2016年05月31日

世界遺産へ やんばる守れ【読売新聞2016年5月31日】(ノグチゲラ/ヤンバルクイナ)

ヤンバルクイナ(いずれも4日、沖縄県国頭村で、栗山紘尚撮影)

 2018年の「奄美・琉球」地域の世界自然遺産登録を目指し、環境省は今夏、沖縄本島北部のやんばる地域を「やんばる国立公園(仮称)」に指定する。太古の昔に大陸や日本列島から分離し、独自の生態系へと進化した島々を一体ととらえ、「ヤンバルクイナ」に代表される貴重な自然を守る仕組みを整えるのが狙いだ。

◆生き物の宝庫

 5月初旬。那覇市から車で走ること約2時間。沖縄県国頭くにがみ村にブロッコリーのような形をした常緑の広葉樹イタジイが生い茂っていた。

 観光施設「やんばる学びの森」から登山道を歩いていくと、メジロやウグイスなど小鳥のさえずりが聞こえる。「飛べない鳥として有名なヤンバルクイナは木の上で眠るんです。少しでも安全な場所に身を潜めるためなんですよ」。ガイドの松川隆行さん(65)(沖縄県大宜味おおぎみ村)が語りかけた。

 突然、キツツキの仲間の絶滅危惧種「ノグチゲラ」が林の中から飛び立つと、ツアー客の間から歓声が上がった。家族3人で訪れた東京都小平市の会社員(44)は「珍しい生き物を見られて良かった。もっと森の奥まで入りたかったが、こんなに豊かな自然はできるだけ人の手を加えずに残すべきだ」と話した。

 やんばるは「山原」と書き、「山々が連なり森の広がるところ」を意味する。国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がり、日本にいる鳥類の約半分の約150種が確認されている。河口部にはマングローブの林も広がり、様々な生き物が暮らせる環境が整っている。

 ツアーを企画している地元のNPO法人「国頭ツーリズム協会」は「世界遺産登録に向けて注目度が上がり、観光客も増加傾向にある。やんばるにしかいない生き物を多くの人に見に来てほしい」と語る。

◆候補地選定が難航

 「奄美・琉球」は遅くとも約200万年前〜170万年前には、日本列島側と大陸側の双方から分離したとされる。国の検討会は2003年、独自の生態系という点で一つのまとまりをなしていることに着目。その後、「南北約850キロに点在する島々とその周辺海域」を範囲とする「奄美・琉球」を自然遺産候補に選んだ。

 しかし、13年2月、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)に書類を提出したところ、「対象範囲が広すぎる」として暫定リストへの記載を保留された。

 このため、環境省などは絶滅危惧種や固有種の多さ、森林の保全状況などを重視して再検討。アマミノクロウサギが生息する奄美大島と徳之島、ヤンバルクイナが生息する沖縄本島北部やんばる地域、イリオモテヤマネコで知られる西表島いりおもてじまの4島に絞った。他の島々に比べて顕著な独自性がみられた。石垣島などは森林の保全状況などから除外された。

◆観光客の協力不可欠

 今回、国内33番目の国立公園となるのは、国頭、大宜味、東ひがしの3村にまたがる陸域約1万3600ヘクタールと、海域約3700ヘクタール。指定されれば、建築や伐採などの際に国の事前許可が必要で、開発などが制限される。

 環境省はこれまで、ヤンバルクイナの天敵・マングースを捕獲し、希少な動植物の密猟・持ち帰りを防ぐパトロールをしてきた。国立公園化を機に対策を強化するだけでなく、「適切な利用で国内外に価値を認めてもらうことが重要」とし、エコツーリズムにも力を入れる。既存のキャンプ場などを活用して観光客を呼び込み、登山道などの整備も進める予定だ。

 同省やんばる自然保護官事務所(国頭村)の木村麻里子・上席自然保護官は「希少な動植物を守るためには、観光客の協力が不可欠。登録に向け、日本が世界に誇る自然だという理解を深めてほしい」と意気込んでいる。

「奄美・琉球」登録4島で足並み重要

 「奄美・琉球」の世界遺産登録には、将来にわたって必要な保護措置を取ることが必要だ。今後、対象の奄美大島、徳之島、沖縄本島北部やんばる地域、西表島の4島で足並みをそろえられるかがポイントとなる。

 政府は9月、ユネスコの世界遺産委員会に推薦書の暫定版を、来年2月には正式版をそれぞれ提出する予定だ。その後、ユネスコの諮問機関・国際自然保護連合(IUCN)の視察を受ける必要がある。

 4島のうち西表島は今年4月、国立公園が拡張され、島全域が対象になった。奄美群島に属する奄美大島、徳之島などの主要な景勝地は県管理の国定公園で、指定域は海岸線沿いを中心に7861ヘクタールに上る。計画ではこの国定公園を解除し、内陸部の森林地帯を中心に国立公園にし、伐採などの規制をかける考えだ。だが、奄美大島で地権者との交渉が難航。林業などの支障になりかねず、どの区域にするかといった調整などが続いているという。登録の前段となる国立公園化が進まず、目標としていた14年1月の暫定リスト入りは大幅に遅れている。

 【世界自然遺産】 人類共通の遺産として普遍的な価値を有する自然を保存するため、ユネスコの世界遺産委員会が登録する。昨年3月時点で197件あり、日本では屋久島(鹿児島県)、白神山地(青森、秋田県)、知床(北海道)、小笠原諸島(東京都)の4件が認められている。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160601-OYS1T50061.html

ttp://archive.is/pTn19

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台うみの杜水族館 2016年6月1日(水)年間パスポート 更新スタート!〜更新期間中に手続きを行って、カワイイ特典をGET!〜【プレスリリース2016年5月31日】(ペンギンのモーリー)

1年間に何回でも楽しめる、お得なパスポート♪ 年間パスポート、好評発売中!!



海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館、『仙台うみの杜水族館』では、年間パスポートを好評発売中です。開業初年度(9ヶ月間)、延べ約405,000人のお客さまにご利用いただきました。このお得なパスポートは、まもなく開業より1年を迎える一足先、2016年6月1日(水)より更新をスタートいたします。更新期間中に手続きを行った方には、【更新期間限定カードデザイン】、さらに公式キャラクター【「ペンギンのモーリー」のプレミアムピンバッジ】を差しあげます。更新の際は、公式ホームページにてWeb手続きをすることで、ご来館時スムーズな引渡しが可能となっており、発行時の待ち時間の混雑を改善いたします。

★仙台うみの杜水族館 年間パスポート
年間パスポートは、入館券の2回分の料金で、仙台うみの杜水族館を1年間何回でもご利用いただける大変お得なパスポートです。
開業初年度9ヶ月間に年間パスポートを利用してご入館いただいた方は、
延べ約405,000人。多くのお客さまにご利用いただいております


★仙台うみの杜水族館 入館券・年間パスポート 料金表
○入館券

  大人
(18才以上)  中・高生
(12〜18才)  小学生
(6〜12才)   幼児
(4〜未就学児)  シニア
(65才以上)
2,100円 1,600円 1,100円 600円 1,600円

○年間パスポート

  大人
(18才以上)  中・高生
(12〜18才)  小学生
(6〜12才)  幼児
(4〜未就学児)  シニア
(65才以上)
4,200円 3,200円 2,200円 1,200円 3,200円
(入館券の2回分の料金となります。)

★カワイイ・ウレシイ!更新特典♪
@ 更新期間限定カードデザイン
デザインはストーリー仕立てになっており、更新するたびに新たなストーリーに出会えます。今回は、「ペンギンのモーリー」のサインで元気よくジャンプするイルカのデザインです。

                ◎現在の年間パスポートデザイン   


                        ↓
                ◎更新期間限定年間パスポートデザイン




A 「 ペンギンのモーリー」のプレミアムピンバッジ
仙台うみの杜水族館の公式キャラクター「ペンギンのモーリー」がイルカと仲良くトレーニングをしているシーンを表現しています。数字は1回目の更新を表しており、2回目の更新、3回目の更新と、更なるストーリーの展開を想起しています。

◎ 年間パスポート
  有効期限           更新期間

6月 2016.6/1 〜 8/31
7月 2016.6/1 〜 8/31
8月 2016.7/1 〜 9/30
9月 2016.8/1 〜 10/31
10月 2016.9/1 〜 11/30
11月 2016.10/1 〜 12/31
12月 2016.11/1 〜 2017.1/31
2017年1月 2016.12/1 〜 2017.2/28
2017年2月 2017.1/1 〜 2017.3/31
2017年3月 2017.2/1 〜 2017.4/30
※今回の更新は、料金割引等はございません。
◎オススメ!Webでの手続きで更新スムーズ
年間パスポートの更新は水族館窓口での手続きも可能ですが、Webでの手続きで、顔写真の登録を行いご購入いただければ、チケット売場に並ぶことなく、来館時カード発券のみとなりスムーズに手続きが完了いたします。公式ホームページからの手続きをお勧めいたします。


◎水中演目が追加!!年間パスポートを利用して何回でも楽しもう!!
イルカ・アシカのパフォーマンス リニューアル!
人気プログラム「イルカ・アシカのパフォーマンス」がこの春大幅にリニューアル。トレーナーがイルカの背に乗る「サーフィンライド」など、イルカとトレーナーの信頼関係から成功する大技をお届けいたします。また約1年ぶりに復活したアシカの水中演目なども加わり、さらにパワーアップしたパフォーマンスをお楽しみいただけます。

【 イルカ・アシカのパフォーマンス 】

開催時間 : 10:00〜、11:30〜、13:00〜、14:30〜、16:00〜
     ※開催時間は季節により変動あり
     ※イルカ・アシカのパフォーマンスの所要時間は約20分です

開催場所 :2階 うみの杜スタジアム

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000011571.html

ttp://archive.is/ysVvK
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントラルパークの隠れた自然保護区、80年ぶり一般開放【AFPBB News2016年5月31日】

米ニューヨーク・セントラルパークのハレット自然保護区を散策する人々(2016年5月12日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY

【5月29日 AFP】米ニューヨーク(New York)市の観光名所セントラルパーク(Central Park)内の一角にあり、人気ブティックや高級高層住宅が立ち並ぶ5番街の目と鼻の先に隠されてきた自然保護区が、80年ぶりに一般向けに公開された。

 公開されたのは、公園の南東の端にある広さ約1.6ヘクタールのハレット自然保護区(Hallett Nature Sanctuary)。セントラルパークに3か所ある森の一つだ。

 公園の年間予算の4分の3を調達している非営利組織(NPO)「セントラルパーク管理委員会(Central Park Conservancy)」のダグ・ブロンスキー(Doug Blonsky)会長兼最高経営責任者(CEO)によると、ハレット自然保護区は1930年代、野鳥保護を目的として、当時の公園管理者ロバート・モーゼス(Robert Moses)氏によって一般の立ち入りが禁止された。

 だが、長期間にわたって手つかずの状態が続いた結果、外来種のフジが大量に繁殖する事態に。セントラルパーク管理委員会は2001年、ハレット自然保護区の復元を決断。地元の学校やボランティアの協力も得つつ、長い歳月をかけてフジを一掃した。

 保護区内には在来種の野草が植えられたほか、池を見下ろす丘の頂上にはベンチが設置され、来場者は緑によって外界から隠された場所に座りながら、林冠から高層ビルが突き出す景観や、鳥のさえずりを楽しむことができるようになった。(c)AFP/Brigitte DUSSEAU
http://www.afpbb.com/articles/-/3087942

ttp://archive.is/dtduf
タグ:アメリカ
posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぎふ長良川鵜飼 救命着備え再開【毎日新聞2016年5月31日】(他1ソース/既報関連ソースまとめあり)

救命胴衣を着用して鵜舟に乗る鵜匠(手前)と船頭=岐阜市の長良川で30日午後6時2分
 鵜(う)舟の船頭の水難事故で24日から中止していた岐阜市の「ぎふ長良川鵜飼」が30日、1週間ぶりに再開した。事故を受けた安全対策としてこの日から鵜舟に救命胴衣を備え付け、鵜舟に乗る鵜匠と船頭は、伝統装束の趣を損ねないよう鵜飼実演中を除いて救命胴衣を着用することにした。

 水難事故は23日夜に発生。船頭の山田勇二さん(73)=岐阜県関市=が、鵜飼実演中に逃げた鵜1羽を捕まえようと長良川に飛び込んで行方不明となり25日に遺体で見つかった。

 ぎふ長良川鵜飼は鵜匠6人がそれぞれ鵜舟に乗って鵜飼を実演する。鵜舟1隻につき2〜3人の船頭が付く。再開後は当面、死亡した船頭が担当していた鵜舟を除く5隻で行う。

 鵜飼再開に先立ち、山下純司鵜匠代表(77)は「安全第一を心がけて一生懸命やるだけです」と話した。【石塚誠】
http://mainichi.jp/articles/20160531/ddq/041/040/016000c

岐阜 1隻欠けた総がらみ 長良川鵜飼再開、安全へ決意新た【中日新聞2016年5月31日】
長良川鵜飼が再開し、5隻で行われた総がらみ=岐阜市の長良川で
写真
 鵜舟のベテラン船頭が水死する痛ましい事故から一週間。岐阜市の長良川鵜飼は三十日、救命胴衣を取り入れて再開した。「伝統的な衣装に合わない」と心配する声もある中で、鵜匠たちは安全な鵜飼いを目指す決意をにじませた。

 「自然が相手ということも計算に入れて、気持ちのいい鵜飼いをしたい」。日没前、山下純司鵜匠代表(77)はそう言ってオレンジ色の救命胴衣を着込み、鵜舟に乗り込んだ。

 この日は事故で船頭を失った杉山市三郎鵜匠(75)をのぞく五人の鵜匠と計十人の船頭全員が、市の提供した救命胴衣を着て、上流の出漁地点へ向かった。三十一日からは、水を感知すると膨れる腰巻きタイプの救命胴衣を導入する予定。

 漁の最中はかがり火の火の粉で救命胴衣が燃える可能性があるため鵜匠は着用せず、当面は救命クッションを足元に置き、ひもで足首に結ぶ方法を試す。

 現在は法律上の着用義務はないが、事故を受けて中部運輸局が「鵜舟の乗船者は救命胴衣の着用を」と要請したことも踏まえた。

 この日は二百五十三人が観覧船十一隻に乗船。鵜飼いのクライマックスとなる総がらみも初めて五隻で行われた。五回目の鵜飼い見物という岐阜市曽我屋の寺田正樹さん(78)は「死亡事故はショックだった。二度と起きないことが先決で、六日間の中止はやむを得なかったが、再開日に来られて良かった」と話していた。

 鵜匠六人がそろっての再開時期は未定。

(木下大資、田井勇輝)

◆観覧船船頭も救命衣 小瀬鵜飼が着用決める

 長良川鵜飼の船頭が死亡した事故を受け、関市の小瀬鵜飼は、鵜匠と鵜舟の船頭、観覧船の船頭の全員が乗船時に救命胴衣を着用することを決めた。器具が準備でき次第、導入する方針。

 中部運輸局から二十七日に救命胴衣着用の要請があり、観覧船を運行する関遊船の山田武司社長や足立太一鵜匠代表、永田千春市経済部長ら関係者九人が二十九日に対策会議を開いた。腰に巻くベルト型の救命胴衣を想定しており、サンプルを取り寄せて検討する。対象は鵜匠三人と鵜舟の船頭六人、観覧船の船頭十六人の計二十五人。救命胴衣が届くまではこれまで通り船に載せている浮き輪で対応する。乗船客は座布団型の救命胴衣を利用している。

(織田龍穂)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160531/CK2016053102000026.html

長良川鵜飼再開へ、鵜匠ら説明 船頭死亡事故、岐阜市長に【中日新聞2016年5月27日】
長良川鵜飼 全鵜舟、救命胴衣装備へ 船頭遭難受け 「安全第一で」 /岐阜【毎日新聞2016年5月26日】
ぎふ長良川鵜飼 不明の鵜舟船頭、遺体で発見【毎日新聞2016年5月25日】
鵜飼い船頭 流され不明 長良川【読売新聞2016年5月25日】
ニュース交差点 地域 かがり火の下の妙技 岐阜・長良川で鵜飼い漁始まる 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年5月13日】
長良川鵜飼が開幕 無線LANなど外国人向け対応も【日本経済新聞2016年5月12日】
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳴き声の良いメジロがほしかった…68〜83歳密猟団£j5人書類送検 和歌山県警【産経WEST2016年5月31日】(他2ソース/既報関連ソースまとめあり)

捕獲や飼育が原則禁止されているメジロ(和歌山県警提供)
 野生のメジロを違法に大量に捕獲するなどしたとして和歌山県警和歌山西署は30日、鳥獣保護法違反などの疑いで和歌山市の食品製造業や無職など68〜83歳の男5人を書類送検したと発表した。

 送検容疑は、捕獲や飼育などが原則禁止されているメジロを、少なくとも130羽、県内外の山林で違法に捕獲し、受け渡しをしたり、飼育したりなどしたとしている。

 同署によると、5人はメジロの鳴き声の競技会を開催する市民サークル「競鳴会」(昨年12月に解散)などに所属していた。いずれも「鳴き声の良いメジロを求めて違法と知りながら捕獲していた」などと容疑を認めている。
http://www.sankei.com/west/news/160531/wst1605310017-n1.html

メジロを違法に捕獲、飼育容疑…5人を書類送検【読売新聞2016年5月31日】
和歌山西署が、違法に飼育されているのを突き止めたメジロ(県警提供)
 法令に違反してメジロを捕獲したなどとして、和歌山県警和歌山西署は30日、和歌山市や海南市の60〜80歳代のメジロ愛好家の男計5人を鳥獣保護法違反などの疑いで和歌山区検に書類送検したと発表した。

 和歌山県環境生活総務課は「野生動物は適切な管理で守っていくというのが今の社会的潮流。飼育などではルールの徹底を」と呼びかけている。

 発表では、5人は2007年から15年頃にかけ、県内外の山林で、鳥をつかまえるため木の枝に塗る粘着剤「鳥もち」を使い、メジロを違法に多数捕獲し、飼育、譲渡するなどした疑い。全員、容疑を認めているという。5人が飼育していた数は計約130羽にも及んだが、すべて放鳥された。

 メジロはスズメの仲間。小柄で美しい鳴き声を出し、バードウォッチングなどで人気だ。一方、各地に「競鳴会」などのサークルがあり、自宅などで飼育するメジロの美声を鑑賞して親睦を深める人たちもいる。今回の5人も県内のサークルに所属し、互いに顔見知りだった。

 昨年6月、和歌山西署員が和歌山市内をパトロールしていて、73歳の愛好家が自宅で処分のため鳥かごを燃やしているのを発見。廃棄物処理法違反の疑いで事情を聞き、その後、約20羽のメジロを違法に飼っていたのが分かった。

 愛鳥家のため、かつては1世帯1羽に限り、家庭でも野生のメジロを飼うことが認められていた。それが2012年4月以降、採取や飼育できるのは「自分の力で山歩きができない人」などと制限されるようになった。同署は最初に見つけた男の交友関係などを調べ、他の4人の違法行為も裏付けたという。

 県環境生活総務課によると、県内でメジロ飼育が許可されているのは、2015年3月末時点で約160人という。(下村公美)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160530-OYT1T50165.html

鳥獣保護法違反 メジロと泣く 130羽「鳴き声大会」捕獲容疑で書類送検 和歌山【毎日新聞2016年5月31日】
 野鳥のメジロを違法に飼育したとして、和歌山県警和歌山西署は30日、和歌山市の食料品製造業者(73)ら68〜83歳の男計5人を鳥獣保護法(捕獲飼養の禁止)違反などの疑いで書類送検したと発表した。いずれも容疑を認め、「いい鳴き声のメジロを捕まえたかった」と話しているという。

 送検容疑は2007年から昨年にかけて、5人はそれぞれ捕獲が禁止されているメジロ計130羽を鳥もちで捕獲したり、飼育や譲渡をしたりしたとしている。メジロの飼育は12年4月以降、同法で禁止されるようになった。

 同署員がパトロール中、食料品製造業者の男が自宅前で古くなった鳥かごを焼却しているのを発見し、細かく尋ねるうちにメジロの飼育が発覚した。

 同署によると、5人は飼育するメジロに「風林火山」「雪国」「旅人」などと命名。週1回、メジロの鳴き声の美しさなどを競う「鳴き合わせ大会」を開いていた。【高橋祐貴】
http://mainichi.jp/articles/20160531/ddn/041/040/015000c

ttp://archive.is/eTTYA
ttp://archive.is/R5PwX
ttp://archive.is/hqqRX
無許可でメジロ2羽を飼育 男を書類送検【日テレNEWS24 2016年5月12日】
鳥獣保護法違反 メジロ飼育の男「六甲山で捕獲した」【MBS NEWS2015年10月17日】
鳴き声競い野鳥を違法飼育 愛好家20人に略式命令【朝日新聞デジタル2015年7月24日】
違法にメジロ飼育の61歳男逮捕 大阪・寝屋川署【産経ニュース2015年4月21日】
美しく鳴く「メジロ」の飼育は違法?「鳴き合わせ会」メンバーはなぜ摘発されたのか【弁護士ドットコムニュース2015年3月27日】
「鳴き合わせ」会を摘発 野鳥3分で700回も鳴かされる 22人を書類送検【産経ニュース2015年3月18日】
違法飼育のメジロなどの鳥350羽押収 愛好家を書類送検へ 愛知【産経ニュース2015年3月13日】
「鳴き声好き」無許可で野鳥育てた大阪市元職員逮捕【スポニチアネックス2010年5月12日】
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする