2016年03月17日

野生動物保護 使用禁止の農薬の犠牲になる野鳥【SWI swissinfo.ch2016年3月17日】(スイスジュネーブ)

ジュネーブ州では、数年前にスイス国内で禁止されたはずの農薬で、アカトビが中毒になる事例が相次いでいる。そのような中スイスは、野鳥の保護に懸命に取り組んでいる。(RTS/swissinfo.ch)
カルボフランは、トウモロコシ、カブ、タマネギ、マッシュルームなどを寄生虫から守るための化学農薬だ。スイスでは2011年に使用禁止が決定され、農家は13年までに使用を中止するよう言い渡されていた。
だが今年になって、ジュネーブ州の自治体ジャントにある野鳥のリハビリセンターに、カルボフラン中毒のアカトビが数羽運ばれてきた。この状況から、同センターの職員は、近辺農家がまだこの農薬を不法に使用し続けていると考えている。
スイスは過去数十年にわたりアカトビの保護に努めており、その成果も見え始めていた。アカトビが欧州各国で減少する一方で、スイスではその数が増え始めていたのだ。スイスで3番目に大きな鳥の種類に数えられるアカトビは、欧州連合(EU)のガイドラインなどで保護の対象になっている。
アカトビは、農薬中毒以外にも、風力発電機、電力線、狩猟などによる危機にさらされ、また生息地を失ったり、観光客やハイキング客によって巣を作る場所が荒らされたりするなどして絶滅の危機にさらされている。
http://www.swissinfo.ch/jpn/multimedia/%E9%87%8E%E7%94%9F%E5%8B%95%E7%89%A9%E4%BF%9D%E8%AD%B7_%E4%BD%BF%E7%94%A8%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AE%E8%BE%B2%E8%96%AC%E3%81%AE%E7%8A%A0%E7%89%B2%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%87%8E%E9%B3%A5/42023986

ttp://archive.is/ks9K0

posted by BNJ at 23:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードストライク増加…過去3年間で最多に 航空機の損傷も/台湾【中央社フォーカス台湾2016年3月18日】

(台北 17日 中央社)飛航安全基金会の調べで、鳥が航空機に衝突するバードストライクが2015年の台湾で226回発生していたことが分かった。これによる航空機への損傷は14回。2013年以降年々増加している実態が浮き彫りとなった。

2013年は110回(うち航空機の損傷1回)、2014年は145回(同7回)だった。最も発生が多いのは台湾桃園国際空港で、2015年は113回だった。

同基金会によると、バードストライクは渡り鳥の移動や繁殖の時期となる4月〜10月に多発し、特に7月から9月はピークに達するという。

空港周辺では猟銃や網、かかし、爆発音などを使って鳥を追い払っているが、根本的な解決にはなっていない。航空機の損傷は航空会社の負担につながるため、今後の対策強化が急がれている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)
http://japan.cna.com.tw/search/201603170001.aspx

ttp://archive.is/fyzLT
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鴨川シーワールドで海の動物たちと身長測定!?体験型デジタル遊具「すくすくスケールR」期間限定で登場 2016年3月19日(土)〜5月8日(日) トロピカルアイランド無限の海にて【プレスリリース2016年3月17日】(オウサマペンギン)

〜開催中のインスタグラムキャンペーン『鴨シー楽シーフォトコンテスト』と連動企画〜「♯鴨すく2016」に投稿!めざせ「すくすくスケールR賞」

株式会社グランビスタ ホテル&リゾート 2016年3月17日 15時30分

鴨川シーワールドで海の動物たちと身長測定!?
体験型デジタル遊具「すくすくスケールR」期間限定で登場
2016年3月19日(土)〜5月8日(日) トロピカルアイランド無限の海にて
〜開催中のインスタグラムキャンペーン『鴨シー楽シーフォトコンテスト』と連動企画〜
「♯鴨すく2016」に投稿!めざせ「すくすくスケールR賞」
 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都中央区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である、鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:荒井一利)では、体験型デジタル遊具「すくすくスケールR」を2016年3月19日(土)〜5月8日(日)の期間限定で設置いたします。


 「すくすくスケールR」は誰もが知っている身長測定器をソニーPCL(株)独自開発のデジタル技術によって進化させた、体験型デジタル遊具です。体験者がディスプレイ前の指定位置に立つと、自動的に身長が計測され、体験者の身長と同じくらいの背丈をもつ鴨川シーワールドの海の動物たちがディスプレイに登場。その後、撮影タイムを設けているため、海の動物たちとの記念写真も撮ることができます。

 本プログラム内容は鴨川シーワールドオリジナルとなっており、身長に応じて、オウサマペンギンやモモイロペリカン、トド、セイウチなど12種類の海の動物たちに加え、シークレット動物もディスプレイに登場します。お子様から大人まで、見ている人も測る人も楽しめるアトラクションです。

 なお、本アトラクションでは、現在開催中のインスタグラムキャンペーン『鴨シー楽シーフォトコンテスト』と連動し、フォトコンテストの中に新たに「すくすくスケールR賞」を設けました。自分と同じ身長の海の動物と並んで撮影した写真に、ハッシュタグ「♯鴨すく2016」を付けて投稿してください。見事「すくすくスケールR賞」に選出された方にはソニー製4K対応アクションカム「FDR-X1000V」が贈られます。
詳しくは公式ホームページ内(http://www.kamogawa-seaworld.jp/event/eventinfo/sukusuku.html)でご確認ください。


【「すくすくスケールR」設置概要】

実施期間:2016年3月19日(土)〜5月8日(日)
実施場所:トロピカルアイランド無限の海
概要:身長測定とともに、体験者と同じくらいの身長の鴨川シーワールドの海の動物たちと記念撮影ができます。身長に応じて、オウサマペンギンやモモイロペリカン、トド、セイウチなど12種類の海の動物たちが、+ある特定の条件下ではシークレット動物も登場!


【鴨シー楽シーフォトコンテスト 概要】
実施期間: 2016年5月8日(日)まで開催中
参加方法: 鴨川シーワールド内で「楽しい体験や感動シーン」を撮影し、ハッシュタグ「#鴨シー楽シー」を付ける、もしくは、「すくすくスケールR」に登場する海の動物と並んで撮影した写真にハッシュタグ「♯鴨すく2016」をつけてインスタグラムに投稿してください
注意事項: 鴨川シーワールドへ入園の際には入園料金がかかります
賞 品: ☆大賞
    ・夏休み「ロッキーワールド・ナイトステイ」招待券(4名様1組)
  ☆特別賞
 ・鴨川シーワールド入園券&レストラン「オーシャン」のコースランチ(2名様分)
    ☆すくすくスケールR賞
  ・ソニー製4K対応アクションカム「FDR-X1000V」(1名様)
詳細URL: https://tagplus.jp/kamosea-tanosea-cp/
※選考結果は鴨川シーワールド公式ホームページ上で5月中旬に発表の予定です
※「すくすくスケール」はソニーPCL株式会社の登録商標です

■鴨川シーワールド概要
名称 : 鴨川シーワールド
所在地 : 〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
TEL : 04-7093-4803
開業 : 1970年10月1日
開園時間 : 午前9:00〜午後5:00 (冬期の一部期間は午後4時閉園)
休館日 : 不定休
入園料 : 大人¥2,800、小人(4歳〜中学生)¥1,400、
学生(高校・大学・専門学校生)¥2,200、65歳以上の方¥2,100
アクセス : 車:館山自動車道君津I.C.より約35km、JR:東京駅から約2時間、
アクアライン高速バス:東京駅から約2時間
URL:http://www.kamogawa-seaworld.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kamosea Twitter:https://twitter.com/kamoseaOfficial

800種11,000点の海の動物を展示。海の王者シャチをはじめ、イルカ、アシカ、ベルーガ 4つの動物パフォーマンスが人気!ご家族や友人、そして大切な人とともに、海の仲間たちとの楽しい癒しのひと時をお楽しみください。
※鴨川シーワールドは、グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。

■グランビスタホテル&リゾートについて
グランビスタ ホテル&リゾートは、北海道で初めての本格的洋式ホテルとして誕生した北の迎賓館・札幌グランド
ホテルを有し、全国各地にシティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館、総合海洋レジャー施設、ゴルフ場、ハイウエイレストランなどの施設運営を通じ、ホテル運営受託事業、物販事業を展開、地域とともに歩んでいます。
企業名 : 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
所在地 : 東京都中央区新川1-26-9
創立 : 1958年8月27日 資本金: 1億円
代表取締役社長 : 須田 貞則
TEL : 03-3297-8611
URL:http://www.granvista.co.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/granvista.co.jp

≪施設一覧≫
札幌グランドホテル ・札幌パークホテル ・ホテル大阪ベイタワー ・熊本ホテルキャッスル ・銀座グランドホテル・章月グランドホテル ・黒部観光ホテル ・白良荘グランドホテル ・鴨川シーワールド ・鴨川シーワールドホテル ・苫小牧ゴルフリゾート72・ホテルゆもと登別 ・ホテル・ザ・ルーテル ・佐野ハイウエイレストラン ・足柄ハイウエイレストラン ・大津ハイウエイレストラン 熱海ビーチライン

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000289.000007398.html

ttp://archive.is/Fl9rY
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐竜の脚持つニワトリ胚を作成 遺伝子操作で「先祖返り」、研究【AFPBB News2016年3月17日】

ロシア・モスクワで開かれた農業見本市で展示されたひよこ(2013年10月9日撮影、資料写真)。(c)AFP/KIRILL KUDRYAVTSEV
【3月16日 AFP】遺伝子操作によって、恐竜のような脚を形成するニワトリの胚を作成したとする研究が今月、学術誌エボリューション(Evolution)に掲載された。獣脚類の恐竜から鳥類への進化の接点に焦点を当てる研究だ。

 研究を行ったチリ大学(University of Chile)の研究者6人のうちの1人、アレクサンダー・バルガス(Alexander Vargas)氏は15日、AFPの取材に「ニワトリの胚における脚の初期の成熟を阻害すると、ニワトリの脚の形が恐竜の形に先祖返りする」と説明し、「結果として、恐竜の脚を持ったニワトリの胚ができた」と語った。

 獣脚類の恐竜は当初肉食だったものの、やがて進化して植物や昆虫を食べるようになった。鳥類は、1億4500万年以上前のジュラ紀に、小型の獣脚類から進化した。

 研究チームは、鳥類が恐竜のような腓骨を持っていた時期を突き止めようと考え、人間を含むあらゆる動物に共通する遺伝子「Indian Hedgehog Homolog」を操作し、初期段階の発達を遅らせたところ、ニワトリの腓骨がかつて恐竜が持っていた管状の形に変化したという。

 バルガス氏は同研究について、鳥類と恐竜との間のつながりに光をあてるだけでなく、進化における遺伝子変化の役割についても明らかにするものだと語った。

 また、成熟過程の初期に介入することで、進化の途上において骨が保持していた特徴を再生することができるという仮説を確認することができたと、同論文は述べている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3080642

ttp://archive.is/06ph3
posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユース環境活動 佐屋高が特別賞 アヒル農法とホタル繁殖 /愛知【毎日新聞2016年3月17日】

 高校生が実践している優れた環境活動を表彰する「第1回全国ユース環境活動発表大会」(独立行政法人環境再生保全機構など主催)が東京都内で開かれた。全国から131校の応募があり、審査の結果、「アヒル農法」の稲作と蛍の自然繁殖を手がける県立佐屋高(愛西市)の研究グループ「除草戦隊アヒレンジャー」が、「高校生が選ぶ特別賞」を受賞した。

 アヒル農法は、水田10アールにアヒル30羽を放って雑草や害虫を食べさせ、農薬や化学肥料を一切使わず米を生産する農法。佐屋高は以前、広く知られるアイガモ農法を実施していたが、アヒルはアイガモより雑草や害虫を食べる量が多いうえ、大きな水かきで水を濁らせ、雑草を抑える効果がより大きいなど利点が多いことから6年前に変更した。校内の水田だけでなく、地域農家にもアヒルを貸し出して喜ばれている。アヒルを入れた水田は生物多様性が保全されているが、蛍だけは見られなかったため、グループは蛍を繁殖させているNPO法人から幼虫の提供を受け、水田での自然繁殖に成功した。発表大会で、生物生産科作物専攻2年の沼澤楓子(ふうこ)さん、渡辺夕貴(ゆき)さんが、童謡「ほたるこい」を冒頭で口ずさみ、会場の注目を集めた。

 亀嶋浩之教諭(55)は「高校生たちにアヒルの可愛らしさや親しみやすさ、アヒルと蛍のコラボをアピールできました」と喜びを語った。
http://mainichi.jp/articles/20160317/ddl/k23/040/140000c

ttp://archive.is/K1hfF
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道発 イベント情報 催し ろうどくの小径 他【YOMIURI ONLINE2016年3月17日】(石狩南防風林観察会)

 ◆ろうどくの小径

 20日午後1時、中央区・中央図書館(3階講堂)。ドラマチック・リーディング・グループ「さ・く・ら」と「蔵」のメンバーが、松本清張「張り込み」、角田光代「名前」など4編を。当日受け付け。さ・く・ら事務局011・562・8205。

 ◆あなたもチャレンジ前衛書!!

 22日午前10時、中央区・教育文化会館(4階研修室401)。大きな筆と大きな紙を使い、自由な発想で書に挑戦する。筆、紙は主催者で用意。2000円。要申し込み。19日までに、竹下青蘭さん011・251・1006か、桜庭青泉さん090・2056・8272。

 ◆石狩南防風林 観察会

 19日午前10時、石狩市・花川南4の3のバス停留所前に集合。同防風林で野鳥と冬芽を観察する。100円(傷害保険料)。スノーシューやかんじき、長靴など、野外活動ができる暖かい服装で。北海道自然観察協議会・後藤さん0133・74・2293。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/event/fest/20160317-OYTBT50020.html

ttp://archive.is/Zt3BK
タグ:イベント
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワウ対策協でアユ漁被害防止へ【中国新聞アルファ2016年3月17日】

ねぐらの木に止まるカワウの群れ(2011年、三次市三良坂町の灰塚ダム)
 広島県北部の河川でカワウによるアユなどの漁業被害を防ぐため、江の川、高梁川水系の7漁協と三次など4市町、県などが16日、県北部カワウ対策協議会を設立した。連携して、実態調査や駆除などの対策を進める。
(ここまで 100文字/記事全文 423文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=230420&comment_sub_id=0&category_id=110

ttp://archive.is/YiUNq
タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワウねぐら伐採、被害拡散? 京都、周辺は飛び火懸念【京都新聞2016年3月17日】

伐採が進む桂川右岸の竹林。水面に張り出した竹はカワウ(左上)のふんで白く汚れている(1日、京都市伏見区)
 京都府内最大のカワウの集団ねぐらがある桂川右岸(京都市伏見区)の竹林を、国土交通省淀川河川事務所が伐採している。アユを食べたり、ふんで樹木が枯れたりするなどの被害が出るため「水辺のやっかいもの」視されるカワウが、伐採により他地域に移動する可能性が高く、漁業協同組合や周辺自治体などが神経をとがらせている。

 伐採しているのは、久我橋下流の3・6ヘクタール。2013年9月の台風18号では近くで水が堤防を越え、一帯約20ヘクタールが浸水した。このため、同事務所が河床を掘り下げて流量を増やす工事の前段として昨年10月から伐採を始めた。

 しかし、竹林にはカワウ730羽(日本野鳥の会京都支部調べ)が夜に集まるねぐらがある。同事務所は、工事を一時中断して府や専門家の意見を聞いたが、伐採により移動するカワウのモニタリング調査を継続するとして、2月から伐採を再開した。

 カワウによる被害は、繁殖地となっている琵琶湖の竹生島で樹木がふんで枯れたことで知られる。東京でも、国指定文化財の浜離宮庭園で樹齢300年のタブノキが枯れ、1996年に大がかりな追い出し作戦を実施した。

 伐採地の上流には竹林や池のある桂離宮があるほか、京都市内の寺社の庭園にねぐらを移した場合も、ふんによる景観被害が出る可能性がある。

 府内水面漁協連合会によると、カワウによる食害は近年拡大傾向にあり、「治水工事でやむを得ないが、伐採を深刻に受け止めている。府内に拡散するのではないか。各漁協では見回りを強化したり、テグスを張ったりしているが、カワウが賢くて効果が上がらない」と危惧する。

 滋賀県は捕獲による生息数調整に取り組んでいる。県自然保護課は「来てほしくないが、伐採するなともいえない。調査を頻繁にして見守りたい」と警戒する。

 生態に詳しい須川恒龍谷大講師は「押し出された集団がサギの営巣地に入り込み、繁殖する可能性もある。行き先を継続的に調査することが重要」と話す。

 淀川河川事務所は「環境への配慮は希少種という観点が主で、たくさんいるカワウは対象外だった。調査から周辺への影響を注視したい」としている。
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20160317000038

ttp://archive.is/csX49
タグ:カワウ 鳥害
posted by BNJ at 22:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 カモ料理の伝統学ぶ 大聖寺で料理長ら 治部煮や串焼き【中日新聞2016年3月17日】

(上)実物の坂網で猟の説明をする山ぎしの調理師(下)勉強会で提供された串焼きなどのカモ料理=いずれも加賀市大聖寺東町の料亭「山ぎし」で

 江戸時代から続く加賀市の伝統猟法「坂網猟」で捕獲したカモの料理法を学ぶ加賀調理師会主催の勉強会が十六日、加賀市大聖寺東町の料亭「山ぎし」で開かれ、市内温泉旅館の料理長ら四十五人が参加した。

 市片野町の鴨池周辺で行われる坂網猟は毎年十一月十五日から三カ月間だけが猟期で、野生のカモ二百〜三百羽しか捕れない。市内では現在、山ぎしと料亭「ばん亭」の二店舗だけが、捕獲したカモの料理を提供している。

 勉強会は五年前から年二回開かれているが、カモ料理に取り組み始めたのは昨年秋からで今回が二回目。貴重な十五羽のカモを使い、本格料亭の治部煮、鴨(かも)串焼き、大根おろしを使ったみぞれ和(あ)え、鴨釜飯の四品が提供された。また、坂網猟のやり方の説明もあった。

 加賀調理師会の大丸谷幸三会長は「みぞれ和えや串焼きは調理師でもあまり食べたことがない。料亭の料理を参考にして、温泉旅館でも夏以降、カモ料理を提供していきたい」と話した。 (古田秀陽)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20160317/CK2016031702000034.html

ttp://archive.is/e9Kff
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

繁華街のカラス対策 タカを使った実証実験【NHKニュース2016年3月16日】

路上にゴミを散乱させる繁華街のカラスを追い払おうと、天敵とされるタカを使った実証実験が16日から東京・渋谷区で始まりました。
この実証実験は、東京・渋谷の繁華街で夜間に飲食店などから出されたゴミがカラスによって散乱するのを防ごうと、渋谷区やNPOが協力して初めて行われました。
16日午前6時から行われた実験には、佐賀県武雄市の「たか匠」、石橋美里さんが飼育しているタカが使われ、石橋さんたちは車などで繁華街を移動しながら、路上でゴミをあさっているカラスの群れを見つけては手元からタカを放ち、カラスを追い払っていました。この中では、カラスの側も集団でタカを囲むなどして抵抗する様子も見られました。
石橋さんは「渋谷にはハトもたくさんいるため集中できないなどの難しさもありますが、カラスに恐怖を与えることができたと思うので、手応えを感じました」と話していました。
また、渋谷区の環境政策アドバイザーを務める松嶋範行さんは「今回の実験結果を基に、今後、タカをどのように活用していくのか検討を進めるとともに、飲食店などにカラスの餌となるゴミ出しのルールを徹底するよう呼びかけ、きれいな街作りに取り組んでいきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160316/k10010445021000.html

ttp://archive.is/ecYsf
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる! 野鳥観察に役立つ一冊。株式会社誠文堂新光社【プレスリリース2016年3月17日】(『日本の野鳥識別図鑑』)

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年3月10日(木)に、『日本の野鳥識別図鑑』を刊行いたしました。


本書は、身近に見られる鳥と日本で一般的に見られる野鳥を観察するときに役立つ識別図鑑です。アヒルやガチョウなどの家禽、ガビチョウやソウシチョウなどの移入種を含めた474種を掲載。迷鳥など滅多に見ることができない種は掲載していませんが、見られる確立が高い種や観察される頻度の高い種はほぼ掲載し、紛らわしさを排除して調べやすくしました。
初心者の方でも野鳥観察を十分に楽しめるよう、専門用語をわかりやすい言葉に置き換え、野鳥の体色はよく表現される「褐色」では表さず、日常で目にしたり、表現したりする「色」で表しています。

巻頭にはフィールドなどで見た野鳥を本書の図鑑から見つけやすくするためのインデックスページ、「早見チャート」があります。まずはこのページから情報を知りたい野鳥を見つけ出してください。その後記された図鑑のページをめくるとその野鳥の特徴や見分け方がわかる構成になっています。同じページの中に似ている野鳥を集めましたので、色や形からひと目で比較できます。
フィールドで扱える大きさなので、屋内・屋外を問わずご活用いただけます。



早見チャート(アトリの仲間)

図鑑(キツツキの仲間)

【目次】
はじめに
早見チャート
野鳥の見分け方のポイント
用語解説
各部位の名称
本書の使い方
日本産鳥類リスト
日本の野鳥
生息環境と観察のポイント
和名索引
撮影データ
参考文献
<コラム>
 カモ類の採食方法
 ガン類を見に行こう
 托卵鳥
 シギとチドリの違い
 聞きなし
 ソングポスト
 カラ類の混群
 初列風切と参列風切の関係
 木の実と野鳥

【著者プロフィール】
中野泰敬(なかの・やすのり)
1961 年、東京都中野区生まれ。大学時代、YMCA で地域ボランティアとして活動し、その中でバードウォッチングに触れる。卒業後、野鳥写真を扱うフォトライブラリーに入社。そこで野鳥写真に興味をもちカメラマンを目指すようになる。一時、福島県に転居し、福島市小鳥の森のレンジャーを務め、現在は写真家という肩書の中、年間50 本以上のバードウォッチングツアーのガイドとして、国内外問わず飛び回っている。主な著書に『野鳥ガイド』『四季で探す野鳥ハンドブック』(新星出版社)・『1 年で120 種の野鳥と出合う本』(文一総合出版)などがある。

叶内拓哉(かのうち・たくや)
1946 年、東京都生まれ。子どものころから動植物に興味をもつ。東京農業大学農学部卒業。卒業後9 年間、造園業に従事し、その後野鳥写真家として独立、現在に至る。おもな著書・共著書に『山渓ハンディ図鑑 新版 日本の野鳥』『くらべてわかる 野鳥』(山と渓谷社)、『絵解きで野鳥が識別できる本』『ほんわか鳥日和』『野鳥と木の実と庭づくり』(文一総合出版)、『365 日出会う大自然 野鳥』(誠文堂新光社)などがある。

永井凱巳(ながい・よしみ)
1944 年、三重県松阪市生まれ。(財)日本野鳥の会や(財)鳥類保護連盟などのカレンダーで写真を採用され、また図鑑などでも野鳥の写真を提供している。おもなものに『日本の美しい鳥』(学研)、『日本の野鳥』(山と渓谷社)、『比べて識別野鳥図鑑670』(文一総合出版)などがある。また、2011 年から2016 年( 株) フクダ電子のカレンダー全写真を提供している。

【書籍概要】
書 名:『日本の野鳥識別図鑑』
著 者:中野恭敬、叶内拓哉、永井凱巳
仕 様:A5変形判、336ページ
定 価:3,000円+税
配本日:2016年3月10日(木)
ISBN:978-4-416-51610-2

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店:http://bit.ly/22mm5vi
楽天ブックス:http://bit.ly/1ppqRX2
ヨドバシ.com:http://bit.ly/1UhCoEI
Amazon:http://amzn.to/1UBrpVC

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000012109.html

ttp://archive.is/gwTNo

Amazon.co.jp

日本の野鳥識別図鑑: 知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる!

新品価格
¥3,240から
(2016/3/17 22:06時点)




楽天市場

【送料無料】 日本の野鳥識別図鑑 知りたい野鳥が早見チャートですぐわかる! / 中野泰敬 【図鑑】

価格:3,240円
(2016/3/17 22:07時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20年の悲願!30回もの悲しみを乗り越え…山奥の「カフェ」でペンギンの赤ちゃん誕生〜ペンギンのいるカフェ「バランタイン」で今もすくすく成長中! 〜【プレスリリース2016年3月17日】

 全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」に出店する、神戸新聞社推薦「カフェ&スイーツ バランタイン」(兵庫県三木市)で、2016年2月12日ケープペンギンの赤ちゃんが2羽誕生しました。現在、条約により海外からのペンギンの輸入は大変に厳しく制限され、また国内での繁殖は非常に珍しい中で、飼育から20年の時を経て、初めてふ化に成功。1ヵ月経ち、無事にすくすくと育ち、カフェに訪れる客を楽しませています。

全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」( http://www.47club.jp/ )に出店する、神戸新聞社推薦「カフェ&スイーツ バランタイン」(兵庫県三木市)で、2016年2月12日ケープペンギンの赤ちゃんが2羽誕生しました。現在、条約により海外からのペンギンの輸入は大変に厳しく制限され、また国内での繁殖は非常に珍しい中で、飼育から20年の時を経て、初めてふ化に成功。1ヵ月経ち、無事にすくすくと育ち、カフェに訪れる客を楽しませています。
http://prtimes.jp/a/?f=d14886-20160317-7454.pdf


国内繁殖は動物園でも数年に1度
山に囲まれた兵庫県の一軒家カフェで、奇跡の誕生


「カフェ&スイーツ バランタイン」では阪神淡路大震災の翌年から4羽のケープペンギンの飼育をスタート。2012年秋には、当時5歳のメアリー(♀)を迎え、現在、ストイコビッチ(♂)・オブライアン(♂)・マックス(♀)・ジェーン(♀)の5羽がカフェの人気者として多くのお客様を楽しませています。

野生のケープペンギンはワシントン条約により商取引の禁止対象。
輸入が大変に厳しく制限され、さらに国内での繁殖は
動物園でも数年に1度と非常に珍しいケース。


カフェでは20年のあいだに、これまでも約30回以上も卵を産んでいましたが、残念ながら赤ちゃんの誕生には至りませんでした。このたびメアリーちゃん(♀)がオブライアン(♂)との間に赤ちゃんを授かり2016年1月5日に産卵。メアリーちゃんは器用にくちばしを使って自ら作った巣で約40日、大事に大事に卵を温め続け、20年来の悲願、遂に赤ちゃんペンギンが2羽誕生しました。


まもなく巣立ち!誕生から1ヵ月、元気にすくすく成長中


出産後のオブライアンとメアリーは警戒心が強まる一方、毎朝・夕、小屋の掃除を行うオーナーのお尻をつつきエサをねだるなど食欲旺盛。
一生懸命ピイピイとさえずり、エサを求める雛たちを献身的に育て赤ちゃんペンギンはすくすくと成長中。

このたびのふ化の噂を聞きつけ、連日店内はお客様で大賑わい。まもなくして巣から出れば、ますますお客様を楽しませる新アイドルにのしあがる日も近いでしょう。





カフェの名物は年間5万個売れる”さつま芋三昧”スイーツのオリジナルケーキ
〜4月末まで 赤ちゃんペンギン誕生記念キャンペーン実施中〜



「カフェ&スイーツ バランタイン」の代名詞とも言える人気商品が、オーナーの鳥居さんが作るその名も
「とりいさん家の芋ケーキ」。徳島県鳴門市里浦町でとれる鳴門金時「里娘」をケーキ全体の50%に使用。
ふんわりやさしいさつま芋ムースと、スイートポテトのようなペーストを重ね、表面をパリッと香ばしくキャラメリゼ。周りに焼き芋スライスを敷きつめたまさに芋三昧のオリジナルケーキ。このケーキひとつで全てのさつま芋スイーツが味わえると、店内はもちろんお持ち帰り、お取り寄せで大変人気。昨年は年間約5万個販売しました。


【とりいさん家の芋ケーキ】 Sサイズ 1,900円(税込)  ※他 M・Lサイズ有り
http://www.47club.jp/31M-000078ybv/goods/detail/10022353


■赤ちゃんペンギン誕生記念キャンペーン★商品ご購入で次回使えるクーポンプレゼント■
赤ちゃんペンギンの誕生を記念して、人気看板スイーツ「とりいさん家の芋ケーキ」など、47CLUBで「バランタイン」の商品をご購入いただいた方に、次回同店のお買い物で使えるクーポンがもらえるキャンペーンを実施中。

≪キャンペーン概要≫
■期間    :2016年3月17日〜2016年4月30日
■対象商品 :「カフェ バランタイン」47CLUBショップ 販売商品
■URL    : http://www.47club.jp/31M-000078ybv
■内容   :商品ご購入者に次回使えるクーポンプレゼント



自称「サツマイモ大国」国王のオーナーも笑顔でお客様をお迎え。ケープペンギンと並ぶ、お店のアイドルです。





<店舗情報>
カフェ&スイーツ バランタイン

■所在地 :〒673-0423
      兵庫県三木市宿原293-3
■電話番号:0794-82-5919
■営業時間:11:00〜21:00(L.O 20:30)
      ※木定休
■URL  :http://www.ballantaine.com/





                 ■地方のことならお任せください!■


47CLUBは、「地方を元気に 日本を豊かに」を合言葉に、2007年にスタート。
全国の地方新聞社が発掘・ 厳選した、地域の商材を販売するインターネットショッピングサイトです。
今で はインターネット販売のみならず、B to B販売、百貨店催事販売、海外販売など、全国の事業者様の販路拡大課題、また商品開発課題に対してのソリューションやサポートを行う事業展開を行っています。
現在、サイト 「47CLUB」 では、約1300ショップが合計約3万5000商品の販売を行っています。



<47CLUB>
■商号  :株式会社 47CLUB(よんななクラブ)
■代表者 :代表取締役社長 栗田 健一郎
■所在地 :東京都中央区築地1-12-6 築地えとビル4F  
■設立  :2008年7月
■資本金 :2億2,500万円
■事業内容:全国の地方新聞社が厳選した商品を、インターネット等で 販売するサービスの提供
■URL  : http://www.47club.jp/


<カフェ&スイーツ バランタイン>
■商号  :株式会社カフェバランタイン
■代表者 :鳥居 志朗
■所在地 :兵庫県三木市宿原293-3  
■設立  :1983年5月27日
■事業内容:飲食店経営並びに菓子製造加工食肉製造販売
■URL  : http://www.ballantaine.com/

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000014886.html

ttp://archive.is/Wg7Ie
ペンギンのひな、カフェですくすく成長 三木【神戸新聞NEXT2016年2月27日】
posted by BNJ at 22:03 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 鳥フェス開催決定!インコとフクロウ池袋に大集合♪ことりカフェ主催!人気のシマエナガカレーやフクロウスイーツ、話題のインコサミットも登場♪【プレスリリース2016年3月17日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年4月1日(金)〜4月3日(日)の3日間、豊島区東池袋で開催される、“鳥好きの鳥好きによる鳥好きのためのフェスタ”「池袋 鳥フェス〜インコとフクロウ大集合!〜」(主催:ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房)を開催いたします。本イベントは東池袋のカフェスペース「Patisserie Swallowtail(スワロウテイル)」を貸し切り、愛鳥家や小鳥ファンにも人気の移動式インコカフェ「いんこKITCHEN」によるフクロウカレーやインコカレーの提供の他、話題のクリエーター集団「インコサミット」や、ふくろう喫茶「ふくろうのおうち」によるグッズ販売等、盛りだくさんの企画で開催されます。また、今回イベント主催となる「ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房」からも、ことりモチーフの新作スイーツや雑貨を多数販売いたします。


〈鳥フェス開催概要〉
1.イベント名:「池袋 鳥フェス〜インコとフクロウ大集合!〜」
2.期間開催:
     ・4月1日(金)13:00〜19:00
     ・4月2日(土)11:00〜19:00
     ・4月3日(日)11:00〜17:00
3.開催場所:「Patisserie Swallowtail」(東京都豊島区東池袋3-12-5 加藤第1ビル1階)
4.入場料:無料
5.出展予定:ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房/インコサミット(4/2・3限定)
       /いんこKITCHEN/KAPUSERUDO(ぴいすけ)/ふくろうのおうち/偽菓子処〜十里百〜
       /コナクエスト(コナコーヒー販売)他
6.主催:ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン(※2016年3月「ことりカフェ心斎橋」オープン予定)。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000010272.html

ttp://archive.is/GVVCb
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“タカ”でカラス撃退?! 渋谷区で実験【日テレNEWS24 2016年3月17日】

 路上にゴミを散乱させるカラスを追い払おうと、東京・渋谷区は17日、カラスの天敵の「タカ」を使って実証実験を行った。鷹が放たれると、カラスは鳴き声を大きくして警戒したり、群れになって抵抗したりするような様子が見られた。
記事全文
 路上にゴミを散乱させるカラスを追い払おうと、東京・渋谷区は17日、カラスの天敵の「タカ」を使って実証実験を行った。

 東京・渋谷区の繁華街。夜の間に出たゴミにカラスが集まり、ゴミが散乱している。タカが放たれると、カラスは鳴き声を大きくして警戒したり、群れになって抵抗したりするような様子が見られた。渋谷区は実験の効果を検証しながら、本格的に鷹を使うか検討することにしている。
http://www.news24.jp/articles/2016/03/17/07324981.html

http://archive.is/LpFXf
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面倒だがトリあえずコラボ!?人気の「めんトリ」×「ことりカフェ」♪小鳥つながり!ことりカフェ主催「鳥フェス」に「めんトリ」スイーツ登場!「めんトリ妹」も♪【プレスリリース2016年3月17日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」を運営する株式会社ことりカフェ/本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂(http://kotoricafe.jp/)は、「面倒だがトリあえず返信」で人気の、 返事を考えるのがめんどくさい時に大活躍する「相づち専用」LINEスタンプ「めんトリ」(株式会社インクルーズ/本社:東京都新宿区 代表取締役社長 山崎健司)とのコラボ企画を、2016年4月1日(金)〜4月3日(日)まで「ことりカフェ」主催で池袋で開催されるイベント「鳥フェス」(入場無料)にて行います。
本企画ではイベント当日、「めんトリ」および「めんトリ妹」のオリジナルケーキを数量限定で販売いたします。“トリ”つながりで実現する今回の異色?のコラボ企画。今後はさらに「ことりカフェ表参道/吉祥寺」での展開や、グッズ販売、コラボ商品開発等、「めんトリ」ユーザーや小鳥ファンに楽しんでいただけるようなサービスをご提供してまいります。


                      ※写真はイメージです(撮影:オザ兵長)
〈鳥フェス開催概要〉
1.イベント名:「池袋 鳥フェス〜インコとフクロウ大集合!〜」
2.期間:
・4月1日(金)13:00〜19:00
・4月2日(土)11:00〜19:00
・4月3日(日)11:00〜17:00
3.場所:「Patisserie Swallowtail」(東京都豊島区東池袋3-12-5 加藤第1ビル1階)
4.主催:ことりカフェ/Birdstory/青いことり工房

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前にオープン(※2016年3月「ことりカフェ心斎橋」オープン予定)。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000010272.html

ttp://archive.is/lkLrY
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季語刻々 囀の甘えたりしが後と静か【毎日新聞2016年3月17日】

 ◆昔

囀(さえずり)の甘えたりしが後(あ)と静か 川端茅舎(ぼうしゃ)

 囀りは繁殖期のオスの行動。相手(メス)を求めてしきりに鳴く。今日の句、甘えた声を出していたオスは婚活に成功したということか。進化生物学者の岡ノ谷一夫さんは、鳥の囀りはヒトの言語の元になった、と説いている(「さえずり言語起源論」岩波書店)。囀りの技があがると、メスを魅了するばかりか、新しい文法を作るらしい。<坪内稔典>
http://mainichi.jp/articles/20160317/ddm/041/070/052000c

ttp://archive.is/uJCuF

Amazon.co.jp

さえずり言語起源論――新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ (岩波科学ライブラリー)

新品価格
¥1,404から
(2016/3/17 11:37時点)




楽天市場

さえずり言語起源論 新版 小鳥の歌からヒトの言葉へ 岩波科学ライブラリー / 岡ノ谷一夫 【全集・双書】

価格:1,404円
(2016/3/17 11:38時点)
感想(0件)


タグ:書籍
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根)希少なイズモコバイモが見頃 川本【朝日新聞デジタル2016年3月17日】(ヒヨドリ/鳥害)

木々の下でかたまって咲くイズモコバイモ=川本町谷戸

 県のレッドデータブックで絶滅危惧T類に指定されているユリ科の植物イズモコバイモが、川本町谷戸(たんど)の群生地で、今月いっぱい見頃となっている。保護活動を続けてきた住民グループが毎日、訪れる人たちを案内している。

いま旬の花
 イズモコバイモは多年生で、高さ5〜15センチ。茶褐色や乳白色の花が1本の茎に一輪ずつ、うつむくようにして咲く。花弁は2〜3センチで、近くに葉が5本出る。

 群生地は杉林の東向きの斜面で、午前中は日光が当たり、午後は木陰になる。粘土質の土で、水はけが良いのも好条件だという。

 2004年ごろ、地元の2グループが保存活動を始めた。イノシシよけの柵を設置。ヒヨドリなどが花をついばむため、今年は、鳥が警戒する鳴き声が流れる機械を木の幹につけた。「みんなで守る谷戸の自然」の上坂(うえさか)二三男代表(71)は「今年は去年より花が多い。ぜひ楽しんで」。

 15日には広島市から約30人の団体がバスで訪問。初めて見たという内田紀公子(きくこ)さん(77)は、こうべを垂れた花を指先でそっと起こし、「こんなにたくさん咲いているなんて。来てよかった」と喜んでいた。

 町内では、土砂崩れのため、川本大橋北側の県道187号で通行止めの地点があり、江津・邑南方面からは回り道の表示がある。松江・大田方面からは、県道31号から大邑広域農道への入り口に案内看板がある。

 20、21両日の午前11時から、県立三瓶自然館サヒメルの学芸員による学習会と案内がある。すしやうどんなどの販売も。川本町観光協会(0855・72・0123)へ。(木脇みのり)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3H670ZJ3HPTIB00H.html

ttp://archive.is/olaCS
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「道具を使う」カラス、くちばしがペンチ状に進化【朝日新聞デジタル2016年3月17日】

かたい葉をくわえて道具のように使うカレドニアガラス=ギャビン・ハント博士提供

 木の枝を道具のように使うことで知られるニューカレドニアのカレドニアガラスのくちばしは、ほかのカラスと違って、枝をしっかり固定できるような独特の立体構造になっていることを慶応大などのチームが明らかにした。長い年月をかけて、道具を使うのに適した形に進化したと考えられるという。

 カレドニアガラスは、先ログイン前の続き端をかぎ状に加工した木の枝などをくわえて、樹木の幹の中にいる昆虫を引っかけて捕る。なぜ道具を使えるのか探るため、チームは世界中のカラス10種とキツツキ1種の計36羽のくちばしをCT撮影して立体構造を詳しく比べた。

 カレドニアガラス以外は下向きに曲がっていたが、カレドニアガラスだけは顔の前方にまっすぐ伸びていた。かみ合わせ部分もペンチのように平らだった。共通の祖先から約500万年前に分かれたとされるニューギニアの近縁のカラスとも全く似ていなかった。

 チームの伊沢栄一・慶応大准教授(動物心理学)は「ヒトは、道具をつかむために適した手の形を獲得してきた。カレドニアガラスも同じようにくちばしの変化を獲得したと考えられる」と話している。

 (木村俊介)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12261440.html

道具を使って虫を捕まえるカラスの一種は、くちばしが特殊な形に進化していることを発見―慶大・松井大氏ら【財経新聞2016年3月16日】
カレドニアガラスと一般のカラスのくちばしの違いを示す図。(慶應義塾大学の発表資料より)
 慶應義塾大学修士2年の松井大氏、伊澤栄一准教授らの国際研究グループは、様々なカラス類の嘴の3次元形態を比較解析し、小枝などを加工して道具として使うことが知られているカレドニアガラスの嘴(くちばし)が、道具の使用に適した特殊な形態に進化していることを発見した。

 近年、霊長類とは系統的に離れた鳥類の一部でも道具使用が進化していることが発見されており、中でもニューカレドニアに生息するカラス「カレドニアガラス」は、小枝や葉を鉤爪状に整形し、それを嘴で咥えて木などに潜む虫をとって食べることが明らかになっている。

 今回の研究では、カレドニアガラスをはじめとするカラス類10種とキツツキ1種の標本を使用し、CT撮像によってデジタル3次元化した頭部形態を比較する解析を行った。その結果、カレドニアガラスの嘴は、一般的なカラスにはみられない、道具使用に適した特殊な形態であることがわかった。

 カレドニアガラスの嘴は顔の正面に向かって真っ直ぐに伸び、かつ、上下の嘴の噛み合わせが平面をした形になっていた。この嘴のおかげで、カレドニアガラスは、道具を顔の正面で強く握ることができ、嘴と道具を一体化させることで、道具操作を可能にしていると考えられる。

 他の9種のカラスの嘴は、程度の差こそあれ、下向きに曲がっていた。このような曲がった嘴では、小枝を安定して挟むことはそもそも難しく、しっかり挟むと道具が顔の横側(かつ下側)に向いてしまい、道具自体が見えにくくなる。

 今回の研究成果は、鳥の行動の理解だけでなく、道具を作り使うという複雑な行動がどのように生み出されたのかという私たちヒトの進化についても、重要な手がかりを与えることが期待されるという。

 なお、この内容は「Scientific Reports」に掲載された。論文タイトルは、「Adaptive bill morphology for enhanced tool manipulation in New Caledonian crows」。
http://www.zaikei.co.jp/article/20160316/297928.html

ttp://archive.is/tpZSI
ttp://archive.is/vFzaP
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生まれた日の新聞 寒田小、授業で活用【NIE】【大分合同新聞2016年3月17日】(鳥インフルエンザ)

新聞のコピーを見せ合う児童=大分市の寒田小学校
 大分市の寒田小学校で15日、佐藤由美子校長が卒業を目前に控えた6年生98人に新聞を使って授業をした。佐藤校長は児童一人一人に、生まれた日の大分合同新聞朝刊1面のコピーをプレゼント。児童は社会に“デビュー”した日の出来事を知り、社会と自分のつながりについて考えた。
 6年生が生まれた2003年度は、鳥インフルエンザやBSE(牛海綿状脳症)の発生、新型肺炎SARSの流行、六本木ヒルズ開業などがあった。県内では市町村合併の調印式や統一地方選があった。
 コピーを受け取った児童は今の新聞に比べ小さい文字にびっくり。友達と見せ合ったりして紙面にくぎ付けになった。
 佐藤校長は「大きな出来事が起きた日もあれば静かな日もある。それがつながって日々が流れ、その中で私たちは生きています」と説明。「おうちの人に見せて話をしてみて。社会の一員としてこれからどんな生き方をすればいいか考えてほしい」と述べた。
 5年生の時からNIEの学習をしてきた児童たち。佐藤寛倖君(12)は「新聞を使った授業は楽しい。最近は気になった記事を切り取るようになった」、藤井詩音さん(12)は「生まれた日のニュースをお母さんが覚えているかなあと思いながら読んだ」と話した。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/03/17/002137199

ttp://archive.is/MO7G0
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】オオホシハジロ(大星羽白) 迷い込んだ?珍客【東京新聞2016年3月17日】

 板橋区と北区にまたがる都立浮間公園の池で5日、翼を広げる珍しいオオホシハジロの雌。ホシハジロとキンクロハジロ数百羽の群れの中に1羽。南端の岸の近くに。黒くて長いくちばしが印象的だ。大勢の観察者が訪れていた。
 オオホシハジロは北アメリカ大陸に生息するカモの仲間で日本への渡来はまれ。迷ってホシハジロとともに飛んできたのだろう。13日も池の南端付近で見られた。ホシハジロの雌より羽色は淡い。全長55センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016031702000194.html

ttp://archive.is/IvZQB
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする