2016年02月13日

「幽霊船団」で自然が復活、1次大戦の歴史眠る 米マローズ湾【CNN.co.jp2016年2月13日】(ハクトウワシ)

マローズ湾の廃船で記録に残っているのは185隻。今日ではオオアオサギなどの生息地に

(CNN) 米東部メリーランド州を流れるポトマック川沿いのマローズ湾に、「幽霊船団」がある。船の多くは第1次世界大戦で連合軍を助けるために建造されたもので、使われないまま廃船となり、沈められた。
1世紀近くがたった現在、腐った船体やさびついた船首は自然に覆われている。かつて船員や乗客が立っていた場所は今、動植物であふれかえっている状況だ。
チェサピーク保護機構の最高経営責任者(CEO)、ジョエル・ダン氏は「ここは本当に素晴らしい野生生物のメッカになった」と話す。かつての艦船は、ミサゴやサギ、コウモリの巣と化した。
マローズ湾を大切にしているのは地元住民だけではない。この場所は現在、ウィスコンシン州のミシガン湖とともに、米海洋大気局(NOAA)が指定する保護区の候補にあがっている。
オバマ米大統領は昨年10月、候補地を発表。海洋保護区の候補が公式に指定されたのは、2000年以降では初めてだ。もし実現すれば、マローズ湾は現存する14カ所の保護区に加わることになる。

ミサゴやハクトウワシのような希少種の鳥が船上に巣を作って生息している

保護区指定に向けた動きを後押しする海洋考古学者のドン・ショメット氏は、静かな自信をみせる。NOAAの当局者をこの場所に連れてきたときは、目の前に光景に驚いていたという。マローズ湾では約36平方キロの場所に、考古学上の記録に残る廃船が185隻あり、歴史的な船が集まる場所としては西洋でも有数だ。
ショメット氏にはマローズ湾の「幽霊船団」についての著書がある。愛着を持つようになったきっかけは、1950年代に父とキャンプに来たときのことだ。
ショメット氏は「自分はまだ10代になったばかりだった」と当時を振り返る。南北戦争時代からある埠頭でキャンプをし、夜はゴースト・ストーリーを聞かされた。翌朝になると、川は霧に包まれていた。
「川を下るとある船夫に会った。君たち幽霊船団を見に行くのかいと聞かれた。背筋が凍りそうになった」と述懐。10分ほどすると、霧の中から船首が立ち現れてきた。若い頃の忘れられない思い出だ。
シュメット氏は数年後、この場所の調査に着手。南北戦争時代の密航船の存在を突き止めた。1928年に建造され、第2次世界大戦で就役した「アコマック」もここに眠っていた。

マローズ湾は米国の首都ワシントンの南約50キロ、ポトマック川沿いにある

だが、マローズ湾に集まる艦船の大部分は20世紀初めに造られたものだ。「幽霊船団」は第1次世界大戦中、米国が欧州の同盟国を助けるために前例のないの造船プログラムに着手したことに端を発している。
ショメット氏によれば、米国が1917年4月に参戦したとき、英仏伊を出発した船は半数が撃沈されるという状況で、戦況はドイツ有利に傾きつつあった。
ドイツは潜水艦による無差別攻撃の戦術を取り、軍艦だけでなく商船や客船も標的にした。最も有名なのは、1915年5月に魚雷攻撃を受け沈没した英国の客船ルシタニア号で、乗客1200人が死亡し、その1割は米国人だった。
同盟国の間で急速に艦船が必要とされるなか、当時のウッドロー・ウィルソン米大統領はこれに応え、軍用や商用の船を建造するための特別会社を設立した。
それから1年以内に、米国では100万人が造船関連業に従事。米国は一時的に、世界最大の造船国となった。ショメット氏は「われわれはゼロから造船産業を作り出さなければならなくなり、木造の船1000隻を18ヶ月で建造するのが目標だった」と話す。当時は木造の蒸気船1隻を造るのに通常、1年半を要するところだったという。

米国は大戦中、1年半で1000隻の木造船を建造し、ドイツに対抗するため欧州に送る計画だった


米国政府が設立したペンシルベニア州のホッグ島の鉄鋼造船所では、造船台50本がデラウェア川沿い2キロにわたって広がり、最盛期には3万人の労働者が5〜6日に1隻のペースで船を進水させていた。
木造貨物船の建造は全米に発注され、1918年11月の終戦までに400隻近くが完成した。このうち一部は買い手がつき、太平洋岸沿いに貨物を運ぶのに使われたというが、サイズがそれほど大きくなかったことから、大西洋横断旅行のような長い距離では採算が取れないとみなされた。
こうした船の大部分は1922年、海難救助会社に安値で売却された。再利用可能な金属や部品を回収したうえで、船の残りの部分は沈没処分となった。
この会社は1929年、大恐慌の到来とともに破産。この後、造船会社などが引き揚げを試みるも失敗に終わり、船は徐々に自然の手に委ねられていった。植物に覆われほとんど判別不可能になった場所もある。
ショメット氏は森が生い茂るような格好になった船について、「花瓶船」と形容。「船はみな島になった。高さ約10〜12メートルになる木もある。本当に不思議な光景で美しい」と話す。

艦船数十隻はマローズ湾に廃棄された。今日では観光客らがカヤックで探索にくる

チェサピーク湾の広い地域では近年、20世紀半ばに農薬DDTの影響で姿を消していた鳥のミサゴが増えている。こうした猛禽類が生息数を回復するうえで、マローズ湾の独特の環境が一役買った形だ。
保護機構のトップ、ダン氏は「ミサゴはある意味、チェサピーク湾の象徴。自然保護活動に本腰を入れたときに何ができるのかを象徴している」と話す。
地元の河川はロングノーズガーなどの貴重な魚を支えているほか、チェサピーク湾はシマスズキの重要な生息地にもなっている。
ショメット氏は保護活動で、教育面の利点を柱にすえる戦略を取っている。自分の少年時代のように子どもたちにカヤックで来てもらい、船と自然が移りゆく姿を目にしてほしいとの狙いだ。
また、高校教育に船を取り入れてもらうよう働きかけていく案もある。学校で船の見学に訪れ、植物や鳥の生態を観察してほしいとの考えだ。

木造船の多くは巨大な花瓶のようになり、動植物にすみかを提供している

来年の海洋保護区指定の見通しについて、ショメット氏やダン氏は楽観的だ。60団体以上の地元組織や後援者がすでに支持を表明しているほか、11月に現地で行った2度の対話集会でも手応えを得た。
環境影響評価などが終わると、保護区指定に向けた動きがいよいよ前進する。
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822.html
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822-2.html
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822-3.html
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822-4.html
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822-5.html
http://www.cnn.co.jp/travel/35077822-6.html

世界最大の幽霊船団、保存活動進む 米メリーランド州【AFPBB News2016年1月18日】
米東部メリーランド州ナンジェモイ近くにあるマローズ湾で、朽ち果てつつある第1次世界大戦の廃船の残骸(2015年11月17日撮影)。(c)AFP/LOIC HOFSTEDT

【1月18日 AFP】米中部を流れるポトマック川(Potomac River)の中ほどにある静かな入り江を、ドン・ショメット(Don Shomette)さん(72)は年季の入ったカヌーでこぎ進み、泥だらけになりながら岸に上陸した。

 幾度となくたどった道のりだが、朽ち果てつつある第1次世界大戦(World War I)の廃船の山をめぐると、自分がなぜこのマローズ湾(Mallows Bay)に繰り返し戻ってくるのか、その理由に改めて気付かされる。「大規模な破壊戦争に加わった船舶が今、再び自然に帰ろうとしているとはなんとも皮肉な話だ」と、ショメットさんは話す。

 ここに打ち捨てられている木造の蒸気船185隻余りは、米国が第1次世界大戦に参戦した1917年に就役した。しかし、ドイツが降伏するまでに大西洋(Atlantic)を横断した船は1隻もなかった。

 そして米議会の調査でこれらの船は設計に問題があり、多額の保守費用がかかることが分かると生産中止に。部品を使おうと廃船会社が購入し、首都ワシントン(Washington D.C.)から南に車で1時間の位置にある同湾まで運んだ。だが、この会社が1931年に世界大恐慌(Great Depression)の打撃を受けて倒産すると、湾の浅瀬でゆっくりと朽ちるに任せられることになった。現在、一般の目に触れる場所にある歴史的な船舶群としては西半球で最大規模だ。

 メリーランド(Maryland)州出身のショメットさんがマローズ湾を最初に訪れたのは十代の頃。その後、10年をかけて船舶のデータを収集・分析し、それぞれの船について詳細に説明した500ページの記録をまとめた。

 森林に覆われたこの入り江は魚や鳥、シカ、ビーバーなど多くの生物種が生息する。ショメットさんは船のとがった部分に止まるハクトウワシも見たことがあるという。ある非営利団体はマローズ湾の国立海洋保護区指定に向けた取り組みを進めている。(c)AFP/Katharine SCHUBAUER
http://www.afpbb.com/articles/-/3071631

ttp://archive.is/hr9ME
ttp://archive.is/npoMs
ttp://archive.is/GbiYW
ttp://archive.is/Jjh01
ttp://archive.is/mNWDK
ttp://archive.is/BHVRO
ttps://archive.is/CnxUH

posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモ類1万8628羽 - 県内調査オシドリ減【奈良新聞2016年2月13日】

冬枯れの池畔を泳ぐマガモの群れ=奈良市佐紀町の水上池
 県は、冬を県内で過ごす渡り鳥(ガン、カモ、ハクチョウ類)の平成27年度調査結果を発表した。

 日本野鳥の会奈良支部などによる県内全調査地118カ所のうち112カ所で、カモ類ばかり17種が観察されたという。観察総数は1万8628羽で、前年度より644羽減った…

http://www.nara-np.co.jp/20160213105311.html

ttp://archive.is/EKxW7
posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工巣塔のコウノトリ、今年初産卵を確認 兵庫・郷公園【産経ニュース2016年2月13日】

 県立コウノトリの郷公園は12日、豊岡市祥雲寺の同公園前の人工巣塔で営巣中の野外コウノトリのペアから、今年最初となる産卵を確認したと発表した。昨年より5日程度早いという。

 同公園によると、卵は1個。5歳のオスと6歳のメスのペアで、平成25年から昨年まで、同市床境の市立三江小学校内の人工巣塔で営巣していた。

 今回の人工巣塔での営巣例は初めて。同公園は「昨年は豊岡で9組の産卵が確認された。順調に行けば3月中ごろにひなが誕生するだろう」としている。
http://www.sankei.com/region/news/160213/rgn1602130050-n1.html

コウノトリ今年も産卵 人工巣塔で確認、豊岡【神戸新聞NEXT2016年2月12日】
人工巣塔で確認されたコウノトリの卵と親鳥=12日午後、豊岡市祥雲寺(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市祥雲寺)は12日、同公園近くの人工巣塔でコウノトリの産卵が確認された、と発表した。産卵の確認は今シーズン初めてで、今年で11年連続となる。

 親鳥はいずれも豊岡市の野外で生まれた雄5歳と雌6歳のペア。2013年から昨年まで3年連続で繁殖し、これまで4羽のひなを巣立たせている。最も早い産卵の確認は09年の2月2日で、例年よりやや早いという。

 12日朝、卵を抱くような動作が見られたため、同日午後2時ごろに同公園の職員が望遠レンズを付けたカメラで観察し、卵1個を確認した。(斎藤雅志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008799952.shtml

ttp://archive.is/VgPnQ
ttp://archive.is/in7OM
posted by BNJ at 23:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット界もファッションウィーク、米NYでチャリティーイベント【AFPBB News2016年2月13日】

米ニューヨークで開かれたニューヨーク・ペットファッションショーのランウェイに登場した犬と男性(2016年2月11日撮影)。(c)AFP/Jewel Samad

米ニューヨークで開かれたニューヨーク・ペットファッションショーのランウェイに登場した鳥と女性(2016年2月11日撮影)。(c)AFP/Jewel Samad

【2月13日 AFP】米ニューヨーク(New York)で11日、チャリティーイベント、ニューヨーク・ペットファッションショー(New York Pet Fashion Show)が開かれ、色とりどりのファッションに身を包んだ犬や猫、鳥、トカゲが80年代の音楽に合わせてランウェイに登場した。

 ヒット曲が流れる中で風変わりなショーが展開されるニューヨーク・ペットファッションショーは、動物の保護団体への資金を調達するための催し。今年で12年目を迎え、ニューヨーク・ファッションウィーク(New York Fashion Week)の時期に開催される。

 イベントの収益は、ニューヨークエリア150か所の動物保護施設を統括している非営利の動物保護団体「Mayor's Alliance for NYC's Animals」に寄付される
http://www.afpbb.com/articles/-/3076766

ttp://archive.is/Xpb6s
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ 飛来、豊岡盆地で羽休め /兵庫【毎日新聞2016年2月13日】

豊岡市百合地の田んぼで羽を休めるコハクチョウ=松本逸朗さん撮影
 豊岡市の豊岡盆地に今年も冬の使者、コハクチョウが飛来し、羽を休める姿が目撃されている。

 コハクチョウはロシアの北極海沿岸などで繁殖する渡り鳥で、日本の湖沼や河川に飛来する。日報連きのさき支部の松本逸朗支部長(67)が豊岡市百合地の田んぼで、12日午後3時ごろ見つけて撮影した。松本さんは「今日見たのは4羽だけだが、13日以降また増えるのではないか」と話している。

 鳥取県米子市の米子水鳥公園によると、場所によって違いはあるが、山陰や琵琶湖に飛来したコハクチョウは2〜3月ぐらいに北に帰るという。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160213/ddl/k28/040/568000c

ttp://archive.is/vGxFI
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マナヅル鹿島に飛来 新籠海岸近く「北帰行」羽休め【佐賀新聞LiVE2016年2月13日】

田んぼで羽休めをしているマナヅルの群れ=8日、鹿島市(宮崎八州雄さん撮影)
 ラムサール条約に登録されている鹿島市の新籠海岸近くの田んぼに7日から8日にかけ、300羽近いマナヅルが飛来した。鹿児島・出水平野からの「北帰行」の途中で、羽休めに立ち寄ったとみられる。

 日本鳥学会の宮崎八州雄さん(52)=鹿島市=によると、7日夕、白石町有明方面から6、7グループに分かれたマナヅルの群れが飛来し、次々に降り立ったという。宮崎さんは「まとまった群れが鹿島市内に降りたのは初めてでは」と話す。

 写真家の中尾勘悟さん(82)=鹿島市=も8日午前9時過ぎにマナヅルの群れを見つけ、カメラに収めた。「田んぼをつつく様子はなく、天気が良かったので羽休めに来たんだろう」。中尾さんに気付いた群れは、北西に向かって飛び立ったという。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/278666

ttp://archive.is/awAnu
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

港は水鳥の天国に、漁船も消え結氷少なく…【北海民友新聞2016年2月13日】

 雪の降る日が多いが、今冬も紋別港の港内結氷は少なく、暖冬気味…。第1船溜、第2船溜は12日までに「ほぼ結氷」の状態だか、厚い氷は少なく、第1ふ頭(漁協市場集荷所周辺)、第2ふ頭は青海が広がっている。氷が少ないと港は水鳥の天国。小型の「海ガモ類」やウミウを観察できる。観光客、写真ファンにも嬉しい季節となった。
 カモ類が特に多いのはオンネナイ川の河口。多くの群れが見られる日、あまり見られない日もあるが、港内の全面が結氷しない限り、いつでも観察できる。但し、冬場は岸壁の一部しか除雪していないので、長靴装備で岸壁にたどり着くことになる。
 特に多いのはスズガモ、キンクロハジロなどだが、ひと際目立つのはいずれもオスで、派手な佇まいで泳いでいる。ホオジロガモのオスは緑色の頭部、眼下にある白い頬が特徴。シノリガモは多彩な色模様を誇っている。その種類も多く、コムケ湖、サロマ湖などでも観察できる。
 ラムサール条約登録湿地のトーフツ湖、クッチャロ湖では、早春になると北帰行のハクチョウの群れに混じって群舞しているのが観賞でき、バードウオッチングがピークに向かう。
(港内結氷が少なく、海ガモ類のシーズンに入った=写真=)
http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/160213_4.htm

http://archive.is/SXplv
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎市予算案2169億7000万円【YOMIURI ONLINE2016年2月13日】(長崎ペンギン水族館)

 長崎市は12日、新年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・3%増の2169億7000万円。2年連続の増加で、これまでで最大となった。高齢の低所得者向けに消費税引き上げの影響を緩和する臨時福祉給付金などの扶助費が増加したことが主な要因という。19日開会の市議会定例会に提案する。(松田晋吾)

 歳入では、市税は、景気回復による法人の収益や個人の所得の増加に伴い、市民税が増えるなど2・4%増の539億2650万円を見込む。借金にあたる市債の発行額は、ごみ処理施設の新西工場建設事業の借り入れが減少し、臨時財政対策債と借換債を除いた実質額で15億5400万円減の143億6860万円。2016年度末の1人当たりの市債残高は57万円となる見込み。財源不足分は、財政調整基金などの基金から32億1230万円を取り崩す。

 歳出では、人件費は行財政改革の推進などで減少する一方、臨時福祉給付金や民間保育所等施設型給付費の増加で扶助費は4・3%増の844億2940万円と見込んでいる。建設事業費などの投資的経費も14・6%減の226億3290万円。新市庁舎建設や公会堂解体などの予算措置は見送った。

 記者会見した田上富久市長は「公会堂の代替施設の建設場所は年度内に方向性を示したい。今回、補正予算と新年度予算を合わせて一つの予算と考えており、長崎創生のスタートとなる」と語った。

 主な新規事業は次の通り。▽出島復元建造物6棟完成記念事業費(300万円)▽長崎学調査研究費(660万円)▽移住定住希望者向けホームページ開設費(200万円)▽池島炭鉱体験施設運営費(2290万円)▽長崎ペンギン水族館施設整備事業費(1900万円)▽軍艦島資料館移設整備費(550万円)▽長崎さるく10周年記念事業費補助金(190万円)▽被爆建造物等保存整備事業費(3000万円)

     ◇

 市議会議会運営委員会は12日、定例会の日程を3月11日までの22日間と決めた。市は新年度当初予算案のほか、2億5070万円を追加する今年度一般会計補正予算案など65議案を提案。補正予算には、国の地方創生加速化交付金を活用した世界遺産観光客受け入れ費(5700万円)などが盛り込まれている。一般質問は24〜26日、29日。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20160212-OYTNT50119.html

ttp://archive.is/r99Sj

ナベヅル12羽、阿波に飛来【徳島新聞2016年2月13日】

 阿波市吉野町柿原の田んぼに11日、環境省のレッドリストで絶滅危惧U類に指定されているナベヅル12羽が姿を見せた。

 同日午後0時半ごろ、農作業していた近くの女性が上空を飛ぶナベヅルを確認。車に乗り周囲を探したところ、約2キロ離れた田んぼで体長1メートル前後のナベヅルの群れを発見。50メートル離れた場所から撮影した=写真。

 日本野鳥の会県支部によると、9羽が成鳥で頭が褐色の3羽は幼鳥。ロシアと中国の国境付近から、越冬地の鹿児島・出水平野に向かう途中で立ち寄ったとみられる。四国での越冬地を求め、餌場を探している可能性もあるという。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/02/2016_14553247341484.html

ttp://archive.is/MAbec
タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬鳥「アトリ」の大群が飛来 鹿沼【下野新聞SOON2016年2月13日】

 鹿沼市南部の奈佐原町や大和田町で冬鳥「アトリ」の大群が飛来し、田んぼで餌をついばんでいる。12日にも、群れとなった鳥影が竜巻のようにも見え、偶然通りかかった人たちを驚かせた。

 アトリはスズメ目アトリ科に属する渡り鳥で体長16センチ前後。同地区の住民らによると、1月中旬に飛来し数を増したという。この地区は昨年9月の水害で水田が冠水し、大きな被害を受けた。多くは収穫できず、稲穂が餌となっている。近くに黒川、平地林もあり、鳥にとって好環境といえる。県立博物館によると、「アトリの飛来は年によって違うが、ことしは多い」という“アタリ年”。

 観察を続けている同市下奈良部町、会社役員宇賀神喜一(うがじんきいち)さん(66)は「こんな光景は今まで見たこともないし、何万羽いるか分からない。自然観察をするものにとっては貴重な体験」と話している。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160213/2233463

ttp://archive.is/Ubxnp
タグ:アトリ
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする