2016年04月15日

カラスとカワウを有害鳥獣に追加 岡山市対策強化、奨励金増額など【山陽新聞デジタル2016年4月15日】

 岡山市は2016年度、農作物に被害をもたらす有害鳥獣対策を強化するため、イノシシなどの捕獲奨励金を増額するとともに、対象にカラスとカワウを追加。防止柵や捕獲用のおりなどの設置に対する市独自の補助制度 ...
http://www.sanyonews.jp/article/331653/1/?rct=okayama1

ttp://archive.is/Y9eRs

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特集 環境保全さえずる 岡山・北区「アスエコ」、絵画・彫刻で“野鳥観察”【毎日新聞2016年4月15日】

 鳥の木彫りや絵画を通じて野鳥の保護や生息する環境の保全について考えてもらおうと、環境学習センター「アスエコ」(北区下石井2)で、企画展「耳をすませば鳥のささやき バードカービング&野鳥の絵画展」が開かれている。愛好家が手掛けた木彫りや絵は、今にも動き出しそうなほどリアルで、訪れた人を驚かせている。【瀬谷健介】

羽ばたきそうにリアル

 公益財団法人の県環境保全事業団が運営するアスエコは、県民に環境保全の大切さに気づいてもらおうと、さまざまなテーマの企画展を定期的に開催する。今回は、普段目にする機会が少ない野鳥を、細部まで表現した作品で身近な存在として感じてもらう狙いだ。

 会場には、「岡山バードカービングクラブ」の会員12人が制作した木彫りの鳥40点と「岡山動物画の会」の会員4人が描いた絵画15点を展示。「水辺の鳥」「里の鳥」「山の鳥」の三つのエリアに分け、それぞれの鳥が生息する環境などについても説明している。

 バードカービングは、真上や横から鳥をとらえた原画を元に、糸ノコギリなどで丁寧に木を掘り出していく。羽を広げて木の枝にとまった姿や餌を食べる様子などが本物同様に作り上げられている。制作にあたった岡山バードカービングクラブ会長の渡辺忠明さん(81)=倉敷市=は「なかなか見ることがない鳥が飛んでいる様子など、それぞれの特徴を理解してもらいたい。自然環境が壊れれば、木彫りの制作も難しくなる」と訴える。

 渡辺さんが木彫りの参考にしようと加わっているのが岡山動物画の会。野生動物画家の越山洋三さん(49)=赤磐市=が講師を務め、会員が色鉛筆で野生動物の精密画を描く。その技法は、越山さん独自のもの。影を描くことで立体的に見せ、背景を水彩、鳥を色鉛筆で描くことで、主役である鳥を引き立たせる。渡辺さんは絵を描いてから木彫りをするといい、鳥の特徴を捉えたり、木彫りの色づけに役立つという。

 会場に飾られた絵は、猛きん類のハイタカが狩りをする様子や、木の上でさえずるオオルリなどを色彩豊かに再現した。越山さんは「写真では撮れない一瞬を伝えられるのが、絵の魅力。鳥を好きになれば、自然を守ろうと考える入り口にもなる」とまずは作品を見ることを勧める。

クイズ・工作で楽しく

 会場には、11種類の鳥の絵から名前を当てるクイズや、牛乳パックによる工作も用意されている。アスエコの中津尊主査は「小さな子どもから年配の人まで誰が来ても楽しんでもらえる。実際に野鳥を観察に行くきっかけになれば」と話している。

 企画展は28日まで。入場無料。開館時間は午前10時〜午後1時と同2〜6時(最終日は午後3時まで)。日曜祝日は休館。16日午後2時半〜3時半、越山さんが野鳥の魅力を語るイベントもある。定員は20人で小学生以上が対象。参加申し込みや問い合わせはアスエコ(086・224・7272)
http://mainichi.jp/articles/20160415/ddn/010/040/023000c

ttp://archive.is/pO832
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形)湿原の命、庄内平野の原風景 鶴岡の西茨新田湿地【朝日新聞デジタル2016年4月15日】(オオワシ/オジロワシ/ノスリほか)

「ここは一つの生態系」とハンノキ林を指さし語る水野さん=鶴岡市の西茨新田湿地

 庄内平野の原風景といわれる湿原が、鶴岡市に残されている。庄内空港にほど近い市北西部の茨新田地区に広がる「西茨新田湿地」だ。連綿と続けられた開田の結果、自然植生が次々と姿を消す中、往古の景観をいまも残す。保全の行方が見えない自然の春を、4月初め、民間団体・鶴岡自然調査会の水野重紀代表と歩いた。

 田園地帯に、ハンノキ林が広がっていた。林に足を踏み入れると長靴がズボリと沈む。標高わずか10メートルほどの場所で、ミズバショウが、白いホウを次々に広げて陽光に輝いていた。

 林の後背地には、標高60メートルほどの庄内砂丘が連なる。「砂丘は1600年代以前まではカシワやケヤキなどの広葉樹林で、砂の下には、腐葉土などでできた不透水層があります。濾過(ろか)された低温のわき水が常に流れ込むから、湿原が維持されているのです」。水野さんが教えてくれた。

 南北約350メートル、東西80〜120メートル、総面積約4ヘクタールのベルト状の湿地は、動植物の宝庫だ。2000年に当時の県環境保護課がまとめた現況調査報告によれば、植物だけで75科274種類。絶滅が危惧されている「ノダイオウ」などもあった。樹高10メートルを超すハンノキは、貴重なチョウ「ミドリシジミ」が産卵し、葉を食べる「ゆりかご」で、昆虫類も豊富だ。オジロワシやオオワシなどの猛禽(もうきん)類をはじめ、計121種の鳥類も確認されている。

 訪れた日も、ノスリやキジ、ツグミなど多くを見かけた。「猛禽類がいるのは餌が豊富だから。ここは一つの生態系です」と水野さんはいう。

 水野さんによれば、庄内地方には「谷地」「川原」「沼」など湿地を現す地名も多い。各地の屋敷林や水田にハンノキが点々と残るなど、往古は広い範囲に湿地があったと見られるという。西茨新田湿地は、庄内空港周辺が開発されるまではほとんど道路もなく、開発から取り残されてきたと見られるという。

 だが、湿原はほとんどが民有地。最近は周辺の道路整備も進み、排水のための暗渠(あんきょ)が作られるなど、一部では乾燥化も進んでいる。水野さんは「地域の原生風景や開拓の苦労を知る上でも貴重な自然だ。希少なものがいるとかいないとかではなく、存在そのものの価値を認め、将来に向けて保全する対策を考えて欲しい」と話している。(溝口太郎)
http://www.asahi.com/articles/ASJ434PQDJ43UZHB003.html

ttp://archive.is/TNmMT
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表情豊か室蘭の野鳥 市内在住、熊谷さん写真集【どうしんウェブ2016年4月15日】(他1ソース/既報関連ソースあり)

室蘭市内の野鳥の姿を収めた写真集を手にする熊谷さん
 室蘭市在住の写真家熊谷勝さんが写真集「LOVELY 愛らしい鳥たち」を出版した。7作目で、一瞬のしぐさや表情を捉えた野鳥62種が収められている。出版にあわせ、27日から道の駅みたら室蘭(祝津町4)で写真展も開く。

 2008年から15年にかけて撮りためたもので、ほとんどの撮影地が室蘭市内。熊谷さんは「人間からすると、工場や住宅のイメージが強いかもしれないが、多種多様な樹木がそろう室蘭は、鳥にとって胆振で一番自然豊か」と話す。

 これまで鳥のいる風景写真が主だったが、今作は図鑑としての要素が強いといい、各鳥の特徴や鳴き声、観察できる時期などを巻末に簡潔にまとめた。白く丸みのある姿のシマエナガについて「雪見だいふく」という愛称を紹介するなど、親しみやすくした。

 熊谷さんの一押しは表紙の子スズメ。朝の光がスズメの輪郭を柔らかく浮かび上がらせている。「吹き出しをつけたくなるような愛らしさ」という。

 青◆社刊。A5判96ページ。1620円。道の駅みたら室蘭や大手書店で扱っているほか、購入希望者は熊谷さん(電)0143・24・3423へ。

 写真展「愛らしい鳥たち」は5月1日まで開催。午前9時半〜午後6時(最終日は午後5時まで)。入場無料。(岩崎志帆)

(注)◆は「くさかんむり」に「青」
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0259402.html

小鳥に癒やされて…室蘭・熊谷さんが新写真集【室蘭民報ニュース2016年4月15日】
 室蘭市港南町在住の写真家、熊谷勝さん(58)の新しい写真集「LOVELY 愛らしい鳥たち」(A5判、96ページ)が、青菁社(せいせいしゃ)から発売された。ふわふわの羽毛や丸みのある体、首をかしげたしぐさなど、小鳥の愛らしさを前面に押し出した“癒やし本”。四季を通して、ほぼ室蘭で撮影された62種類の鳥が解説入りで収録され、室蘭の野鳥図鑑とも言える1冊だ。

 撮影場所は測量山やトッカリショ、白鳥大橋のたもとなど、ほとんどが室蘭。表紙のスズメの“三兄弟”は絵鞆岬展望台の手すりに3羽のひなが並び、親鳥の帰りを待っている様子だ。もこもこの体がかわいい。

 測量山では“三鳴鳥”の一つで、ほとんど姿が見られない渡り鳥のコマドリを捉えた。枝に止まってさえずる貴重なショットだ。頭や背中の鮮やかなオレンジ色が特徴で、室蘭には4月下旬から5月上旬のわずかな期間しか飛来しない。

 熊谷さんは「手のひらに乗るような小鳥を表情豊かに撮るのは難しいですが、視線の方向やちょっとしたしぐさで、愛らしかったり、何かを考えているように見えることがある」と笑顔を浮かべる。熊谷さんは室蘭に生息するハヤブサの写真家として有名だが「今回はいい意味で期待を裏切る作品集となった。迫力あるハヤブサ写真とのギャップを楽しんでほしいですね」。

 写真集は1冊税込み1620円。2千部製作し、市内では道の駅・みたらの売店に置いている。出版を記念して27日から5月1日まで、みたら1階展示室で写真展を開く。今回の掲載作品をはじめとした40点を披露する。入場無料。午前9時半〜午後6時(最終日は5時)。問い合わせは熊谷さん、電話0143・24局3423番へ。
(成田真梨子)

【写真=熊谷さんの新しい写真集「LOVELY 愛らしい鳥たち」。小鳥の愛らしさを前面に押し出した癒やし本≠セ】
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2016/04/15/20160415m_04.html

ttp://archive.is/qsmFQ
ttp://archive.is/vFFJj

Amazon.co.jp

LOVELY 愛らしい鳥たち

新品価格
¥1,620から
(2016/4/15 21:33時点)




楽天市場

【送料無料】 Lovely 愛らしい鳥たち / 熊谷勝 【単行本】

価格:1,620円
(2016/4/15 21:35時点)
感想(0件)




ハヤブサ 大空悠々 大東出身熊谷さん 6冊目の写真集【岩手日日新聞2016年4月8日】
posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たにトキの抱卵確認【新潟日報モア2016年4月15日】

 環境省は15日、佐渡市の野生下で、新たにトキのペア1組の抱卵と2組の営巣を確認したと発表した。また、2組が抱卵を中止したことも分かった。現在、27組が抱卵するほか、1組がひなを育てている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160415247850.html

ttp://archive.is/Oi58a
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生下トキのペア、ひな誕生か 40年ぶりの実現に期待高まる 新潟【産経ニュース2016年4月15日】

 雄と雌がともに佐渡市の野生の下で生まれた国の天然記念物トキのペアからとしては昭和51年以来、40年ぶりとなる2世誕生の実現に地元や関係者の期待が高まっている。該当する5組のトキで卵を温める抱卵が確認されており、17日から順次孵化(ふか)する可能性がある。誕生すれば野生復帰に向けて平成20年に放鳥が始まってからは初めてとなる。14日には同市の野生下で生息するトキのペア1組から、今季最初のひな2羽の誕生も確認された。

 いずれも野生下で生まれたペアの今季初となる抱卵は、3歳の雄と雌で3月20日に確認された。環境省によると、20日を起点にすると4月17日が孵化予定日の29日目に当たる。このペアは昨季も抱卵したが途中でやめ、ひな誕生はお預けとなっていた。

 今季について、同省佐渡自然保護官事務所の広野行男首席自然保護官(43)は「期待を持って見守っている」と話す。

 トキの野生復帰に向け、同省は20年9月からこれまで、13回にわたり計215羽を放鳥した。広野氏によると「仮に放鳥をストップしてもトキが自然状態で生存し、繁殖する状態を目指している」という。人間がコントロールするのではなく、トキが自立して群れを維持するのが理想で、広野氏は「野生同士のペアでの孵化が実現すれば、目指す状況に一歩近づく」と、野生下のペアによる2世誕生の意義を強調する。

 14日に誕生が確認されたひなの親は野生の下で生まれた雄と放鳥の雌。初放鳥以来、26年は最多となる31羽のひなが巣立ち、昨年は16羽だった。ひなが誕生したペアを含め、今季は全部で29組の抱卵が確認されており、同省は40羽の巣立ちを見込んでいる。

 佐渡島には14日現在、野生下で148羽が生息し、うち約100羽が定着(1年以上の生息)している。同省は3月下旬、32年頃に220羽の定着を目指すロードマップを策定した。広野氏は「1年だけの結果で左右されるわけではないが、今年は5年後の目標に向かう初年度」として、40年ぶりの朗報を心待ちにしている。
http://www.sankei.com/region/news/160415/rgn1604150036-n1.html

ttp://archive.is/jIj9o
放鳥トキ、今年初のひな 3世代目3年連続、新潟・佐渡【共同通信2016年4月14日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 12:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姫セン動物総選挙、10候補が名乗り…兵庫【YOMIURI ONLINE2016年4月15日】(姫路セントラルパーク/ケープペンギン)

第2回姫路セントラルパーク動物総選挙の「候補者」たち
 センターは私だ!!――。姫路市豊富町のレジャー施設「姫路セントラルパーク(HCP)」は、園内にあるサファリパークの一番人気を決める「第2回HCP動物総選挙」を行っている。“候補者”たちは、それぞれユニークなポスターで支持を訴えており、福重祥一園長は「動物たちへの温かい声援と清き一票をお願いします」と、投票(23日まで)を呼びかけている。(新田修)

 昨年、初開催して好評だったことから、今年も実施。第1回はライオンやチーターなど10匹が出馬し、カピバラの「ローズ」が369票を集めて1位に輝いた。ローズは1年間、HCPのシンボルとして公式フェイスブック(FB)とツイッターの表紙に登場。日々の活動を写真で紹介してきた。

 HCPによると、2015年度は前年度を約7万人上回る65万人が来場したといい、担当者は「総選挙や、ローズのPR効果のおかげです」と話す。

 今年はホワイトタイガーやエゾヒグマ、オグロヌーなど10種類の動物が立候補。それぞれの特徴をアピールするポスターを園内をはじめ、FBやツイッター、インスタグラム(画像共有サービス)に掲載している。

 ケープペンギンの「イチミ」は、自らの体の色にちなみ、「何事も白黒つけます!!」と訴える。大柄なブタの「ボンボン」のキャッチフレーズは、人気漫画のタイトルになぞらえた「進撃の巨豚」。フタコブラクダの「アンジャ」は、ライバルの動物を意識し、「白くて可愛かわいい動物はライオンやトラだけじゃない!」と“美白”ぶりを強調する。

 投票は、園内のチンパンジー展示場前で受け付けている。また、23日のみ、ツイッターで各候補の投稿に「いいね」をクリックすることで投票できる。開票は24日に行い、結果は園内の掲示板などで発表する。

 問い合わせはHCP(079・264・1611)。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160415-OYO1T50007.html

ttp://archive.is/cIp8T

秋田)天然記念物ふかふか 比内鶏・金八鶏が孵化【朝日新聞デジタル2016年4月15日】

孵化したばかりの比内鶏(左)と金八鶏のヒヨコ=大館市

 大館市釈迦内の秋田三鶏記念館で、比内鶏と金八(きんぱ)鶏のヒヨコが孵化(ふか)、可愛い鳴き声を上げ、すくすくと育っている。

 国指定天然記念物の比内鶏と声良(こえよし)鶏、県指定天然記念物の金八鶏は主に県北で飼育され、「秋田三鶏」と総称される。記念館は、三鶏の増殖をはかって血統を守ることや、多くの人に親しんでもらうことを目的に2010年、大館郷土博物館の隣にオープンした。

 記念館では、県声良鶏比内鶏金八鶏保存会の会員から卵を預かって孵化させている。今年は12日から13日にかけて比内鶏84羽、金八鶏15羽が次々に孵化した。温度が30度に保たれた育雛(いくすう)機の中で、ヒヨコは忙しく動き回る。1カ月ほど育てた後で所有者に渡され、展示会に出品される。

 飼育を担当する山内常代さん(66)は「病気にかからないよう気を使います」と話していた。(加賀谷直人)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4G44Y6J4GUBUB009.html

ttp://archive.is/c09df
posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「羽田連絡道路」17年度着工へ【YOMIURI ONLINE2016年4月15日】(>多摩川の干潟が野鳥のエサ場と)

羽田連絡道路のイメージ図。右手前が空港側(川崎市提供)
 川崎市川崎区と羽田空港を結ぶ「羽田連絡道路」について、川崎市は14日、2017年度に着工する計画を明らかにした。東京五輪・パラリンピックが開催される20年の完成を目指す。13日に内閣府で行われた「羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会」で計画が確認されたことを受け、市の担当者が市議会総務委員会で報告した。

 羽田連絡道路は多摩川をまたぐ架橋で、川崎区の殿町地区と羽田空港跡地地区を結ぶ。全長約600メートルで片側1車線。川崎側で国道409号、羽田側で環状8号線につながる。橋の構造については、多摩川の干潟が野鳥のエサ場となっていることなどから、自然環境や景観などに配慮し、橋脚を必要最小限の2本にとどめ、道路上部にも大きな支柱などを設けない案が最有力となっている。

 市はすでに建設予定地周辺の大気環境や多摩川の水質、地域交通への影響調査を実施。今後、工事中や完成後を想定した詳細な環境影響調査も行っていく。概算で約300億円と見込む事業費は設計などを踏まえ、算出し直すという。

 福田紀彦市長は「自然環境にも配慮し、関係機関と連携・協力しながら、連絡道路の早期整備に向けて全力で取り組む」とコメントしている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20160414-OYTNT50438.html

ttp://archive.is/FDYQ3
タグ:開発
posted by BNJ at 11:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ことりカフェ」参加の「くまのがっこう」プロジェクト! 限定スイーツ第2弾登場♪可愛い〜NEWジャッキーケーキと限定コラボクッキー「ことりカフェ表参道」で販売♪【プレスリリース2016年4月15日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、株式会社キャラ研(本社:東京都渋谷区 代表取締役:黒木博)が展開する、日本を代表する絵本キャラクター「くまのがっこう」が12企業とコラボレーションに挑戦する「祝!くまのがっこう15周年 ジャッキー応援プロジェクト」にて、「ことりカフェ表参道」限定のジャッキーケーキ第2弾を4月16日(土)よりご提供開始いたします。

                ※ジャッキーケーキ第2弾画像(写真はイメージです)/ⒸBANDAI

本プロジェクトは、株式会社宣伝会議(本社:東京都港区 代表取締役:東英弥)が発行している販促・イベント・SPの専門誌「販促会議」にて、「くまのがっこう」とコラボレーションを希望する企業を募集し、40社以上の応募の中から12社が決定。参加企業は2016年春以降、パッケージ、広告展開、プレミアム&ノベルティ、イベント、CSRの5つの領域で、「くまのがっこう」を活用し、商品の魅力や企業の姿勢を伝える活動を展開。今回「ことりカフェ」では、2016年4月1日(金)〜4月28日(木)まで「ことりカフェ表参道」において、店内の個室を利用したコラボルーム「Jackie meets “kotoricafe” ピッピとチッチのかくれんぼ」を設置する他、ジャッキーケーキや限定クッキー等の販売を行います。

■「くまのがっこう」について
「くまのがっこう」は、絵本から生まれた人気キャラクターです。11匹のやさしいおにいちゃんくまたちと、いたずらできかんぼうな女の子のくま・ジャッキーが繰り広げる、何でもないけれど温かい日々を描いています。子どもから大人まで広く人気を集めており、絵本はシリーズ累計210万部を発行し、世界中で愛読されています。公式サイト:http://bears-school.com/

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山6丁目に、6月に2号店となる「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月1日に3号店目となる「ことりカフェ心斎橋」を大阪にオープン。店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。気になる衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp/URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000182.000010272.html

ttp://archive.is/nB0AU
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする