2016年04月28日

コウノトリ 韓国で確認の雌、宮崎で見つかる コウノトリの郷公園発表 /兵庫【毎日新聞2016年4月28日】

 2014年3月に韓国で飛来が確認されたコウノトリの雌1羽が、宮崎県で確認された。県立コウノトリの郷公園が27日、発表した。

 郷公園によると、今月25日、宮崎県児湯郡で住民の男性が発見、撮影し、郷公園に写真を提供した。このコウノトリの個体番号は「J0051」で、12年4月にふ化。14年3月18日、韓国慶尚南道・金海市の湿地で確認された。15年4月20日には島根県隠岐の島町で、同月23日には豊岡市出石町で確認され、同年12月22日には韓国・全羅南道順天市で確認されていた。

 郷公園は「ペアになって繁殖すれば、個体の多様性が増すので、相手を見つけることを期待したい」としている。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
http://mainichi.jp/articles/20160428/ddl/k28/040/549000c

ttp://archive.is/cTAdv

posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春まつり 野鳥観察なども あす、きらら浜自然観察公園 /山口【毎日新聞2016年4月28日】

 山口市阿知須の県立きらら浜自然観察公園で29日、春まつりが開かれる。今年で9回目。

 野鳥観察や試食もできるハチミツしぼり、大正琴のミニコンサート、フリーマーケットなど盛りだくさん。木材を使って鳥の置物などをつくる工作コーナーやマジックショーもある。

 午前9時から午後4時まで。19歳以上は入館料100円が必要。問い合わせは同公園(0836・66・2030)。【真栄平研】

〔山口版〕
http://mainichi.jp/articles/20160428/ddl/k35/040/567000c

ttp://archive.is/Rip3i
タグ:イベント
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飾り羽の「目」で雌を魅了、クジャクの求愛行動【AFPBB News2016年4月28日】

飾り羽を広げるクジャク。伊トリノの動物園で(2015年4月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/MARCO BERTORELLO

【4月28日 AFP】クジャクは雌への求愛行動で色鮮やかな飾り羽を扇形に広げて振動させる。その際、羽の先端部にある玉虫色の模様はほとんど動かず、まるで相手をじっと見つめる目のようになり、これが、雌のクジャクを誘う際に有効に働いているとする研究論文が27日、発表された。

 米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された論文には、「『尾羽を振動させる』誇示行動は、視覚的に雌の注意を引き付けるもので、交尾の前段階で常にみられる」とある。

 雌にアプローチして羽を振動させるこの求愛行動は、進化論を提唱した英国の自然科学者チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)が150年前に最初に指摘したが、生体力学がどのように機能しているかに関しては、これまで十分に解明されていなかった。

 そこで今回、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)のロズリン・デーキン(Roslyn Dakin)氏率いる研究チームは、このクジャクの求愛ダンスを詳細に調べた。求愛ダンスでは、最大1.5メートルの長さの数十本の尾羽を震わせて誇示行動をするが、繁殖期は2〜3か月間続くこともあり、雄はその間、数百時間にわたり飾り羽を繰り返し大きく広げるのだという。

 研究チームは、成鳥のクジャク14羽をハイスピードカメラで撮影し、飾り羽の振動運動を分析した。また実験室で、個々の羽の動きについても調べた。

 その結果、クジャクの目玉模様を構成する羽には「風切り羽に見られる微小のフックと似た構造があり、これで互いに固定されている」ことが分かった。「これにより、目玉模様が周囲の自由に動く羽枝(うし)より高密度になり、固定されていない羽枝が背景で激しく震動する中で、目玉模様が定位置に保持される」とし、この構造で、求愛の誇示行動中に模様の静止状態を保つとした。

 さらに、尾羽が長いほど、雄はより高速で尾羽を振動させられることも分かった。

 羽をこのように高速で動かすためは、より高い筋力が必要であるとも考えられる。これは、体力を誇示する雌への強力なアピールになっているのかもしれない。

 大半の飾り羽の先端部には目玉模様が1個ある。これまでの研究では、この目玉模様の玉虫色の度合いが強いほど、より多くの交尾相手を獲得できることが判明している。

 今回の研究は、カナダ自然科学・工学研究会議(NSERC)から資金供与を受けた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3085534

ttp://archive.is/FJmhp
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善意のマント 1年 小鳥たち人気者 道の駅「ウトナイ湖」 /北海道【毎日新聞2016年4月28日】

 苫小牧市植苗の道の駅「ウトナイ湖」の車止めの小鳥のモニュメントに、作者不明の“善意のマント”が飾られてから間もなく1年になる。衣替えを重ねて現在は端午の節句にちなんだこいのぼりなどのマントになり、来訪者たちは目を細めて写真に収めていた。

 マントは昨年4月30日に初めて着せられた。着物の端切れや編み物などで作られ、8羽の小鳥はすべて柄が違うマントをまとう。これまでに27回衣替えしたが、早朝の作業らしく道の駅の従業員でさえこの1年、交換する様子を見かけたことがないという。

 道の駅関係者は「マント姿の鳥たちは、すっかり人気者になった。心から感謝したい」と話している。【福島英博】
http://mainichi.jp/articles/20160428/ddl/k01/040/168000c

ttp://archive.is/GkOp7
タグ:ウトナイ湖
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(福岡伸一の動的平衡:22)鳥には見えている【朝日新聞デジタル2016年4月28日】

 星も月も見えない夜の暗い空。果てしなく広がる黒い大海原には島影ひとつない。それでも渡り鳥の一団は強い風を切って、まっすぐ前を見据え、力強く一心に羽ばたいている。その視線の先に、あたかも何らかの目標物がくっきりと浮かび上がっているかのように。

 彼らには見えているものがある。北向きの真っ暗な水平線の少し下に、ぽっかりと漏斗状の穴が開いている。その穴に向かってすべての線が吸い込まれていく。鳥たちにはその線が見える。あるいは感じとることができるのだ。

 鳥たちが見ている線は、人間には決して見ることができない。が、太古の昔から地球を取り巻いていた。地磁気である。南極近くから発せられ、地球の表面を丸く流れながら、北極付近に吸い込まれている。鳥たちにはこの地磁気の流れが手に取るように見えるのだ。

 旅する生物が地磁気を感じている証拠は以前からあった。脳の内部に微小な方位磁石があるとの仮説もあった。最近の研究では地磁気による体内たんぱく質の電子状態変化を感知しているとされる。これによって彼らはまごうことなく故郷に戻ってくる。

 鳥たちにとってこの世界は、我々が見ているよりもずっと豊かで、はるかに奥深いものとして映っているのだ。

 (生物学者)

 ◆毎週木曜日に掲載します。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12332053.html

ttp://archive.is/ZgXTk
タグ:研究
posted by BNJ at 11:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島)アオサギ、アユの稚魚2匹同時に捕らえる【朝日新聞デジタル2016年4月28日】

【動画】稚アユを捕らえたアオサギ=全日写連・二宮忠信さん撮影

稚アユ2匹を同時に捕らえたアオサギ=霧島市隼人町の天降川、全日写連二宮忠信さん撮影

 初夏の到来を告げるかのように、霧島市隼人町の天降(あもり)川では遡上(そじょう)する稚アユが見られるようになった。川岸でアオサギが2匹同時に捕らえた瞬間を、全日写連会員の二宮忠信さん(65)が今月半ばに撮影した。

 人間の目では捉えることも難しい稚アユを、岩の上から狙って鮮やかにキャッチし、「アユ漁」の達人ぶりを見せつけていた。そばではカラスもまねするように漁に挑み、たまに捕獲に成功していた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4J3HSCJ4JTLTB00K.html

ttp://archive.is/dJKfp
posted by BNJ at 11:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重)ツバメ、巣作りの泥運ぶ 四日市の加藤さん撮影【朝日新聞デジタル2016年4月28日】

巣作りのために泥を運ぶツバメ=四日市市、加藤大さん撮影

 四日市市天カ須賀5丁目の加藤大(ひろし)さん(69)が、ツバメが川辺で泥をついばむ様子を撮影した。加藤さんは19日昼、家の近くを歩いている時に、川辺を旋回しているツバメを見つけた。「巣作りのために泥を集めていたのでしょう。懸命な姿を見て、勇気づけられました」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4Q6H69J4QONFB016.html

ttp://archive.is/dixnq
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栃木)戦場ケ原でガマ合戦を見よう 自然博物館イベント【朝日新聞デジタル2016年4月28日】(ノビタキ)

 日光自然博物館が29日〜5月5日、自然体験イベント「戦場ケ原カエルウォーク」を開く。湿原の春を探し、感じる恒例行事で今年で10回目。

 湿原に生息するアズマヒキガエルは、4月下旬から5月上旬の繁殖期だけ水たまりに集結し、メスを巡ってオスが激しく戦う「ガマ合戦」を演じる。イベントは自然解説員が、カエルがにぎやかに鳴きながら繰り広げる合戦の様子や、ワタスゲなど早春の花、飛来し始めたノビタキなど夏鳥を解説しながら散策する。

 いずれの日も午前10時と午後1時から2時間。参加費500円で定員30人程度(先着順)。赤沼自然情報センターで当日受け付け。問い合わせは同館(0288・55・0880)へ。
http://www.asahi.com/articles/ASJ415DB9J41UUHB012.html

ttp://archive.is/OgE6M
タグ:ノビタキ
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリすでに去ったと思いきや… 沖縄は居心地いい?【沖縄タイムスプラス2016年4月28日】

今帰仁村内を飛ぶコウノトリ=17日
 昨年12月に沖縄県今帰仁村内への飛来が確認された国の天然記念物のコウノトリ。すでに北上したものと思われていたが今月17日、現地にとどまり元気に春の陽光を浴びている様子が確認された。

 コウノトリが沖縄県内で確認されるのは極めて珍しく、ユーラシア大陸からの迷鳥と考えられている。農地や遊休地を飛び回り、羽の手入れや餌をついばむ姿は遠目にはツルにも似ているが、白黒のコントラストと太いくちばしが印象的だ。(島袋仁明通信員)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=165840

ttp://archive.is/NPseN
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工飼育のペンギン日々成長 高知市の桂浜水族館【高知新聞2016年4月28日】(フンボルトペンギン)

注射器からえさを食べるリオ。猫用ミルクに小魚などを混ぜている(写真はいずれも高知市浦戸の桂浜水族館)

リオの後に生まれたきょうだいも両親の元で順調に成育中
 「キューキュー」。懸命に輝く命―。高知市浦戸の桂浜水族館でフンボルトペンギンの赤ちゃんが人工飼育されている。体が弱く、飼育員を心配させることも多いが、少しずつ、ゆっくりと成長している。
  
 2016年3月に生まれた4羽のうちの1羽で、名前は「リオ」。2016年夏のオリンピック開催地にちなんで名付けた。

 一度に複数の子どもを育てるのはまれというフンボルトペンギン。リオは生まれた翌日には巣の外に出ており、親は別の卵を抱いていた。「親による子育ては難しいかもしれない」と人工飼育が決まった。

 親代わりとなったのは、ベテラン飼育員の盛田勝寛さん(54)。発泡スチロールケースの中で、灰色のふわふわの羽毛、つぶらな瞳のひながキューキューと“甘える”。「おなかすいたかな」と、盛田さんが目尻を下げた。

 日中は水族館の事務室で過ごし、夕方になると盛田さんが自宅まで一緒に連れて帰る。付きっきりで世話をしたかいあって、約70グラムだった体重は、現在1238グラムになった。

 ただ、体の弱いリオは他の3羽に比べると一回り以上小さい。体を大きくさせたいと多めに食べさせると、吐いたり消化不良になったり…。病院に駆け込んだことも一度ではない。人工飼育は6羽目という盛田さんも「こんな虚弱な子は初めて」と、リオを思いやる。

 数カ月後、大人に近い大きさになれば、リオも他のペンギンと同じ飼育スペースに移る。「毎晩『今日も無事に生き延びた』とほっとする。でも“低空飛行”なりに一生懸命生きているから、一日一日を大事に育てたい」。盛田さんら飼育員は日々命の重みに向き合い、小さなひなに愛情を注いでいる。
http://www.kochinews.co.jp/article/18381/

人工飼育でペンギンすくすく【高知新聞2016年4月27日】
高知市の桂浜水族館で、フンボルトペンギンのひな「リオ」が人工飼育で育てられている。他のひな3羽も元気に育ち、春の水族館がにぎわっている。
http://www.kochinews.co.jp/article/18247/

ttp://archive.is/OqUnv
ttp://archive.is/yyjJI

ライチョウの飼育状況確認 世界愛鳥基金委員、富山市ファミリーパークで【北國新聞2016年4月28日】

スバールバルライチョウの飼育状況を確認する運営委員ら=富山市ファミリーパーク

 鳥類保護活動を支援する公益信託「サントリー世界愛鳥基金」(東京)の運営委員ら5人は27日、富山市ファミリーパークを訪れ、国の特別天然記念物で絶滅危惧種ニホンライチョウの飼育状況の報告を受けた。

 今年度、日本動物園水族館協会が取り組む事業「神の鳥『雷鳥』次世代に引き継ぐために〜ニホンライチョウの域外保全に向けた飼育繁殖技術の確立〜」は愛鳥基金から300万円の助成を受けており、同パークが昨年に続いて視察対象となった。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20160428205.htm

ttp://archive.is/yv1BQ

【探鳥】ツルシギ(鶴鷸) 春の沼を飛ぶ【東京新聞2016年4月28日】

 群馬県館林市の多々良沼でこの春、編隊を組み水辺を飛ぶツルシギ。オオタカの出現でカモの群れが飛び立ち、同時にツルシギ8羽も舞った。春の残照が翼の白い下面をほんのり染めたのが印象的。
 旅鳥で水田やハス田などに渡来するシギの仲間。繁殖地に渡る途中に日本の湿地で今、エネルギーを補給する。運がいいと4月下旬から5月中旬に全身が黒くなった夏羽が見られる。環境省レッドリストでは絶滅危惧II類に。全長30センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016042802000168.html

ttp://archive.is/0P8bi
タグ:ツルシギ
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生生物共生センター開所 大玉村 放射性物質影響など調査【福島民報2016年4月28日】(他1ソース)

 県環境創造センターの付属施設、野生生物共生センターは27日、大玉村に開所した。同じ敷地内にある鳥獣保護センターで行われてきた野生動物の救護、保護管理に加え、野生動物の放射性物質モニタリングや環境教育の拠点となる。
 共生センターは木造平屋約300平方メートルで、会議室や処理室、飼育スペースなどを備える。野生生物の生息状況の調査、放射性物質の影響も調べ、結果を分かりやすく発信する。タヌキやフクロウなどの野生生物の剥製をはじめ、県内の動物の生態や里山の現状を紹介する映像システムもあり、無料で自由に見学できる。
 開所式では、尾形淳一県生活環境部長、押山利一村長らがあいさつし、新施設の誕生を祝った。関係者による内覧も行われ、大山小と玉井小の児童らが野生生物の生態に理解を深めた。
 鳥獣保護センターは共生センターに統合された。共生センターの開館時間は午前9時から午後5時まで(月曜日を除く)。問い合わせは同センター 電話0243(24)6631へ。
http://www.minpo.jp/news/detail/2016042830608

野生動物の調査拠点 大玉に「野生生物共生センター」開所【福島民友新聞2016年4月28日】
鳥の剥製など施設を興味深そうに見て回る子どもたち
 県環境創造センターの付属施設で、放射性物質が野生動物に与える影響などを調査する「野生生物共生センター」が大玉村玉井字長久保に完成した。27日、現地で開所式が行われ、関係者が完成を祝った。

 施設では、これまで鳥獣保護センターで行ってきた野生生物の救護や野生復帰、野生動物の保護管理に加えて、放射性物質が与える生態系への調査、環境教育などにも取り組む。

 施設内には、野生生物の剥製や飼育スペースが設けられているほか、野生動物の映像演出などもあり学校教育や生涯教育など学びの場として利活用を進める。床面積約300平方メートルの木造平屋建て。開所式には約30人が出席。尾形淳一県生活環境部長があいさつ、押山利一村長らが祝辞を述べた。地元の小学生も出席し、施設内を見て回った。

 開館時間は午前9時から午後5時まで。毎週月曜日が休館日。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160428-069720.php

ttp://archive.is/ms3OB
ttp://archive.is/xWkWe
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月5日は「ことりの日」!?「ことりカフェ」バードストーリーフェスティバルに参加♪カワイイ小鳥モチ−フのグッズ販売やセミナー、写真展も! Birdstory主催イベント「こどもの日」に開催♪【プレスリリース2016年4月28日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2016年5月5日(木・祝)10:30−17:00まで「大田区産業プラザPiO小展示ホール」(東京都大田区南蒲田1−20−20/京急蒲田駅徒歩3分)にて開催される、小鳥グッズや小鳥用品が大集合するイベント「BIRDSTORY FESTIVAL/主催:バードストーリー」(http://birdstory.net/bsfestival)に参加いたします。本イベントでは鳥さんモチ−フのグッズ販売の他、同時開催Birds’ Grooming セミナーでの鳥さん学習、鳥さんの写真展示等、愛鳥家や小鳥ファンに楽しんでいただける様々な企画をご用意。今回「ことりカフェ」ではオリジナルグッズやお得なお楽しみ小鳥袋など、小鳥モチーフの新作スイーツや雑貨を多数販売いたします。

■参加企業・クリエーター
アルネコ雑貨店/ALOHA HEAVEN/Inoue Hitomi/うちのインコズ/おかめのほっぺ/オズマジョ/鏡祐子/カフェはちねこや/KinomiKinomama/小桜森/ことりカフェ/ことりちゃん/サチコと妹/しいたけ/chitch/月の魚/TOMO YAMASHITA DESIGN STUDIO./とりきち横丁/torinotorio/NORISAN/白羽蓮華/Birds’ Grooming Shop/BIRDSTORY/ぴよぴよガオー/BUNCHO/文鳥院まめぞう/marship/mametosora/宮本亜沙奈/やまゆりの/LUCIOLE*CAFE


■「Birdstory(バードストーリー)について
合同会社ほおずき印が運営する、愛鳥家さんのためのコミュニティサイト。鳥に関する最新ニュースの配信をはじめ、フォトコンテストの開催や鳥好きの友達探し、鳥に関する疑問・質問の解決等、鳥に関する様々なコンテンツを提供(http://birdstory.net/)。
「わくわく・ふむふむをここから♪」をテーマに、楽しみ、学び、可愛い鳥さんグッズを購入することができ、ワークショップや、セミナーなどのイベントなども定期開催する空間、「BIRDSTORYROOM」(東京都中央区日本橋箱崎町28−1 日本橋箱崎ハイツ103)を2015年12月にオープン。アクセス:東京メトロ半蔵門線水天宮前駅から徒歩2分/都営日比谷線茅場町駅・人形町駅から徒歩10分

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉 康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000183.000010272.html

ttp://archive.is/jcAYT
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする