2015年12月17日

滋賀に冬の珍客、オオハクチョウ飛来【京都新聞2015年12月17日】(既報1ソース/伊庭内湖/オオハクチョウ)

 冬の訪れを告げる渡り鳥オオハクチョウがこのほど、滋賀県東近江市の伊庭内湖に飛来した。県内への飛来は数年に一度と珍しく、日本野鳥の会滋賀支部によると、伊庭内湖で確認されたのは初めて。

 同支部と「伊庭内湖の自然を守る会」に所属する古坂伸行さん(74)=同市長勝寺町=が、11月30日に飛来を確認。12月6日までに成鳥3羽、幼鳥5羽の計8羽を確認した。

 高島市の新旭水鳥観察センターによると、12日には同市内で9羽のオオハクチョウが確認された。琵琶湖には例年、湖北地域を中心に数百羽のコハクチョウが飛来するが、オオハクチョウは数羽程度で、群れでの飛来は珍しいという。

 古坂さんは「自然を守る会で、ヨシ刈りやごみ拾いなど地道に活動してきた成果では。また来てくれるように頑張りたい」と話している。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20151217000134

Oh!白鳥の湖 東近江【YOMIURI ONLINE2015年12月12日】
伊庭内湖に飛来したオオハクチョウ(東近江市で)=古坂さん提供
 東近江市の伊庭内湖で、オオハクチョウの飛来が初めて確認された。日本野鳥の会滋賀によると、国内では主に北海道・東北に飛来し、琵琶湖では数年に一度、見られる程度という。

 11月30日に、会のメンバーが琵琶湖から約3キロ東の伊庭内湖で初確認。今月6日までに成鳥3羽、幼鳥5羽が見られたという。

 2日に撮影した会のメンバーで同市の古坂伸行さん(74)は「琵琶湖ではこれまでコハクチョウの群れに混ざって数羽が来ることはあったが、今回は家族で飛来したようで驚いている」と話していた。

 市教委歴史文化振興課は「伊庭内湖ではヨシ刈りなど環境整備が継続して行われており、近年ではホンモロコが繁殖するようになっている。良好な環境が飛来につながったのではないか」とみている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20151211-OYTNT50257.html

ttps://archive.is/iUKt3
ttps://archive.is/bc1Qi
東近江で市民ボランティアらヨシ刈りで琵琶湖再生へ【産経ニュース2015年12月6日】

posted by BNJ at 23:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の動物薬メーカー「山東信得科技股份有限公司」への出資 住友商事株式会社【プレスリリース2015年12月17日】(鳥インフルエンザ)

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)は、今般、中国の動物薬メーカーである山東信得科技股份有限公司(本社:山東省、社長:李 朝陽、以下「Sinder社」)の株式を25パーセント取得し、中国における動物薬事業に参画します。
Sinder社は、中国民間動物薬メーカー売上高で上位に位置し、動物用ワクチンを中心に、動物用医薬 品、飼料添加物の製造・輸出入・国内販売を行っています。また、鳥インフルエンザワクチン事業では、中国で唯一の最新技術による製造販売許可を保有してい ます。住友商事は、日本の先進技術とSinder社の製造技術・販売ネットワークを組み合わせ、中国のみならず、アジア・新興国の動物用ワクチン需要に応 えていきます。

世界的な人口増加に加え、アジア・新興国での生活水準向上により、今後、食肉の需要や食の安心安全への関心がますます高まることが予測されます。その中 で、中国の動物薬市場規模は米国に次ぐ世界第2位であり、中でも畜産薬市場(注1)は推定4,400億円と世界最大規模を誇ります(注2)。また中国で は、2015年施行のFood Safety Law(注3)による食肉内残留薬物の規制強化や、政府の環境規制に伴い、畜産業者の大規模化が加速し、従来の抗生物質による「治療」からワクチンによる 「予防」へのシフトが進む見通しです。これにより、中国ワクチン市場は毎年10パーセント程度の安定的な成長が期待されます。更に日本・中国・韓国の3国 間において、人への感染が深刻な鳥インフルエンザ等の共同撲滅に政府レベルでも合意しており、これら各国間の協力が不可欠となっています。

住友商事は、動物の感染症が東アジアで蔓延する状況下、日本と中国のワクチンメーカーが提携することにより、東アジアでの家畜感染症の防疫に貢献します。 また、日本国内畜産市場拡大が期待しにくい市場環境下、Sinder社に日本の製品や技術ライセンスを販売提携することにより日系動物薬メーカーの海外進 出を後押しする形で、日本の動物薬業界の発展に寄与していきます。

住友商事は、1990年代より日系農薬メーカー製殺虫剤の輸出を開始しました。2004年には世界最大のペット市場である米国でのThe Hartz Mountain Corp(ペット用品メーカー、以下「Hartz社」)買収によりペットケア事業に参入し、その後、Hartz社から分離独立する形で立ち上げた Summit VetPharm LLC事業を通じて、ペット用ノミダニ駆除剤を中心に、動物薬の製造販売事業ノウハウを蓄積してきました。今般、世界最大の畜産市場である中国においてワ クチンを中心とした動物薬の製造販売拠点を獲得することで、ペット用・畜産用動物薬のグローバル展開をさらに促進し、将来的には、動物薬ビジネスで売上高 1,000億円規模を目指してまいります。

(注1)畜産とは牛、羊、豚、家禽類を指す
(注2)2014年の市場規模
(注3)中国の食品安全法

【Sinder社 会社概要】
社名 : 山東信得科技股份有限公司(Sinder社)
事業内容 : 動物用ワクチン、動物用医薬品等の製造・輸出入・販売
所在地 : 山東省諸城市
代表者 : 李 朝陽
設立 : 1999年
年商 : 344百万RMB(約69億円/2014年度)
社員数 : 約1,100名(グループ計)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000321.000000726.html

ttps://archive.is/XnHos
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ、JRと衝突増 花咲・釧網線【朝日新聞デジタル2015年12月17日】

列車の前にいるタンチョウ=2012年6月、厚岸水鳥観察館提供
■道東で生息増 減速運転は効果

 道東で生息数が増えている国の天然記念物タンチョウと列車の衝突事故が今年は増加している。2006年以降では最も多い。JR北海道は、営巣地を通る区間で減速運転しているが、この区間外でも事故があり妙案は見つかっていない。

 JR北海道釧路支社によると、16日までに根室線(花咲線)と釧網線で計6件の事故があった。06年以降33件で、最も多かった10年の5件を上回っている。

 6件のうち、花咲線が5件を占め、中でも厚岸―糸魚沢間(厚岸町)が3件だった。同区間には別寒辺牛湿原があり、春先から秋にかけてタンチョウが多く見られる。線路が湿原の中を通るため、JRも同区間で減速運転するなどして、一定の効果はあった。

 別寒辺牛湿原の水鳥などを観察している、厚岸町の厚岸水鳥観察館の渋谷辰生主幹・専門員は「タンチョウが縄張りにしている所に線路があり、列車を敵対しているように見える。特にヒナがいると線路の上で頑張ろうとする親鳥もいる」と話す。例年、ヒナの事故死が多いが、今年は親鳥が多いという。

 渋谷専門員は「生息数の急増が、衝突が増えた原因かは1年では言えない。場所が拡散されていて、来年もこの傾向が続くようなら、過密になっていることを断定しなければならないのではないか」と語る。

 同線ではほかに尾幌―門静(厚岸町)と西和田駅構内(根室市)で発生。また、釧網線は塘路―茅沼間(標茶町)で1件あった。

 毎年冬に道東地域でのタンチョウの概数調査を行っている、NPO法人タンチョウ保護研究グループ(釧路市)によると、昨年度は1550羽を確認し、前年度より約百羽増えている。

 同法人の百瀬邦和理事長は「タンチョウは人に慣れているので、線路や道路にも上がってくる。解決の特効薬はなく、徐行運転などの対策をとるしかない」と話している。

 (佐藤靖)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1512170100006.html

ttps://archive.is/kl06O
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鵜様「吉」の舞【YOMIURI ONLINE2015年12月17日】

神事の後、海岸で放たれる鵜(16日、羽咋市一ノ宮町で)
 野生の海鵜うみうが飛び立つ姿で新年の吉凶を占う奇祭「鵜祭うまつり」(国重要無形民俗文化財)が16日未明、羽咋市寺家町の気多大社で行われ、住民ら約50人が見守った。

 主役となる「鵜様」は今月11日、七尾市鵜浦町の断崖で捕獲され、3人の「鵜捕部うとりべ」が2泊3日かけて大社に運び込んだ。本殿では祝詞奏上に続いて明かりが消され、午前3時45分頃、ろうそく2本がともる暗闇の中で鵜が放たれた。

 鵜は「新鵜あらう」とも呼ばれ、「身を清め、心を洗う」に通じると伝わる。松尾孝夫宮司(71)は「鵜様は左右を見回し、元気よくパッと上がった。来年は景気も上向き、良い年になる」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20151216-OYTNT50174.html

ttps://archive.is/99bcN
石川 いざ気多大社へ 鵜様出発 七尾【中日新聞2015年12月13日】
鵜様2年ぶりに捕獲 七尾市鵜浦、あす羽咋市へ「道中」【北國新聞2015年12月11日】
鵜様捕獲を1日前倒し 七尾、不在回避へ【北國新聞2015年12月8日】
タグ:ウミウ 鵜飼
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハトが警察の麻薬捜査に加担!【Big Celeb2015年12月17日】

ハトが4万8000ポンド(約879万円)相当の警察による大麻取締役に力を貸したという。英マージーサイド、ニュートン=ル=ウィローズの警察官たちは一軒の建物の屋根にハトが300羽以上も止まっているのに気づき、その建物だけが近くの他の建物のように霜がはっていないことを不審に思ったところ、大麻栽培に使用されている水耕ランプの温かさを求めてその屋根にハトが集まっていることを発見したという。

同地の警察は「今回の押収は大麻栽培を示唆する数多くの可能性の1つを警察官が見極めたことによります。大麻の栽培は近隣の建物に危険を及ぼします」とコメントしている。
http://big-celeb.jp/2015/12/post_4873.html

ttps://archive.is/Fd92Q
posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「なつみずたんぼ」継続へ…小山市【YOMIURI ONLINE2015年12月17日】

◆麦収穫後 渡り鳥飛来

 小山市が今夏、麦を収穫した後のほ場に水を張る「なつみずたんぼ」の取り組みを行ったところ、シギ・チドリ類が18種類飛来したことが分かった。市は多様な生物が生息できる場所として、来年度も事業を継続する方針だ。

 「なつみずたんぼ」は、連作障害や雑草を抑えるため、麦を収穫した後、ほ場に水を張る農法。市は、渡り鳥の餌場になると考え、同市の生井、寒川など4地区の農家53戸に協力を呼びかけ、7〜9月の3か月、132か所計約43ヘクタールに水を張った。

 自然保護団体「NPO法人オリザネット」(斉藤光明代表)などの協力で調査を行った結果、アオアシシギ、イソシギ、コチドリなど18種類のシギ・チドリ類や、ドジョウ、タモロコなどの魚類、トンボのヤゴ、エビ類、貝類など多様な水生生物が確認できた。

 斉藤代表は、シギ・チドリ類は減少が問題になっているとして「なつみずたんぼは、シギ・チドリ類の保全に効果が大きいことが分かった。トキやコウノトリの餌場にもなり得る」と説明する。

 市は、渡良瀬遊水地を核として環境共生型の農業の振興を進め、トキやコウノトリの生息を目指しており、大久保寿夫市長は「将来は渡良瀬遊水地の周辺の水田もラムサール条約の湿地に登録されるよう、なつみずたんぼを継続、拡大したい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20151216-OYTNT50427.html

ttps://archive.is/oBXyS
posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クジャクなど293羽駆除 竹富町【八重山毎日新聞2015年12月17日】(インドクジャク)

小浜島で駆除されたクジャク=11日午後(町自然環境課提供写真)
黒島、小浜で各2回 本年度の銃器駆除終了
 竹富町は11日までに本年度のクジャク銃器駆除事業を終えた。銃器を使用した駆除作業を黒島と小浜で各2回実施し、クジャク171羽、カラス122羽の計293羽を駆除した。

 町自然環境課によると、今年ふ化したと思われる幼個体が減少しており、與那城博主任は「5月に実施した探索犬による繁殖卵駆除(駆除数333個)の効果があらわれ始めていると実感している」としている。

 ただ、繁殖力の高いインドクジャクは駆除の手を緩めると数年で元に戻ることが予想されることから、駆除事業を継続して行う考えだ。

 県猟友会竹富町地区の河合正憲地区長は「クジャクの駆除数は171羽と昨年度(288羽)の6割程度とふるわなかった。個体数の減少にあわせ、警戒心が高くなったと考えられる」と話している。

 駆除は、猟友会が大原駐在、小浜駐在、地域住民の協力を得て実施。5月29〜30日に小浜島でクジャク23羽、6月10〜11日に黒島でクジャク51羽とカラス93羽、11月6〜7日に黒島でクジャク53羽、カラス29羽、12月10〜11日に小浜島でクジャク44羽を駆除した。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/28971/

ttps://archive.is/2H4kj
posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉兆? 高知県宿毛市で白いスズメ【高知新聞2015年12月17日】

 高知県宿毛市和田、松田川近くの草むらで休んでいたスズメの群れの中に、真っ白な個体がいるのを近くの住民らが見つけ、日本野鳥の会の木村宏さん(74)=宿毛市四季の丘=が撮影に成功した。

 付近では、数日前から白い鳥の目撃情報があったといい、この日、約30匹の群れに白いスズメが見つかった。色素のない「アルビノ」とみられ、木村さんは「真っ白は初めて。珍しい」とうなった。

 続日本紀には727年正月に「白雀」が聖武天皇に献じられた記録が残るなど、白いスズメは古くから「吉兆」とされる。見つけた住民の一人、有田稔さん(74)は「そういえば秋に息子がやっと結婚した。(幸運は)これじゃろうか。それとも友人がアユを持ってきてくれた方かねえ。どちらにせよ、ありがたいことよ」と話していた。

 【写真1】高知県宿毛市で発見された白いスズメ(宿毛市和田=木村宏さん撮影)
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=349104&nwIW=1&nwVt=knd

ttps://archive.is/zcOWx
タグ:スズメ
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水族館のペンギンとXマス気分【中国新聞アルファ2015年12月17日】(宮島水族館)

クリスマスツリーを飾った特設会場で、ペンギンと記念撮影をする家族連れ
 クリスマスシーズンに合わせ、廿日市市宮島町の宮島水族館(みやじマリン)が25日まで特別イベントを開いている。ペンギンとの撮影会や、サンタクロース姿のダイバーの餌やりが楽しめる。
(ここまで 89文字/記事全文 334文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=207865&comment_sub_id=0&category_id=112

ttps://archive.is/MVFmh

【探鳥】コゲラ(小啄木鳥) 木の実をパクリ【東京新聞2015年12月17日】

 埼玉県飯能市の関八州見晴台(標高771メートル)で4日朝、マユミのピンク色の実から赤い種子を食べるコゲラ。枝を移動し盛んに採食する。関東平野を一望する絶景ポイントで風景を撮影中、「ギィー」と鳴いて出現した。かわいい鳥だ。
 コゲラは日本産キツツキ12種の中で最も小さい。全長は15センチで、スズメとほぼ同じ大きさ。国内には9亜種が知られ、日本全土に分布。南へ行くほど黒っぽい。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2015121702000196.html

ttps://archive.is/aMoOB
タグ:コゲラ
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小高で「珍客」パチリ 冬鳥シジュウカラガン?【福島民報2015年12月17日】

 かつて絶滅の危機にひんし、県内でほとんど観察記録のないシジュウカラガンとみられる冬鳥が南相馬市小高区で撮影された。
 南相馬市博物館収集展示委員会自然部会委員の歯科医吉田豊さんが13日、小高区の潟や水田を観察した際、ハクチョウの群れに見慣れない灰色の小型の鳥を見つけ、カメラに収めた。
 シジュウカラガンは黒い首の付け根に白い輪がある。写真を見た福島市小鳥の森のレンジャー五十嵐悟さんは「シジュウカラガンか、亜種のヒメシジュウカラガンの可能性がある。家族とはぐれハクチョウの群れと一緒に移動してきたのではないか」とみている。シジュウカラガンとすれば平成23年1月にいわき市で確認されて以来という。
 シジュウカラガンはアリューシャン列島などで繁殖し、越冬のため日本に飛来していたが環境変化などで激減し、昭和初期には集団での飛来が見られなくなった。
http://www.minpo.jp/news/detail/2015121727427

ttps://archive.is/rkvb4
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルに備え 対応の手順確認 県上越地域振興局【新潟日報モア2015年12月17日】

 鳥インフルエンザの発生を想定した机上訓練が16日、上越市本城町5の県上越地域振興局で行われた=写真=。県や市、自衛隊、地元JAなどの職員らが初動の手順を確認した。

 振興局の呼びかけで、関係機関と連携した訓練は3年ぶり。市内の養鶏場で感染した疑いのある鶏が見つかったとの想定で、振興局の職員が各機関に情報を伝え、防疫準備などを行った。

 関係機関の職員26人が集まった連絡会議では、発生現場の状況や消毒ポイントの設置、必要な人員といった情報を共有。振興局の職員が防疫作業従事者やバスの確保などを各機関の職員に要請した。

 県は上越地域での対応マニュアルの見直しを年度内に終える方針。企画振興部の渋谷聡部長は「訓練の成果をマニュアルに反映させたい」と語った。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/security/223910.html

ttps://archive.is/bZi51
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雄ダチョウ、北海道・旭山動物園に仲間入り エミューは愛媛へ譲渡【どうしんウェブ2015年12月17日】

旭山動物園に婿入りしたダチョウ
 【旭川】旭川市旭山動物園にダチョウの雄(8歳)が新しく仲間入りした。旭山でダチョウの雄を飼育するのは2年ぶりで、山口県美祢市の秋吉台自然動物公園サファリランドから購入した。雌(5歳)との同居を始めており、今後の繁殖が期待される。一方、ダチョウに次いで大きな鳥と呼ばれるエミューの雄(29歳)は愛媛県砥部町のとべ動物園に譲渡された。

 ダチョウの雄は体長約2メートル、体重約100キロで、9日に来園。大きさは雌と同じぐらいだが、羽根の色が雄は黒色、雌が茶色と異なる。ダチョウは一般的に攻撃的だが、新しく入った雄は、雌と同じケースから白菜やキャベツなどのえさを食べたり、雌の動きをまねたりするなど穏やかな性格という。2羽とも「きりん舎・かば館」で見られる。

 エミューは1羽のみの飼育で高齢だったため、9日に譲渡された。坂東元園長は「高齢で繁殖は期待できないが、余生を(とべ動物園にいる)仲間と楽しく過ごしてほしい」と願っている。(古谷育世)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0213906.html

ttps://archive.is/5136d

ペンギンの散歩大丈夫? 少雪の旭川、苦慮する施設【どうしんウェブ2015年12月17日】(旭山動物園)

雪不足により、斜面の芝が見えているスタルヒン球場スタンド
 【旭川】今冬の少雪に、旭川市内のスポーツ施設と旭山動物園が苦慮している。花咲スポーツ公園内の雪遊び施設のオープンは、予定の20日に間に合わない可能性が高まっている。旭山では人気行事「ペンギンの散歩」のコースづくりが16日に始まったが、雪不足で作業は難航。ただ、17日以降は西高東低の冬型の気圧配置となり、断続的に雪が降りやすい状態が続く見通しで、関係者は「まとまった雪が降って」と願っている。

 「スキーではなく、野球ができてもおかしくない状態」。公園内のスポーツ施設を管理する市公園緑地協会は頭を抱える。

 旭川地方気象台によると、16日現在、市内の積雪は8センチで、平年の33センチを大きく下回る。

 公園内の「スタルヒン球場ちびっこスキー場」は球場外野スタンドの傾斜を利用して冬季に開設。昨年は20日にオープンし、過去最高の約1万8千人が訪れ、家族連れがスキーやチューブ滑りなどを楽しんだ。

 スキー場の設営は毎年、協会職員約30人が約1週間かけて手作業で球場に降り積もった雪をスタンドに運ぶ。球場の芝を傷めないよう、斜面には積雪が1メートルほどが必要だが、16日現在約15センチしかなく、芝が見えている場所もある。

 このほか、いずれも協会が管理する花咲スポーツ公園内の屋外スケート場や雪上パークゴルフ場、歩くスキーコースなども、現状では予定の20日から下旬にかけての開業は難しい。

 一方、旭山動物園の「ペンギンの散歩」は昨季は20日から始まり、今季も12月下旬の開始を予定。コースは往復で約500メートルあり、来年3月の終了まで維持できるよう圧雪などの整備が必要だが、雪不足で作業は厳しい状況だ。動物園は「できるだけ早く始められるよう、たくさんの雪が降ってほしい」という。

 各施設の問い合わせは市公園緑地協会(電)0166・52・1934、旭山動物園(電)0166・36・1104へ。(工藤俊悟、古谷育世)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0213904.html

ttps://archive.is/CwOIr