2016年05月24日

アホウドリ 新繁殖地 ひな初の巣立ち【毎日新聞2016年5月24日】(他1ソース/既報1ソース/既報関連ソースあり)

 山階鳥類研究所(千葉県)などは23日、国の特別天然記念物アホウドリを絶滅から守るため、新たな繁殖地にしようと計画している小笠原諸島・聟(むこ)島で、初めてのひなが巣立ったと発表した。ひなは1月9日、巣にいるのを確認。5月14日午前には崖下数十メートルの海上で泳いでいるのが見つかり、巣立ったことが確認された。親は伊豆諸島・鳥島で生まれて聟島に移送された8歳の雄と、沖縄県・尖閣諸島生まれとみられる雌。

 また5月9日、聟島から約20キロ離れた嫁島でも、ひな1羽が初めて確認された。親鳥は不明だが、同研究所は「繁殖計画で人工飼育した個体か、引き寄せられた個体の可能性がある」としている。小笠原諸島では2014年にも聟島から約5キロ離れた媒(なこうど)島で、戦後初となるひなの誕生が確認された。
http://mainichi.jp/articles/20160524/ddp/012/040/020000c

新繁殖地で初めてのアホウドリのひな 無事に巣立つ【NHKニュース2016年5月23日】
絶滅が心配される国の特別天然記念物アホウドリを守るため、小笠原諸島の聟島に新たな繁殖地を作るプロジェクトで初めて誕生したひなが、無事巣立ったことが確認されました。
国の特別天然記念物、アホウドリの数少ない繁殖地となっている伊豆諸島の鳥島は、火山の噴火などで繁殖できなくなる可能性があり、環境省と山階鳥類研究所などが、8年前からおよそ350キロ離れた小笠原諸島の聟島に新たな繁殖地を作っています。
ことし1月には、ひなの誕生が確認されましたが、山階鳥類研究所などによりますと、今月14日このひなが無事巣立ったことが調査で確認されたということです。聟島で生まれたひなの巣立ちが確認されたのは初めてです。
また、今月9日に行われた東京都の調査で、聟島からおよそ20キロ離れた嫁島でもひなが見つかり、プロジェクトを始めてから新たな繁殖が確認されたのは、媒島、聟島に続き3か所目です。
ひなは巣立ったあと3年から5年ほどかけて成長して、生まれ育った場所に戻り、つがいの相手を見つけて繁殖します。
山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は「無事に巣立ってくれてほっとした気持ちだ。移住は順調に進んでいると思うが、次は無事に聟島に帰り、繁殖に成功することを期待している」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160523/k10010532171000.html

アホウドリ保護事業、3例目のひな確認 小笠原諸島【朝日新聞デジタル2016年5月23日】
 山階鳥類研究所は23日、国の特別天然記念物アホウドリの保護のために新たな繁殖地をつくる事業で、3例目となるひなを確認したと発表した。

移住のアホウドリ、初の子育てを確認 小笠原・聟島
 この事業は環境省や東京都が支援。伊豆諸島の鳥島から、小笠原諸島にアホウドリを移住させた。2014年に媒島(なこうどじま)で、今年1月には聟島(むこじま)で、それぞれひな1羽を発見。今月9日には、嫁島で別の1羽のひなを見つけたという。

 さらに、同研究所などは聟島のひなが巣立ったことも明らかにした。一昨年の媒島のひなはすでに巣立ったとみられているが、実際の巣立ちが確認されたのは初めて。順調なら約3年後に繁殖を始めるという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5R5DG6J5RULBJ00X.html

ttp://archive.is/UC6TX
ttp://archive.is/0JzcU
ttp://archive.is/msv42
アホウドリひな聟島で初の巣立ち 新繁殖地計画の小笠原【共同通信2016年5月23日】
アホウドリ 繁殖に初成功 小笠原諸島の聟島【毎日新聞2016年1月16日】
【千葉】アホウドリ復活の軌跡をたどる 我孫子・鳥の博物館で企画展【東京新聞2015年9月4日】

posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオミズナギドリ 生態調査 個体数は平年並み 舞鶴・冠島 /京都【毎日新聞2016年5月24日】(既報1ソース)

 舞鶴市沖の無人島・冠島で府鳥オオミズナギドリの生態を調査している冠島調査研究会は23日、今年度1回目の結果を発表した。標識用の足輪を付けて放した鳥も順調に戻ってきており、確認した個体数も平年並みという。

 環境省の委託を受けた調査活動で年2回実施。今回は研究会、市、府、国、西舞鶴高生など計43人が、海上自衛隊の水中処分母船で島に渡り、うち18人が20日から4日間島内で過ごした。

 10メートル四方の区画を25カ所設定し、朝飛び立ち夜に戻るオオミズナギドリを捕獲して個体数を調査。捕獲852羽のうち足輪をつけたことのない新規の鳥は235羽。617羽は1990年以降の標識をつけており「やや多め」という。また、島に戻る際旋回飛行する習慣を利用し、毎夕2時間、5分ごと1分間目視した結果、21日には1万72羽をカウントした。

 研究会の須川恒会長(69)は「大きな変化は見られなかったが、天敵のドブネズミも確認しており、個体数や巣穴の減少も含めより本格的な調査を実施するかどうか、判断する時期にきているのではないか」と語った。

【鈴木健太郎】

〔丹波・丹後版〕
http://mainichi.jp/articles/20160524/ddl/k26/040/566000c

オオミズナギドリ「生育状況は良好」 ◇冠島で定期調査【読売新聞2016年5月24日】
 舞鶴市沖の冠島かんむりじまで繁殖する府の鳥「オオミズナギドリ」について、研究者らでつくる「冠島調査研究会」は20〜23日、定期調査を実施した。20年以上前の足輪が付いた鳥も見つかり、須川恒会長(龍谷大非常勤講師)は「長生きしている鳥もいるなど、順調に育っている」と述べた。

 調査は毎年春と夏に行われている。今回は同会のメンバーら43人が島へ渡り、852羽を捕獲。うち617羽に、これまでの調査で標識として付けた足輪があったという。

 現在は営巣、交尾の時期で、8月の次回調査ではひなの体重をはかって繁殖状況などを確認する。

 冠島は周囲約4キロの無人島で、「オオミズナギドリの繁殖地」として島全体が国の天然記念物に指定されている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20160523-OYTNT50220.html

ttp://archive.is/F5nGr
ttp://archive.is/OmEAP
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琵琶湖畔のホテル庭園、カルガモのヒナ今年も誕生 滋賀【産経ニュース2016年5月24日】(既報関連ソース多数)

 大津市萱野浦の琵琶湖畔にある「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」の庭園で、今年もカルガモのヒナが誕生した。同ホテルによると、今年は初めてカルガモがホテルでふ化してから10年。カルガモの子育ての様子はすっかりこの時期の風物詩となり、宿泊客らの目を楽しませている。

 今月21日に、施設内の庭園「イングリッシュガーデン」で、1組のつがいから11羽が誕生。加えて現在4組のつがいが「ハーブガーデン」や「モネズガーデン」で産卵・抱卵中で、誕生するヒナが過去最多となる可能性もあるという。

 宿泊客らは、親ガモの後ろをくっついて歩き回るヒナの姿に足を止め「かわいい」と歓声を上げたり、写真を撮ったりしていた。

 ホテル内の和食レストランに勤務する下村恵子さん(44)は「今年も無事成長して、湖に帰ることができればいいと思います」などと話していた。
http://www.sankei.com/region/news/160524/rgn1605240057-n1.html

カルガモ親子、今年もお泊まり 大津のホテル【読売新聞2016年5月24日】
仲良く水浴びをするカルガモの親子(大津市で)
 大津市萱野浦の「ロイヤルオークホテル スパ&ガーデンズ」の中庭でカルガモのヒナ11羽が生まれ、「ピーピー」と鳴きながら親鳥の後ろを歩く愛らしい姿が、見る人を和ませている。

 ホテルには2007年から毎年、野生のカルガモが産卵や子育てのためにやって来る。今年は21日にイングリッシュガーデンで親子仲良く歩く姿を従業員が発見。噴水の周りで水浴びをしたり、木陰でうたた寝をしたりして過ごしている。

 今後もベビーラッシュは続く見通しで、7月には琵琶湖に向けて飛び立っていく。宿泊客以外も見学が可能で、問い合わせは同ホテル(077・543・0111)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20160523-OYTNT50114.html

カルガモ 親子でヒョコヒョコ 11羽誕生 大津【毎日新聞2016年5月22日】
親鳥に寄り添って歩くカルガモのひな=大津市萱野浦のロイヤルオークホテルで、森野俊撮影
 今年もカルガモ親子がやってきた−−。大津市、ロイヤルオークホテルの中庭で21日、カルガモのひな11羽の誕生が確認された。「ピヨピヨ」と声を上げながら親鳥の後をついて歩く姿が愛らしい。

 ホテルには2007年から毎年、カルガモが産卵と子育てのためにやってくる。今年は昨年より6日早い同日午前、従業員が中庭の木陰を仲良く歩く親子に気付いた。他に3組のつがいが卵を温めているという。

 家族と宿泊中の東京都世田谷区の小学4年、住吉絢瑚(けんご)さん(9)は「子育てをしているカルガモは初めて見た。可愛くて100枚以上も写真を撮った」と話した。

 宿泊客でなくても見学が可能。【森野俊】
http://mainichi.jp/articles/20160522/k00/00e/040/157000c

ttp://archive.is/r5hdn
ttp://archive.is/ltG8A
ttp://archive.is/2QgJJ
可愛すぎて悶絶しそう・・・今年もカルガモのヒナ誕生 琵琶湖岸のホテルで大人気【産経WEST2015年6月5日】
カルガモ親子優雅に滞在【YOMIURI ONLINE2015年5月30日】
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥親子バラ池すいすい【読売新聞2016年5月24日】(コブハクチョウ)

 福岡県太宰府市の日本経済大福岡キャンパスで、コブハクチョウのヒナ5羽が誕生し、愛らしい姿が人気を呼んでいる=写真、貞末ヒトミ撮影=。

 同大によると、ヒナは体重約1キロ、体長約30センチ。英国式の庭園内で4月末に孵化ふかした。園内の150種以上、約10万本のバラも見頃を迎え、1日1000人以上が訪れるという。

 庭園は一般開放(年中無休)されており、6月中旬までの開園時間は午前9時〜午後6時。問い合わせは同キャンパス(092・922・5131)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160524-OYS1T50043.html

ttp://archive.is/AIaT6
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優雅に泳ぐ野鳥など披露 27日まで豊橋信金幸支店でロビー展【東日新聞2016年5月24日】

写真展の様子(豊橋信用金庫幸支店提供)
 豊橋市西幸町の豊橋信用金庫幸支店(佐々木敦基支店長)ロビーで「野鳥写真展」が開かれている。27日まで。 作品は、豊橋市江島町の村松利朗さんによるもの。中学時代から写真が趣味という村松さんは、これまでに2万点以上撮影してきたという。 本展で...
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=52962

ttp://archive.is/NG5nv
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐賀)県立宇宙科学館で「県の石」特別展示【朝日新聞デジタル2016年5月24日】(ペンギンモドキの足の化石)

展示を紹介する学芸員の中谷大輔さん=県立宇宙科学館

 今月発表された「県の石」の特別展示コーナーが、県立宇宙科学館(武雄市武雄町)に設けられている。

 「県の石」は、日本地質学会(東京)が大地の性質や成り立ちに関心を持ってもらおうと、全都道府県ゆかりの岩石、鉱物、化石をそれぞれ選定し、今月10日に発表した。佐賀からは「陶石」(岩石)、「緑柱石」(鉱物)、「唐津炭田の古第三紀化石群」が選ばれた。

 「県の石」決定を受け、同館には市民から、「地元の石が選ばれてうれしい」などと連絡があったという。そこで、学芸員の中谷大輔さん(32)が中心となり、同館のエントランス部分に特別展示コーナーを設置。もともとそれらの石を取り上げていた常設展示にも、新たに説明書きや「県の石」を示すシールを添えた。

 「学術的には有名だが、一般にはあまり知られていない石ばかり」と中谷さん。陶石は有田町泉山産のもので、有田焼の原料だ。佐賀の緑柱石は国内の他地域に比べて青みが濃く、鉱物ファンの間で人気だという。日本の近代化を支えた唐津炭田の石炭や、海鳥の仲間の「ペンギンモドキ」の足の化石なども展示されている。

 なじみない「県の石」に、興味津々の来館者も。武雄市に実家があるという東京都府中市の中原基喜さん(61)は「すばらしい企画。佐賀にこういう石があることをたくさんの人に知らせないかんね」。

 中谷さんは「佐賀の文化、歴史に関わってきた石。石を通して地元に愛着を感じていただければ」と話す。特別展示は7月3日まで(月曜休館)。特別展示コーナーは無料だが、常設展示は有料(大人510円など)。問い合わせは同館(0954・20・1666)まで。(黒田健朗)
http://www.asahi.com/articles/ASJ5G6QVBJ5GTTHB00N.html

ttp://archive.is/TIrrV
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする