2016年04月10日

【長崎】珍鳥ヤツガシラ 春の訪れ告げる【西日本新聞2016年4月10日】

草地で虫をついばむヤツガシラ。扇状になる冠羽が特徴

 国内で観察されるのが珍しい渡り鳥ヤツガシラが、五島市に飛来しているのが確認された。同市富江町の海岸近くの草地では、ヤツガシラが虫をついばむ姿が見られた。

 ヤツガシラは、冠羽と呼ばれる頭上の羽根を広げると扇状になるのが特徴。ユーラシア大陸やアフリカ大陸などに広く分布し、北方の繁殖地と南方の越冬地を往復する際に少数が日本に飛来するという。

 日本野鳥の会会員の出口敏也さん(52)=同市木場町=によると体長約25センチ。出口さんは「ヤツガシラが飛来すると春を感じますね」と話していた。

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/animal_news/article/237048

ttp://archive.is/WGs6Z

タグ:ヤツガシラ
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<森林科学館>早春の森で巣箱作りを 参加者募集【河北新報オンラインニュース2016年4月10日】

 宮城県栗原市花山の県こもれびの森森林科学館は24日、施設周辺の早春の自然環境を家族で楽しむイベントを開く。現在、参加者を募集している。
 当日は敷地内の山林を散策し、コンロンソウやワサビといった春の草花を観察する。シジュウカラなど野鳥が住み着く巣箱作りも企画し、完成品は自宅に持ち帰ったり、施設周辺の木に取り付けて鳥たちの様子を定期的に観察したりできる。
 午前9時半〜午後1時。昼食持参。定員30人で先着順。申し込み締め切りは23日。参加費は小学生以上600円。
 連絡先は科学館0228(56)2330。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160411_13062.html

ttp://archive.is/NtaGP
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウム、関西弁はあきまへん? 大阪の鳥カフェで猛特訓【朝日新聞デジタル2016年4月10日】

オウムの銀次郎に「まいど」と話しかけるスタッフ=9日、大阪市中央区の「ことりカフェ」

 愛知生まれのオウムが連日、関西弁の猛特訓を受けている。大阪・南船場に今月オープンした「ことりカフェ」。もうすぐ1歳になる「銀次郎」だ。

 ことりカフェは東京には2店あるが、西日本出店は初めて。南船場の店のケージには30羽(7種)がおり、小鳥と触れあえることで女性らの人気を集める。

 まずは「まいど」の習得。だが、関西出身のスタッフが何時間も教えても反応はいまいち。「コテコテの関西弁を話すお客の指導で何とかして」と店長。
http://www.asahi.com/articles/ASJ494W3YJ49PTIL00P.html

ttp://archive.is/SRX7t

【学校で酒をつくってみる〜トキの島から】第1部 辛口でいこう(下) 廃校の木造校舎を蔵に 自然に囲まれ地域振興にも活用【産経ニュース2016年4月10日】

杉玉が下がる木造校舎の脇で今年も桜が咲き誇る =新潟県佐渡市西三川の学校蔵(伊藤善行氏撮影)
味のイメージは凛ときりりと

 酒蔵数全国一の新潟で記者が酒造りに挑むプロジェクト。協力していただく佐渡島の地酒「真野鶴」の蔵元・尾畑酒造から出された「どんなイメージの酒を造りたいか」という課題をめぐり、記者の模索は続いた。(新潟支局 市川雄二)

                   


 2月中旬、島の中央部、国仲平野で2羽のトキが空を舞うのを初めて見た。平成15年の絶滅後、人工繁殖から4年前には自然界でひなが誕生した。よみがえったトキは島のシンボルだ。環境省によると4月7日現在、国内で生息するトキは334羽で、うち佐渡市内には野生で148羽が生息している。

 尾畑酒造の5代目蔵元で専務の尾畑留美子さん(50)は「農家はトキの住む環境を守るために減農薬、減化学肥料栽培を目指している。佐渡のお米を食べた人は口をそろえて『おいしい』と言います」と胸を張る。

 同社が2年前から取り組み、今回、記者の酒造りの舞台となる学校蔵(佐渡市西三川(にしみかわ))での仕込みに使う酒米「越淡麗」もこうした環境で育つ。

 学校蔵は、日本海に面した高台に立つ旧西三川小学校の2階建て木造校舎だ。廃校となった22年夏、尾畑さんは夫の平島健社長(51)に初めて連れて来られた日を覚えている。

 「佐渡に生まれ育った私が、この限りなく広がる空と海を見て、本当に佐渡がきれいだと思ったのは初めて。そのとき、やらねばならぬと思った」

 地域コミュニティーの中心だった学校が朽ち果てるのを止めたい一心で、旧校舎を借り、26年に酒造場として再生させた。

 ここでは酒米を60%まで磨き、地元の杉材を漬け込んで木造校舎の木のぬくもりを感じさせる風味に仕上げる。1年目はタンク2本分を仕込み、720ミリリットル瓶で約3千本を製造、27年は製造本数を2倍にした。

 一方、学校蔵は地域振興を体現する場でもある。地域再生の専門家などを講師に招き「特別授業」も開催している。今年6月にも予定され、「地方で起業」などがテーマとなる。

 記者の酒造り体験は、その特別授業終了後の7月下旬から8月にかけて行うことになった。最も重要なもろみを3回に分けてタンクに入れる「3段仕込み」の1週間、学校蔵へ通う。

 さて、宿題の辛口だ。

 新潟県醸造試験場の青木俊夫専門研究員(48)に聞くと、「一言でいえば糖分が少ないのが辛口。口の中がひりひりして水を飲みたくなる香辛料の辛さではない」という。

 この言葉をヒントに、いろいろな日本酒を試しているうちにだんだんイメージが湧いてきた。

 「あっさりした感じではなく、凛(りん)とした、きりりとしながら深い味わいがある、産経新聞のような辛口」

 そうだ。これでいこう。=第2部は、6月に掲載予定。
http://www.sankei.com/premium/news/160410/prm1604100038-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160410/prm1604100038-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160410/prm1604100038-n3.html

ttp://archive.is/kEu2g
ttp://archive.is/BDOhI
ttp://archive.is/d5NTK
【学校で酒をつくってみる〜トキの島から】第1部・辛口でいこう(上)日本海を見下ろす高台に「学校蔵」はあった 佐渡で記者が体験!【産経ニュース2016年4月5日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 今季初、ひな誕生 佐渡・ふれあいプラザ /新潟【毎日新聞2016年4月10日】(他1ソース/既報1ソース)

 佐渡市は9日、同市のトキふれあいプラザで飼育している国の特別天然記念物トキから、ひな1羽がふ化したと発表した。国内のトキ飼育施設で確認された今季初のひなとなる。体長は約10センチで、元気な様子だという。

 同市によると、ひなの親は14歳の雄と6歳の雌。職員が同日午前6時ごろにふ化しているのを監視カメラで確認した。このつがいは3年連続計6羽をかえしており、現在も三つを抱卵している。同プラザのトキはこれで5羽となった。【南茂芽育】
http://mainichi.jp/articles/20160410/ddl/k15/040/035000c

トキ ことし初めてのヒナ誕生 新潟・佐渡市【NHKニュース2016年4月10日】
国の特別天然記念物、「トキ」を観察できる新潟県佐渡市の施設で、9日、ひながふ化したことが確認されました。国内でのトキのひなの誕生はことし初めてです。
ひなが誕生したのは、新潟県佐渡市にある観察施設「トキふれあいプラザ」です。
佐渡市によりますと、施設で飼育されていた14歳のオスと6歳のメスのつがいが、先月から4つの卵を温めていました。
そして、9日午前6時ごろ、このうちの1つからひなが体を出す様子を巣の近くに設置したカメラを通して職員が確認したということです。
国内の別の飼育施設や自然界を含めてトキのひなが誕生したのはことし初めてで、平成11年の「ユウユウ」以降、これで18年連続でひなが誕生したことになります。
今回生まれたひなは、時折立ち上がるなど、健康状態に問題はないということです。
「トキふれあいプラザ」ではガラス越しにトキの様子を確認でき、佐渡市は、「来週末にはひなが親から餌をもらう様子が見えると思う。子どもたちに日に日に成長する様子を間近で観察してほしい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160410/k10010473591000.html

佐渡飼育トキ 今季初のふ化【新潟日報モア2016年4月10日】
 佐渡市は9日、同市新穂長畝の「トキふれあいプラザ」で、トキのひな1羽のふ化を確認したと発表した。市...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160410246617.html

ttp://archive.is/NSMOM
ttp://archive.is/orFZZ
ttp://archive.is/qT0Bh

オットセイが結婚指輪運ぶ 動物たちが祝福、東武動物公園で結婚式【埼玉新聞2016年4月10日】(既報1ソース/フンボルトペンギン/シロフクロウ/東武動物公園)

動物たちと一緒に結婚式を挙げた松本さん夫妻=9日、宮代町の東武動物公園
 動物たちに囲まれながらの結婚式が9日、宮代町の東武動物公園で行われ、「立会人」のオットセイやペンギンが人生の門出を見守った。

 新郎新婦は熊谷市のドラッグストア勤務松本恵三さん(23)と看護師真璃香さん(23)。友人の紹介を通じて知り合い、3年間の交際を経て昨年8月に入籍した。

 共通の趣味はスノーボードや釣り、動物園巡り。真璃香さんが、3月に開園35周年を迎えた同園のホームページで特別企画「あなたの夢叶(かな)えます!」を見つけて応募。153通から選ばれ、希望がかなった。

 式には親族や友人ら約30人が出席。タキシードとウエディングドレス姿の2人が登場すると、大きな拍手とともにシロフクロウ、リスザルなど約10種の動物が出迎えた。

 オットセイは、結婚指輪が張り付いているボールを得意の口芸で上手に運び、結婚誓約書はペンギンの“足印”。ユニークな式に大勢の来園者らも祝福を見守っていた。恵三さんは「自然の中での結婚式は憧れでした」し、真璃香さんも「動物たちに祝ってもらいうれしい」と話していた。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/04/10/09.html

動物園結婚式 オットセイやペンギンが祝福…埼玉【毎日新聞2016年4月9日】
動物たちに祝福される新郎の松本恵三さん(中央右)と新婦の松本真璃香さん(同左)=埼玉県宮代町の東武動物公園で2016年4月9日、木村健二撮影
 埼玉県宮代町の東武動物公園で9日、動物好きのカップルによる結婚式が行われた。新郎新婦の親族・友人に加え、オットセイやフンボルトペンギンなど7種類の動物たちがにぎやかに祝福した。

 式を挙げたのは、熊谷市の会社員、松本恵三さん(23)と、看護師の真璃香(まりか)さん(23)。「来園者の夢」をかなえる同園の開園35周年企画に、真璃香さんが応募して実現した。

 雌のオットセイがリングガールを務め、結婚指輪を運んだ。フンボルトペンギンは足形の印で宣誓書を承認。新郎新婦は「いつまでも愛し続けます」と誓い、早くもおしどり夫婦ぶりを見せた。【木村健二】
http://mainichi.jp/articles/20160410/k00/00m/040/016000c

ttp://archive.is/bsyFQ
ttp://archive.is/ofTQJ

鹿児島)生き物の中心、イタジイ萌える 新緑の奄美【朝日新聞デジタル2016年4月10日】

新緑の季節を迎えた奄美大島。黄緑のじゅうたんがふもとから山頂へ登っていく=奄美市、常田守さん撮影

 山々に広がる黄緑のグラデーション。4月、奄美大島は新緑が輝く。深緑から黄緑、そして黄金色へ。3月から約2カ月かけて、常緑広葉樹の森は麓(ふもと)から頂へゆっくりと色を変える。

 森の核となるのがブナ科のイタジイ(オキナワジイ)。ブロッコリーのようなモコッとした形が特徴だ。「奄美の生き物の中心」と自然写真家の常田守さん(62)は考える。

 この時期の枝には茶色の古い葉や緑の葉、黄緑の新芽が同時に並ぶ。枝の先端の方には、少し遅れて黄色の花も咲く。雄花と雌花の受粉を担うのは風と、アマミアオジョウカイのような多くの昆虫たちだ。その虫たちをヒナのエサにし、野鳥たちが繁殖期に入る。

 ログイン前の続き春は「落葉」の季節でもある。役目を終えた葉は林床に積もってフカフカのベッドとなり、まもなく始まる梅雨の雨をたっぷりと蓄える。落ち葉は分解されて土となる。川では栄養分となって植物プランクトンやコケを育み、絶滅危惧種リュウキュウアユなどの口に入る。秋に落ちるシイの実(ドングリ)は哺乳類のごちそうとなり、国の特別天然記念物アマミノクロウサギや、アマミトゲネズミなどの子育てを支える。

 「水(むじぃ)や山おかげ」(おいしい水が飲めるのは山の緑のお陰)。島の言い伝え通り、森からしみ出した水は川から海へと注ぎ、人も含む命の源となっている。

 島では今、希少動植物が住む森を国立公園にする準備が進む。世界自然遺産になる地域を、国の責任で守る態勢を整えるためだ。だが、今もその外では大規模な森林伐採が続く。遺産登録には、周辺の森も守る必要があるとされているにもかかわらず、だ。常田さんは言う。「生き物を守るには、シイの森を守らないといけない。『遺産になる場所だけ守ればいい』という考えは間違い。自然はつながっているんですから」(外尾誠)
http://www.asahi.com/articles/ASJ476TH3J47TLTB018.html

ttp://archive.is/9ZEdg
タグ:奄美 常田守
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)コウノトリ、仲直り? 2羽で巣作り【朝日新聞デジタル2016年4月10日】(既報関連ソースあり)

寄り添う2羽のコウノトリ=9日午前11時7分、鳴門市内

 カラスに卵を襲われて繁殖に失敗した鳴門市のコウノトリのペアが9日、そろって巣に姿を現した。4日から巣に寄りついていなかったメスは、オスに体を密着させたり巣作りをしたり。「仲直り」にも見える行動に、地元では新たな産卵への期待が広がっている。

 観察をしていた人々によると、9日午前9時ごろ、オスがいた巣にメスが戻ってきた。オスが枯れ草のような巣材をくわえて飛ぶ姿も見られた。コウノトリ定着推進連絡協議会の調査チームで観察する浅野由美子さん(42)は、「とりあえず一安心。メスには餌を食べて体力をつけてもらい、次の産卵につながれば」と話していた。(中村律)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4954BMJ49PUTB006.html

ttp://archive.is/QMw8N
【鳴門・コウノトリ】カラス持ち去りの卵は無精卵、コウノトリ繁殖は失敗…再び産卵も?【産経WEST2016年4月6日】
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の盛り上げ隊長は 動物総選挙に10匹立候補 兵庫【朝日新聞デジタル2016年4月10日】(姫路セントラルパーク/ケープペンギン)

コツメカワウソのてんぴ

 「何事も白黒つけます 自由野生の党 イチミ」(ケープペンギン)、「漢(おとこ)は多くを語らず背中で語る 日本魚食党 てんぴ」(コツメカワウソ)――。兵庫県姫路市豊富町神谷の姫路セントラルパークで、「動物総選挙」が繰り広げられている。「立候補」したのはミーアキャット、ホワイトタイガー、ブタなど飼育している動物10匹。トップ当選を果たした動物は「盛り上げ隊長」として同パークの公式ホームページで来年4月までPR活動の中心を担う。投票は今月23日までで、24日に開票される。

特集:どうぶつ新聞
 選挙は今年で2回目。昨年はカピバラのローズが369票の最多得票を得て「盛り上げ隊長」に選ばれた。4頭の子どもを産み、ホームページに写真が多く掲載されるなど活躍した。

 パーク内には3月26日から「選挙ポスター」が掲示され、それぞれの動物の意気込み、キャッチフレーズ、党名は飼育担当者が頭をひねって考えた。

 総選挙担当の米沢彩さん(36)は、「今年も意欲あふれる動物が立候補してくれた。ぜひ直接会いに来て、これから姫センを盛り上げてくれる動物を選んでほしい」と話す。

 投票はパーク内のチンパンジー展示場前で。23日は1日限定でパークの公式ツイッター上でも投票できる。

 入園料は3歳以上の未就学児が1200円、小学生1900円、中学生以上3100円。問い合わせは同パーク(079・264・1611)へ。(遠藤和希)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3Z6KKXJ3ZPIHB02S.html

ttp://archive.is/B2Nbs

鳥にしか見えない不思議なキノコ 沖縄で発見【沖縄タイムスプラス2016年4月10日】

チブガーラの土手で見つけた野鳥のようなキノコ=宜野湾市志真志
 沖縄県宜野湾市志真志ハイツの脇を流れる川、チブガーラの土手のアカギの根っこで、野鳥が棒の先に止まっているような形状のキノコ=写真=を、草刈をしていた元中学校社会科教諭の吉村武さん(77)が見つけた。「化石収集で長く県内各地の川や野山を巡ってきたがこのようなキノコは初めて。新種では?」と期待を込める。

 傘の部分が長さ約12センチ。斜め下方にゆるやかに垂れ白黒の斑点はまるで羽根のようだ。軸部分も長さ約15センチあり、白鉛筆のようだ。吉村さんは、囲いをし保存したが「私にはカンムリワシかフクロウにも見える。どのようなキノコか専門家の話が聞きたい」と述べた。(翁長良勝通信員)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=162927

ttp://archive.is/aVATq
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとした話 定住?コブハクチョウ【佐賀新聞LiVE2016年4月10日】

 ○…プレジャーボートなどが係留されている伊万里市黒川町の港にコブハクチョウ1羽が現れ、優雅にたたずむ姿が住民の話題になっている。与えられたパンなどの餌をついばみ、港がすっかり気に入った様子。現れて1カ月近くたった今もよそに行く気配はない。

 ○…住民らによると、3月中旬ごろ、港にいるところを発見された。最初は片足を翼の中に隠すようなそぶりをしていたため、「けがをしているのか」と心配する住民もいた。初めから人を警戒する様子はなく、餌がもらえると分かってからは、人の姿を見つけて近寄って来るほど人懐こい。

 ○…「渡りの途中で群れからはぐれたのかな」。そう心配する住民もいるが、日本野鳥の会佐賀支部や佐賀野鳥の会の関係者によると「渡りのコースは日本から離れており、どこかで飼われていたものが逃げ出したのでは」。港のそばに住む女性は「つぶらな目がかわいくてたまらない。いつも餌をあげるのが楽しみ」とほほ笑んだ。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/298603

ttp://archive.is/czH2P
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする