2016年01月21日

茨城)里山の魅力、英語版パンフで紹介 土浦のNPO【朝日新聞デジタル2016年1月21日】

宍塚の里山を外国人向けに紹介するためにつくられた英語版パンフレット。左端は日本語版
 土浦市で里山の再生と保全に取り組む認定NPO法人「宍塚の自然と歴史の会」は、パンフレット「ようこそ宍塚の里山に」の英語版を5千部つくった。土浦市観光協会が入る「まちかど蔵」や土浦駅の観光案内所などで手に入る。

 活動拠点は、土浦市とつくば市にまたがる里山のうち、宍塚大池を中心にした土浦側の宍塚の約100ヘクタール。稲荷谷津、五斗蒔谷津などの谷津や、池、湿地、小川などがあり、絶滅危惧種のサシバやオオタカをはじめ、カワセミ、オオルリ、ノウサギ、サワガニなど、1千種を優に超える動植物が見られる。国指定史跡の上高津貝塚などの遺跡群や文化財も点在する。

 英語版パンフ「Welcome to Shishitsuka SATOYAMA woodland」は、1989年の会発足後間もないころにつくった日本語版をもとに、昨年暮れに作成した。会によると、宍塚を訪れる海外の研究者や学生などが増えたため、里山を見てもらう際の手助けになればと考えたという。日本語版のイラスト地図や写真はそのまま載せた。

 ログイン前の続きA4判三つ折りのカラー。会の活動では、稲刈り、かかしづくりなどの田んぼ塾や、ブラックバス、ブルーギルなどの宍塚大池での外来種駆除、野生ハスの刈り取り、谷津田でつくった宍塚米の産直オーナー制などが紹介されている。

 宍塚の自然と歴史の会の及川ひろみ理事長(72)は「茨城を訪れた外国人には、宍塚にぜひ足を運んでもらい、パンフを手に里山の魅力を堪能していただければありがたい」と話している。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1M5RKMJ1MUJHB00W.html

ttp://archive.is/ehgrn

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツルの飛来で農作に変化 環境にやさしい農業で収入増目指す/台湾・金山【中央社フォーカス台湾2016年1月21日】

陳聡隆さん提供
(新北 21日 中央社)新北市金山では、2014年末にソデグロヅルが飛来して以来、環境にやさしい農業が進められている。台湾生態工法発展基金会と行政院農業委員会林務局、新北市政府は23日、共同で記者会見を開き、「金山イニシアチブ」として、付加価値のある農業により農家の収入を増加させる計画を発表する。

ソデグロヅルは現在も同地の湿地に停留している。同市はこれまで、職員を派遣するほか、農家7人と契約を結び、湿地付近の3ヘクタール余りで水稲の栽培期間中、農薬や化学肥料の使用をやめるなど、保護に努めてきた。

同計画では地元の小学校と提携し、保証価格で購入した地元産農産物を給食の食材として提供する取り組みも行う。地産地消を促進し、フードマイレージ(食料輸送距離)の短縮をねらう。

同基金会の邱銘源副執行長は、人と環境、土地、農業相互の関係に基づいた考え方こそが台湾環境復興運動を推進する上での理想だとし、金山イニシアチブにより「里山台湾」の実現が近づけばと願いを述べた。

(黄旭昇/編集:名切千絵)
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201601210003.aspx

ttp://archive.is/GcfaH
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミネコ 体寄せ「ミャーオ」 今年初の雪 香住 /兵庫【毎日新聞2016年1月21日】

日本海からの寒風に耐えるように雪の上で体を寄せ合うウミネコ=兵庫県香美町の香住漁港西港で、竹花義憲撮影
 香美町香住区など但馬北部の海辺は19日、今年になって初の雪景色。香美町の香住漁港西港内の桟橋などには、日本海からの冷たい雪が吹雪く中、100羽近いウミネコの群れが「吹雪にも負けず冷たい北風にも負けず」と体を寄せ合い、寒さをしのぐように羽を休めている。

 寒風にも動かなかったウミネコも、底引き網漁船や定置網漁船が帰港し、魚の浜揚げや選別が始まると動きが活発に。こぼれた小魚をもらおうと、猫のような「ミャーオ、ミャーオ」という鳴き声を上げ、岸壁や上屋に次々と急降下し、狙った小魚をくわえて飛び去る。

 ウミネコは日本近海に生息し、海岸近くの島の岩礁、草地などで集団で巣を作り繁殖。青森県の蕪島や島根県の経島は繁殖地として、国の天然記念物に指定されている。

 この日、香住漁港西港周辺には早朝から雪が1日中降り続いた。漁船は全船湾内に停泊。シケが収まるのを待っている。【竹花義憲】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160120/ddl/k28/040/436000c

ttps://archive.is/xtteo
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガン ラムサール登録の「化女沼」中心、27年の観察記録刊行 大崎の市民団体 /宮城【毎日新聞2016年1月21日】

「化女沼におけるガン類の全観察記録」をまとめた池内俊雄さん(右)ら雁の里親友の会のメンバー=大崎市古川の化女沼で
 大崎市の市民グループ「雁(がん)の里親友の会」が、同市古川のラムサール条約登録湿地「化女(けじょ)沼」を中心に1988年から昨春までの観察記録(A4判140ページ)を刊行した。

 化女沼や平筒(びょうどう)沼(登米市)で観察日ごとの確認数・気温・湖面の結氷率や、朝の飛び立ち時間・方向を収録した。

 伊豆沼(栗原市、登米市)をねぐらにしていた亜種ヒシクイは、88年に初めて化女沼で確認され、2003年12月には6861羽と県内最大の越冬地となった。その後は減少し、平筒沼と合わせても昨季は2000羽強だった。

 当初わずかだったマガンは増え続けており、昨季化女沼で最大約1万9000羽が観察された。92年1羽、00年7羽だったシジュウカラガンも昨季、1000羽を超えた。

 送料300円で希望者に頒布する。希望者は住所・氏名を書いて、雁の里親友の会事務局へファクス(0229・52・5698)を送る。【山田研】
http://mainichi.jp/articles/20160121/ddl/k04/040/139000c

ttps://archive.is/N1zBR
posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆるキャラ「クイクイ」見に来てね 31日まで 新潟・北区でイラスト展【新潟日報モア2016年1月21日】(オオヒシクイ)

さまざまな表情のクイクイが見られる展示=19日、新潟市北区

 新潟市北区の福島潟で越冬する野鳥オオヒシクイをモデルにしたキャラクター、「クイクイ」のイラスト展示が31日まで、水の駅「ビュー福島潟」(前新田)で開かれている。クイクイはビューの職員を通じ、「イラストをきっかけにして、潟の面白い所を知ってほしいクイ」と話している。

 クイクイは好奇心旺盛で少しドジなオオヒシクイの男の子。ビューを拠点にし、福島潟のPR活動を行っている。昨年オオヒシクイが区の鳥に制定されたこともあり、積極的に区内外のイベントに登場している。

 展示では2015年度にビューのチラシに掲載した4コマ漫画の下絵や原画、グッズに使われたイラストなど14点を展示。渡り鳥仲間のガンやコハクチョウと一緒に行進したり、ビューの展望台から外を眺めたりしているクイクイの絵を楽しめる。

 無料。月曜休み。問い合わせはビュー福島潟、025(387)1491。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160121230156.html

ttps://archive.is/egl9V
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの里親募集サイト『ペットのおうち』 里親を見つけたペットが累計5万頭(匹)を超える 株式会社 Easy Communications【プレスリリース2016年1月21日】(鳥1399羽)

WEBプロデュース会社の株式会社 Easy Communications(所在地:東京都港区、代表者:内海 友貴)は、2016年1月21日、当社の運営する里親募集サイト『ペットのおうち』で里親を見つけたペットが累計5万頭(匹)を超えたことを発表いたします。

ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/


■里親が決まったペットの内訳
里親が決まったペット全51,203件の内訳は下記のとおりです。
犬   :16,028
猫   :29,105
小動物 :3,688
魚   :390
鳥   :1,399
爬虫類他:593

公開当初は投稿される里親募集情報に対し里親が見つかる確率は5割弱でしたが、昨今では「里親になる」というペットの入手方法やサイトの存在が徐々に広まり、7割程度にまで増加しています。


■『ペットのおうち』について
『ペットのおうち』は犬・猫の殺処分ゼロを目指し、犬・猫を中心としたペットの里親募集サイトとして2011年7月1日より一般公開。会員数は26万人、月間2,000万PVを集めています(2015年12月時点)。
里親募集は会員登録をすれば誰でも行うことができ、個人で飼えなくなってしまったペット、保護したペットなどを掲載できます。保健所で殺処分を控えて里親募集されているペットの情報のコーナーもあり、神戸市役所など自治体が利用する例もあります。ペットは犬・猫だけでなく、爬虫類や小動物も募集可能です。
譲渡には販売・転売目的の譲受を禁止し、犬や猫の引き渡しの際は、誓約書に署名・捺印し、譲渡人・譲受人がそれぞれ1通ずつ保管するなどの厳しい譲渡ルールを設けています。


■運営会社代表コメント
「ペット愛好家にとって生涯飼育は当たり前の事だと思いますが、経済的な理由・健康問題などは誰にでも起こり得る為、「飼えなくなる」という事態をゼロにする事は不可能と言えます。また、安易な飼育による飼育放棄も現実的にはゼロにはならないでしょう。日本全体で2,000万頭近くの犬猫が飼育されている事を考えると、毎年一定のペットに里親を見つける必要があり、ペットにやさしい社会を実現するには、里親の受け皿が十分に存在する社会にする必要があります。殺処分をゼロにし、それを維持する為には、里親文化を拡大・定着させなければならないと考えています。」


■今後について
多数のボランティアによる活動や自治体の啓蒙により、『ペットのおうち』公開当時、年間20万頭を超えた犬・猫の殺処分は10万頭まで減少しています(環境省‐統計資料「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より)。
しかし、「里親になる」というペットの入手方法はまだ一般的とは言えず、ボランティアや行政の負担も非常に大きいのが現状です。
当社は「里親文化を普及させ、日本をペット文化の先進国にして世界に広げたい」という想いのもと、犬・猫の殺処分ゼロを目指していきます。

尚、同サイトの編集長は当社代表が7年前に里親になったジェシー君(アメリカン・コッカー・スパニエル)が担当しています。
[ジェシー君 画像]
https://www.atpress.ne.jp/releases/87827/img_87827_2.jpg


株式会社 Easy Communications
〒106-0047 東京都港区南麻布4-2-48 TTC 3F
http://easy-communications.co.jp
https://www.atpress.ne.jp/news/87827

ttps://archive.is/esjp6
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【関西の議論】コウノトリのペア、年明けに“急接近”…いよいよ産卵の季節、四国初の繁殖へ高まる期待【産経WEST2016年1月21日】

昨年6月に見られた交尾行動
 兵庫県から徳島県鳴門市に飛来してきた国の特別天然記念物コウノトリのペアは今も鳴門市で暮らし続けている。昨年11〜12月には別々に行動することが多かったが、年が明けて仲むつまじく過ごす時間が増えてきた。間もなく産卵の季節を迎え、四国初の繁殖への期待は日増しに高まっている。(井上亨)

産卵は2〜4月

 鳴門市で暮らすペアは、オスが平成23年5月に兵庫県豊岡市で、メスは25年5月に同県朝来市で生まれ、オスは4歳8カ月、メスは2歳8カ月になる。

 昨年5月に豊岡市と隣接する京都府京丹後市以外で初めて巣作りが確認され、その後も頻繁に交尾行動を繰り返すなどし注目されたが、残念ながら産卵には至らなかった。

 野生復帰に取り組む兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)によると、コウノトリは1月末頃から木の枝や落ち葉などを使って直径約2メートルの巣作りを始め、産卵が近づくと、枯れ葉を敷き詰めるなどの行動が見られる。

 産卵は2〜4月がメーンで1〜2日置きに1個ずつ計4〜5個を産むが、初めて産卵するケースでは産卵時期が遅れることもあるという。

 産卵する適齢期は3歳といわれ、メスは昨年、交尾行動が見られたときは2歳になったばかりだったが現在、2歳8カ月になり、コウノトリの郷公園は「満3歳に近づいていて今年は産卵の可能性は十分ある」とみる。

巣から離れ、別行動も

 感電防止のため巣を作った電柱に仮設電線をつなぐバイパス工事を実施したり、夏場の餌場作りをしたりと、県や農協、レンコン生産者らが一体となって保護に努めたかいもあり、ペアは夏場を乗り越え秋を迎えた。しかし10月になると、営巣地周辺で姿を見かけなくなった。

 ペアの行動を見守り続ける近くに住む男性(64)によると、営巣地から約6キロ離れた同県上板町の吉野川の堰(せき)で週3回ほど水浴びをしたり、落ちアユを狙ったりしていたという。また、最初に巣作りをしようとした営巣地から4〜5キロ離れた変電所近くのレンコン畑で頻繁に餌をついばむ姿も目撃された。

 営巣地周辺の約490ヘクタールが、今後10年間、鳥獣の捕獲・狩猟を禁止する「鳴門コウノトリ鳥獣保護区」に指定された11月頃になると、ペアは一緒でなく別々に行動するようにもなった。

 主が寄りつかなくなった巣は台風や風雨にさらされ、原形をとどめないほど小さくなり、見守ってきた住民らは「果たしてここで産卵するのだろうか。繁殖しても別の場所になるのでは」と不安を募らせた。

 しかし、コウノトリは1度ペアになると、毎年同じ場所で営巣することがわかっており、コウノトリの郷公園は「繁殖が近づき、巣作りを始めると早ければ1週間で完成させるので、巣の大きさは心配はない」と話す。

年が明けて仲むつまじく過ごす

 12月中旬からはさらに別行動が目立ったペアだが、年が明けると再び一緒にいる姿が目撃されるようになった。こうした行動について、コウノトリの郷公園は「ペアになってもずっと一緒にいるわけでなく、離ればなれになることはよくある」と説明する。

 また、1月初めにはペアと別のペアの計4羽でいる姿も目撃され、個体識別用の足輪から別のペアは昨年、巣に近づき鳴門のペアから追い払われた2歳9カ月のメスと新たに飛来してきた1歳9カ月のオスと判明した。

 昨年5〜6月は別のコウノトリが巣の近くにくると、くちばしを鳴らす「クラッタリング」で危険を知らせ、追い払うなどの行動が見られたが、近くの住民は「昨年のようにしつこく追い払ったりはしていなかった」と話す。

 地元では「別のオス、メスと一緒に行動することで繁殖に何らかの影響があるのでは」ともささやかれたが、別のペアは10日頃になると姿を見せなくなった。

 間もなく産卵の季節を迎えるが、コウノトリの郷公園は「重要なのは繁殖期が近づいたときに一緒にいるかどうか。巣作りや交尾行動が一つの目安になる」と指摘する。

 最近、2羽で仲むつまじく餌をついばむ光景が見られるようになり、見守ってきた住民らはペアの巣作りを心待ちにしている。
http://www.sankei.com/west/news/160121/wst1601210003-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160121/wst1601210003-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160121/wst1601210003-n3.html

ttps://archive.is/5m5od
ttps://archive.is/6pKoU
ttps://archive.is/8u4qi
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ舞う里 守り継ぐ【YOMIURI ONLINE2016年1月21日】(福井県/既報1ソース)

コウノトリの繁殖、放鳥の記録を収めたDVD(県庁で)
 ◇県が繁殖、交流DVD化

 県は、国の天然記念物「コウノトリ」を昨年10月に放鳥したことを記念し、繁殖の記録や約60年にわたる飛来地域との関わりを収めたDVDを制作した。教育現場に教材として配布し、野生復帰の意義や有機農法の重要性などを学んでもらうのが狙いだ。(井上敬雄)

 タイトルは「コウノトリ羽ばたく福井県の未来〜豊かな自然環境を取り戻すために〜」で、兵庫県からペアを借り受けた2011年からの越前市白山地区での飼育、繁殖の記録を紹介している。巣作りや偽の卵を置いてペアを刺激する飼育員の奮闘ぶりや、県内で50年ぶりのヒナの誕生や大空を羽ばたく幼鳥の姿も収めた。

 1950年代の越前、小浜両市への飛来、70〜71年に越前市に滞在したくちばしの折れたコウノトリの世話を地元の小学生が行ったことを紹介。そのほか、1粒でも多くの収穫を追い求める時代の要請で田んぼに強い農薬が使われた結果、71年に野生の個体が絶滅に追いやられたことにも触れ、無農薬・無化学肥料農法に取り組む動きや生物多様性の大切さを解説している。

 県自然環境課は「コウノトリを身近に感じてもらうとともに、環境教育に役立ててもらえれば」としている。

 映像は約12分で、県内の全小中学校や市町に配布。県里山里海湖うみ研究所(若狭町)や県自然保護センター(大野市)、県のインターネット放送局(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/shizen/kounotori/kounotori.html)でも視聴できる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20160120-OYTNT50084.html

ttps://archive.is/uzcVA
コウノトリ放鳥までを紹介 福井県、DVD作成 ネットでも配信【産経ニュース2016年1月21日】
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 “ライチョウ夫婦”引っ越し いしかわ動物園→長野へ飼育の輪【中日新聞2016年1月21日】(既報関連1ソース)

スバールバルライチョウの飼育方法について説明を受ける飯田市立動物園の飼育員ら=いしかわ動物園で

 絶滅が懸念されている国の特別天然記念物ニホンライチョウの飼育研究のため、いしかわ動物園(能美市)は二十日、同じ高山帯に生息する二羽のスバールバルライチョウを長野県飯田市立動物園に搬出した。二羽は今後、ニホンライチョウの生息地、南アルプスを望む同園で飼育される。(谷大平)

 搬出されたのは、二〇一二年にいしかわ動物園で生まれた雄と雌。輸送中のストレスを減らすため、プラスチック製のかごに入れ、段ボール箱で二重に荷造り。前日に同園で飼育方法の研修を受けた飯田市立動物園の飼育員二人が、車に運び込んだ。

 スバールバルライチョウを受け取った飼育員三才福子さんは「神経質な鳥なので気をつけたい。ライチョウの飼育方法確立に貢献できるよう精いっぱいお世話したい」と話した。

 ノルウェー原産のスバールバルライチョウは、国内では現在、八カ所の施設で飼育されている。いしかわ動物園の美馬秀夫園長は「ライチョウの飼育の輪の広がりに貢献できるのはうれしいこと」と二羽を載せた車を見送った。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160121/CK2016012102000047.html

ttps://archive.is/xyH92
石川)スバールバルライチョウの1ペア、長野の動物園へ【朝日新聞デジタル2016年1月20日】

【探鳥】オジロビタキ(尾白鶲) 紅梅の木で一休み【東京新聞2016年1月21日】

 千葉県松戸市の霊園の林で17日、早咲きの紅梅の枝に止まるオジロビタキ。尾羽を上げ下げする姿が印象的。「フィーフィー」と鳴きながら「カチカチ」と音を出す。今年は暖冬の影響で東京では10日、平年より16日早く梅が開花した。
 冬鳥または旅鳥として渡来する。数は少ない。黒い尾羽の外側が白いのが名の由来。この個体は下くちばしが肉色で地元の観察者は「亜種ニシオジロビタキ」と呼ぶ。二つの名がつく上品な鳥だ。全長12センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016012102000161.html

ttps://archive.is/ott79
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【埼玉】寒〜い県内 各地で今季最低を記録 越辺川では白鳥50羽が飛来【東京新聞2016年1月21日】

越辺川では50羽の白鳥が越冬している=川島町で

 県内は20日、各地でこの冬一番の厳しい冷え込みとなった。最低気温は秩父氷点下9度、鳩山同8.2度、熊谷同5.7度、さいたま同5.4度で、それぞれ平年を4〜4.9度下回る今季最低を記録した。
 川島町を流れる越辺(おっぺ)川の白鳥飛来地では、約50羽の白鳥が早朝から元気に泳ぎ回っていた。午前9時すぎには、北風で運ばれてきた雪が舞い、早朝から三脚を構えていた写真愛好家たちも一斉に引き揚げた。暖冬の影響からか昨年同時期の約120羽より少ないが、同町の男性は「このまま厳しい寒さが続けば増えるでしょう」と話していた。21日は二十四節気の「大寒」。 (中里宏)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201601/CK2016012102000208.html

ttps://archive.is/lEeaq
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする