2016年05月23日

特定外来生物にご用心【Miyanichi e-press2016年5月23日】(ソウシチョウ)

 最初はウグイスかメジロかと思った。西米良村の山中。林道脇の削られた崖の上にひょっこり姿を現した小鳥は、よく見ると、くちばしが赤く、のどもとが鮮やかに黄色い。

 帰って野鳥の図鑑を見るがない。環境省の定める特定外来生物の中に見つけた。ソウシチョウだ。「相思鳥」と書くとロマンチックだが、「日本の侵略的外来種ワースト100」というおどろおどろしいリストにアライグマやカミツキガメなどとともに入っている。

 もともとは観賞用として中国から大量に輸入されたが、野に放つなどして野生化したらしい。美しい鳥ではあるが、在来のメジロなどの存在を脅かす存在だ。このように身の回りには、外国からいろいろな生物が侵入し、繁殖している。

 今県内で一番脅威な特定外来生物が中国原産のツマアカスズメバチだ。日南市の油津港周辺で1匹捕獲された。攻撃性が高く、もちろん人が刺されたらダメージが大きいが、何より心配なのはミツバチを食い荒らすこと。養蜂業が盛んな地域では被害が拡大する。

 2年前には長崎県の離島、対馬で定着していることが確認された。繁殖力が非常に強い。本土に侵入したら分布が急拡大する可能性が高いと指摘されていたが、昨年には北九州市でも見つかったばかり。待ったなしの駆除対策が必要だ。

 県内でイヌマキを食い荒らしていた害虫キオビエダシャクは姿を消した。冬の寒さが原因らしい。だがクモやトカゲなど南方系の有害種でも、建物の暖かい部分で巧みに越冬している。見つけても触らず、すぐに市町村に連絡をしてほしい。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kuroshio/_19329.html

ttp://archive.is/OBgAz

posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「コンコン…」コゲラが民家で子育て 神戸・垂水【神戸新聞NEXT2016年5月23日】

虫をくわえて巣に戻るコゲラ=神戸市垂水区つつじが丘
 神戸市垂水区つつじが丘、古庄徹さん(74)宅の庭にキツツキの仲間であるコゲラのつがいが現れた。ゲッケイジュに小さな穴を開け、交代で抱卵の最中だ。誕生後の巣立ちまで20日間程度とされており、かわいいひなが顔をみせるのを楽しみにしている。

 「コンコン…」。古庄さんが耳慣れない音を聞いたのは4月22日夜。庭を見ると、コゲラが地上3メートル付近をつついていた。つがいは交代で掘り、木くずがたまると、小さなくちばしでくわえて外に捨てる。3日ほどで直径4センチ程度の巣穴が出来上がった。
http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201605/0009113755.shtml

ttp://archive.is/NlK3e
タグ:コゲラ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川県と「県鳥」イヌワシ、何の関係が? 実はある人の猛プッシュ【Jタウンネット栃木県2016年5月23日】

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2016年5月10日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、「石川県の県鳥はなぜイヌワシ?」という疑問を解決していました。

イヌワシ(Toshihiro Gamoさん撮影、Flickrより)
イヌワシ (Golden Eagle)
周りの県を見ると富山、長野、岐阜がライチョウと、ライチョウが意外と多いんですが、石川県は全国でも唯一の猛禽類であるイヌワシです。

野鳥の会のルーツも金沢?

野生の鳥や動物を観察でき、全国でも珍しい場所である白山市の「ブナオ山観察舎」では、10日に1回ほどの割合でイヌワシを見ることができるそうです。体長が75〜95cmで羽を広げると2mを超えるイヌワシがブナオ山の上を飛ぶ姿はとても勇壮です。

イヌワシは岩山の断崖絶壁に巣を作り、人を絶対に近づけず巣を放棄するほど人を警戒します。白山では15羽のつがい、30〜40羽くらいしかいませんが、力強く鳥類の中では生態系の頂点に立ち、県の鳥にふさわしい凛々しさです。

ところで、なぜイヌワシが県鳥になったかというと、野鳥の会の石川支部の強い推しがあったそうです。実は野鳥の会の創立者は金沢出身、「野鳥」という言葉もこの人が作ったそうです。

他にもトキ、ライチョウ、石川県の「い」と「石」の別の読みである「せき」のついた「セキレイ」なども候補に挙がったそうなのですが、イヌワシの雄々しい姿と勇猛果敢な性格が県民の気質として勢いを広めるということで野鳥の会の推薦で選ばれました。

今では、石川のシンボルとしてすっかり馴染んでいますよね。(ライター:りえ160)
http://j-town.net/tochigi/news/localtv/226173.html
http://j-town.net/tochigi/news/localtv/226173.html?p=2

ttp://archive.is/oujae
ttp://archive.is/21CNE
タグ:イヌワシ
posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミネコ ひな8羽 2005年以降最低 ふ化の時期ずれ込む 出雲・経島 /島根【毎日新聞2016年5月23日】(既報2ソース)

経島で確認されたウミネコのひな(左)=島根県出雲市提供
 出雲市は20日、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている経島(ふみしま)(出雲市大社町日御碕)で、生態調査を実施した。確認したひなは8羽で、過去30年の平均(788羽)を大幅に下回った。2005年以降では最低だった。

 市文化財課の職員と、専門調査員の濱田義治さん(73)が経島に渡って調べた。今年4月の産卵数の調査でも339個で過去最も少なかった。

 濱田さんは「4、5月に朝冷え込み、ふ化する時期が2週間程度ずれ込んでいるのが原因とみられる。残っている卵があり、良い天気が続けば、まだふ化すると思う」とみている。市によると、経島には20日現在で495個の卵が残っている。

 調査は毎年ほぼ同時期に実施しており、記録が残る1974年以降のふ化状況で最も少なかったのは77年の0羽、次いで2004年の1羽だった。いずれも翌年のひなの数は回復している。【山田英之】
http://mainichi.jp/articles/20160523/ddl/k32/040/286000c

島根)経島のウミネコのヒナ、まだ8羽 10年ぶり1桁【朝日新聞デジタル2016年5月21日】
確認されたウミネコのヒナ=出雲市大社町日御碕、市提供

 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている経島(ふみしま、出雲市大社町日御碕)のヒナの数が、今年は8羽で、昨年の797羽を大きく下回った。10年ぶりの1桁で、孵化(ふか)の時期が遅れているという。

 市が20日に調べて発表した、市提供。毎年、この時期に孵化を調査。1桁は2006年の9羽以来。3、4月に気温が低かったり、風が強かったりしたためとみている。

 一方、卵は昨年より366個多い495個を確認。通常3、4個産むが、まだ1個しか卵がない巣が過半数で、「今後、孵化や新たな産卵が期待できる。今回のヒナの数はそれほど心配していない」と、市文化財課の担当者は話す。市は4月に産卵調査もしており、今年は1974年の調査以来、最も少ない399個だった。(今林弘)
http://www.asahi.com/articles/ASJ5N5GV3J5NPTIB00C.html

ウミネコ8羽孵化【読売新聞2016年5月21日】
 ◇経島 低温などで繁殖遅れ

 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている出雲市大社町日御碕の「経島ふみしま」で20日、同市文化財課が今季のひなの孵化ふか状況を調べた。今回は8羽(前年797羽)しか確認できず、2006年の9羽以来の1桁となった。同課は3月以降の低温や強風の影響で例年より半月程度、繁殖が遅れているためとみて、今後の増加に期待している。

今年は8羽しか確認されなかった経島のウミネコの幼鳥(左)と親鳥(出雲市大社町日御碕で)=出雲市提供

 1972年から毎年調査し、ここ30年間の平均は788羽だが、気候などによる変動が激しい。

 調査に同行した島根野生生物研究会の浜田義治さん(73)によると、ウミネコは一つの巣に2、3個を産卵し、約1か月で孵化するが、今回は半数以上の巣で卵が1個だったため、今後も産卵が続く可能性がある。

 浜田さんは「近年、島への飛来や繁殖など全体的に遅れる傾向が目立つので、調査時期の見直しが必要かもしれない」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20160520-OYTNT50085.html

ウミネコのひな10年で最少8羽 出雲・経島でふ化調査【山陰中央新報2016年5月21日】
 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている島根県出雲市大社町日御碕の経島(ふみしま)で20日、今シーズンのふ化状況調査があった。ひなは8羽にとどまり、過去10年で最少。専門家は、低温で産卵、ふ化が例年より2週間ずれ込んでいると分析した。卵は例年の4倍近くあり、産卵も続いているとして、最終的なふ化数は例年並みとみている。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=559140004

ttp://archive.is/fgBkI
ttp://archive.is/8No4n
ttp://archive.is/FRQmd
ttp://archive.is/BbUuw
posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アホウドリひな聟島で初の巣立ち 新繁殖地計画の小笠原【共同通信2016年5月23日】

 小笠原諸島・聟島を巣立つ直前のアホウドリのひな(中央)=13日(山階鳥類研究所提供)
 山階鳥類研究所(千葉県)などは23日、国の特別天然記念物アホウドリを絶滅から守るため、新たな繁殖地にしようと計画している小笠原諸島・聟島で、初めてのひなが巣立ったと発表した。

 同研究所によると、ひなは1月9日、巣にいるのを確認。5月14日午前には崖下数十メートルの海上で泳いでいるのが見つかり、巣立ったことが確認された。親は伊豆諸島・鳥島で生まれて聟島に移送された8歳の雄と、沖縄県・尖閣諸島生まれとみられる雌。

 また5月9日、聟島から約20キロ離れた嫁島でも、ひな1羽が初めて確認された。
http://this.kiji.is/107406726511248890?c=39546741839462401

ttp://archive.is/MRxTP
アホウドリ保護事業、3例目のひな確認 小笠原諸島【朝日新聞デジタル2016年5月23日】
アホウドリ 繁殖に初成功 小笠原諸島の聟島【毎日新聞2016年1月16日】
【千葉】アホウドリ復活の軌跡をたどる 我孫子・鳥の博物館で企画展【東京新聞2015年9月4日】
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懸命のおねだり 徳島市でツバメ子育て【徳島新聞2016年5月23日】

 子育てに励むツバメの姿が徳島県内で見られるようになった。

 徳島市国府町井戸の菓子店ハタダ国府店では、軒先に作られた巣からひな鳥のくちばしがいくつものぞき「ピーピー」と大きな声を上げておねだり。2羽の親鳥がせわしげに飛び交いながら餌を運んでいる。

 10年前から巣を見守ってきた店長の山上悦子さん(64)は「早く大きくなって羽ばたいてほしい」と、いとおしそうに見上げていた。

 23日午前の徳島県内は高気圧に覆われて気温が上昇。那賀町木頭出原で正午前に30・6度と最高気温が30度以上の真夏日となった。
【写真説明】大きく口を広げて親鳥に餌をねだるツバメのひな=徳島市国府町井戸
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/05/2016_14639806546971.html

ttp://archive.is/x7NWu
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大好きなウッティー描いたよ 京都・宇治で絵画コンクール【京都新聞2016年5月23日】(宇治川鵜飼/ウミウのウッティー)

ウッティーを題材に宇治市内の小学生が描いた作品(同市宇治・市観光センター)
 宇治川の鵜飼のウミウ「ウッティー」を京都府宇治市内の小学生が描いた絵画が同市宇治の市観光センターで展示されている。いずれも愛らしい姿で表現され、来場者を楽しませている。

 宇治川の鵜飼やウッティーを知ってもらおうと、宇治鳳凰ロータリークラブが初めて絵画コンクールを企画。会場には応募作品118点全てが並び、鵜匠の腕に乗ったり、平等院を眺めたりなどするウッティーが色鉛筆やクレヨン、絵の具で描かれている。

 家族で見に来た槙島小5年野口知夏さん(10)=同市槙島町=は「ウッティーが好きで応募した。また描いてみたい」と話していた。

 優秀賞には西小倉小6年山本隆萬君が選ばれ、入選者8人と28日に表彰される。入場無料。29日まで。午前9時〜午後5時まで(最終日は午後3時半まで)。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160523000056

ttp://archive.is/VgmVz
2羽目誕生ウミウひな、悲しみを糧に 京都・宇治川鵜飼【京都新聞2016年5月11日】
京都・宇治観光に過去最多 ウミウひな、アニメも後押し【京都新聞2016年4月26日】
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥カフェ、猫バーで癒やされて写真あり 新潟 愛好家交流の場にも【新潟日報モア2016年5月23日】

 動物と気軽に触れ合える県内の飲食店が多様化している。新潟市ではこの春に「鳥カフェ」がオープン。お酒を楽しめる「猫バー」も人気を集めている。...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160523256417.html

ttp://archive.is/nTczn
タグ:鳥カフェ

全国植樹祭 式典会場にハト出没「ふん」気がかり…長野【毎日新聞2016年5月23日】

エムウェーブ天井で休むハト。今月に入り姿を見せていないが、関係者は「また戻ってきたら…」と気をもむ
 6月5日に長野県で開かれる第67回全国植樹祭で、式典会場の屋内アリーナ「エムウェーブ」(長野市)にハトが出没し、関係者が気をもんでいる。機材搬入時に長時間開け放たれる扉から入ってしまい、大規模施設だけに天井が高く、いったん入ると追い出すのは難しい。式典は天皇、皇后両陛下が出席されるため、関係者は「トラブルでもあれば……」と表情を曇らせる。

 エムウェーブの指定管理会社によると、ほぼ毎年春、ハトが施設内で目撃されるという。今年は4月16日に確認され、翌17日の式典リハーサルでも5羽が飛び回ったり、高さ約40メートルの天井の支柱で羽を休めたりしていた。数日たてば餌を求めて出ていくが、戻ってくることもある。その後は確認されていないが、担当者は「植樹祭の準備や他のイベントで搬入口の扉を開けるので、再び入る可能性は大いにある」と話す。

 式典では両陛下が苗木などを植えるため、これまでほぼ屋外で開かれ、両陛下の席上は覆いが設けられていた。しかし、今回は屋内のため同様のものを設置する予定はない。

 県全国植樹祭推進室は、エムウェーブを選んだことについて「適地となる広い緑地がなかった」と説明。ハトが再び入った場合は「ふんが落ちるなどの恐れはあるが命を奪う形での駆除はできない。搬入口が開いている時、威嚇音を鳴らすなどして中に入れない対策を考えたい」としている。

 エムウェーブのアリーナ面積は約1万3700平方メートルで、1998年の長野五輪ではスピードスケートの会場となった。【巽賢司】
http://mainichi.jp/articles/20160523/k00/00e/040/125000c

ttp://archive.is/0U5HL
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝沢森林公園 キョッ、キョッ アカゲラ人気 /岩手【毎日新聞2016年5月23日】

 滝沢市砂込の県滝沢森林公園でアカゲラを観察しようと、愛好家らが訪れている。

 アカゲラは体長24センチほどのキツツキで、下腹が赤く黒い背に白いしま模様と翼の付け根近くに大きな白斑がある。「キョッ、キョッ」と鳴く。多くの鳥の前爪と後爪はそれぞれ2本だが、アカゲラは前爪3本、後爪1本という特性を生かし、地面と垂直の木の幹に止まることができ、木をつついて虫を捕まえる。

 同公園所長代理の小林光憲さん(64)は「アカゲラは公園のシンボルマークになっている。赤色の目立つ姿で木をつつく様子が、来訪者に親しまれている」と話していた。【小鍜冶孝志】
http://mainichi.jp/articles/20160523/ddl/k03/040/014000c

ttp://archive.is/4XfWU
タグ:アカゲラ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカ、猟犬でバードストライク防げ・・・関空【読売新聞2016年5月23日】(コアジサシ/既報1ソース/既報関連ソースあり)

オオタカの芳野とコアジサシ対策にあたる鷹匠の石川さん(関西空港で)
◇新戦力が奮闘中

 航空機に鳥が衝突する「バードストライク」を防ごうと、関西空港を管理する関西エアポートなどが、タカや猟犬を使って鳥を追い払う作戦を展開している。現在は、卵を産む場所を探して飛来する渡り鳥のコアジサシが空港に近づかないよう警戒中で、今月下旬の産卵期までが勝負という。(斎藤孔成)

 関空2期島の北側に広がる未利用地。府猟友会の鷹匠たかじょう、石川孝一さん(68)の腕に乗ったオオタカの芳野(雌、8歳)が鋭い目つきで辺りを見渡す。石川さんは止まり木との間を飛ばしたり、腕に止まらせて歩いたり。この日一緒に連れてきたハヤブサも威嚇するように周囲をうかがう。

 主な警戒区域は、渡り鳥の営巣に適した草地だ。猟犬もトレーナーに連れられ周辺を巡回する。上空を見上げると、コアジサシが様子を見るように何度も旋回を繰り返している。石川さんは「こうしているだけで、天敵のオオタカがすみ着いていると思わせる効果はあるのでは」と話す。

 コアジサシはカモメ科で、環境省レッドリストの絶滅危惧2類に位置づけられている。人工島の関空には天敵がいないうえ、周辺には餌のアジが豊富にあることから開港当初から多く見かけられている。一度営巣地を決め産卵してしまうと追い払っても効果がないため、「関空は子育てをするには危ない場所だ」とコアジサシに知らせる取り組みが必要という。

 航空機の離陸や着陸などの際にエンジンが鳥を吸い込み停止した場合には、大きな事故につながる恐れもあり、各空港ではバードストライク対策が課題となっている。

 関空でもこれまで空砲やロケット花火で鳥を威嚇する方法などがとられてきた。成田空港などの事例を参考に昨年、タカや猟犬を新戦力として投入。府猟友会の協力を得て、コアジサシの飛来する昨年4〜5月の45日間、集中的に追い払いを行った。

 その結果、関空の運用を担当する新関西国際空港会社によると、関空でのコアジサシの出現は前年に比べて9割減少。バードストライクの発生件数は、2014年度は43件だったが、15年度は24件に半減した。

 今年も4月11日から今月25日まで、タカや猟犬を使った対策を展開中で、関西エアポートは「鳥を傷つけることなく、環境に優しい方法で、今後も関空でのバードストライク対策を進めていきたい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160522-OYTNT50269.html

関空のバードストライク半減 活躍しているのは誰?【朝日新聞デジタル2016年5月8日】
タカ科のハリスホーク。「グエー、グエー」と独特の鳴き方をしていた=関西空港

 離着陸中の飛行機に鳥が衝突する「バードストライク」を防ごうと、関西空港の始めた作戦が効果を上げている。ハヤブサやタカを使って鳥を追い払う。昨年度はバードストライクが、前年度からほぼ半減した。

 約150ヘクタールの未供用地が広がる関空2期島を、猛禽(もうきん)類のハヤブサやハリスホークが舞う。周囲には杭につながれたオオタカも。鷹匠(たかじょう)の石川孝一さん(68)は「ハヤブサやタカの姿が見えるだけで他の鳥は警戒する」。地上では紀州犬やビーグルなど計約30匹がほえたてる。大阪府猟友会の田中茂雄事務局長(74)は「犬の臭いも嫌がるので、メンバーが犬を連れて歩き回っている」。

 主な「追放」対象はコアジサシ。カモメ科の渡り鳥で、この時期、卵を産む場所を探して飛来するという。小さな魚をえさにしていて、海に囲まれた関空は近年、格好の産卵場所になっていた。ただ、鳥獣保護法の規定で捕獲や卵の採取はできない。環境省のレッドリストでも絶滅危惧2類に指定されており、対策に頭を悩ませていた。

 そこで、「ここはあなたたちにとって快適な環境ではないですよ、と知らせる方法」(関西エアポートの担当者の石川浩司・関空オペレーションユニット長)を模索。成田や中部空港の取り組みも参考にした。昨春、府猟友会の協力を得てハヤブサや猟犬を使った対策を試みると、前年度に比べて滑走路や誘導路周辺のコアジサシが9割以上減少。バードストライク発生件数も2014年度の43件から15年度は24件になった。コアジサシに限ると、20件が2件まで減ったという。

 09年1月、離陸中の旅客機に鳥が衝突し、米ニューヨークのハドソン川に不時着水するなど、バードストライクは大事故につながる恐れもある。国土交通省によると、離着陸数の増加に伴い、日本の全空港での発生件数も14年は過去最多の1967件に上った。石川ユニット長は「より安全な空港になるよう取り組んでいきたい」。関空でのハヤブサや猟犬による追放作戦は、5月下旬まで続く。

 一方、日本野鳥の会大阪支部の橋本正弘・副支部長は「バードストライク対策も必要だろうが、コアジサシの繁殖地は減っている。どう保護していくかという視点も重要」と話す。(中川竜児)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4P61F7J4PPPTB00K.html

ttp://archive.is/OzoQa
ttp://archive.is/1jSfi
生き物 衝突防止へタカ舞い犬走る 関空、渡り鳥に「警告」【産経フォト2016年4月12日】
関空:バードストライク半減 決め手は鷹匠とタカ【毎日新聞2015年10月17日】
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする