2016年05月31日

栃木県の環境アセス基準緩和方針に歓迎と懸念【下野新聞2016年5月31日】

 県が大規模な土地開発に伴う環境影響評価(アセスメント)制度の基準緩和を示したことを巡り、その是非が議論となっている。全国的な公害問題を受けて昭和50年代に始まった制度だが、手続きに長期間を要する上、本県は近隣県に比べて基準が厳しい。環境アセスメントを義務付ける面積を見直すことで、工業団地造成の迅速化などが期待できるという。企業誘致に力を入れる県内市町は緩和を歓迎する一方、自然環境への影響を懸念する声もある。

 「昭和50年代と同じ基準である必要性をご審議いただきたい」。20日に県庁で開かれた県環境審議会環境影響部会の初会合で、県の担当者は制度の概要や見直し方針について説明した。

 23日の市町村長会議で足利市の和泉(いずみ)聡(さとし)市長は、隣接する群馬県太田市と比較されることが多い事情を説明し、「同じ50ヘクタールにしてくれるのはありがたい」と基準緩和を歓迎した。

 一方、日本野鳥の会栃木は「大規模開発を助長する」などとして基準を緩和しないよう福田富一(ふくだとみかず)知事に要請。部会の委員を務める同会関係者も初会合で「現状で生物多様性が十分に守られているとは思えず、緩和は反対」と意見を述べた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20160531/2342006

独自規制82項目を廃止や緩和、簡略化 栃木県【下野新聞2016年2月17日】
 県は16日、本県の独自規制の廃止や緩和、手続きの簡略化などを計82項目で実施すると発表した。ほか36項目は継続検討としている。規制改革を県内産業の活性化や県民の負担軽減、利便性の向上などにつなげる狙いがある。福田富一(ふくだとみかず)知事は同日の定例記者会見で、「(独自規制の)総点検を行ったことが成果の一つ。見直しも一定の成果を出せた」と強調、今後も継続的な見直しを進める方針を示した。

 県経営管理部によると、独自規制の廃止や緩和は68項目。うち16年4月の実施予定は47項目で、16年度中は10項目、既に対応したものは11項目としている。手続きなどの簡略化などを行うのは14項目で、うち16年4月の実施予定は4項目、16年度中は6項目、対応済みは4項目。

 産業の活性化関連は、工業団地などの造成における条例に基づく環境影響評価の対象面積基準の緩和(16年度内)などが挙がる。県民の負担低減としては、工場などの排ガス・排水に関する自主測定報告の廃止(16年4月予定)など。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20160217/2238619

県独自規制 118項目を見直し 16年度中に81項目実施 /栃木【毎日新聞2016年2月17日】
 県は16日、独自に定めてきた規制のうち118項目について、廃止・緩和や簡略化などの見直しを行うと発表した。

 県は昨年3月から全部局を対象に、規制約1000項目について調査検討を行った。他都道府県との比較、時代の変化などを考慮したほか、経済関係など102団体からも意見を聴き、118項目に絞り込んだ。

 内訳は、手続きなどを「廃止・緩和する」68項目、「簡略化など」14項目、「引き続き検討する」36項目となっている。規制を見直すことにより「県内産業の活性化に寄与する」として工業団地などの造成における条例に基づく環境影響評価、自然環境調査の対象面積基準の緩和▽「県民、事業者の負担低減に寄与する」として工場などに対する排ガスや排水に関する自主測定報告の廃止▽「手続きの簡略化、迅速化などに寄与する」として自動車税、自動車取得税減免申請手続きの簡略化−−など。

 県は118項目のうち、新規立地工場などに関する事前協議制度を廃止するなど、15項目について既に対応済み。条例改正などが必要になるものについても今後手続きを経て順次進め、2016年度は81項目について廃止・緩和、簡略化などの見直しを実施する予定という。【田内隆弘】
http://mainichi.jp/articles/20160217/ddl/k09/010/076000c

関連記事追記。
ttp://archive.is/k1oe7
ttp://archive.is/kZhea
ttp://archive.is/1jbOC
栃木)「開発規制緩和ストップ」、野鳥の会が知事に要請【朝日新聞デジタル2016年5月17日】

posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモのひな お母さんとスイスイ 神戸・垂水【神戸新聞NEXT2016年5月31日】

すくすく育つカルガモのひな=30日午後、神戸市垂水区西舞子3
 神戸市垂水区西舞子の山田川で、カルガモのひながすくすくと育っている。母親に付いて歩いたり、元気に泳ぎ回ったりする姿を、付近の住民らが温かく見守っている。

 カルガモは、一年を通じて日本で過ごす留鳥。近所の人によると、山田川では毎年、ひなが誕生し、今年は河口付近では10羽が体長10センチほどに成長した。「ピピピピ」と小さな鳴き声を上げ、母親とともに行動している。

 神戸市立王子動物園によると、ひなは2〜3カ月で親から離れる。しかし、成鳥になれるのは半分以下といい、同園の担当者は「ネコやカラスなどの天敵に襲われることや、交通事故に遭うこともある」と説明する。

 夫婦でカルガモの親子を見ていた近くの笹照子さん(71)は「ひなの無邪気な様子は人間の子どもと同じね。見ていて飽きないし、癒やされます」と目を細めていた。(小林良多)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201605/0009137371.shtml

ttp://archive.is/jxwmr
posted by BNJ at 21:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイガモ100羽、水田デビュー 胎内の農業法人「中条農産」【新潟日報モア2016年5月31日】

生後2週間で田んぼデビューしたアイガモ=27日、胎内市宮瀬
生後2週間で田んぼデビューしたアイガモ=27日、胎内市宮瀬
アイガモ100羽、水田デビュー
胎内の農業法人「中条農産」

 胎内市宮瀬でアイガモ農法に取り組む農業生産法人「中条農産」が27日、100羽を水田に放った。アイガモたちは気持ちよさそうに泳ぎながら、草や虫をついばんだ。

 アイガモは雑草の除去や害虫の駆除のほか、動き回ることで地中に酸素を届け、稲の生育にも役立つ。中条農産は2006年からアイガモ農法をコシヒカリの水田50アールで実践している。

 生後2週間、体長約20センチのアイガモを水田に放すと最初は怖がるような様子だったが、1羽が泳ぎ始めると次々とピーピーと鳴きながら群れをなして泳いだ。

 水田の近くにはタヌキやハクビシン、カラスなどの天敵も多いが、周辺に網状の電気柵と上部には鳥よけの糸を張り巡らし、対策を施している。

 中条農産の佐藤隆史社長(40)は「農薬を使わず安心安全なコメを作ることができる。アイガモと稲の成長を見に来てほしい」と話した。

 アイガモは稲に穂がつき始める7月中旬まで水田で過ごす予定。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160531257979.html

ttp://archive.is/6hEhM
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この夏の天体観測・写真撮影はスマートフォンで! 望遠鏡や双眼鏡を取り付ける「SNAPZOOM II」発売〜より多くの光学機器に取付可能に!〜【プレスリリース2016年5月31日】

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中 徹)は、スマートフォンに双眼鏡、単眼鏡、天体望遠鏡など色々な光学機器を取り付けるためのアタッチメントガジェット「SNAPZOOM」の改良版である「SNAPZOOM U」の販売を、2016年6月10日より開始いたします。



「SNAPZOOM」とは
ハワイ在住の2人のサーファーが、スマートフォンで地元のサーファーと波の映像を撮るために考案。現在発売されているスマートフォンのほとんどに取り付け可能で、これまでスマートフォンでは撮影が難しかった「月」や「星」、「遠くの景色」や「野鳥」など、双眼鏡や天体望遠鏡でみた景色そのままを写真や動画で撮影することを可能とするアタッチメントガジェットです。 サーファーや野鳥の撮影はもちろんのこと、ハンティングや天体観測、研究など様々な分野で利用されています。

改良点

■改良点1

従来品



SNAP ZOOM II


「SNAPZOOM」は、現在販売されているほとんどのスマートフォンに取り付け可能ですが、カメラレンズが端の方についているものには、付属のゴムパッドを使用して製品を取り付ける必要がありました。「SNAPZOOM II」では、カメラレンズ穴を55mmから62mmに広げることにより、付属のゴムパッドを取り付けるフローが減り、取り付けをスムーズにしました。



■改良点2

従来品


SNAP ZOOM II


取り付け部を改良することで、接眼部直径が23mmから55mmまでの幅広い光学機器が取り付けられるようになりました。(従来品は接眼部直径が30mmから55mmまでの光学機器が取付可能でした。)





さらに、持ち運びがしやすいよう「SNAPZOOM II」本体と付属品をまとめて入れられる専用ポーチを加えました。



■商品概要
商品名  :SNAPZOOM II
重さ   :450g
JANコード:4961607797549
価格   :オープン価格

<特許番号>
特許第5627058号(JAPAN) /特許番号8842981B2号(U.S.A.)

<接続可能光学機器>
双眼鏡、単眼鏡、天体望遠鏡、顕微鏡、ルーペ

※幅93mm、厚さ23mm以内のスマートフォンが取り付け可能です。
※接眼レンズ側の直径が23mm〜55mmの光学機器が取り付け可能です。ただし、双眼鏡の場合、接眼部分の高さが24mm以下だとレンズ片方での取り付けになります。
※電子機器やバッテリーは必要ありません。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000348.000008859.html

ttp://archive.is/Vqprh
スマートフォンに望遠鏡や双眼鏡を取り付ける「SNAPZOOMR」の店頭販売を11月20日開始 ケンコー・トキナーが輸入販売元エフ・ティー・アセットと提携【プレスリリース2015年11月17日】
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「恋に生きる小鳥」ラブバード新作スイーツ「ことりカフェ」登場♪ジューンブライドに「ことりカフェ表参道」で可愛いコザクラインコのケーキ限定販売♪【プレスリリース2016年5月31日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、6月のジューンブライドに因み“恋に生きる小鳥”と言われる「ラブバード」をモチーフにしたケーキを2016年6月1日(水)から1ヶ月間限定で、「ことりカフェ表参道」にて販売、合わせてコザクラインコ雑貨コーナーも店舗内に特設いたします。
今回「ことりカフェ」に初登場するコザクラインコゴールデンチェリーのケーキは、オレンジ果肉入りのオレンジムースを生クリームを挟んだタルトの上に、頭の部分はホワイトチョコのグラサージュをのせた初夏にぴったりな爽やかな味わいとなっています。
※ラブバードについて:コザクラインコやボタンインコなど、パートナーに愛情をたっぷり注ぎ、深い絆で結ばれる性質をもったインコたちの別名で、ペアになると一生添い遂げる“愛に生きる小鳥”、または“恋に生きる小鳥”と呼ばれ愛鳥家や小鳥ファンに親しまれています。

                                   ※撮影:オザ兵長の弟子

■「ことりカフェ」とは?
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」(本店:目黒区 オーナーパティシエ 柿沢安耶)、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。

                                 ※撮影:オザ兵長

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:毎月第3月曜日 ※祝日の場合翌日)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:毎週火曜日)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000189.000010272.html

ttp://archive.is/mHQZ2
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする