2016年06月29日

海ワシ類のバードストライク防止策 環境省、風力発電向けの手引き書を作成【環境ビジネスオンライン2016年6月29日】(関連リンクあり)

環境省は、風力発電を推進する上で課題となっている、海ワシ類のバードストライクの防止に役立てるため、その各種防止策を検討し、実施の手引きとして取りまとめ公表した。

本手引きでは、海ワシ類のバードストライク発生メカニズム、防止策の考え方を示し、事業者や海ワシ類の保護等に取り組む関係者が、海ワシ類の保護や環境アセスメント等で役立てることができるよう取りまとめている。関係者に対して、活用を呼び掛けている。

複数の対策の組み合わせが効果的
バードストライク防止策の考え方では、単独では一定の効果にとどまる防止策でも、複数を組み合わせることにより、相乗的な効果が期待できることから、発生リスクや防止策のコストを比較しつつ、複数の対策を組み合わせることが適当だとしている。また、防止策を検討するにあたり、景観保全等を併せて考慮することが必要となる場合もあり、事業を実施する区域の地域特性に応じて適切な対策を選択することが重要だと指摘する。
https://www.kankyo-business.jp/news/012904.php

風力発電施設に係るバードストライク防止策
風力発電施設の設置については、猛禽類をはじめとした鳥類が風力発電施設のブレードに衝突し死亡する事故(バードストライク(リンク:YouTube環境省動画チャンネル) )が生じており、野生生物保全と風力発電推進の両立を目指す上での課題となっています。
環境省においては平成19年度から平成21年度まで、風力発電施設に係る適正整備推進事業を進め、風力発電施設の立地を検討していく上で、環境影響評価等の実施のポイントとその際に配慮すべき各種事項を「鳥類等に関する風力発電施設立地適正化のための手引き」(平成23年1月)としてとりまとめました。
しかし、風力発電施設の立地を検討していく上でバードストライクに関する知見等は十分とはいえず、絶滅危惧IB類に分類されるオジロワシの死因については、判明している限り風力発電施設へのバードストライクが最も多く、海ワシ類に関する知見を収集することは希少種保全上重要となっています。
このことから、平成22年度から平成24年度まで、特に海ワシ類を対象として、バードストライク防止策検討事業を進め、衝突状況の解明、その原因や効果的な防止策案を検討しました。
http://www.env.go.jp/nature/yasei/sg_windplant/birdstrike.html

http://archive.is/OJKWy
http://archive.is/XOYYr
海ワシ類のバードストライク防止策 環境省、風力発電向けの手引き書を作成【環境ビジネスオンライン2016年6月29日】
環境省_「海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施手引き」の策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)【環境省報道発表資料2016年4月26日】
風車と鳥類の衝突を自動検知、洋上風力にも使える遠隔監視システム【スマートジャパン2016年4月19日】

posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングギドラ、那覇に現る? 震え上がった一家に専門家が解説【沖縄タイムスプラス2016年6月29日】(ズアカアオバト)

電線で身を寄せ合うズアカアオバトの親子=27日午後8時半ごろ、那覇市首里汀良町(岸川晶太カさん撮影)
 那覇市首里汀良町の団体職員、岸川晶太郎さん(48)宅近くの電線に27日夜、「頭が三つ付いた鳥」が止まっているのが確認された。“第1発見者”の妻裕香さんと小学3年の長女藍(らん)さん(9)から、仕事帰りに一報を聞いた岸川さんは「まさかそんなのいるのか」と半信半疑。だが家に着くと「確かに1羽にも3羽にも見える」とうなずくしかなかった。雨が降ったりやんだりする中、午後7時半ごろから翌28日午前7時ごろまで、時折首を動かすだけでほとんど身じろぎもせずとどまっていた。

≫ 沖縄の少女売買春、搾取する男性側の問題点とは?

 「もしかして、キングギドラのヒナなのか…」。岸川さん一家がゴジラシリーズに登場する怪獣を思い浮かべ、震え上がった謎の生物の正体は一体−。

 「ズアカアオバトの親子ですね。夜なので休憩か就寝中です」。そう冷静に解説してくれたのは、沖縄野鳥の会の山城正邦会長(53)だ。6月はズアカアオバトの繁殖期後半で、小雨の日は電線を寝床にすることも。雨を弾く能力が十分でないヒナは、水にぬれて体が冷えると命に関わるため、親バトが羽を膨らませ保温するという。正解は「中心の親バトに1羽に見えるほど身を寄せる、2羽のヒナの愛らしいワンシーン」だった。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=175650

http://archive.is/AUtcE
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定住のコウノトリ雄に新たな恋? 別の雌と仲良く巣繕い【徳島新聞2016年6月29日】(既報関連ソース多数)

 鳴門市大麻町に居着いているコウノトリの雄が、春に産卵した雌とは別の雌と巣繕いするなど急接近している。コウノトリ定着推進連絡協議会は来春の繁殖に向けて新たなペアになる可能性もあるとみており、巣から半径400メートルの立ち入り制限区域で撮影や観察をしないよう改めて協力を呼び掛ける。

 5歳の雄と一緒にいるのは兵庫県朝来市生まれの2歳の雌。協議会や近隣住民によると、ペアだった3歳の雌が4月19日に徳島を離れて以降、雄は2歳の雌が近寄ると威嚇するなどしていたが、最近は巣周辺の田んぼで2羽が餌をついばんだり巣繕いしたりして仲良く過ごす姿が確認されるようになった。

 一方、4月上旬に繁殖が失敗した後、「繁殖期は終わったのだから自粛をやめるべきだ」などとして自粛区域に入ったりドローンを飛ばしたりする観察者が後を絶たないため、協議会員が観察者に声を掛けるとともに、県ホームページで啓発することにした。

 協議会は、現在の2羽が一緒に巣繕いしたからといってただちにペア成立とは言えないとしながらも「このままでは来年の繁殖に影響しかねない。離れて見守ってほしい」と訴えている。
【写真説明】餌をついばむ2羽のコウノトリ=28日、鳴門市大麻町(浅野由美子さん提供、望遠レンズで撮影)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/06/2016_14671649072124.html

http://archive.is/EcHvs
コウノトリの雄、巣の近くで見つかる 朝来市生まれの雌と一緒【徳島新聞2016年5月18日】
コウノトリ、雄も11日から姿消す 住民ら「残念」と肩落とす【徳島新聞2016年5月17日】
コウノトリ、鳴門を離れパートナー探し? 兵庫・豊岡で撮影【神戸新聞NEXT2016年5月3日】
徳島)鳴門市のコウノトリ、カラスに卵襲われ繁殖失敗【朝日新聞デジタル2016年4月7日】(既報関連ソース多数)
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅館の中庭でカルガモが子育て 鶴岡の「たちばなや」【山形新聞2016年6月29日】

仲良く泳ぐカルガモの親子=鶴岡市・たちばなや
 鶴岡市のあつみ温泉の旅館「たちばなや」の中庭で、野生のカルガモが子育てに励んでおり、宿泊客たちを楽しませている。

 中庭の池には5年ほど前から、春になるとカルガモがすみ着くようになった。今年も3月ごろに親鳥の姿が見られるようになり、5月下旬と6月中旬に雛が生まれた。

 現在は約20羽おり、このうち生後10日ほどで手のひらに納まるサイズの雛たちは、親鳥の後ろをよちよちと歩いたり、元気いっぱいに餌をついばんだりと、愛らしい姿を見せている。宿泊客たちはロビーからカルガモたちのしぐさを眺め、写真に納めていた。

 カルガモは例年、8月下旬ごろに巣立つという。たちばなやの佐藤鉄平専務は「野生のカルガモを間近で見られるのは貴重。餌づけを体験できるので、ぜひ楽しんでほしい」と話していた。
http://yamagata-np.jp/news/201606/29/kj_2016062900731.php

http://archive.is/PeLK6
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウ ふ化 上野動物園で飼育に挑戦 毎日小学生新聞【毎日新聞2016年6月29日】

 東京都台東区とうきょうとたいとうくの上野動物園うえのどうぶつえんで26日にち、国くにの特別天然記念物とくべつてんねんきねんぶつ「ニホンライチョウ」の卵たまご4個こがふ化かし、ひな4羽わが生うまれました。環境省かんきょうしょうなどによると、性別せいべつは不明ふめい。飼育しいくに専念せんねんするため一般公開いっぱんこうかいはしないそうです。

 ニホンライチョウは生息数せいそくすうが2000羽以下わいかとされ、環境省かんきょうしょうが絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅに指定していしています。国くには人工繁殖じんこうはんしょくを目指めざし動物園どうぶつえんと協力きょうりょくしています。
http://mainichi.jp/articles/20160629/kei/00s/00s/007000c

http://archive.is/BK3ZS
人工孵化、大きく育て ライチョウ4羽誕生 上野動物園【朝日新聞デジタル2016年6月27日】

アオバズクに「お別れ言いたいなあ」 “学友”今年も現れず、来春統合の波多津小 伊万里市 [佐賀県]【西日本新聞2016年6月29日】

アオバズクが巣作りしていたセンダンのうろを指さす西山校長

子どもたちを見守るようにセンダンの枝に止まるアオバズク=2014年6月

 伊万里市波多津町の波多津小に30年ほど前から毎年訪れていたアオバズクが、昨年に続き今年も姿を見せていない。同小は来年度から町内の波多津東小と統合、校名は残るが校舎は使われなくなるため“学友”との再会は本年度が最後のチャンス。「お別れも言えないのかなあ」と児童や先生たちはやきもきしている。

 波多津小のアオバズクは毎年5月下旬に飛来。中庭にある高さ20メートル以上のセンダンのうろで子育てしていた。プールの歓声が聞こえても、笛の音が響いても、まん丸い目で木の上から子どもたちの学校生活を見守り、1学期の終わりごろ、ひなの巣立ちとともに南へ旅立っていた。

 昨年は3月ごろからひと回り大きなフクロウがすみ着き、5月下旬には木の下に争った痕跡とみられるアオバズクの羽が散乱。結局アオバズクの姿は見られなかった。7月初めに“遅刻”して来ることはあったが“欠席”は初めてだった。

 「今年もフクロウに遠慮したんですかねえ」と西山太佳子校長。「子どもたちにとってアオバズクは身近な存在でした。最後の年なので、別れを告げに来てくれないかなあ」とセンダンを見上げた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/255071

http://archive.is/iY9No
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 12:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東海が動植物や水資源調査結果公表 リニア環境アセス【中日新聞2016年6月29日】(ノスリ/オオタカ/クマタカ)

 JR東海は二十八日、リニア中央新幹線の環境影響評価(アセスメント)書などに基づき、県内で二〇一五年度に観測した動植物の生態系や水資源の調査結果を公表した。年度単位で結果がまとまるのは今回が初めて。

 工区に生息するオオタカ、ノスリ、クマタカの個体調査をはじめ、地下水の水質や地表水の流量に関する工事前データを公表した。飯田市、大鹿村、喬木村の生息調査では、対象の鳥が施工ヤード設置箇所の近くで確認され、巣を作って繁殖した例もあった。同社は保全措置をとり、影響を減らすとしている。

 豊丘村の虻川と飯田市の松川の水質について、カドミウムやヒ素の重金属が環境基準を下回っていたとする調査結果なども公開された。

 同社は、結果を県や沿線自治体へ報告した。今後は年度ごとに項目別の調査結果をまとめ、環境変化を把握する。

 (高畑章)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160629/CK2016062902000009.html

JR東海、リニアの環境調査公表【日本経済新聞2016年6月29日】
 東海旅客鉄道(JR東海)は28日、リニア中央新幹線の環境影響評価書に基づいて2015年度に実施した調査の結果を発表した。希少動植物や水資源などについて定点観測結果や巣の設置などの保全策をまとめたもので、沿線7都県にも送付した。岐阜県ではオオタカやハチクマなど希少動植物が確認され、同社は「環境には十分に配慮して工事を進めたい」(広報部)としている。
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO04176280Y6A620C1L91000/

http://archive.is/91Sds
posted by BNJ at 11:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危ないよカルガモと卵 あぜに巣、越前市の住民見守る【中日新聞2016年6月29日】

天敵を警戒しながら卵を温めるカルガモ=越前市文室町で

 越前市文室(ふむろ)町の田んぼのあぜで、無防備に卵を温めるカルガモが話題になっている。身を隠す物がない上、卵やひなを狙うカラスやヘビなどの天敵も多いため、住民らはハラハラしながら見守っている。

 町内にはカルガモが生息しているが、田んぼを所有する下文室農家組合長の山口秀和さん(68)は「あぜでの抱卵は見たことがない」と言う。五月下旬に確認した二個の卵はいつの間にかなくなり、天敵に襲われたとみている。今回も同じ場所で抱卵している。

 二回目の抱卵を確認したのは十七日ごろ。二十八日朝、カルガモに近づくと、傷を負っているように見せておとりになる「偽傷(ぎしょう)」で、近くの水田をぎこちなく泳いだ。巣の中には八個の卵が見えたという。

 日本鳥類保護連盟顧問の林武雄さん(同市粟田部町)によると、カルガモは草むらなど目立たない場所で抱卵するが、あぜで卵を温めるのも珍しくない。

 カラスの警戒などを続ける山口さんは「都会で移動するカルガモは話題になるが、あぜでの抱卵は小さな集落ならではの心温まる話題」とひなの誕生を待ち望んでいる。

 (山内道朗)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160629/CK2016062902000023.html
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅寸前コサンケイひなヨチヨチ 自然ふ化、鯖江市西山動物園で初【福井新聞ONLINE2016年6月29日】(既報1ソース)

すくすく育つコサンケイのひな=福井県鯖江市の鯖江市西山動物園

 絶滅の恐れがあるキジの仲間コサンケイのひな1羽が福井県鯖江市の鯖江市西山動物園で初めて、親鳥の抱卵による自然ふ化で誕生し、すくすくと育っている。同園で公開している。

 5月に産まれた卵10個のうち9個はふ卵器に移した。残り1個は「親鳥が必死で温め続けていた」(同園)ため、試しに育てさせたところ6月2日に自然ふ化したという。これで同動物園で飼育されているコサンケイは、他県の動物園から借り受けている成鳥の2羽と人工ふ化の5羽、自然ふ化の1羽の計8羽となった。

 自然ふ化のひなは15日現在、体長約6センチ、重さ約30グラムで、ふわふわとした薄茶色の毛が生えている。親鳥の後を追いちょこちょこと歩く愛らしい姿が見られる。半年ほどで性別が判明し、1年ほどで成鳥になるという。

 国際自然保護連合のレッドリストによると、コサンケイは絶滅危惧種の中でも、ごく近い将来に野生での絶滅の危険性が極めて高い「CRランク」に指定されている。同園によると、国内では野生はおらず、2014年時点で全国10カ所で31羽が飼育されている。自然ふ化は全国でも例があるという。
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/98680.html

コサンケイ、初の自然ふ化成功 鯖江・西山動物園【中日新聞2016年6月28日】
園内で初めて自然ふ化し、すくすくと育っているコサンケイのひな=鯖江市西山動物園で

 鯖江市西山動物園で、絶滅の恐れがあるキジの仲間「コサンケイ」が初めて自然ふ化した。人工ふ化した五羽とともに育っているが、同園ではこれまで成鳥になったコサンケイがいないため、飼育員らは順調な成長を願っている。

 自然ふ化したのは一羽。四〜六月に親鳥が産んだ卵約二十個のうち一個を温め、今月上旬にふ化した。十五日時点で体長六センチ、体重三〇グラム。性別は分かっていない。キジ舎で公開している。

 自然ふ化の場合、ヘビに狙われる恐れなどがある。園ではこれまで、ふ卵器を使った人工ふ化に取り組んでいたが、産まれてしばらくして死んでしまった。今回は親鳥が卵を放したがらなかったため預けてみた。ひなは元気よく鳴き、親鳥について動き回っている。

 人工ふ化でも五羽がかえり、非公開スペースで飼育している。ベビーラッシュに飼育員は「相性の良いペアが卵を多く産んでくれた。赤ちゃんがこんなに生まれたことはない」と喜んでいる。

 (山口育江)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160628/CK2016062802000016.html

http://archive.is/IMJtt

美しい羽はためかせ アオバト飛来 上野【上毛新聞ニュース2016年6月29日】

 美しいオリーブ色のアオバトが、塩分を含む水を求めて、野栗沢温泉がある上野村の森林に多数飛来している=写真。


 ※アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと、動画を見ることができます。この機会にぜひお楽しみください。
http://www.jomo-news.co.jp/ns/5314671301384145/news.html

http://archive.is/OUdJ0
タグ:アオバト
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする