2016年04月30日

世界最大の粒子加速器が稼働停止 原因は「イタチ」 スイス【AFPBB News2016年4月30日】

スイスとフランスの国境をまたいで設置されている世界最大の粒子加速器LHC
(CNN) スイス・ジュネーブ郊外にある世界最大の粒子加速器LHCを運営する欧州合同原子核研究機関(CERN)は29日、LHCで同日停電が発生し、稼働が停止したと報告した。停電の原因は変圧器の配線をかじった小動物の「イタチ」であることが判明した。
CNNの取材に応じたCERNの報道担当者によると、LHCの主要棟の外にある電力関連施設の内部で黒焦げになったイタチの死体が見付かったという。この変圧器は66キロボルトの電圧を処理している。1キロボルトは1000ボルトに相当する。
停電はCERNの他の施設にも波及した。復旧作業を行ったとしても、停止したLHCの再開には少なくとも1週間掛かる見通し。
CERNの運営が動物の施設への侵入などで障害を受けたのは今回が初めてではない。施設はフランスとスイスの国境地帯にまたがる遠隔地にある。2009年には鳥がパンのバゲットの一部を電気系統システムに落として漏電を生じさせ、業務が短時間止まる障害もあった。
LHCでは電子や陽子などを光速近くまでに加速し、衝突させる実験などを実施している。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35082041.html

ttp://archive.is/rQF0i

posted by BNJ at 23:09 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生同士のトキから3羽目ひな、3組が抱卵行動【読売新聞2016年4月30日】(他3ソース)

 環境省は30日、国の特別天然記念物で、新潟県佐渡市の自然界で生まれ育ったトキのつがいから3羽目のひなが生まれたと発表した。

 同省によると、このつがいからは4月28日に、ひな1羽が生まれたことが確認されているが、30日朝に同じ巣で計2羽が親鳥からエサをもらう姿が見られた。

 このつがいのほかに現在、野生生まれ同士の3組の親鳥が卵を抱きかかえる「抱卵行動」を続けている。

 一方、別のつがいから21日に誕生が確認されたひなは巣で死んだか、巣から落下したとみられている。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160430-OYT1T50064.html

トキ「純野生」3羽目誕生 佐渡【毎日新聞2016年4月30日】
 環境省は30日、新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアに新たにひなが誕生したことを確認したと明らかにした。「純野生」のひなは3羽目。このうち、別のペアに生まれた1羽目は姿が見えず、死んだとみられている。

 環境省によると、新たに誕生が確認されたひなは30日午前、28日に確認された2羽目のひなとともに巣の上に頭を出している様子が観察された。ふ化は26〜30日とみられる。親のペアはいずれも足輪がなく年齢は不明。

 一方、21日に純野生として40年ぶりの誕生が確認された1羽目の親のペアは、ひなの姿が見えなくなった28日以降も抱卵を続けていたが、30日にはやめていた。(共同)
http://mainichi.jp/articles/20160501/k00/00m/040/019000c

「純野生」トキが誕生、3羽目 新潟・佐渡【産経ニュース2016年4月30日】
野生下で生まれたトキのペアから誕生した2羽目と3羽目の「純野生」ひな(丸印)=30日、新潟県佐渡市(環境省提供)
 環境省は30日、新潟県佐渡市で、いずれも野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアに新たにひなが誕生したことを確認したと明らかにした。「純野生」のひなは3羽目。このうち、別のペアに生まれた1羽目は姿が見えず、死んだとみられている。

 環境省によると、新たに誕生が確認されたひなは30日午前、28日に確認された2羽目のひなとともに巣の上に頭を出している様子が観察された。孵化(ふか)は26〜30日とみられる。親のペアはいずれも足輪がなく年齢は不明。

 一方、21日に純野生として40年ぶりの誕生が確認された1羽目の親のペアは、ひなの姿が見えなくなった28日以降も抱卵を続けていたが、30日にはやめていた。新たにひなが誕生する可能性は低いとみられる。環境省の広野行男首席自然保護官は「このペアは昨年も一度抱卵を中止して再開した経緯があり、引き続き観察したい」と話している。
http://www.sankei.com/life/news/160430/lif1604300032-n1.html

野生下トキのペアに新たなひな【新潟日報モア2016年4月30日】
 環境省は30日、佐渡市の野生下で生まれたトキのペアに、新たにひなが誕生したことを確認したと明らかに...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20160430251907.html

ttp://archive.is/W3ztF
ttp://archive.is/u2bYz
ttp://archive.is/pv9QK
ttp://archive.is/Zz6m2
野生トキ 落胆と希望交錯 子育て中止 別つがいにひな /新潟【毎日新聞2016年4月29日】
野生トキひな、死んだ可能性 別ペアに2例目誕生、佐渡【共同通信2016年4月29日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道「天売島」 ゴールデンウイークに目指す「日本の秘島」7選(1)【デイリー新潮2016年4月30日】

 海外旅行でも温泉旅行でもない。たまにはゴールデンウイークだから島を目指すというのはどうだろうか。島旅行が何より楽しいのは、思い込みを覆し、新鮮な驚きと楽しみを与えてくれるからだという。旅行作家の斎藤潤氏がお勧めする「日本の秘島」7選――。

 ***

 まず初めに、日本にはいくつ島があるか御存知ですか? 総数としては、日本統計年鑑で採用している6852島(海岸線が100メートル以上ある陸地)がもっともよく引き合いに出される数字ですが、定義によってはもっと増えもすれば減りもする。このうち人が住んでいるのは418島です。

 私は約420の有人島の中で、民間人が上陸できない南鳥島(小笠原諸島)を除き全てを訪れました。自分の胸のうちでは、1日で全部歩けるくらいの小島が本当の島です。小島は、島と外の世界とがはっきり分かれている。2日もあれば小島というミクロコスモスを理解できたような妄想に浸れる。そんな満足感があるんです。今回は、長いゴールデンウイークだからこそ、都会の喧騒を離れ、訪ね歩くべき日本の「秘島」7選をご紹介しましょう。

■野鳥の楽園 天売島

 日本最北の島々といえば、北海道の礼文島と利尻島が有名ですが、まずお勧めしたいのが日本海に浮かぶ天売島(てうりとう)(面積5・5平方キロ)。札幌から高速バスで約3時間かけて羽幌町へ。更に高速船で1時間で到着します。


海鳥の島として世界的に有名

 この島の人口は300人ほど。知名度はそれほどではありませんが、海鳥の島として世界的に有名で、絶滅危惧種のオロロン鳥やウトウ(写真(1))などが舞う野鳥の楽園です。連休が始まる4月末から8月までの繁殖期には、約100万羽の水鳥が飛来します。


[写真(1)]ウトウ

 島の西側は季節風と日本海の外波に洗われているため、荒々しい岩肌の海岸線に海鳥が群れる光景は絶景そのものです。

 また島の南西端の海霧が漂う標高128メートルにある赤岩展望台に上れば、雲の中にいるような気分を味わえます。刻一刻と変幻する海霧の中に佇んでいると、突然、バサバサッという大きな羽音に驚かされます。黄昏時ともなれば、青い闇に黒い鳥の影が突然湧き、びゅっびゅっと殴り付けるように降ってくる。横から突っ込んでくることもあれば、一瞬途切れた後、雨あられのように降ってくることもあります。

 その正体はウトウです。大きさは鳩くらいですが、ツバメのように速い。ウトウは、一夫一婦制の鳥で、天売には春先から8月上旬くらいまで滞在し1羽の子を育てます。海岸の地面は草も生えていないボコボコの穴だらけで、遺跡の発掘現場のようです。これこそがウトウの巣です。夫婦で協力して巣を掘り、そこに卵を産んで子育てします。イカナゴ、ニシンなどの餌を獲るために夜明け前に飛び立ち、日没後に戻って来る。あれだけたくさん穴が空いているのによく自分の巣を見分けられますね。獲った餌はカモメに横取りされたり、ウトウ同士で奪い合っている場面に出くわしたこともあります。皆、生きるのに必死。そんな姿を観て、再びどこからともなく礫(つぶて)のように降ってくるウトウの羽音に耳を傾けながらその影を追うと、何とも言いようのない切なさを感じます。

 ***

(2)へつづく(2016年4月30日(土)掲載)
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/04290405/?all=1

ttp://archive.is/jFyrA
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の現状知って 面河山岳博で剥製など展示【愛媛新聞ONLINE2016年4月30日】(ソウシチョウ)

【写真】石鎚山系などに定着している外来生物「ソウシチョウ」の剥製などが並ぶ展示
 石鎚山など四国で確認済みの外来生物について紹介する展示「ソウシチョウ〜四国の外来生物は今〜」が29日、愛媛県久万高原町若山の面河山岳博物館で始まった。6月19日まで。
 ソウシチョウは中国南部などに生息する野鳥で、石鎚山系などに定着している代表的な外来生物。日本固有の生態系を乱す外来生物の現状を知ってもらい、飼育する際などのマナーについて考えてもらおうと、博物館が春の企画展として開催した。
 展示はソウシチョウの剥製や、生態を紹介するパネルが並ぶ。ソウシチョウと同様にササやぶに巣を作るため、影響を強く受けるとされるウグイスの剥製も公開し、日本の在来種との競合についても解説。アライグマやセアカゴケグモなど、海外原産の他の生き物についても説明している。
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160430/news20160430512.html

ttp://archive.is/ZUAUu
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「懐かしいハレの日」振り返る 広島・福屋八丁堀本店で特別展【産経ニュース2016年4月30日】(小鳥販売)

 「昭和の日」の29日、広島市中区の福屋八丁堀本店で、懐かしい屋上遊具と大食堂の華やかなにぎわいを、市民から寄せられた昭和30〜40年代の写真とエピソードで振り返る特別展「福屋屋上ものがたり」が始まった。

 同店は現在は本館と東館からなり、屋上のある本館9階は東館10階とともに今年7月のリニューアルオープンに向けて工事中。やがて、公共性の高い憩いやにぎわいのある屋上スペースとレストランとしてよみがえる。

 昭和の子供たちにとって、百貨店に行くことは特別な家族イベントだった。昭和4年開業の福屋は当初、屋上では盆栽や金魚、小鳥などを販売していた。13年に現在の建物が開店し、子供遊戯場と小鳥売り場が開設された。

 20年8月6日の被爆の惨禍から立ち上がり、翌年2月には営業を再開。24年に屋上遊園を始め、28年にはメリーゴーラウンドを備えた子供天国を開設した。31年になると6階に食堂大ホール、屋上には空中ケーブル、子供汽車、回転自動車、オートジャイロといった遊具が充実した子供遊園地ができ全盛期に。当時の子供たちにとって、ここで過ごした時間は家族への愛情と相まって、特別な思い出となった。

 だが、時代の移ろいとともに大食堂から続くファミリーレストランは平成2年に終了。屋上の遊具も20年には姿を消した。

 7月のリニューアルオープンを前に、同店が当時の思い出写真を募ったところ、約20人から100枚以上が寄せられた。特別展は9階のレストランフロアの一角で開かれ、「懐かしいハレの日」を記録した14枚を、添えられたエピソードとともに紹介している。http://www.sankei.com/region/news/160430/rgn1604300041-n1.html

ttp://archive.is/oXIFr
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする