2016年04月05日

チョウゲンボウ 大都会のネオンに暮らす…さいたまで撮影【毎日新聞2016年4月5日】

チョウゲンボウの交尾の様子=小川耕一さん撮影

見つめ合うような仕草を見せるチョウゲンボウのペア=小川耕一さん撮影
 埼玉県蕨市北町の会社員、小川耕一さん(67)が、JR大宮駅西口(さいたま市大宮区)にある「そごう大宮店」の地上約40メートルの高さに位置するネオンの周辺で暮らす「チョウゲンボウ」を撮影した。オスとメスのペアで、交尾の瞬間もカメラに収めた。

 チョウゲンボウは小型のハヤブサ類で、小鳥や昆虫などをエサに通常は河原や山林などに生息している。このため、小川さんは「都会のネオンにすみついたチョウゲンボウは珍しいのでは」と話している。

 野鳥の撮影が趣味という小川さんは同店の施設管理会社に勤務しており、同僚から「ネオン付近で鳥がキーキー鳴いている」と知らされ、見に行ったところチョウゲンボウだった。縄張り争いのためか、カラスと「空中戦」を演じる場面も見られたという。

 小川さんは4年前にも、同じ場所でチョウゲンボウを撮影したことがあるが、その時は1羽だけで2週間ほどで姿を消したという。今回はペアで、交尾も確認できたことから「ヒナの誕生も期待できる」と話している。【鴇沢哲雄】
http://mainichi.jp/articles/20160406/k00/00m/040/123000c

ttp://archive.is/RwxUK

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【学校で酒をつくってみる〜トキの島から】第1部・辛口でいこう(上)日本海を見下ろす高台に「学校蔵」はあった 佐渡で記者が体験!【産経ニュース2016年4月5日】

学校蔵を案内する尾畑留美子さん(大山文兄撮影)
 紙面も酒も「極上辛口」 麹、酵母…専門用語に混乱

 国内有数の日本酒王国・新潟。約90の酒蔵があり、国内出荷量は全国3位、吟醸酒など高品質酒の生産量は多い。県内消費量は成人1人当たり13・3リットル(平成25年度)で全国トップ、2位秋田県の同9・7リットルを大きく引き離す。そんな飲んべえの地・新潟で支局勤務4年目を迎える記者が、新潟にいるなら酒を極めたい−と、酒造りに取り組むことになった。(市川雄二)

                 
★   ☆

 きっかけは、国の特別天然記念物トキで有名な佐渡島(佐渡市)にある尾畑酒造=平島健社長(51)=への取材だった。同社が2年前から取り組んでいる廃校の小学校校舎を酒蔵として活用する「学校蔵」の取材で昨年12月下旬、島西部の本社を訪ねた。

 明治25年創業の蔵は杉玉が飾られ、歴史を感じさせる。甘い香りが漂うなか、金属製の8千から2万リットル入るというタンクが何本も置かれ、かつて米を蒸すのに使った巨大な釜なども置かれていた。

 そこから車で10分ほど、日本海を見下ろす高台に学校蔵はあった。外観は木造校舎のままだが、内部はきれいに改装されている。平島社長の妻で専務の尾畑留美子さん(50)の案内で見学した。

 ステンレスで囲まれ温度管理された麹(こうじ)室で麹を、さらに酵母で酒母をつくり、仕込み室の真新しい大きなタンクでもろみを3段に仕込んで…と説明を受ける。

 日本酒は、米を麹菌と酵母(イースト)の力を借りて発酵させて造る。単純な分だけ、原材料の米と水、そして造り方で大きく味が違ってくる−ということは分かるが、実感が伴わない用語が次々に登場し、混乱してくる。

 そんな記者に、尾畑さんは学校蔵で酒造りを学ぶ人も受け入れており、「やってみたらどうです」と勧めてくれた。もちろん、酒造りの職人・杜氏(とうじ)が指導してくれるので心配はないそうだ。すでに都内で飲食店を経営する企業の社員や、九州の若者たちが体験したという。

 新潟にいるのだから、この機会を逃すのも惜しい気がしてきた。持ち帰って上司に相談したところ社業として取り組むことに…もう後には引けない。

 さて、どんな味にするか。産経新聞らしく「超辛口」を提案したが、尾畑さんから「いまは甘みや酸味があるほうが受ける」と言われ、一度は挫折。だが今年2月、再訪した際には「辛口を分かっていない人が多いから、改めて『辛口とは』を学びながら造ってみては」と提案された。

 平島社長からも「どう辛く感じるかは人によってさまざま。『こういうイメージの酒を造りたい』という考えがあれば聞かせてほしい」と言われ、宿題として持って帰ることになった。
http://www.sankei.com/premium/news/160405/prm1604050007-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160405/prm1604050007-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160405/prm1604050007-n1.html

ttp://archive.is/4YOoL
ttp://archive.is/Vh8ea
ttp://archive.is/zPrRA
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥海山を背にハクチョウゆっくり羽休め 羽後町の田んぼ【さきがけonTheWeb2016年4月5日】

雪が解けた田んぼに飛来し、羽を休めるハクチョウ=羽後町貝沢
 晴天に恵まれた5日、秋田県羽後町の田んぼでは、鳥海山を背にゆっくりと羽を休めるハクチョウの姿が見られた。雄物川近くの同町貝沢では雪解け後の田んぼが広がり、200羽ほどのハクチョウが落ち穂をついばんでいた。
http://www.sakigake.jp/news/article/20160405AK0017/?nv=akita

ttp://archive.is/w8h1X
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀 大型剥製の展示可能に 湖北野鳥センター【中日新聞2016年4月5日】

開館以来、28年ぶりに衣替えした展示室=長浜市湖北町で

 長浜市湖北町の湖北野鳥センターが、展示室などを分かりやすく衣替えした。新装記念として、湖北野鳥写真コンテストの作品展を開いている。

 野鳥を映像で紹介する五十インチのスクリーンを設置。ショーケースを取り換え、カワウやトビなど大型剥製の展示が可能になった。老朽化した床も張り直し、床面にはコハクチョウやカイツブリの実物大イラストをあしらった。

 展示室のリニューアルは、一九八八(昭和六十三)年の開館以来初めて。専門員の池田昇平さん(24)は「野鳥との交流の場としてうまく機能させていきたい」とPRする。

 湖北野鳥写真コンテストの作品展では、金賞に輝いた古川博さん=同市南高田町=の「春」をはじめ、県内外から寄せられた八十八点を展示している。五月二十九日まで。

 原則、火曜休館。小中学生百円、高校生以上二百円。(問)同センター=0749(79)1289

 隣接する道の駅湖北みずどりステーションでは、湖北風景写真コンテストの作品展も開催。金賞の内藤又一郎さん=同市高月町=の「我も飛ぶ」など七十一点が並んでいる。八月三十一日まで。

 (渡辺大地)

 ◇両コンテストの他の上位の皆さん=関係分(いずれも長浜市)

 【野鳥】銀賞 中川敏和(湖北町)▽銅賞 広部芳美(湖北町)▽優秀賞 松井正次(西浅井町)山岡和芳(木之本町)【風景】銀賞 小坂俊一(高月町)▽優秀賞 風間一範(地福寺町)草野秀憲(勝町)中川敏和(湖北町)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160405/CK2016040502000009.html

ttp://archive.is/0xcmS
posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡良瀬遊水地の野鳥ガイドで観察法解説【YOMIURI ONLINE2016年4月5日】

 渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団(栃木市)は、遊水地に生息する野鳥の特徴や観察方法をまとめた「『ラムサール条約登録地』渡良瀬遊水地野鳥ガイドブック」=写真=を発行、1部100円で販売する。

 遊水地野鳥観察会会長の一色安義さん、会員の関口明さんが監修、執筆した。A5判96ページ。全カラーで、141種の野鳥を写真付きで掲載、見分け方や探し方を分かりやすく解説した。

 財団によると、遊水地はハイイロチュウヒやノスリなどワシ・タカ類の日本屈指の越冬地として知られ、これまで260種の野鳥が確認されている。うち58種は国指定の絶滅危惧種という。問い合わせは同財団・渡良瀬遊水地湿地資料館(0282・62・5558)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/news/20160404-OYTNT50372.html

ttp://archive.is/UQMhd
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤンバルクイナ、体の2倍のヘビ飲み込む 沖縄・国頭村【沖縄タイムスプラス2016年4月5日】(既報1ソース)

リュウキュウアオヘビを地面に打ち付けるヤンバルクイナ(上)=2014年9月26日、国頭村(森林総合研究所九州支所提供)
 国の天然記念物ヤンバルクイナが、自身の体長の2倍近い推定全長58センチのリュウキュウアオヘビを捕食する様子が、沖縄県国頭村の西銘岳の森で記録されていたことが分かった。体長より大きなヘビの捕食を記録したのは初めてとみられる。

≫ 何蛇(なんじゃ)これ? アカマタ共食いの貴重映像【閲覧注意】

 国立研究開発法人森林総合研究所、県森林資源研究センター、琉球大学が共同で設置した自動撮影カメラで2014年9月26日午前9時47〜51分の間に撮影された。

 ヤンバルクイナがヘビに近づき、くちばしでくわえて地面にたたき付け、飲み込む様子が写っていた。ヤンバルクイナは雑食性で、ミミズやカタツムリを食べることは確認されているが、生態について未解明な部分が多いという。

 同研究所九州支所の小高信彦主任研究員は「ヤンバルクイナの森の中での行動は解明されていないことが多い。たくましく生きていることが分かった」と話した。

 自然保護の調査などを行う任意団体「Yambaru Green」の大城勝吉さんと小高主任研究員が共同でまとめた論文が、3月31日発行の九州森林学会の研究誌「九州森林研究」に掲載された。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=162127

ヤンバルクイナたくましく ヘビ捕食 国頭村で初撮影【琉球新報2016年3月28日】
リュウキュウアオヘビに接近し、くちばしを開けるヤンバルクイナ=2014年9月26日午前9時47分、国頭村(国立研究開発法人「森林総合研究所」提供)
 【国頭】国の天然記念物ヤンバルクイナが自らの体長の2倍近い推定全長58センチのリュウキュウアオヘビを捕食する様子が国頭村の西銘岳付近の森林で記録されていたことが分かった。国立研究開発法人「森林総合研究所」と県森林資源研究センター、琉球大が共同研究で設置した自動撮影カメラで2014年9月26日に撮影した。ヤンバルクイナの生態は未解明な部分が多く、自分の体より長い大型のヘビを補食した写真記録は初めてとみられる。

 有効な保全策を確立するために生態解明が不可欠な中、ヤンバルクイナとヘビ類の相互関係を把握するための貴重な記録の一つとして期待される。(古堅一樹)
http://ryukyushimpo.jp/photo/entry-246708.html

ttp://archive.is/hwmVd
ttp://archive.is/GX8kb
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青の世界泳ぐペンギンに写真GP【中国新聞アルファ2016年4月5日】(フンボルトペンギン)

グランプリを受賞した「フンボルトペンギンがこんにちは♪」
 浜田市と同市観光協会が初めて企画した「浜田市デジタルフォトコンテスト」で、同市のbiwamatiさんの「フンボルトペンギンがこんにちは♪」がグランプリに決まった。
(ここまで 82文字/記事全文 291文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=235632&comment_sub_id=0&category_id=110

ttp://archive.is/fBiay
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作りフクロウ3000点 庄原【中国新聞アルファ2016年4月5日】

しょうばらゆめさくらで開かれている「ふくろう展」
 里山の自然をモチーフにして、フクロウにちなんだ作品を展示、販売する「ふくろう展」が庄原市新庄町の食彩館しょうばらゆめさくらで開かれている。11日まで。入場無料。
(ここまで 81文字/記事全文 331文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=235653&comment_sub_id=0&category_id=110

ttp://archive.is/hfpjX
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負傷のシロオオタカを保護 津の獣医師高橋さん【中日新聞2016年4月5日】

保護されたシロオオタカ=津市久居野村町で

 鈴鹿市内の民家で三月下旬、けがをして動けなくなった希少な猛きん類「シロオオタカ」が見つかった。津市久居野村町の獣医師高橋松人(まつと)さん(84)が保護し、自宅で餌をやるなど大切に世話をしている。シロオオタカは順調に回復し、高橋さんは再び大空を舞う日を心待ちにしている。

 シロオオタカは、希少なオオタカの亜種。ロシアのシベリア地方やカムチャツカ半島など、寒い地方に生息する。越冬のため、北海道や青森県などに飛来した例はあるが、国内での確認例はきわめてまれという。

 県みどり共生推進課によると、シロオオタカは三月二十五日、鈴鹿市下大久保町の民家の庭先で見つかった。体長五〇センチほどで、飛ぶことができない状態だった。県職員の依頼で獣医師の高橋さんが引き取り、自分の動物病院でエコー検査で調べたところ、けがは左の羽根の打撲で、全治約二十日と分かった。

 「食欲が旺盛で、餌のウズラ肉をぺろりと食べちゃうんだ」。高橋さんは鳥小屋のシロオオタカを見つめ、ほおを緩める。

 高橋さんは、犬や猫などペットの治療の傍ら、四十年以上、県内の野生鳥獣の保護活動をライフワークにしてきた。津市美杉町や大台町の山などで、巣立ちに失敗したオオタカやハヤブサの幼鳥、けがをした鳥獣を年間五十匹ほど保護。自宅で一定期間育て、野生に返している。

「希少なシロオオタカと知り、驚いた」と話す獣医師の高橋さん=津市久居野村町で

 「希少なシロオオタカだと知って、わくわくした。早く元気になって、大空に帰ってほしい」と高橋さん。シロオオタカは今月中旬にも回復予定。高橋さんは希少種を世話した経験を、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)に報告するという。

 (池内琢)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160405/CK2016040502000020.html

ttp://archive.is/XsBzS
posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知 コーチンPR動画完成 講談風物語や知事一押し料理【中日新聞2016年4月5日】

旭堂鱗林さんが講談風に紹介する「名古屋コーチン物語」の1シーン

 名古屋コーチンの由来や魅力を発信しようと、県は、講談風の歴史物語や短編ドラマなどのPR動画三本を作成し、動画投稿サイト「YouTube」に掲載した。大村秀章知事も出演し、おすすめのコーチン料理を紹介している。

 名古屋市在住の講談師、旭堂鱗林(りんりん)さん(42)が演じる講談では、明治期に禄(ろく)を失った尾張藩士が繁殖を手掛けたコーチンの誕生から、昭和三十年代の低迷期を経て、復活するまでを十五分間の物語にまとめた。

 ラジオパーソナリティー、つボイノリオさん(66)の「いっぺん食べてみやぁ」と言うメッセージもあり、大村知事は「私の一押しは鶏みそ鍋。復活したコーチンをご賞味いただきたい」と呼び掛けた。

 短編ドラマや料理レシピの紹介動画も作成した。

 動画は、コーチンのブランド強化のため、地方創生交付金を活用した。県畜産課の担当者は「コーチンの知名度はあるが、若者が食べる機会は少ない。動画がきっかけになれば」と話す。

 鳥料理店などでつくる名古屋コーチン協会加盟店の店頭で放映するほか、DVDを県内市町村に配布する。

 (奥田哲平)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160405/CK2016040502000053.html

ttp://archive.is/FJmn5
posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバメの飛来、福島で始まる 電線に並び、羽を休める【福島民友ニュース2016年4月5日】

電線にとまり、羽を休めるツバメ=4日、福島市
 桜前線が北上する中、南国からやって来る身近な夏鳥・ツバメの飛来が本県で始まっている。福島市柳町の阿武隈川沿いでは4日、ツバメの群れが電線に並び、羽を休める姿が見られた。

 ツバメはまず雄の群れが飛来し、巣作りをして雌を待つ。軒下にツバメが巣を作ると雷や火事を防ぐといわれる上、農作物の害虫を食べてくれるため、昔から人々に愛されてきた。

 電線の上で、ツバメは「土食って虫食って口しぶーい」と聞こえる独特のさえずりで、春の訪れを告げていた。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160405-063563.php

ttp://archive.is/AQxR4
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ、優雅に羽休め 蘭越【どうしんウェブ2016年4月5日】

蘭越町の水田に飛来し、羊蹄山をバックに優雅に羽休めをするコハクチョウの群れ=3日
 【蘭越】春の到来を告げるコハクチョウの群れが町内の水田に飛来し、羽を休める優雅な姿が町民の目を楽しませている。

 毎年、この時季になると本州などで越冬した北上途中のコハクチョウが町内に立ち寄る。淀川地区の水田では3日、80〜100羽ほどの群れが陽光の下、気持ちよさそうに長旅の疲れを癒やし、稲の落ち穂をついばむ姿が確認された。

 残雪がまぶしい羊蹄山やニセコ連峰をバックに「クォー、クォー」と大きな鳴き声を上げて舞ったり、飛び回ったりし、車を止めて見入るドライバーもいた。

 コハクチョウは今月下旬にはロシア・シベリア方面に向け旅立つという。

(丸山政義通信員)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0255434.html

ttp://archive.is/7D1yE
posted by BNJ at 20:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ことりカフェ心斎橋」オープン記念!スイーツで「もふもふ」体験♪3店舗同時企画!表参道・吉祥寺・心斎橋店でのケーキセットオーダーでプレゼント♪【プレスリリース2016年4月5日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年4月1日にオープンした“ことりカフェ”3号店となる「ことりカフェ心斎橋」(運営会社:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉 康一/本社:大阪市中央区)のオープン記念企画として、「ことりカフェ」3店舗(表参道/吉祥寺/心斎橋)のいずれかで4月5日(火)〜4月28日(木)までの期間中、ケーキセットをオーダーした方にもれなく、次回よりご利用いただける「もふもふ無料券」をプレゼントいたします。※もふもふ:「ことりカフェ」の小鳥たちと触れ合える体験(通常、表参道店:5分500円/吉祥寺店:5分300円/心斎橋:5分500円)。「ことりカフェ」では、今後も全国の愛鳥家や小鳥ファンはもちろん、観光目的や癒しを求める多くの方々に楽しんでいただけるよう、様々なサービスをご提供してまいります。

               ※それぞれ可愛くて美味しい各店舗ことりスイーツたち♪

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000180.000010272.html

ttp://archive.is/yugfq
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 20:48 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする