佑介】

〔阪神版〕
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20151031ddlk28040552000c.html

頭に吹き矢?カモ、保護され獣医師が矢抜く【YOMIURI ONLINE2015年10月30日】
昆陽池で見つかった頭部に矢が貫通したオナガガモ(兵庫県伊丹市提供)
 兵庫県伊丹市の昆陽こや池で、頭部に吹き矢とみられる矢が刺さったカモが見つかり、29日、市が保護し、獣医師が矢を抜いた。

 県警伊丹署は誰かがカモを狙って発射したとみて、鳥獣保護法違反容疑で捜査している。

 市に28日、「2羽のカモに矢のようなものが刺さっている」と通報があり、職員が29日朝、矢の刺さったメスのオナガガモ1羽(体長約50センチ)を確認して網で捕獲。池近くには同種の矢1本が落ちており、もう1羽に刺さった矢が抜け落ちたとみられるという。

 矢は長さ約10センチで、オナガガモの左目の下から右頬にかけて貫通していた。市は回復後、昆陽池に戻す。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151030-OYT1T50031.html

カモ:痛み分からない? 兵庫・伊丹の池に矢ガモ【毎日新聞2015年10月30日】
頭部に吹き矢が刺さったカモ=兵庫県伊丹市の昆陽池公園で2015年10月29日午後、山本愛撮影

 兵庫県伊丹市の昆陽池で、頭部に矢の刺さったカモが見つかり、伊丹市は29日、カモを捕獲した。獣医が矢を抜いて治療し、市が保護している。市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」との通報があり、職員が現場に駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通している状態のカモ1羽を発見。もう1羽は確認できなかったが、岸辺に同じ形状の矢が落ちていた。

 29日午前8時ごろから捕獲作業を始め、約5時間後に網で捕らえた。昆陽池は関西屈指の渡り鳥の越冬地で、カモはシベリア方面から渡ってきたオナガガモのメス(体長約30センチ)、もう1羽は国の天然記念物のコクガン(同約60センチ)とみられる。【山本愛】
http://mainichi.jp/area/news/20151030ddn041040014000c.html

カモ:頭部に矢 兵庫で保護【毎日新聞2015年10月30日】
頭部に吹き矢が刺さったカモ=兵庫県伊丹市の昆陽池公園で2015年10月29日、山本愛撮影
拡大写真
 兵庫県伊丹市の昆陽池で、頭部に矢の刺さったカモが見つかり、伊丹市は29日、カモを捕獲した。獣医師が矢を抜いて治療し、市が保護している。元気な様子で餌も食べており、数日後には昆陽池に放す。

 市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」と通報があり、職員が駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通しているカモ1羽を発見。もう1羽は確認できなかった。

 29日午前8時ごろから捕獲作業を始め、約5時間後に網で捕らえた。矢の刺さったカモはシベリアから渡ってきたオナガガモのメス(体長約30センチ)、矢が刺さっていたのが目撃されたもう1羽は国の天然記念物のコクガン(同約60センチ)とみられる。兵庫県警伊丹署によると、矢は吹き矢とみられるといい、鳥獣保護法違反容疑で調べている。【山本愛】
http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040168000c.html

カモの頭部に矢、伊丹の昆陽池で保護【YOMIURI ONLINE2015年10月30日】
 兵庫県伊丹市の昆陽池で、頭部に吹き矢とみられる矢が刺さったカモが見つかり=写真、同市提供=、29日、市が保護し、獣医師が矢を抜いた。県警伊丹署は誰かがカモを狙って発射したとみて、鳥獣保護法違反容疑で捜査している。

 市に28日、「2羽のカモに矢のようなものが刺さっている」と通報があり、職員が29日朝、矢の刺さったメスのオナガガモ1羽(体長約50センチ)を確認して網で捕獲。池近くには同種の矢1本が落ちており、もう1羽に刺さった矢が抜け落ちたとみられるという。

 矢は長さ約10センチでオナガガモの左目の下から右頬にかけて貫通していた。市は回復後、昆陽池に戻す。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151030-OYO1T50009.html

吹き矢で狙う? 矢が刺さったカモ捕獲、伊丹の昆陽池公園【産経WEST2015年10月29日】
 兵庫県伊丹市は29日、同市昆陽池3丁目の昆陽池公園の池で見つかった頭部に矢が刺さったカモを捕獲した。獣医師に診断してもらう予定。

 作業は午前9時前に開始。市公園課の職員らが餌でカモを岸辺におびき寄せ、発射すると網が広がる防犯器具を使って捕獲を試みた。

 市によると、矢が刺さっているのが見つかったのはオナガガモとコクガンの2羽とみられ、28日午後に発見された。池の近くに長さ約15センチの吹き矢のような矢が1本落ちており、色などからコクガンに刺さっていた矢が外れた可能性があるという。

 市から通報を受けた伊丹署は、何者かが刺したとみて鳥獣保護法違反容疑で調べている。

 昆陽池公園は野鳥の飛来地として知られ、秋から冬にかけてカモなどの水鳥が多く飛来する。
http://www.sankei.com/west/news/151029/wst1510290061-n1.html

カモ:頭部に矢 兵庫で保護【毎日新聞2015年10月30日】
頭部に吹き矢が刺さったカモ=兵庫県伊丹市の昆陽池公園で2015年10月29日、山本愛撮影

 兵庫県伊丹市の昆陽池で、頭部に矢の刺さったカモが見つかり、伊丹市は29日、カモを捕獲した。獣医師が矢を抜いて治療し、市が保護している。元気な様子で餌も食べており、数日後には昆陽池に放す。

 市によると、28日午後3時半ごろ、「矢の刺さったカモとガンの2羽が泳いでいる」と通報があり、職員が駆け付けたところ、矢(長さ約10センチ)が頭部を貫通しているカモ1羽を発見。もう1羽は確認できなかった。

 29日午前8時ごろから捕獲作業を始め、約5時間後に網で捕らえた。矢の刺さったカモはシベリアから渡ってきたオナガガモのメス(体長約30センチ)、矢が刺さっていたのが目撃されたもう1羽は国の天然記念物のコクガン(同約60センチ)とみられる。兵庫県警伊丹署によると、矢は吹き矢とみられるといい、鳥獣保護法違反容疑で調べている。【山本愛】
http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040168000c.html

頭に吹き矢?刺さったカモ 10センチの矢が貫通、伊丹【産経WEST2015年10月30日】
頭部に矢が刺さったオナガガモ=兵庫県伊丹市昆陽池
 兵庫県伊丹市昆陽池の昆陽池公園の池で28日に頭部に矢が刺さったカモが見つかったことを受け、同市は29日、現地で捜索活動を実施し、矢の刺さったカモ1羽を捕獲した。長さ約10センチの矢が頭部を貫通しており、動物病院で抜き取った上で治療するという。

 午前9時ごろから同市職員が捕獲作業を開始。午後2時ごろ、網を発射するネットランチャーで捕まえた。捕獲されたのは体長約50センチの雌のオナガガモ。吹き矢のような矢が左側頭部からくちばしの右付近を貫くように刺さっていた。

 市公園課などによると、28日午後4時ごろ、男性から「オナガガモとコクガンに矢が刺さっている」と市に通報があった。同課職員らが駆け付け、矢が刺さったオナガガモを発見。コクガンに矢は刺さっていなかったが、池の近くにオナガガモに刺さっていたものとほぼ同じ矢が落ちており、外れた可能性がある。

 県警伊丹署が、何者かが矢を刺したとみて鳥獣保護法違反容疑で調べている。

 同公園は渡り鳥の飛来地として知られ、毎年10月〜4月上旬ごろまでカルガモやユリカモメなどが見られる。

 同課の久安研一課長は「自然や生き物と触れあえる市内唯一の場所で親子連れも多い。今後、池周辺のパトロールを強化する」と話した。
http://www.sankei.com/west/news/151030/wst1510300022-n1.html

カモに吹き矢、くちばし付近を貫通 兵庫・伊丹の公園【朝日新聞デジタル2015年10月30日】
黄色の矢が刺さったカモ=29日午前11時50分、兵庫県伊丹市の昆陽池公園、吉沢英将撮影

 兵庫県伊丹市昆陽(こや)池3丁目の昆陽池公園で、頭部に矢が刺さったオナガガモが見つかり、29日に保護された。吹き矢(約10センチ)がくちばし付近を貫通していたが、獣医師が抜いて無事という。県警伊丹署は何者かがカモを狙って矢を放ったとみて、鳥獣保護法違反の疑いで捜査している。

 伊丹市によると、28日午後3時20分ごろ、池にいた男性から、矢の刺さった鳥が2羽いると市に通報があった。市職員が29日午後、うち1羽をエサでおびき寄せて網で捕獲。今のところ元気で、公園内のケージで数日様子を見て、池に戻す予定という。もう1羽に刺さっていたとみられる吹き矢は岸辺に落ちていた。

 通報した男性は双眼鏡を手にカモを見守り、「まさかこんなところで。かわいそうだし、やめてほしい」と話している。(吉沢英将)
http://www.asahi.com/articles/ASHBY72SPHBYPIHB04G.html

矢が刺さったカモを捕獲、兵庫 伊丹・昆陽池公園【共同通信2015年10月29日】
兵庫県伊丹市の公園で見つかった、頭部に矢が刺さったオナガガモ=29日午前

 兵庫県伊丹市は29日、同市昆陽池3丁目の昆陽池公園の池で見つかった頭部に矢が刺さったカモを捕獲した。獣医師に診断してもらう予定。
 作業は午前9時前に開始。市公園課の職員らが餌でカモを岸辺におびき寄せ、発射すると網が広がる防犯器具を使って捕獲を試みた。
 市によると、矢が刺さっているのが見つかったのはオナガガモとコクガンの2羽とみられ、28日午後に発見された。池の近くに長さ約15センチの吹き矢のような矢が1本落ちており、色などからコクガンに刺さっていた矢が外れた可能性があるという。
 伊丹署は、何者かが刺したとみて鳥獣保護法違反容疑で調べている。
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102901000881.html

カモの頭部に矢?刺さったまま池泳ぐ…伊丹【YOMIURI ONLINE2015年10月29日】
 兵庫県伊丹市昆陽池3の昆陽池で28日、頭部に矢のようなものが刺さったまま泳いでいるカモが見つかった。

 兵庫県警伊丹署は鳥獣保護法違反の疑いがあるとみて調べている。

 同署の発表では、同日午後4時頃、匿名の男性から連絡を受けた市が、同署に「2羽のカモに矢のようなものが刺さっている」と通報。駆けつけた署員が、黄色い矢のようなものが頭部に刺さった状態で泳いでいた、カモ1羽を確認した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151029-OYT1T50080.html

頭に矢?が刺さったカモを発見 鳥獣保護法違反の疑い 伊丹の昆陽池公園【産経WEST2015年10月29日】
 28日午後4時ごろ、伊丹市の昆陽池公園で、男性から「カモに矢が刺さっている」と市に通報があった。市公園課職員と伊丹署員が駆けつけたところ、頭部付近に長さ十数センチ程度の黄色い矢のようなものが刺さっているカモ1羽が公園内の池で泳いでいるのを確認した。カモはそのままいなくなった。

 同署は何者かが矢を刺したとして、鳥獣保護法違反の疑いで調べている。
http://www.sankei.com/west/news/151029/wst1510290019-n1.html

ttps://archive.is/d09hX
ttps://archive.is/h6Eix
ttps://archive.is/RuAQb
ttps://archive.is/ASyu1
ttps://archive.is/YJhXl
ttps://archive.is/VizQU
ttps://archive.is/ASyu1
ttps://archive.is/sexk7
ttps://archive.is/qHL8j
ttps://archive.is/wXKct
ttps://archive.is/U7cI9
ttps://archive.is/ENaCO

posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コブハクチョウ:やすらぎの地へ!? 宝塚・武庫川にカップル現る 伊丹の昆陽池から逃避行 /兵庫【毎日新聞2015年10月31日】

武庫川の川面を仲良く連れ立って泳ぐ姿が、見る人を和ませている2羽のコブハクチョウ=兵庫県宝塚市で、釣田祐喜撮影

 宝塚市役所(宝塚市東洋町)東側の武庫川に、2羽のコブハクチョウが暮らすようになり、河川敷を通りがかる人の目を楽しませている。約3キロ南にある伊丹市の昆陽池では観賞用にコブハクチョウを放し飼いにしており、ここから飛んできたらしい。伊丹市によると、2羽はつがいとみられ、他の鳥との折り合いが悪いため、居心地のよい新天地を求めて飛んできた可能性があるという。【釣田祐喜】

 30日に現地を訪れると、2羽は岸近くで距離を保ちながら、川面にじっとたたずんでいた。毎日、河川敷を散歩しているという宝塚市の男性(70)によると、2羽は1カ月ほど前からこの場所にいるようになったという。男性は「仲むつまじく、見ていると心が和む」と目を細めた。

 伊丹市みどり自然課によると、市が昆陽池で観賞用に放しているコブハクチョウは、冬季にシベリア方面から渡ってくるオオハクチョウなどとは違い、もとは国内に人為的に持ち込まれた外来種で通年、国内にいる。飛び立って電線などにぶつかって負傷したり、人に当たったりしてトラブルになるのを防ぐため毎年1回、羽の一部を切って飛べないように管理している。

 市は今月初めごろ、羽を切る作業に入って、3羽の行方が分からなくなっていることに気づいた。昨年に切った後、生えかわった羽で飛べるようになっていたらしい。その後、うち1羽は負傷して保護。残りの2羽の行方を探していた。伊丹市はコブハクチョウについて、動物愛護管理法に基づき、県に届け出て昆陽池公園内で育てている。このため、市は今後、2羽を捕獲して昆陽池に連れ戻す方針。市は「捕獲後は、2羽を他のコブハクチョウの暮らす池と仕切った場所に放すなどして、仲良く暮らして繁殖しやすいようにしたい」としている。

〔阪神版〕
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20151031ddlk28040546000c.html

ttps://archive.is/4DcbI
posted by BNJ at 23:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ:速やかな初動対応を 県など、防疫訓練に100人 /岡山【毎日新聞2015年10月31日】

高病原性鳥インフルエンザの発生を想定し、テレビモニターで関係機関と情報共有する職員ら=岡山県庁で

 高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した防疫訓練が30日、県庁などであった。県や各自治体、自衛隊などから約100人が参加し、速やかな情報伝達による初動対応の流れを確認した。

 井原市内で約11万羽を飼育する農場での発生を想定し、県庁と現地に対策本部を設置。テレビモニターを通じて感染した疑いのある鶏の簡易検査や遺伝子検査の状況などを情報共有し、殺処分開始までの流れを確認した。

 笠岡市の養鶏場で今年1月に発生した際は、殺処分に予想以上の時間を要したため、県は防疫体制の見直しを検討。殺処分の基本想定を従来の5万羽から10万羽に倍増させ、10万羽以上を飼育する県内31カ所の大規模農場については、農場ごとの予測を作る方針。

 県によると、笠岡市のケースでは現地対策本部の機能が分散し、情報の共有・伝達が不十分だったという。県畜産課の中塚陽二郎課長は「家畜保健衛生所の防疫員だけでは大規模農場での発生に対応できない。関係機関との連携を密にして的確な初動対応ができるようにしたい」と話した。【原田悠自】
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20151031ddlk33040613000c.html

ttps://archive.is/FiAQI
posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 鳥インフル 万一に備え 高岡 関係機関が防疫演習【中日新聞2015年10月31日】

ケージからニワトリのぬいぐるみを取り出してバケツに入れる防護服を着た参加者=高岡市ふれあい福祉センターで

 渡り鳥の本格的な飛来シーズンに備え、国と県、県内自治体などは三十日、鳥インフルエンザ発生を想定した防疫演習を高岡市ふれあい福祉センターで行った。

 県内の市町村、家畜保健衛生所、畜産関係団体などの職員約二百人が参加した。実技訓練では、参加職員四十人の健康状態の確認から開始。その後、マスクやゴーグル、防護服を装着した職員らは、体育館に設営された疑似鶏舎で、ニワトリのぬいぐるみをケージからバケツに集め、殺処分のためのガスをバケツに注入し袋に詰める一連の作業を確認した。車両を消毒する演習や、鳥インフルエンザの発生状況を説明する座学もあった。

 県農林水産部の作井英人次長は「演習には実際のケージを使い、万が一の場合の対応について、より実際に近いイメージをしてもらえたと思う。迅速な初動防疫体制が重要になる」と話した。

 県内での鳥インフルエンザは、二〇一〇年十二月に高岡市の高岡古城公園でコブハクチョウ一羽が感染した事例がある。

 県は一一年度から県全体の防疫演習を毎年、会場を自治体の持ち回りで開催している。

  (武田寛史)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20151031/CK2015103102000030.html

ttps://archive.is/h3jw6
posted by BNJ at 23:05 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「優しい気持ちになれる」ヒデとライセンスがバードウォッチングに夢中【お笑いナタリー2015年10月31日】

バードウォッチングを楽しむペナルティ・ヒデとライセンス藤原(右から)。
ペナルティ・ヒデとライセンスが出演する「O・A・SO・BI MASTERS〜おあそびマスターズ〜」(J:COMテレビ)が、明日11月1日(日)に放送される。

左からペナルティ・ヒデ、ライセンス藤原、ライセンス井本。

今回3人は大阪南港野鳥園でバードウォッチングをマスター。大阪湾を望む展望室でハヤブサやカワセミなど20種類の野鳥探しに挑戦する。録画機能付きの高性能双眼鏡に大興奮した3人は「あれはなんの鳥?」「今、エサ食べとるな」などと会話をしながら鳥探しにのめり込み、あっという間に6種類の野鳥を発見してしまう。また「バードウォッチングをしてると優しい気持ちになれる」と語る井本の意見にヒデも「俺らバードウォッチングに向いてるな」と同意した。

そんな中、一行は観察場所を屋外に移動して残りの鳥を探すことに。「あのビルの上にたくさんの鳥がとまってますね」と言いだしたヒデだが、藤原にある衝撃の事実を突きつけられる。


O・A・SO・BI MASTERS〜おあそびマスターズ〜

J:COMテレビ 2015年11月1日(日)13:00〜13:30 (月1回更新。リピート放送あり)
<出演者>
ペナルティ・ヒデ / ライセンス
http://natalie.mu/owarai/news/164612

ttps://archive.is/m9bwe
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする