2015年12月02日

「カラスを騙し対話するドローンを作りたい」〜カラスとの共生を目指す異分野共同研究事例の紹介〜 デジタルハリウッド大学大学院と総合研究大学院大学によるセミナーを開催【プレスリリース2015年12月2日】

デジタルハリウッド大学大学院と総合研究大学院大学と共同主催によるセミナー「カラスを騙し対話するドローンを作りたい」を開催します。
総合研究大学院大学の塚原直樹助教と、デジタルハリウッド大学大学院修了生で、現在、シンガポール国立大学でリサーチフェローを務める末田航氏は、カラスの行動誘発を可能にする対話型ドローンとカラス型ロボットの共同研究を行っています。
今回のセミナーでは、害鳥としてイメージの悪いカラスとの共生を目指すため、コンピュータサイエンスやインタフェースデザインの観点からの対話装置研究や食資源活用に至るまで、異分野の研究者が共同研究に至った経緯と共同プロジェクトの紹介を行います。また、先行事例の無い共同研究テーマの迅速な実施ためのクラウドファンディングによる資金調達計画や将来ビジョンなど、異分野コラボレーションを実現するための取り組みも紹介します。
 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、総合研究大学院大学と共同主催によるセミナー「カラスを騙し対話するドローンを作りたい」を開催します。

 総合研究大学院大学の塚原直樹助教と、デジタルハリウッド大学大学院修了生で、現在、シンガポール国立大学でリサーチフェローを務める末田航氏は、カラスの行動誘発を可能にする対話型ドローンとカラス型ロボットの共同研究を行っています。



 塚原助教はこれまでカラスの音声コミュニケーションに関する研究を行い、カラスの鳴き声を使ってカラスを騙し、追い払う装置の開発を行ってきました。しかし、一定の効果は得られるものの、賢いカラスを騙すには、鳴き声だけでは難しいことがわかりました。そこで、見た目をカラスに近づけ鳴き声を発するドローンや動いて鳴く剥製ロボなどを開発し、それらを使ってカラスを騙すことができるのか、挑戦しています。

 今回のセミナーでは、害鳥としてイメージの悪いカラスとの共生を目指すため、コンピュータサイエンスやインタフェースデザインの観点からの対話装置研究や食資源活用に至るまで、異分野の研究者が共同研究に至った経緯と共同プロジェクトの紹介を行います。また、先行事例の無い共同研究テーマの迅速な実施ためのクラウドファンディングによる資金調達計画や将来ビジョンなど、異分野コラボレーションを実現するための取り組みも紹介します。

 ドローンに興味のある方(技術、ビジネス、研究、等)をはじめ、動物行動学(とくにカラス)に興味のある方、有害鳥獣の利活用やジビエ料理に興味のある方、クラウドファンディングによる研究資金獲得に興味のある方におすすめの内容です。セミナーの参加は無料です。ぜひこの機会をご活用ください。


<登壇者>

塚原直樹氏(左)・末田航氏(右)


塚原 直樹(つかはら・なおき)氏
総合研究大学院大学 助教

カラスの音声コミュニケーションに関する研究、カラスの鳴き声を使ったカラス撃退装置の開発、有害鳥獣として駆除されているカラスを食資源として利用可能かどうかといった研究を行う。

末田 航(すえだ・こう)氏
シンガポール国立大学 リサーチフェロー
デジタルハリウッド大学大学院 修了生(DCM修士)

モバイルゲームのスタートアップ企業などでの5年間の実務経験と学術研究を通し、一貫して人々のQoLの向上を目的とする娯楽メディア機器・コンテンツの研究開発を実世界志向インタフェースとインタラクションデザインの観点から実施。



<「カラスと対話するドローンを作りたい」セミナー 開催概要>
■日 時: 2015年12月14日(月)20:00〜21:30 (19:45開場)
■内 容: - カラスとの共生のための取り組み ドローンを対話装置として活用する研究
      - ACI(Animal Computer Interaction)の視点に立脚したカラスとの対話システムのアプローチ
      - 迅速な異分野共同研究を実現する、クラウドファンディングによる研究資金調達と事業化を視野に入れたリターン開発
■会 場: デジタルハリウッド大学大学院 駿河台ホール
      東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティアカデミア3F
■費 用: 無料
■主 催:デジタルハリウッド大学大学院、総合研究大学院大学

■お申し込み:下記のお申し込みフォームよりご登録ください。
       http://gs.dhw.ac.jp/event/151214/

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001005.000000496.html

ttps://archive.is/NqxnZ

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛する鳥たち【WSJ日本版2015年12月2日】

シドニーを拠点とする写真家、レイラ・ジェフリーズ氏の撮影した鳥の写真集「Bird Love」から11枚を紹介。撮影中同氏の肩に飛んできて、カメラのボタンを押そうとしたオオハナインコや、何度もカメラ目線を送ってきたというアメリカワシミミズクなど。
http://jp.wsj.com/articles/SB11911181872401054173104581390622523927788

ttps://archive.is/KT0uC
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物園でペンギン不審死、警察が捜査開始 ドイツ【AFPBB News2015年12月2日】

ドイツ西部ドルトムントの動物園で、餌を食べるフンボルトペンギン(2015年12月1日撮影)。(c)AFP/DPA/INA FASSBENDER
【12月2日 AFP】ドイツの警察当局は1日、ドルトムントの(Dortmund)でペンギン数羽が行方不明になり、うち1羽が死んでいるのが発見されたことについて、捜査を開始したと発表した。この動物園では数週間前にも、アザラシが柵の中で不審死しているのが発見されている。

 動物園は先月30日、フンボルトペンギン3羽が行方不明になったと警察に通報。その後、うち1羽がフラミンゴの柵の中で「傷を負って死んでいる」のが発見された。

 残る2羽は依然として行方不明で、警察当局は「ペンギンの窃盗、もしくは動物愛護法違反」の可能性があるとして捜査しているという。

 一方で警察は、ペンギンがただ逃げ出したという可能性は排除していないという。動物園は2日に死んだペンギンの検視を行う予定だとしている。

 動物園は声明で「今年相次いで発生した、同様の事件の一つ」と述べ、世界最小とされるサル、ピグミーマーモセット3匹と、齧歯(げっし)類の一種である小型のアグーチ2匹が8月に盗まれたと明かした。

 11月の初めには、21歳のアザラシが死んでいるのが発見された。動物園での検視の結果、頭部を激しく殴打されたのが死因だとわかったいう。動物園は、何者かがアザラシを殴殺したとみているが、警察当局はその可能性を否定している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3068802

ttps://archive.is/1GVIz
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BirdListening:マガン キャーン、キャーン!【毎日新聞2015年12月2日】

田んぼに降りたマガンの群れ=自然写真家・中川雄三さん撮影
 シベリアで繁殖し、秋冬を日本で過ごすマガン。日中は田んぼで落ち穂などを食べ、夕方ねぐらの水辺へ戻り、夜明けとともに再び餌場へ飛び立つ。夕暮れににぎやかに鳴きながら、舞い落ちるように水辺に降りる様子は「落雁(らくがん)」とも呼ばれる。早朝の静寂を破る数千数万の群れの飛び立ちも、見応えある光景だ。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/shimen/news/20151202ddm013070035000c.html

ttps://archive.is/i2Sgf
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城・伊豆沼:マガンなどの水鳥13万羽 空に浮かぶ【毎日新聞2015年12月2日】

日の出とともに一斉に飛び立つマガン=宮城県栗原市で2015年11月27日午前6時37分、佐々木順一撮影

 ラムサール条約登録湿地の伊豆沼・内沼(宮城県栗原市、登米=とめ=市)周辺に、マガンなどの水鳥13万羽以上が越冬のために飛来している。マガンは日が昇るとエサ場へ飛び立ち、オレンジ色の空に無数のシルエットが浮かぶ。

 県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターによると、マガンは繁殖地のロシア・シベリアから約4000キロを移動。今年は例年並みの9月19日に初飛来を確認した。来年2月上旬ごろにシベリアに戻る。【佐々木順一】
http://mainichi.jp/select/news/20151202k0000e050197000c.html

ttps://archive.is/3oW5Q
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城)「白鳥の里」にぎわう 潮来・北浦【朝日新聞デジタル2015年12月2日】

朝日が差し始めた北浦から飛び立つオオハクチョウ=11月29日午前7時21分、潮来市水原

 寒気の入り込みで冷え込むなか、潮来市水原の北浦にオオハクチョウが飛来している。

 毎冬、ハクチョウにパンの切れ端を持ってきている潮来市辻の会社員山本民雄さん(49)は11月28日午前、未央さん(8)、雄大君(7)の子ども2人を連れて来ていた。「休日などに、袋いっぱいのパンのみみを準備してもってくるんですよ」と話し、ほかの水鳥たちに交じってパンをつつくハクチョウを見守っていた。

 北浦は「白鳥の里」として知られる。1981年から越冬するハクチョウたちに餌付けしている地元、潮来市水原の谷田川康一さん(66)は11月29日朝、「10羽の群れが帰ってきていないね。今朝は14羽いたよ」と、双眼鏡で朝日が差し始めた北浦を見渡した。

 ログイン前の続き谷田川さんの話では、今年のオオハクチョウの飛来は11月17日。下旬になって幼鳥も含めて20羽ほどになっているという。早朝に北浦を飛び立ったオオハクチョウは、近郊の水田などに降りて、稲刈り後に伸びた二番穂をよく食べ、夕方にまた戻ってくるという。
http://www.asahi.com/articles/ASHCY4DB5HCYUJHB00D.html

ttps://archive.is/KC2Tm
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の撮れたて : 冬の使者、優雅に羽休め 松江の水田【山陰中央新報2015年12月2日】

翼を広げて優雅な姿を見せるコハクチョウ=松江市古志町
 冬の訪れを告げるコハクチョウが島根県松江市古志町の水田で群れを成し、優雅な姿が地元住民や見物客を魅了している。

 水田を管理する地元の農事組合法人・ゆとりの里下古志ファーム13によると、ことしは10月中旬に第1陣が飛来。1日までに約300羽が確認された。来年3月ごろまで見られるという。

 1日午前は約270羽が集まり「アーアー」と鳴き声を上げたり、水草を食べたりした。

 同法人の田渕肇副代表理事(73)は「コハクチョウは敏感。静かに見守ってほしい」と話した。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=556229179

ttps://archive.is/g7NvA
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琵琶湖のヨシ群落回復、20年前の1.5倍 保全活動実る【産経ニュース2015年12月2日】(水鳥)

 高度経済成長期の開発で激減した琵琶湖岸のヨシ群落が回復傾向にある。平成26年度の群落面積は、約20年前の約1・5倍に増えた。ヨシは琵琶湖の多様な生態系の保全に役立つことから、県は地元のボランティアらの協力を得て植栽などの活動を行っており、県琵琶湖政策課は「こうした取り組みが実を結んでいるのではないか」と分析している。

 ヨシは、水辺に生えるイネ科の多年草植物。琵琶湖岸の景観を形成するだけではなく、魚や水鳥のすみかとして多様な生態系の保全に役立っている。また、かつてはヨシはすだれや屋根の材料などにも使われ、人々の生活にも密接に結びついていた。

 ところが、高度経済成長期に内湖の干拓など湖岸の開発が進み、ヨシは激減。昭和28年度に260・8ヘクタールあった湖岸のヨシ群落面積は、平成3年度にはほぼ半減の127・5ヘクタールにまで落ち込んだ。

 こうした状況を受け、県は4年度に「琵琶湖のヨシ群落の保全に関する条例」を制定し、「昭和30年代の湖辺のヨシ群落の形状」に戻す目標を設定。保全地域内の伐採や建設物の新築などに規制を設ける一方で、地元ボランティアらと協力しながら、ヨシを植栽したり、成育しやすいよう枯れたヨシを刈り取ったりしている。

 さらに、群落内に繁殖しているオオバナミズキンバイなどの外来植物の駆除も実施。これらの取り組みが功を奏したとみられ、26年度の湖岸のヨシ群落面積は182・6ヘクタールまで回復した。

 生活様式の変化に伴い、ヨシが屋根の材料などに使われることが少なくなったが、近年はヨシを身近なものに感じてもらおうと、ヨシを利用したさまざまな製品が生み出されている。公益財団法人「淡海環境保全財団」(草津市)は刈り取ったヨシを腐らせて「腐葉土」を開発。また、コクヨグループ「コクヨ工業滋賀」(愛荘町)は、ヨシ製の紙を使ったノートなどを販売している。

 ただ、刈り取ったヨシの全てが再利用されるわけではなく、残りは焼却されている。刈り取った後のヨシの処理に困るため、中には刈り取りを断念するボランティアグループも出ているという。

 県琵琶湖政策課の担当者は「ヨシの製品を使ってもらうことで、環境の循環が良くなるとともに人々の保全への意識が高まる。こうした仕組みを確立していくことが今後の課題だ」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/151202/rgn1512020025-n1.html

ttps://archive.is/G3QZi
posted by BNJ at 23:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空港の鳥対策、DNA鑑定で種類特定し習性考慮【YOMIURI ONLINE2015年12月2日】(バードストライク)

 航空機に鳥が衝突する「バードストライク」対策として、国土交通省は全国の空港で、衝突した鳥の血液などをDNA鑑定し、種別を調査する取り組みを進めている。

 鳥を特定することで、習性などを踏まえた具体的な対策を取ることが狙い。被害が後を絶たない中、10月からは鑑定を行う空港を大幅に増加させた。

 バードストライクの被害はこのところ増加傾向にあり、2014年は1967件発生した。種類はツバメやムクドリ、スズメなど様々だが、機体を確認しても、衝突の跡が残っていないケースも多く、半数以上は種類が特定できていない。

 バードストライクは、機体が損傷するだけでなく、エンジンの空気吸入口に鳥が吸い込まれると、出力異常などにより深刻な事態につながる可能性もある。09年に米ニューヨークのハドソン川で起きたUSエアウェイズ機の不時着事故は、バードストライクによるエンジン停止が原因とされている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151201-OYT1T50145.html

ttps://archive.is/wDeSm
posted by BNJ at 23:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクチョウ 稲刈り後の田でのんびり 邑楽で話題【上毛新聞2015年12月2日】(他1ソース)

 邑楽町篠塚の水田にハクチョウが現れ、地域の話題を呼んでいる。1日も成鳥や幼鳥など10羽以上が稲刈り後の田んぼでのんびりと羽を休めたり、エサをついばんでいた=写真。
http://www.raijin.com/ns/2814489796834637/news.html

田んぼにハクチョウ【YOMIURI ONLINE2015年12月2日】
邑楽町の田んぼに飛来したハクチョウ
 邑楽町篠塚の田んぼに冬の使者ハクチョウが飛来し、話題となっている。

 国道354号の交差点「邑楽中学校南」近くの稲刈り後の田んぼで、先月27日に地元の無職男性(69)がハクチョウ6羽を目撃。毎日朝から夕方まで羽を休めている姿を見て町に連絡した。町は「エサを求めて飛来したのだろう。町内の田んぼでの目撃は初めてではないか」としている。

 1日朝は13羽ほどが落ち穂をついばみ、毛繕いをしていた。男性は「優美な姿に心が安らぐ。そっと見守ってやりたい」と語った。

 近くでは、同町と館林市にまたがる多々良沼などがハクチョウの飛来地として知られている
http://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20151201-OYTNT50330.html

ttps://archive.is/REImX
ttps://archive.is/pg4Rj
posted by BNJ at 23:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<シジュウカラガン>冬の使者 絶滅遠のく?【河北新報オンラインニュース2015年12月2日】(蕪栗沼)

初冬の飛来地で水と戯れるシジュウカラガン=11月28日、大崎市田尻の蕪栗沼(戸島さん提供)

 絶滅危惧種の冬の渡り鳥シジュウカラガンの越冬地、宮城県大崎市田尻の蕪栗沼で今季の飛来数が2137羽を記録した。同じ越冬地の同市古川の化女沼で初めて1000羽を超えた昨季の倍で、過去最多。仙台市八木山動物公園などによる復活事業の成果とみられ、阿部敏計副園長は「絶滅の危機が遠のきつつある」と手応えを話す。
 観察をしている大崎市のNPO法人「蕪栗ぬまっこくらぶ」によると、2000羽超えを確認したのは11月28日。520羽だった前年同期に比べ、約4倍という。
 戸島潤副理事長(43)は「千島列島北部のエカルマ島で毎年放されてきたシジュウカラガンの繁殖が進み、順調に個体が増えているようだ」と推測する。
 シジュウカラガンは蕪栗沼や化女沼をねぐらとし、日中は周辺の田んぼで餌を食べるのが一般的な行動パターンという。
 昭和の初めごろまでは仙台近郊でも観察できたが、1938〜62年には国内外で観察記録が途絶。繁殖地の千島列島で毛皮採取目的により放たれたキツネに捕食され、絶滅したと考えられていた。
 63年に繁殖地のアリューシャン列島で、64年には伊豆沼(栗原市、登米市)でも再発見。70年以降は毎冬伊豆沼への飛来が確認されたが、数は1〜3羽にとどまっていた。
 八木山動物公園などは繁殖施設「ガン生態園」を82年に開設して復活事業に着手。95年にエカルマ島で放鳥を始めた。当初の県内への飛来数は数羽足らずだったが、2005年度から増加。12年度は278羽、13年度は576羽、14年度は1070羽と着実に増えてきた。
 復活事業に長年取り組む阿部副園長は「夢と思って地道に続けてきたことが夢ではなくなってきた。数万羽の回復を目標に越冬地の整備をしていくことが課題だ」と語った。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151202_13012.html

ttps://archive.is/fvrPh
posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別マリンニクスでキングペンギンのひなデビュー【室蘭民報2015年12月2日】

 登別マリンパークニクスで今夏生まれたキングペンギンのひなが1日、人気アトラクションのペンギンパレードでショーデビューを果たし、来場者を楽しませた。

 7月22日生まれのひなはホッケなどを餌にすくすくと成長。生まれた時はわずか体重200グラム程度だったが、立った状態での体長が50センチ、体重11・5キロに成長した。

 体格は大人とほぼ変わらないが、毛足の長い茶色の体毛に全身をびっしり覆われており、まるでふわふわの縫いぐるみのようだ。

 この日はデビューとあり、距離が短い午後のパレード限定で挑戦。緊張からか最後列で母親に隠れるように行進したが、観光客の注目を一身に集めていた。

 桑山未来館長は「来春には羽が生え替わり、大人になってしまいます。ぜひこの時期に来場し、大人との違いなどを観察してもらいたい」と話していた。
(鞠子理人)

【写真=パレードで母親とたわむれるキングペンギンのひな(右)】
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2015/12/02/20151202m_05.html

ttps://archive.is/aARQa
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛鳥週間ポスターコンクール 緑川君が入選【福島民報2015年12月2日】

緑川君の作品
 日本鳥類保護連盟の愛鳥週間用ポスター原画コンクール中学校の部で、浅川中3年の緑川晴貴君の作品が入選した。県が1日、発表した。
 緑川君はアクリル画で鳥の家族が仲良く寄り添う姿を描いた。「賞を意識せずに自由な気持ちで描いた。全国の入選作品に選ばれてとてもうれしい」と話した。
 コンクールには小学校と中学校、高校の3部門に各都道府県の審査を通過した401点が寄せられ、各賞を決めた。
 県内からは、緑川君の作品を含め6作品が出品された。
http://www.minpo.jp/news/detail/2015120227120

ttps://archive.is/E0iq0
posted by BNJ at 23:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモメの美技に歓声 熊本―島原結ぶ高速船【くまにちコム2015年12月2日】

船上で、乗客から手渡しで餌をもらうユリカモメ=1日午後、熊本港沖(谷川剛)
 熊本−島原を結ぶ高速船オーシャンアローでは、冬鳥のカモメが飛来する時季を迎え、船の周囲を舞う数百羽に乗客らが餌やりなどを楽しんでいる。運航する熊本フェリーによると、例年より1カ月近く遅く、11月下旬になり数が増えてきた。

 1日は仙台市の高校生らが修学旅行で乗船。船内で販売されている餌のスナック菓子を差し出すと、カモメが飛びながらナイスキャッチを披露。生徒らは大喜びだった。4月下旬まで。同フェリーTEL096(311)4100。(谷川剛)
http://kumanichi.com/news/local/main/20151202003.xhtml

ttps://archive.is/sUXiq
posted by BNJ at 23:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードウォッチングin和白干潟【12月5日(土)】【西日本新聞2015年12月2日】

 5日(土)午後1時、福岡市東区和白の和白干潟・海の広場。アジア、シベリアなどから和白干潟へ飛来する渡り鳥の観察やゲームを通じ、身近な干潟や海の環境の大切さを再発見する。参加無料。申し込み不要。小学生以下は保護者同伴。駐車場がないため公共交通機関利用を。雨天中止。

=2015/12/02付 西日本新聞夕刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/event_other/article/210627

ttps://archive.is/ZJV7I
タグ:和白干潟
posted by BNJ at 23:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする