2016年02月20日

氷山漂着でペンギン15万羽、生息地に戻れず 南極【AFPBB News2016年2月20日】(訂正版/訂正前記事あり/既報関連ソース多数アデリーペンギン/他2ソース)

西南極のスウェイツ氷河。NASA提供(撮影日不明、資料写真)。(c)AFP/HANDOUT/NASA
【2月14日 AFP】(訂正)南極大陸東部で、巨大な氷山が生息地近くの湾に漂着したことにより、約15万羽のアデリーペンギンが元の生息地に戻れなくなったとみられるとの研究結果が、科学誌「アンタークティック・サイエンス(Antarctic Science」の最新号で発表された。

 この氷山は「B09B」と呼ばれるもので、その大きさは約100平方キロメートル。2010年12月に東南極(East Antarctica)のコモンウエルス湾(Commonwealth Bay)に漂着した。

 コモンウエルス湾のデニソン岬(Cape Denison)に生息するアデリーペンギンの数は2011年2月には約16万羽と推定されていたが、2013年12月までに推定1万羽まで減少したという。

 豪ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)の気候変動研究センター(Climate Change Research Centre)とニュージーランドのウエストコーストペンギン基金(West Coast Penguin Trust)の研究者らは、氷山の漂着により、ペンギンは餌を見つけるために60キロ以上を歩かなければならなくなり、繁殖活動も妨げられたとし、「デニソン岬のペンギンの群れは、B09B氷山が移動するか、砕かれるかしない限り、20年以内に全滅する可能性がある」と述べている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3076873

南極でペンギン15万羽死ぬ、氷山漂着が原因【AFPBB News2016年2月14日】
西南極のスウェイツ氷河。NASA提供(撮影日不明、資料写真)。(c)AFP/HANDOUT/NASA
【2月14日 AFP】南極大陸東部で、巨大な氷山が生息地近くの湾に漂着したことにより、アデリーペンギン約15万羽が死んだという研究結果が、科学誌「アンタークティック・サイエンス(Antarctic Science」の今月号で発表された。餌を探すために非常に長い距離の移動を強いられたことがその原因だという。

 この氷山は「B09B」と呼ばれるもので、その大きさは約100平方キロメートル。2010年12月に東南極(East Antarctica)のコモンウエルス湾(Commonwealth Bay)に漂着した。

 コモンウエルス湾のデニソン岬(Cape Denison)に生息するアデリーペンギンの数は2011年2月には約16万羽と推定されていたが、2013年12月までに推定1万羽まで減少したという。

 豪ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)の気候変動研究センター(Climate Change Research Centre)とニュージーランドのウエストコーストペンギン基金(West Coast Penguin Trust)の研究者らは、氷山の漂着により、ペンギンは餌を見つけるために60キロ以上を歩かなければならなくなり、繁殖活動も妨げられたとし、「デニソン岬のペンギンの群れは、B09B氷山が移動するか、砕かれるかしない限り、20年以内に全滅する可能性がある」と述べている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3076873

ペンギン15万羽、南極大陸で一斉に死亡との研究結果 何があった?【ハフィントンポスト2016年2月14日】
南極に住むアデリーペンギン約15万羽が、居住地が巨大な氷山に阻まれて餌を捕るために海に出られなくなったことが原因で死亡した。オーストラリアとニュージーランドの研究者が2月2日に発表した研究結果で明らかになった。ペンギンたちは海に出るまでに往復約120kmも移動しなければならなくなっているという。テレグラフ紙などが報じた。

研究によると、この氷山は約20年に渡って南極大陸のコモンウェルス湾に浮かび、「B9B」と呼ばれている。B9Bの面積は推定2900平方キロメートル。ガーディアン紙によると、ローマ市とほぼ同じ広さに相当する。

この氷山が2010年12月、強風の影響で南極のデニソン地区付近の海岸に衝突。デニソン地区にいたよちよち歩きのペンギンたちの前に立ちはだかった。このため、2011年に16万羽いたペンギンは、近年ではわずか1万羽程度まで減少したとみられる。

コモンウェルス湾の衛星写真。デニソン地区とメルツポリニヤと呼ばれる海氷生成域の間に、巨大氷山「B9B」がある。(2013年12月15日、NASA-MODIS撮影 Dr Jan Liester, AAD)

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学のクリス・ターネイ教授は、かつてこの湾にはその声に研究者が不満をもらすほどのペンギンがいたとコメント。「ところが今では、不思議なほど静まりかえっている。いまだにデニソン地区にはペンギンが立ち往生している」と述べた。

一方でニューサウスウェールズ大学気候変動研究センターのクリス・フォグウィル氏は「コモンウェルス湾のB9Bの定着氷の一部が、壊れそうだ」という一つの希望を語った。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/13/150000-penguins-killed_n_9224708.html

ペンギンが大量死、氷山に餌場への道阻まれる 南極大陸【CNN.co.jp2015年2月15日】
(CNN) 南極大陸東部の海岸にすむアデリーペンギンの群れが巨大な氷山に通り道を閉ざされ、これまでに約15万羽が死んだことが分かった。南極研究の専門誌が今月号で報告した。
ペンギンの前に立ちはだかったのは「B09B」と呼ばれる氷山。その面積は約2900平方キロに及ぶ。20年近くにわたり沿岸を漂っていたが、2010年にペンギンの群れがすむコモンウェルス湾のデニソン岬に漂着した。この結果、ペンギンはえさを取りに行く道を閉ざされてしまったという。
えさが取れる場所までの道のりは60キロを超え、かつては16万羽だった群れが1万羽まで減っている。
全体で見ると、アデリーペンギンは氷河の融解などにより、生息数が増加傾向にあるとされる。
コモンウェルス湾から約8キロ離れた場所にすむ別の群れは繁殖を続けていることから、デニソン岬での激減は氷山が原因と断定された。
専門家らによると、氷山が流氷に破壊されない限り、この群れは今後20年のうちに消滅してしまうという。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35077826.html

ttp://archive.is/wjnHI
ttp://archive.is/R4SEf
ttp://archive.is/Srzp7
ttp://archive.is/1sPKu
ペンギン15万羽が南極で死ぬ? 米報道に疑問の声、論文執筆者に確認すると…見つかったのは赤ちゃんペンギンの死体。群れは絶滅したのか。【BuzzFeed2016年2月17日】

posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒヨドリ 水場にぎやか 7羽冬の朝 /奈良【毎日新聞2016年2月20日】

 自宅の手水鉢(ちょうずばち)には小鳥たちが水浴びや水飲みにやって来る。この日はヒヨドリ7羽がいっぺんにやって来て、場所の取り合いに。冬の朝のにぎやかな光景に思わずカメラを向けた。【日報連奈良支部会員・岡原正尚さん撮影】
http://mainichi.jp/articles/20160220/ddl/k29/040/627000c

ttp://archive.is/kibnz
タグ:ヒヨドリ
posted by BNJ at 21:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥調査 マガン北帰行進む 暖冬で一時秋田へUターン /宮城【毎日新聞2016年2月20日】

厳冬期には一部が凍るねぐらの化女沼に戻るガン類=大崎市で1月19日
 伊豆沼・内沼(栗原市・登米市)など県北部のラムサール条約登録地を中心に19日、渡り鳥の一斉調査があり、ガン類は2週間前の約3分の1と、北帰行が進んでいる。

 調査した県伊豆沼・内沼環境保全財団の嶋田哲郎さんによると、この日観察されたガン類は6万2225羽で、蕪栗(かぶくり)沼(大崎市)周辺の166羽以外が伊豆沼・内沼周辺。化女(けじょ)沼(同市)では観察されなかった。すべてマガンと見られる。

 嶋田さんによると、マガンが今季県内で初めて確認されたのは9月19日。毎月2回実施している調査では19万羽を超えた昨年12月18日が最高で、昨季の最高を1万羽以上上回った。嶋田さんは「ほ場整備が進んで導入された大型機械の影響で落ち穂が増えたり、転作で大豆が増えた影響ではないか」と餌の確保のしやすさが増加の理由とみる。

 ただ1月上旬にいったん14万羽台まで減少し、その後17万羽台まで戻った。減った時期に秋田県の八郎潟周辺で増えており、暖冬の影響とみられる。嶋田さんによると、寒さに備えて宮城まで南下したものの、暖かさを感じて秋田へUターン。その後の積雪で餌を取れなくなり改めて南下したとみられる。2003年の調査開始以来初の現象という。北帰行が進む19日、八郎潟周辺では23万羽超が観察された。

 この日の県内調査でハクチョウ類は24羽。最大でも2000羽に届かず昨年の6割程度だった。【山田研】
http://mainichi.jp/articles/20160220/ddl/k04/040/494000c

ttp://archive.is/wmUDU
posted by BNJ at 21:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都心の水族館、演出で大人気 狭さが弱点、アイデア勝負【朝日新聞デジタル2016年2月20日】(エプソンアクアパーク品川/すみだ水族館/サンシャイン水族館/ペンギン)

<カフェバー>エプソンアクアパーク品川のカフェバーで酒を飲みながら水槽のサンゴを楽しむ男女=東京都港区

 東京都心の水族館が装いを変えている。大幅リニューアルや新規オープンが話題を呼び、客足も好調だ。利用者の多い駅や人気スポットに近いが、施設の規模には限界がある――。都心ならではの制約がある中、「水のある空間」の演出に工夫を凝らす。

 入り口のスペースの壁一面に氷の結晶が浮かび上がる。最新の映像手法ログイン前の続き「プロジェクションマッピング」を使った四季の演出だ。

 品川駅近くの「エプソンアクアパーク品川」(東京都港区)は昨年7月、開館10年を機に全面改装に踏み切った。改装前はアトラクションのフロアだった1階は、水槽をメインにした空間に生まれ変わった。

 照明を落とした通路の水槽には花のオブジェを組み合わせ、奥のカフェバーでは酒や飲料を瓶で販売。サンゴの水槽がテーブル代わりだ。スーツ姿の男性会社員(39)は会社帰りに彼女と訪れ、「いやすい雰囲気」と青く浮かぶ水槽の前で肩を寄せ合った。

 開館以来人気を集めるイルカのパフォーマンスも変わった。360度どこから見ても楽しめる円形プールの天井に、水が円柱のように落ちて様々な模様などを刻む「ウォーターカーテン」が登場。夜の部では、七色の照明と音楽を組み合わせて幻想的な空間をつくり出し、説明のアナウンスは廃止した。

 「発展する品川で象徴的な施設であり続けるため、全面改装に踏み切った」と高橋直人館長(42)。「音・光・映像と生き物の融合」を打ち出し、水族館の枠を超えた都市型エンターテインメント施設を目指した。改装後の入館者は100万人を突破し、開館初年を上回るペースという。

 東京スカイツリータウン(同墨田区)に2012年5月にオープンした「すみだ水族館」。約100の水槽の近くなど、あちこちに1〜4人掛けのイスがある。その数、100脚計300席。イスやテーブル、カーペットは家具・インテリア会社が提供した。アロマもたき、居間のような空間を演出する。山内将生館長(44)は「時を過ごす空間づくり」と言う。

 水族館は商業施設の5〜6階部分にある。床やはりの強度を高めても、使える水の量は計約700トン。運営会社が同じ新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)の4分の1以下だ。山内館長は「水槽の数を競うより、新たな提案ができる水族館を目指した」。

 目玉のペンギンプールや小笠原の海を再現した水深6メートルの大水槽は、時間を忘れて眺めているカップルらの姿が絶えない。昼はママ友同士がランチをし、夜は酒食を共にする人たちの姿も。週末の夜に彼女と訪れた区内の会社員山崎聡さん(29)は「ゆったりと過ごしたい時はここ」。年間パスポートを持ってたびたび来るという。

 ■大人向け、成功のカギ

 都市型水族館の先駆け、池袋のサンシャイン水族館(東京都豊島区)は11年8月のリニューアル後、1年間で224万人を集めた。改装前の年約70万人の約3倍。4年余り経ったいまも、年100万人を上回る来館者が訪れる。

 地上40メートルにある高層水族館。そばに高さ240メートルのサンシャイン60もそびえ、「天空のオアシス」と名付けた。緑化した屋上庭園には、来館者の頭上にドーナツ形の水槽を配置し、アシカが空を飛ぶように泳ぐ空間を作り出した。

 仕掛け人は数々の水族館で集客増を実現した水族館プロデューサーの中村元(はじめ)さん(59)。スタッフに「大人向けへの転換が成功のカギ」と説いた。「大人は必ずしも生き物の展示を見に来るわけではない。『水の塊』を見に来ている」

 高層水族館に巨大水槽は望めない。最も大きい水槽でも最深部は2・3メートル。遠近法を採り入れて手前を深く、奥に行くほど浅くしたり、岩の色や照明を調整したりして、深く青い海の奥行きを演出した。中村さんは「ビルの中だからもとより期待は小さい。うまく『水塊』を見せれば、期待以上の潤いを感じてもらうことができる」と話す。(井上恵一朗)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12219866.html

ttp://archive.is/UwnaA

【海外こぼれ話】郵便配達の車、七面鳥に取り囲まれ“SOS”【産経ニュース2016年2月20日】

 米ニュージャージー州ヒルズデールで、郵便配達の車が野生の七面鳥の群れに囲まれて身動きが取れなくなり、車内にいた郵便職員が警察に通報して助けを求めた。

 職員は「こんなことは信じられないかもしれないが」と前置きして事情を説明。「以前も同じような被害に遭った」と訴えた。2人の警察官が現場に急行、七面鳥を追い払った。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160220/wor1602200050-n1.html

ttp://archive.is/zE8WI
posted by BNJ at 21:15 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日小学生新聞 アニマル・ワールド コウテイペンギン【毎日新聞2016年2月20日】

 ペンギンは飛とばない鳥とりで、ヨチヨチ歩あるきをする姿すがたがかわいらしく、多おおくの人ひとに好すかれます。泳およぐのが得意とくいな鳥とりです。コウテイペンギンはペンギンの中なかでは最大さいだいで、南極大陸なんきょくたいりくで繁殖はんしょくします。「エンペラーペンギン」とも呼よばれます。【WWFジャパン・大倉寿之おおくらひさし】

どこにすんでいるの

 冬場ふゆばに南極大陸なんきょくたいりくで繁殖はんしょくします。ペンギンといえば南極なんきょくを連想れんそうすることが多おおいですが、南極周辺なんきょくしゅうへんの島々しまじまで繁殖はんしょくしたり、遠とおくニュージーランドやアフリカ南部なんぶ、南みなみアメリカで繁殖はんしょくするものもいます。みなさんのイメージ通どおりに、南極なんきょくで姿すがたが見みられるペンギンのひとつがコウテイペンギンです。吹雪ふぶきに耐たえながら卵たまごを温あたため、ひなを育そだてるという過酷かこくな子育こそだてをします。このペンギンは、夏なつには海うみに出でて暮くらします。

人間にんげんとの関かかわりは

 南極なんきょくを平和利用へいわりようすることを定さだめた南極条約なんきょくじょうやくがあります。日本にっぽんをはじめ、科学調査かがくちょうさのために観測基地かんそくきちを置おく国くにがあります。将来しょうらいの心配しんぱいは、地球温暖化ちきゅうおんだんかの進行しんこうです。硬かたく凍こおりついた氷こおりの上うえにコロニー(集団繁殖地しゅうだんはんしょくち)を作つくるので、気温上昇きおんじょうしょうのために氷こおりの厚あつみが減少げんしょうしたり、風かぜや降雪こうせつなどの気象条件きしょうじょうけんが変化へんかして、コロニーを取とり巻まく環境かんきょうが違ちがってくると繁殖はんしょくに影響えいきょうが出でるかもしれません。21世紀せいきの終おわりには、今いまより19%以上いじょう、数かずが減へる可能性かのうせいがあると予測よそくする科学者かがくしゃがいます。昨年さくねん12月がつに、フランスのパリで開ひらかれた地球温暖化対策ちきゅうおんだんかたいさくを考かんがえる国際会議こくさいかいぎで採択さいたくされた「パリ協定きょうてい」に基もとづいて、温室効果おんしつこうかガスの排出量はいしゅつりょうの削減さくげんを進すすめなくてはなりません。

何なにを食たべているの

 魚さかなやイカを食たべます。オキアミ(エビに似にた小ちいさな生いきもの)も栄養源えいようげんです。ペンギンは泳およぐことのできる鳥とりです。かたい板状いたじょうになった羽はねである「フリッパー」を羽はばたかせて、水中すいちゅうを自由自在じゆうじざいに動うごき回まわります。こうして食たべものとなる魚類ぎょるいを追おいかけます。海うみの中なか、息いきを止とめて、500メートルを超こえる深ふかさにまでもぐることもできます。コウテイペンギンを自然界しぜんかいで襲おそうのは、シャチやヒョウアザラシなどの海うみの肉食動物にくしょくどうぶつです。

どのくらいいるの

 およそ59万まん5000羽ばいるとされます。準絶滅危惧種じゅんぜつめつきぐしゅなので、今いまは絶滅ぜつめつの危機ききにあるわけではありません。もっとも心配しんぱいされていることは、地球温暖化ちきゅうおんだんかが進すすみ、地球ちきゅうの平均気温へいきんきおんの上昇じょうしょうが続つづくと、南極なんきょくの生態系せいたいけいが変かわってしまうおそれがあることです。極地きょくちでの気温上昇きおんじょうしょうは熱帯ねったいや温帯おんたいよりも大おおきく、気候変動きこうへんどうの影響えいきょうはペンギンにもおよぶと予測よそくされています。

種名しゅめい:コウテイペンギン

学名がくめい:Aptenodytes forsteri

分類ぶんるい:ペンギン目もくペンギン科か

体長たいちょう:100〜130センチメートル

フリッパー長ちょう:30〜40センチメートル

体重たいじゅう:22〜37キログラム

 WWF(世界自然保護基金せかいしぜんほごききん)は人ひとと自然しぜんが調和ちょうわして生いきる未来みらいを目指めざして、100か国以上こくいじょうで活動かつどうしている環境保全団体かんきょうほぜんだんたいです。その活動かつどうは、世界中せかいじゅうの会員かいいんによって支ささえられています。あなたもWWFの会員かいいんになって、世界せかいの自然しぜんを守まもる輪わに加くわわってみませんか?

 ●問とい合あわせ:WWFジャパン

 電話でんわ 03・3769・1241

 メール hello@wwf.or.jp

 ホームページ http://www.wwf.or.jp/
http://mainichi.jp/articles/20160220/kei/00s/00s/003000c

ttp://archive.is/uJ8ch
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳 北海道苫小牧市の公式キャラクター「とまチョップ」が…【毎日新聞2016年2月20日】(ウトナイ湖/ハクチョウ)

 北海道苫小牧市の公式キャラクター「とまチョップ」が19日、「副市鳥」に就任した。2011年8月以来、観光大使として市のPRに貢献したことが評価され、異例の出世につながった。

 名前は市名の「とま」に、市内の湖に飛来するハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、特産のホッキ貝の「ッ」、ハスカップの「ップ」にちなみ、姿もホッキ貝の帽子をかぶったハクチョウと愛らしい。

 初仕事は23日。北海道日本ハムファイターズのキャンプ地・沖縄に出向き、市の応援大使を務める陽岱鋼外野手らを激励する。「暑さは苦手ですが、安心してください。飛んでいきます」と副市鳥。【福島英博】
http://mainichi.jp/articles/20160220/ddr/041/040/006000c

北海道)とまチョップ「副市鳥」に 日本ハム激励へ【朝日新聞デジタル2016年2月20日】
「副市鳥」に任命された「とまチョップ」=苫小牧市役所

 苫小牧市の公式ゆるキャラ「とまチョップ」が19日、「副市長」ならぬ「副市鳥(しちょう)」に就任した。日本ハムファイターズの苫小牧市応援大使を務める陽岱鋼、高梨裕稔両選手を激励するため、23日にキャンプ地の沖縄県名護市に派遣される。

 「とまチョップ」は、市の鳥でもあるウトナイ湖のハクチョウなどをモチーフにつくられた。岩倉博文市長から「副市鳥」の任命書と名刺を手渡され、陽選手らの等身大パネルの前で「沖縄は暑くて大変だろうけど、ゆで鳥にならないようがんばります」。

 市長代理として陽選手らに面会し、少年野球選手らのメッセージボードや苫小牧産ホッキ貝をプレゼントする予定だ。(深沢博)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2M5DFPJ2MIIPE01J.html

ttp://archive.is/oT2ik
ttp://archive.is/V1zK2
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天なと長野県、イヌワシ保護へ協定 巣修復や給餌【産経ニュース2016年2月20日】(既報関連ソースあり)

 絶滅危惧種のイヌワシを守ろうと、インターネットサービス大手の楽天(東京)、県内で保護活動を行う長野イヌワシ研究会、県の3者は19日、具体的な保護事業に取り組む内容の協定を締結した。県自然保護課によると、生物の多様性を守るために企業や自治体などが環境保全や森林整備に協定を結んで取り組む事例は多いが、特定種の保護に向けて企業、保護団体、行政が巣の修繕などの事業を特定して協定を結ぶのは全国初だという。

 イヌワシは全国に500羽余が生息するとされるが、同研究会によると、県内では20羽弱が確認されている。人が近づけない山岳の岩壁に設置された巣が厳しい自然条件のために崩壊したり、放置された森林で小動物が減少して十分な餌が確保できなかったりすることで、イヌワシの繁殖率は急激に低下している。

 楽天は、プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」のマスコットキャラクターがイヌワシをモデルにしていることから、生息環境がある森林の整備活動を21道県で展開している。今回の協定締結は、昨年の全国フォーラムを通じて同研究会の活動を知るなかでまとまったもので、巣の修復活動や人工給餌(きゅうじ)に5年間にわたり資金援助する。

 同研究会の片山磯雄代表によれば、楽天からの資金援助により県内4カ所の岩場にある巣棚で、崖下に落下しないように金属製の土台を専門のクライマーに依頼して設置。また3組のつがいに対し有害鳥獣駆除により捕獲されたニホンジカやイノシシの肉を繁殖期の11月から巣立ち後の7月まで与える人工給餌を行う。

 一方、県は19日、京浜急行電鉄グループ(東京)との間で県内にある同社系列ゴルフ場の売上金の一部を子供たちの環境学習活動に資金提供する協定を締結。県内の山岳に地球温暖化調査のモニタリングカメラを設置する国立環境研究所(茨城県つくば市)との間でも画像活用と情報共有などを行う協定を結んだ。
http://www.sankei.com/region/news/160220/rgn1602200067-n1.html

ttp://archive.is/QFMTW
猛禽類が「住みやすい森」整備へ 阿賀町に「楽天の森」【新潟日報モア2015年6月19日】
タグ:イヌワシ
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大手小町 「しもやけ」撃退、一番の予防策は…【YOMIURI ONLINE2016年2月20日】(日本野鳥の会バードウォッチング長靴)

 足の指などが腫れて、かゆみが生じる「しもやけ」。日中の寒さが緩み、一日の寒暖差が大きくなるこれからの時期が、最もなりやすいという。

 靴下などで冷えを防いだり、マッサージで血行を良くしたりして予防したい。

寒暖差に注意

 「足の指がかゆいんですが、市販の水虫薬がぜんぜん効かなくて……」

 埼玉県済生会川口総合病院(埼玉県川口市)の皮膚科医、高山かおるさんの元には、この時期、足の指をひどく腫らしたしもやけの患者が訪れるという。水虫だと思い込んで対処を誤り、悪化させてしまう例が多いそうだ。

 しもやけは、体の末端部分の血行が悪くなることで起こる。温度差が大きいと血管の収縮回数が増え、体の末端の静脈に送られた血液が戻りにくくなり、うっ血してしまうことがある。そこが炎症を起こして腫れ、かゆくなる。手や耳にも生じるが、気配りしにくい足先に生じることが多い。

 雨や雪で足をぬれたままにしておくと、皮膚の表面温度が急に下がり、しもやけになりやすい。高山さんは、「冷やさない、ぬらさないのが一番の予防策です」とアドバイスする。

 冷えてしまった時、急に温めることも、寒暖差にさらすのと同じことになるので避けた方がいいそう。「マッサージして少し温まってからお風呂に入るなど、ゆっくりと温めて血行を良くしてください」(高山さん)という。

靴下重ねて冷やさない

重ねばきに適した山忠の「シルク5本指ハーフソックス」

 足先を冷やさない一番簡単な方法は靴下の重ねばきだ。靴下メーカー山忠(新潟県)の「温むすび シルク5本指ソックス」(M〜LL、税込み875〜977円)は重ねばきに適した靴下。汗や湿気をすばやく吸い取り放出するシルク100%の素材で、上に別の靴下を重ねても蒸れない。

 同じ素材の指先だけの靴下「5本指ハーフソックス」(22〜27センチ対応、2足組み、同823円)はタイツの下にはいても目立たない。



ぬらさない、雨なら長靴も

まるめて持ち運べる「バードウォッチング長靴」

 雨や雪の日の外出に、長靴を履いて足をぬらさないようにするのも予防の一つ。長靴を外出先や職場で履き続けることに抵抗があるなら、持ち運びしやすい長靴を選ぶといい。

 干潟や湖沼などに行くことが多い野鳥愛好家の声を受けて開発された日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」(23〜29センチ、同4752円〜5832円)は、筒の部分をくるくると巻くとスニーカーぐらいの大きさになり、付属の巾着袋に入れて持ち運べる。通勤時に普段履いている靴を袋に入れて持って行き、職場では袋に長靴を入れておけばいい。



就寝前にマッサージで血行促進

血行促進効果のあるビタミンEが配合されている「ユースキンA」

 寝る前などに、血行促進効果のあるビタミンEが入ったクリームで足を優しくマッサージするのも効果的という。ユースキン製薬のスキンクリーム「ユースキンA」(120グラム、税抜き希望小売価格1240円)はビタミンE入りで、しもやけに効くクリーム。同社のホームページでは、マッサージの方法を紹介している。

 同社広報の五嶋文乃さんは「患部には少し多めに塗って、マッサージをすることでより効果が高まります。しもやけだけでなく、冷えや乾燥肌の予防にもなるので、毎日続けるのがお勧めです」と話す。(宮木優美)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20160216-OYT8T50005.html

ttp://archive.is/gUzr0
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ命名権、一生涯から3年間に 批判受け【神戸新聞NEXT2016年2月20日】(既報関連ソースあり)

 兵庫県教育委員会は19日、県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)で飼育するコウノトリの命名権を、ふるさと納税を30万円以上した人に贈るとしていた事業について、「一生涯」としていた期限を「3年間限定」に変更した。

 県へのふるさと納税の一部を野生復帰事業に充てるため、2016年度当初予算案で発表した。だが17日の発表後、豊岡市の中貝宗治市長が「コウノトリはいろんな人の支えで成り立ってきた。高額納税者だからといって命名させるのはどうか」などと指摘。県に再検討を申し入れた。

 これらを受け、県教委は「特別天然記念物の命名権に期限がないのはおかしい」と、3年間の期限を設けることにした。県教委の西明夫社会教育課長は「県民に混乱を招き申し訳ない」と陳謝した。(上田勇紀、若林幹夫)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008820499.shtml

ttp://archive.is/Uztls
兵庫県、ふるさと納税30万円以上で飼育中のコウノトリの命名権【知財情報局2016年2月19日】(既報2ソース)
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知 恐竜パーク騒音審議へ 緑区の環境審、3月下旬以降【中日新聞2016年2月20日】(オオタカ)

大高緑地の恐竜テーマパークについて議論した審議会=名古屋市緑区の緑保健所で

 緑区地域環境審議会が十九日、緑保健所(同区相原郷)であり、同区の県営公園「大高緑地」で計画される恐竜ロボットを設置する探検型テーマパーク「ディノアドベンチャーライド名古屋」について、騒音がもたらす、周辺生活や野鳥の環境面の影響を審議するため、三月下旬以降に臨時審議会を開くことを決めた。参考人として県の担当者に出席と資料提示を要請するが、強制力はなく県が対応するかは不透明だ。

 この日は、区民の調査審議申し立てを受け協議。「工事が今にも始まりそう。少しでも早く開催を」などと求める声が強く、審議会の開催を決めた。事務局の緑、南両保健所は、県との調整、準備の都合で、臨時審議会は早くとも三月第四週以降になるとした。

 県から地元説明がないことを疑問視する意見も相次ぎ、審議会規則により県担当者に出席を求めるか諮り、賛成多数で出席要請を決めた。周辺環境への影響などを十分審議できるよう資料作成も求めるが、事務局は「規則に強制力がないことだけはご理解を」と繰り返し強調した。

 事務局は申立人が求めた議題として▽恐竜ロボットがほえる声などの騒音が計画地から百メートルほどしか離れていない住民の生活環境に影響を与えないか▽渋滞の悪化、路上駐車増加の解決策はあるか▽オオタカなど野鳥が多く生息し、常時音を発することで生態系が変化しないか−の三点を紹介。このうち交通渋滞は審議会にそぐわないため、申立人と調整し対象から除いたと説明した。

 委員から、区長が知らないまま計画が発表されたこと、県の地元説明がまだない点、地元有志が対案を用意していることなどの発言があったが、事務局は「審議会は計画自体の是非を審議する場でなく、ビジョンも別の所での議論。環境への影響をどう緩和するかなどが議題になる」とけん制した。

 申立人本人が意見陳述したい意向だと明らかにされ、委員の一人は申立人出席も要望したが、稲葉静代緑保健所長は「審議会は委員で議論。申立人が入る議論は枠組みに沿わない」と答えた。一方、「早くできればいいと楽しみにする子どももいる」と述べる委員もいた。

 (室木泰彦)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160220/CK2016022002000055.html

ttp://archive.is/CQd9F
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクチョウ 被災地眺め北帰行【河北新報オンラインニュース2016年2月20日】

大沼から北へ飛び立つコハクチョウ。周囲はかさ上げ工事が進む=19日午前10時30分ごろ、仙台市若林区荒井

 渡り鳥の飛来地として知られる仙台市若林区荒井の大沼で、ハクチョウの北帰行が本格化している。穏やかな陽光が春を予感させた19日は、大きな白い翼を北に向かって広げた。
 大沼は東日本大震災の津波で被害を受けたが、2014年3月に復旧工事が完了。復活した「水鳥の楽園」は震災前と同じように、ハクチョウやカモ類などが越冬していた。
 日差しがきらめく水面(みなも)で群れをつくっていたのはコハクチョウたち。やがて、復興事業が進む沿岸部を眼下に眺めるように羽ばたいていった。(写真部・門田勲)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160220_13022.html

ttp://archive.is/ihIZ9
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする