2015年12月28日

福井)初詣に向け猛特訓 越前松島水族館のペンギンたち【朝日新聞デジタル2015年12月28日】(フンボルトペンギン/オウサマペンギン/既報2ソース)

参拝の練習を終えて帰路につくオウサマペンギンたち=坂井市三国町崎

 坂井市三国町崎の越前松島水族館で、ペンギンたちが恒例の初詣に向けて特訓を重ねている。

 フンボルトペンギンとオウサマペンギンの2種類が、観客が見守る中、「王様人鳥明神」の小さな鳥居をくぐり抜けてお参り。見慣れないものを怖がる習性があるため、まだ神社の階段を上るまでには至っていないが、正月までには上れるようになるのが目標だ。

 オウサマペンギンは午前11時20分と午後3時10分の2回、フンボルトペンギンは午後1時20分の1回、練習している。初詣の「本番」は1月1〜11日の同じ時間帯。(影山遼)
http://www.asahi.com/articles/ASHDX44VLHDXPGJB006.html

ペンギンも初詣、正月に向け特訓中 福井県の越前松島水族館【福井新聞ONLINE2015年12月27日】
初詣の練習に励むオウサマペンギン=26日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市三国町の越前松島水族館で26日、オウサマペンギンとフンボルトペンギンの「初詣」の練習が始まった。ペンギンたちは、愛嬌を振りまきながら歩き、正月に向けて特訓に励んでいた。

 午前中はオウサマペンギン6羽が練習した。ぺんぎん館から、芝生広場に特設した人鳥神社までの“参道”約30メートルを行進。見慣れないものがあると怖がってしまうペンギンたちだが、広場入り口に設けられた高さ約120センチの鳥居もすんなりとくぐった。

 数羽は神社の階段を登ったり、鈴をくちばしでつついたりして“参拝”した。来場者は愛らしい姿を写真に撮るなどしていた。

 練習は連日行い、初詣は1〜11日。練習や初詣は各日、オウサマペンギンは午前11時20分からと午後3時10分から、フンボルトペンギンは午後1時20分から行われる。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/86377.html

福井 ペンギンが“初詣”練習 三国の越前松島水族館【中日新聞2015年12月27日】
鳥居をくぐり、“初詣”に向けての練習をするオウサマペンギン=坂井市の越前松島水族館で
写真
 坂井市三国町の越前松島水族館で二十六日、飼育されているオウサマペンギンとフンボルトペンギンの「初詣」の練習が始まった。鳥居をくぐり、神社に参拝する愛らしい姿が来館者の注目を集めた。

 オウサマペンギンの練習では、約三十人の来館者が見守る中、六匹がペンギン館から約三十メートルの道を歩き、高さ約一・四メートルの鳥居をくぐった。

 飼育員によると、ペンギンは警戒心が強く、ふだん見慣れないものには近づかない臆病なところがあるが、この日は無事に鳥居を通過した。

 境内に見立てた広場の中には、小さめの社殿と階段が設置された。ペンギンたちは首をかしげながら階段を上がり、鈴をつつくしぐさを見せるなどして来館者を喜ばせた。

 年末の練習、年明けの本番ともに一月十一日まで続き、オウサマペンギンは午前十一時二十分、午後三時十分からの二回、フンボルトペンギンは午後一時二十分からの一回登場する。

 (本田優子)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20151227/CK2015122702000005.html

ttps://archive.is/KbnNp
ttps://archive.is/tEQIh
ttps://archive.is/UkP8k

我孫子市観光ガイドブックABI ROADを市内ビジネスホテル客室へ配置して情報発信を開始!=千葉県我孫子市【時事ドットコム2015年12月28日】(鳥の博物館/既報関連1ソース)

 我孫子市では、2020東京オリンピックパラリンピックを見据え、急増する訪日外国人の市内への誘客を目指して、観光ガイドブック「ABI ROAD」の英語と中国語の2か国語版を10月に初めて制作しました。

 今月からは、市内のビジネスホテル「マークワンアビコ」のご協力で平成26年発行の日本語版と合わせて3か国語(日・英・中)版のガイドブックを110の全客室に設置しました。

 市の観光推進計画推進委員会のメンバーにもなっているビジネスホテル「マークワンアビコ」より、中国人観光客など外国人利用者が増加している、という情報提供を頂き設置を依頼したものです。

 ガイドブック「ABI ROAD」の客室設置をきっかけに、手賀沼周辺の日本唯一の鳥の博物館や白樺文学館など個性的な博物館施設等への訪日外国人客の訪問に繋がることを期待しています。

 「ABI ROAD」外国語版は、市内では、駅南口の我孫子インフォメーションセンター「アビシルベ」。市外では、木更津市の三井アウトレットパーク木更津内の千葉県観光情報館「チーバくんプラザ」など外国人利用者の多い施設に配置していました。

 日・英・中の3か国語は、PDF版を市ホームページからもご覧頂けます。
http://www.city.abiko.chiba.jp/event/machinodekigoto/abicom/abiroadenglish.html(2015/12/28 14:50:08)
http://www.jiji.com/jc/jmp?g=info&k=20151228Pr003

ttps://archive.is/1CUOA
「英」「中」で我孫子PR…市がガイドブック【YOMIURI ONLINE2015年9月30日】
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【写真】洛東江に飛来したハクチョウたち=韓国【中央日報2015年12月28日】

27日、渡り鳥の飛来地である洛東江の河口でオオハクチョウ数羽がたわむれている。 渡り鳥の飛来地である洛東江(ナクトンガン)の河口が27日、オオハクチョウ2000羽余りの遊び場に変わった。釜山(プサン)洛東江エコセンターの職員がエサが少なくなった渡り鳥のためにサツマイモや種もみなどをまいたところこのように集まった。

冬の渡り鳥であるオオハクチョウ(天然記念物201号)は10月下旬に洛東江河口一帯に飛来して1月末までとどまる。
http://japanese.joins.com/article/106/210106.html

ttps://archive.is/bCj3x
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆるキャラRグランプリ1位!バリィさん×「ことりカフェ」限定スイーツ登場♪愛媛県いまばり生まれのトリ「バリィさん」とトリつながりでコラボ!バリィさんカレーやクッキーも♪【プレスリリース2015年12月28日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、焼き鳥、造船、タオルのまち、愛媛県今治市で生まれ、2012年「ゆるキャラRグランプリ」で1位を獲得した人気キャラクター「バリィさん」(運営管理:第一印刷株式会社/愛媛県今治市)とのトリつながりコラボ企画を2016年1月2日(土)より開始いたします。今回、バリィさんをモチーフにしたケーキやカレーを「ことりカフェ表参道/吉祥寺」で特別メニューとしてご提供する他、通販サイト「ことりマルシェ」(http://store.shopping.yahoo.co.jp/kotorimarche/)にて、バリィさんクッキーの先行予約受付も年内より開始いたします(共になくなり次第終了。予約不可)。今後、「ことりカフェ」オリジナルキャラクター、オカメインコの「ことりん」ちゃんとのオトモダチ企画として、いろいろな鳥や動物キャラクターとのコラボレーションを積極的に展開してまいります。

                                ※撮影:オザ兵長
■いまばりバリィさんプロフィール
焼き鳥のまち今治(いまばり)生まれ今治育ちのトリ。頭に来島海峡大橋をイメージ したクラウンをかぶりタオル生地のハラマキをし、手には特注の船の形の財布を持っている。
趣味は食べ歩きと 、ハラマキコレクション/身長 150cm/体重 150kg・胴回 150cm/誕生日8月3日 性別不明 ・年齢不明/好き:焼き鳥、お酒、甘いもの、ハラマキ、貯金、犬/趣味:食べ歩き、ハラマキコレクション/特技:早起き、寝付きの良さ、毛繕い
※公式サイト:http://www.barysan.net/ 

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン(※2016年1月「ことりカフェ心斎橋」オープン予定)。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区 井上グランシェフ)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000010272.html

ttps://archive.is/rRHmE
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口)ペンギンなでなで、温かい 岩国のミクロ生物館【朝日新聞デジタル2015年12月28日】(フンボルトペンギン)

ペンギンに触る子ども=岩国市由宇町
 子どもたちがペンギンに触ることができる冬休みの特別イベント「ペンギンふれあい講座」が27日、岩国市由宇町のミクロ生物館で開かれた。保護者も含め約500人が集まり、羽毛の手触りを体験した。

 登場したのは広島県廿日市市の宮島水族館のフンボルトペンギン2羽で、ともに10歳のシュウとサヤカのつがい。同水族館の飼育員3人が連れてきた。2羽を触った子どもたちは「温かい」などとほおを緩め、保護者がしきりに写真やビデオを撮影していた。

 学習講座「海の生き物のエサのひみつ」もあり、飼育員の三浦和伸さん(53)が水族館で飼育している450種類の生物のエサの集め方などについて話した。(徳山徹)
http://www.asahi.com/articles/ASHDW4WB4HDWTZNB007.html

ttps://archive.is/ZqQIQ

冬の恒例「ペンギンパレード」開催!【YOMIURI ONLINE2015年12月28日】(動画/海遊館/オウサマペンギン/既報1ソース)

冬の人気イベント「ペンギンパレード」が26日、大阪市港区の水族館「海遊館」前広場で始まり、本番を前にリハーサルが行われた。オウサマペンギン5羽が体を揺らしながらヨチヨチと来館者らの前を歩くと、「かわいい」と歓声が上がった。1月3日までの毎日と、同9日〜11日の計12日間、午後1時45分と、午後3時45分から約10分間行われる=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2015年12月28日公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2957769

海遊館 冬の「ペンギンパレード」始まる【YOMIURI ONLINE2015年12月26日】
「海遊館」前広場で、オウサマペンギンが行進する「ペンギンパレード」が始まった(26日、大阪市港区で)=浜井孝幸撮影
 大阪市港区の水族館「海遊館」前広場で26日、オウサマペンギンが特設コース(90メートル)を行進する恒例の「ペンギンパレード」が始まった。

 オウサマペンギンは南極大陸周辺に生息する大型種。体長約90センチのペンギン5羽が羽をパタパタさせながら姿を現すと、子どもたちから大きな歓声が上がった。

 家族で遊びにきていた名古屋市南区の小学2年道川瑛斗君(8)は「おなかを突き出してペタペタ歩く姿がかわいかった」と笑顔だった。

 パレードは来年1月3日までと1月9〜11日、午後1時45分からと午後3時45分から行われる。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20151226-OYO1T50013.html

ttps://archive.is/NXzBd
ttps://archive.is/EOCsn

イタリアから「コウノトリ育むお米」を視察【神戸新聞NEXT2015年12月28日】

「コウノトリ育むお米」の農地を見学する柴田美香さん(左)=豊岡市祥雲寺
 但馬観光協議会(事務局・県但馬県民局)は27日、兵庫県豊岡市などで生産される「コウノトリ育むお米」を使ったメニューを検討しているイタリア・ミラノの和食店店長を但馬に招いた。県や市職員が、農地や養父市の特産・朝倉サンショウの加工品を販売する店などを案内した。

 店長は柴田美香さん(35)。店では、県や豊岡市などが5月から開催されたミラノ万博で但馬の食をPRしたことをきっかけに、「育むお米」を試験販売する。今回、帰国に合わせて訪れた。

 「育むお米」については、同市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園で、中貝宗治市長から直接、コウノトリの餌となる生き物を増やすために環境に配慮した米作りを進めていることなどの説明を受けた。朝倉サンショウの加工品は、JAたじまの直売所「たじまんま」(豊岡市)で見学した。

 柴田さんは「但馬の食材はどんな料理にも使いやすそうなので、イタリアで普及させたい」と話していた。視察は29日まで続き、豊岡市竹野町のしょうゆ製造会社「花房商店」などを訪れる。

(西尾和高)
http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201512/0008680035.shtml

ttps://archive.is/kskdr
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神奈川】好きな動物に年賀状送ろう 夢見ケ崎動物公園でコンクール【東京新聞2015年12月28日】(フラミンゴの羽)

今年の迎春時に寄せられた動物たちへの年賀状(夢見ケ崎動物公園提供)

 大好きな動物に「明けましておめでとう」−。夢見ケ崎動物公園(川崎市幸区南加瀬)は、動物たちへの年賀状を募集する。毎年恒例の「年賀状コンクール」で、新年の一月一〜八日までに寄せられた作品を園内に展示する。
 公園で飼育されているのは、十一月末で六十二種類三百八十八の動物。この中で好きな動物の写真やイラスト、絵画などをはがきに描いて、送ってもらう。毎年、子どもから大人まで多くの力作が寄せられるという。
 全作品が一月十六〜二十四日、公園事務所入り口に展示される。優秀作品には賞品が贈られる。
 園長賞(一作品)には、園内の病院や調理場が見学できる「バックヤード御案内招待券」、飼育員賞(三作品)は「シマウマ餌やり体験招待券」、来園者賞(十作品)は「動物公園オリジナルグッズ」としてフラミンゴの羽根で作ったしおりがプレゼントされる。
 担当者は「申(さる)年なのでサルはもちろん、お気に入りの動物に年賀状をください。メッセージも書いていただけるとうれしい」と話す。
 募集は、はがき表面に住所や氏名を書き、裏面に作品を描く。宛先は、〒212 0055 川崎市幸区南加瀬1の2の1 川崎市夢見ケ崎動物公園「年賀状コンクール」宛て。問い合わせは同公園事務所=電044(588)4030=へ。 
  (横井武昭)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201512/CK2015122802000151.html

ttps://archive.is/Oy1JV

オオタカ増で「希少種」指定の解除検討 環境省 営巣数飽和の地域も【下野新聞2015年12月28日】

 環境省が「国内希少野生動植物種」指定の解除を検討しているオオタカ。那須塩原市、那須町にまたがる那須野ケ原で調査を続けるNPO法人「オオタカ保護基金」(宇都宮市)も指定解除に一定の理解を示す。一方、オオタカが「希少種」だったことが乱開発に歯止めを掛けた側面があるとして、環境省に継続的に、その必要性を訴える考えだ。

 オオタカは環境省によると、1984年の民間調査で国内で推定300〜489羽に減少していることが判明。93年、種の保存法施行とともに希少種に指定された。その後、研究者の調査などによると、保護策が奏功する形で増加傾向にあるという。

 オオタカ保護基金の遠藤孝一(えんどうこういち)代表は「那須野ケ原でも増えているのは間違いない」と指摘する。

 保護基金が活動を始めた80年代、つがいによる営巣は那須野ケ原で数カ所にとどまっていた。2003年に最多の28カ所を確認し、以降はおおむね20〜25カ所。「ほぼ飽和状態」で横ばいが続いているという。

 環境省のレッドリストでも当初は「絶滅危惧種」だったが、06、12年の評価で2回連続「準絶滅危惧種」となった。県版レッドリストでも、準絶滅危惧種に分類されている。環境省は13年、希少種解除の検討を始めた。

 遠藤代表はオオタカばかりでなく、生態系を守る視点の重要性を指摘する。

 オオタカが生息するような里山環境を保全する法律は未整備のままだ。

 こうした状況から、遠藤代表は「『(生態系全体を維持するため)生態系の上位種がいる自然を守る』との仕組みが必要だ」と警鐘を鳴らしている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20151228/2186402

ttps://archive.is/fxKek
タグ:オオタカ
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする