2016年06月06日

ミナミイワトビペンギン ひな3羽6年ぶりふ化 海遊館【毎日新聞2016年6月6日】(既報2ソース/既報関連ソースあり)

6年ぶりにふ化したミナミイワトビペンギンのひな=大阪市港区の海遊館で2016年6月6日、宮嶋梓帆撮影
 大阪市港区の海遊館で4〜6日、ミナミイワトビペンギンのひな3羽が6年ぶりにふ化した。5年前から海遊館のペアで人工繁殖に挑んできたが、失敗が続いていた。

 高齢の雄が多いことから、今年は初めて東京都の葛西臨海水族園に協力を求めた。若い雄の精液を提供してもらって人工授精させた。成功すれば世界初となる。

 岩の間を跳びはねる姿から名付けられたが、絶滅の恐れがある。人工授精か自然交配のひなか、今月下旬にもDNA鑑定の結果が出る。吉報なら、飼育員も喜んで跳びはねる?【宮嶋梓帆】
http://mainichi.jp/articles/20160607/k00/00m/040/096000c

世界初の快挙か!大阪・海遊館の絶滅危惧ペンギン人工授精、待望のヒナ誕生【産経WEST2016年6月6日】
大阪・海遊館で孵化したばかりのミナミイワトビペンギンのヒナ
 絶滅の恐れがあるミナミイワトビペンギンの人工繁殖に取り組む海遊館(大阪市港区)で、4日から6日朝にかけて卵3個が孵化(ふか)した。DNA検査で父親が人工授精した個体と確認できれば、ミナミイワトビペンギンとしては世界初の快挙となる。平成23年から人工繁殖に取り組んでいるものの、繁殖メカニズムは謎に包まれており、昨年も失敗。飼育員らの間では「今度こそ」と期待が高まっている。(上岡由美)

 「あっ、ヒナが生まれそうだ。嘴(はし)打ちが始まった!」

 4日午後3時ごろ、海遊館の展示室。卵の殻を内側から嘴(くちばし)でつつき、しばらくすると1羽のヒナが卵から出てきた。

 体重69・5グラム。「ピィ、ピィ、ピィ」と元気よく鳴くヒナの姿に、見守っていたスタッフはほっと胸をなでおろした。4月下旬から5月にかけて生まれた4個の卵を2組のつがいが交代で温めており、ヒナ誕生の瞬間を待ちわびていたからだ。

 野生のミナミイワトビペンギンは、南大西洋のフォークランド諸島などに生息。国際自然保護連合(IUCN)が定めるレッドリストで絶滅のおそれがある「絶滅危惧種」に選定されており、海外から新たな個体を迎えるのが困難な状態だ。

 海遊館では平成2年の開館時から飼育しているが、現在は雄13羽と雌7羽の計20羽。20〜22年の3年間で5羽のヒナが誕生しているが、雄と雌の個体数のバランスが悪い上に雄の高齢化が進み、23年以降は孵化に至っていなかった。

 長期的に個体数を維持するには人工繁殖が必要として、23年から神戸大大学院農学研究科の楠比呂志准教授(保全繁殖)と共同で人工繁殖を開始。まず調べたのが雄の精子の採り方だ。5通りの方法を試し、不純物が混ざらない手法を確立したほか、雌の血液検査などを通して産卵時期を推定し、人工授精に適したタイミングを解明した。

 昨年は雌5羽に計11回の人工授精を行い、卵4個が得られたが、結局孵化しなかった。DNA検査の結果、人工授精ではなく自然繁殖(交尾)であることが分かった。失敗の原因として精液の量が少なかったことと、人工授精の時期が最適でなかった可能性が考えられた。

 そこで、海遊館は今シーズン、ミナミイワトビペンギンでは有数の繁殖実績を持つ葛西臨海水族園(東京)に協力を依頼した。同園で飼育している4歳〜推定21歳の雄8羽から精液を採取し、氷で低温状態を保ったまま新幹線で海遊館まで搬送。精子の状態を確認し、雌3羽に人工授精を施した。これを3回繰り返した結果、4月下旬から5月にかけて産卵。2組のつがいが卵4個を交代で温めてきたが、4、5、6各日にそれぞれ1羽ずつヒナがかえった。

 今後、DNA検査を行い、早ければ今月下旬にも人工授精によるものかどうかが判明する。飼育員の林成幸さん(31)は「これまでで一番期待が高い。人工授精技術の確立のためにも、ぜひ成功させたい」と話している。
http://www.sankei.com/west/news/160606/wst1606060073-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160606/wst1606060073-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160606/wst1606060073-n3.html

人工繁殖成功か、イワトビペンギン孵化…海遊館【読売新聞2016年6月6日】
孵化したミナミイワトビペンギンのひな(下)(6日午前、大阪市港区の海遊館で)=前田尚紀撮影
 生存が危ぶまれているミナミイワトビペンギンの人工繁殖に取り組んでいる「海遊館」(大阪市港区)で、4日から6日朝にかけてヒナ3羽が孵化ふかした。今後、DNA検査を行い、人工繁殖によるものと判明すれば、世界初の成功となる。

 ミナミイワトビペンギンは南大西洋のフォークランド諸島などに生息し、目の上の黄色い飾り羽が特徴で、体長約40センチ。国際自然保護連合のレッドリストで、3種類ある「絶滅危惧種」の3番目の「危急種」に指定されている。海遊館では現在、20羽を飼育し、2010年に2羽が生まれた後、ヒナはかえっていない。

 同館は個体数を維持するなどの目的で、11年から人工繁殖に挑戦。昨年は人工授精したメスが産卵したが、DNA検査で自然交配とわかり、孵化もしなかった。

 今年は、飼育数が多い葛西臨海水族園(東京都)に協力を求め、若いオスの精液を採取して人工授精し、4〜5月に5個の卵が生まれた。今後、卵殻に残った血液のDNA型を鑑定し、成否を調べる。十分な血液が得られない場合、ヒナの成長を3か月ほど待って血液を採取し、再検査する。飼育員の林成幸さん(31)は「順調に育つよう見守りたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160606-OYO1T50006.html

http://archive.is/dFL2p
http://archive.is/RnDpC
http://archive.is/j8WQ3
http://archive.is/pmfUw
http://archive.is/SRvii

海遊館 絶滅危機のペンギン、人工繁殖に挑戦 成功すれば世界初【毎日新聞2016年5月19日】
「来年こそ誕生」海遊館の挑戦 ペンギン人工繁殖【YOMIURI ONLINE2015年7月9日】
ミナミイワトビペンギン:人工授精、分かれば世界初 夢膨らむ海遊館 2組が有精卵抱く /大阪【毎日新聞2015年6月14日】

山口)ペンギン人工授精成功の海響館が記者会見【朝日新聞デジタル2016年5月25日】
フンボルトペンギン凍結精子で人工授精…世界初【読売新聞2016年5月25日】

猪名川町でアイガモ農法 49羽が田んぼデビュー【神戸新聞NEXT2016年6月6日】

盛んに虫などをついばむアイガモ=猪名川町北田原
 兵庫県猪名川町北田原の「合鴨(あいがも)米」を栽培する水田に6日、49羽のアイガモが放された。鳥たちは「ピイピイ」と鳴きながら群れをなし、盛んにくちばしを水中に入れ、草や虫をついばんでいた。

 アイガモ農法は、鳥が雑草や害虫を食べることで草取りの手間を省き、ふんを肥料にして稲を育てる。同町では、2000年から同農法を導入し、現在は6軒が従事。約150アールの水田に230羽が放される。
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201606/0009159720.shtml

http://archive.is/UXoL7
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江フォーゲルパーク レインコート姿、愛らしく ペンギン散歩 /島根【毎日新聞2016年6月6日】

子どもたちと一緒に歩くペンギン=松江市の松江フォーゲルパークで、根岸愛実撮影
 松江市の「松江フォーゲルパーク」で26日まで、梅雨に合わせてレインコートを着たペンギンたちが散歩している。5日は日曜日で、大勢の家族連れらが来園し、ペンギンと一緒に歩いた。

 施設では、季節に合わせて、ペンギンに特製の衣装を着せて散歩させている。この日は4羽のペンギンが、青や黄色のレインコートを着て、園内をトコトコと歩いた。

 ペンギンの散歩は、午前10時半と午後2時の1日2回。7月には開園15周年を記念して、ペンギンがタキシード姿でレッドカーペットの上を散歩する。

 山口県岩国市から家族で来ていた野上弦さん(5)は「一緒に歩いたり、エサをあげるのがおもしろかった」と話した。【根岸愛実】
http://mainichi.jp/articles/20160606/ddl/k32/040/263000c

http://archive.is/IjPiY

ツバメ 親子にほっこり 阪神尼崎駅に巣 /兵庫【毎日新聞2016年6月6日】

巣立ちを控えるヒナたちに繰り返し、えさをとって来ては与える親ツバメ=兵庫県尼崎市の阪神・尼崎駅で、高尾具成撮影
 阪神尼崎駅の改札口付近に今年もツバメが巣を作り、口を開けて親ツバメにえさをねだるヒナの姿が市民の心を和ませている。国連の定める「世界環境デー」の5日、駅利用客や買い物客らが足を止め、携帯電話で写真を撮るなどして、ツバメの成長や子育ての様子を見つめていた。【高尾具成】

 ツバメは阪神尼崎駅で例年、営巣しており、今年も中央改札口北側の壁に、泥や枯れ草などでつくられた巣ができた。5月下旬に産卵後、約2週間でヒナがかえった。この日は「浜・川・山の自然たんけん隊」事務局長で、日本野鳥の会会員の粟野真造さん(56)も様子を見に訪れた。粟野さんは日本野鳥の会が2013年から続ける「ツバメの子育て状況調査」と連携して観察会などを開いている。


ツバメの子育ての様子を見つめる市民ら。右から2人目が粟野さん=兵庫県尼崎市の阪神・尼崎駅で、高尾具成撮影
 ツバメは市街地で子育ての様子などを見ることができる数少ない野鳥。民家の軒先などに営巣して人が見守る力を借りて、天敵のカラスなどからヒナを守っている。だが、粟野さんによると最近はヒナのふんを嫌って、巣を落とす人がいたり、開発が進んだために、生きている昆虫しか捕獲しないツバメのえさ場が不足したりして生息数の減少が心配されている。

 粟野さんは「豊かな自然環境と、生き物を大事にする優しい心を持つ人がいて、ツバメは子育てができる。ツバメを見守る環境を培うことは、暮らしやすいまちづくりにもつながる」と語る。この日、保育園への通園などで毎日、阪神尼崎駅を利用しているという尼崎市西大物町の加納ちえこさん(42)と長女彩羽(いろは)ちゃん(6)も親ツバメの子育ての様子を見守った。彩羽ちゃんは「ツバメがどれほど家族を大切にしているのかが、よく分かる」と感心していた。

 「浜・川・山の自然たんけん隊」は「日本野鳥の会」のツバメについての小冊子「あなたもツバメ子育て応援団」を無料で配布している。問い合わせはたんけん隊事務局(080・6165・0990)。

〔阪神版〕
http://mainichi.jp/articles/20160606/ddl/k28/040/281000c

http://archive.is/6L0T0
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐賀)1200人ガタまみれ、鹿島ガタリンピック【朝日新聞デジタル2016年6月6日】(ラムサール条約/肥前鹿島干潟/他1ソース)

【動画】有明海の干潟の大運動会「鹿島ガタリンピック」に約1200人が参加=浜田祥太郎撮影

ガタスキーで進む親子=鹿島市音成

 有明海の干潟の大運動会「鹿島ガタリンピック」が5日、鹿島市であった。大人から子どもまで、約1200人が泥まみれになりながら奮闘した。

 今年のテーマは「鳥達も憩う干潟、そうだガタリンピックへ行こう!」。開会式で坂本鉄也実行委員長は、鹿島市内の肥前鹿島干潟がラムサール条約に登録されたことにふれ、「どろんこになりながら干潟の温かさを感じ、自然が生きていることを感じて下さい」と参加者たちに話した。

 競技は、干潟の上にひいた板のレールの上を自転車で走る「ガタチャリ」や、ガタスキーに乗って泥の上を滑り、ゴールまでの時間を競う「人間むつごろう」など8種類あった。前日の雨や風の影響で設営をやり直したため開始が30分ほど遅れたが、競技ごとに干潟に歓声がわいた。

 ロープにぶら下がり、飛ぶ距離を競う「ガターザン」で優勝した久野巧実さん(29)は熊本県荒尾市から参加。「熊本に良い報告ができる」と笑顔だった。日本以外からも13カ国・地域から参加があった。英国から留学しているレサニー・スコットさん(20)は「楽しかった。来年も参加しないと」。(浜田祥太郎)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6532CMJ65TTHB002.html

ガタリンピック 全員が泥んこ笑顔 8競技に1200人参加 鹿島 /佐賀【毎日新聞2016年6月6日】
多くの観客の声援を浴びながら競技を楽しむ参加者たち
 有明海の干潟で泥んこになって競技を楽しむ「ガタリンピック」が5日、鹿島市音成の道の駅鹿島であった。県内外から家族連れら約1200人が参加し、梅雨空の下、“ぬかるみ”の中で身を躍らせた。【松尾雅也】

 漁協や農協、商工団体の青年部などでつくる実行委員会が主催。毎年、多くの観光客やアマチュアカメラマンらが詰め掛け、初夏の訪れを告げる県の一大イベントとして定着している。32回目の今回は約3万人の観客でにぎわった。

 この日は、干潟の上に置いた一本橋を自転車で渡る「ガタチャリ」や潟スキーを操る「人間むつごろう」など8競技があった。クレーンにつるした長さ30メートルのロープを使って飛距離を競う「ガターザン」では、選手たちが振り子のように飛び出し、豪快に干潟に投げ出されると観客席から大歓声が上がった。

 佐賀市の佐賀女子短大教員、山田久三江さん(57)は「ロープを握って飛ぶと野生に帰った気分。ガタリンピックは会場の全員が笑顔になれるところが魅力です」と泥を滴らせながら話した。

干潟と競技の魅力、記者が体験 夢中の後は皆が一つ 「人間むつごろう」に出場

泥しぶきを上げて全力で潟スキーを前に進める池田記者
 肥前鹿島干潟がラムサール条約湿地に登録されて1年がたった。鳥たちが憩いの場とする干潟とはどんなものなのか。県外や海外からも人々が集うガタリンピックの魅力を全身で感じたいと、競技に初挑戦した。

 見渡す限り広がる泥。次々と沈んでいく参加者たち。ここに飛び込むのか−−。記者はその光景に圧倒された。参加したのは「人間むつごろう」。潟スキーを腕でこいで25メートルをどれだけ速く渡りきれるかを競う。

 「位置について。よーい、どん」。かけ声と共に、一斉に潟に飛び込む。目の前の泥に一瞬ひるみつつも「どうにでもなれ」と諦め、勢いよく飛び込んだ。ビチャッという音と共に口に入る泥。意外と土の臭みはなく塩辛い。潟がひんやりと冷たくて思ったより気持ち良かった。

 だが、こいでもこいでも思うように前に進まない。泥に腕をとられ、きつい。隣の若い男性はぐんぐん前へ進んでいく。「負けるものか」と夢中で腕を動かした。

 潟から引き上げてもらい、参加者全員が泥だらけで顔を合わせて笑い合った。会場は泥だらけの笑顔であふれ、国籍や性別関係なく、一つになっていた。【池田美欧】
http://mainichi.jp/articles/20160606/ddl/k41/040/184000c

http://archive.is/z0iGw
http://archive.is/zoQxO
posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子の絆、後世に【産経フォト2016年6月6日】

 インド北東部ガウハティでひなに餌をやるシラサギ。毎年この時季、数百羽が河岸の木々に巣を作る。シラサギにとっては当たり前の営みだが、人類にとってはこの光景を後世に残すことが義務≠ニいってもいいだろう。6月5日は「世界環境デー」だ。(AP)
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160605/dly1606050012-n1.html

http://archive.is/DLvkp
posted by BNJ at 20:52 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ喜ぶ”レストラン”を 鳥取市で講演会【日本海新聞2016年6月6日】

 コウノトリの生態を学ぶ講演会が5日、鳥取市内で開かれた。兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園の江崎保男統括研究部長(64)が、野生復帰の現状や課題を解説した。

コウノトリの野生復帰の現状を説明する江崎部長=5日、鳥取市西町2丁目の市福祉文化会館
 鳥取市気高町日光地区の水田では、近年コウノトリの目撃情報が増加。日本野鳥の会鳥取県支部が保護活動を考えるきっかけにしてもらおうと企画し、支部員と市民ら約40人が参加した。

 江崎部長は、繁殖地である但馬地方から離れる個体数が目立つ一方で、但馬内の個体数が50羽前後で横ばい傾向にあると説明。「餌の量などで決まるコウノトリの適正個体数が現在の但馬では50羽前後となっている」と分析した。

 今後の展開として、生息地が但馬から全国に広がる可能性も指摘。「水田や小川に淡水魚がいれば飛んでくる。コウノトリが喜ぶ“レストラン”を用意することが、生物多様性の保全・復元にもつながる」と訴えた。(浜田匡史)
http://www.nnn.co.jp/news/160606/20160606008.html

http://archive.is/UJoEC
posted by BNJ at 20:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする