2016年03月13日

「丹波野鳥の会」会長 梅津節雄さん(丹波市氷上町小野)鳥通して環境に関心を【丹波新聞2016年3月13日】

 会員(約25人)を対象にした観察会を年に4、5回開催し、野鳥の魅力や自然の奥深さを伝えている。ツバメのねぐらやガン・カモ(水鳥)類の調査なども実施し、ライフワークとしては、丹波地域に生息しているワシやタカをはじめとする猛禽類の調査と、その撮影に力を入れている。
 野鳥に心ひかれるようになったきっかけは小学4年生の冬。銀世界の畑に立つ杭のてっぺんに見慣れぬ青い小鳥がとまった。「ルリビタキのオスでした。真っ白な背景に瑠璃色が映え、世の中にこんな美しい生きものがいるんだと感動をおぼえました」と振り返る。このできごと以降、野鳥を追いかける日々が始まった。
 「鎮守の森でアオバズク(フクロウの仲間)を探し回ったり、スズメのヒナ欲しさに屋根瓦をめくって父親に叱られたりしたこともあった」と少年時代を懐かしむ。
 社会人となり生活環境が大きく変化したことで、野鳥とのかかわりはしばらく途絶えたが、40歳を前に“野鳥魂”が再燃。友人らと定期的に観察会を開くようになり、2000年11月、ついに「丹波野鳥の会」を立ち上げた。
 「鳥は環境に敏感な生きもの。鳥が数多くくらしているところは、人にとっても健康に過ごせる場所。鳥を通して、その背景に広がる自然環境にも興味や関心を持ってもらえれば」。
 「将来、丹波地域で撮影した野鳥の写真集を出してみたいし、写真展もやれたら」と夢は膨らむ。
 今月中旬には、冬鳥と夏鳥が入れ替わる「渡り」が始まる。ツバメの飛来も間もなくだ。62歳。
http://tanba.jp/modules/about/index.php?page=article&storyid=602

ttp://archive.is/dgaCl

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太平洋越え米から飛来?アメリカコアジサシ、国内初確認【朝日新聞デジタル2016年3月13日】(記事タイトル内容変更あり/既報3ソース)

茨城県神栖市で14年7月に捕獲されたアメリカコアジサシ=山階鳥類研究所提供
[PR]
 北米に生息する海鳥アメリカコアジサシが渡来したことが国内で初めて確認された。東アジア地域でも確認は初めてという。山階鳥類研究所(千葉県)が発表した。

特集:どうぶつ新聞
 同研究所の茂田良光研究員らが、2014年7月に茨城県神栖市の海岸でコアジサシの調査中、2羽のアメリカコアジサシを捕獲した。そのうち1羽は足環(あしわ)がついており、12年7月に米北部のノースダコタ州で捕獲・放鳥されたことがわかった。神栖市まで直線距離で8934キロ離れている。

 アメリカコアジサシはカモメ科の海鳥で全長23センチ。北米と西インド諸島の砂浜や干潟などで繁殖し、冬には中南米で越冬する。日本で夏に繁殖するコアジサシと同種とされてきたが、鳴き声と形態が違うことから1970年代後半から別種として扱われている。

 茂田さんは「近年分布が広がり、太平洋のハワイやミッドウェー諸島での繁殖が見られる。日本に定期的に渡来しているかは不明だが、今後も調査していく必要がある」と話す。(香取啓介)
http://www.asahi.com/articles/ASJ316QNTJ31ULBJ016.html

北米から茨城、飛んで8900キロ超 アメリカコアジサシ、国内初確認【朝日新聞デジタル2016年3月7日】
茨城県神栖市で14年7月に捕獲されたアメリカコアジサシ=山階鳥類研究所提供
 北米に生息する海鳥アメリカコアジサシが渡来したことが国内で初めて確認された。山階鳥類研究所(千葉県)が発表した。

 同研究所の茂田良光研究員らが、2014年7月に茨城県神栖市の海岸でコアジサシの調査中、2羽のアメリカコアジサシを捕獲した。そのうち1羽は足環(あしわ)がついており、12年7月に米北部ログイン前の続きのノースダコタ州で捕獲・放鳥されたことがわかった。神栖市まで直線距離で8934キロ離れている。

 アメリカコアジサシはカモメ科の海鳥で全長23センチ。北米と西インド諸島の砂浜や干潟などで繁殖し、冬には中南米で越冬する。

 茂田さんは「近年分布が広がり、太平洋のハワイやミッドウェー諸島での繁殖が見られる」と話す。(香取啓介)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12246068.html

北米の海鳥、国内初確認 茨城まで8900キロ渡る【産経ニュース2016年3月1日】
茨城県神栖市で確認されたアメリカコアジサシ(山階鳥類研究所提供)
 山階鳥類研究所(千葉県)は1日、北米に生息する海鳥アメリカコアジサシの渡来が平成26年、国内で初めて茨城県神栖市で確認されたと発表した。東アジア全体でも確認された例はなく、非常に珍しいという。

 同研究所によると、26年7月18日、神栖市の須田浜海岸でコアジサシの調査中、2羽のアメリカコアジサシを見つけた。このうち1羽は、足環から24(2012)年7月に米国ノースダコタ州で放鳥されたと判明。神栖市まで直線距離で8934キロ飛んできたことになる。

 アメリカコアジサシは全長23センチほどで、夏に日本に渡来するコアジサシの近縁。北米の沿岸部で繁殖し、中南米やハワイなどに渡って冬を越す。

 同研究所の茂田良光研究員は「越冬地に向かう中継地点として日本に立ち寄ったのではないか。定期的に日本に渡来している可能性もあり、今後の調査で明らかにしたい」と話している。
http://www.sankei.com/life/news/160301/lif1603010045-n1.html

北米の海鳥、日本国内で初確認 茨城まで8900キロ渡る【共同通信2016年3月1日】
茨城県神栖市で確認されたアメリカコアジサシ(山階鳥類研究所提供)
 山階鳥類研究所(千葉県)は1日、北米に生息する海鳥アメリカコアジサシの渡来が2014年、国内で初めて茨城県神栖市で確認されたと発表した。東アジア全体でも確認された例はなく、非常に珍しいという。

 同研究所によると、14年7月18日、神栖市の須田浜海岸でコアジサシの調査中、2羽のアメリカコアジサシを見つけた。このうち1羽は、足環から12年7月に米国ノースダコタ州で放鳥されたと判明。神栖市まで直線距離で8934キロ飛んできたことになる。

 アメリカコアジサシは全長23センチほどで、夏に日本に渡来するコアジサシの近縁。
http://this.kiji.is/77369161219950077?c=39546741839462401

ttp://archive.is/bTcuc
ttp://archive.is/GggHO
ttp://archive.is/rZZCE
ttp://archive.is/XUiZU
posted by BNJ at 22:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本一美しい」カエル、鳴き声も隠れ家も小鳥? 奄美【朝日新聞デジタル2016年3月13日】

【動画】小鳥のように鳴くアマミイシカワガエル=外尾誠撮影

のどの「鳴囊(めいのう)」と呼ばれる部分を膨らませて鳴くアマミイシカワガエル=鹿児島県の奄美大島、外尾誠撮影

 「キョーッ」。春めいてきた鹿児島・奄美大島の亜熱帯の森に響く小鳥のような美しい鳴き声。繁殖期を迎えたアマミイシカワガエルの雄だ。

 5年前に新種に認定された島の固有種。雄はのどを膨らませて鳴き、雌を誘う。黄緑の体に黒や金の斑点があり、「日本一美しいカエル」ともいわれる。

 主に水辺で暮らすが、天敵のハブやカラスから身を守るため、木の空洞を「隠れ家」にして過ごすことも。美声だけでなく、行動も小鳥に似ている?
http://www.asahi.com/articles/ASJ3F0HV6J3DTLTB00K.html

ttp://archive.is/p3fLV
posted by BNJ at 22:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍鳥ヘラサギ 夏羽の装いで飛来 米子水鳥公園【産経WEST2016年3月13日】

米子水鳥公園に飛来した夏羽のヘラサギ
 鳥取県米子市の米子水鳥公園に、夏羽の装いとなった渡り鳥のヘラサギ1羽が飛来した。

 国内では珍しいヘラサギだが、同公園には約3カ月ぶりに訪れた。全身白色の冬羽とは異なり、後頭部の長い冠(かん)羽(う)と胸が黄金色に染まる夏羽特有の姿を披露している。成鳥とみられ、黒いしゃもじ状のくちばしを左右に振りながら、餌のスジエビなどを探している。全長85センチ程度。

 東アジアでは、主に中国中部で繁殖、同南部などで越冬する。日本にも少数が渡来し、同公園の神谷要館長は「春の渡りシーズンで、短い滞在となりそう」と話している。
http://www.sankei.com/west/news/160313/wst1603130022-n1.html

ttp://archive.is/uwCS3
タグ:ヘラサギ
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探訪】佐渡、冬のトキ 自然児ペアの2世に期待【産経ニュース2016年3月13日】

灰黒色の生殖羽に変化した自然界生まれの4歳雄(左)。右の個体は足輪がなく年齢、性別とも不明。佐渡のトキの約3割は自然界生まれだ=2月16日(大山文兄撮影)
 佐渡島(新潟県佐渡市)で野生復帰を目指すトキが、平成20年に初めて放鳥されて8度目の繁殖期を迎え、例年にない注目を集めている。一昨年、自然界で巣立った31羽のうち約20羽が繁殖に加わり、両親とも自然界生まれのトキによる2世誕生が期待されているからだ。

 昨年初めて雄雌とも自然界生まれのペア2組が誕生したが、いずれも途中で抱卵を放棄した。新潟大学の永田尚志教授(保全生態学)は「繁殖1年目による経験不足」とみるが、これまで繁殖に失敗した原因の約半数は未解明。「理由が分からなければ対策もとれない」(永田教授)ため、巣の観察強化は喫緊の課題になっている。

 だが、最も難しいのは巣の発見だ。モニタリングチームは、過去に営巣した場所を中心に探索する。今期は昨年より約20組多い60組近いペアの誕生が予想されている。多くの場合、新しいペアは新たな場所に営巣するため発見は難しい。目撃情報と繁殖期特有の鳴き声だけが頼りだ。

 日本野鳥の会佐渡支部副支部長の土屋正起さんは「トキは鳴き声が大きいため、巣の位置は鳴き声で分かる」と話す。営巣場所をめぐる争いでも大きな鳴き声が響く。弱い雄は、強い雄に雌と巣の両方を奪われることがあるという。

 こんな中、最近になって関係者が気にしているのは、生息数増加に伴う市民の関心低下。電話やメールで寄せられる目撃情報は年々、減少しているといい、永田教授は「昨年は全ての巣を見つけたが今年もそうとは限らない。普段はいない場所でトキを見たら一報を」と切望する。市民の目撃情報がトキの生態解明のカギを握っている。(写真報道局 大山文兄)

                    ◇

 動画は「産経フォト」sankei.com/photo/、または「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

 ■掲載写真お分けします

 掲載写真を実費でお分けします。問い合わせは、産経ビジュアル(電)03・3275・8775(午前11時〜午後7時)。ホームページはhttp://chizai−visual.sankei.co.jp/

http://www.sankei.com/life/news/160313/lif1603130034-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/160313/lif1603130034-n2.html
http://www.sankei.com/life/news/160313/lif1603130034-n3.html

ttp://archive.is/8j0z8
ttp://archive.is/XAFoQ
ttp://archive.is/A5j1z
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

門川のカンムリウミスズメ 移動ルート解明【宮崎日日新聞2016年3月13日】

 門川町の枇榔(びろう)島で繁殖する国の天然記念物・カンムリウミスズメが、繁殖後に北海道、ロシア極東沿岸まで北上し、日本海を通って島に帰ってくることが宮崎大農学部講師の中村豊さん(64)の調査で判明した。大半を海上で過ごすため、繁殖時期以外の詳しい生態は不明だった。中村さんは「より正確なルートを調査し保護活動に役立てたい」と話している。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_17815.html

ttp://archive.is/YV3tT
posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪)伝書鳩と成長はばたく 幼児生活団で卒業式【朝日新聞デジタル2016年3月13日】(既報関連ソースあり)

卒業式で自分たちで作った伝書鳩の歌を歌う9人=大阪市住吉区

 昨年11月に朝日新聞大阪本社(大阪市北区)から伝書鳩(でんしょばと)を飛ばした幼児教育施設「大阪友の会 幼児生活団」(同市住吉区)の6歳組の9人が12日、卒業式を迎えた。この1年、卵からヒナをかえし、一人前の伝書鳩にするための訓練に取り組んだ。飛び立った後、戻ってこない鳩もおり、命の大切さを含めて多くのことを学び、生活団を巣立った。

 「二上山(にじょうざん)に全員で登りました。景色のいい場所から鳩に手紙をつけて飛ばしました」。大きな地図の前で、指示棒を使って発表する子どもたち。代わる代わる壇上に立ち、模造紙に大きく描いた絵や自作のぬいぐるみを使って、2人1組で鳩小屋の掃除や餌やりの当番をしたこと、少しずつ遠くから飛ばして無事戻って来るよう訓練したことなどを説明した。吉田聖(さとし)君(6)は「生活団の鳩はみんなが訓練したから優秀です」と胸を張った。

 生活団では約半世紀前から伝書鳩の飼育に取り組んできた。長年、鳩のルーツがわからなかったが、朝日新聞大阪本社から鳩を譲り受けていたことが一昨年の冬に判明。その子孫となる12羽を昨年11月26日に同社13階から飛ばした。ただ、直前まで荒れ模様の天気だったこともあり、1羽が戻らなかった。

 ログイン前の続き子どもたちは冬休みの宿題で、帰ってこない鳩たちを思い、物語を考えた。伊豆和音(わおん)さん(6)は鳩の絵を画用紙に描き、「ほかのハトとあそびながら、さがしつづけているのかなあ」と書き添えた。指導者の原節子さん(56)は「子どもたちは今でも『帰ってきた?』と尋ねてくる。ずっと待つ姿が印象的で、家族のように思う気持ちが育っていると感じた」と話す。

 2月10日には、約100キロ離れた滋賀県彦根市の彦根城で最後の訓練に挑んだ。かごから飛び立った11羽は雪の残る琵琶湖畔を背に風に立ち向かうようにして飛んでいったが、4羽が戻らなかった。この1年で25羽いた鳩は15羽になり、「オオタカに襲われたか、頭の中の磁石が壊れたのかな」と子どもたち。後藤那波さん(6)は鳩がいつ戻ってきてもいいよう、掃除当番を頑張った。

 3月4日、2羽のひながかえった。6日後に小屋をのぞくと目が開いていて、「かわいい」と江田要君(6)。母親のさやかさん(39)は「鳩を育てることで周りの友だちの命、自分の命の大切さを学んでくれたと思う」と振り返った。

 4月には小学1年生。生活団では新たに6歳組になる子どもたちが鳩の飼育を引き継ぐ。「大事にしてほしいな」と田川いちかさん(6)。鳩たちを後輩に託し、施設を後にした。(大蔦幸)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3C5T5CJ3CPTIL02C.html

ttp://archive.is/pkCNx
子どもと成長した伝書鳩 新聞社で活躍の子孫、空に舞う【朝日新聞デジタル2015年11月27日】
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須磨海浜水族園、ペンギン館での記念撮影OK 兵庫【産経ニュース2016年3月13日】(マゼランペンギン)

 神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)は12日、新設したペンギン館屋外広場の内覧会を開いた。同広場は19日にリニューアルオープンする。

 同園ではマゼランペンギン56羽を飼育。岩場などがある屋外スペース約200平方メートルを新たに設けた。これまで水槽越しに見ていたペンギンを間近に見ることができる。毎日20組限定で、記念写真も撮影できる(千円、先着順)。

 この日は約30人を招待。来園者はペンギンに餌をあげたり、記念撮影をするなどして楽しんだ=写真
http://www.sankei.com/region/news/160313/rgn1603130032-n1.html

ttp://archive.is/T2MsJ