2016年02月18日

希少な生物の保護で日ロが共同研究へ【NHKニュース2016年2月18日】(シマフクロウ/オオワシ/オジロワシ)

国の天然記念物で絶滅が心配されるシマフクロウの生息の状況などを調べようと、北海道とロシアの博物館が共同で研究に取り組むことになり、1羽でも多くの保護につなげたいとしています。
共同研究を行うのは、北海道博物館とロシアのサハリン州立郷土博物館で、18日にサハリンの中心都市ユジノサハリンスクで、双方の代表者が協定を結びました。2つの博物館は、今後5年間にわたって互いに専門家を派遣し、国の天然記念物で絶滅が心配されるシマフクロウについて、生息の状況などを共同で研究するということです。
シマフクロウは体長がおよそ70センチの日本最大のフクロウで、北海道に生息していますが、およそ140羽しかいないと推定され、巣箱をかけるなど個体数を増やすための活動が行われています。シマフクロウはロシアではサハリンにも生息し、州立郷土博物館では生態を継続的に調査してきたということで、1羽でも多くの保護につなげたいとしています。
2つの博物館では今後、オオワシやオジロワシについても共同研究の対象に加えることを検討していて、北海道博物館の小川正人研究部長は「これほど多岐にわたる共同研究ができる地域はサハリンだけだ。保護につなげていきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413761000.html

ttp://archive.is/N4Mkg

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道内の鳥36点 千歳市民ギャラリーで「嶋田忠写真展」開幕【苫小牧民報2016年2月18日】

鳥が生きる瞬間を捉えた作品が並ぶ
 千歳市民ギャラリー=千代田町=の1階展示ホールで17日、「嶋田忠写真展」が開幕した。市内に住み世界各地の鳥類、動物を追い掛けている写真家の嶋田さんが道内で撮影した鳥の写真36点を21日まで公開。入場無料。

 千歳市民文化センター自主文化事業。市が2006年に寄贈を受けた作品群205点の中から抜粋した。

 ミヤマホオジロ、ゴジュウカラ、キレンジャクが雪の中で生きている。枝でたたずむシロフクロウや首を伸ばすひな鳥に給餌するキビタキ、岩場のオオルリなどの姿。北の森や野原、川で目を凝らして捉えた野生の姿が写っている。獲物を捕食するアカショウビン、飛ぶシマフクロウ―の活写もあり、”嶋田ワールド”が広がる。

 埼玉県出身の嶋田さんは1971年に日本大学農獣医獣医学部を卒業後、73年に動物雑誌「アニマ」創刊へ写真家として参加した。80年に千歳市に移住。写真集近作は千歳川で撮影を重ねた「凍る嘴(くちばし)厳冬のハンター『ヤマセミ』」(平凡社、2014年)。

 期間中は午前10時〜午後6時開場し、最終日のみ午後5時終了。
http://www.tomamin.co.jp/20160235409

ttp://archive.is/oiZQ6

Amazon.co.jp

凍る嘴: 厳冬のハンター[ヤマセミ]

新品価格
¥4,104から
(2016/2/19 11:24時点)




楽天市場

【送料無料】 凍る嘴 厳冬のハンター“ヤマセミ” / 嶋田忠 【単行本】

価格:4,104円
(2016/2/19 11:25時点)
感想(0件)




北海道)カフェから野鳥パチリ 1周年のフォトコン企画【朝日新聞デジタル2015年12月21日】(嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー/既報関連ソースあり)
ヤマセミの生命力活写 ギャラリー1周年 嶋田さん写真展【どうしんウェブ2015年12月3日】
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井)津波乗り越え…県立歴史博物館、修復文化財を展示【朝日新聞デジタル2016年2月18日】

津波で米国沿岸まで流され、返却された岩手県立高田高校の実習用小型ボート「かもめ」=福井市大宮2丁目

 東日本大震災による津波などで被災し、修復された文化財などを紹介する企画展「よみがえる文化財―被災文化財を未来に―」が、福井市大宮2丁目の県立歴史博物館で開かれている。3月21日まで。

 高さ約15メートルの津波が襲来して壊滅的な被害を受けた岩手県の陸前高田市立博物館などから提供された110点以上を展示。種類は幅広く、小学校の教科書、「鉄腕アトム」などの漫画本、美術品、仏像、着物、羽がなくなったウミネコの剝製(はくせい)を復元したものなど。昆虫標本は、津波で浸水したものと修復されたものの2種類を見比べられる。

 津波で米国沿岸まで流され、2013年に返却された岩手県立高田高校の実習用小型ボート「かもめ」(全長約6メートル)なども展示している。

 ログイン前の続き修復は基本的に目立つ汚れをとって除菌、脱塩し、全国の博物館が作業を手伝った。ただ、修復技術はまだ確立されておらず、試行錯誤が繰り返されている。歴博の川波久志学芸員は「こんなものまで修復するのか、と驚くかもしれないが、様々な修復技術を見てほしい」と話している。

 2月24日、29日〜3月4日、同9日は休館。一般100円、高校生以下と70歳以上は無料。2月26日には博物館などの業務に携わる人を対象に、岩手県から講師を招いて修復(安定化処理)技術を学ぶワークショップ(事前申し込みが必要)がある。問い合わせは歴博(0776・22・4675)。(影山遼)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2J5JB7J2JPGJB00W.html

ttp://archive.is/TygmJ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリノミクス 到来? 鳥カフェ開店、渡り鳥で町おこし /広島【毎日新聞2016年2月18日】(ブッポウソウ)


小鳥カフェ「ことり日和」では食事をしながらガラス越しにインコに親しめる=広島県福山市瀬戸町で、菅沼舞撮影
 「酉(とり)年」の来年は「トリノミクス」到来の予感−−? 福山市に先月、中国地方初の小鳥カフェが、広島市には県内初のフクロウカフェがオープンし鳥好きの客でにぎわっている。三次市では渡り鳥を町おこしにつなげる動きもあり、猫が生み出す経済効果「ネコノミクス」に続き、トリによる新たな経済効果「トリノミクス」が飛ぶ鳥を落とす勢いになる予感だ。【菅沼舞】

 福山市瀬戸町に1月15日、小鳥カフェ「ことり日和」が開店した。店内には7種約25羽のインコがおり、客は飲食しながらガラス越しに観賞できるほか、ふれあい体験(大人300円、小学生以下100円)もある。食・癒やしで心身を整えようと隣接する病院の医師が発案。管理栄養士が監修した減塩、低カロリーのヘルシーメニューを提供しており、野菜もなるべく地元産・低農薬にこだわる。「医療の世界では、犬やネコ、イルカの癒やし効果を利用した動物介在療法が注目を集めている。インコのさえずりやかわいい姿、仕草を見て癒やされてほしい」と同店。鳥の癒やし効果と健康食の一石二鳥を期待し、県内外から多くの客が来店しているという。また、中区袋町に1月開店したフクロウカフェ「オウルドベース」では、25羽のフクロウやタカ、ハヤブサが来店客を楽しませている。

 鳥関連の商品も人気。神戸市の小鳥カフェで提供され話題となった「インコ味アイス」は府中市の老舗アイスクリーム店「東屋」が製造している。鳥のえさの雑穀を使ったアイスは当初、セキセイインコ味など3種類だったが、好評を受け現在は6種類に増やした。

 地元経済活性化の一翼を担う例も。「森の宝石」と呼ばれる絶滅危惧種の渡り鳥「ブッポウソウ」が飛来する三次市では、数年前から地域が一丸となって巣箱を設置するなど保護活動に取り組み、日本一の繁殖地として一躍有名に。県内外から愛鳥家やアマチュアカメラマンらが多く訪れ、旅行会社によるツアーも組まれ、観光客が地元で飲食をしたり、土産や特産品を購入するなど、わずかながらも経済効果が見られるという。市は一昨年ブッポウソウを市鳥と決め、今後、観光振興と組み合わせていく予定だ。
http://mainichi.jp/articles/20160218/ddl/k34/040/671000c

ttp://archive.is/Tmeca

インコ銭湯 京の老舗、60羽が中庭飛び回り 遠方の客も【毎日新聞2016年2月18日】

ガラス張りの中庭をインコが飛び回る松葉湯=京都市上京区で、小松雄介撮影
 まきで沸かしたあったかい湯に肩までつかり、ほっと一息。ふと横を見ると、中庭でインコが飛び回っているではないか。そんな驚きの銭湯が京都市上京区の松葉湯だ。「インコ銭湯」として知られ、遠方からも客が訪れる。

 松葉湯は明治時代から100年以上の歴史がある老舗。約30年前、観葉植物を置いていた中庭に3代目の松井宗六(そうろく)さん(63)が飼っていたインコ3羽を放した。客の反応は良く、鳥小屋を作るなど態勢を整えた。インコは繁殖し、多い時で150羽ほどにまで増えた。今は60羽ほどが飛び回る。

 中庭はガラス張りで、浴室のほか露天風呂やサウナからも見られる。中庭ではリクガメも飼育していて、銭湯の入り口ではオウムが迎えてくれる。松井さんは「とにかくお客さんに喜んでもらいたくて」と笑う。

 営業時間は午後3時から深夜0時。日曜定休。問い合わせは松葉湯(075・841・4696)。

 カラフルなインコを眺めながら、しばし時間がたつのを忘れてみてはいかが。【小松雄介】
http://mainichi.jp/articles/20160218/k00/00e/040/193000c

ttp://archive.is/cinFn
posted by BNJ at 22:32 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<八木山動物公園>希少種繁殖に力注ぐ【河北新報オンラインニュース2016年2月18日】(シジュウカラガン)

繁殖シーズンを迎え、同居するホッキョクグマのペア。赤ちゃん誕生に期待がかかる=13日、仙台市太白区の八木山動物公園

◎いのち次世代へ 開園50年(上)いま

 仙台市八木山動物公園(太白区)は誕生から半世紀がたった。1965年10月の開園以来、多くの動物を育て、大勢の子どもたちに命の大切さを伝えてきた。昨年12月には市地下鉄東西線が開業、西の起点駅と直結して新時代に踏み出した。これまでの50年を振り返り、未来を探る。(報道部・阿部真紀)

<16年ぶりの快挙>
 動物126種479匹を飼育し、年間約50万人の来場者でにぎわう八木山動物公園が「種の保存」に力を入れている。絶滅のふちに立つ希少動物を人工繁殖で増やす取り組みだ。
 2013年5月には絶滅危惧種スマトラトラの繁殖に初めて成功した。国内では97年の上野動物園(東京)以来16年ぶりの快挙。雄のケアヒと雌のバユから4頭が誕生した。3頭を大阪、和歌山、高知3府県の動物園に貸し出し、残る雌のアイナが八木山動物公園で暮らす。
 スマトラトラの出産は一筋縄ではいかない。12年7月の初産では、生まれた3頭が病気などで全て死亡。体が大きい子以外は親が育児を放棄する本能もある。
 このため、今回は飼育員が付きっきりで見守った。三田さくらさん(33)は「4頭の体調管理で苦労の連続だった」と振り返る。
 ケアヒは米ハワイ、バユはオランダから東日本大震災後の11年4、6月にやって来た。人工繁殖の成功は復興の歩みとも重なる。三田さんは「大きな一歩になった。成功に至った記録を全国の動物園で共有したい」と強調する。

<産室や餌を改良>
 動物公園が次の目標に据えるのはホッキョクグマの繁殖だ。12年から雄のカイと雌のポーラのペアリングに挑戦し、飼育員が産室や餌の改良を重ねる。
 ホッキョクグマに詳しい旭山動物園(北海道)の佐藤伸高獣医師によると、国内の飼育頭数は43頭とピーク時の95年に比べ3割以上減った。絶滅の恐れが指摘され、輸入が難しくなっているという。地球温暖化で生息地の北極を覆う海氷が縮小していることが背景にある。
 八木山にいる3頭のうち雌のナナは31歳。人間でいえば80歳前後に当たり、国内最高齢だ。繁殖は喫緊の課題だが、冬眠期間が数カ月に及ぶなど生態は特殊で、繁殖環境を再現することは極めて難しい。国内では旭山動物園が74年に初めて繁殖を果たして以来、成功例は数件にとどまる。
 三田さんは言う。「繁殖成功までの道のりは険しいが可能性は高まっている。何とか実現させたい」。開園半世紀を経て迎えた年初の誓いだ。

【八木山動物公園50年の歩み】
1965年10月 開園
  82年 9月 ガン生態園完成
  83年11月 シジュウカラガンを米国から借り入れる
  90年 8月 アフリカゾウの子ども2頭購入
  92年 6月 動物病院完成
2011年 3月 東日本大震災の影響で一時閉園。4月23日に再開
      4月 米国からスマトラトラを借り受ける
      6月 オランダからスマトラトラを借り受ける
  13年 5月 スマトラトラ4頭誕生
  15年 5月 国内へのシジュウカラガン飛来数が14年12月に1000羽を突破。野生生物保護の功績が認められ環境大臣賞を受賞
     10月 開園50周年
     12月 仙台市地下鉄東西線開業
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160218_13041.html

ttp://archive.is/kNU1E

すきやねんことり!インコサミット大阪に「ことりカフェ」登場♪とり好きさんならだれでもおいで!「ことりカフェ心斎橋」開店記念スイーツのプレゼントも♪【プレスリリース2016年2月18日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年2月20日(土)・2月21日(日)の2日間、大阪府大阪市で開催される、“鳥好きの鳥好きによる鳥好きのためのイベント”「インコサミット大阪/主催:インコサミット実行委員会」(http://twipla.jp/events/184156)に参加いたします。「鳥が好きなこと」のみが参加条件となる本イベントでは、大阪初登場となる移動式インコカフェ「いんこKITCHEN」による人気のインコカレーの販売や、写真&パネル展、撮影会、シークレットイベントの他、「ことりカフェ心斎橋」オープン(2016年3月予定)記念として「ことりカフェ」オリジナルスイーツの提供やグッズの販売等、盛りだくさんの企画で開催されます。

                                ※撮影:オザ兵長

■イベント開催概要
1.日程:2016年2月20日(土)11:00−20:00
2月21日(日)11:00−18:00
2.会場:「barM(レンタルスペースモナコ)」
大阪市淀川区西中島6-1-11/http://monaco-party.com/
3.会費:1,500円(ことりカフェお菓子+当日限定シークレットプレゼント付)
※別途飲食代がかかります/中学生以下の子供料金無料(ただし、保護者同伴に限ります)

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン(※2016年3月「ことりカフェ心斎橋」オープン予定)。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000010272.html

ttp://archive.is/110Pa
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 22:25 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無許可で太陽光施設 「海上の森」隣接地【YOMIURI ONLINE2016年2月18日】(オオタカ)

太陽光発電施設の立ち入り調査に入る県の担当者ら(瀬戸市で)
◆県など立ち入り

 2005年に行われた愛・地球博(愛知万博)の会場となった瀬戸市の海上かいしょの森に隣接する森林に、名古屋市内の建設業者が無許可で太陽光発電施設を建設していたとして、県と瀬戸市は17日、森林法違反の疑いなどで施設に立ち入り調査した。同市は「環境万博の理念にそぐわない」として13年に同社に中止を求めたが、無許可で建設していた。

 発電施設は海上の森の北東に隣接する民有地にある。同社が13年1月に市に提出した計画概要によると、同社所有の約5ヘクタールを開発し、太陽光パネルを設置する内容。現在は高さ約2メートルのフェンスで囲まれており、敷地内に立ち入れない。

 県と市によると、現場一帯は市街化調整区域で、県が万博の理念を受け、条例で保護を定めている海上の森に隣接。市土地利用調整条例では、1000平方メートル(0・1ヘクタール)以上の開発には市との事前協議が必要だが、市側は「環境万博の理念や下流の環境への影響が懸念される」として、13年7月に中止勧告した。

 現場近くの沢の水は海上の森に流れており、施設建設で下流の湿地や森林などへの影響が心配されるという。

 森林法では、1ヘクタールを超える開発には県との事前協議が必要だが、「事前の相談はなかった」(県土地水資源課)として立ち入り調査に踏み切った。業者に対し、正確な開発面積の測量と、伐採による土砂流出への対策を講じるよう命じた。

 瀬戸市都市計画課の加藤孝介課長は「県とも協力して業者から事情を聞き、今後の対応を考えたい」としている。一方、建設業者は「法的な認識を誤っていた。お騒がせして申し訳ない。これ以上拡大するつもりはない」と県などに説明したという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20160217-OYTNT50183.html

愛知万博で守ったのに…「海上の森」隣に太陽光施設【朝日新聞デジタル2016年2月16日】
海上の森に隣接する傾斜地の林を切り開いて置かれているソーラーパネル=13日、愛知県瀬戸市海上町

 愛知万博の会場計画を大幅縮小して自然環境を保全した海上(かいしょ)の森(愛知県瀬戸市)に隣接する林地が切り開かれ、太陽光発電施設が建設されていた。瀬戸市は「環境万博の理念を継承するエリアにふさわしくない」と2013年に中止を勧告したが、その後の開発に市民の指摘で今月に気づき、調査に入る方針だ。

 現場は海上の森の北東端に接する民有地。13年以前にあったヒノキやスギの林が幅約100メートル、奥行き約200メートル以上にわたり切り払われ、砂利で整地された斜面にパネルがびっしりと並ぶ。開発した名古屋市の建設業者によると、出力1174キロワットのメガソーラー。大型重機が10台ほどあり、一部は高さ約2メートルの有刺鉄線やフェンスで囲まれている。「監視中」「私有地」などと書かれた看板もある。

 近くの沢の水は海上の森へ流れ、下流には湿地や県の自然環境保全地域がある。また、県は森全体を保全するため万博翌年の06年に条例を定めている。

 瀬戸市によると、建設業者は13年1月、この民有地で既設の資材置き場2カ所を含む5ヘクタール強の森林を伐採して開発し、発電施設を造る計画を市に提出。市は同年7月、環境万博の理念や下流の環境への影響から、市土地利用調整条例に基づき中止を勧告した。

 だが、その後の開発を今月に市民に指摘され、市は10日に現場を確認。「事実関係を把握し早急に立ち入り調査する」としている。一帯は市街化調整区域で、同条例により1千平方メートル以上の開発には市と事前協議が必要で、違反した場合は中止命令や罰金(最大30万円)を科すことができる。

 この業者は取材に対し15日に回答し、開発を認めたが経緯については保留。今後の太陽光発電施設の増設は「予定はない」とし、周辺環境への配慮として「フェンス周囲への植樹を予定」などと説明している。

ログイン前の続き■愛知県の担当部局、情報共有できず

 この発電施設を見つけたのは、海上の森野鳥の会副代表の森島達男さん(65)ら。現場は森の外縁の道路沿いだが、森の中を自然観察で歩く人たちには最奥部で、目に触れにくかった。

 森林法でも1ヘクタールを超える山林開発が規制されるが、愛知県の担当部局は「業者から相談はなく、知らなかった」。ただ、森にある県あいち海上の森センターは、計画段階で市から連絡を受け、その後の開発も森の巡視で把握していたが、「土砂流出などで県有地への影響がないことを確認していた」だけだった。

 海上の森は愛知万博のメイン会場予定地だったが、オオタカの営巣確認などで貴重動植物への影響を懸念する声が高まったため、愛知県は会場を変更し跡地の住宅団地構想も撤回した。森島さんは「そこまでして保全した森の隣で、この開発はひどい」と怒る。(伊藤智章、百合草健二)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2H4GQVJ2HOIPE013.html

ttp://archive.is/3Jd9r
ttp://archive.is/zirMZ
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛)ナベヅル越冬地の保全策探る 西予で情報交換会【朝日新聞デジタル2016年2月18日】(既報1ソース)

 昨年秋から四国に例年より多く飛来している絶滅危惧種の野鳥ナベヅルとマナヅルに関する情報交換会が15日に西予市役所であり、中四国の行政担当者や野鳥の会関係者ら約70人が、越冬地保全に向けた課題を話し合った。

 ツルの越冬地としては、例年1万羽以上が姿をみせる鹿児島県出水(いずみ)市が知られる。一方、環境省は感染症のリスクなどから越冬地の分散化を検討していて、中四国が新たな越冬地になる可能性があるとみて愛媛県内で初めて開いた。

 高知市の市民団体「四国ツル・コウノトリ保護ネットワーク」の中村滝男さんは、昨年10月下旬からの四国への飛来状況を報告。過去20年で最多となる約300羽が飛来し、四国内の各地を移動してとどまり続けていると伝えた。

 過去、春先まで越冬したシーズンがほとんどなかったという西予市でも今年は今月8日時点で通算100日間、約60羽が越冬しているといい、市の担当者は「年明け以降、散歩の人が近づいても飛び立つことは少なくなった」と語った。

 一方、日本野鳥の会関係者からは現状の課題の報告もあった。四万十川など高知西部では近づいたカメラマンに驚いたツルが飛び立ってしまったり、鳥獣保護区の近くで狩猟の発砲があったりしたという。東予地方への飛来報告では、今後予定されている大規模な農地整備で乾田化が進み、ツルの餌場に悪影響が出る可能性が伝えられた。(清野貴幸)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2H2RKLJ2HPFIB001.html

中四国をツル越冬地に 西予で情報交換会【愛媛新聞ONLINE2016年2月16日】
【写真】(上)中国・四国地方で新たにナベヅル・マナヅルの越冬地を確立しようと開いた情報交換会=15日午後、西予市(下)西予市で越冬しているナベヅルの群れ=15日午前7時10分ごろ、西予市
 絶滅危惧種のナベヅル・マナヅルの新たな一大越冬地に中国・四国地方を定着させようと、管内の行政職員ら約70人が参加した情報交換会(環境省主催)が15日、愛媛県西予市役所で開かれた。今期は、多くのナベヅルが高知や愛媛など四国を中心に飛来している。種保存の観点からも、越冬地として知られる鹿児島県・出水平野への一極集中を和らげていくための方策を考えた。
 四国ツル・コウノトリ保護ネットワークの中村滝男代表らによると、四国では今シーズン、少なくとも過去20年間で最多となるナベヅル約300羽が滞在し、各地を行き来している。愛媛県内でも越冬中の西予、西条の両市をはじめ松前町などでも飛来が確認された。
 環境省の担当者が越冬地の一極集中により、感染症のリスクの高まりや農作物への被害を指摘。日本ツル・コウノトリネットワークの金井裕会長は、越冬にはツルの安全性と食物の確保、住民らの協力が重要とした。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160216/news20160216453.html

ttp://archive.is/bAtww
ttp://archive.is/dOMgu
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪)堺野鳥の会が目録を出版、初観測の渡り鳥6種類も【朝日新聞デジタル2016年2月18日】

「堺野鳥の会」の横島彪さん(左)と清水俊雄さん=堺市堺区

 堺や和泉など7市で過去5年間に確認した168種類の鳥を収めた目録を「堺野鳥の会」が出版した。これまで25年間にわたって記録を取り続けてきたが、今回はサルハマシギやコウノトリなど6種類を初観察。海外から人為的に持ち込まれ、在来の鳥の生存を脅かす「ブラックリスト」指定種も、生態系の変化を調べるために新たに記録した。

 同会は堺市の百舌鳥(もず)古墳群や南部丘陵、大阪市の大和川周辺のほか、大津川河口周辺(泉大津市)▽狭山池(大阪狭山市)▽槙尾山(和泉市)▽石川(河内長野市、富田林市)など主に14カ所で約60人の会員らが定期的に観察している。5年ごとに観察記録を収めた目録を出版している。

 昨年9月までの5年間では、前回調査より8種類少ない168種類を確認。サルハマシギ、コマドリ、コウノトリなど6種類の渡り鳥を初めて確認し、うちコウノトリは兵庫県豊岡市で巣立ったものとみられる。

 ログイン前の続き絶滅が心配される鳥も複数確認した。タカ科のチュウヒは、堺市の埋め立て地「堺第7―3区」などで確認。渓流に生息し、河川改修で生息が危ぶまれたカワガラスは、富田林市の石川で2年続けて観察した。いずれも現地で繁殖していると推測される。

 海外から持ち込まれ、堺市が在来種の生息に影響があると「ブラックリスト」に指定したソウシチョウなども、今回の目録に収めた。今後は在来種への影響などを調べる予定。

 目録では過去25年間のデータを活用し、5年ごとの個体の変遷や月別の出現状況を一覧表にし、野鳥観察地の地図も付けた。編集を担当した会員の横島彪(たけし)さん(71)=堺市南区=は「堺は南部丘陵など緑豊かな里山が広がり、たくさんの野鳥を見ることができる。目録にして残すことで、自然環境の変遷を知る資料になれば」と話していた。

 A4判126ページ。1冊1700円(税込み)。同会が130冊作成し、堺市の各図書館や府立中之島図書館(大阪市北区)に寄贈もした。問い合わせは清水俊雄代表(072・299・1779)。(村上潤治)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1S02NBJ1RPPTB00F.html

ttp://archive.is/uwCZJ
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)コウノトリにちなむブランド名やロゴ募集 鳴門市【朝日新聞デジタル2016年2月18日】

巣作りをした電柱の上にとどまるコウノトリ=鳴門市内

 鳴門市で暮らす国の特別天然記念物・コウノトリにちなんだブランドの名称とロゴマークを、市が募集している。寄せられた作品から最優秀賞を選び、巣作りをした地域で栽培が盛んなレンコンなどの農産物や市のPRに活用する。

 ブランドの名称は「コウノトリ」を入れることが条件で、手書きも可。ロゴは単色、カラーを問わず、2センチ角でも認識できるよう、デザインする。応募は個人からに限る。県や鳴門市、農業団体などの「コウノトリ定着推進連絡協議会」で選考し、最優秀賞に3万円、優秀賞3点に各1万円を贈る。

 鳴門市農林水産課(088・684・1183)へ郵送などで応募する。要項や用紙はホームページ(http://www.city.naruto.tokushima.jp/manabu/event/kounotori/別ウインドウで開きます)に掲載。
http://www.asahi.com/articles/ASJ294SJSJ29PUTB00G.html

ttp://archive.is/C2al0
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡 ムクドリ追い払い作戦 浜松駅前【中日新聞2016年2月18日】(既報1ソース)

縄を使って木を登り、剥製を置く中村浩志名誉教授=17日、浜松市のJR浜松駅前で

 ムクドリの大群によるフンが問題になっている浜松市のJR浜松駅前で、タカやフクロウといった天敵の剥製を活用したムクドリ追い払い作戦が行われている。鳥類生態学研究家で信州大名誉教授の中村浩志さん(69)が独自に考案した方法で、その効果に期待が集まっている。

 中村さんは、ライチョウの保護活動をはじめ、四十年以上、鳥の生態を研究する中で、各地で問題化しているムクドリ対策を考え出した。剥製を木に置くとともに、録音した鳥の声を流すという方法で、昨年二月には長野市中心部で、ムクドリ三万羽の追い払いに成功した。

 中村さんは「四十年間寄り添ってきたので、鳥の気持ちが分かる。鳥になったつもりで、何をされれば自分が一番怖いのかを突き詰めた」と説明。「従来の合成音声を機械的に流す方法では、鳥がすぐに慣れて効果が持続しない。自然に寄り添って変化をつければムクドリは寄ってこない」と狙いを話す。

クスノキに設置されたクマタカの剥製=17日、浜松市のJR浜松駅前で

 今回は浜松市からの依頼で十六日から三日間の日程で追い出しに挑んでいる。フクロウやオオタカの剥製七個を用意。中村さん自ら「ぶり縄」と呼ばれる二本の枝と十メートルほどの縄でできた、はしごのような木登り道具を使って、ねぐらとなっているクスノキなどに一本一本取り付けた。

 昼にはオオタカ、夜にはフクロウなど、七種類の鳥の鳴き声を時間帯に応じて流す。ムクドリが木に止まろうとすれば、地上からロケット花火を打ち上げて怖がらせた。

 十六日午後六時ごろには、中村さんの目視で約一万羽が駅前で群れをなしていたが、十七日の同時刻には約千羽と、既に効果が表れ出した。市は、今後、効果がどれぐらい持続するかなどを調べる。長野市では、ほぼ一年間、効果が続いているという。

JR浜松駅前のムクドリの大群=2013年撮影

 浜松市はこれまで、ふんの清掃や拡声器からの合成音声を流す機器に年間一千万円ほどを費やしてきた。中村さんによれば、全国の市街地で広まるフン害は、悪臭や景観悪化だけでなく、鳥インフルエンザの恐れもある。中村さんは「このムクドリ撃退法は、街を美しくして節税にもなる。これからも依頼があれば積極的に出向いて行いたい」と話した。

 <ムクドリ> 体長25センチほど。数百〜数万の群れで生活する。近年、市街地の街路樹などをねぐらにするのは、フクロウなどの夜間の天敵がいないためとみられる。鳥獣保護法上、駆除は原則できず、自治体は音や光などさまざまな対策を講じるが、効果が長続きしない場合が多い。

 中村さんによると、30年ほど前までは、人のいる市街地を恐れて近づかなかったが、安全な場所と学習して徐々にすみ着いた。中村さんによる追い払い方法が実施された長野市では、市街地を危険な場所と認識し、郊外の森林へと分散して本来の生態に戻ったという。浜松でも同様に、群れが小さく分かれて生息すると予想している。

(古檜山祥伍)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160218/CK2016021802000108.html

天敵“猛禽類”切り札 浜松駅前ムクドリ撃退作戦【静岡新聞アットエス2016年2月18日】
高さ約10メートルの木に設置されたクマタカのはく製=17日午後、浜松市中区のJR浜松駅前
ムクドリの出現に合わせて猛禽類の鳴き声を流す中村浩志名誉教授=17日午後、浜松市中区のJR浜松駅前
ムクドリの出現に合わせて猛禽類の鳴き声を流す中村浩志名誉教授=17日午後、浜松市中区のJR浜松駅前
 JR浜松駅周辺の中心街に夕方から夜間にかけて飛来するムクドリの大群。ふん害や騒音が深刻化し、浜松市の依頼を受けた鳥類生態学者で信州大名誉教授の中村浩志さん(69)らが16日から3日間、撃退作戦を展開している。切り札は、天敵の猛禽(もうきん)類。剝製や鳴き声を用いた方法で効果が注目される。

 浜松市中心街は約10年前から、ムクドリの大群に悩まされている。市はさまざまな対策を講じてきたが、ムクドリが“学習”してしまうため、抜本的な解決に至っていない。中村さんが代表理事を務める鳥類研究所が昨年、長野市内で約3万羽のムクドリを撃退したことを浜松市職員が知り、ことし1月に撃退を依頼した。
 初日に中村さんが駅北口のバスロータリー付近の木に登ってクマタカなどの剝製7体とスピーカー2台を設置。ムクドリが現れ始める時間に合わせてタカやフクロウの鳴き声を流し、17日も同様に鳴き声を流した。16日は約1万羽いたが、17日は千羽ほどに減ったという。今後、市が効果を検証する。
 中村さんによると、ムクドリは昼間、郊外に散らばってえさを採るなどし、夜、安全に過ごすため、天敵のいない中心街に集まる。中村さんは「効果はあると感じている。困っている自治体があれば助けたい」と話した。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/211472.html

長野の研究所がムクドリ撃退事業開始【信濃毎日新聞2016年2月17日】
ムクドリの天敵クマタカの剥製を樹上に取り付ける中村さん=16日、浜松市
 鳥類生態学が専門の中村浩志・信州大名誉教授(69)が代表理事を務める「中村浩志国際鳥類研究所」(長野市)は、市街地に群れるムクドリの追い払い事業に乗り出し、16日、依頼を受けた浜松市で撃退作業を始めた。昨年、長野市内で群れを追い払った独自の手法を活用し、県内外の自治体などの依頼を受ける考えだ。

 近年、全国の都市部で天敵のいない市街地をねぐらにするムクドリが増え、長野県内でも長野、松本市の中心市街地で鳴き声やふん害が課題になっている。中村さんは昨春、長野市鍋屋田小学校近くの並木をねぐらにした群れに、天敵のフクロウやタカの剥製を使った独自の手法で追い払った。昨年10月に同研究所を設立して以降、その方法を活用する道を探っていた。

 一方、浜松市は10年ほど前から玄関口になるJR浜松駅前のムクドリの大群に頭を悩ませてきた。対策費はふんの清掃費を中心に年間1千万円ほど投じているという。市職員が環境省を通じ同研究所を知り、1月に依頼した。

 16日は朝から、中村さんと同研究所職員1人がねぐらになっている駅前のクスノキで準備した。高さ10メートル近くの樹上に登り、剥製6個やスピーカーなどを設置。ムクドリが上空を舞い始める夕方にタカ、フクロウの順番で鳴き声を流し、木を揺らしたり、ロケット花火で脅かしたりした。ムクドリは周辺に散った様子だった。18日まで同様の作業を続ける。

 中村さんは「ムクドリに学習の隙を与えないために、1回で徹底的にやらなければいけない。鳴き声を流すタイミングなど生態を知っているからこそ可能な方法」と意気込んでいた。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160217/KT160216SJI090007000.php

ttp://archive.is/vA3tw
ttp://archive.is/d3c9j
ttp://archive.is/CcNjg
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】アトリ(花鶏) 竜巻だ!いや、鳥だ【東京新聞2016年2月18日】

 栃木県鹿沼市大和田町と奈佐原町の農耕地で15日、密集して飛ぶ冬鳥アトリ。田んぼから一斉に飛び立つ際、まるで竜巻のような黒い帯に。地元の観察者は「1月中旬に飛来し日ごとに増加。10万羽以上では」と驚く。この地区は昨年9月の水害で黒川が氾濫し大きな被害を受けた。今も残る稲穂が餌になっている。
 黒と白、だいだい色で美しい小鳥だ。この冬は各地から大群の知らせを聞く。アトリの当たり年だろうか。全長16センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016021802000171.html

ttp://archive.is/mvPrD
タグ:アトリ
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトリの大群北国へ旅支度【福島民報2016年2月18日】(既報1ソース)

 福島市荒井の水林自然林周辺に冬鳥「アトリ」の大群が飛来している。
 アトリはスズメ目・アトリ科。スズメよりやや大きい体長16センチほどの渡り鳥で、日本にはシベリア方面から秋に渡来する。日本野鳥の会会員で水林自然林管理事務所に勤める高橋勝美さん(74)によると、西日本では大きな群れが見られるが、県内で大群が確認されるのは珍しいという。ここ数日、同事務所に住民から目撃情報や問い合わせの電話が相次いで寄せられている。
 高橋さんは「シベリアに移動するため、大群をつくっているのではないか」と話している。
http://www.minpo.jp/news/detail/2016021828914

あっ!鳥の大群 桑折や国見に「アトリ」数万羽が飛来【福島民友ニュース2016年2月14日】
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする