2016年04月17日

“春の使者”飛来 谷津干潟にホウロクシギ【千葉日報オンライン2016年4月17日】

 習志野市の谷津干潟に、大型のシギ類「ホウロクシギ」1羽が飛来した。谷津干潟自然観察センターによると、昨年より2週間ほど遅い飛来で、待ちかねた“春の使者”を同センター関係者らは歓迎している。
【残り 341文字、写真 1 枚】
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/318059

ttp://archive.is/CZmvz

posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南極のオゾンホール、最大規模に…観測隊が報告【YOMIURI ONLINE2016年4月17日】(>ペンギンの営巣地の堆積物から、環境変動を探る取り組み)

57次観測隊の活動の様子(国立極地研究所提供)
 極地の観測任務を終えた第56、57次南極地域観測隊が15日、文部科学省で記者会見を行い、地球温暖化などに関する活動成果を報告した。

 観測隊は1年間滞在する「越冬隊」と夏季の「夏隊」に分けられ、今年度は6か年計画の一環として、地球温暖化に重点を置いた観測を行ってきた。今回は56次越冬隊(昨年2月〜今年1月)と57次夏隊(昨年12月〜今年2月)の活動内容が伝えられた。

 会見には56次副隊長兼越冬隊長の三浦英樹・国立極地研究所(立川市緑町)准教授(50)、57次隊長兼夏隊長の門倉昭・同研究所教授(57)らが出席。

 三浦准教授は「長期間の観測で初めてわかったことなどの成果があった」と話し、南極上空のオゾンホールが過去最大規模に発達したことを確認したほか、ペンギンの営巣地の堆積物から、環境変動を探る取り組みなどを説明した。

 門倉教授は大気や氷床の変動の観測などを報告。今回は氷河の測量調査に小型無人機「ドローン」を使ったといい、「非常に鮮明で安定した映像データを得ることができた」と話した。2人とも観測隊の成果が、今後論文などに反映され、学術的に貢献していくことに期待を述べた。

 日本の南極観測は国際地球観測年(1957〜58年)を機に始まり、地質や大気の観測のほか、いん石の採集など多岐にわたる活動が行われている。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20160415-OYT1T50172.html

ttp://archive.is/8dUuK
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現金、クジャクにドローン…香川の落とし物事情【YOMIURI ONLINE2016年4月17日】

拾得物として届けられたクジャク=香川県警提供
住宅の庭に落ちていたというドローン=香川県警提供

 2015年に香川県内の警察署などに届けられた拾得届が前年比889件増の2万5994件に上り、過去最多となったことが、県警会計課のまとめでわかった。

 現金だけで計約1億3000万円に上り、共通番号(マイナンバー)制度の通知カードや小型無人機「ドローン」といった時代を象徴するもののほか、クジャクも届けられた。一方、「落とし物をした」という遺失届は前年比615件減の1万6247件となり、拾得件数との差が広がった。

 現金の届け出は、拾得が1億3044万円(前年比915万円増)で、遺失が1億6931万円(同580万円増)。拾得の最高額は、土庄町の宿泊施設で財布ごと見つかった248万円で、当日に落とし主が現れた。

 物品の拾得物では、運転免許証やキャッシュカードなどの「証明書・カード類」が2万973点で最も多く、23・2%。マイナンバーの通知カードは、31点届けられた。遺失物でも「証明書・カード類」が1万7302点と最多で、49・8%。マイナンバーの通知カードは63点だった。

 また、拾得物で急増したのは猫。犬が387匹(同46匹減)だったのに対し、猫は52匹(同20匹増)と、前年の1・5倍以上に増えた。同課の担当者は「猫人気の影響が表れたのでは」。

 変わり種としては、クジャクやアフリカ原産のボールニシキヘビも届けられた。

 丸亀市三条町で9月、量販店から「クジャクが暴れている」との通報で駆けつけた丸亀署員が捕獲し、当日に飼い主の元に戻った。

 ヘビは11月、同市田村町の建設会社の敷地で同署員が捕獲したが、飼い主は現れなかった。東かがわ市のしろとり動物園に引き取られていったという。

 同課によると、全体の拾得件数が増えた要因として、県内に大型店舗が増えたことが挙げられるという。店舗内で買い物客らがよく落とし物をするほか、店舗側も警察へ積極的に届け出ているという。

 落とし物の情報は、県警のホームページ(http://www.pref.kagawa.jp/police/)で検索できる。同課は「警察への相談とともに、インターネット検索も活用してほしい」と呼びかけている。(漣博司)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160415-OYT1T50054.html

ttp://archive.is/T7cmj
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】「どうして野田市はコウノトリに力」 取り組み解説 パンフを配布【東京新聞2016年4月17日】

野田市の自然の魅力などをPRするパンフレット

 野田市は、野生復帰を進めるコウノトリを象徴にした市の自然のPRや、良好な自然環境を再生する生物多様性の取り組みを解説するパンフレット「コウノトリ便」を作成した。
 法政大学の藤代裕之准教授(ソーシャルメディア論)の研究室の学生たちが昨年夏から取り組んできた、若い感性を生かしたシティープロモーションの一環。
 学生たちは、市民への聞き取りで、コウノトリの飼育の目的を知っている人は42%にとどまっていることを把握。野生復帰の取り組みへの理解を深める情報発信が必要と考え、子どもを対象にコウノトリをかたどったたこづくりや生態のミニ講座などを催してきた。
 パンフレットはA4判で、四ページのオールカラー。副題は「どうして野田でコウノトリ?」。たこづくりの様子などの写真を多くあしらった。学生たちは活動のリポートを通じて「多くの種類の生き物が共生できる生物多様性に富んだ野田は、食いしん坊なコウノトリの生きていける環境」などと、野生復帰を通じた住みやすい街づくりを分かりやすく解説している。
 五万二千部を作成。市役所や公民館などで配布。市のホームページなどでも紹介する。 (飯田克志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201604/CK2016041702000130.html

ttp://archive.is/qRkTB

干潟で楽しく遊ぼう 6月5日ガタリンピック参加募集【佐賀新聞LiVE2016年4月17日】(クロツラヘラサギ/ラムサール条約)

「鹿島ガタリンピック」への参加を呼び掛ける実行委のメンバーたち=鹿島市の鹿島商工会館
 有明海の干潟を舞台にユニークな競技を繰り広げる「第32回鹿島ガタリンピック」が6月5日、鹿島市の七浦海浜スポーツ公園で開かれる。坂本鉄也実行委員長(48)は「人を笑顔にする干潟の魅力を、全国に伝える大会にしたい」と意気込んでいる。

 今年の大会テーマは「鳥たちも憩う干潟、そうだガタリンピックへ行こう!」。市内の肥前鹿島干潟が昨年5月にラムサール条約湿地に登録されたことを記念し、ポスターには絶滅危惧種の渡り鳥クロツラヘラサギなどを描いた。

 競技は個人・団体の8種目で、細い板の上を自転車で走る「ガタチャリ」や、縄にぶら下がって干潟にダイブする人気競技「ガターザン」などがある。

 当日の駐車場は祐徳荷神社の駐車場で、10分間隔のシャトルバスで会場まで送迎する。

 参加費は1競技1人につき2000円(高校生以上)。申し込みは24日正午から、公式ウェブサイトで受け付ける。ボランティアも合わせて募集。問い合わせは事務局、電話0954(69)8125。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/301740

ttp://archive.is/75qG7
posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石見 : アクアスで小学生ら飼育員の仕事体験【山陰中央新報2016年4月17日】(フンボルトペンギン)

フンボルトペンギンに餌をやる参加者
 4月19日の「飼育の日」にちなみ、島根県浜田市と江津市にまたがる水族館アクアスで16日、飼育員の仕事を体験するイベントがあった。参加者30人が、ペンギンに餌をやったり、シロイルカのプール掃除をしたりして、水族館の生き物や施設に親しんだ。

 フンボルトペンギンの餌やり体験には、浜田市内の小学生4人が参加した。約30匹が泳ぐプールの岩場に足を踏み入れると、体長約50センチのペンギンが愛らしい足取りで一斉に接近。参加者は、バケツに入ったシシャモを一匹ずつ差し出し、ペンギンがくちばしをのばして食べるしぐさに歓声を上げた。

 浜田市立国府小学校1年の近重さくらさん(7)=浜田市下有福町=は「上手に餌を食べるのがかわいくて楽しかった」と笑顔で話した。

 イベントは17日もあるが、定員に達したため、受付は終了した。見学はできる。

 飼育の日は「419(しいく)」の語呂合わせで、日本動物園水族館協会が2009年に制定。全国の加盟施設が時期に合わせて、趣向を凝らしたイベントを開いている。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=558552248

ttp://archive.is/1ofKY

山形)「酒田市白鳥を愛する会」が記念誌【朝日新聞デジタル2016年4月17日】

記念誌「白鳥と共に50年」をまとめた「酒田市白鳥を愛する会」の後藤栄会長

 最上川河口を全国に知られたハクチョウ飛来地、最上川スワンパークに育て上げた市民団体「酒田市白鳥を愛する会」が3月、記念誌「白鳥と共に50年」をまとめた。冊子には、愛護活動に熱心に関わり、今春卒業した市立第三中学校の生徒たちの思いも収められた。11代目会長の後藤栄さん(73)は「ハクチョウを見守る活動が我々住民に優しさも育んでくれている」と話している。

 最上川スワンパークのハクチョウの飛来数は約1万羽。日本一の規模を誇るまでになった第一歩は、三中の生徒が1966年に7羽の白い鳥を見つけたことだった。

 ハクチョウと分かると、子どもたちの教育に役立てるため、自治会が母体となって「愛する会」を結成、ハクチョウの愛護活動を始めた。

 寄稿文と活動を紹介する写真で構成された記念誌には、餌付けやエサ集めに苦労した話などが関係者の思い出としてつづられている。また、餌付けの是非が問題になり、鳥インフルエンザ問題をきっかけに2008年以降、餌付けが禁止されたことも記されている。

 そのような経緯の中で、ハクチョウの自然なエサとなるマコモを植えるボランティアは、三中の生徒による息の長い活動として続いている。23年目の昨年、増水で中止となったことについて3年の福嶋悠斗さんは「白鳥さんごめんなさい」と題した作文を寄せ、「こんなに残念な気持ちになったのも初めて」と書いた。

 冊子はB5判28ページ。寄稿した28人中19人が福嶋さんら今春卒業した三中の3年生。題は「白鳥がくる理由」「酒田の自慢の白鳥」「私たちができること」などとある。若い人たちに、思いやりの心が受け継がれたと感じる後藤会長は「目次を見るだけでもうれしくなる」と語っていた。

 冊子の希望者は市東禅寺コミュニティ防災センター内の「愛する会」事務局(0234・23・7481)まで。(伊東大治)
http://www.asahi.com/articles/ASJ444PT9J44UZHB00C.html

ttp://archive.is/s5qMP
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

里山体験で共生学ぼう 「サシバの里自然学校」が開校 市貝【下野新聞2016年4月17日】

 【市貝】市塙在住でNPO法人オオタカ保護基金代表の遠藤孝一(えんどうこういち)さん(57)と長男でネイチャーガイドの隼(じゅん)さん(32)が29日、自宅周辺の里山で自然体験活動を行う「サシバの里自然学校」をオープンする。里山生態系の保全や都市農村交流、環境教育を推進する。校長を務める隼さんは「レクリエーションにとどまらず、学習やライフスタイルの構築など新しい価値観を提供できれば」と意欲をみせている。

 自然学校は、指導員が常駐して自然体験や環境学習のプログラムを通年実施できる施設。現在全国で約3千校が活動している。

 同校は道の駅サシバの里いちかいの北、数百メートルにある築150年の古民家が拠点で、所有者から借り受けた周辺の山林(約2・7ヘクタール)、谷津田と畑(各0・4ヘクタール)を主な活動エリアに設定。昨年8月からボランティアらの協力も得て休耕となっている田畑の整備や下草刈りなどを行ってきた。孝一さんは「これだけの里山が手付かずで残っている。活動の場としては申し分ない」と話す。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160417/2297143

ttp://archive.is/AGMV2
タグ:サシバ
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼育員って大変だね 登別マリンパーク 大人が一日体験【どうしんウェブ2016年4月17日】(ペンギンパレード)

ペンギンのパレードを手伝う一日飼育員の太田夏海さん
 【登別】登別マリンパークニクス(登別東町1)で16日、大人の一日飼育員体験が行われた。公募で選ばれた4人が飼育員になり、水族館の仕事を体験した。

 「飼育の日」(4月19日)にちなんだもの。参加者らは魚類・鳥類、イルカ、アシカ・アザラシ、両生類・は虫類の四つの担当に分かれ、飼育員の指導の下、サバを切って内臓を取り出す餌作りやショーのアナウンスなどを体験した。

 魚類・鳥類の担当でペンギンを受け持った札幌市の大学生太田夏海さん(20)は、約600人の入館者が見守る中、手をたたいてペンギンのパレードを誘導する手伝いをした。「お客さんが手を伸ばして触ろうとするので、ペンギンをよけさせるのが難しかった」と笑顔で話していた。(岩崎志帆)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0260156.html

ttp://archive.is/7VtuB