2016年04月29日

愛媛)ペンギンのひな2羽誕生 松野の「おさかな館」【朝日新聞デジタル2016年4月29日】(フンボルトペンギン)

生したフンボルトペンギンのひな2羽=おさかな館提供

 松野町延野々(のびのの)の水族館「虹の森公園おさかな館」で、フンボルトペンギンのひな2羽が誕生した。

 父親はメイ(4歳)、母親はチャチャコ(8歳)。チャチャコが3月に産卵し、今月18日と21日にそれぞれ孵化(ふか)した。現時点で性別は分からないが、生育は順調で夏には公開できそうだという。

 おさかな館では現在、別のフンボルトペンギンも産卵しており、ひなが誕生する可能性があるという。(佐藤英法)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4X4QYFJ4XPFIB00F.html

ttp://archive.is/VONrQ

愛知)皇帝ペンギン繁殖大作戦 名港水族館【朝日新聞デジタル2016年4月29日】

水槽で仲良く並ぶエンペラーペンギンのカップル=名古屋港水族館提供
 名古屋港水族館(名古屋市港区)のエンペラー(コウテイ)ペンギンたちが日々、トレーニングに励んでいる。朝夕、ウォーキングを欠かさない。なまった体を鍛え、交尾に備えているのだ。

 飼育員が小走りする。手にはペンギンの大好物のホッケ。それに釣られて6羽がばたばたと走る。水槽内を往復し、調子の良いときは50メートルほどになる。これを朝夕こなす。飼育員の材津陽介さん(33)は「足腰を鍛えるためです」。

 ペンギンの繁殖数では、国内有数の実績を誇る同館。他のアデリー、ジェンツー、ヒゲペンギン3種は、これまで280羽ほどの繁殖に成功し、旭山動物園(北海道)やベルゲン水族館(ノルウェー)などにも送り出された。

 しかし、1998年から飼育し、オス、メス各3羽の計6羽がいるエンペラーペンギンだけは成功していない。

 南極でも人が近づきにくい場所に生息していることなどから、そもそも飼育数が少ない。同館の3種の中で1番少ないヒゲペンギンでも23羽いる。国内をみても、飼育しているのは同館も含めた2施設だけ。また、6羽の繁殖能力が高くないという事情もある。

 水族館という環境も影響する。野生では、時には繁殖場所まで100キロ以上も歩く。だが、水族館での生活は運動量が圧倒的に少ない。足腰が弱っているのか、これまでも交尾しようとしたがオスがメスの背中から転げ落ちて、うまくいかなかったケースが何度かあったという。

 「どうしてうまく背中に乗っかれないのか」。材津さんら飼育員たちが話し合った。「太りすぎが原因で体を支えられないのでは」。ダイエット案も浮上したが、他の施設では太っていても交尾に成功している。結局、「怠けた体を鍛える」作戦を展開することになった。

 先月から、ウォーキングを始めた。しかし、当初、エサで釣ってもついて来ず、プールに逃げた。ついて来ないとえさを控えて、ようやく歩くようになった。

 今は繁殖期。水槽の前で耳を澄ますと、「クァークァー」「クルクルクルッ」という鳴き声が聞こえる。少しでも、野生の環境に近づけ、「恋のムード」を盛り上げようと、南極で録音した声を流しているのだ。

 努力が功を奏したのか、現在、2組がカップルとなり、繁殖の期待が高まっている。

 エンペラーペンギンの寿命は30年ほど。6羽の大半はすでに20歳ほどで、人間で言えば中年以上になる。材津さんは「水族館からいなくなってしまわないように、子孫を残してあげたい」。

 ウォーキングの効果を見つつ、岩の上り下りといった、よりハードなトレーニングも検討しているという。(篠原あゆみ)

     ◇

 〈エンペラーペンギン〉 南極周辺に生息する世界最大のペンギンで体長は約1メートル。3月下旬になると、海から氷の上などに上がり、集団(コロニー)で繁殖する。国内で飼育しているのは、名古屋港水族館とアドベンチャーワールド(和歌山県)の2施設だけ。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4V4TWXJ4VOIPE015.html

ttp://archive.is/W1HJg

野生トキひな、死んだ可能性 別ペアに2例目誕生、佐渡【共同通信2016年4月29日】(他2ソース/既報2ソース)

 40年ぶりに誕生したひなの姿が見えなくなったトキの巣。奥は親鳥=28日午前、新潟県佐渡市(環境省提供)
 環境省は28日、新潟県佐渡市の野生トキのペアから日本で40年ぶりに誕生したひなの姿が、26日から確認できないと発表した。広野行男首席自然保護官は「生存の可能性は極めて低い」との認識を示した。

 また、同市で別の野生トキのペアからひな1羽が誕生したと明らかにした。死んだ可能性のあるひなに続いて2例目となる。

 環境省によると、姿が見えなくなったひなは21日に誕生が確認され、25日までは姿があった。26〜28日、ひなの姿が見えず、親鳥が餌を与える様子もなかったため、ひなを育てるのを中止したと判断した。

 巣に近づけないため、ひながいなくなった理由は分かっていない。
http://this.kiji.is/98313167115665415

野生トキのひな、死んだ可能性 26日から姿確認できず 別ペアからはひな1羽誕生【産経ニュース2016年4月29日】
新たに誕生したトキのひな(円内)と親鳥=28日午前、新潟県佐渡市(環境省提供)
 環境省は28日、新潟県佐渡市の野生トキのペアから日本で40年ぶりに誕生したひなの姿が、26日から確認できないと発表した。広野行男首席自然保護官は「生存の可能性は極めて低い」との認識を示した。

 また、同市で別の野生トキのペアからひな1羽が誕生したと明らかにした。死んだ可能性のあるひなに続いて2例目となる。

 環境省によると、姿が見えなくなったひなは21日に誕生が確認され、25日までは姿があった。26〜28日、ひなの姿が見えず、親鳥が餌を与える様子もなかったため、ひなを育てるのを中止したと判断した。

 巣に近づけないため、ひながいなくなった理由は分かっていない。一方で、26日以降も親鳥が交互に巣で座り込む様子があり、まだ確認されていない小さなひなや卵が存在する可能性もあるという。

 新たに誕生したひなは、28日午前に巣からくちばしと頭がのぞき、巣で元気に動いている様子も見られた。孵化(ふか)日は26〜28日とみられる。親のペアは、いずれも足輪がなく年齢は不明。3月31日に卵を抱く様子が確認されていた。
http://www.sankei.com/life/news/160429/lif1604290022-n1.html

野生トキのひな、死んだ可能性…別のひな誕生も【読売新聞2016年4月29日】
 国の特別天然記念物で、新潟県佐渡市で1976年以来40年ぶりに自然界で生まれ育ったトキのつがいから生まれたひなについて、環境省は28日、親鳥がひなを育てることをやめたと発表した。

 ひなは巣内で死んだか、巣から落下したとみられる。

 同省によると、今月21日に誕生が確認されたひなは、26日頃から巣で姿が見えなくなり、28日は親鳥がエサを与える行動を見せなかった。ただ、親鳥は卵を抱きかかえる「抱卵行動」を続けており、新たにひなが誕生する可能性もあるという。

 一方、このつがいとは別に、野生生まれ同士のつがいの4組も抱卵行動をしており、28日朝、このうちの1組からひなが生まれたことが確認された。このつがいは3月31日から抱卵行動を続けていたという。

 同省佐渡自然保護官事務所の広野行男首席自然保護官は「最初のひなが育たなかったのは残念だが、新たなひなも誕生している。注意深く見守っていきたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160428-OYT1T50273.html

野生トキ 子育て中止 ひな死んだ可能性 環境省判断【毎日新聞2016年4月29日】
 新潟県佐渡市で野生トキのつがいから40年ぶりに生まれたひなについて、環境省は28日、親鳥が餌を与える行動を3日連続でとらず、子育てを中止したと判断した。巣の中の様子は確認できていないが、ひなが死んだ可能性が高いという。

 環境省によると、21日には親鳥がひなに餌を与える様子が観察され、その後にひなの姿も確認できた。25日までは巣から顔を出すひながみられたが、26日以降は確認できなかった。

 ただ、このペアが交代で巣に座り込む様子が確認されており、別の卵を温めている可能性があるという。

 環境省の番匠(ばんしょう)克二・希少種保全推進室長は「子育ての中止は残念だが、ふ化しても全て巣立ちに至るわけではなく、やむを得ない。別の卵からひながかえる可能性は残っており今後に期待したい」と話している。

別つがいから、ひな1羽誕生
 環境省は28日、同県佐渡市の別の野生トキのつがいから、ひな1羽が誕生したと発表した。2003年の日本産トキの絶滅以降、人の手を借りずに野生下で繁殖したペアのひなが確認されたのは2例目。抱卵中でひなのふ化が見込まれる野生ペアは現在4組いる。

 同省によると、28日午前に撮影したビデオカメラの映像を確認したところ、木の上の巣で、親鳥がひなに餌を与える姿が確認された。26日以降にふ化したとみられる。【久野華代、南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160429/ddm/041/040/135000c

トキ 野生ペア子育て中止 ひな死んだ可能性【毎日新聞2016年4月28日】
誕生したひなに餌を与えるトキ=新潟県佐渡市で2016年4月22日午前撮影、環境省提供
 新潟県佐渡市で野生トキのつがいから40年ぶりに生まれたひなについて、環境省は28日、親鳥が餌を与える行動を3日連続でとらず、子育てを中止したと判断した。巣の中の様子は確認できていないが、ひなが死んだ可能性が高いという。

【動画】トキ野生ペアにひな誕生(環境省提供)
 環境省によると、21日には親鳥がひなに餌を与える様子が観察され、その後にひなの姿も確認できた。25日までは巣から顔を出すひながみられたが、26日以降は確認できなかった。ただ、このペアが交代で巣に座り込む様子が確認されており、別の卵を温めている可能性があるという。

 環境省の番匠(ばんしょう)克二・希少種保全推進室長は「子育ての中止は残念だが、ふ化しても全て巣立ちに至るわけではなく、やむを得ない。野生ペアからひながかえる可能性は高まっており今後に期待したい」と話している。

 一方、環境省は28日、同県佐渡市の別の野生トキのつがいから、ひな1羽が誕生したと発表した。2003年の野生トキの絶滅以降、人の手を借りずに野生下で繁殖したペアのひなが確認されたのは2例目。抱卵中でひなのふ化が見込まれる野生ペアは現在4組いる。

 同省によると、28日午前に撮影したビデオカメラの映像を確認したところ、高さ十数メートルにある木の上の巣で、親鳥がひなに餌を与える姿が確認された。26日以降にふ化したとみられる。順調に育てば約1カ月後に巣立つという。

 親鳥はいずれも個体を識別する印がなく年齢不明だが、3月31日に抱卵しているのが確認されていた。地元は新たなひなに野生復帰や、観光振興への望みをつないでいる。【久野華代、南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160429/k00/00m/040/001000c

トキ自然界ペア、子育てやめる 別のペアからひな誕生【朝日新聞デジタル2016年4月28日】
新たに確認されたひな。親鳥のくちばしの先にいる=28日、新潟県佐渡市、環境省提供

 新潟県佐渡市でともに自然の中で生まれ、40年ぶりに自然のなかでひな1羽をかえしたトキのつがいが、子育てをやめたことがわかった。環境省が28日、発表した。一方、同日朝、市内の別の場所で、自然界で生まれた同士の別のつがいから新たにひな1羽が生まれたことを確認した。

 同省佐渡自然保護官事務所によると、親鳥が子育てをやめたひなは21日に誕生が確認された。1週間ほどたてば大きくなって観察しやすくなるはずが、28日までに姿が見られなくなったことから、生存の可能性が低くなったと判断した。親鳥がエサを与える様子も確認できないという。

 一方、市内の別の場所で別のつがいから生まれたひなは、26日以降に孵化(ふか)したとみられるという。(原裕司)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4X4K75J4XULBJ00D.html

ttp://archive.is/0CE6q
ttp://archive.is/TrVGM
ttp://archive.is/DOAEN
ttp://archive.is/xZPsC
ttp://archive.is/XKoRh
ttp://archive.is/tkYgr
羽ばたけトキ 野生下トキ4組 新たにひな【新潟日報モア2016年4月27日】
ニュース交差点 話題 野生のトキ ひなが生まれる 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年4月25日】
トキ 「純野生」生育順調 親鳥からエサもらう【毎日新聞2016年4月23日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

コウノトリ 韓国で確認の雌、宮崎で見つかる コウノトリの郷公園発表 /兵庫【毎日新聞2016年4月28日】

 2014年3月に韓国で飛来が確認されたコウノトリの雌1羽が、宮崎県で確認された。県立コウノトリの郷公園が27日、発表した。

 郷公園によると、今月25日、宮崎県児湯郡で住民の男性が発見、撮影し、郷公園に写真を提供した。このコウノトリの個体番号は「J0051」で、12年4月にふ化。14年3月18日、韓国慶尚南道・金海市の湿地で確認された。15年4月20日には島根県隠岐の島町で、同月23日には豊岡市出石町で確認され、同年12月22日には韓国・全羅南道順天市で確認されていた。

 郷公園は「ペアになって繁殖すれば、個体の多様性が増すので、相手を見つけることを期待したい」としている。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160428/ddl/k28/040/549000c

ttp://archive.is/cTAdv
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春まつり 野鳥観察なども あす、きらら浜自然観察公園 /山口【毎日新聞2016年4月28日】

 山口市阿知須の県立きらら浜自然観察公園で29日、春まつりが開かれる。今年で9回目。

 野鳥観察や試食もできるハチミツしぼり、大正琴のミニコンサート、フリーマーケットなど盛りだくさん。木材を使って鳥の置物などをつくる工作コーナーやマジックショーもある。

 午前9時から午後4時まで。19歳以上は入館料100円が必要。問い合わせは同公園(0836・66・2030)。【真栄平研】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20160428/ddl/k35/040/567000c

ttp://archive.is/Rip3i
タグ:イベント
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする