2016年06月04日

【動画】ツバメがパトロール 防犯カメラに巣 瀬谷駅北口【神奈川新聞2016年6月4日】

防犯カメラの上で「ピーピー」と鳴き声を響かせるツバメの親子=横浜市瀬谷区
 動きに合わせてかわいい鳴き声−。相鉄線瀬谷駅(横浜市瀬谷区)の北口交通広場で、可動式防犯カメラの上にツバメが巣を作り、ひな鳥たちの愛くるしいしぐさが行き交う人たちを癒やしている。

 4羽のひなは、常時左右に動くカメラの上で押しくらまんじゅう。親ツバメがえさを運ぶと、口を大きく開けて鳴いたり羽を広げたりしながら盛んにねだっていた。

 大和市の会社員山下幸一さん(65)は「カメラとともに、歩行者を見守ってくれているよう。立派に巣立ってほしい」と目を細めていた。
http://www.kanaloco.jp/article/177075/

http://archive.is/r4ieU

タグ:ツバメ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルガモ ひな12羽よちよち 行橋の田んぼで珍光景 /福岡【毎日新聞2016年6月4日】

 行橋市行事6の市立行橋北小そばの田んぼで、12羽ものひなを連れた珍しいカルガモの群れが見られた。

 カルガモは主に本州以南におり、季節による移動をしない留鳥(りゅうちょう)と呼ばれる。5月前後の産卵期に水辺の草地に作った巣に10個程度の卵を産むが、ヘビやワシなどに食べられることもある。

 日本野鳥の会筑豊支部の広塚忠夫事務局長(70)は「親子のようだが、よく見かけるひなは5、6羽程度。12羽も子がそろっているのは非常に珍しい」と話している。【荒木俊雄】

〔京築版〕
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k40/040/521000c

http://archive.is/OLPsV
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 22:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミサゴ 子育て撮影 渡船業の虎沢さん「深い愛情感じた」 南あわじ・沼島岩場 /兵庫【毎日新聞2016年6月4日】

海岸べりの岩場の上の巣から顔を出したミサゴの幼鳥3羽と飛び立つ親鳥=兵庫県南あわじ市沼島で、虎澤賢信さん撮影
 紀伊水道に浮かぶ南あわじ市の離島「沼島」の海岸べりの岩場の上で、猛きん類のミサゴの夫婦が巣を作り、子育てをしているところを、同市沼島の渡船業、虎沢賢信さん(75)がカメラに収めた。【登口修】

 ミサゴはタカ科で体長は約60センチ。県版レッドデータブックでは絶滅危惧種のAランクに指定されている。海岸べりや湖沼などの岩場や高い木の上に巣作りする。虎沢さんは、沼島の周囲の海岸べりの岩場など4カ所でミサゴが巣を作っているのを確認している。

 虎沢さんは5月21日午後5時〜同6時半にかけて、沼島漁港から近い通称「黒崎」と呼ばれる海岸付近の船上で待ち構えた。巣は海面から約10メートル上の岩場の平たい場所にある。その巣から顔をのぞかせた幼鳥3羽と、一緒にいた親鳥1羽の姿を400ミリ望遠レンズ付きカメラで撮影した。


ミサゴが巣を作っている黒崎の海岸べりの岩場(右上の丸囲みの部分)=兵庫県南あわじ市沼島で、虎澤賢信さん撮影
 虎沢さんによると、幼鳥は体がグレーのまだら模様で顔から腹部にかけて白っぽい。夫婦のどちらかが高い木の上から監視しており、トンビやカラスなどの外敵が巣に近づくと威嚇して追い払っている。また、船が近づくと親鳥が警戒して巣に戻って来ないという。

 虎沢さんは「親鳥は海で捕らえた魚を巣で待っている子どもに与えたり、外敵から子どもを守ろうと必死になって子育をしており、深い愛情がうかがえる」と話している。

〔淡路版〕
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k28/040/512000c

http://archive.is/nVAL9
posted by BNJ at 22:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ環境保全 イオンが寄付 県に400万円 /新潟【毎日新聞2016年6月4日】

 大手スーパーチェーンのイオンは3日、同社と県との地産地消や環境保護などに関する連携協定に基づき、発行している電子マネーカードの利用金額の一部約400万円を県に寄付した。トキの保護や環境保全などに充てられる。

 寄付金は、電子マネーカード「にいがた朱鷺(とき)の森WAON」の2015年3月〜今年2月の利用金額の0・1%分。協定締結翌年の12年以降毎年寄付しており、今回で寄付総額は1300万円を超えた。

 イオンリテールによると、現在のカード発行枚数は約9万枚。同社の傘下に入った地元スーパーでも対象の電子マネーが使用可能となったため、今後の寄付は約100万円増えると予想している。

 同日、県庁で北窓隆子副知事に目録を手渡した同社の浜田和成専務は、「純野生」ひな2羽が42年ぶりに巣立ったことに触れ「役に立てていると実感した。取り組みを強化したい」と述べた。【米江貴史】
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k15/040/020000c

http://archive.is/HUpf3
タグ:トキ
posted by BNJ at 22:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 自然ふ化のひな巣立ち いしかわ動物園 /石川【毎日新聞2016年6月4日】

 県は3日、いしかわ動物園(能美市)で、4月に自然ふ化で生まれたトキのひな1羽が巣立ったと発表した。同園での巣立ちの観察は7年連続で、自然ふ化では10羽目。1、2年後に、佐渡トキ保護センター(新潟県)に移すという。

 県によると、飼育員が3日午前5時半ごろ、止まり木にある巣からひなが出ているのを確認。木の上で羽ばたく練習をしたり、約2メートル下の地上に降りて歩いたりした。

 ひなは保護センターから移送された5歳雄と9歳雌のつがいが産んだ。同園では他にも4羽のひなが順調に育っており、6月下旬にかけて巣立つ見通し。
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k17/040/285000c

http://archive.is/wBno9

抗生薬 基準超す 3100羽分鶏肉、軽米の業者に回収命令 /岩手【毎日新聞2016年6月4日】(他1ソース)

 県は3日、軽米町の鶏肉処理加工業者「フレッシュチキン軽米」(穴吹仁士社長)が処理した鶏肉から食品衛生法の基準を超える抗生物質を検出し、約3100羽分の回収を命令したと発表した。県によると、同日までに健康被害は確認されていないという。

 県は先月30日、定期の立ち入り検査で同社工場の処理済みの鶏肉を調べた。その結果、動物の抗菌薬として使用される抗生物質「テトラサイクリン類」を国の基準(0・2ppm)の約2倍となる0・41ppm検出した。

 県が回収を命じたのは、まとめて処理された約3100羽全てで、販売量や流通先は現在調査中という。県の担当者は「大量に摂取しても健康被害の心配はない」と説明する。穴吹社長は「複数の養鶏場から買い取っており、まだ原因が分からない。これから調べ、再発防止に努めたい」と話した。【村山豪】
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k03/040/199000c

鶏肉から基準超抗生物質【河北新報オンラインニュース2016年6月4日】
 岩手県は3日、岩手県軽米町の鶏肉処理業者「フレッシュチキン軽米」が加工した県産鶏肉から食品衛生法の基準を超える抗生物質が検出されたとして、鶏肉3101羽分の自主回収を命じた。県は「食べても健康に影響はない」としている。県によると、5月30日に同社に立ち入り検査した際、鶏肉1検体から動物用医薬品として使われる抗生物質「テトラサイクリン類」が0.41ppm(国の基準値0.2ppm)検出された。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160604_33058.html

http://archive.is/wkpNT
http://archive.is/bBFnE
posted by BNJ at 22:18 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「野鳥の魅力」展 日高在住のアマ写真家・横手隆さん(68)、20年の節目に企画 飯能 /埼玉【毎日新聞2016年6月4日】

 県美術家協会員で主に野鳥を撮影しているアマチュア写真家の横手隆さん(68)=日高市在住=が、10日から14日まで飯能市の市民活動センター(丸広百貨店飯能店7階ギャラリー)で写真展「野鳥の魅力」を開く。

 横手さんは会社員だった20年前、自宅近くの巾着田を流れる高麗川でヤマセミを見かけて野鳥の魅力を知った。カメラ片手にバードウオッチングをしながら日高市の市鳥でもあるカワセミやコミミズク、キクイタダキ、ミヤマホオジロなど150種以上の野鳥を撮影し続けてきたという。

 20年の節目となった今年は、3月に撮りためた作品の中からえりすぐって写真集(88ページ、税抜き2800円)を自費出版し、今回の写真展も企画した。日高市の横手渓谷で早朝に見かけたコミミズクの目の色が太陽の光を受けて変わるまで、6時間も待ち続けて撮影した写真などコンテスト入選作も数多い。

 趣味探しに悩む定年退職者も多いといわれるが、横手さんは「趣味は長い時間をかけて思い入れを深くした方が後年、楽しくなる。私は48歳から写真を始めましたが、趣味は定年前から見つけることをお勧めします」と話している。【海老名富夫】
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k11/040/090000c

http://archive.is/fcCKO
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北新幹線 緊急停止、30分後再開 鳥と衝突か【毎日新聞2016年6月4日】

 4日午後5時35分ごろ、東京発盛岡行きの東北新幹線「はやて113号」(10両)が栃木県内の小山−宇都宮駅間を走行中、運転士が異音に気づいて緊急停止した。先頭車両に鳥の羽根が付いており、鳥と衝突して巻き込んだ可能性がある。乗客約500人にけがはなかった。

 JR東日本によると、運転士が安全を確認して約30分後に運転を再開した。上下線計19本が最大40分遅れ、約9000人に影響が出た。【山田麻未】
http://mainichi.jp/articles/20160605/k00/00m/040/019000c

http://archive.is/zuai4
posted by BNJ at 22:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“奇跡のニワトリ”意外な人気 「生き餌」のはずが3度も生き延び…「会えたら幸せになれる」【産経WEST2016年6月4日】(天王寺動物園/既報関連ソースあり)

子供たちに人気のニワトリ「まさひろ君」=大阪市天王寺区、天王寺動物園(彦野公太朗撮影)
 大阪市天王寺区の天王寺動物園に、数奇な運命をたどった「奇跡の動物」がいる。ニワトリの「まさひろ君」。もともと園内の肉食動物に食べられる運命から生き延びた強運の持ち主で、まさひろ君目当てに“出待ち”の来園者が現れるほどの人気ぶり。「会えたら幸せになれる」と話題を呼んでいる。(吉国在)

 まさひろ君は11カ月のオス。現在、鳥類を飼育する「鳥の楽園」で飼われている。夕方ごろ、園内を散歩するのが日課。飼育員の背中を追ってチョコチョコと歩き回る愛らしい姿に、来園した子供たちが競って抱っこするなど、来園者の人気者になっている。

 しかし、もともとはタヌキやアライグマに餌として与えられるヒヨコとして、昨年7月に業者から入荷された「生き餌」だった。

 たまたま同じ時期に人工孵化(ふか)したマガモのひながいたのが「幸運」の始まりだったという。

 飼育員の河合芳寛さん(40)によると、子ガモは1羽だと人を怖がって餌を食べようとしないが、ヒヨコを一緒にすると、まねをして餌を食べるようになる。ヒヨコだったまさひろ君は子ガモの「先生役」になり、動物たちの餌となる難を逃れた。

 最大の危機が訪れたのは昨年9月ごろ。鳥の楽園に出没するイタチを捕獲するため、3日間、「ネズミ捕り」の「おとり餌」になったことがあった。しかし、その間、イタチが現れることはなく、九死に一生を得ることになった。

 通常、若鶏へと成長する過程で大型の肉食獣に餌として与えられるが、「偶然、申し出がなかった」。この強運ぶりが話題となり、10月下旬、飼育員2人の名前から1字ずつ取ってまさひろ君と名付け、餌にすることをやめた。

 河合さんは「生き餌だったヒヨコを飼い始めるのは初めての経験。一般的に雄鳥は気性が荒く、人にあまりなつかないのだが、抱っこされてもおとなしくしているニワトリは珍しい」と目を細める。

 携帯電話のカメラでまさひろ君を撮影していた大阪市中央区のアルバイトの女性(47)は「会えると幸せになれるという噂を聞いていた。今日はラッキー」とほほえんだ。

 家族で動物園を訪れ、まさひろ君を抱っこした京都府木津川市の永冨優奈ちゃん(3)は「フワフワしていて、かわいかった」と笑顔をみせた。

 牧慎一郎園長は、人気の理由について「最近はニワトリを飼う学校が少なくなりつつあり、動物と直に触れ合える体験が珍しがられているのかもしれない。ありふれた動物でも人気者になれるというのは新たな発見だった」と話した。
http://www.sankei.com/west/news/160604/wst1606040034-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160604/wst1606040034-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160604/wst1606040034-n3.html

http://archive.is/ytgLt
http://archive.is/O9QWz
http://archive.is/ri7uf
天王寺動物園のニワトリ「マサヒロ君」 思わぬ人気者に【あべの経済新聞2016年1月29日】

噴火から2年半、西之島で海鳥営巣…抱卵の姿も【読売新聞2016年6月4日】(既報関連ソースまとめあり)

西之島で営巣をするカツオドリ(5月31日、東京都小笠原村・西之島沖で)=加藤学撮影
カツオドリの群れ

 2013年11月に噴火が確認されてから2年半がたった小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)で、海鳥のカツオドリが営巣・抱卵していることが分かった。

 5月下旬に周辺を航行した貨客船「おがさわら丸」に本紙記者が乗り、1キロ以上離れた島を超望遠レンズで撮影。鳥が卵を温めている様子が写っているのを、専門家が確認した。

 西之島は、噴火で新たに増えた部分だけでなく、元の島(22ヘクタール)も大部分が溶岩に覆われた。溶岩流が達しなかった約1ヘクタールの陸地に植物や海鳥が残り、再び繁殖して生態系が回復するのか注目されていた。

 写真を見た森林総合研究所(茨城県つくば市)の川上和人・主任研究員は「狭い場所に密集して営巣している。(今回の噴火で)新たにできた土地を海鳥がどう活用しているか、上陸して調査したい」と語る。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160604-OYT1T50079.html

http://archive.is/SU3As
西之島、海鳥の生息を確認 噴火みられず、わずかに噴煙【朝日新聞デジタル2016年2月15日】
溶岩の島、海鳥たくましく生息…西之島噴火2年【YOMIURI ONLINE2015年11月18日】
溶岩で覆われた西之島、花咲き鳥歌う島になるか【AFPBB News2015年5月20日】
くらしナビ・環境:西之島噴火、海鳥どうなる 国内有数の繁殖地 溶岩で覆われ【毎日新聞2015年3月20日】
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明窓 : 夏は来ぬ【山陰中央新報2016年6月4日】

 ホトトギスは「時つ鳥」と呼ばれる。初夏の到来を告げ、田植えの時期を教える渡り鳥だ。唱歌の「夏は来ぬ」の歌詞で、「忍び音」はホトトギスの初音のこと。田植えの時期は過ぎたが、茜襷(あかねだすき)の早乙女が広がる水田、忍び音をもらすホトトギス。情緒漂う初夏の風物詩だ▼ホトトギスの漢字表記は不如帰、杜鵑、時鳥、子規などさまざま。俳人の正岡子規は、病床で喀血(かっけつ)した自らに「鳴いて血を吐く」と言われるホトトギスを重ねて、俳号を「子規」とした。子規はホトトギスの声を聴き「床の間の牡丹(ぼたん)の闇や時鳥」と詠んだ▼梅雨入りが近い。中国地方の平年の入梅は、6月7日ごろ。沖縄・奄美地方の梅雨入りから3週間近くが過ぎており、いよいよ九州、四国へと梅雨前線が北上する。一年で最も陰鬱(いんうつ)な季節の到来だ▼梅雨明けは平年7月20日ごろ。心配なのが梅雨末期の集中豪雨だ。近年では、2013年7月末に島根・山口県境で発生。梅雨に限らず夏は豪雨災害に見舞われやすい時期であり、この年の8月末には江津市や邑智郡が被災した。一昨年8月末の広島市の集中豪雨でも土砂崩れなどによる犠牲者が40人を超えた▼「夏は来ぬ」の歌詞で、ホトトギスが忍び音をもらす場所は、5〜7月が花期の卯(う)の花(ウツギ)の匂う垣根。一説で、旧暦4月を卯月というのは卯の花が咲く季節だからと言う▼古来、ホトトギスは初音を待つ鳥の代表。一方で雨期が近いことも知らせる。今年の梅雨はどうか。田畑に潤いを与える慈雨を願う。(野)
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=559414034

http://archive.is/EVfzs
タグ:ホトトギス
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜 スズメバチの巣を“改築” 多治見の民家にスズメすみ着く【中日新聞2016年6月4日】

スズメバチの巣にすみ着いたスズメ=多治見市東栄町で

 多治見市東栄町の民家の軒下で、スズメバチの巣をスズメが“リフォーム”してすみ着き、近所で話題になっている。

 スズメバチの巣は、直径約四十センチ。昨年五から六月にかけて二階の高さ約四メートルの軒下にできた。冬にスズメバチはいなくなり、民家に住んでいる女性が巣をそのままにしていたところ、今年四月ごろから、スズメがすみ着いていることに気づいた。

 スズメは、巣の横の部分に出入り口用の穴を開け、中にワラを入れるなどして“改築”したようだ。現在、何羽かが出入りしているが、卵やヒナがいるのかなど中の様子は不明。巣をめぐってほかのスズメと争うようなこともあったという。

 女性は「からになったはずのハチの巣から物音がしてるな、と不思議だったけれど、スズメがすんでいるとは思わなかった」と話す。

 多治見野鳥調査会の代表、富田増男さん(68)は「ハチの巣が頑丈で、スズメの重さにも耐えられるので、快適な住まいとして選んだのでは」と推測している。

(篠塚辰徳)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20160604/CK2016060402000021.html
タグ:スズメ
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅危惧2種ツバメチドリを目撃 福井県小浜、地元愛鳥家が撮影【福井新聞ONLINE2016年6月4日】

福井県小浜市府中で目撃されたツバメチドリ(赤間善男さん撮影)

 環境省の絶滅危惧2種に指定されているツバメチドリ1羽が、福井県小浜市府中の北川近くを飛んでいるのを、日本野鳥の会県嶺南ブロックのメンバー赤間善男さん(71)=同市=がこのほど目撃し、写真に収めた。

 同省のレッドデータブックでは、全長が23〜24センチでツバメのように速く飛ぶのが特徴。赤間さんが確認を依頼し、ツバメチドリと断定した県自然保護センターによると、荒れ地などの環境を好むが、全国的にそうした土地が減少傾向にあり、国内での生息は数少ないという。

 目撃は5月13日午後3時ごろ。北川沿いの自転車専用道路にいた赤間さんが見つけ、日ごろ持ち歩いている一眼レフカメラで連写した。「翼を速く動かしながら20分くらい旋回していた。愛好家仲間は『珍しいものが撮れたな』と言ってくれた。ラッキーだった」と話していた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/96897.html

http://archive.is/R4pjA
posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三沢駅通路でツバメが子育て【デーリー東北2016年6月4日】

三沢駅西口の階段脇の壁で営巣しているツバメの親子

 三沢市の青い森鉄道三沢駅西口から構内に続く階段の壁で5月末ごろから、ツバメが巣の中で子育てに励む姿が見られるようになった。通勤通学の利用者にはおなじみの光景で、観光客らも初夏ならではの風情に目を細めている。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20160604/201606040P139922.html

http://archive.is/BGycQ
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードカービング 鳥で風や光感じて あきる野の水上さん、あすから瑞穂で作品展 /東京【毎日新聞2016年6月4日】

 バードカービングの第一人者で、あきる野市在住の水上清一さん(59)の作品展が5日から、瑞穂町の社会教育施設「耕心館」で開かれる。全日本バードカービングコンクールで昨年、大賞と文部科学大臣賞、山階鳥類研究所所長賞の三つを同時に受賞したフクロウの一種「オオコノハズク」を彫り込んだ「Moon flight」など約20点が展示される。水上さんは「単なる精密なコピーではなく、鳥を通じて風や光などを感じてもらえれば」と話している。14日まで。

 バードカービングは、インドネシアのジェルトンなどの木を彫り込み、色づけして本物そっくりに制作された野鳥の彫刻。「Moon flight」は1年以上かけた高さ約120センチもある大作。鳥のほかは、あえて枝や葉などを作り込まず、真ちゅうのパイプで抽象的な月を配した斬新なデザインだ。「月夜に音もなくふわりと飛ぶオオコノハズクの姿を彫り上げた」(水上さん)という。

 博物館などでは、自然保護の一環で学術的な資料として、剥製にかわってバードカービングを展示している。愛好家の趣味などとして制作者の裾野は広がっており、芸術性も求められているという。水上さんは「一般の美術公募展などに出品していきたい」と話しており、バードカービングの枠を超えた作品作りを目指している。

 入場無料。水上さんの門下生、中澤健さんの作品も紹介する。期間中、初心者向けの体験教室(参加料1200円)を開く。問い合わせは同館(042・568・1505)。【熊谷泰】

〔都内版〕
http://mainichi.jp/articles/20160604/ddl/k13/040/239000c

http://archive.is/NP5Dv
【東京】全日本バードカービングコン 芸術性追求 トリプル受賞 あきる野の水上さん【東京新聞2015年11月7日】
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察署にカルガモ親子、かわいく行進 署員の癒やしに【朝日新聞デジタル2016年6月4日】

南大沢署にすみ着いたカルガモの親子=東京都八王子市南大沢1丁目

 東京都八王子市の警視庁南大沢署に、カルガモの親子がすみ着いた。草むらから顔を出し、よちよちと列になって歩く姿が、署員の心を癒やしている。

 すみ着いたのは、署の5階のバルコニー。5月26日朝、鳴き声を聞いた署員が、親ガモ1羽と子ガモ10羽を見つけたという。緑地に卵の殻があったといい、飛んできた親ガモが産んだようだ。

 署はバルコニーの灰皿を撤去し、住環境の整備にも努めている。バルコニーに面した単身寮には若手署員が55人住んでいるといい、古郷氏郎副署長は「仕事の疲れを癒やしてくれる。寮員が66に増えたと思って見守りたい」と話している。(根津弥)
http://www.asahi.com/articles/ASJ624DR2J62UTIL017.html

http://archive.is/3F1xJ
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森)ウミネコのひな、スクスク 八戸・蕪島【朝日新聞デジタル2016年6月4日】(既報1ソース)

ウミネコの孵化がピークを迎えた蕪島=2日、八戸市

 ウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定されている八戸市の蕪島(かぶしま)で、卵の孵化(ふか)がピークを迎え、スクスクとひなが育っている。

 今シーズンも例年並みの約3万5千羽が飛来し、4月半ばから産卵を開始、5月半ばには孵化が始まった。島の斜面や頂上部に所狭しと設けられた巣では、焦げ茶色の毛に覆われたひなを親鳥がかいがいしく育てている。

 ウミネコの監視員の馬渡政夫さん(73)は「心配した神社の火災の影響もなく、ひなが順調に育ってホッとしている」と話した。7月後半には夏場を過ごす北海道に渡っていく。

http://www.asahi.com/articles/ASJ624TB2J62UBNB00M.html

<蕪嶋神社全焼>ウミネコのひな すくすく【河北新報オンラインニュース2016年6月3日】
火事で焼失した神社跡地で子育てするウミネコ

 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている青森県八戸市の蕪島が、子育てシーズンを迎えた。例年並みの約3万5000羽が飛来しており、焼失した蕪嶋神社跡地にも巣を広げている。
 島頂上にあった社殿の跡地には立ち入り禁止のロープが張られているが、ウミネコは腰を据え、保護監視員や観光客に見守られながら子育てしている。隠れる場所がなく、ひなは親の陰に隠れていることが多い。
 ウミネコはひなが巣立った8月に八戸から北上。3月にまた島に戻ってくる。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160603_23017.html

http://archive.is/0szFq
蕪島でウミネコのひな続々誕生【Web東奥ニュース2016年5月26日】
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜)御嶽山でライチョウ生息数調査を開始 県【朝日新聞デジタル2016年6月4日】


 県は3日、長野県境の御嶽山(3067メートル)で、国の特別天然記念物ニホンライチョウの生息状況調査を始めた。21年ぶりの調査で、2014年9月の噴火災害がライチョウの生息環境に与えた影響を調べる。

 日本野鳥の会岐阜(大塚之稔代表)に調査を委託。下呂市と高山市にまたがる岐阜県側で、3〜5日と17〜19日、8月5〜7日の3回に分けて調べる予定。オスとメスのつがいでつくる縄張りの数から個体数を推定する方法を取る。長野県も今後調査する予定で、今年度末までに両県で結果をまとめるという。

 県の御嶽山調査は1984年と95年に続き3度目。縄張りの数に2・5を掛けて算出する方法で、84年は88羽、95年は73・5羽と減少した。

 ライチョウはえさとなる低木のハイマツが多い標高2千メートル以上の山地に巣を作り、御嶽山や乗鞍岳、北アルプスなど五つの山域に生息する。絶滅危惧種に指定され、全域の生息数は2千羽を割ったといわれる。
http://www.asahi.com/articles/ASJ634DBLJ63OHGB00F.html

http://archive.is/sgGWo
ライチョウ 御嶽山噴火の影響少なく 先立つ予備調査で判明 県や国、今月実態調査へ /岐阜【毎日新聞2016年6月1日】
ライチョウ 噴火の影響少なく 御嶽山で実態予備調査 /長野【毎日新聞2016年5月21日】
御嶽山のライチョウ 長野・岐阜、共同調査 時期や手法統一【信濃毎日新聞2016年2月23日】
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗鞍岳でライチョウ採卵開始 人工繁殖技術確立へ【信濃毎日新聞2016年6月4日】

 環境省などは3日、国特別天然記念物ニホンライチョウの卵の採取を北アルプス乗鞍岳で始めた。絶滅が危ぶまれるライチョウの人工繁殖の技術を確立する目的で2年目。この日は、上野動物園(東京)に提供する4個のうち3個を採取した。残る1個を4日に採取する予定だ。

 同省長野自然環境事務所(長野市)によると、信州大名誉教授で中村浩志国際鳥類研究所(長野市)の中村浩志・代表理事らが山頂付近で、雌のライチョウが巣から離れているのを確認して、二つの巣から計3個の卵を採取。運搬用容器に入れ山麓にある保温庫に保管した。4日に同様の方法で採取する1個と合わせて、同日中に上野動物園に輸送するという。

 中村代表理事らは5月29日から採取に適した巣を探す調査に取り組んでいた。今月7日まで調査を続け、今月中旬以降に抱卵期を迎えた卵も計8個採取し、大町市立大町山岳博物館と、富山市ファミリーパークに提供する予定だ。

 環境省は昨年も乗鞍岳で卵を採集し、上野と富山の2施設に提供しふ化に成功したが、上野のひな5羽は全て死に、生存しているのは富山の雄3羽だけになっている。同環境事務所の福田真・自然保護官は「採取した卵に異常は見つかっていない。今年こそは飼育技術を確立し、繁殖のステップにつなげたい」としている。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160604/KT160603FTI090016000.php

http://archive.is/Z6PDF
富山)ライチョウ12個採卵へ 3施設で人工飼育【朝日新聞デジタル2016年5月14日】
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする