2016年02月21日

気温高く風蓮湖に異変 氷下待ち網漁切り上げも/オオハクチョウもう飛来 2月の根室、真冬日8日間のみ【どうしんウェブ2016年2月21日】(オオワシ/オジロワシ)

風蓮湖で行われる氷下待ち網漁。温暖な気候を受け、切り上げる漁業者も出ている=3日
 【根室】2月に入って平年よりも気温が高い日が続く根室で、風蓮湖周辺に異変が起きている。湖面に張った氷が薄くなり、例年4月上旬まで行う風物詩の氷下待ち網漁を既に切り上げる漁業者が出てきた。一方、本州などで越冬したオオハクチョウが、早くもシベリアなど北の繁殖地に向かう途中、風蓮湖で羽を休める姿もみられる。

 2月に根室中心部で最高気温が平年より低くなったのは6日間にとどまり、真冬日を記録したのは8日間のみ。13日の最高気温は6・8度と春を思わせる陽気となり、19日も3月中旬並みの1・0度まで上がった。

 暖冬を受け、風蓮湖の氷は、例年になく早いスピードで解けている。氷下待ち網漁では毎年1月〜4月上旬、根室湾中部漁協に所属する約30戸がチカやコマイを捕るが、高温に加え、漁模様が思わしくないため中止する漁業者もいる。

 市内川口の漁業者は、4日連続で最高気温がプラスになった15日、仕掛けていた網を氷下から上げ、片付けた。「1月から水温が下がらず、氷の厚さは例年の3分の1ほどで薄い。スノーモービルで走ると危ないのでやめた」とこぼす。

 渡り鳥の一大飛来地である風蓮湖周辺には、例年より1カ月ほど早くオオハクチョウが飛来し始めた。温根沼大橋近くでは、既に100羽近くが湖面を白く埋めている。

 東北や北陸地方で越冬したオオハクチョウは例年、3月中旬ごろから中継地の根室に集まった後、ロシアを目指す。市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは「ハクチョウの渡りだけでなく、オオワシやオジロワシの北上も例年より早いかもしれない」とみる。(水野薫)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0237368.html

ttp://archive.is/nVe5H

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オシドリ 夙川で羽休め /兵庫【毎日新聞2016年2月21日】

夙川で撮影された雄のオシドリ=兵庫県西宮市で、古賀史郎さん提供
 西宮市の阪急夙川駅付近の夙川で今月18日、雄のオシドリ1羽が水面で羽を休めている様子を阪神南地域ビジョン委員の古賀史郎さん(69)=西宮市相生町=が撮影した。オシドリは渡り鳥で、雄は色鮮やかな羽が特徴。古賀さんは、約7年前から阪神間の山や川で生き物の写真を撮り続けているが、「夙川でオシドリを見たのは初めて」と驚いている。【柳楽未来】
http://mainichi.jp/articles/20160221/ddl/k28/040/249000c

ttp://archive.is/KZ8rt
タグ:オシドリ
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤギもヒツジも鶏も一緒 保育園で園児が世話 栃木【朝日新聞デジタル2016年2月21日】

ヤギを空き地へ連れ出す園児たち=栃木県壬生町壬生丁

 東武宇都宮線の国谷駅周辺を車で移動していると、予期せぬ風景が目に飛び込んできた。住宅地の空き地にヤギが4頭。周囲に人影はなく、柵もなければ、小屋もない。「なぜこんなところにヤギが?」

特集:どうぶつ新聞
 地元住民によると、空き地の近くに保育園があり、動物好きの園長が情操教育を兼ねて動物を飼育しているという。それにしても、なぜヤギは園内ではなく空き地にいるのか。気になって保育園を訪ねた。

 栃木県壬生町壬生丁の「ありんこ保育園」は1978年に開園。0歳から6歳までの園児約130人が在籍する。園内にはヤギ7頭のほか、ヒツジ3頭、アヒル2羽、鶏17羽、ウサギ17羽、犬4匹、猫1匹。餌の用意や飼育小屋の掃除など、動物の世話は園児が担っているという。

 園長の荒川富夫さん(65)は「動物と密に接することで何かを学んでほしい」と話す。30年前、荒川さんは知人から1頭のヒツジを引き取った。園内で飼ったところ、「思い通りにならないヒツジを相手に四苦八苦する園児の姿をみて、いい教育になる」と考えた。それから現在まで動物は増え続け、「まるで動物園のような保育園」になった。

 ログイン前の続き毎朝午前10時になると年長の園児たちがヤギを引き連れて空き地に向かう。「サクラは短気だから強く引っ張らないで」「ヨモギはのんびり屋さんだから、ゆっくりだよ」

 それぞれのヤギの性格を考えながら園児たちが声をかけあう。空き地は周辺住民から「除草」を条件に無料で使わせてもらっている。

 6歳の高橋陽茉莉ちゃんは「家では飼ってくれないから、保育園に動物がいっぱいいて楽しい」。記者が撮影したヤギたちの写真を眺めながら「動物が死んだら悲しいけど、赤ちゃんが生まれたり、言うことを聞いてくれるようになったりしたらうれしい」とほほ笑んだ。(竹内良介)
http://www.asahi.com/articles/ASJ295S07J29UUHB01D.html

ttp://archive.is/vmdg4
posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲレンデにアイドル ペンギン 二本松塩沢スキー場【福島民報2016年2月21日】(ケープペンギン/東北サファリパーク/既報1ソース)

 二本松市の二本松塩沢スキー場で20日、ペンギンとの触れ合いを楽しむイベントが始まった。子どもたちは「かわいい」と愛らしさに歓声を上げていた。
 「ペンギンふれあい広場」として初めて企画した。この日は近くの東北サファリパークで飼育されているケープペンギン二羽がゲレンデに登場し、スノーボードの上などで愛嬌(あいきょう)を振りまいた。
 スキー教室で訪れていた福島市の小学5年清水桜花(さくら)さん(11)は「初めてペンギンに触った。つるつるしていて、とてもかわいらしかった」と笑顔で話した。
 広場はシーズン中の毎週土・日曜日午後0時45分から約30分間限定で設ける。参加無料。問い合わせは塩沢スキー場 電話0243(24)2845へ。
http://www.minpo.jp/news/detail/2016022128986

雪上にペンギンが登場! 20日から二本松塩沢スキー場【福島民友ニュース2016年2月20日】
二本松塩沢スキー場で毎週土、日曜日に行われるペンギンふれあい広場(写真は幼稚園児を対象に行ったテスト時)
 二本松市塩沢温泉の二本松塩沢スキー場で20日から近くの東北サファリパークからペンギン2羽を連れてきての「ペンギンふれあい広場」が行われる。

 子どもたちにペンギンとの触れ合いを楽しんでもらおうと、初めて開催する。同スキー場のシーズン中、毎週土、日曜日に行われる。時間は午後0時45分から約30分で、参加無料。

 そり滑りに来た幼稚園児を対象に行ったテストでも愛らしいペンギンは大人気で、「かわいい」の声が上がっていた。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160220-051440.php

ttp://archive.is/MWYFe
ttp://archive.is/epN1J

マガン 北帰行に向け休息 むかわ /北海道【毎日新聞2016年2月21日】

 日本各地で越冬していた国の天然記念物マガンが、むかわ町田浦の水田に集まり、シベリアへの「北帰行」に向けて羽を休めている。雪が少なく、稲作が盛んな同町はマガンの中継地。「日本雁を保護する会」会員の谷岡隆さん(67)=新ひだか町中野町=によると、昨年と同じ今月18日に370羽が初飛来し、翌日には一気に2300羽に増えた。ピーク時には約6万羽になるという。【福島英博】
http://mainichi.jp/articles/20160221/ddl/k01/040/185000c

ttp://archive.is/Nsl5t
タグ:マガン
posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

におうぞ!持ち込み禁止物 関空の検疫探知犬【YOMIURI ONLINE2016年2月21日】(鳥インフルエンザ)

荷物の検査に向かう検疫探知犬のフジ(関西空港で)
 関西空港で活躍する検疫探知犬が、新年度から2匹増え、開港以来最多の6匹で水際対策にあたることになった。訪日外国人(インバウンド)の増加に伴い、国内への持ち込みが規制されている肉製品や果物などが急増しているためだ。関空では格安航空会社(LCC)の就航増で、さらなるインバウンドの増加も見込まれており、農林水産省は検疫体制を強化する。(斎藤孔成)

 2月中旬、第1ターミナルビル1階にある手荷物引渡場。中国・上海からの便が到着し、旅客の荷物を載せたターンテーブルが回り始めると、同省動物検疫所関空支所の検疫探知犬2匹が、動き始めた。フジとセシル。ともに3歳の雄のビーグルだ。

 旅客の足元を縫うようにせわしなく動き回りながら荷物のにおいをかぐ。間もなく、スーツケースの上に載ったかばんに何度か鼻を近づけると、お座りをした。「探知」のサインだ。

果物のにおいを探知したフジが、お座りしてハンドラーの遠藤さんに知らせる
果物のにおいを探知したフジが、お座りしてハンドラーの遠藤さんに知らせる
 すぐにハンドラーで家畜防疫官の遠藤まり絵さん(31)が、持ち主の女性を近くのカウンターに案内し、説明を始めた。手には、中国語などで果物など持ち込めない品を書いたボード。やがて女性はかばんからビニール袋を取り出した。中にはミカンやバナナ。いずれも日本には持ち込めない。女性は、その場で放棄することに同意した。

 検疫探知犬は、口蹄疫こうていえきや鳥インフルエンザといった家畜の伝染病や、農産物の害虫の侵入を防ぐ重要な役割を担っており、ハムやソーセージなどの肉製品や、果物をはじめとする農産物をかぎ分けられるよう訓練を受けている。

 海外の先進事例を受け、日本では2005年に初めて成田空港で導入。関空では08年に2匹、昨年5月にフジとセシルが加わり、4匹となった。

 同支所によると、関空で検疫探知犬が摘発した肉製品など畜産物の数量は、2014年は約4・8トン。15年は就航便数増加の影響もあり、5月から4匹で対応したことから、前年比で毎月1・5〜2倍の数量に増えたという。

 国内の空港で働く検疫探知犬は、全てビーグルだ。優れた嗅覚を持ち、見た目もかわいい。威圧的でないことなどが理由という。フジもセシルも、米国内にある米農務省のトレーニングセンターで訓練を受けてから関空に配属。遠藤さんらハンドラーも、渡米して研修を受けた。

 「旅のおやつやおみやげとして、果物やポークジャーキーなどの肉製品を持ってこられる方が多いようです」と遠藤さんは話す。手作りのギョーザや肉まんを持ち込もうとして、検疫探知犬が見つけたケースもあったという。

 同支所の大友浩幸次長は「検疫のシステムを知らずに持ってくる外国人旅客も多い。日本から海外に出かけた場合も、現地でおみやげとして買った品物が日本に持ち込めないことがあるので、十分に注意してほしい」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160220-OYTNT50374.html

ttp://archive.is/7Snrm
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクガン 谷津干潟に…絶滅危惧種【YOMIURI ONLINE2016年2月21日】

 国の天然記念物に指定されている渡り鳥のコクガン1羽の飛来が、習志野市秋津の「谷津干潟自然観察センター」で確認された。

 コクガンは環境省のレッドデータブックの絶滅危惧種で、全身黒色で首の周りに白い模様があるのが特徴。シベリアで繁殖し、北海道や東北の海岸で越冬する。

 センターの職員が18日に姿を確認し、20日にはカモの仲間に交ざり休憩したりアオサを食べたりしている様子が見られたという。

 県内への飛来は珍しいといい、同センターで確認されたのは3羽が飛来した2011年12月以来。
http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20160220-OYTNT50343.html

ttp://archive.is/QS4bU
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪)もずやんの歌「タッタカもずやん」完成【朝日新聞デジタル2016年2月21日】(鳥類意匠/府の鳥/モズ/他1ソース)

「タッタカもずやん」のプロモーションビデオ=府提供

 府の広報担当副知事のキャラクター「もずやん」の歌「タッタカもずやん」が完成し、吹田市の万博記念公園で20日、お披露目された。歌詞6カ所を公募。全国から211件の応募があり、「世界のおおさか食いだおれ」など府内や札幌市の7人の案が採用された。

 歌は2番までで、約3分50秒。プロモーションビデオ(PV)にはアイドルグループ「NMB48」の加藤夕夏さんと日下このみさんが出演。2人の歌に合わせ、もずやんが「3日間ほぼ徹夜で練習した」(担当者)という軽快なダンスを見せる。松井一郎知事は「くまモンやふなっしーに知名度ではまったく負けている。歌をあちらこちらで口ずさんで頂くことで、知名度が上がる」と話した。

 PVは後日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。(太田成美)

 ログイン前の続き    ◇

「タッタカもずやん」(1番)

もずもずやあん ぱやぱやぱやあん もずもずやあん

僕の名前を知ってるかい

僕の名前はもずもずやん

大阪府鳥のもずやねん

ももももずもず もずもずやん

今日のランチはなににしよう

そうや たこ焼きにしよう

アツアツ焼きたての まるまるたこ焼きに

ソースに青のり マヨネーズ かつお節

おだしでもいいけどね

「いただきまーす、やで!!」

世界の おおさか 食いだおれ

おおさか 名物 大阪産(もん)

いいもん うまいもん

大阪産やもん

みんなでFu! おーさかFu!

大阪パワーでがんばるで

もずもずやあん ぱやぱやぱやあん もずもずやあん

もずもずやあん ぱやぱやぱやあん もずもずやあん

※太字は公募歌詞
http://www.asahi.com/articles/ASJ2M7QT3J2MPTIL01Y.html

大阪府広報担当「もずやん」の歌披露 「くまモン目指して」知事がハッパ【産経ニュース2016年2月21日】
 府の広報担当副知事を務める「もずやん」のテーマソングを披露して、もずやんを応援する「もずやんともずやんの友だちがやってくる」が20日、もずやんの居住地とされる万博記念公園(大阪府吹田市)で開かれた。約3分40秒のアップテンポな曲に、もずやんはご機嫌の様子。今後、イベントなどで使われるという。

 テーマ曲のタイトルは、「タッタカもずやん」。昨年12月に歌詞の一部を公募し、「●世界のおおさか食いだおれ−」「●強いぞ早いぞ なんでもいちばん−」など7人の歌詞が採用された。

 この日は、くまモン(熊本県)をはじめ大勢のゆるキャラが応援に駆けつけたなかで表彰式を開催。入賞者に表彰状と旬の生鮮食料品詰め合わせのほか、「産経新聞 大阪ラーメン もずやんパッケージ」(24個入り)が贈られた。表彰式に出席した松井一郎知事は「くまモンを目指し、もっと仕事をしてほしい」とハッパをかけていた。

 歌詞の公募には、府内のほか北海道や広島県、愛媛県などから計211件の応募があったという。

●=歌記号
http://www.sankei.com/region/news/160221/rgn1602210045-n1.html

ttp://archive.is/55Muk
ttp://archive.is/XrLkq
posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物や人体、精密な博物画の世界 福井市美術館で企画展開幕【福井新聞ONLINE2016年2月21日】(鳥類)

多種多様な動植物の図画が並ぶ「美術の目でみる博物展」=20日、福井市美術館

 「美術の目でみる博物展」(福井新聞社共催)が20日、福井市美術館で開幕した。動植物や人体の構造を詳細に描いた科学的資料をはじめ、少ない情報をもとに未知の動物を表現した創造性豊かな作品など、江戸時代から現代までの国内外の約130点を一堂に紹介。親子連れらが大勢訪れ、作品それぞれの時代背景に思いをはせながら「図画の博物館」を満喫していた。

 16世紀以降、欧州では自然の造形物を科学的に分析し、保存や記録をするようになった。日本でも江戸期以降、医学目的で正確な図を記録したり、外国の図鑑や版画を参考にして写実的に優れた図画が次々と描かれ、後世の多くの作家に刺激を与えてきた。

 展示会では、動物や鳥類、魚類、昆虫、植物、人体ごとに作品を紹介している。江戸中期の絵師、谷文晁の日本画「犀」(1790年)は、情報の基となった北方ルネサンスの巨匠アルブレヒト・デューラーの木版画(1515年)と併せて展示。鎧を着たような胴体や蹄など当時、欧州の人々が抱いていたイメージが、遠く離れた日本でも信じられていたことが分かる。

 江戸末期に高木春山が20年かけて制作した「本草図説」は、全192巻のうち31巻を集めた。固有種から外来種まで多種多様な動植物を、岩絵の具を使って忠実に描写している。カッパなど空想上の生き物を表現した作品もある。横浜市のイラストレーター杉浦千里(1962〜2001年)が、カニやエビを図鑑用に描いた15点も並ぶ。

 同級生と3人で鑑賞していた小学4年のアトキンソン大君は「江戸時代のものでも細かく立体的に描かれていた。絵から飛び出してきそうで、博物館や水族館にいるみたい」と驚いていた。

 同展は3月27日まで(3月14日までの毎週月曜と同22日休館)。一般千円、高校大学生500円、小中学生200円。関連イベントとして、2月21日と3月13日の午後2時から、担当学芸員の解説会がある。問い合わせは同館=電話0776(33)2990。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/89846.html

ttp://archive.is/0StqR
タグ:イベント
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜辺の生き物大集合 茅ケ崎で3月6日まで【神奈川新聞ニュース2016年2月21日】(野鳥標本)

横に広く根を張る砂浜特有の植物などを展示した特別展=茅ケ崎市文化資料館
 茅ケ崎の浜辺の生物を知ってもらおうと、茅ケ崎市文化資料館の市民ボランティアらが4年がかりで拾い集めた植物や昆虫、貝などの標本を展示する特別展「茅ケ崎の海岸のいきものたち」が3月6日まで、同資料館(同市中海岸)で開かれている。

 ハマヒルガオやハマボウフウなど横に長く根を広げて張る砂浜に特有の植物のほか、幼虫がアシタバなどの葉を食べて育つキアゲハ、砂浜を掘ってすむスナガニなどの甲殻類や貝、野鳥など約250点の標本を展示している。

 同資料館のボランティア「自然資料整理グループ」の市民17人と学芸員らが2012年から春と秋に砂防林より南側の約6キロの浜辺を歩いて調査した。それまでは神社や野鳥、谷戸の生物など山側の調査が多かったことから、初めて浜辺を対象にした。

 同資料館の須藤格学芸員は「近くにある海の生物に親しみを持つきっかけになれば。川のごみや海草を分解してくれる虫たちがいて、その栄養を吸収して植物が育ち、キアゲハもいるという自然のサイクルにも目を向けてほしい」と話している。

 入場無料。原則月曜休館。JR茅ケ崎駅南口から徒歩15分。問い合わせは、同資料館電話0467(85)1733。
http://www.kanaloco.jp/article/153959/

ttp://archive.is/QrRjV
タグ:イベント
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする