2016年02月08日

【千葉】「ガンバの冒険」の挿絵 流山で藪内さんの原画20点展示【東京新聞2016年2月8日】

表情豊かな動物や鳥を描いた作品が並ぶ原画展=流山市で

 児童文学の名作「ガンバの冒険」シリーズで挿絵を手掛けた動物画家藪内正幸さん(一九四〇〜二〇〇〇年)の原画展が、流山市おおたかの森センターで開かれている。十三日まで。
 藪内さんは一九五九年、出版社「福音館書店」に入社し、図鑑や絵本の絵を担当。七一年に独立し、動物画家として活躍。同シリーズや広辞苑の挿絵、「サントリー愛鳥キャンペーン」のイラストなどに携わった。
 原画は同シリーズの「冒険者たち」と「グリックの冒険」の表紙に使われた作品やラッコ、フクロウムササビ、オオタカの親鳥とひな、さまざまなしぐさの犬や猫など二十点を展示。描かれた動物や鳥たちは、精緻でありながら「表情」も豊かで温かみを感じさせる。藪内さんの絵本も一緒に紹介している。
 十三日午後一時半から、藪内正幸美術館(山梨県北杜市)の藪内竜太館長の講演がある。先着五十人。入場、講演とも無料。同センター=電04(7159)7031=へ。 (飯田克志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201602/CK2016020802000168.html

ttp://archive.is/jfh9d

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥写真展 色鮮やかさや美しさ際立つ 山口 /山口【毎日新聞2016年2月8日】

 日本野鳥の会の創立80周年を記念した写真展「未来に残したい鳥風景」が7日、山口市阿知須の県立きらら浜自然観察公園ビジターセンターで始まった。

 写真展は、雪原の中で見つめ合う2羽のタンチョウや水田のあぜにたたずむカルガモ、東京湾で羽を休めるミヤコドリなど、自然や人工物の中でたくましく生きる野鳥を捉えた写真30点が並ぶ。

 来場した山口市の看護師、土井節子さん(59)は「写真で見ると、鳥の羽の色鮮やかさや美しさが際立ちますね」と話していた。

 3月6日まで。月曜休館。入館料200円(18歳以下無料)。問い合わせはビジターセンター(0836・66・2030)。【蓬田正志】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20160208/ddl/k35/040/346000c

ttp://archive.is/eCbhw
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡良瀬遊水地 ワシタカ調査 野鳥の生態は回復へ /栃木【毎日新聞2016年2月8日】

飛んでいるトビを双眼鏡で追う参加者たち=栃木市藤岡町藤岡の渡良瀬遊水地で
 渡良瀬遊水地で越冬するワシ・タカ類の生息実態を調べようと7日、第25回渡良瀬遊水地ワシタカ調査が行われ、日本野鳥の会栃木の会員など35人が参加した。

 調査は毎年2月初旬に行われる。9カ所の調査地点に分かれ、午前10時から午後0時半まで、15分ごとにワシ・タカ類を確認。環境省が絶滅危惧種に指定しているチョウヒや、同遊水地で個体数の少ないミサゴを発見した。

 壬生町から初めて参加した中学2年、小林雪菜さん(14)は「多くの種類をじっくり見ることができて満足しました」と笑顔を見せた。

 2時間半の調査で確認されたのは、チョウヒ6羽、ノスリ8羽、トビ26羽など計9種55羽。同会代表の高松健比古さん(67)は「減少している種はなかった。昨年9月の関東・東北豪雨の後、野鳥が極端に見られなくなったが、生態は回復しつつあるようだ」と胸をなで下ろした。【野田樹】
http://mainichi.jp/articles/20160208/ddl/k09/040/088000c

ttp://archive.is/DSquI
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ 安息の地【YOMIURI ONLINE2016年2月8日】(島根県安来市)

コハクチョウの群れがユーラシア大陸から県内にも飛来し、安来市の能義平野で越冬している。市内の田んぼでは、落ち穂をついばむ姿が見られた。

田んぼで羽を休めるコハクチョウ(安来市で)

 同市観光協会によると、コハクチョウは昨年11月下旬に飛来。猫などの天敵から身を守るため水辺で寝る習性があり、市内の田んぼには朝晩を中心に約500羽が集まる。

 例年は繁殖地に戻り始める3月上旬まで見られるという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20160207-OYTNT50023.html

ttp://archive.is/kNNdS
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり暖冬カモ? 富山、ハクチョウ越冬地異変【北日本新聞ウェブ2016年2月8日】

 オオハクチョウの越冬地として知られる富山市山本の田尻池で、今冬はオオハクチョウよりもカモの姿が目立っている。7日も水面を覆うほどの数のカモが集まる様子が見られ、オオハクチョウを目当てに訪れた人たちを驚かせていた。

 オオハクチョウの世話を続けている池多白鳥愛護会によると、池では今季、例年並みの約230羽のオオハクチョウが飛来している。

 オオハクチョウは近年、夜は田尻池で過ごし、日中は群れの多くが同市八尾町や婦中町の川や田んぼに移動する行動を見せてきた。今季は日中に池にとどまる数が例年より少なくなっており、7日はわずか2羽だった。

 一方、池に飛来するオナガガモやホシハジロなどのカモは増加傾向で、今季は約1200羽と数年前に比べ倍増しているという。

 同愛護会の藤田之夫事務局長は「ハクチョウはカモの群れを嫌っている上に、暖冬少雪で田んぼで餌を探せるため、日中に残る群れが減ったのではないか」と話している。
http://webun.jp/item/7249654

ttp://archive.is/ZDPVE
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹狩りの妙技に感嘆 磐城平城本丸跡で実演【福島民報2016年2月8日】(他1ソース)

 いわき市平の磐城平城本丸跡で7日、戦国時代から江戸時代にかけて大名家が愛好した鷹(たか)狩りが実演された。
 磐城平城史跡公園の会の主催。東日本大震災前は不定期に開催しており、震災後は初披露となった。諏訪流鷹匠(たかじょう)の高木利一さん(福島市)ら4人が立ち木に放った鷹を手元に呼び寄せる「渡り」や鷹匠2人の間を往復させる「振替え」などの妙技を繰り出した。
 本丸跡は現在、市が市有化に向けた検討を進めている。平地区には「鷹匠町」の地名が残るなど城下町としての面影が残る。市暮らしの伝承郷前館長の小野佳秀さんは磐城平城に関する解説書を執筆して来場者に配布した。
http://www.minpo.jp/news/detail/2016020828672

鷹匠が「振り鳩」など妙技披露 いわきでタカ狩り再現【福島民友ニュース2016年2月8日】
妙技を披露する鷹匠=いわき市、磐城平城本丸庭園
 磐城平城史跡公園の会は7日、いわき市の磐城平城本丸庭園でタカ狩りを再現するイベントを繰り広げ、訪れた市民らが妙技に見入った。

 同庭園では5年ぶりの開催となり、鷹匠(たかじょう)の高木利一さん(福島市)が、縄に付けたハトをタカが捕らえる「振り鳩」などを披露した。

 強風が吹き、タカが飛び立たない場面もあったが、鷹匠とタカが一体となって獲物を捕獲した。来場者は、戦国から江戸時代にかけて大名が愛したとされるタカ狩りに歓声を上げていた。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160208-048322.php

ttp://archive.is/cLecG
ttp://archive.is/49R3t
タグ:鷹匠
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオワシ、小川原湖で撮影/三沢・安藤さん【Web東奥2016年2月8日】

樹上から飛び立つオオワシ。白黒のコントラストが鮮やかだ=7日午後0時半ごろ、安藤さん撮影
 国の天然記念物で、環境省レッドデータリスト絶滅危惧II類に指定されているオオワシが、東北町の小川原湖畔で羽を休めているのを7日、日本野鳥の会会員で三沢市の安藤一次さん(62)が撮影した。越冬でやってきたとみられ、安藤さんは「県内で成鳥の姿を目にするのはまれ。貫禄があった」と喜んでいる。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160208010200.asp

ttp://archive.is/IXfKy
タグ:オオワシ
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ことりカフェ表参道」2周年記念!新作スイーツセットメニュー登場♪小鳥と触れあえる「もふもふ無料券」や「ことりカフェ」オリジナルグッズのプレゼントも♪【プレスリリース2016年2月8日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、「ことりカフェ表参道」開店2周年を記念し、2016年2月10日(水) より、新作スイーツセットメニュー『オカメインコプレート&ドリンクペアセット』と『セキセイインコプレート&ドリンクペアセット』の提供を開始いたします。また、2016年2月10日(水)・11日(木・祝)・12日(金)の3日間限定で、「ことりカフェ表参道/吉祥寺」にて飲食ご利用の方全員に、次回より使える小鳥と触れ合える「もふもふ体験無料券」を、さらに期間中毎日先着10組様、カフェ利用1グループ毎に「ことりカフェ」オリジナルグッズをプレゼントいたします。「ことりカフェ」では今後も愛鳥家や小鳥ファンの方々に喜んでいただけるような様々なサービスをご提供してまいります。

                                   ※撮影:オザ兵長

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン(※2016年3月「ことりカフェ心斎橋」オープン予定)。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00
(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000010272.html

ttp://archive.is/QyBTL
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪快に魚釣り ミサゴ飛来 神戸・奥須磨公園【神戸新聞NEXT2016年2月8日】

フナを鋭い爪で捕らえ、水面から飛び立つミサゴ=5日午前、神戸市須磨区多井畑、奥須磨公園(撮影・笠原次郎)
 環境省レッドリストで準絶滅危惧種に指定されている猛禽(もうきん)類のミサゴが、神戸市須磨区の奥須磨公園に連日飛来している。池の魚を狙い、水しぶきを上げて捕獲。豪快な狩りの様子が、釣り人らの注目を集めている。

 タカの仲間で全長約60センチ。環境汚染などにより一時数が減り、兵庫県レッドデータブックでも絶滅の危機にある「Aランク」となっている。飛来したミサゴは、池の上空で狙いを見定め、翼をM字型にすぼめて急降下。水中に潜り、鋭い爪で獲物をわしづかみにして飛び去った。

 兵庫ミサゴ研究会(姫路市)によると、元来、海岸沿いで営巣。環境の変化で近年は内陸部に移ってきたといい、代表世話人の三谷康則さん(67)は「餌の豊富な場所を見つけ、繰り返し訪れているのでは」と話した。(笠原次郎)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008781584.shtml

ttp://archive.is/5Lkcb
タグ:ミサゴ
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする