2016年02月22日

北海道)外国人旅行者の誘致にモデル指定 釧路【朝日新聞デジタル2016年2月22日】

結氷した湖上での遊びを楽しむ台湾からの観光客=釧路市の阿寒湖

 訪日した外国人旅行者を誘客する国のモデル事業「観光立国ショーケース」に、釧路市が選ばれた。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年度に向け、市は受け入れ態勢を整え、国は関係省庁が連携して支援するという。

 釧路市には「阿寒国立公園」「釧路湿原国立公園」と二つの国立公園があり、特別天然記念物のマリモやタンチョウ、アイヌ文化といった観光資源がある。

 「観光立国ショーケース」は、20年度までに世界に通用する魅力ある観光地域づくりをめざすもの。釧路市は、応募した全国10市の中から金沢、長崎両市とともに選ばれた。今後、釧路市や市内の二つの観光協会が外国人旅行者の受け入れ組織を設立するという。

 また、外国人旅行者のマーケティング調査やSNSを活用した調査などを実施。Wi―Fi環境や2次交通ネットワークなどを整備していくという。

 同市の外国人の延べ宿泊者数は14年度で約10万2千人。台湾からの旅行者が多く、同年度は約5万4千人が宿泊した。

 市は20年度に外国人宿泊者を約27万人まで増やすことをめざしており、台湾や中国などアジア圏をターゲットにツアー会社などへのプロモーションや阿寒湖温泉地区での外国語ガイドの人材育成などを展開する費用として約3900万円を新年度予算案に計上した。

 蝦名大也市長は新年度予算発表の際、「国にバックアップしてほしい」と期待をかけた。(佐藤靖)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2866V3J28IIPE02T.html

ttp://archive.is/mYaPG

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サシバ 早春の野山に 秋に飛来し越冬 奄美群島 /鹿児島【毎日新聞2016年2月22日】

奄美で冬を越すサシバ
 奄美群島で、毎年秋に飛来し、冬を越す野鳥のサシバが、早春の野山で「ピックイー」と甲高い鳴き声を響かせている。

 タカ科で体長は約50センチ、体色は茶褐色。奄美の各島では空を優雅に舞い、野山や農耕地の電柱や木の枝で獲物のネズミや昆虫などを狙う冬鳥として知られる。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類されている。

 奄美野鳥の会によると「東南アジアまで南下する個体もいる。4月には繁殖地の本州に北上していく」という。【神田和明】
http://mainichi.jp/articles/20160222/ddl/k46/040/223000c

ttp://archive.is/DFSAD
タグ:奄美 サシバ
posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ 北へ飛び立つ 越辺川周辺 /埼玉【毎日新聞2016年2月22日】

 坂戸市と川島町の境を流れる越辺(おっぺ)川周辺で越冬していたコハクチョウのほとんどが21日朝までに、北の空へと飛び立っていった=写真・日報連会員の山崎雅光さん撮影。後には、一昨年春前から羽にけがをして飛べなくなっている1羽が残された。

 観察を続けている山崎さんらによると、越辺川のコハクチョウは昨年は10月中旬に初飛来。今月4日には130羽以上を数えたが、中旬以降は数羽以上の群れとなって次々と北方へ帰って行くようになり、20日には二十数羽に減っていた。

 越辺川のコハクチョウ北帰行(ほっきこう)は例年、2月下旬から3月にかけてが多い。今年は暖冬の影響か、飛来数がやや少なかったうえ、21日朝の気温が高かったことから例年より早まったとみられる。【中山信】
http://mainichi.jp/articles/20160222/ddl/k11/040/229000c

ttp://archive.is/p7hrC
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憂楽帳 カラスで分かる【毎日新聞2016年2月22日】(関連1ソース)

 カラスやツバメなど身近な鳥類と都市の関係を調べる「都市鳥研究会」の顧問、唐沢孝一さん(72)ら76人は昨年末、東京都心のカラスの個体数を調べた。5年に1回のペースで1985年から続く調査の7回目。明治神宮など都内3カ所のねぐらに帰る個体数を、ビルの屋上から数える。方々から飛来するため、1カ所あたり約25人を張り付ける人海戦術だ。

 速報値によると、2000年の1万8664羽をピークに減少が続き、15年12月は4816羽。最少だったバブル景気直前の85年6727羽を下回った。唐沢さんいわく予想される原因は、えさとなるゴミが分別収集や防護ネットで減った▽カラスを襲うオオタカなどの猛禽類(もうきんるい)が都心の緑地に増えた▽都の捕獲が続いている−−だという。

 「自然って、数十年の単位で調べてみないと分からないものですね」と唐沢さん。前々回あたりから、建物の屋上を借りにくくなり、調査を通して世相の変化も体感しているという。次回は東京五輪後の年末。カラスはどんな都市の変化を伝えるのか。【望月麻紀】
http://mainichi.jp/articles/20160222/dde/041/070/062000c

ttp://archive.is/NPw6j
【社会】都心のカラス激減 対策徹底でピーク時の1/4【東京新聞2016年2月22日】
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とらえた一瞬、吉本さん最優秀 徳山動物園写真コン【山口新聞2016年2月22日】(ベンガルワシミミズク)

写真コンテストで最優秀賞を獲得した吉本房俊さん=21日、周南市
周南市の徳山動物園で21日、写真コンテストの表彰式があり、ベンガルワシミミズクが輪をくぐり抜ける瞬間を撮影した同市樋口の会社員、吉本房俊さん(42)の作品が最優秀賞に選ばれた。応募作品の展示は3月16日まで。

同園の動物をテーマに昨年12月から1月末まで作品を募集。市内外のアマチュアカメラマンなどから71点の応募があり、審査員が入選作品10点を選んだ。

会場には全応募作品を展示。昨年6月に生まれたアムールトラの赤ちゃんが毛づくろいをしている様子を捉えた作品やあくびをするフクロウ、スリランカゾウのミリンダとナマリーが鼻をからませてじゃれ合っている写真など動物たちが見せる一瞬の表情を切り取った作品が並んでいる。

各地の動物園や水族館で動物の写真を撮影している吉本さんは「動物は同じ写真が撮れないところが魅力。これからもたくさん撮影したい」と話した。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0222/7p.html

ttp://archive.is/3kYs5

津 「群れからはぐれたか」 安濃ダムで白鳥の湖=y伊勢新聞2016年2月22日】(コブハクチョウ)

【安濃ダムに飛来した白鳥=津市芸濃町河内で】

【津】白鳥一羽が津市芸濃町河内の安濃ダム湖に飛来し、羽を休めている。

 白鳥は越冬のため初冬に日本列島を訪れ、春に旅立つ。住民によると、昨年十一月ごろやって来て、湖内を周遊して過ごしている。住民から餌をもらったり、植物をついばんでいる。

 近くの市営宿泊施設「錫杖湖水荘」の職員は白鳥の飛来は初めてと話し、「群れからはぐれたのだろうか。無事に飛び立ってほしい」と気をもみつつ、「群れと一緒にまた来てくれたら」と期待した。
http://www.isenp.co.jp/news/20160222/news02.htm

ttp://archive.is/W40oV
posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会】都心のカラス激減 対策徹底でピーク時の1/4【東京新聞2016年2月22日】(関連1ソース)

都心で激減しているカラス=東京都渋谷区の代々木公園で(堀内洋助撮影)

 東京都心に生息するカラスが激減していることが、都市部の鳥類を調査している都市鳥研究会の調査で分かった。ピークだった十五年前の四分の一で、調査を始めた一九八五年以来最少。都が進めた捕獲作戦や、餌となるごみの対策を徹底したことが影響しているとみられる。 (小形佳奈) 
 研究会では八五年から五年ごとに、豊島岡墓地(文京区)、明治神宮(渋谷区)、国立科学博物館付属自然教育園(港区)の三カ所で冬の夕方、ねぐらに集まるカラスの数を数えてきた。昨年十二月十九日の調査では、三カ所で四千八百十六羽となり、前回の二〇一〇年調査から三千羽近く減少した。
 ピークだった〇〇年の一万八千六百六十四羽の四分の一に減り、調査を始めた三十年前の六千七百二十七羽をも下回った。研究会代表の唐沢孝一さん(72)は「兵糧攻めと捕獲作戦が大きい」と解説する。
 路上に出されたごみを荒らすなど、都会の社会問題だったカラス対策に着手したのは、都の石原慎太郎元知事。〇一年度から着手し、専門チームをつくって大型わなで捕獲したほか、ごみの深夜・早朝収集を実行。ごみ減量、集積場にかける鳥よけネットの普及が進んだこともあり、都が都内四十カ所で行ってきた生息数調査でも〇一年度の三万六千四百羽が、一四年度には一万四千九百羽まで減少した。
 さらに、唐沢さんは「カラスの天敵であるオオタカやノスリといった猛禽(もうきん)類が都心で繁殖するようになったのも一因」とみる。皇居や明治神宮では猛禽類に襲われたと思われるカラスの死骸を確認した。皇居にすむタヌキのふんからカラスの羽が出てきたこともあり、「オオタカの食べ残しをタヌキが食べているのではないか」と推測する。
 カラスはごみを荒らしたり、鳴き声がうるさかったりする半面、植物の実を食べて種をふんとして排出することで、生態系の維持に役立っている側面もある。
 唐沢さんは「子どもたちに自然と共存することの大切さを伝えるためにも、カラスの存在は必要。都心のカラスが問題になる以前の一九六〇、七〇年代の推定三千羽が適正数ではないか」と話している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201602/CK2016022202000208.html

ttp://archive.is/qrLY4
憂楽帳 カラスで分かる【毎日新聞2016年2月22日】
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオタカ希少種解除へ 県内団体が反対の声…「トキの二の舞い」危惧【埼玉新聞2016年2月22日】

オオタカの幼鳥(おおたかの森トラスト提供)
 環境省は猛きん類のオオタカについて、種の保存法で営巣地を保護する「国内希少野生動植物種」の指定を解除する方針を固め、全国で意見交換会(説明会)を始めた。生息数が回復し絶滅の恐れがないと判断したという。オオタカは里山の生態系に位置し、長く自然保護の象徴とされてきた。県内の自然保護団体は「武蔵野の森の開発によって雑木林などの生息地が年々減少し、トキの二の舞いになる」と指摘し、環境省の方針に強く反対している。

 オオタカは体長約50〜70センチで九州以北に生息。埼玉県内では主に西部の雑木林に住み、小鳥やカモ、ネズミなどを捕らえて食べる。

 高度経済成長期の宅地開発などの影響を受け、1984年には全国で300〜489羽となった。環境省は93年の種の保存法施行と同時に国内希少野生動植物種に指定した。

 オオタカは乱開発に歯止めをかけるシンボルとされてきた。生息する土地の所有者らには営巣の際の保護が同法で義務付けられている。圏央道や県道東京狭山線の建設では、営巣期間中に工事をストップしたり、道路上にネットを設置したりするなどの保護策を講じた。生息数は増加し、2008年には関東地方周辺でも推計約5800羽が確認されるまでになったという。

 環境省が作成したレッドリスト(絶滅の恐れのある野生生物の種のリスト)では06、12年の2回にわたり絶滅危惧から準絶滅危惧に”格下げ”。14年10月には中央環境審議会の小委員会で、指定解除の方針の合意を得た。解除されれば08年のルリカケスに次いで2例目となる。

 しかし指定解除に伴い、オオタカの生息環境が一層狭まることを危惧する声もある。

 所沢市の市民団体「おおたかの森トラスト」の足立圭子代表は「武蔵野の平地林に宅地開発が入ると、オオタカがすめなくなって毎年同じ場所に営巣できなかったり、営巣を放棄したりする。巣立っていく森がなくなるのではないか」と指摘。「調査は不十分。指定を解除するなら予算措置をしてオオタカの森を担保するのが筋ではないか」と批判する。

 環境省は「捕獲や輸出入、転売を禁じ生息数の減少を防ぐ」とし、解除の実施に向けて説明会を開始した。埼玉など関東地方向けの説明会は3月5日、東京都内で開かれる。

 県はオオタカの保護について「従来と同様に鳥獣保護法に基づき、開発業者には配慮を求めていく」としている。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/02/22/09.html

ttp://archive.is/aNQOF
タグ:オオタカ
posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天売猫、ペットで役立てて 札幌でシンポ、旭山動物園長が講演【どうしんウェブ2016年2月22日】(海鳥被害)

ペットとしての猫の役割について講演する旭山動物園の坂東園長
 「海鳥の楽園」と呼ばれる留萌管内羽幌町の天売島での野生化した猫による海鳥の被害を受け、猫を捕獲してペットとして引き取ってもらう取り組みに関するシンポジウムが21日、札幌市中央区で開かれた。市民ら約70人が参加した。

 羽幌町や環境省などが設立した「人と海鳥と猫が共生する天売島連絡協議会」が主催した。

 シンポジウムでは、環境省羽幌自然保護官事務所の竹中康進さんが、天売島の野良猫の現状と対策について紹介。同島ではこの数十年間で、ウミガラスやウミネコなどの海鳥が激減したことを挙げ、「野良猫が(卵やヒナを)捕食したり、繁殖地に現れることで、親鳥がその場所を放棄してしまう」との実情を話した。

 天売島で捕獲した猫を人に慣れさせる訓練を手伝っている旭川市旭山動物園の坂東元園長は「猫は愛玩動物としてだけではなく、ネズミを寄せ付けないという人間の生活を守る役割も担っている」と話し、ペットとしての猫の役目を説明した。

 会場では、猫の飼い主を探す譲渡会も行われ、天売島で捕獲された猫や道内の保健所に収容された計38匹が展示された。(綱島康之)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0237735.html

ttp://archive.is/zZYl2
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物 佐渡のトキ、繁殖期迎え灰黒色の「生殖羽」に【産経フォト2016年2月22日】

水田で水浴びをするトキの成鳥3羽。首から分泌される物質を体に塗って灰黒色の生殖羽に変化する=18日午後、新潟県佐渡市(大山文兄撮影)
キヤノン EOS-1D X:EF800mm F5.6L IS USM
水田で水浴びをするトキの成鳥3羽と真っ白な体の昨年生まれの若鳥。繁殖期を迎えた成鳥は、首から分泌される物質を体に塗って灰黒色の生殖羽に変化する=18日午後、新潟県佐渡市(大山文兄撮影)
 新潟県佐渡市の水田で18日、国の天然記念物のトキ8羽が次々と水浴びを行い、黒い生殖羽に変化する様子が観察された。
 真っ白な羽をイメージするトキだが、繁殖期に入った成鳥は、首の周りから分泌される物質を体に塗りつけ、雄雌ともに灰黒色の生殖羽に変化していく。昨年生まれの若鳥2羽も同じく水浴びを繰り返していたが、繁殖年齢に達していないため、生殖羽へは変化しなかった。
 今期は暖冬の影響もあり、生殖羽への変化が初めて観察されたのは昨年12月だった。環境省などによると、18日までに巣作りや巣材となる枝の運び込みなどの観察はまだ行われておらず、本格的な繁殖期は3月上旬頃からになるという。
(写真報道局 大山文兄)
http://www.sankei.com/photo/photojournal/news/160219/jnl1602190001-n1.html

ttp://archive.is/N91DL
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍鳥「ヤツガシラ」対馬に飛来【YOMIURI ONLINE2016年2月22日】

羽を休め、長旅の疲れを癒やすヤツガシラ(山村辰美さん撮影)
 珍しい渡り鳥「ヤツガシラ」が対馬市上県町井口浜に飛来し、同町佐護の山村辰美さん(71)が、撮影に成功した。越冬地の東南アジアなどからの北帰行の途中に立ち寄ったとみられる。

 頭部に扇を広げたようになる冠羽、翼と尾には白と黒色のしま模様があるのが特徴で、体長は約30センチ。夏場に欧州から中国にかけての広い地域で繁殖し、日本には春と秋の渡りの途中、まれに飛来することがあるという。

 19日午前9時半頃、井口浜を通る海岸道路の草地に姿を現し、細長く下に曲がったくちばしで餌をついばんでいる様子を撮影した。

 山村さんは「今は鳥の移動の時期。春を連れてきたようだ」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20160221-OYTNT50066.html

ttp://archive.is/gXKam
タグ:ヤツガシラ
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする