2016年02月15日

恋するペンギン見て楽しむ すみだ水族館でイベント【朝日新聞デジタル2016年2月15日】(マゼランペンギン/既報1ソース)

ペンギンのカップル

 ペンギンたちの恋の季節を楽しめるイベントが、東京都墨田区のすみだ水族館で開かれている。春の産卵に向けて繁殖期のピークを迎えるマゼランペンギンがカップルで寄り添ったり、互いに羽繕いしたりする姿が見られる。3月14日まで(3月1〜4日は臨時休館)。期間中の土日と最終日は、チェロ奏者らによるライブなど音楽イベントもある。問い合わせは同館(03・5619・1821)。
http://www.asahi.com/articles/ASJ267F6TJ26UTIL01W.html

東京)ペンギンが織りなす恋物語 すみだ水族館【朝日新聞デジタル2016年2月14日】
マロン(右)に甘えるようなしぐさを見せるバナナ=すみだ水族館提供

 きょうはバレンタインデー。チョコレートを介して女性から男性への好意を示す日ですが、ペンギンの世界でも「恋の季節」。東京スカイツリータウンにあるすみだ水族館(墨田区)では、飼育するマゼランペンギン48羽が織りなすラブストーリーを紹介しています。

 マゼランペンギンは主に南アメリカ南部の沿岸に分布。つがいの絆が強く、長く連れ添うことで知られる。同館でペンギンを担当する飼育員11人は毎日5回の情報共有を習慣づける。健康管理のためだけでなく、ペンギンプールを見ている来館者に、日々のホットな話題として提供するためだ。

 つがいでいる場面が目立つオスとメスがいると、「寝てる時も一緒だった」「羽づくろいをしていた」と、親密になる過程を同時進行で把握。「カップル」と認定するたび、来館者にも紹介してきた。

 ログイン前の続きクリスマス、バレンタイン、ホワイトデー。人間社会で恋のイベントが続くこの時期は、春に繁殖するマゼランペンギンも仲むつまじい光景が増える季節だ。

 8組いるカップルの恋模様を楽しんでもらおうと、ほほえましい場面を集めたアルバムを置いている。

 バレンタインにからめて紹介するのが、「マロン」と「バナナ」。メスのバナナの方から積極的なアプローチを見せ、1年越しでカップルになった。「バナナはマロンと一緒にいる時、本当に幸せそう」。アルバムには、そんなメッセージを添えている。「恋をがんばる女の子に贈りたいエピソード」と同館。

 いま、飼育員が見守るのがメスの「ヨモギ」とオスの「グレープ」だ。一度カップルと認定後、疎遠になって解消。今冬再び接近しており、「恋人未満の関係がどうなるか」と飼育員の大城奈都稀(なつき)さん(23)。

 どのペンギンかは、羽につくバンドの色で識別できる。飼育員の那須彩花さん(27)は「1羽1羽の個性を楽しみながら見てもらえるようにしたい」と話す。(井上恵一朗)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2D6X80J2DUTIL05K.html

ttp://archive.is/wnuot
ttp://archive.is/xbRds

NYタイムズ 世界の話題 ガラパゴス諸島「絶滅ゾウガメ」の再生に挑む【朝日新聞デジタル2016年2月15日】(ドードー/リョコウバト)

ガラパゴス島のゾウガメの象徴的存在だったロンサム・ジョージ= Galapagos National Park/dapd。2012年に死んだ

 ドードー鳥(訳注1)は死に絶えた。リョコウバト(訳注2)も絶滅した。しかし、ガラパゴス諸島のゾウガメの象徴的存在だったロンサム・ジョージ(孤独なジョージ)の種は、再生できる可能性がでてきた。

NYタイムズ 世界の話題
 学術研究チームの調査で、ジョージの血統に近いゾウガメが生き残っていることがわかったのだ。生物学者たちは、慎重に飼育してジョージの種を再生させ、進化を遂げてきた島の陸地にもう一度そのゾウガメたちをよみがえらせたいと考えている。

 ガラパゴスゾウガメは島ごとに進化を遂げ、少なくとも八つの亜種が存在したと科学者はみている。そのうちの一つは2015年に見つかったものだ。だが、ジョージの種であるピンタ島のゾウガメなど三つの亜種はすでに死に絶えた。ピンタゾウガメの最後の生き残りだったジョージは1972年に発見され、大事に保護されてきたが、2012年に死んでしまった。年齢は100歳を超えていた。孤独なジョージの死は、過去200年以上にわたって人間が世界各地の生態系をいかに破壊してきたかを改めて思い起こさせた。

 ゾウガメは16世紀には25万頭以上生息していたとみられるが、1970年代には約3千頭にまで激減してしまった。19世紀に、捕鯨船の漁師や海賊その他の船乗りたちが島々のゾウガメを次々と捕まえた。船を安定させるバラスト(底荷)に使ったり、長い航海用の食料にしたりするためだった。ゾウガメは船上で、水やエサがなくても1年以上も生き延びられるから、長期航海の理想的な「お持ち帰り食品」であった。

 ガラパゴスゾウガメの甲羅には二つの型がある。くらの形をしたサドルバック型と半球形のドーム形だ。船乗りたちは、比較的小さいサドルバック型を好んだ。持ち運びやすく、味も良かった。しかも、簡単に見つけることができた。ドーム形の生息地は高地で、重量もゆうに140キロになるが、サドルバック型は低地で進化し、乾燥した植物をエサにしてきた。正面の甲羅がサドルのような形に盛り上がっているが、それは背の高いサボテンを食べるための長い首をおさめるのに都合がいい。

 ガラパゴス諸島のサンタフェ島やフロレアーナ島のサドルバック型は死に絶えてしまった。孤独なジョージもサドルバックだった。その死は、ピンタ島のサドルバック型ゾウガメの絶滅を意味した。

 ところが今、ガラパゴスゾウガメの絶滅物語は不思議なことに希望に満ちた展開を見せ始めたのである。

 100年以上も前のことだが、ガラパゴス諸島イサベラ島のウォルフ火山に近いバンクス湾で、船乗りたちが不要になったサドルバック型ゾウガメを投げ捨てた。その多くが海岸に泳ぎ着き、ウォルフ火山周辺の溶岩地帯に棲(す)むようになってイサベラ島の固有種のドーム形ゾウガメと交配を重ねた。

 2008年、科学者のチームが同火山の斜面に生息していたゾウガメ1600頭あまりに追跡調査用のタグをつけ、血液を採取した。研究室で遺伝子を調べたところ、89頭の遺伝子は、博物館に完璧な形で残されていたフロレアーナ島のゾウガメの遺伝子の一部を受け継いでいることがわかった。しかも、その中には、親がオス・メスともフロレアーナゾウガメの純血種を示す遺伝子を持ったイサベラゾウガメが混じっていることもわかった。フロレアーナゾウガメの種が絶滅していなかったことを示唆している。

 そして17頭の個体が、ピンタゾウガメのDNAを高レベルで受け継いでいることも判明した。ゾウガメは長ければ150年以上生きられる。とすれば、17頭のうちの何頭かは、「孤独なジョージ」の近縁かもしれないのだ。

 科学者たちは最近また現地に戻り、再調査を進めている。ピンタ種とフロレアーナ種のDNAを高レベルで受け継ぐゾウガメを見つけて、遺伝子がそれぞれの原型に最も近いゾウガメを繁殖させるのが目的である。

 「ほんの何世代かのことだから、『失われた』とされてきた祖先の遺伝子の95%を持つゾウガメなら、見つけることができるだろう」。そう科学者たちはみている。

 ウォルフ火山周辺のゾウガメについて、米エール大学の上席研究員で現地調査チームの遺伝子学者アダルジサ・カコーネ氏は「その個体の多さに驚いている」と言い、「それは生態系においても重要な役割がある」と指摘する。

 種の維持と環境保全という点で、「今回の研究は遺伝子情報を本格的に活用する初めてのケースになる」とリンダ・カヨット博士は言っている。保護財団「ガラパゴス・コンサーバンシー」の科学アドバイザーだ。

 飼育下での繁殖がうまくいけば、今後5年から10年で、新たに生まれてくるゾウガメをピンタ島とフロレアーナ島に放すことができる。カヨット博士によると、それは破壊された生態系の復活に役立つ。ゾウガメが陸地をはいまわることで、植物のタネや土壌を健全にする栄養物などを拡散させるからだ。

 現地調査チームは、これまでのところ、すでに100頭を超す大きなゾウガメを見つけた。ジョージと同じサドルバック型だ。それらをネットに入れ、ヘリコプターでつりあげて運ぶ。ガラパゴス諸島のサンタクルス島に設けた繁殖センターには、最も見事なサドルバック型が32頭運び込まれている。メスが21頭で、オスは11頭。米ニューヨーク州立大学のジェームズ・P・ギブス教授(脊椎<せきつい>動物保護学)によると、多くは30歳から40歳とみられるが、何頭かはもっと高齢かもしれない。

 その中のオスの1頭が、孤独なジョージに生き写しだ。米ジョージア大学の博士号を持つ研究員のエリザベス・ハンター氏の観察だが、彼女の話だと、捕獲される時、あの有名な「ジョージ・ポーズ」で立ち上がったと言う。

 そのオスは今、かつてのジョージのように、観光客に雄姿を見せつけている。(抄訳)

(Sandra Blakeslee)

(C)2015 The New York Times

訳注1=アフリカ東海岸沖のインド洋に浮かぶモーリシャス島に生息していたドードー科の鳥。中型の鳥だったが、300年以上前、乱獲と人間が持ち込んだ動物が天敵となり、絶滅した。

訳注2=北米大陸東海岸を生息地にしていたハト科の渡り鳥で、20世紀初頭、乱獲などに遭い絶滅した。(ニューヨーク・タイムズ)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1W54ZJJ1WULPT001.html

ttp://archive.is/9JFdz
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西之島、海鳥の生息を確認 噴火みられず、わずかに噴煙【朝日新聞デジタル2016年2月15日】

【動画】小笠原諸島・西之島のいま=小林誠撮影

現在の西之島の中で、噴火前の西之島の地表が残る場所では、鳥たちが羽を休めていた=10日、太平洋の小笠原諸島、朝日新聞社機から、川村直子撮影

 火山活動が落ち着いてきた小笠原諸島の西之島で、海鳥が生息している様子が10日、朝日新聞社機からの観察で確認された。噴火はしておらず、わずかに噴煙が出ていた。

 新しい溶岩に覆われず、以前からの西之島が残る台地状の場所には、白い海鳥が止まっており、草のような薄緑色の部分も見えた。固まった新しい溶岩の上に植物は確認できなかったが、黒っぽい色の小さな海鳥が飛んでいた。

 島の周辺を旋回した20分ほどでは、噴火は起きず、噴火でできた島の中央にある丘の火口縁からは、わずかな噴煙があがっていた。周辺海域の一部は、薄い褐色に変色していた。

 ログイン前の続き毎月、航空機から観測を続けている海上保安庁によると、2月3日の観測でも噴火は認められず、噴火が確認できたのは昨年11月17日が最後だという。

 国土地理院によると、昨年12月の写真から見積もった面積は約2・71平方キロで、昨年7月よりわずかに小さくなった。火山活動が落ち着き、島が波で削られているためと考えられる。(黒沢大陸)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2B5SBWJ2BULZU00H.html

ttp://archive.is/iY8wb
posted by BNJ at 23:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅危惧鳥を人工繁殖 ライチョウ、トキ…試行錯誤【YOMIURI ONLINE2016年2月15日】(アホウドリ)

乗鞍岳で行われたニホンライチョウの採卵(2015年6月、代表撮影)
 ニホンライチョウ、トキ、アホウドリ――。

 絶滅のふちにある鳥を、人の手で殖やす取り組みが各地で行われている。ただ、繁殖を軌道に乗せるのは容易ではなく、試行錯誤が繰り返されている。

サルが捕食

 「1羽でも残したかった」。上野動物園(東京)の渡部浩文・副園長は悔やむ。繁殖に向け、同園では昨年6月からニホンライチョウ5羽を育てていた。しかし、間もなく体調不良となり、同8〜9月に全て死んだ。細菌感染や栄養障害が原因とみられるが、詳しい死因は現在も調査中だ。

 ニホンライチョウは国の特別天然記念物で、本州中部の高山帯に生息。1985年頃には約3000羽いたが、2000年代には2000羽弱にまで減少した。

 警戒心が薄く、動きも鈍いことに加え、温暖化でキツネやカラスなどが高山帯に入り込むようになったことが減少の原因とみられる。最近ではサルに捕食されていることが分かり、関係者に衝撃が走った。

 絶滅を回避するため、環境省は今年度から、近縁亜種「スバールバルライチョウ」の繁殖実績がある上野動物園と富山市ファミリーパークで繁殖事業をスタートさせていた。

 昨年6月、北アルプスの乗鞍岳(長野、岐阜)で卵を10個採取し、2園に5個ずつ運んだ。孵卵器ふらんきで温められた卵は、上野動物園で5羽、富山で4羽が孵化した。上野動物園の5羽は死んだが、富山では3羽が育っている。ただ、いずれもオスなので繁殖はできない。

 環境省の担当者は、「今年度の経験や課題を踏まえた上で、再び採卵を行い、繁殖にこぎ着けたい」としている。

なぜ鳥類多い?


 高度成長期の自然破壊で、国内では多くの動植物が絶滅の危機に陥った。このため、90年代以降に保護増殖事業が本格化し、93年には種の保存法が施行された。現在、134種が国内希少野生動植物種に指定され、このうち49種が同事業の対象になっている。

 保護増殖をしている動物の中では、鳥類が最も多く15種。北海道のシマフクロウや沖縄のヤンバルクイナなどが対象。昆虫類はベッコウトンボなど9種、哺乳類はツシマヤマネコなど4種を保護増殖している。

 鳥類が最も多いのは、複数の国を行き来するため、他国と2国間で保護を約束する「渡り鳥条約」で、積極的に対策に取り組んできたためだ。

個別にノウハウ

 特別天然記念物のトキは国内では絶滅したが、99年に中国から贈られたつがいの人工繁殖が新潟県佐渡市でスタートした。これまでに計200羽以上が自然界に放鳥されている。

 現在は安定して繁殖しているが、当初は餌として与えていた魚の寄生虫が原因で死んだこともあった。佐渡トキ保護センターの塚原薫所長は「人工飼料の開発を繰り返した。馬肉やゆで卵を配合した特別の飼料を餌にするようにしたら、順調に育つようになった」と振り返る。

 アホウドリは、東京・小笠原諸島で繁殖していたが、羽毛を取るために乱獲され、同諸島では1930年代に姿を消した。2008〜12年に、伊豆諸島・鳥島のひな70羽を、無人島の小笠原諸島・聟島むこじまに移送。14年と先月の2回、ひなが確認された。

 人工繁殖の方法は、種によっても様々で、個別にノウハウを蓄積しなければならない。山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は「鳥の生態は分からないことが多い。保護、増殖には、失敗を繰り返しながら、何年もかけて取り組まなければならないので、数が激減する前に対策を講じる必要がある」と指摘している。

(竹田昌司)

ニホンライチョウ 体長約40センチで、冬は白、夏は黒と茶のまだらに羽色を変える。人目につかない山奥に生息するため、「神の鳥」と称される
ト キ 体長約80センチで、羽は淡いピンク色。昔は全国にいたが、明治以降の乱獲や環境の悪化で日本のトキは2003年に絶滅した
アホウドリ 体長約1メートル。白い羽を持ち、ほとんど羽ばたかずに長距離飛行できる。人間が近づいても逃げることなく捕獲が容易なため、こう名付けられた

http://www.yomiuri.co.jp/eco/feature/CO005563/20160209-OYT8T50031.html

ttp://archive.is/Nbqwa
posted by BNJ at 12:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名蔵の水田 カンムリワシ姿現す【八重山毎日新聞2016年2月15日】

カンムリワシ観察会に参加した家族連れ=14日午前、石垣市名蔵の水田地帯
愛好家らが特徴を観察
 カンムリワシ・リサーチ(佐野清貴代表)は14日午前、石垣市名蔵の水田地帯でカンムリワシ観察会を開いた。野鳥愛好家や家族連れなど約40人が参加、カンムリワシの「フィーフィー」という甲高い鳴き声を聞いたり、木の高い位置に止まっているカンムリワシを観察したりした。

 同リサーチは毎年、旧正月に合わせて「カンムリワシ週間」を設定しており、ことしは2月8〜14日。観察会は同週間に併せて、国の特別天然記念物に指定されているカンムリワシについて理解を深め、保護につなげていく目的。

 観察会では佐野代表がカンムリワシの特徴などについて説明した後、カンムリワシが姿を現し、参加者は双眼鏡や望遠鏡で観察したり、カメラで撮影したりした。

 家族で参加した登野城小6年の福原翔生君は「カンムリワシがとてもかっこよかった。もっといろんなところで探してみたい」と話していた。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/29361/

ttp://archive.is/DNtpV
posted by BNJ at 12:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の体から「ハート」を見つけて 大森山動物園バレンタイン企画【さきがけonTheWeb2016年2月15日】(フラミンゴ/フクロウ)

くちばしを近づける姿がハートのように見えるフラミンゴ
※写真クリックで拡大表示します

トナカイをなでる来園者たち(左)
 動物の体や動きなどからハートの形を見つける「ハートを探せ!」が14日、秋田市浜田の大森山動物園で開かれた。カップルや親子連れが動物をじっくりと観察し、ハートを見つけて喜んだ。

 バレンタインデーの恒例行事。時折雨が降る中、来園者はハートを見つけようと園内を散策した。多くが足を止めたのはフラミンゴの展示場。向き合う2羽がくちばしを近づける姿がハートに見えるとし、人気を集めていた。このほか、フクロウの顔や両耳を広げたゾウの頭部の形をハートに見立てる人もいた。

 展示場を出たトナカイと来園者が触れ合う「おさんぽタイム」では、飼育員が「お尻には白い毛がハート型に広がっているよ」と紹介。来園者は餌を食べる様子を眺め、体をなでて楽しんだ。鳥のエミューの動物解説を聞いた人には、2本の羽毛が1本の軸でつながっているエミューの羽が“愛のお守り”としてプレゼントされた。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20160215a

ttp://archive.is/IgQw3