2015年12月12日

中国の環境汚染が影響!? 四国に「ナベヅル」が突然の大量飛来…第2の越冬地になるか【産経WEST2015年12月12日】

餌場に降り立ったナベヅル=11月16日、高知県宿毛市(木村宏さん提供)
 環境省がレッドリストで絶滅危惧II類に指定している「ナベヅル」の四国への飛来が相次いでいる。保護団体によると、越冬期を目前に180羽が居着いた。世界で生息する8割超が鹿児島県の出水(いずみ)平野で越冬するがそれ以外で大量確認されるのはまれだという。感染症の流行に対する危険などから越冬地分散が課題だっただけに、関係者は突然わいた“朗報”の行方を固唾をのんで見守っている。

300羽が飛来

 ナベヅルは、高知県四万十市で10月28日に今季初めて飛来が確認され、翌29日には29羽が田んぼに降り落ち穂などの餌をついばむ姿がみられた。地元保護団体によると、例年も10羽ほどは飛来するが、大量に居着くことはない。

 その後もナベヅルの飛来は相次ぎ、11月中旬には高知のほか、愛媛や徳島の四国3県で300羽に膨れあがった。

 ナベヅルはロシア・シベリア南東部から中央部で繁殖し、かつては日本全土に越冬地が広がっていた。ただ開発などを経て数を減らし、今では長年、保護活動を続けてきた出水平野に一極集中している。

 現在の個体数は約1万1500羽とされ、うち8割以上にあたる約1万羽が出水平野で越冬し、残りは中国や韓国を選んでいるという。日本野鳥の会・高知支部の木村宏さん(74)は「方角が違うので、最初から鹿児島ではなく四国を目指してきたとみられる」と推察する。

「中国や韓国で大規模な環境汚染があり…」

 ツルは警戒心が強く人目につかない広大な田んぼや川の中州といった安全な環境を好むといい、さらに、環境省の担当者は「意外に記憶力がよいとされ、危険を感じると近づかなくなる」と指摘。関係者の間では、今回の四国への大量の飛来の理由について、「中国や韓国で大規模な環境汚染があり、その分が飛来した」「鹿児島が飽和状態になった表れではないか」などとさまざまな臆測が飛び交っている。

 とくに、中国では深刻な大気汚染が続いており、北京市では今月8日、2013年10月に警報システムが施行・導入されて初めて、4段階の警報の中で最悪の「赤色警報」に伴う車両の通行規制などが実施。さまざまな形で影響が出ている。

 とはいえ、関係者は突然の“朗報”にわく。鹿児島一極集中は、鳥インフルエンザなどの感染症が一度発生すれば、一気に生息数が激減する恐れがある。

 このため、国や保護団体は、近年、河川整備などを各地で進めていたが、なかなかツルに振り向いてもらえていなかった。環境省の担当者は「今回は千載一遇の好機だ」と訴える。

第2の越冬地として…

 ただ一時は四国で300羽いたナベヅルは、狩猟解禁や落ちアユ漁の始まりで、ねぐら近くに人が接近したことなどで数が減少。6日現在で180羽になっているという。

 木村さんは「まもなく越冬期。安全を感じ、本当に居着いてくれるかは、今が正念場だ」とし、むやみに生息地に近づかないよう呼びかけている。

 四国は、第2の越冬地として定着するのか。関係者は行く末を見守っている。
http://www.sankei.com/west/news/151212/wst1512120030-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151212/wst1512120030-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/151212/wst1512120030-n3.html

ttps://archive.is/637wN
ttps://archive.is/nfhRQ
ttps://archive.is/pkBTe

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の野鳥を見ませんか 利根運河などで20日に観察会【朝日新聞デジタル2015年12月12日】

自然観察会がある場所で見られる冬鳥のツグミ

 千葉県野田市と流山市の境を流れる利根運河などで20日、冬の野鳥を見る自然観察会がある。会場は利根運河沿いと、東京理科大野田キャンパスの理窓会自然公園。午前9時に東武野田線運河駅に集合し、午後0時半解散。参加費200円(高校生以下は無料)。双眼鏡や筆記用具などは持参する。雨天中止。問い合わせは「利根運河の生態系を守る会」の紺野さん(090・2420・8420)。
http://www.asahi.com/articles/ASHD77DLYHD7UDCB01F.html

自然観察会 利根運河・理窓公園に冬の野鳥を訪ねて【YOMIURI ONLINE2015年12月11日】
 12月20日午前9時、流山市・運河駅改札口。東京理科大の同公園を散策し冬鳥を観察する。双眼鏡、昼食など持参。200円、高校生以下無料。雨天中止。利根運河の生態系を守る会・紺野さん090・2420・8420。
http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/event/etc/20151211-OYTBT50035.html

ttps://archive.is/dGPQt
ttps://archive.is/q1sBO
タグ:イベント
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台初のフクロウカフェ「仙台福郎」 政宗、幸村など武将名の8羽在籍【仙台経済新聞2015年12月12日】

ベンガルワシミミズクの「政宗」。「穏やかで優しい子。甘がみが上手な甘えん坊だが、最近は気分屋」

 マーブルロードおおまち商店街のビル4階に11月21日、仙台初のフクロウカフェ「仙台福郎」(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-217-2963)がオープンした。

フクロウカフェ「仙台福郎」店内

 コキンメフクロウ、ススガオメンフクロウ、アフリカオオコノハズク、ベンガルワシミミズク、シロフクロウなど8匹の「フクロウスタッフ」が在籍し、交代で常時3羽が客を出迎える。フクロウスタッフの名前は、「政宗」「幸村」「謙信」「官兵衛」など、歴史上の人物から付けている。

 森をイメージした店内の触れ合い広場では、フクロウをなでたり腕に乗せたりして触れ合うことができ、撮影も可能。同店担当者は「個性や性格、何をしたら喜ぶかも1羽ずつ違うので、スタッフに聞いてもらえれば」と話す。

 オープン後は20代の女性を中心に、学生やカップル、年配客など幅広い層が利用。郊外からの利用客やリピーターも増えているという。同担当者は「昔から縁起の良い鳥として親しまれてきたかわいいフクロウと触れ合っていただき、癒やしと幸福の楽しい時間をお過ごしいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時〜21時(受け付けは20時まで)で、1時間入れ替え制。利用料金は、平日=大人(中学生以上)1,200円、子ども800円、金曜・土曜・日曜・祝日=同1,500円、同1,000円。ワンドリンクが付く。フクロウの体調や健康状況を考慮し、営業時間変更の場合あり。
http://sendai.keizai.biz/headline/2009/

ttps://archive.is/MiVBA

ペンギンもクリスマスをお祝い?八景島シーパラダイス【AFPBB News2015年12月12日】(ケープペンギン)

神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」で、クリスマスの衣装を着て来園者の前を歩くケープペンギン(別名:足黒ペンギン、2015年12月12日撮影)。(c)AFP/TOSHIFUMI KITAMURA
【12月12日 AFP】神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」では、クリスマスの衣装を着たケープペンギン(別名:足黒ペンギン)や、サンタクロースの帽子をかぶるベルーガがパフォーマンスを披露している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3070063

ttps://archive.is/CLq0j

(各駅停話:540)東武スカイツリーライン:8 大袋 探検心そそる野鳥の森【朝日新聞デジタル2015年12月12日】(キャンベルタウン野鳥の森/ガマグチヨタカ)

体をすぼめて、木の枝のようにみせるガマグチヨタカ。その名の通り、口は大きなガマグチのようだ=埼玉県越谷市大吉
 大袋駅から東に2キロ余。釣り人たちを横目に新方川の土手沿いに歩くと、高さ25メートルのサーカステントのようなバードケージが色づいた木々の間に現れる。キャンベルタウン野鳥の森だ。

 入り口に、木の枝に擬態したオーストラリアガマグチヨタカの「ガマちゃん」がいた。近づいても、薄く目を開けてそしらぬ顔。「気づかれてないと思っているんですよ」と飼育員の斎藤千夏さん(27)が教えてくれた。気の強いナナクサインコがけんかしていたり、小さなキンカチョウが集団で水浴びをしていたり。23種類の鳥、それぞれの個性が見ていて楽しい。

 野鳥の森は、越谷市とオーストラリアのキャンベルタウン市の姉妹都市提携10周年を記念して、同市から鳥の寄贈を受けて建設された。しかし近年、オーストラリアからの動物の輸出は難しくなり、施設内での繁殖が主になっている。

 昨年10月に、埼玉県の県鳥で数を減らしているシラコバトの繁殖に成功した。つがいを群れから離し、温度を管理する。これまでの豊富な繁殖経験が生きた。

 「本来の自由に飛んでる姿を見て欲しい。あ、あそこで卵を温めてますよ!」。ここでは誰もが探検隊になれる。(内田快)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12115308.html

ttps://archive.is/MKQfg

(今さら聞けない+)ライチョウの保護 現地と動物園の2本立て【朝日新聞デジタル2015年12月12日】

ライチョウ保護事業の仕組み
 今年、環境省が動物園とともに取り組んだ人工飼育が話題になったライチョウ。「神の使い」とも言われ、国の特別天然記念物に指定されていますが、絶滅が心配されています。

      □     □

 ライチョウは高山帯や北極圏など寒いところにすみ、世界で20以上もの亜種が知られています。国内の亜種は「ニホログイン前の続きンライチョウ」で、世界で最も南に住むライチョウです。北海道に住むエゾライチョウは、名前は似ていますが、全くの別種です。

 本州中部の北アルプスや南アルプスなどの高山帯に、現在2千羽程度がすむとみられますが、その数は1980年代に比べ、1千羽ほど減少したともいわれます。

 ライチョウが直面する脅威は、キツネ、カラスなどの天敵や、地球温暖化に伴う生息適地の減少などです。高山へ分布を広げたニホンジカが生息地を荒らしたり、エサの植物を食べたりすることによる悪影響も心配されています。

 繁殖技術の確立などを目指したライチョウを飼育する試みが、長野県の大町山岳博物館で63年から2004年まで行われました。山から採ってきた卵をニワトリに温めさせたり、飼育下で採卵して人工孵化(ふか)させたりしたそうです。

 今回の人工飼育は、北欧などにすむ亜種で経験を積んだ上で、15年の6月に始まりました。

 乗鞍岳(長野、岐阜県)で卵10個を採取。東京の上野動物園と富山市ファミリーパークに5個ずつ運んで育てました。残念ながら上野動物園ではヒナが全滅しましたが、今も富山市ファミリーパークでは、3羽のオスが育っています。環境省は来年以降も卵を採ってきて、成鳥まで育てて繁殖につなげることを計画しています。

 人工飼育より野生に近い状況での保護事業も11年から始まっています。「ケージ内保護方法」という技術で、北アルプスの乗鞍岳や、南アルプスで行われています。

 ケージの大きさは横1・2〜1・8メートル、縦2・4〜3・6メートル、高さ0・9〜1・2メートル。野外で孵化したばかりのヒナとメスの親鳥をかごの中に誘導し、外敵の侵入を防ぎながら、エサとなる高山植物を与えて育てます。

 天気のよい日はケージの外に連れ出します。天敵が近付いてきたら追い払うなどして守ります。ライチョウは孵化してすぐのヒナが天敵に襲われるなどして死ぬ確率が高く、弱い時期を守ることで増やしてやるという方法です。

      □     □

 数を増やすだけでは、保護として十分ではありません。野生に戻したときに、天敵が多すぎたり、縄張りをつくる場所が足りなかったりすると、ライチョウが安心して暮らせないからです。

 昨年噴火した御嶽山や、小さな集団で生き残っている地域などもあり、特に絶滅の恐れが大きい地域の洗い出しなども重要です。一方で、保護すべき地域が分かっても、ある地域で同じ血統のライチョウばかりを増やすと、病気がはやったときなどに一気に全滅する危険性が高まります。

 さらに、どうすればライチョウを保護できるのかが分かっても、考えるべきことは残っています。

 ケージ内保護方法では、一つのかごに最低2人という人手を確保する必要があります。人工飼育にも人手がかかりますが、現在の2園から、将来は7園に広げる予定です。人材の確保や育成、負担軽減、それを支える国民の理解も重要です。環境省の担当者は「事業の成功には、普及啓発が欠かせない」と話します。

 また、ライチョウに悪影響があるかもしれないとはいえ、日本在来の生物であるキツネやシカを駆除することはどこまで許されるのか、といった問題の検討はこれからです。

 ■記者のひとこと

 保護事業に欠かせないデータの一つが、ライチョウがどこに、何羽いて、何をしていたのか、といった生息の情報です。環境省や地元の長野県、富山県はそれぞれ目撃情報を集めるサイトを開設しています。保護に関心のある方は、生息地の山に登る機会に活用してみてはいかがでしょうか。(小坪遊)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12110692.html

ttps://archive.is/UEVsP
posted by BNJ at 21:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三番瀬探検隊「♪鳥くんと野鳥を探そう」【YOMIURI ONLINE2015年12月12日】

 20日午前9時、船橋駅・ふなばし三番瀬海浜公園集合。鳥類研究家の「♪鳥くん」こと永井真人さんと一緒に公園に隣接する干潟で野鳥を観察。30人。100円。要申し込み。047・435・0828。
http://www.yomiuri.co.jp/citylife/go_out/walk/20151210-OYT8T50091.html

ttps://archive.is/62nNw
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ、徳島・阿波市に飛来 千葉県野田市で放鳥【徳島新聞2015年12月12日】

 阿波市阿波町清原の畑で11日、コウノトリ1羽が目撃された。コウノトリの野生復帰に取り組む千葉県野田市が放した個体で、餌を求めて飛来したとみられる。

 見つけたのはアマチュアカメラマンの板東喜雄さん(66)=上板町七條。餌を探すように畑を歩いているところを写真に収めた。「想像もしなかった場所にいたので驚いた」と話した。

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)によると、野田市が7月に放した3羽のうちの1羽。生後9カ月の雄で、名前は「翔(しょう)」という。体長は約1メートルで、成鳥とほぼ同じ大きさ。

 同市は衛星利用測位システム(GPS)などを利用して追跡調査しており、翔は阿波市に飛来する前、関東や関西を移動していたという。

 若い個体は餌を求めて移動することが多いため、同園は「阿波市で餌が多く取れた記憶が残れば、再び飛来する可能性はある。温かく見守ってほしい」としている。
【写真説明】畑を歩くコウノトリ=11日午後3時ごろ、阿波市阿波町清原(板東さん提供)

http://www.topics.or.jp/localNews/news/2015/12/2015_14498965486488.html

ttps://archive.is/z6qjj
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ放鳥までの歩みを語る 越前市で福井新聞支局記者が講演【福井新聞ONLINE2015年12月12日】

「福井新聞コウノトリ支局」の取り組みなどを語る伊藤直樹記者=10日、福井県越前市福祉健康センター

 福井県越前市白山・坂口地区を拠点にコウノトリ放鳥までの取り組みを追った福井新聞コウノトリ支局の記者による講演会が10日夜、同市福祉健康センターで開かれた。

 NPO法人丹南市民自治研究センターが企画した。福井新聞社は、絶滅したコウノトリを福井に呼び戻す「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクトの一環で、活動の歩みをまとめたノンフィクション「辞令! コウノトリ支局員を命ず」を10月に出版。執筆を担当した伊藤直樹記者が講演し、約150人が聴講した。

 街なか育ちの伊藤記者は里山の古民家を利用した支局で生活。村の行事に参加したり、初挑戦の米作りで苦労した体験を語り、助けてくれた地元の人への感謝を表した。

 県による放鳥方針が示され、農薬散布の是非をめぐり地元が揺れたことも紹介。一部の住民の熱意にほだされる形で農薬を控える動きが広がり、放鳥が実現した経緯を振り返り「事態が動くときには人の心が動く感動体験が伴っていた」と話した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/85473.html

ttps://archive.is/PUAKr
posted by BNJ at 21:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふゆみずたんぼに冬の使者 小山 コハクチョウ飛来【下野新聞2015年12月12日】

 【小山】渡良瀬遊水地に近い下生井の「ふゆみずたんぼ」にハクチョウ4羽が飛来し、11日、田んぼの落ち穂などを探す姿が見られた。

 日本野鳥の会栃木の高松健比古(たかまつたけひこ)代表(67)によると、コハクチョウの成鳥3羽と幼鳥1羽という。近所の人によると、10日午後3時すぎに2羽、11日朝にさらに2羽を確認した。

 「ふゆみずたんぼ」は、冬の田んぼに水を張ることで微生物の活動を活発にし、抑草効果や施肥効果で稲を育てる農法。野鳥の休息地としても期待されている。

 飛来情報を聞いた住民や小学生らはカメラ片手に冬の来客を楽しそうに眺めていた。市によると、市内では2013年12月から14年2月にかけて、同所の「ふゆみずたんぼ」で飛来が確認されている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20151212/2170670

ttps://archive.is/iYDge
posted by BNJ at 21:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉用若鶏の生産農場も拡大へ/十文字CC【デーリー東北2015年12月12日】(岩手県久慈市)

増設後の十文字チキンカンパニー久慈工場のイメージ図

 岩手県北地域を拠点に肉用若鶏の生産、製品販売を行う十文字チキンカンパニー(二戸市)の十文字保雄社長は10日、鶏肉製品を製造する久慈工場(久慈市)の大規模増設を踏まえ、県内の生産農場を拡大する方針を明らかにした。さらなる製品の増産体制を構築するのが狙いで、競争力向上を目指す。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20151211/201512100P109362.html

ttps://archive.is/ouFn3
posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細谷工場の食鳥処理能力2倍に/プライF【デーリー東北2015年12月12日】(青森県三沢市)

拡張工事が進む細谷工場。処理能力は従来の2倍に向上し、国内需要の伸びに対応する=9日、三沢市

 ブロイラーの生産などを手掛けるプライフーズ(八戸市、田中眞光社長)は、食鳥処理の主力工場となっている三沢市細谷工業団地の細谷工場を拡張し、処理能力を従来の2倍に引き上げる。国内需要の伸びに対応する。最新鋭の解体機を導入するなど機械化を進め、処理能力は年間2千万羽に向上。単独工場としては国内最大規模となる。施設は完成間近で、来年1月4日の稼働を予定する。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20151212/201512110P109600.html

ttps://archive.is/pP3s6
タグ:ブロイラー
posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする