2016年04月27日

子育てフクロウ見守って 巣箱にカメラ、企画展も 我孫子・鳥の博物館【千葉日報ウェブ2016年4月27日】(既報2ソース)

 我孫子市鳥の博物館が市内の林に設置した巣箱でフクロウが卵を温めている様子を撮影し、館内やホームページで映像を公開している。順調にいけば、今月末にもふ化する見込み。6月26日まで、生態や昨年まで ・・・

【残り 543文字、写真 1 枚】
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/320318

【千葉】子育てフクロウを映像や写真で 我孫子市鳥の博物館【東京新聞2016年4月18日】
巣箱の中でフクロウのヒナを育てる親鳥(2011年4月、我孫子市鳥の博物館提供)

 我孫子市内で観察されたフクロウの育児を特集する企画展「フクロウさんちの子育て日記」が、我孫子市鳥の博物館で開かれている。親鳥が巣を探すところからヒナが巣立つまでを映像や写真で楽しめる。六月二十六日まで。
 フクロウは平野から山地の森に縄張りを決めてすむ。市街地でも大きな木がある林で見られることがある。
 夜行性で、身近にいても姿を見られることが少ないため、博物館は二〇〇七年から小型カメラ付きの巣箱を手賀沼近くの林に置き、一年を通じてフクロウを観察してきた。昨年までに十五羽が巣立った。
 今回は、鮮明な写真が多い一一年三〜五月のデータを中心に、産卵からヒナが巣立つまでの約六十日間を写真と文章の日記形式で成長記録を描いた。親がヒナに餌をあげる様子などを映像でも紹介している。
 日本に生息するフクロウ科十一種すべてを剥製や写真で展示。羽に触れたり、鳴き声の違いを聞き分けられるコーナーもある。
 担当した村松和行学芸員は「フクロウは人気があるが、意外と知られていない魅力もある。親子で来て、人間の子育て事情と比べてみてもらいたい」と話した。一般三百円。月曜休館。問い合わせは、同館=電04(7185)2212=へ。 (三輪喜人)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201604/CK2016041802000169.html

野生フクロウ 繁殖始まる HPで24時間ライブ映像 我孫子市鳥の博物館「親子の成長見守って」 /千葉【毎日新聞2016年4月15日】
2個の卵を産み繁殖中のフクロウ=我孫子市鳥の博物館のライブ映像から
 我孫子市鳥の博物館(同市高野山)が市内の森に設置している巣箱で、野生のフクロウの繁殖が始まった。巣箱には天井と入り口の2カ所にカメラが設置されており、その映像で確認された。一般の人も24時間、博物館のホームページ(HP)でライブ映像を見ることができる。

 博物館によると、先月29日午前5時57分、森にある木の高さ約3メートルに設置した巣箱の中で雌が座り始めたのを確認した。

 同日午後6時14分、雌が巣箱を飛び立つと卵1個があるのが見えた。今月1日午前3時26分には2個目を確認した。

 雌は体長50〜60センチ。産卵前に出入りしていた雄は、巣箱の外で見守っているとみられる。雌は1日1回程度、雄が運んできたエサを食べるために外に出る以外は、じっと巣箱の中で卵を温めている。カラスなどの鳴き声が聞こえると頭を巣箱の天井に向ける。

 均等に温めるため、卵をくちばしで転がす仕草も見せている。1カ月ほどたつとふ化し、5月末ごろには巣立ちをする見込みだ。

 学芸員の村松和行さん(35)は「夜行性のフクロウをライブ映像で24時間観察できるのは全国でここだけ。フクロウの親子の成長を見守ってほしい」と話している。【橋本利昭】
http://mainichi.jp/articles/20160415/ddl/k12/040/151000c

以下のURLになります。
http://field.bird-mus.abiko.chiba.jp/strix/

ttp://archive.is/YnCs5
ttp://archive.is/P4VPR
ttp://archive.is/abdTD

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真館 空覆う渡り鳥の大群 佐賀「東よか干潟」 /九州【毎日新聞2016年4月27日】

夕暮れの東よか干潟を舞うハマシギの大群
 昨年5月に国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に登録された佐賀市の「東よか干潟」。有明海沿岸の広大な干潟のうち東与賀海岸に面した218ヘクタールが特別保護区に指定された。

 環境省が2015年春に実施した全国約100カ所のモニタリング調査で、渡り鳥のシギ・チドリ類の飛来数が1万2127羽を記録し、全国一となった。

 佐賀市環境政策課では、ラムサール条約登録を受けてボランティアガイドを公募。今年3月から28人が、野鳥や干潟の底生生物など各分野の専門家を招いた講習会を受講。5月には本格的に始動する予定だ。

 かつて有明海沿岸では長崎県の諫早湾干潟が最大の渡り鳥の飛来地だった。しかし1997年4月に国営諫早湾干拓事業により潮受け堤防が閉め切られると、行き場を失った渡り鳥は佐賀沿岸など周辺の干潟に殺到した。

 当時を知る日本野鳥の会佐賀県支部の宮原明幸支部長は「空を覆い尽くすようなハマシギの大群が押し寄せた」と話す。その数は8000羽を超えた。現在でも6000羽前後が飛来、越冬する。

 同条約で保護が決まったばかりだが、気がかりな問題もある。直線距離で約3キロしか離れていない佐賀空港に持ち上がっている自衛隊のオスプレイ配備計画だ。宮原さんは「国防の問題もあり難しい話だが、保護地区の真上を飛ぶことは避けてほしい」と危惧している。【写真・文 野田武】
http://mainichi.jp/articles/20160427/ddl/k40/040/429000c

ttp://archive.is/FEV4K
posted by BNJ at 23:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマスイ動物病院 獣医のなり方教えます オープン記念特別講義 来月15日の参加者募集 1日締め切り /兵庫【毎日新聞2016年4月27日】(ペンギンの健康診断/須磨海浜水族園)

ペンギンの健康診断見学も
 神戸市須磨区の須磨海浜水族園は5月15日、園内の飼育動物専用の「スマスイ動物病院」をオープンする。これを記念して同日、普段は非公開の同病院の特別内覧会(小学生対象)と、獣医の仕事に関する特別講義(小中高生対象)を開く。参加の応募は同1日まで(当日消印有効)。同園は「動物に長生きしてもらい病気の時も安心できる水族園を目指す」としている。【松本杏】

 園にとって飼育動物の定期的な健康診断と病気になった時の検査や治療、死んだ時の原因究明は欠かせない。イルカライブ館裏の検査室を拠点に往診していたが、開館当初に比べ、診察対象となる動物の種類が多様化・大型化。内視鏡や超音波診断機などの医療機器の充実に伴い、施設の拡充が急がれていた。

 同病院は園内中央で物置になっていた旧券売棟を改修して完成した。広さは1階部分約50平方メートルで、レントゲン室を備えた診療室と新たに設けた解剖室の2部屋。これまで死んだ動物は屋外の職員用駐車場で解剖していたが屋内で行えるようになった。また外注していた血液検査を院内でできるようになり早期診断が可能になった。

 特別内覧会は15日午前11時から約30分。同病院でペンギンの健康診断を見学する。定員は小学生10人(1組3人まで)。特別講義は小学生向け午後2時、中高生向け同3時から約30分。園獣医の毛塚千穂さんと学術研究統括の亀崎直樹さんが本館2階レクチャールームで「獣医のなり方教えます」と題して話す。定員は各回40人。いずれも応募多数の場合は抽選。参加費無料だが入園料が必要。

 応募は往復はがきに代表者氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、参加者氏名(同)と年齢、学校名、「特別内覧会希望」か「特別講義希望」のいずれかを明記し郵送する。宛先は〒654−0049神戸市須磨区若宮町1の3の5、スマスイ動物病院オープン記念イベント参加者募集係。問い合わせは同園(078・731・7301)。

〔神戸版〕
http://mainichi.jp/articles/20160427/ddl/k28/040/349000c

ttp://archive.is/aFOOi

大阪環状線 カラスの巣で停電、一時運転見合わせ【毎日新聞2016年4月27日】

 27日午前10時40分ごろ、大阪市のJR大阪環状線新今宮−天王寺間で停電が起き、全線で約35分間運転を見合わせた。JR西日本によると、新今宮駅構内の架線柱にあったカラスの巣から金属製ハンガーが落ち、架線に触れたのが原因。特急を含む24本が運休や部分運休、27本が最大約30分遅れ、約1万6000人に影響した。

 JR西によると、架線がショートし、安全装置が働いて送電が止まった。車両や架線に損傷はなかった。

 京都市内の東海道線でも昨年5月、鳥の巣から架線に物が落ちて停電、運転を見合わせたことがある。【高瀬浩平】
http://mainichi.jp/articles/20160428/k00/00m/040/037000c

ttp://archive.is/cCE13
posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハゲワシのオス同性カップル、放置された卵の世話始める 独【AFPBB News2016年4月27日】(シロエリハゲワシ/オウサマペンギン)

独ノルトホルンの動物園で卵を温める雄のハゲワシ。同動物園提供(2016年4月26日提供)。(c)AFP/DPA/TIERPARK NORDHORN/FRANZ FRIELING

【4月27日 AFP】ドイツ北西部ノルトホルン(Nordhorn)市の動物園で、ハゲワシの同性カップルが、母鳥に放置された卵を受け入れ、自分たちで作った巣の中でその卵を抱いて育て始めた。DPA通信が報じた。

 これによると、シロエリハゲワシのリザ(Lisa)が木の下の泥の中に落とした卵を、飼育員らが拾った。動物園の広報担当者は、「リザは巣を作ろうともしなかった」と語ったという。

 卵は一時的にふ化器に入れられたが、その後イジス(Isis)とノルトホルンというオス同士のカップルに託してみたところ、「すぐ卵の上に座った」と、同担当者は話している。

 卵の生物学的な親については不明で、これが受精卵なのかどうかもまだ確認できていないという。

 同国で動物の同性カップルが話題になるのは、今月に入ってイジスとノルトホルンが実は2組目。数日前には現地各紙が、オウサマペンギンのオス同士のカップル、ステン(Stan)とオリ(Olli)が、首都ベルリン(Berlin)の動物園からハンブルク(Hamburg)にあるオスだけの施設へ移されたと報じている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3085384

ttp://archive.is/lA12i
posted by BNJ at 11:55 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BirdListening 消えゆく鳥たち サンショウクイ【毎日新聞2016年4月27日】

白、黒、グレーのモノトーンの配色のほっそりした体に、長い尾が特徴
 ピリッピリッと鳴くことから「山椒(さんしょう)は小粒でもぴりりと辛い」に由来し、サンショウクイと呼ばれる。東南アジアで越冬し、春から夏の子育ての時期を日本の森で過ごす。森林の消失や、食べものになる虫の減少、冬を過ごす東南アジアの生息環境の悪化などの影響が心配される。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20160427/ddm/013/070/028000c

ttp://archive.is/MJZNq
posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイイロガン 越冬 野鳥研究家・谷岡隆さん、日高で確認 迷鳥? /北海道【毎日新聞2016年4月27日】

 国内での観察報告がわずかしかないハイイロガン1羽がこの冬、日高町で越冬したことが分かった。新ひだか町の野鳥研究家、谷岡隆さん(68)が、昨年12月から今年2月まで日高町富浜のトウモロコシ畑などで他のガンとともに過ごしたのを確認した。

 ハイイロガンは国の天然記念物マガンよりひと回り大きく、くちばしや脚がピンクなのが特徴。中国やロシアなどに生息している。

 谷岡さんによると、このハイイロガンは何らかの理由で北海道に飛んできた迷鳥とみられる。体長約85センチで、餌を食べている間も常に頭を上げて周囲を見回すなど警戒心が強かったという。2月下旬にヒシクイとともに日高町を去ったらしい。谷岡さんは「無事に越冬できて良かった」と話している。

 谷岡さんは旧静内町(現新ひだか町)職員だった1995年、マガンが同町で越冬しているのを初めて確認。以来、マガンの観察を続けている。

 ガンの保護活動などに取り組んでいる「日本雁(がん)を保護する会」(宮城県)は「ハイイロガンの越冬が確認されるのは非常に珍しい。観察記録もほとんどないのではないか」としている。
http://mainichi.jp/articles/20160427/ddl/k01/040/147000c

ttp://archive.is/VZs52
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)銀鱗光らせ跳ねる 吉野川第十堰でアユ遡上【朝日新聞デジタル2016年4月27日】(鳥害)

魚道を跳ね上がるアユ=吉野川第十堰

 吉野川の第十堰(ぜき)でアユが遡上(そじょう)している。上板町側の魚道では時折、5センチ前後が群れて、次々と段差を跳び越えていた。勢い余って岸へ飛び出し、見学に来ている人が、拾って魚道へ戻す光景もしばしば見られた。天候の影響で水量が増えており、水の中を潜って遡上する場面が多い。

 鳥が舞い降り、アユを狙う。吉野川第一漁協の監視員が、花火を打ち上げるもあまり効果はないようだ。すぐに戻ってくる。漁協は水が引くのを見計らって、鳥よけの網を張る予定だ。アユ漁の解禁は一部を除き6月1日から。(長谷川大彦)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4T4DGWJ4TPUTB009.html

ttp://archive.is/1m1qe
タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京)東京はてな/自給自足は夢のまた夢?【朝日新聞デジタル2016年4月27日】(ヒヨドリ/カモ)

ヒヨドリを狙って散弾銃を構える小川岳人さん=あきる野市

 ◆自給自足 東京では夢のまた夢?

 ◇猟に挑戦 畑も可 米難題

 ロビンソン・クルーソーの漂流記にときめき、テレビ番組で芸能人が無人島生活を送るのを見て憧れた。食べるものを自給自足できる暮らしは、東京では夢のまた夢……だろうか?

 新宿駅からJRで約1時間半。あきる野市の武蔵五日市駅で降りると、あたりの林は雪で白く染まっていた。3カ月前のことだ。

 市内に住む小川岳人さん(33)と待ち合わせ、軽トラックに同乗させてもらった。5分ほどで秋川渓谷近くの林道へ。住宅はまばらになり、林の雪の上には動物の足跡があった。「今日は条件がいいですよ。イノシシ、タヌキ、テン、クマ。ここには何でもいますから」と小川さん。

 平日はスーツ姿で渋谷のIT企業に通勤し、休日は山で獣を撃つ。小川さんは自称「サラリーマン猟師」だ。散弾銃を手に、長靴がすっぽり埋まるほど雪が積もった林道を登る。ふいに小川さんが頭上の木々に銃を向けた。パン。乾いた音が林に響く。そして静寂。ヒヨドリを見たそうだ。だが何も落ちてこなかった。山道を歩くこと3時間。成果はゼロ。こんな日がほとんどなのだという。

 小川さんは熊本県阿蘇市出身。東京に憧れ、高校卒業後に上京した。吉祥寺や杉並で暮らしたが、2011年の東日本大震災で意識が変わったそうだ。食品が棚から消えたスーパーを目の当たりにし、「食料を自給できる能力があれば、災害でも生き抜けると思い始めた」。熊本地震では実家の家族も被災し、避難生活を続けているという。「やはり地震は、こわい」

 東日本大震災後に目指したのが、都心で仕事を続けながらの「自給自足」だった。23区内で育った妻を説得するため、秋川渓谷でのキャンプに誘い、第二の人生に田舎暮らしを選んだ人を紹介するテレビ番組を一緒に見た。あきる野市に移住したのは震災の1年後。いま、アパートで妻と1歳の長男の3人で暮らす。

 地元の猟友会に所属し、猟友会の先輩から散弾銃を譲ってもらった。猟を始めたのは2年前から。猟友会での集団の猟を含め、この2年で体重90キロのイノシシ1頭、カモ約20羽、ヒヨドリ十数羽を仕留めた。わなでもタヌキやアライグマを計約30頭捕った。

 ただ、「家計には貢献できていません」。毛をむしり、解体し、血抜きや熟成にも手間がかかる。野生の肉を妻は食べてくれない。当面の目標は「専業猟師」で、仕留めた動物の肉で料理イベントを開くなどして生計を立てるのだという。

 ネットで興味深い記述を見つけた。《檜原村には、かつて自給自足の生活があった》。島を除くと都内唯一の村。レンタカーを手配し、村を回ってみた。

 地産地消を掲げるNPOが運営するレストラン「四季の里」。日替わり定食には特産のフキノトウやジャガイモ、白菜が使われていた。ただ、米は都外産の市販品。従業員の大久保敬子さん(60)は「平地が少なく米はとれない。食料の完全自給自足は難しい」。

 たまたま来店していた坂本義次村長に話を聞いた。「幼少期は自宅で作ったヒエやアワが主食だったけどね。仙人みたいな人はもういないんじゃないかな」。村には薪(まき)で湯を沸かす風呂が残る家も多い。「沢の水を使えば、お風呂の湯と熱源は自給自足できるね」。村長は笑った。

 (別宮潤一)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1604271300001.html

ttp://archive.is/DGxeD
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママ待って〜 吹田の公園でカルガモの赤ちゃん誕生【産経ニュース2016年4月27日】

 大阪府吹田市津雲台の千里南公園内にある牛ケ首池(うしがくびいけ)で暮らしているカルガモに、12羽の愛らしい赤ちゃんが誕生。公園を訪れた市民の人気を集めている。

 同公園では数年前から5月下旬〜6月上旬に「子育て」に励むカルガモの姿が目撃されており、今年は例年より約1カ月早い今月22日、同公園の釣り堀を運営するNPO法人南千里会のスタッフが見つけた。

 市職員が同公園に出向いたところ、体長十数センチのひな12羽が、親鳥をまねて小さな足で一生懸命に水をかいていた。

 池の周囲には市民が集まり、写真を撮り、双眼鏡で観察する姿が見られている。南千里会代表理事の山元啓嗣(けいじ)さん(68)は「毎年、カルガモの親子を見るのを楽しみにしています。愛らしい赤ちゃんたちの成長を見守りたい」と話していた。
http://www.sankei.com/region/news/160427/rgn1604270067-n1.html

ttp://archive.is/vWHhN
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥のヒナ元気に泳ぐ 市川【産経ニュース2016年4月27日】

 市川市南大野の「こざと北公園」で白鳥のヒナが誕生し、周辺住民の人気を集めている。親鳥に見守られて池を元気に泳ぎ回る姿が26日にも見られた。住民によると、昨春、つがいの白鳥が飛来して同公園の池周辺に住み着き、渡りをすることなく年を越した。今春、池の中に枯れ草を集めて作った巣に産卵し、数日前に4羽のヒナが生まれたという。

 母鳥が主に巣の中でヒナを育て、亀が近寄るとくちばしで追い払う一方、近くでは父鳥が天敵のカラスなどの襲撃を警戒。親鳥が池に入るとヒナたちもよちよちと後に続き、気持ち良さそうに泳いでいる。池の周辺では写真愛好家らがカメラを構え、住民らは「かわいい」と歓声を上げる。近所の女性(83)は「親鳥の愛情は細やか。人間も見習わなくちゃと思います」と話した。
http://www.sankei.com/region/news/160427/rgn1604270049-n1.html

ttp://archive.is/ovApj
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンのひな 2羽元気に誕生 1年ぶり 新たな命 夏ごろお披露目へ 松野・おさかな館【愛媛新聞ONLINE2016年4月27日】(フンボルトペンギン)

ひなの母親となったチャチャコ(手前)
 新しい仲間だよ、よろしくね―。松野町延野々の「虹の森公園おさかな館」でこのほど、フンボルトペンギンのひな2羽が誕生した。1年ぶりの朗報に、関係者は新たな命の誕生を喜んでいる。

 親は、おさかな館生まれのメイ(雄、4歳)と、県立とべ動物園(砥部町上原町)から2014年に仲間入りしたチャチャコ(雌、8歳)。今年に入りペアとなっているのが分かり、3月に産卵を確認。4月18日と21日にそれぞれ卵からかえった。
 親となった2羽はペンギン舎内で交代で面倒を見ており、ひなの成長は順調。また、ひなを除くフンボルトペンギンは現在8羽で、別の1組も産卵し卵を温めているという。
 本格的なお披露目は夏ごろの見込み。山本孝雄副館長(39)は「2羽とも元気によく鳴いている。夏以降、かわいらしい姿をぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/hotnews/ren111201604273090.html

ttp://archive.is/TfvxB

ツバメ軽快、風切って 平泉、県内で初飛来観測【岩手日報WebNews2016年4月27日】

 平泉町平泉の無量光院跡で26日、ツバメが池の上を元気に飛び回る姿が見られた。 

 ツバメは時折、羽の汚れを落とすために水浴びしたり、急旋回して飛行するなど活発に動き回った。観光客らは春の陽気の中、軽快に飛ぶツバメの姿を優しく見守った。日本野鳥の会もりおか代表の中村茂さん(74)は「県内では巣作りが盛んで、間もなく産卵時期を迎える。早い所ではひながかえっていることもあるだろう」と話す。

 盛岡地方気象台は同日、盛岡市山王町の同気象台でツバメの初飛来を観測した。気象庁の生物季節観測の一つ。平年より5日遅く、昨年より1日早いという。

【写真=水面の上を滑るように飛び回るツバメ=26日、平泉町平泉・無量光院跡】
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160427_P

ttp://archive.is/6oFhJ
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする