2016年03月19日

タンチョウ保護、わが身に思う 平田剛士【朝日新聞デジタル2016年3月18日】

2月に開かれたタンチョウ研修会。新参の希少種を保護するためのアイデアが集まった=むかわ町
●フリーランス記者 平田剛士

 むかわ町内で先ごろ開かれた「タンチョウ研修会」(ネイチャー研究会inむかわ主催)は、「野鳥撮影好きの記者」であるわが身には、いささか居心地が悪かった。

  ○ ○ ○ ○

 約40人の参加者たちが小グループに分かれて取り組んだ討論のテーマのひとつは「カメラマン対策」。この地で野生タンチョウの保護に関わる人たちにとって、カメラマン(たぶん報道関係者も)は要注意人物扱いなのだ。

 経緯を知ればそれも無理はない。

 かいわいでタンチョウが見られるようになったのは5年前である。同研究会によると、初め2羽が飛来し、以降は毎年つがいが子育てをしている。

 タンチョウの国内営巣地は根釧地方にほぼ限られており、道央での自然繁殖の確認はこの半世紀あまりで初めてだという。同研究会は日本野鳥の会と連携し、関係自治体や地権者らに生息地保全を呼びかけるなど、慎重に保護策を探ってきた。

 そんな矢先、事故が起きる。昨年春、2羽のヒナが相前後して農業用水路に落ちて戻れなくなり、そのまま姿を消した。死んだとみられる。

 遠距離から観察中だった研究会メンバーによれば、その直前、1人の「心ないカメラマン」がツル親子に接近を図っていた。親子は逃れようとして普段の行動圏を離れ、ヒナの遭難を招いた可能性があるという。

 特別天然記念物とはいえ、法律は撮影行為まで禁じてはいない。悲劇を繰り返さないための「カメラマン対策」が急務になった。

 「見物客が殺到しないよう、最初は生息情報を広げない方針でした。でもヒナの事故を経験して、地元の私たちだけでは守り切れないと分かった。現状を正確に伝えて、大勢のみなさんに見守り役に回ってもらうしかない」と、同研究会の小山内恵子会長は話す。

  ○ ○ ○ ○

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(鶴居村)から招かれて研修会の講師を務めた原田修・日本野鳥の会チーフレンジャーは、「タンチョウが動作を止めて見つめ返してきたら、観察者を警戒している証拠」と解説した。深追い厳禁なのはもちろん、すぐに距離を取るべきサインだ。このようなバードウォッチングの知識やエチケットを、珍鳥を見にくる不特定多数にどうすれば伝えられるか。

 自治体広報誌で啓蒙(けいもう)する。パンフレットを作って配る。有志を募ってパトロールする……。

 討論のテーブルごとにアイデアが飛び交うのを聞きながら、この人たちにもう悲しい顔をさせてはいけない、と強く思った。

 本コラムの私の担当は今回が最後です。ご愛読ありがとうございました。
http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20160318011320001.html

ttp://archive.is/VR2U2

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 23:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼間も活動するコキンメフクロウ、見に来て 滋賀・ブルーメの丘【京都新聞2016年3月19日】(モリフクロウ/既報1ソース)

大きな金色の目が特徴のコキンメフクロウ(滋賀県日野町西大路・ブルーメの丘)
 滋賀県日野町西大路の農業公園「ブルーメの丘」は19日から、小さな体に大きな金色の目を持つコキンメフクロウを一般公開する。一般的なフクロウは夜行性だが、同種は昼間でも活発に動く姿を見ることができるという。

 フクロウと触れ合えるカフェが各地にオープンするなど人気が高まる中、県内にはフクロウなど猛禽(もうきん)類と触れ合える施設が少ないことから、同園で新たに飼育することを決めた。来月からは、モリフクロウの公開も始めるという。

 同園のコキンメフクロウは体長20センチほどで、性別は不明。19日から、園内の「時計台売店ネルケ」で公開する。名前は「アース」と「ルカ」の2つが候補に挙がっており、公開後3日間の来園者による投票で決める。

 飼育スタッフの坂本聖子さん(27)は「まだ緊張気味なので、優しく見守ってもらえたら。慣れてきたら来園者が触れ合える機会も設けたい」と話す。

 午前9時半〜午後6時(3月の平日は午後5時まで)。入園料千円(4歳〜小学生600円)。同園TEL0748(52)2611。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160319000074

滋賀 新アイドルの名前は投票で 日野「ブルーメの丘」にフクロウ【中日新聞2016年3月6日】
新しく仲間入りしたコキンメフクロウ=日野町のブルーメの丘で

 日野町の農業公園「ブルーメの丘」にコキンメフクロウが仲間入りした。

 コキンメフクロウは中国や北アフリカなどに生息しており、体長は二〇センチほど。同園では新しいマスコットを作ろうと今月一日に大阪府内のフクロウカフェで購入した。現在は動物小屋の奥で環境になれるよう訓練中。周りの音に反応しながらも餌を良く食べ元気いっぱい過ごしている。

 勝田優副支配人(43)は「大きく透き通るような目と小さい体がとてもかわいい。人にもなれているので、人気ナンバーワンになること間違いなし」と太鼓判を押す。フクロウは十九日に入り口近くの売店内でお披露目される。名前は来園者に投票で決めてもらう予定だという。

(中村千春)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160306/CK2016030602000027.html

ttp://archive.is/MNvYR
ttp://archive.is/cR3gc

鹿児島)ホットな研究成果 「奄美群島の自然史学」出版【朝日新聞デジタル2016年3月19日】(アマミヤマシギ)

「奄美群島の自然史学」を手にする水田拓さん=奄美市

 「奄美群島の自然史学 亜熱帯島嶼(とうしょ)の生物多様性」(東海大学出版部)が出版された。世界自然遺産登録を目指す奄美を調べる若手・中堅の生物学者ら計23人の研究成果をまとめた。編著者で環境省奄美野生生物保護センターの水田拓自然保護専門員(46)は「現在進行形の『ホット』な話題が満載。ぜひ手に取って」と呼びかけている。

 全19章。奄美固有のクワガタや鳥、哺乳類、希少花など多様性あふれる生き物の生態を紹介している。希少動物を襲うネコの問題や、蛾(が)と樹木の不思議な共生関係といった注目の研究から、陸上に生息する巻き貝の分布状況などあまり知られていないテーマも。絶滅危惧種の鳥「アマミヤマシギ」の交通事故と月の明るさの関係や、「日本一かっこいいオットンガエルの生き様」と題した文などユニークな話題もある。

 「奄美の自然の特徴は多様性ですが、研究も幅広くて面白いことを知ってほしい」と水田さん。

 A5判392ページで、4500円(税別)。購入などの問い合わせは東海大学出版部(0463・58・7811)へ。(外尾誠)
http://www.asahi.com/articles/ASJ2Y7JFJJ2YTLTB017.html

ttp://archive.is/qotUC

Amazon.co.jp

奄美群島の自然史学: 亜熱帯島嶼の生物多様性

新品価格
¥4,860から
(2016/3/19 11:53時点)




楽天市場

【送料無料】 奄美群島の自然史学 亜熱帯島嶼の生物多様性 / 水田拓 【単行本】

価格:4,860円
(2016/3/19 11:54時点)
感想(0件)


posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニホンライチョウ繁殖 大町で…委託先に検討へ ◆実現すれば飼育12年ぶり【YOMIURI ONLINE2016年3月19日】(長野県大町山岳博物館)

 国の特別天然記念物・ニホンライチョウの保護や繁殖について話し合う環境省の有識者会議「ライチョウ保護増殖検討会」は、2015年度に始まった人工繁殖事業の委託先に、新たに県内の大町山岳博物館(大町市)を加え、16年度は上野動物園(東京都台東区)と富山市ファミリーパーク(富山市)との3園での実施を視野に検討を始めた。実現すれば、同館では12年ぶりのニホンライチョウの飼育再開となる。

 ライチョウの飼育・繁殖は環境省による国家プロジェクトとして進められている。15年度は北アルプス・乗鞍岳(長野、岐阜県)で卵を10個採取し、孵卵ふらん器で温め、上野で5羽、富山で4羽が孵化した。その後、上野のヒナは全て死に、富山ではオス3羽が育っているが、メスがいないため繁殖は来年以降に持ち越された。

 2月29日に都内で開かれた検討会では、上野、富山の2園が引き続き飼育に取り組む考えを示した一方、大町山岳博物館の宮野典夫・元館長の提案で、繁殖実績のある同館を新たに卵の受け入れ先に加えて検討することも確認した。環境省も「採卵を実施する6月までに、検討会や日本動物園水族館協会の意見を聞き、どの施設で飼育するかを決めたい」としている。

 大町山岳博物館の売りは、「40年以上の飼育実績と最新の飼育施設」(宮野元館長)だ。

 北アルプスの麓に位置する同館は、1963年から信州大の協力を受けて飼育を開始し、生息地域外の低地で唯一、繁殖に成功した。計291羽を飼育したが、2004年に最後の1羽が死んでから飼育が途絶えた。

 大町市はその後、従来の飼育施設にはなかった空気清浄機や、最新の空調設備を完備した「ライチョウ舎」を整備した。北極圏に住む亜種のスバールバルライチョウの飼育を始め、15年7月から一般公開している。

 検討会の委員の中村浩志・信州大名誉教授は、取材に「大町山岳博物館には過去の飼育記録が残されている。今こそ飼育を再開すべきだ」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20160318-OYTNT50294.html

ttp://archive.is/mwyWc

用水池のオオハクチョウ、住民らが「救助」 那須烏山【下野新聞2016年3月19日】

 【那須烏山】大桶の農業用水池にいるオオハクチョウ一羽がけがのため飛び立てないのではとして、消防や県、市職員、地域住民ら約20人が18日、救出活動に当たった。矢板市の県民の森で一時保護する計画だったが、オオハクチョウは近づくと飛び立って行った。

 オオハクチョウは幼鳥で全長約1メートル10センチ。近くの高野允義(たかののぶよし)さん(69)が約2週間前に愛犬と散歩中、池で見つけた。ところがいつになっても飛び立たたず、心配となり、県県北環境森林事務所に相談。暖かくなり用水池は田植え時期に水が無くなるため、県と市、那須烏山消防署、地域住民が救出に当たった。けがをしているかどうかは不明だった。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160319/2268919

ttp://archive.is/s5f4I
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生下生まれ同士 トキが巣作り【YOMIURI ONLINE2016年3月21日】(既報1ソース)

 環境省は野生下で生まれたトキ同士のペアが営巣したと発表した。卵が孵化ふかすれば、2003年に日本産トキが絶滅して以来、野生下生まれの個体同士による初のヒナ誕生となる。

 昨年はこのペアを含め、野生下で生まれたトキ同士の3組のペアが営巣、抱卵したが、孵化には至らず、今年は孵化への期待がかかる。同省佐渡自然保護官事務所によると、このペアは今月に入り枝を運ぶ行動が観察され、18日午前6時頃、地上約10メートルのアカマツの樹上で2羽で巣作りをする様子が見られた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20160320-OYTNT50094.html

新潟)自然界で生まれ育ったトキのペアが営巣始める【朝日新聞デジタル2016年3月19日】
営巣を開始したことが確認された自然界生まれ同士のトキのペア=環境省提供

 環境省は18日、佐渡市の自然界でともに生まれ育ったトキのペアが今季初めて営巣を始めたことを確認した、と発表した。自然界生まれのペアを両親に持つひなの誕生が期待される。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、午前6時ごろ、畑地に隣接する松林のアカマツの樹上10メートルに、ともに自然界で生まれ育った3歳の雄と雌が巣作りする様子を同省職員が観察。巣材がある程度積み重なっていることから、営巣開始と判断した。

 2羽は昨年もペアを形成し、抱卵が確認されたが、孵化(ふか)には至らなかった。今年2月下旬ごろから営巣近くで擬交尾する様子が確認されていた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ3L53SVJ3LUOHB011.html

ttp://archive.is/Qriww
ttp://archive.is/KOvgv
新潟)繁殖期に入ったトキの抱卵、今年初めて確認 佐渡【朝日新聞デジタル2016年3月18日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする