2016年05月08日

NewsNavi 社会 鳥インフル禍転じて町おこし!? 養鶏場跡地を「時代劇ロケ地」に【毎日新聞2016年5月8日】

「禍(わざわい)転じて……」とは、このことかもしれない。

 2004年に高病原性鳥インフルエンザが大発生した京都府京丹波町の巨大な養鶏場跡地が、映画・ドラマのロケ地として生まれ変わろうとしている。

 現場は旧浅田農産(兵庫県姫路市・倒産)の船井農場跡地で、京都府中央に位置する山間部。今は鶏舎の基礎のコンクリートが残っている。発生当時、22万羽以上の鶏が地下に埋められた後に焼却処分され、事件後、4・7ヘクタールの敷地が町に寄付された。

 当時、白い防護服の保健所職員や災害派遣要請を受けた自衛隊員らが大量の鶏を処分する様子が連日報じられたため、イメージが悪いのか企業誘致もうまくいかず、産業廃棄物処理施設の建設計画も住民の反対で頓挫。町は森林公園にする方針だった。

 しかし、現場を見た京都府職員が「東映太秦(うずまさ)映画村」の関係者に「時代劇のロケ地にならないか」と打診したところ、昨夏から現地を視察していた東映、松竹の関係者から「理想的」との評価を得た。

「現地は工場跡と電柱、電線があるくらいで、現代的な構造物が広範囲で視野に入らない。こうした“抜ける”場所は全国的にも珍しく、とりわけ関西には少ない。時代劇のロケは山形県の庄内映画村が使われることが多いが、冬は雪で閉鎖されるし、大人数の撮影スタッフを連れて行くのは大変。京丹波なら京都市内からも1時間程度で行ける。水や電気のインフラが整えば、撮影は可能でしょう」(松竹撮影所の関係者)

 東映撮影所の関係者も「今は(跡地での)撮影が必要な作品がないが、作品次第ではぜひ」と前向きだ。過疎に悩む同町では「撮影所も見学できるようにしてもらい、ロケ地を観光の目玉にしたい」(商工観光課)と、既に整備費4100万円を計上するなど鼻息は荒い。新名所は実現するか。

(粟野仁雄)

(サンデー毎日2016年5月8・15日号から)
http://mainichi.jp/sunday/articles/20160427/org/00m/040/006000d

ttp://archive.is/w2HVm
負の遺産 ロケ地に転生◇鳥インフル発生 京丹波の農場跡【YOMIURI ONLINE2016年3月7日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動画:ペンギンの赤ちゃん、身体検査 仏パリ【AFPBB News2016年5月8日】

【5月7日 AFP】仏パリ(Paris)の動物園で6日、最近、同園で生まれた4羽のフンボルトペンギンのヒナ4羽の身体検査が行われた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3086288

ttp://archive.is/lqAop
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクガン 春季調査 9割確認の野付湾と国後島泊湾 根室海峡つなぐ動脈に /北海道【毎日新聞2016年5月8日】

 飛行ルートや生態が謎に包まれている国の天然記念物コクガンの春季一斉調査が4月8日から17日にかけて実施され、道東を中心に計2705羽が確認された。このうち野付湾と約16キロ離れた北方領土・国後島泊湾を合わせると2493羽に上り、根室海峡を挟む両湾が全体の9割を超えた。前年同季の調査でも93%を占めており、コクガンにとって両湾が海峡をつなぐ動脈になっていることが裏付けられた。【本間浩昭】

 調査は「道東コクガンネットワーク」の呼びかけで2014年から秋・冬・春に行われ、通算6回目の今回は国後島から東北、関東、山陰地方まで25地点を41人が双眼鏡などを使って数えた。国後島では、北方四島の生態系調査を手掛けるNPO法人「北の海の動物センター」(大泰司紀之会長)を介してロシアの国立クリリスキー自然保護区に共同調査を打診し、南端の泊湾2カ所で987羽を観測した。

 昨年の秋季調査では、過去最高の8602羽が確認されている。ネットワークで事務局を務める別海町立野付中校長の藤井薫さん(56)は「野付湾と泊湾は、コクガンにとっては同一地域と考えても良いような飛来状況だった」と話し、日露共同調査の重要性が高まったとしている。
http://mainichi.jp/articles/20160508/ddl/k01/040/113000c

ttp://archive.is/8WpJb
タグ:コクガン
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根)隠岐の島町に珍しいサギ飛来【朝日新聞デジタル2016年5月8日】

田んぼに舞い降りたアカガシラサギ=隠岐の島町卯敷、野津大さん提供

 隠岐の島町卯敷の水田に、頭部が赤褐色のサギが舞い降りている。住民たちは見慣れない野鳥の話題で盛り上がっている。

 「アカガシラサギ」で全長約45センチ。近くに住む環境省自然公園指導員の野津大さん(72)が2日に撮影した。農作業をしている人から「全く見たことのない鳥がいる」と知らされ、駆けつけた。餌を探している様子だったという。

 普段から目にするシラサギと並ぶと、遠くからでも分かるほど目立つという。野津さんによると、アカガシラサギはインドネシア、カンボジア、タイなどに分布する鳥で、ごくまれに日本に飛来するという。(井元茂)
http://www.asahi.com/articles/ASJ52670WJ52PTIB00T.html

ttp://archive.is/2ZaJn
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンの赤ちゃん成長中 高松・新屋島水族館で人気【産経ニュース2016年5月8日】

 高松市の新屋島水族館で、今春に生まれたフンボルトペンギンの赤ちゃんが元気に育ち、つぶらな瞳でよちよち歩く愛くるしい姿が来館者らの人気を集めている。

 同水族館では3月17日から4月7日にかけてひな4羽が孵化(ふか)し、現在、成長が早いひなで体長約30センチ、体重約1キロ。飼育員が親代わりになる「人工育雛(じんこういくすう)」で育てられており、魚の切り身やビタミンなどを与えられすくすく成長中。あと1カ月もすれば綿毛が抜け泳げるようになるという。

 9日からはひなとの記念撮影イベントが行われる予定で、飼育担当者は「グレーの羽毛に覆われたかわいいペンギンの赤ちゃんを見に来てほしい」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/160508/rgn1605080021-n1.html

ttp://archive.is/XDnSh

東よか干潟ガイドが発足 ラムサール登録1周年イベント【読売新聞2016年5月8日】

東島さん(右端)らボランティアガイドのメンバー
 昨年5月にラムサール条約に登録された「東よか干潟」(佐賀市東与賀町)の魅力を発信するボランティアガイドが7日、発足した。6月から、観光客の要望に応じて双眼鏡を使いながら案内するなど、本格的に活動する。

 この日、干潟よか公園で行われた登録1周年の記念イベントで発足式を開催。ガイドを代表して東島清司さん(72)が「『来て良かった』『もう一度来たい』と思ってもらえるよう、魅力を伝える」と述べた。

 来訪者の増加を受け、市が公募したガイドは市内の小学生〜70歳代の計26人。2月から、国内最大級のシチメンソウ群生地で、国内最多のシギ・チドリ類の飛来地とされる干潟の魅力や特徴を学び、現地研修も積んできた。

 記念イベントでは、干潟が「東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワーク」に加えられたことに伴い、秀島敏行市長に認定証が交付された。水鳥の保護などに取り組む同ネットワークへの参加は国内33か所目。

 ガイドの問い合わせは、市環境政策課(0952・40・7202)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/saga/news/20160507-OYTNT50040.html

佐賀)東よか干潟、ラムサール登録1周年イベント【朝日新聞デジタル2016年5月8日】
干潟を飛び回る渡り鳥=佐賀市東与賀町

 佐賀市の東よか干潟のラムサール条約登録1周年を記念するイベントが7日、同市東与賀町の市干潟よか公園周辺であり、記念の式典や野鳥の観察会などに多くの市民が集まった。

 秀島敏行市長は式典で、「干潟を利用しながら守り育てていく『ワイズユース』に取り組む。末永く力添えをお願いしたい」とあいさつ。渡り鳥の中継地になっている干潟がある地域などが環境保全に向けて情報交換する「東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワーク」への参加認定証の授与式もあった。

 海岸には、干潟に向けて望遠鏡やカメラを構える人の姿があった。日本野鳥の会県支部長の宮原明幸さん(62)は、「ここは野鳥の観察スポットとしても全国有数」と指摘し、「渡り鳥が通る地域で環境が壊れればダメージになる。地域全体で守っていかないといけない」と話した。

 干潟を訪れた人を案内するボランティアガイドの発足式にはガイド約30人が参加。干潟の近くで生まれ育った東島清司さん(72)は「東よか干潟の魅力をたくさんの人に伝え、また来ようと思ってもらえるようつとめたい」と語った。ガイドらは6月ごろから本格的に活動する予定だという。(浜田祥太郎)
http://www.asahi.com/articles/ASJ574FRZJ57TTHB002.html

東よか干潟 後世へ 「ラムサール条約湿地」登録1年 記念イベントで誓い新た 佐賀市 /佐賀【毎日新聞2016年5月8日】
干潟に飛来した水鳥を観察する参加者
 記念式典で佐賀市の秀島敏行市長は「東よか干潟を賢く利用しながら守り育てていくのが我々の使命だ」と語った。また市議会の福井章司議長は「昨年度は一昨年度の1・2倍、約34万人が来場した。干潟が後世に語り継がれることを願っている」とあいさつした。

 また、式典では、渡り鳥のルート全体で水鳥の保全活動を推進することを目的にした「東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワーク」への参加が今月5日、認められたことが報告された。参加証を手渡された秀島市長は「国際的に重要な干潟であることを誉れに思う」と語った。

 野鳥観察会には双眼鏡を手にした家族連れらが参加し、水鳥の生態を見つめていた。鹿島市の小学4年、江島千颯さん(9)は「白いのと茶色い鳥が見えた。白い鳥がかっこよかった」と笑顔で話した。【石井尚】

 昨年5月に東よか干潟がラムサール条約湿地に登録され、1年になるのを記念したイベントが7日、佐賀市東与賀町下古賀の干潟よか公園であった。シギ、チドリ類の飛来数が日本一を誇る干潟で野鳥観察会や地元の小学生による学習発表会もあり、登録1周年を祝った。【石井尚】
http://mainichi.jp/articles/20160508/ddl/k41/040/177000c

ラムサール登録1周年 干潟にぎやか保全に決意 東与賀町干潟よか公園 記念イベントに5500人【佐賀新聞LiVE2016年5月8日】
干潟の歴史や自然などについての研究成果を発表する東与賀小6年生=佐賀市東与賀町の干潟よか公園
華やかな衣装で元気良くダンスを披露する子どもたち=佐賀市東与賀町の干潟よか公園
華やかな衣装で元気良くダンスを披露する子どもたち=佐賀市東与賀町の干潟よか公園
 佐賀市東与賀町の干潟よか公園で7日、ラムサール条約湿地登録1周年を記念するイベントが開かれた。記念式典のほか、ダンスやミュージカルなどステージイベントが開かれ、家族連れら約5500人が祝賀ムードあふれる中、干潟の自然を満喫した。

 式典では秀島敏行佐賀市長が「干潟を守り育ててきた皆さんに改めて感謝するとともに、引き続き環境保全や交流学習を進めて利活用し、次世代に受け継いでいきたい」とあいさつ。5日に参加が決定した「東アジア・オーストラリア地域渡り性水鳥重要生息地ネットワーク」認定証授与も行われた。

 ステージには6月から同公園の案内を務めるボランティアガイド26人が登壇。東島清司さん(72)が「シギ・チドリ飛来数やシチメンソウ群生数日本一の干潟の魅力を来場者に伝え、リピーターを増やしたい」と抱負を述べた。このほか、東与賀小6年生による、干潟の自然についての研究発表や、よかっ子ソーラン踊りなどが披露された。

※佐賀新聞電子ビューアに複数写真(http://www1.saga-s.co.jp/viewer/plan.html
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/309340

ttp://archive.is/moixF
ttp://archive.is/j0frV
ttp://archive.is/j0frV
ttp://archive.is/B11fb
東よか干潟 ラムサール登録1年で催し【朝日新聞デジタル2016年5月6日】
posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇治川の鵜 新たな命…人工孵化【読売新聞2016年5月8日】

 宇治川の鵜う飼い(宇治市)の鵜から4月に生まれた卵のうち、最初の1個が7日、宇治市観光協会で今季初めて孵化ふかした。2014年6月に国内初の人工孵化で誕生した「うみうのウッティー」のきょうだいに当たり、3年連続4羽目の孵化成功となった。

 新しいひなは体長10.5センチ、体重40.4グラム。4月11日に生まれた卵で、6日午後4時30分頃、殻の内側をくちばしでつつく「はし打ち」が始まった。時折、ひびの隙間で微動したり、愛らしく鳴いたりしたがなかなかかえらず、鵜匠の沢木万理子さん(42)らが「早く出ておいで」と声援。約23時間後、ようやく姿を現した。

 注射器で与えられたアジのすり身を少し食べるなど、状態は良好。沢木さんは「未成熟なのかとやきもきしたが、生命の素晴らしさを改めて感じた。しっかり育てて、来年の夏には鵜飼いでデビューさせたい」と喜んでいた。

 今季は6個が有精卵と確認され、経過が順調なら、今月中旬にかけて孵化ラッシュを迎える。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20160507-OYTNT50252.html

「宇治川の鵜飼」の海鵜、3年連続で今年も2世誕生【産経ニュース2016年5月8日】
 宇治市観光協会は7日、「宇治川の鵜飼(うかい)」(宇治市)の海鵜(うみう)が4月に産んだ卵からヒナ1羽が孵化(ふか)したと発表した。2世誕生は一昨年の「うみうのウッティー」から3年連続となった。

 4月11日にウッティーの親のペアが最初に産んだ卵から孵化した。6日午後4時半ごろ、くちばしで殻を突く「はし打ち」が始まり、7日午後3時40分ごろに体長10.5センチ、重さ40.4グラムのヒナが誕生した。

 見守っていた鵜匠(うしょう)の沢木万理子さんは「時間がかかりましたが元気で安心しました。生まれることってすごく大変なこと。大事に育てたい」と話した。

 4月中に宇治川の鵜飼の鵜のペア2組が産卵した卵のうち、有精卵はあと5つあり、さらなるヒナ誕生も期待されている。
http://www.sankei.com/region/news/160508/rgn1605080016-n1.html

京都)宇治川のウミウ3年連続人工孵化【朝日新聞デジタル2016年5月8日】
【動画】「宇治川の鵜飼」のウミウの卵が3年連続で人工孵化=小山琢撮影
卵の殻を破って孵化した直後のウミウのひな=宇治市観光センター
 「宇治川の鵜飼(うかい)」(宇治市)のウミウの卵が7日、人工孵化(ふか)し、1羽のひな(体重40・4グラム)が誕生した。一昨年に国内初の人工孵化に成功して以来3年連続でひなが生まれ、これで4羽となった。ひなが卵の中から殻をつつく「はし打ち」の確認から孵化まで約23時間の「難産」だった。

 昨年と同じ2ペアが4月に計9個を産卵し、うち6個が有精卵だった。市観光センターの孵卵器(ふらんき)で育てられ、6日午後4時半、最初(4月11日)に見つかった、「ウッティー」の両親の卵の表面に小さな穴が開いているのが見つかった。

 同センターでこの卵を保育器に入れ、鵜匠(うしょう)や市観光協会の職員らが温度や湿度をこまめに調節しながら徹夜で見守った。卵の中からの鳴き声の回数が少なく、なかなか卵の穴も広がらない。やっと穴が広がり始めた7日午後には見慣れない物質が卵からはみ出し、孵化を危ぶむ声もあがった。

 しかし、はし打ちの確認から23時間8分後の7日午後3時38分、卵を割って赤黒い肌のひなが顔を出し、喜びの声が広がった。

 鵜匠の松坂善勝さんは「ちょっと心配しましたが、やれやれと思ってます」。澤木万理子さんは「ほんとにほっとしました。なんとちっちゃいかわいい命なんだろう」、江崎洋子さんは「いちばん今までではらはらしたが、生まれてきてくれてほんとに感謝しています」と話した。(小山琢)
http://www.asahi.com/articles/ASJ572T69J57PLZB001.html

宇治川の鵜 3年連続ひな 人工繁殖、極めて珍しく【毎日新聞2016年5月7日】
3年連続で生まれたウミウのひな=京都府宇治市で2016年5月7日、富永浩三撮影
 京都府宇治市の宇治川の鵜(う)飼いで飼育されているウミウのひなが7日、生まれた。ウミウの人工繁殖は極めて珍しく、3年連続で4羽目の快挙。市観光協会によると、一昨年に誕生した「ウッティー」の親鳥が産んだ。

 ひなは体長10.5センチ、重さ40グラム。ふ化を見守った鵜匠の澤木万理子さん(42)は「無事生まれ、ほっとした。1羽でも多く誕生してほしい」と笑顔を見せた。鵜飼いに詳しい卯田宗平・国立民族学博物館准教授は「ウミウの人工繁殖は世界でここぐらい。一昨年は偶然生まれたようなものだが、鵜匠らが試行錯誤しながらノウハウを精緻化し、3年連続のふ化につながった」と話した。【富永浩三】
http://mainichi.jp/articles/20160508/k00/00m/040/024000c

ttp://archive.is/kLWRm
ttp://archive.is/WVdo2
ttp://archive.is/vDLQh
ttp://archive.is/Sff5E
京都)ウミウの卵6個が有精卵 宇治川の鵜飼【朝日新聞デジタル2016年5月3日】
鵜飼のウミウ、3年連続産卵 京都・宇治川【京都新聞2016年4月12日】
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野木神社でフクロウ2羽巣立ち 父鳥亡き後、母鳥が育てる【下野新聞2016年5月8日】

 【野木】「フクロウ神社」として親しまれる野木の野木神社境内で7日朝、フクロウのひな2羽が巣立った。父鳥が今春死んだ後、母鳥が懸命に育てたひなの愛らしい姿を参拝客らが温かい目で見守っている。

 フクロウは町の鳥に指定され、約20年前から神社で見られるようになった。巣穴は境内にある高さ約45メートル、樹齢650年以上のケヤキの約30メートルの高さにある。

 ひながかえるころだった4月上旬、父鳥は神社近くの建物の窓ガラスに衝突してしまい死んだという。海老沼堯(えびぬまたかし)宮司(68)は「一般的にフクロウは父鳥が餌を捕り、母鳥がひなの面倒を見る。父鳥が死んでしまい、母鳥が一生懸命育てたのだろう」と振り返る。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160508/2318027

ttp://archive.is/KgNs5
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワアイサ親子お引っ越し 音更役場前の道路を渡り川へ【どうしんウェブ2016年5月8日】

母鳥を先頭に一列になって道路を横断するカワアイサの親子=7日午前10時45分
 【音更】カモの仲間の野鳥カワアイサの親鳥とひな6羽が7日、町役場前の池に現れた。母鳥がひなを背中に乗せて泳ぐかわいらしい様子が、野鳥愛好家らの目を楽しませた。

 このカワアイサの親子は午前8時すぎに、池に隣接する千畳敷公園の木の穴から移動してきた。2時間ほど池で泳ぎ回った後、午前10時30分すぎ、役場前の道路を横断して約1キロ離れた音更川本流に向かった。

 役場前の池には毎年この時期、カワアイサの親子が姿を見せる。長年観察している町内在住の自然写真家、矢部志朗さん(70)は「例年、池には1、2日間ほど滞在するが、今年はひなの餌となる水生昆虫がいないので早めに移動したのでしょう」と話していた。(貴戸敏勝通信員)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0267326.html

ttp://archive.is/eGd3V
タグ:カワアイサ
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウのひな誕生 釧路、特別天然記念物【どうしんウェブ2016年5月8日】

親鳥に見守られながら成長するタンチョウのひな(野勢英樹撮影)
 【釧路】釧路市丹頂鶴自然公園(釧路市鶴丘)で飼育されている国の特別天然記念物タンチョウのひなが1羽、誕生した。親鳥の羽にもぐり込んだり、周りを歩き回ったりしながら、元気に育っている。

 11歳の雄ドウサンと22歳の雌エムコの子ども。1カ月ほど前に抱卵し、ひなは5日に確認された。体長は現在15センチほどで、大きさから2日ごろふ化したとみられる。3カ月ほどで、親鳥と同じくらいの大きさに成長するという。

 親鳥はカラスが近寄ると威嚇して追い払うなど、懸命に子育て中。ひなは茶色のふわふわした羽毛に包まれており、訪れた観光客らが温かく見守っている。タンチョウを中心に鳥類を撮影している釧路市の男性(53)は「小さい羽を広げて駆けてくる姿がかわいい」と、シャッターを切った。

 同公園担当の釧路市動物園飼育員、高嶋賢治さん(45)は「一生懸命食べて、大きく成長してほしい」と話している。(小川郁子)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0267347.html

北海道)タンチョウのヒナ、よちよち歩き 釧路【朝日新聞デジタル2016年5月7日】
親について歩く生まれて間もないタンチョウのヒナ=釧路市丹頂鶴自然公園

 釧路市丹頂鶴自然公園では今春も、タンチョウのヒナ1羽が孵化(ふか)し、観光客らの前に姿を見せた。

 父親は9年前に野生から同園にすみついた11歳になるドウサン、母親は飼育下で生まれた22歳のエムコ。これが4回目の子育てになるベテラン夫婦だ。今春は2日が孵化の予定日で、ヒナは5日にケージ内のヨシ原にある巣から親の後について草地に出てくるようになった。

 まだヨチヨチ歩きで、草むらで転ぶこともある。訪れた人たちは、愛くるしいヒナの姿を思い思いに写真に収めていた。ヒナは3カ月ほどで親と同じくらいの体高になる。(奈良山雅俊)
http://www.asahi.com/articles/ASJ564QBPJ56IIPE00T.html

ttp://archive.is/fhGcD
ttp://archive.is/P1sgD
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別バードウオッチング入門講座―鳴き声じっくり【室蘭民報2016年5月8日】

 日本野鳥の会室蘭支部主催のバードウオッチング入門講座が5日、登別市富岸町の亀田記念公園で行われ、参加者たちが春を告げるキビタキの美しい姿などを楽しんだ。


 登別や伊達などから集まった約10人が参加。さえずりに耳を澄ませながらゆっくりと1時間をかけて公園内を回り、キツツキの仲間のコゲラや、鳴き声が美しい渡り鳥のイカルなどを観察した。

 終盤には、一行を歓迎するように、お目当ての一つのキビタキも登場。参加者たちは双眼鏡や望遠カメラを構え、喉元の鮮やかなオレンジ色の色彩などを目に焼き付けていた。

 伊達の仲山陽子さん(42)は動物好きが高じて夫婦で参加。「結構な種類を見ることができて満足ですが、ここまできたらオオルリも見たいと欲が出てきました」と笑顔を見せていた。

 観察終了後には、バードウオッチングの楽しみ方や、西胆振で季節ごとに見られる鳥類―などをテーマにした講座も開かれた。
(鞠子理人)

【写真=亀田記念公園で行われたバードウオッチング入門講座】

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2016/05/08/20160508m_05.html

ttp://archive.is/qbYOc
posted by BNJ at 00:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする