2016年01月24日

寒がりフンボルトペンギン 繁殖に職員奮闘 稚内の水族館【どうしんウェブ2016年1月24日】(ノシャップ寒流水族館)

フンボルトペンギンに餌を与える飼育員。寒さに弱いため、室内は常に10度前後を保っている=稚内市ノシャップ寒流水族館
 【稚内】厳しい冷え込みが続く稚内で、市ノシャップ寒流水族館の職員が、寒さが苦手な「フンボルトペンギン」の飼育に奮闘している。同館によると、フンボルトペンギンは南米ペルーやチリ沿岸に生息する種のため寒がりで、冬季は屋内に移しエアコンで飼育場を温めている。新年度は、他の水族館から迎える若い個体で繁殖を目指すが、過去にはヒナが寒さで死んだ例もあるため、同館は「安心して子育てできる環境を整えたい」としている。

 14日の稚内の最低気温は氷点下7・7度ながら、屋内のペンギン飼育場は10度と温かい。同館で飼育する5羽は19〜23歳で、高井英徳主査は「人間なら高齢者。岬近くで風が強いこの水族館の寒さは体にこたえるはず。空調で足りない場合は、ファンヒーターも使ってます」と説明する。

 同館によると、フンボルトペンギンは、気候変動などで生息地では個体数が激減し、絶滅の恐れもあるという。一方、日本では全国の水族館が協力して計画繁殖に取り組み、成果を挙げている。

 2年前、市内のスキー場から「イベントで、旭山動物園のような『ペンギンの散歩』をやりたい」と依頼があったが、「雪上を歩くと凍傷になる」と断った。旭山のペンギンの散歩は寒さに強いキングペンギンが歩くが、この種は「雄は1羽700万円、雌は1千万円以上と知り、購入を諦めた」(高井主査)という。

 ノシャップ水族館にはかつて8、9羽いたが、5羽まで減少。いずれも高齢で、交流のある市立室蘭水族館から繁殖適齢期の雌雄のペアを、4月に無償で譲り受け、本格的な繁殖に乗り出すことになった。

 ただ、2004年2月にはヒナが生まれて1週間後、職員が飼育舎の窓を開けたまま帰り、寒さでヒナが死んだことがあった。高井主査は「繁殖には細心の注意が必要。数を増やし、将来『夏の散歩』を実現できれば」と意気込む。

 同水族館は整備休館中で、2月1日から冬季営業を始める。(佐々木馨斗)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0226814.html

ttps://archive.is/HpnEP

生き物 にらみ合い【産経フォト2016年1月24日】(闘鶏)

インドでおんどりを闘わせる「闘鶏」。2羽が至近距離でにらみ合っています。(AP)
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160124/dly1601240003-n1.html

ttps://archive.is/dackI
タグ:闘鶏 インド
posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物 雪原の中で求愛ダンス 釧路湿原のタンチョウ【産経フォト2016年1月24日】

給餌場に飛来し優雅に舞う、国の特別天然記念物のタンチョウ=23日、北海道釧路市
 北海道東部の釧路湿原周辺で、国の特別天然記念物タンチョウの給餌場への飛来がピークを迎え、雪原を優雅に舞う姿が観光客を魅了している。

 寝床となっている川から飛び立つ、国の特別天然記念物のタンチョウ=23日早朝、北海道鶴居村
 釧路市の「阿寒国際ツルセンター」には、好天時には120羽程度が飛来。「カカカカーッ」と鋭い鳴き声が響き渡り、雄と雌が向き合って羽を広げ、首を上下に動かしながら跳ねる求愛ダンスも見られる。

 千歳市から家族5人で訪れた会社員(46)は「雪の中に立つ姿が本当にきれい。いい写真が撮れそうです」とほほ笑んだ。

 タンチョウは春から夏にかけて釧路湿原で過ごし、エサがなくなる10月ごろから給餌場に集まるようになる。釧路市に隣接する鶴居村では、寝床となる川に多くのタンチョウが集まり、夜明けとともに群れで飛び立つ様子も見られる。
http://www.sankei.com/photo/story/news/160124/sty1601240007-n1.html

ttps://archive.is/OSf0p
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫)農業、コウノトリと共に 稲葉哲郎さん講演【朝日新聞デジタル2016年1月24日】

講演する稲葉哲郎さん=豊岡市の県立コウノトリの郷公園

 県立コウノトリの郷公園が主催する公開講座が23日、豊岡市祥雲寺の郷公園セミナー室であった。環境に配慮した「コウノトリ育む農法」を実践する稲葉哲郎さん(73)が「コウノトリと共にくらす郷づくり・村づくり・人づくり」と題して講演した。

 稲葉さんたちは「コウノトリが安心して餌をついばめる田んぼを取り戻そう」と、2002年に祥雲寺の集落でコウノトリの郷営農組合を設立。この取り組みが全国に広がることを願い、あえて組合に集落の名前を付けなかった。

 翌年から、育む農法の先駆けとなる無農薬・無化学肥料栽培による米作りを始めた。最初の夏には、田んぼに雑草がびっしりと生え、来る日も来る日も草取りに追われた。それでも、秋の収穫期に、あちこちで跳びはねるカエルの姿を見て、「環境が変わることを実感した」という。

 ログイン前の続き育む農法では、草が生えにくい環境をつくるため、冬場も田んぼに水を張る。夏場は、害虫を食べてくれるカエルが育つのを待って田んぼの水を抜く。稲葉さんは「育む農法では多様な生き物を育みながら、自然界の微妙なバランスを活用している」と話した。

 講座に参加したのは、動物の生態を研究する大学院生をはじめ、栄養士や主婦ら24人。神戸市北区から参加した小学校教諭芦田沙英さん(30)は、育む農法について学校の授業で取り上げるつもりだという。「コウノトリ以外の生き物との共生も考えた取り組みだということを、子どもたちに伝えたい」と話した。(藤本久格)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1R4JHNJ1RPIHB00L.html

ttp://archive.is/8wlJ9
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釧路湿原周辺でタンチョウの飛来ピーク【スポーツ報知2016年1月24日】

給餌場に飛来し優雅に舞う、国の特別天然記念物のタンチョウ
 北海道東部の釧路湿原周辺で、国の特別天然記念物タンチョウの給餌場への飛来がピークを迎え、雪原を優雅に舞う姿が観光客を魅了している。
 釧路市の「阿寒国際ツルセンター」には、好天時には120羽程度が飛来。「カカカカーッ」と鋭い鳴き声が響き渡り、雄と雌が向き合って羽を広げ、首を上下に動かしながら跳ねる求愛ダンスも見られる。
 千歳市から家族5人で訪れた会社員奥野健一さん(46)は「雪の中に立つ姿が本当にきれい。いい写真が撮れそうです」とほほ笑んだ。
 タンチョウは春から夏にかけて釧路湿原で過ごし、エサがなくなる10月ごろから給餌場に集まるようになる。釧路市に隣接する鶴居村では、寝床となる川に多くのタンチョウが集まり、夜明けとともに群れで飛び立つ様子も見られる。
http://www.hochi.co.jp/topics/20160124-OHT1T50062.html

ttps://archive.is/us3nv
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雪長崎 水族館広場ではペンギン13羽興奮気味【毎日新聞2016年1月24日】(長崎ペンギン水族館/キングペンギン)

雪の中、興奮した様子ではしゃぐペンギンたち=長崎市のペンギン水族館で2016年1月24日午後1時37分、今手麻衣撮影
 大雪となった長崎市の長崎ペンギン水族館では24日、ペンギンたちは大喜びで広場を歩き回った。訪れた家族連れらはカメラを片手に「かわいい」と声を上げた。

 雪中の散歩に出たのは亜南極に生息するキングペンギンなど計13羽。たっぷり積もった雪に、ペンギンたちは羽をばたつかせたり、鳴き声を上げるなどして、興奮気味。

 中には初めての雪に驚いて、仲間と別の方向に逃げ出すペンギンも。飼育員の村越未来さん(29)は「そっちに行っちゃだめ」と連れ戻すなど雪の中でてんてこ舞いだった。【今手麻衣】
http://mainichi.jp/articles/20160125/k00/00m/040/053000c

ttps://archive.is/ZsVdj

おしゃれで女性に人気 コウノトリ米のおにぎり店【神戸新聞NEXT2016年1月24日】

見た目も鮮やかなおにぎりが並ぶ店内=豊岡市加広町
 「コウノトリ育むお米」を使ったおにぎり専門店「58N musubu(ゴー・ハチ・エヌ ムスブ)」が兵庫県豊岡市加広町にオープンした。カフェのような雰囲気の店内には、丁寧にラッピングされた十数種類のおにぎりが並ぶ。見た目もおしゃれで、女性客を中心に人気を呼んでいる。

 店主の沖中知香さん(35)は福井市内の短大に在学中、カフェでアルバイトをした。地元の食材にこだわったメニューや、厳選された食器、おいしそうに盛り付けられた料理などに触れ、飲食関係の仕事に対する興味が膨らんでいった。

 卒業後は豊岡に帰郷し、事務職などに就いたが、昨年秋、県の女性起業家支援事業制度を活用して同店を始めた。「地元の食材といえば、真っ先に『コウノトリ育むお米』を思い付いた。お米といえばおむすび。ひらめきで開店を決めました」と沖中さん。「誰もが食べ慣れているおにぎりで勝負するのは大変だと思ったけど、ここにしかない商品を提供していきたい」と意気込む。

 ガス釜で炊き上げた米を木製のひつに移し、煮卵や焼きサバ、黒豆などの具材ごとに形を変えて一個ずつ手作りする。クリームチーズとめんたいこを合わせるなど、新しい味も追究。色合いにもこだわり、パーティー向けの注文も受けるようになった。

 沖中さんは「お客さんの、『また買いに来たよ』の一言が一番の喜び」と話し、今後は地元の野菜を使った総菜などを販売することも考えている。

 営業時間は午前11時〜午後2時、午後4時〜同6時。定休日は土、日曜日と祝日。同店TEL0796・23・5378

(斎藤雅志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201601/0008748698.shtml

ttps://archive.is/BaYS0
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラス型ドローンで「対話」 人と鳥の摩擦を防ぐ研究【神奈川新聞ニュース2016年1月24日】

 カラス型ドローンなどの共同研究を進める塚原さん(右)と末田さん=葉山町(湘南国際村)の総合研究大学院大学他の写真を見る
 カラスとの付き合い方についての研究を、総合研究大学院大学(葉山町)などの若手研究者2人が共同で進めている。カラス型の小型無人機「ドローン」を活用し、捕獲装置に誘導したり農作物から遠ざけたりすることが可能かどうか検証が続けられている。音声のコミュニケーションを通じて“対話”を図り、身近な鳥と人間の摩擦を防ぐユニークな内容だ。

 共同研究に取り組んでいるのは、総研大助教の塚原直樹さん(36)とシンガポール国立大学研究員の末田航さん(38)。

 塚原さんはカラス研究を約14年間続けており、捕獲対策費用に還元するカラスの食資源化プロジェクトなどを手掛けてきた。その一方で、人間との摩擦が生じないよう「遠ざける」方法の研究も試みた。

 スピーカーから鳴き声を流して追い払う実験を行ったが、賢いカラスに見破られ、高い効果は上がらない。このため、ドローンの「対話装置」としての活用法を探る末田さんに共同研究を持ち掛けた。

 研究は、カラスに外見を似せた「対話型ドローン」と地上で動くはく製ロボットから、声紋分析で判明した「求愛」「えさねだり」「警戒」「威嚇」などの鳴き声を流す内容。5月ぐらいをめどにドローンとはく製ロボットを完成させたいとしている。群れの動きをコントロールするのが最終的な狙いだという。

 塚原さんは「同じ場所に暮らすカラスと共生するには“対話”により無用な摩擦を避けることが大切」と話している。
http://www.kanaloco.jp/article/148007/

ttps://archive.is/NDJCZ
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森)平内で白鳥まつり復活【朝日新聞デジタル2016年1月24日】(既報1ソース)

浅瀬に群がるハクチョウたち=平内町福館

 ハクチョウの渡来地として国の特別天然記念物に指定されている平内町の浅所海岸で23日、8年ぶりの「白鳥まつり」が始まり、家族連れらでにぎわった。

 まつりは、鳥インフルエンザ対策のために観察や餌付けを自粛した影響で途絶えていた。町は地域の活性化に生かそうと、昨年度から「ハクチョウのまち再生事業」を実施し、まつりの復活にこぎ着けた。

 この日は浅瀬でハクチョウ約200羽が羽を休める中、今年度発足した地元のボランティアガイドが地形や写真を示しながら、生態や行動、渡来する理由などを来客に解説していた。

 最終日の24日はガイドのほか、近くの旧浅所小でシンポジウムや鳴きまねコンテストなども実施される。
http://www.asahi.com/articles/ASJ1R54YHJ1RUBNB006.html

8年ぶり「白鳥まつり」にぎわう/平内【Web東奥ニュース2016年1月23日】
浅所海岸付近で来場者を出迎えた100羽以上のハクチョウ
 平内町で23日、同町主催の「白鳥まつり2016」が2日間の日程で開幕した。まつりは2008年まで町観光協会主催で開かれていたが、鳥インフルエンザ流行に伴う野鳥への餌付け自粛を受け、09年から開催を休止していた。再開を求める声が高まり、ハクチョウの飛来環境保護と住民意識向上を目的に、8年ぶりの開催となった。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160123009653.asp

ttps://archive.is/3iZva
ttps://archive.is/wVbN2
posted by BNJ at 12:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もずやん」も応援、万博公園で巣箱作り【産経ニュース2016年1月24日】

 自分だけの巣箱を作って、小鳥が入ったかどうかを観察する「万博公園にマイ巣箱をかけよう」が23日、吹田市の万博記念公園自然文化園で開かれ、15組53人の家族連れが参加した。府の広報担当副知事「もずやん」が応援に駆けつけ、子供たちを喜ばせた。

 まずは自然観察学習館で、巣箱の組み立て作業に取り組んだ。巣箱に入る鳥は、同公園内で生息しているヤマガラやシジュウカラなどを想定して、巣穴の大きさを直径28ミリに設定。参加者らは家族で協力して、くぎを打つなどして、幅11センチ、奥行き10センチ、高さ25センチの巣箱を完成させた。

 このあと、同公園に住むもずやんの案内で近くの森を散策。ボランティアの手伝いを受けながら、アラカシの木などにマイ巣箱を取り付けた。父親と一緒に参加した高槻市の保育園児、鳴瀬紗世ちゃん(5)は「鳥さん、来てね」と祈っていた。初夏の5月ごろ、小鳥が入ったかどうかを確かめる巣箱の観察会が行われる。
http://www.sankei.com/region/news/160124/rgn1601240057-n1.html

ttps://archive.is/UXHpC
posted by BNJ at 12:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ZOOM東北】青森発 全焼の蕪島神社…「八戸の宝」再建へ善意【産経ニュース2016年1月24日】(ウミネコ)

 ウミネコの繁殖地として知られる青森県八戸市の蕪島(かぶしま)にある蕪島神社が全焼した火災から2カ月が過ぎた。全国から支援が寄せられるなど、再建に向けた動きが着実に進む中、関係者による再建実行委員会は、約3年後の平成30年12月までの再建工事完成を目指す方針を示した。総事業費は約5億円を見込む。再建に向けて一歩を踏み出した形となり、市民は一日も早い「八戸のシンボル」の復活を心待ちにしている。(福田徳行)

                   ◇

 蕪島は長さ約300メートル、幅約140メートル、高さ約19メートル、周囲約800メートルのひょうたん型の島。毎年2月下旬から約4万羽のウミネコが飛来し、4月に産卵、5月から子育てが始まり、6月末ごろから巣立ち、その後徐々に飛び立っていく。ウミネコの巣を間近に観察できる場所として大正11(1922)年に国の天然記念物に指定された。

 神社は鎌倉時代の永仁4(1296)年に創建され、福の神として、水産都市・八戸市の漁業の守り神として信仰を集めた。平成23年3月の東日本大震災の津波被害を逃れたことから震災復興のシンボルとしても注目を集め、市民の心のよりどころとなっている。

 25年には周辺一帯の種差海岸が三陸復興国立公園に再編され、蕪島は宮城県まで続く同公園の北の玄関口となった。市によると、23年は約3万人にとどまっていた神社の観光客は最近では6万人を超え、「八戸で有数の観光地」(観光関係者)に成長した。

 その蕪島神社が昨年11月5日未明の火災で全焼した−というニュースに耳を疑った。震災直後の23年4月、ウミネコが津波被害を受けた“故郷”で産卵する姿と市民の復興への思いを取材しようと蕪島を訪れた記憶が頭をよぎり、「まさか、あの蕪島神社が…」と絶句してしまった。

 火災の原因はいまだ判明していないが、支援の輪は全国に広がり、浄財箱の前は早期再建を願う寄進者が後を絶たない。時折、参拝しているという同市多賀台の男性会社員(42)は「蕪島神社は地元の宝。早く再建してほしい」と手を合わせた。以前、青森市に住んでいたという盛岡市の男性会社員(47)も「火事で焼けたと聞いて来ました。何もなくなって寂しい気持ちです」と浄財箱に寄付をした。

 また、朝市などで活発な募金活動が行われているほか、八戸市の歓楽街にある老舗の「洋酒喫茶 プリンス」ではオリジナルカクテル「かぶしま」の料金500円の一部を寄付金に回すなど、市民の間で草の根の支援も着実に広がっている。

 こうした中、再建実行委が明らかにした社殿の再建計画では、ウミネコの繁殖期の3月から8月を避けて工事を行う。29年2月までの第1期計画では設計・図面の作成や申請手続き、第2期計画(29年3月〜30年2月)で新築工事に着手し、第3期計画(30年3〜12月)で本体を仕上げ、外回りを整備する。

 野沢俊雄宮司は「以前の社殿のイメージを踏襲しながら、優しい感じのお社(やしろ)にしていきたい」と再建に向けた構想を語る。

 一方、これまでに県内外から寄せられた寄付金は4700万円余りに上った。実行委では今年を「再建元年」と位置付け、引き続き支援を呼びかけている。野沢宮司は「たくさんの人の協力で多くの寄付金が集まったことに感謝したい。一日も早く再建したい」と意欲を示した。

 約3年後、蕪島神社がどのように生まれ変わるのか。さまざまな困難も予想されるが、市民は「八戸の宝」の復活を一日千秋の思いで見守っている。太平洋を望む蕪島の頂にはやはり神社が良く似合う。

http://www.sankei.com/region/news/160124/rgn1601240015-n1.html

ttps://archive.is/NXNo7
<蕪嶋神社>再建目標2018年12月【河北新報オンラインニュース2016年1月14日】
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市貝町長つづる 沖縄知る本【YOMIURI ONLINE2016年1月24日】(サシバ)

 ◆大田元知事 交流きっかけ

 市貝町の入野正明町長(55)が沖縄の歴史や自然についてつづった本「サシバのさっちゃん親子の琉球ワタイ旅」が出版された。町のキャラクター「サシバのさっちゃん」が語り手になり、太平洋戦争の沖縄戦や現在まで教える内容で、沖縄が抱える問題が分かりやすく伝わってくる。

 入野町長の妻めぐみさん(42)は沖縄県出身で、めぐみさんの祖父が戦艦大和の乗員の一人として命を落としたこと、大田昌秀・元沖縄県知事と知り合い、沖縄戦についての資料を預かったことなどが執筆のきっかけという。

 記者経験があり、武士のあだ討ち事件に題材をとった歴史小説「瑠璃色の絆」などの著書がある入野町長は、公務に支障が出ないよう午前3時起床を続けた。3か月ほどで原稿用紙約380枚を書き上げ、那覇市の新星出版から刊行された。

 本のタイトルの「ワタイ旅」は沖縄の方言で「渡り旅」のこと。同町に多数飛来するタカ科の渡り鳥サシバが南西諸島や東南アジアなどを越冬地にすることから、町に飛来した母鳥の「サシバのさっちゃん」と町で生まれ育った2羽の子鳥「いっちゃん」「かいちゃん」が、秋に南に向かうところから物語は始まる。

 3羽は、宮古島まで南下した後、ヤンバルクイナで有名な沖縄本島北部の国頭村くにがみそんを越冬地に決める。沖縄の貴重な自然環境について、さっちゃんが子鳥たちに語り、本島中央部の米軍普天間飛行場まで飛ぶと、飛行場ができた経緯や移設問題、米軍基地が沖縄に集中する現状を伝える。

 圧巻は、3羽が首里城まで南下、さっちゃんの母「しぃ婆ばぁ」から教わった沖縄戦を話す場面。子鳥の質問に答えながら、さっちゃんが沖縄の人たちの悲劇について語りかける。

 「書き始めたら、自然に物語が展開していった。子どもから大人まで楽しく読んでいただけたら」と入野町長。本を読んだ大田元知事は「サシバの親子がユーモラスなやりとりをしながら問題の奥底まで解き明かそうしている。分析力と筆力に驚いた」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20160123-OYTNT50386.html

ttps://archive.is/yt7vr
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする