2015年12月03日

コウノトリ:長門に飛来 兵庫で7月放鳥の1羽 /山口【毎日新聞2015年12月3日】

 長門市油谷向津具の水田に2日朝、国の特別天然記念物・コウノトリ1羽が飛来しているのを住民が見つけた。連絡を受けた同市油谷支所向津具出張所の宮崎篤さん(43)が餌をついばむ姿を撮影した。2013年12月にも8羽が同市に飛来している。

 羽を広げると2メートル近くあり、宮崎さんは「美しさに驚いた」と話している。

 コウノトリは左右の足に識別のための環を付けていた。写真を見た兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(同県豊岡市)によると、飛来したコウノトリは今年4月に生まれた雄で、7月に同県養父(やぶ)市から放鳥した2羽のうちの1羽。先月29日には大分県豊後大野市に別の4羽と一緒にいた。

 同公園は、05年から放鳥を開始。現在、野外で80羽が生息しており、うち59羽が野外生まれ。【川上敏文】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20151203ddlk35040536000c.html

ttps://archive.is/mJFLj

posted by BNJ at 23:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ:南北交流の懸け橋に DMZに野生復帰拠点構想【毎日新聞2015年12月3日】

今年9月3日、韓国忠清南道・礼山で行われた韓国初のコウノトリ放鳥=写真提供・兵庫県立コウノトリの郷公園

パク・シリョン教授

 韓国でコウノトリの野生復帰に取り組む大学教授が、北朝鮮との軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)にかかる韓国・仁川市江華郡にコウノトリ復帰の拠点施設を作ろうと、北朝鮮の研究者や韓国環境部(環境省)に働きかけている。絶滅以前は北朝鮮・黄海道も繁殖地として知られており、国立韓国教員大のパク・シリョン教授は「コウノトリ事業を通じて南北交流が深まり、統一への機運が高まれば」と話している。

 コウノトリは日本では1971年に絶滅。韓国でも20世紀初頭には約200羽が確認されていたが、朝鮮戦争の影響などで激減し、最後に捕獲された雌が94年に死んだ。パク教授ら同大コウノトリ生態研究院が中心となって96年から野生復帰の取り組みが始まり、世界初の放鳥に成功した日本の兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)も技術協力。繁殖地だった韓国中西部・忠清南道礼山のコウノトリ公園で今年9月3日、同国で初めて8羽を放鳥した。

 パク教授らは次のステップとして11月13日、北朝鮮・黄海道とDMZ地域も含めた3地域で今後10年間に60羽を放鳥する構想を発表した。同29日には東京・上野で開かれた「コウノトリ保全フォーラム」で一端を紹介。北朝鮮国境まで10キロの江華郡喬桐島に研究棟やケージ、湿地などを整備し、2017年にも放鳥を始めたいと説明した。

 パク教授は「北朝鮮側は農薬の大量使用などで環境が悪化している恐れがある。無農薬農業の指導や、南北共同の環境教育プロジェクトなどを通して、コウノトリがすめる環境作りを進めたい」と意気込んでいる。近く訪朝する知人に自らの論文を託し、北朝鮮の研究者、パク・ウイル教授に協力を呼びかける考えだ。【青木浩芳】
http://mainichi.jp/feature/news/20151203mog00m040015000c.html

ttps://archive.is/ENpuy
posted by BNJ at 23:40 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ:湖上でピクニック 高島 /滋賀【毎日新聞2015年12月3日】

 高島市今津町の北仰(きとげ)浜で11月30日、コハクチョウ15羽の姿が目撃された。半数近くは羽の色がグレーの幼鳥。竹生島を望む湖面で、コハクチョウはゆっくり泳いだり羽づくろいしたりしていた。

 コハクチョウは湖岸に近寄っては水中に長い首を突っ込み、逆立ちするようにお尻を水面に出す愛らしい姿を繰り返し見せていた。観察していた「環境を守るいまづの会」の深田源蔵さん(68)は「湖底に生えた水草を食べている。琵琶湖の水位が低いので、浅くなって食べやすいのだろう」と話していた。

 湖北野鳥センター(長浜市)によると、県内へのコハクチョウの飛来は11月末で144羽を確認。11月初めに100羽を超え、例年にない早いペースだったが、その後はあまり増えていない。米原市から長浜市にかけての東岸と高島市北部の湖岸で見られるという。【塚原和俊】
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20151203ddlk25040622000c.html

ttps://archive.is/DCgGe
posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル農場をロケ地に 平成16年に大量感染 京都・京丹波町【産経WEST2015年12月3日】(既報1ソース)

鶏舎の土台のコンクリートが残った、京都府京丹波町の旧浅田農産船井農場の跡地=11月(京丹波町提供)
 平成16年に鳥インフルエンザの大量感染が起きた京都府京丹波町安井の旧浅田農産船井農場の跡地について、同町が森林公園に整備した上で、自然を生かし、映画やドラマのロケ地としても活用を進める方針を決めた。同町が3日、明らかにした。

 26年から鶏舎の解体を進めており、現在は土台のコンクリートなどが残っている。町は工事費約3600万円を含む12月補正予算案を8日開会の町議会に提案する。

 跡地は4・7ヘクタール。鳥インフルエンザで約22万羽が殺処分された。浅田農産から土地の寄付を受けた同町が、住民らと跡地の活用方法を協議。一度は産業廃棄物のリサイクル処理施設の誘致が持ち上がったが「元あった自然の姿に戻したい」との声が多かったため、森林公園へと活用する方針になった。

 騒音が少ない場所で、映画のロケ地として適している。京都市右京区太秦の映画の撮影所から車で約1時間と近いことから、時代劇などの撮影場所としても使用できるという。

 同町の担当者は「ロケ地以外にも、地元の特産品なども栽培し、地域の方々に愛されるような場所になれば」と話した。
http://www.sankei.com/west/news/151203/wst1512030070-n1.html

ttps://archive.is/Us573
鳥インフルの養鶏場跡、時代劇の撮影所で再生へ 京丹波【朝日新聞デジタル2015年10月31日】
posted by BNJ at 23:34 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ新農法 収量増…豊岡市とメーカー 実証栽培【YOMIURI ONLINE2015年12月3日】

苗を植えながら米ぬかをまく田植え機=豊岡市提供
 豊岡市が、稲作のコウノトリ育む農法のうち、無農薬栽培の普及を目指して農機具メーカー「みのる産業」(本社・岡山県赤磐市)と進めている実証栽培の2年間の結果がまとまった。同社が開発した新農法は、従来の無農薬栽培より収量が平均15・5%多く、おいしさの指標・食味値もまずまず。農家の試行栽培でも、悩みの種だった雑草を減らす効果が確認されたという。市は今後、新農法のマニュアルを作り、栽培を促す。

 コウノトリ育む農法には、農薬の使用を抑えた減農薬栽培と、無農薬栽培がある。農協の買い取り価格(概算)は、通常の米と比べ、減農薬で約1・3倍(30キロ当たり7700円)、無農薬で約1・6倍(同1万円)。栽培面積は2005年度の41・7ヘクタールから10年で329・3ヘクタールに増えたが、減農薬が多く、無農薬は27%にとどまる。

 市は、農家へのアンケートから、夏場の除草の苦労が無農薬普及の妨げになっていると分析。除草の手間を省くため、同社の助言を受け、〈1〉根の張りがよいポット苗を使う〈2〉苗を植える際、雑草を抑制する米ぬかを同時にまく田植え機を使う〈3〉雑草の種に太陽光が届かないよう深めに水を張る――など新農法の実証栽培を14年度から市内5地区で始め、通常の無農薬栽培(対照田)と比べた。

 その結果、収量は14年度が22%、15年度が6%、それぞれ対照田より多かった。食味値は14年度は79点(対照田80点)で、15年度は85点(同81点)だった。

 また、15年度は市内の農家16戸に新農法を試してもらい、悪天候で倒伏するなどした4戸を除く12戸中、11戸で雑草の抑制効果が認められた。食味値は平均84点。収量の平均は10アール当たり452キロ・グラムだった。

 参加した農家の中には、これまで無農薬栽培に挑戦しても収量が同200キロ・グラム程度だったところもあり、「過去最高の出来で満足」「省力化になる」「数年後には全て無農薬にしたい」などの感想が寄せられた。

 課題として、中山間地で収量が低い傾向や、食味には7月以降の水管理が影響することも分かった。マニュアルには課題への対処も含める計画。中貝宗治市長は「1、2年でマニュアルを作り、無農薬栽培を一気に広めたい」としている。

 ◇食味値 米・食味鑑定士協会などによると、米に含まれるアミロースやたんぱく質、水分の割合などを基に、おいしさを100点満点であらわした基準。個々の検査機メーカーが、コシヒカリ系の基準米を使って独自に定めている。豊岡市の実証栽培では、JAたじまが所有する検査機を用いて計測した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20151202-OYTNT50277.html

ttps://archive.is/jof4a
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重油まみれの鳥59羽、ヘリで輸送 サハリン南部タンカー事故 【日本経済新聞2015年12月3日】

 【ウラジオストク=共同】ロシア極東サハリン州南部ネベリスク港付近で11月に座礁したタンカーから油が流出し、ロシア非常事態省当局者は3日、現場周辺の海岸で重油にまみれて動けなくなっていた鳥59羽を回復させるため、ヘリコプターで州都ユジノサハリンスクに輸送したと明らかにした。

 一帯はトドの生息地でもあり、自然保護団体は動物への影響を懸念しているが、悪天候続きでタンカーに残る油の抜き取り作業が難航している。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02HA1_T01C15A2000000/

ttps://archive.is/oz3YV
タグ:事件事故
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めて孵化 ヒナ見守る 水明館のアイガモ【YOMIURI ONLINE2015年12月3日】

4羽のヒナと母鳥(左奥)
 下呂市のホテル水明館で飼育するアイガモから初めてヒナが自然孵化ふかし、ロビーラウンジ前の日本庭園の池を泳いで宿泊客を楽しませている。

 ヒナの姿が確認されたのは先月27日。当初は9羽いたが、他の成鳥に踏まれるなどして2日現在、4羽に。母鳥と一緒に植木の陰で過ごすことが多いが、時折そろって池に繰り出す。

 水明館では2年半ほど前からつがいのアイガモを飼育。池に8羽いる成鳥は昨春、庭園担当の大前満良さん(65)が、卵を人工孵化させて育てた。大前さんは「出没するイタチなどに注意して立派に育てなければ」と気を引き締める。
http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20151202-OYTNT50179.html

ttps://archive.is/7TtNP
タグ:アイガモ
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桐生が岡動物園にフンボルトペンギン仲間入り【産経ニュース2015年12月3日】

 桐生市宮本町の桐生が岡動物園にオスとメスのフンボルトペンギン2羽が仲間入りし、公開されている。

 展示の充実と繁殖が目的でオスは、熊本県阿蘇市の動物園「阿蘇カドリー・ドミニオン」生まれで体長60センチの4歳「エクレア」。メスは、島根県浜田市の「しまね海洋館」生まれで体長55センチの2歳「もー」。

 桐生が岡動物園のフンボルトペンギンは計6羽となった。
http://www.sankei.com/region/news/151203/rgn1512030068-n1.html

ttps://archive.is/Gtyrr
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】「三番瀬海浜公園」改修 環境学習の場に 17年目指し船橋市計画【東京新聞2015年12月3日】

一部改修後の「ふなばし三番瀬海浜公園」のイメージ図
写真
 東日本大震災でプールが使えなくなった船橋市潮見町の「ふなばし三番瀬海浜公園」について、市は一部を改修し、環境学習の場に再生する計画を発表した。市議会に契約金額二十二億一千四百万円の改修工事請負契約の議案を提出。二〇一七年七月のオープンを目指す。(服部利崇)
 公園は一九八二年、屋外プールや潮干狩りなどのレクリエーション施設として埋め立て地にオープン。九二年には屋内プール棟も建てた。二〇一〇年には約十一万六千人がプールを利用したが、一一年三月の震災で液状化被害を受けて以降、プールは使えなくなっていた。
 計画では、公園約八・三ヘクタールのうち東側の約三・六ヘクタールを改修する。生態系ゆたかで、多くの渡り鳥も飛来する三番瀬の環境に関心を持ってもらおうと、屋内プールがあった建物を「環境学習館」(仮称)として再生する。
 学習館は、三番瀬の仕組みや歴史などを学ぶ立体模型などの展示エリア、夏休みの自由研究にも利用できる学習エリア、船橋の海産物を活用した調理エリアなどからなる。市政策企画課は「展示物は、小学校三、四年生が理解できるレベルにしたい」と話す。
 環境学習以外でも楽しめるように、東京湾の眺望が楽しめる高さ十メートル弱の展望デッキ、噴水広場、芝生広場を整備する。今ある管理棟は解体する。学習館が入る建物は津波の一時避難施設になっており、外付け階段を新たに取り付ける。
 レジャープール機能は、老朽化に伴う全面改修が始まった運動公園(夏見台)のプールに移す。こちらも一七年七月にオープンの予定。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201512/CK2015120302000186.html

ttps://archive.is/AO2vZ
タグ:三番瀬
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】三番瀬のカレンダー完成 渡り鳥メーン「保全の必要性を」【東京新聞2015年12月3日】

 東京湾最奥に残る「三番瀬」に集う多様な生命の営みと、人との関わりなどを美しいカラー写真で紹介する二〇一六年版カレンダー「三番瀬で会いましょう」が完成した。一部千円(税込み)で販売する。
 三番瀬カレンダー制作実行委員会が〇九年版から毎年作っている。一六年版は四千部制作。このうち約二千九百部は三番瀬周辺の船橋、習志野、市川、浦安四市の小学校全学級などに寄贈する。
 見開きA3判で、各月一枚ずつカラー写真を使用。今回は半分を渡り鳥が占める。餌を求めて飛来したミヤコドリやユリカモメ、ハマシギ、ダイゼンなどの姿をとらえた。他にも水質改善のバロメーターで、それ自体高い浄化能力を持つ「カキ礁」の写真も。実行委代表の田久保晴孝さんらが撮影した。
 実行委の田原悦子さん(64)は「地球規模で移動する渡り鳥もいる。三番瀬は栄養を蓄える貴重な餌場。保全再生の必要性を感じてほしい」と話している。注文など問い合わせは、田原さん=電090(2457)7102=へ。(服部利崇)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201512/CK2015120302000185.html

ttps://archive.is/NWqM1
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマセミの生命力活写 ギャラリー1周年 嶋田さん写真展【どうしんウェブ2015年12月3日】

ギャラリー開設1周年を記念する写真展を開いた嶋田忠さん
 【千歳】鳥類写真の第一人者で市内在住の写真家嶋田忠さん(66)が、厳寒の千歳川で撮影した市の鳥・ヤマセミの写真展「凍る嘴(くちばし) 厳冬のハンター」が2日、ネイチャーフォトギャラリー(蘭越)で始まった。嶋田さんが昨年開設した同ギャラリーの1周年記念で、ヤマセミの生命力あふれる作品が並んでいる。

 ギャラリーは、親交があったアイヌ文化伝承者の故中本ムツ子さんの住宅を改修して昨年12月5日に開設した。写真の展示スペースと野鳥観察ができるカフェを併設し、万物に命が宿るというアイヌ民族の自然観を反映した空間を楽しむことができる。

 2日に始まった写真展では、氷点下20度の厳しい環境でくちばしを凍らせながら羽を休める姿や、雪に覆われた川に飛び込み魚をとらえる瞬間などを活写した19点を展示している。

 嶋田さんは「厳しい環境に生きるからこそ際立つ、ヤマセミの生命力を感じてほしい」と話す。入場無料。月、火曜定休。来年3月末まで。(斉藤千絵)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0208884.html

ttps://archive.is/Rm8Ts
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゾリス、天敵に息潜め… 音更【どうしんウェブ2015年12月3日】(エゾフクロウ)

追われたすみかをうかがうかのようにエゾリスがのぞくとエゾフクロウがいた。天敵と鉢合わせしてしまった(茂忠信撮影)
 【音更】樹上を動き回るエゾリスが、天敵エゾフクロウと鉢合わせ―。

 冬の訪れとともに十勝管内音更町の森にあるハルニレの樹洞にエゾフクロウが入った。木の実が雪に隠れたため、エサを探すエゾリスが枝から枝へと活発に動き回っているうちに遭遇したようだ。

 エゾフクロウは夜行性で体長50センチほど。顔が集音器の役割を果たし、小動物が移動するわずかな音を察知し捕食するハンター。日中は休んでいることが多いが、雪の上を移動するエゾリスが捕らえられ、食べられてしまうこともある。

 音更町の自然観察を約40年続ける自然写真家の矢部志朗さん(69)によると、11月下旬、エゾリスの巣だった樹洞をフクロウが利用し始めた。すみかを追われエゾリスは、2メートル下の小さな穴に移ったという。

 息詰まる鉢合わせは数秒間。近すぎてフクロウも捕食に動けず、エゾリスは幹を回り込み逃げていった。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0208830.html

ttps://archive.is/90zij
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする