2015年12月08日

鉄塔に衝突か、放鳥のコウノトリ「愛」死ぬ【YOMIURI ONLINE2015年12月8日】(既報1ソース)

放鳥後、茨城県常総市の水田近くを飛ぶ「愛」(7月29日撮影)
 千葉県野田市は7日、7月に放鳥した国の特別天然記念物のコウノトリ3羽のうち、雌の「愛あい」が茨城県神栖市で死んだと発表した。

 野田市が放鳥したコウノトリが死ぬのは初めて。

 発表によると、コウノトリの見守り調査をしていた野田野鳥同好会の男性が5日、神栖市内の鉄塔の下で死んでいるのを見つけ、野田市に連絡した。肋骨ろっこつや鎖骨が折れていて、解剖の結果、送電線か鉄塔への衝突が原因とみられることが分かったという。

 愛は、野田市三ツ堀の飼育施設「こうのとりの里」で今年3月に生まれ、同市が7月23日、東日本で初めて放鳥した。残る2羽は6日午後6時現在、装着している全地球測位システム(GPS)などを通じ、雌の「未来みき」が岡山県玉野市で、雄の「翔しょう」が石川県白山市で、元気な様子が確認されているという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151208-OYT1T50097.html

放鳥コウノトリ メス1羽死ぬ 茨城、鉄塔衝突か【千葉日報ウェブ2015年12月8日】
死亡が確認されたメスのコウノトリ=11月17日、茨城県行方市(放鳥後撮影)
 野田市は7日、試験放鳥した国の特別天然記念物コウノトリ3羽のうちメス1羽の死亡が確認されたと発表した。死体の状態などから、同市は「突風やカラスによる追い立てなどで送電線か鉄塔に衝突した」と推定している。

 同市みどりと水のまちづくり課によると、野田野鳥同好会のメンバーが5日午前8時ごろ、茨城県神栖市内の田んぼに立つ鉄塔の下で1羽が横たわっているのを発見して市に報告。病理解剖の結果、死因になったと見られる骨折や墜落によるけがが確認された。

 死亡していた1羽は3月20日にふ化、7月に試験放鳥された。「愛」と名付けられていた。今月4日午後3時には、上空を飛んでいるのを衛星利用測位システム(GPS)がとらえていた。同日現在、他の2羽は岡山県や石川県内で元気に過ごす様子が確認されている。

 同市の根本崇市長は「大変残念な思い。今後も事故などのリスクについて関係者に助言を頂き、残り2羽の様子を見守りながら来年以降の試験放鳥に取り組みたい」とコメントした。
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/292411

千葉 野田市が放鳥したコウノトリ 1羽死ぬ【NHKニュース2015年12月7日】
国の特別天然記念物のコウノトリを野生に復帰させるため、千葉県野田市がことし7月に放鳥した3羽のうち、1羽が茨城県内で死んでいるのが見つかりました。
死んでいるのが見つかったのは、野田市がことし7月に野生に復帰させるため放鳥したコウノトリ3羽のうちの1羽で、「愛」と名付けられたメスです。
野田市によりますと、「愛」は先月24日から茨城県神栖市にいましたが、5日、送電線の鉄塔の下で死んでいるのが見つかりました。ろっ骨などが折れていたということで、何らかの原因で鉄塔か送電線に衝突したものとみられています。
残りの2羽は岡山県と石川県内にいることが確認されているということで、野田市は観察を続けるとともに、来年も新たに放鳥することを計画しています。
野田市の根本崇市長は「大変残念な思いで受け止めている。残りの2羽を見守りながら、来年以降の放鳥に取り組んでいきたい」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151207/k10010333011000.html

ttps://archive.is/FTylE
ttps://archive.is/w2qIz
ttps://archive.is/ZfJma

posted by BNJ at 23:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【婚活相手紹介サービスのツヴァイ】サンシャイン水族館を貸し切って婚活イベントを開催!【プレスリリース2015年12月8日】(ペンギン)

イオングループの結婚相手紹介サービス(株)ツヴァイ(東京都中央区銀座 / 証券コード:2417)が運営する婚活パーティー「クラブチャティオ」は、2016年2月13日(土)に東京都豊島区にある池袋サンシャイン水族館にて、総勢150名で婚活イベント「恋するバレンタインNight in サンシャイン水族館」を開催致します。


https://www.clubchatio.jp/cam/valentine/


◆バレンタイン前夜に貸切ディナー
総勢150名で夜のサンシャイン水族館を貸し切っての婚活・恋活イベント!ライトアップされた照明がバレンタインの夜を演出します☆バレンタイン前夜ということで、皆様にチョコをご用意しております。チョコを異性に渡す等、チョコを使ったり、お相手マッチングゲームを行い交流を深めて頂きます!


3つのおすすめポイント
<1>参加人数はMAX75対75を予定!!
たくさんの方に出会って頂くために、総勢150名で開催致します。普段のクラブチャティオのパーティーとは違い、LINEやメールアドレス等の連絡先の交換も可能となっております。


<2>雰囲気最高!夜の水族館を体験できます!
水槽がライトアップされ、幻想的な雰囲気の中パーティーをお楽しみいただきます。
出会いには会場の雰囲気も大切なポイント!受付にはペンギンがお出迎え。飼育員さんやお魚さんの水中パフォーマンスも実施予定。最高の雰囲気で夜を満喫ください。


<3>豊富なお食事メニューをご用意☆
美味しいお食事(フルコース並み)&飲み物(ビール、カクテル、ソフトドリンクなど)をご用意して皆様をお待ちしております☆


◆開催概要
開催日時 2016年2月13日(土)19:00〜21:00(受付開始18:30〜)
参加条件 男性 28歳〜45歳位までの方 / 女性 25歳〜42歳位までの方
※未婚の方限定
参加費
チャティオ会員 男性 10,000円(早割9,000円) / 女性 9,000円(早割8,000円)
一般の方    男性 10,500円 / 女性 9,500円
※お食事フルコース付、フリードリンク
集合場所 サンシャイン水族館(東京都豊島区東池袋3-1-3ワールドインポートマートビル屋上)
TEL   03-6858-6560
開催人数 150名(男性 75名/女性 75名)
持ち物  身分証明書
服装   清潔感のある服装でお越しください

サンシャイン水族館:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
クラブチャティオ:https://www.clubchatio.jp/

◆株式会社ツヴァイ
イオングループの結婚相手紹介サービス業として1984年に創立、2014年11月に30周年を迎えました。独自の双方向での条件マッチング・価値観マッチングによるお相手紹介と、人によるきめ細かな支援で年間約6,000名の成婚退会者(結婚・婚約・交際のお届けによる退会者)を創出しています。その他、年間2,000回以上開催されるパーティ・イベントや会報誌での出会いなど多彩な出会いの機会も提供しています。

◆クラブチャティオ
ツヴァイ社が運営する交流会・イベント事業として、2009年より首都圏にてサービスを開始。結婚相手紹介サービスだけでなく、より気軽にパーティーでの出会いを経験して、独身者が結婚に向けた一歩を踏み出すための新たなブランドとして、ツヴァイ社が立ち上げたもの。無料の会員登録を経て、参加費のみで、カップリングパーティや個室お見合い、スポーツやクッキングなどを組み合わせたイベントに参加可能。首都圏を中心に、北海道・関西・中部・九州エリアで、月間200回以上の多彩なパーティ・イベントを開催。

会員数:51,201名 2015年11月24日現在
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000016680.html

ttps://archive.is/Gh0AC
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すみだ水族館で演奏会、ペンギンプールに映像投影も【朝日新聞デジタル2015年12月8日】

「ペンギンと音楽の夜」
 東京スカイツリータウン(東京都墨田区)のすみだ水族館で23〜25日、クリスマス演奏会「ペンギンと音楽の夜」がある。新日本フィルハーモニー交響楽団がクリスマスソングを生演奏し、ペンギンが泳ぐプールにプロジェクションマッピングの映像が投影される。午後6〜9時。入場料は一般2050円、高校生1500円、中小学生1千円、3歳以上600円。問い合わせは03・5619・1821。
http://www.asahi.com/articles/ASHCK4WC5HCKULFA018.html

ttps://archive.is/sJprB

行儀よく【共同通信写真ニュース2015年12月8日】(ペンギン)

 ドイツの動物園で泳ぐペンギンたち。陸上のペンギンは、列をつくって順番待ちかな?(AP=共同)
http://www.47news.jp/PN/201512/PN2015120801001727.html

ttps://archive.is/3gkiY
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しいカワアイサ 富田川に飛来【AGARA紀伊民報2015年12月8日】

和歌山県白浜町十九渕の富田川に7日、渡り鳥のカワアイサ(ガンカモ科)が飛来した。日本野鳥の会県支部副支部長の津村真由美さん=田辺市秋津町=は「富田川で見られるのは珍しい」と話している。

 赤いくちばしの先端が下を向いているのが特徴。富田川に飛んで来たのは頭部に「冠羽」と呼ばれる後ろ髪があり、雌という。

 野鳥の観察に来ていた上富田町生馬の坂井正人さん(66)が午前11時半ごろに見つけた。別の鳥を探していたといい「今回のように意外な発見があるから(鳥の観察は)楽しい」と話している。

 津村さんによると、瀬を流れながら餌を探すのもカワアイサの特徴。富田川では昨年も確認されているが、紀南の河川で見られる機会は少ないという。


【富田川に飛来したカワアイサ】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=306140

ttps://archive.is/DVIXY
タグ:カワアイサ
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 飼育舎を雪囲い 高岡古城公園動物園【中日新聞2015年12月8日】(クジャク舎)

クジャク舎の周囲にビニールシートで雪囲いをする飼育管理員ら=高岡市古城で
写真
 高岡市の高岡古城公園動物園で七日、飼育舎の雪囲い作業が始まり、初日はクジャク舎にビニールシートを張った。約一週間かけて残りのシカなど六舎の雪囲いをする。

 クジャク舎は円形で周囲約三十六メートル、高さ約二・五メートルの網張りの中に八羽がいる。飼育管理員六人が巻くようにビニールシートを張っていった。今後、キジとクジャクバト舎は同様に、エミューなどの四舎はプラスチック製の波板を風を防ぐように取り付ける。雪囲いが難しいリスザルやニッポンアナグマ舎などは赤外灯で暖をとるようにする。

 園内では四十二種百六十一匹を飼育する。飼育管理員の浦田直樹さん(37)は「寒風にさらされて食欲をなくし、体調を悪くしないために雪囲いをしている。少し動物たちが見にくくなるが、日なたぼっこをしている姿を見に来てほしい」と話していた。

 動物園の開園時間は午前九時〜午後四時半で、休園は月曜日と年末年始。入園無料。 (武田寛史)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20151208/CK2015120802000039.html

ttps://archive.is/ZG8oU
タグ:クジャク

「雷鳥」テーマに木版画など65点 宇和島の畦地梅太郎記念美術館【産経ニュース2015年12月8日】(「畦地梅太郎展−らいちょうとともに」/ライチョウ/鳥類美術)

 山をモチーフにした版画家、畦地梅太郎(1902〜1999年)の木版画などを集めた作品展「畦地梅太郎展−らいちょうとともに」が、愛媛県宇和島市の道の駅「みま」内の畦地梅太郎記念美術館で始まった。来年2月29日まで。

 畦地梅太郎は宇和島市三間町出身。日本アルプスや石鎚山などの山や自然に親しみ、「山男」シリーズの作品群を生みだした。展示は昭和30年ごろから作品に登場する「雷鳥」とのふれあいを主題にした木版画など65点。雷鳥は日本アルプスなど高山帯のハイマツ林などに生息する特別天然記念物。

 夫婦で美術館めぐりをしているという松山市の甘井正典さん(83)は「一度来てみたかった。色合いが明るく素晴らしい」と見入っていた。同館の高山清香館長は「雷鳥は山の生命を象徴するもの。山と人間とのかかわりを感じて」と来館を呼びかけている。
http://www.sankei.com/region/news/151208/rgn1512080047-n1.html

ttps://archive.is/tOtxs
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナベヅル飛来相次ぐ 四万十市【YOMIURI ONLINE2015年12月8日】(既報関連ソースあり)

 ◇11月11日最多239羽

 毎年、鹿児島県出水地方に集中して越冬するナベヅルが、10月以降、県内に相次いで飛来している。特に四万十市では、ツルの越冬地づくりに取り組む市民グループ「四万十つるの里づくりの会」と、高知野鳥の会、日本野鳥の会高知支部によると、11月11日には、観察記録が残る2008年度以降では最多となる239羽が飛来。現在残っているツルが越冬する可能性もあり、関係者は「静かに見守ってほしい」と呼びかけている。(広浜隆志)

 ナベヅルは、ロシアや中国で繁殖し、10月から3月に日本に渡来する渡り鳥。穀物の落ち穂や昆虫、小型水生生物を食べる。夜間は、外敵を避けるため深さ10〜20センチの川や湿地、ため池などをねぐらにする。日本では、かつては全国に飛来していたが、現在は保護対策が取られている出水地方にナベヅルとマナヅルが1万羽あまり飛来し、このうち、ナベヅルは世界の約8、9割が越冬しているとされる。

 越冬地が集中することで、鳥インフルエンザなどの感染症による大量死を防ごうと、環境省と農林水産省、文化庁が03年、中村市(現・四万十市)、山口県周南市の八代盆地、佐賀県伊万里市、長崎県有川町(現・新上五島町)を、分散候補地として公表するなど、越冬地の分散化を探っているが、十分な成果は上がっていないという。

 このうち、四万十市では、「四万十つるの里づくりの会」が、四万十川支流中筋川流域に湿地や餌場を整備し、飛来の呼び水となるデコイ(模型)を設置。13年には人工的に整備した湿地としては初めて2羽が越冬。14年は飛来したものの、越冬はしていなかった。

 里づくりの会と、高知野鳥の会、日本野鳥の会高知支部は7日、同市で記者会見を開き、今季のナベヅルの飛来状況を発表。発表によると、今季は10月29日に29羽の飛来を確認したのが始まりで、11月11日に239羽を確認した。その後は、同月15日の狩猟解禁で猟銃の発射音がしたり、今月1日に落ちアユ漁が解禁され、ねぐらにしている四万十川の浅瀬が騒がしくなったりしたことなどで激減したが、7日現在、16羽が滞在している。

 ナベヅルの多くは、飛来地として知られる出水地方に向かったとみられるが、滞在中のツルは四万十市で越冬する可能性があるという。

 今季のナベヅルは、特定の餌場を持たず、日中、中筋川流域の田んぼを転々としているという。里づくりの会は、新聞に折り込みチラシを入れたり、飛来地周辺に立て看板を置いたりして、注意を呼びかける。武田正会長は「何とか越冬させたい。200〜300メートル以上離れて観察するなど、配慮をお願いします」と訴えている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kochi/news/20151207-OYTNT50126.html

ttps://archive.is/hx449
四万十市に飛来のツル激減【高知新聞2015年12月7日
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の使者クロツラヘラサギ 夕日に映え【沖縄タイムスプラス2015年12月8日】

夕暮れ時の野鳥が集まる通称「三角池」で羽ばたくクロツラヘラサギ=7日午後5時ごろ、豊見城市与根(松田興平撮影)
 7日は、暦の上では本格的な冬の到来となる二十四節気の「大雪」。沖縄地方は朝から曇り空に包まれ、午後は晴れ間がのぞいた。

 豊見城市与根の遊水池、通称「三角池」では越冬のため飛来しているクロツラヘラサギが雲間から差し込む日差しを浴びていた。

 沖縄気象台によると、14日までの週間予報は、前線や湿った気流の影響で曇りや雨の日が多く、気温は平年より高くなるという。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=144912

ttps://archive.is/2y8ZE
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

越冬のマガモ、飛来 「大雪」に寒さ和らぐ、五島 [長崎県]【西日本新聞2015年12月8日】

五島市の繁敷ダムに飛来したマガモなど

 7日は二十四節気の一つ「大雪」。寒さも厳しく本格的に雪が降る頃とされるが、県内各地は最高気温が平年より2〜3度ほど高く、寒さが和らいだ一日となった。
 五島市富江町の繁敷ダムでは、マガモやオシドリ、カルガモ計約500羽が越冬のため飛来している。ダムでは上空を羽ばたいたり、水面を泳いだりする様子が見られた。同市の「鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンター」によると、来年3月中旬ごろに繁殖地のシベリアなどへ戻るという。
 長崎地方気象台によると、8日以降も最高気温が平年を上回る日が続く。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/211679

ttps://archive.is/gKXKt
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鵜様捕獲を1日前倒し 七尾、不在回避へ【北國新聞2015年12月8日】(ウミウ)

今年の成功を願う小西さん(左)と鵜捕部=七尾市鵜浦町

 国重要無形民俗文化財「鵜祭(うまつり)」で翌年の吉凶を占うウミウ「鵜様(うさま)」の捕獲が、今年は例年より1日早い8日から始まる。直近の3年間で2度、ウミウを捕えることができなかったためで、捕獲の前倒しは鵜(う)捕(とり)の技を継ぐ小西寛之さん(53)=七尾市鵜浦町(うのうらまち)=が35年前に鵜捕主任となってからは初めてとなる。7日は、鵜祭が営まれる羽咋市の気多大社に鵜様を運ぶ鵜(う)捕部(とりべ)が小西さん方にかごを届け、成功を願った。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20151208102.htm

ttps://archive.is/0m6DJ
タグ:ウミウ 鵜飼
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エミュー公開 先月脱走の1羽も 赤城クローネンベルク【上毛新聞2015年12月8日】(既報関連多数)

 脱走劇を繰り広げた大型の鳥「エミュー」をめぐり、群馬県前橋市苗ケ島町の観光施設「赤城クローネンベルク」は7日、脱走され捕獲後、今月2日に死んだエミューを飼育していた高崎市内の男性からほかの7羽を譲り受け、園内で一般公開を始めたとホームページで発表した。
http://www.raijin.com/ns/5114495005637177/news.html

ttps://archive.is/LDmGo
脱走エミューまた脱走 署員が捕獲後すぐ息絶える【上毛新聞ニュース2015年12月4日】