2016年06月30日

建設でもめた「恐竜のテーマパーク」公開(愛知県)【NNNニュース2016年6月30日】(オオタカ/既報関連ソースあり)

 名古屋市緑区の大高緑地に建設された恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャー名古屋」が7月1日にオープンとなり、30日に報道公開された。ディノアドベンチャー名古屋は、大高緑地の約2ヘクタールの広さに巨大な「動く」恐竜約30体が展示された森をカートに乗って走るアトラクションという。今回は先行オープンで、徒歩で約600メートルの遊歩道を12体の「動く恐竜」を見て歩くコースとなっているということで、入場料は大人600円、中学生以下は400円ですべてのコースの完成時期は未定。ディノアドベンチャー名古屋の建設をめぐっては、日本野鳥の会など約50団体がオオタカの営巣地が近く自然を守りたいなどとして、建設への抗議や署名が提出されたり、名古屋市では建設中止を求める陳情書や環境調査を求める請願書も提出されている。建設を許可した愛知県は「今年のオオタカの営巣を確認している。進め方は適切」としている。
http://www.news24.jp/nnn/news86230550.html

動く実物大恐竜「怖い〜」 大高緑地で1日、施設仮開業【中日新聞2016年7月1日】
「ディノアドベンチャー名古屋」の内覧会で恐竜に驚く子どもら=名古屋市緑区の大高緑地で

 名古屋市緑区の県営公園・大高緑地に一日、恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャー名古屋」がプレオープンする。三十日、地元の子どもらを招いた内覧会があった。

 公園北西部にある丘の西向き斜面を活用。森林内にティラノサウルスやアロサウルスなどの実物大模型十二体が配され、来場者がコースを歩いて来ると、首を左右に振ったりほえたりして反応する。

 内覧会には、地元の風かおる幼稚園の園児ら百人が参加。恐竜の動きに「キャー」「怖い」と声を上げていた。年長の広瀬莉奈ちゃん(6つ)は「びっくりして怖かったけど、すごく楽しかった」と笑顔を見せた。

 施設を手掛けたエヌエーオー(岐阜県郡上市)の社長谷口潤さん(31)は、内覧会で「夢と感動を与え、太古を連想させる施設。お年寄りから子どもまで家族連れで楽しんで」とあいさつした。

 施設の完成度は現時点で全体計画の40%ほど。八月下旬以降、再度工事し、最終的には自動カートに乗って三・二ヘクタールの敷地を回れるようになる予定。入場料は、一般六百円、中学生以下四百円。

 (高田みのり)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160701/CK2016070102000064.html

http://archive.is/Gcr7b
愛知 「恐竜パーク」今週着工 名古屋・大高緑地【中日新聞2016年3月2日】
愛知 恐竜パーク騒音審議へ 緑区の環境審、3月下旬以降【中日新聞2016年2月20日】

posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ ヒナ、順調に成長 県こども動物自然公園 /埼玉【毎日新聞2016年6月30日】(既報関連ソースあり)

 県こども動物自然公園(東松山市岩殿)は23日、国の特別天然記念物「ニホンコウノトリ」のヒナ4羽が今月2、3、5、8日にそれぞれふ化し、順調に成長していると発表した。同園がヒナの繁殖に成功したのは昨年に続いて2回目。

 多摩動物公園(東京都)から2010年2月に譲り受けたペアの雌(15歳)が今年3月に4個を産卵したが、この時の卵は兵庫県立コウノトリの郷公園に送られて「仮親」に温められ、同所で4月に2羽のヒナが誕生していた。

 通常、コウノトリは春の繁殖期に3〜4個の卵を温めるが、繁殖早期に失敗すると再び産卵して2回目の繁殖を試みることがある。こども動物自然公園はこの習性を利用して2回目の産卵を促した結果、雌が4月下旬から5月初旬にかけて4個の卵を産んだ。雄(16歳)と交代で温め、今月に入って4羽がふ化。どのヒナも現在、親がはき出して与えるドジョウを食べて元気に育っているという。

 飼育担当者は「昨年は3羽がふ化したが、そのうち1羽は1カ月半くらいで死んでしまった。今年は4羽とも無事に大きく育ってほしい」と話している。【中山信】
http://mainichi.jp/articles/20160630/ddl/k11/040/194000c

http://archive.is/xDJmz
コウノトリ2年連続繁殖成功 埼玉県こども動物自然公園で4羽孵化【産経ニュース2016年6月28日】
コウノトリの幼鳥2羽放鳥 「朝来に里帰り」期待込め飼育施設で式典【産経ニュース2016年6月22日】
コウノトリ 朝来の2羽、21日に放鳥式 /兵庫【毎日新聞2016年6月3日】
埼玉)コウノトリのひな、すくすく こども動物自然公園【朝日新聞デジタル2015年6月1日】
コウノトリ3羽繁殖 こども動物自然公園で初【東京新聞2015年5月30日】
28年目で初、コウノトリ赤ちゃん 埼玉県こども動物自然公園【産経ニュース2015年5月26日】

小笠原の固有種ピンチ 世界遺産登録5年、外来種が脅威【朝日新聞デジタル2016年6月30日】(アカガシラカラスバト/メグロ)

多様な植生や石灰岩特有の地形が見られる南島。東京都の認定ガイドが同行しないと上陸できない無人島=5月18日、小笠原諸島・南島、中山由美撮影

母島の山中に咲く固有種・ハハジマノボタン。絶滅危惧種に指定されている=小笠原諸島・母島、中山由美撮影

 小笠原諸島が世界自然遺産に登録されて29日で5年を迎えた。独自の進化を遂げた動植物の固有種が豊かなことが評価されたが、外来種の侵入などで固有種は減っている。ユネスコから現状報告を求められる時期も近く、さらに悪化すれば「危機遺産」になる恐れもある。環境省は外来種対策など新たな管理計画づくりを始める。

小笠原の「ボニンブルー」 海を彩る生き物たち
 小笠原諸島に固有種が多いのは、大陸とつながった歴史がないからだ。なかでも在来の陸産貝類(カタツムリ)は100種を超え、その95%が固有種で、進化の歴史もわかることが遺産登録の大きな理由となった。だがその価値が今、人の行き来にともなって入り込んだ外来種の脅威にさらされている。

 天敵はヒルのような外見の外来プラナリア(ニューギニアヤリガタリクウズムシ)やネズミだ。プラナリアは生息域を広げ、父島ではオガサワラオカモノアラガイが絶滅、カタマイマイは一部地域を除き消えた。兄島でもクマネズミに食べられカタマイマイが減っている。

 ネズミ対策で環境省は島々に殺鼠剤(さっそざい)を散布した。だが、大半の島で数カ月から数年たつとまたみつかる。「地形が複雑な島のあちこちに広がり根絶は難しい」と環境省小笠原自然保護官事務所の尼子直輝さんは言う。しかも殺鼠剤を、絶滅が危惧される固有種のアカガシラカラスバトやメグロが食べてしまう恐れがある。

 何かをたたけば別の影響が出る、外来種対策は「もぐらたたき」のようだ。固有種の植物を食べてしまう野ヤギは約20年で7218頭捕り、父島以外では根絶した。ヤギ被害がなくなって固有植物が増えた島がある一方で、兄島では外来植物のギンネムやモクマオウが増えてしまった。さらにエサ環境がよくなり、ネズミが増えた可能性もあるという。

 ログイン前の続きまた、野ネコはネズミを捕ってくれるが、固有種の野鳥やオガサワラオオコウモリを襲うので捕獲している。

 同省自然環境計画課の松永暁道さんは「一地域でこれほど多くの外来種対策が必要な所は国内で他にない。様々な生物間の相互関係を理解しなくてはならない」と話す。世界遺産地域の管理計画を見直すため、今年度中に地元関係者、研究者らとワーキンググループをたちあげる方針だ。

■危機遺産の恐れも

 国内で世界自然遺産に登録されているのは白神山地(1993年)、屋久島(同)、知床(2005年)、小笠原諸島(11年)の4件だ。国際自然保護連合(IUCN)が調査して評価し、ユネスコの世界遺産委員会が決定した。

 小笠原諸島は登録時に「侵略的外来種対策の継続」を要請された。行政や地域の団体、学識者らが連携し、遺産を将来にわたって維持管理する必要がある。

 登録後は約5〜6年ごとにユネスコから保全状況の報告を求められる。白神、屋久島、知床は最初の報告を終えており、小笠原は今後いつ求められてもおかしくない。同省関東地方環境事務所の千田智基さんは「遺産価値と認められたところが悪化している。全島的な影響が出たら危機遺産にされてしまうこともある」と懸念する。

 危機遺産とは、世界遺産としての価値が著しく損なわれた場合に指定される。価値が失われてしまえば、世界遺産の登録も抹消される。

 ダーウィンの進化論で有名な南米エクアドルのガラパゴス諸島は一時、危機遺産となった。世界遺産に登録されて観光客が急増したことなどで環境が悪化したためだ。巨大なサンゴ礁のグレートバリアリーフは昨年、危機遺産入りを審議されたが、豪州政府が改善策を報告して免れた。

 同省自然環境計画課の松永暁道さんは「日本も責任を持って遺産を守っていく責務がある」と話す。(中山由美)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6F3S0KJ6FUTIL02J.html

http://archive.is/V8XEP
小笠原の「ボニンブルー」 海を彩る生き物たち【朝日新聞デジタル2016年6月30日】
posted by BNJ at 23:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小笠原の「ボニンブルー」 海を彩る生き物たち【朝日新聞デジタル2016年6月30日】

【動画】小笠原の海の魚たち=諫山卓弥撮影

日本固有種の魚・ユウゼンの群れ。地元では、「ユウゼン玉」と呼ばれている=小笠原諸島・嫁島沖、諫山卓弥撮影

 東京都心から南へ千キロ。「絶海の群島」と呼ばれる小笠原諸島の海にもぐった。美しさは世界屈指だ。透明で濃い青は、かつての諸島の名「無人(むにん、ぶにん)島」にちなみ、「ボニンブルー」と呼ばれる。クジラやイルカ、アオウミガメをはじめ、様々な生き物に出会える。

小笠原の固有種ピンチ 世界遺産登録5年、外来種が脅威
 5〜6月の海はまだ冷たさが残る。でもこの時期にしか出会えない世界がある。

 静かに潜っていくと、群れをなすユウゼンに囲まれた。ユウゼンの名の由来は友禅染。黒地に白斑点の模様が、まさに和風だ。小笠原から八丈島の海域にいる。普段は1〜2匹で泳ぐが、春に数十〜数百匹が群れて「ユウゼン玉」をつくる。繁殖のために集まるのか、他の魚の卵を狙っているのか、まだ謎が多い。

 岩陰に入ると、いかつい顔のサメ「シロワニ」がいた。そっと近寄り、岩にへばりつき、身じろぎせずに観察する。鋭い歯をむき出し、ギロリとした目で迫って来たかと思えば、3メートルの巨体をくるりと反転。こちらを気にもせず悠然と泳いでいる。おとなしいサメとは知っていても緊張する。

 嫁島には巨大な岩「マグロ穴」が海上に突き出ている。そのアーチの下にはイソマグロが群れていた。1メートル超クラスが時には数百匹、銀色の巨体を光らせ、ぐるぐる回る姿は迫力満点だ。

 陸上の生物に比べて、海の魚は固有種であるかの判断は難しく、研究も進んでいない。だが小笠原のオビシメやミズタマヤッコ、ミナミイカナゴは固有種とみられており、ミナミイスズミのようにほかの海域の魚とは色など特徴に違いがみられるものもいる。

 美しさがあふれるこの海にも、かすかな変化はあるという。父島生まれでダイビング店「海神」のガイド・山田鉄也さん(31)は、テングダイなど根魚が減り、海藻のラッパモクが増えたと感じる。「海は豊かな魚たちのすみかであり、海鳥たちのエサ場でもある。観察を続けていきたい」(中山由美)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6S65DQJ6SUTIL04R.html

http://archive.is/plYdd
小笠原の固有種ピンチ 世界遺産登録5年、外来種が脅威【朝日新聞デジタル2016年6月30日】(アカガシラカラスバト/メグロ)
タグ:海鳥一般
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市内生息の動植物6030種網羅 新種も追加、リスト刊行 鹿沼市【下野新聞SOON2016年6月30日】(カラシラサギ)

新たに刊行された「鹿沼市動植物リスト2015」
 【鹿沼】市は市内に生息が確認された動植物を網羅した「市動植物リスト2015」を刊行した。市の第4次環境基本計画等策定基礎調査結果報告の別冊で、2011年に作成したリストを引き継ぎつつ、アブの一種で新種登録申請中のヨコネツリアブ(仮称)などを追加した。ボランティアでデータ収集や編集作業を担った鹿沼自然観察会の渡辺知義(わたなべともよし)会長(71)は「リストは鹿沼の自然がどれだけ豊かなのかを測るメジャーとなる。種の多様性の保全や研究に役立ててもらいたい」と話している。

 リストには、市内で確認された植物、昆虫類、魚類、両生類、爬虫(はちゅう)類、鳥類、哺乳類の計7分類6030種を収めた。新たに追加されたのは、ツルコケモモなど植物が8種、ヨコネツリアブや県内で4例目というベッコウタマユラアブなど昆虫類が135種、鳥類はカラシラサギ1種。各種が記載されている報告書、県のレッドリストへの記載、標本の有無なども分かるようになっている。

 A4判でリスト81ページ、五十音順の索引78ページ。巻末に索引が付いたことで、利便性も向上した。50部を刊行し、県立博物館や大学などに配布。研究や市の環境計画に生かされるという。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20160626/2368160

http://archive.is/GMukE
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新商品、ニワトリ形のまんじゅう 闘鶏神社と田辺をPR【AGARA紀伊民報2016年6月30日】

 和歌山県田辺市東陽の闘鶏神社参道沿いにある和菓子店「菓匠二宮」(二宮茂樹社長)は30日、同神社にちなみニワトリをかたどった新商品「闘鶏まんじゅう」をお披露目した。神社は7月に世界遺産に追加登録される見通し。包装紙や箱もかわいい「闘鶏」をデザイン。神社と田辺をPRする土産の新定番にしたいという。

 まんじゅうは、テトラ型でニワトリを表現。表情は一つ一つ手作業で描いている。包み紙もニワトリのイラスト入りで、赤が梅あん、白がユズあん。皮の色も赤(梅)と白(ユズ)に焼き分けている。源平合戦で双方から援軍要請を受けた熊野水軍の熊野別当湛増(たんぞう)が、闘鶏神社で赤を平氏、白を源氏に見立て紅白のニワトリを闘わせ、神意を占った故事にちなんだ。

 梅あんは、みなべ町産の梅ジャムを使用。梅酒やシソを加え、後味がさっぱりした爽やかな甘みに仕上げた。ユズあんは田辺市産のユズで作ったペーストを使用。ユズの香りが楽しめる。

 箱を包む包装紙はカラフルな4色で、ニワトリ、梅の花、ユズのイラストが入っている。箱は白を基調に円の真ん中にニワトリの顔をデザインしている。箱は「とんとん相撲」の型紙付き。ニワトリの「力士」を組み立て、箱を土俵にゲームが楽しめる「おまけ」もある。

 デザインを含め、商品開発はデザイナーの大神慶子さん(岡山市)が協力。大神さんは田辺商工会議所の「ごろごろみかんスイーツ」事業でポスターのデザインを手掛け、二宮社長ともつながりがあった。

 二宮社長は「見てかわいい、食べておいしい、遊んで楽しいお土産。闘鶏神社の参拝客はもちろん、地元から遠方への贈り物にも広く使っていただきたい」と話している。

 1箱9個入りで1440円。1個160円。いずれも税込み。7月10日から販売する。問い合わせは菓匠二宮(0739・22・1001)へ。


【和菓子店「菓匠二宮」が闘鶏神社にちなんで作った新商品「闘鶏まんじゅう」】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=317040

http://archive.is/HybJ5
タグ:鳥類意匠
posted by BNJ at 23:12 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アルプスのライチョウ保護 市民が生息調査を支援【静岡新聞アットエス2016年6月30日】

南アルプスに生息するライチョウ=2014年6月(静岡ライチョウ研究会提供)
ライチョウの生態や南アルプスの成り立ちについて学ぶ参加者=25日午後、静岡市葵区

 南アルプスユネスコエコパーク(生物圏保存地域)のシンボルで個体数の減少が指摘されているニホンライチョウの保護に向け、静岡市、川根本町など静岡、山梨、長野3県の10市町村が本年度から「ライチョウサポーター」の養成を開始した。登山愛好家らをサポーターに認定して目撃情報を集め、生息環境の把握につなげる。
 ライチョウは静岡・長野の県境に位置する南アルプスのイザルガ岳が世界の生息地の南限とされ、南アの推定なわばり数は1980年代の130から2000年代には51に減少したとの報告がある。環境省の保護・増殖事業が本格化していることを受け、10市町村による「南アルプス世界自然遺産登録推進協議会」が市民レベルの保護意識醸成を図ろうとサポーター制度を創設した。

 25日に静岡市葵区で開かれた講座には74人が参加。静岡大の増沢武弘特任教授や生息調査を毎年実施している「静岡ライチョウ研究会」の朝倉俊治会長から南アの生態系や高山植物、ライチョウの判別の仕方などを学び、サポーターの認定証を受け取った。
 サポーターは南アでライチョウや羽、ふんなどの痕跡を見つけた際に写真を撮り、環境省が運営する生物情報収集・提供システム「いきものログ」や各市町の担当課に報告する。講座は3県に加え東京都でも開催し、本年度は200人程度のサポーターが誕生する見込みだ。
 1997年から生息調査を続ける朝倉会長は「ライチョウの生息数は減少期に入っていると言え、早急な対応が必要」と指摘。将来的な保護の担い手育成にも期待を寄せている。

 <メモ>ニホンライチョウ 南北アルプスや乗鞍岳、御嶽山などの高山帯に隔離分布する。国の天然記念物で絶滅危惧種。推定生息数は1980年代の3千羽から2000年代には2千羽に減少し、天敵となる動物の分布拡大や高山植生の変化の影響が指摘される。環境省はひなの保護や生息域外での人工飼育などに取り組んでいる。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/ecopark/255823.html
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/ecopark/255823.html?page=2

http://archive.is/1niFS
http://archive.is/9IALq
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山動物園の人気者切手 日本郵便が発売【どうしんウェブ2016年6月30日】(キングペンギン/エゾフクロウ)

旭山動物園の動物の写真を使った4種類の切手セット
 日本郵便北海道支社(札幌)は、旭川市旭山動物園で人気の動物たちの写真を使った4種類のオリジナルフレーム切手セットを、上川管内中部、南部の郵便局93局で販売している。

 動物園切手セットは6回目の販売で、美瑛郵便局の斉藤恵一局長が撮影した動物写真入りの切手10枚に、ポストカード2枚付き。水中を泳ぐホッキョクグマやゴマフアザラシ、キングペンギンのほか、愛らしい表情のエゾフクロウ、寝そべってくつろぐアムールヒョウなどの写真を使っている。

 52円切手セット(2種類)は1200円、82円切手セット(同)は1500円。各2500セット用意。旭川や当麻、美瑛、富良野、占冠など2市12町村で扱う。

 また、9月19日まで、動物園のぺんぎん館入り口近くに郵便局の臨時出張所を開設。あざらし館横の売店前にあるペンギンのポストに投函(とうかん)すれば、今年は消印としてレッサーパンダの図柄の風景印が押印される。切手セットも販売する。

 問い合わせは日本郵便北海道支社郵便・物流営業部(電)011・214・4184へ。(川浪伸介)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0287774.html

http://archive.is/CWSxW

ヤマゲラのひなが少女の頭にちょこん、ロシア【AFPBB News2016年6月30日】

露モスクワ郊外の村で巣穴から出てきて少女の頭の上にとまったヤマゲラのひな(2016年6月29日撮影)。(c)AFP/SERGEI GAPON
露モスクワ郊外の村で木の幹の巣穴から外をのぞくヤマゲラのひな(2016年6月29日撮影)。(c)AFP/SERGEI GAPON

【6月30日 AFP】ロシア・モスクワ(Moscow)郊外の村で29日、少女の頭の上にとまるヤマゲラのひなの姿が見られた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3092284

http://archive.is/m8h1t
posted by BNJ at 11:40 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川)ミサゴ、子育て奮闘【朝日新聞デジタル2016年6月30日】

鷲づかみにした魚を巣に運ぶ親鳥(右)。足元でまだ小さいひなが待ち受ける=小豆島町、中塚正春撮影

 寒霞渓を望む小豆島町の急峻(きゅうしゅん)な岩場の上でタカの仲間ミサゴが子育て中だ。6月初旬にヒナ3羽が羽化したが1羽減り、今は2羽が巣立ちの日を待っている。

 ミサゴは別名「空飛ぶ漁師」。空から急降下して水中の魚を捕らえる。親鳥は巣と海を行ったり来たりして、魚をせっせとひなに与えている。

 ミサゴは環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている。
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q6HRVJ6QPLXB01K.html

http://archive.is/HpPzJ
タグ:ミサゴ
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道)小樽運河沿いにウミネコ続々 騒音に懸念の声【朝日新聞デジタル2016年6月30日】

小樽運河近くにあるウミネコの集団営巣地=小樽市

 小樽市の小樽運河沿いで、ウミネコのヒナが続々と誕生している。

 4月下旬からウミネコが次々と空き地に飛来し、今では集団営巣地になった。日本野鳥の会小樽支部長の梅木賢俊さん(72)は「ここで大規模な営巣は初めて。小樽市高島沖の弁天島の営巣地が過密状態となり、新しい営巣地を求めて飛来したのではないか」と話す。

 観光コースに近いことから、茶色い産毛のヒナが親鳥に餌をねだる姿をカメラにおさめる観光客も多い。だが周辺にはホテルが立ち、鳴き声による騒音やフン害を懸念する声も出ている。(佐久間泰雄)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6N5F5QJ6NIIPE02C.html

http://archive.is/zYIHf
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気象予報士が天気解説本 KRYが学校などに寄贈【読売新聞2016年6月30日】(野鳥)

浅原教育長(右)に本を手渡す山本さん
 KRY山口放送は29日、天気や災害について知識を深めてもらおうと、気象予報士で同社社員の山本昇治さん(38)が執筆した天気の解説本「天気のミカタ」(27日発行)610冊を県内の学校や図書館に寄贈した。

 山本さんは気象予報士としての経験を基に、季節ごとの天気の特徴や四季を告げる昆虫、野鳥についてイラストと写真を交えて解説。また、地震や水害から身を守る方法を「防災のミカタ」、天気の兆候を示す雲の種類を「雲のミカタ」として特集し、幅広い世代が興味を持てるよう工夫したという。B5判162ページ、1200円。

 県庁で行われた贈呈式で、山本さんは「災害から身を守るため、天気を見る方法を分かりやすく示した。ぜひ活用してほしい」と話し、県教委の浅原司教育長に本を手渡した。かつて理科の教員だった浅原教育長は「とても分かりやすい。授業の教材として活用したい」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20160629-OYTNT50023.html

http://archive.is/acUug
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“休日のみ日本画家” 明石出身の会社員が作品展【神戸新聞NEXT2016年6月30日】(オウム)

「絵をきっかけに何かに挑戦するなど、漣が起きてきた」と話す中井さん=明石市東仲ノ町
 日本画作品展「−漣(さざなみ)−」が、アスピアスマイルギャラリー(兵庫県明石市東仲ノ町、アスピア明石北館3階)で開かれている。同市東人丸町出身で、明石高校美術科を卒業した中井公美さん(23)=京都市上京区=が、7点を展示している。

 中井さんは京都精華大学日本画コースで学んだ後、会社員をしながら「休日のみ日本画家」として活動。水干絵の具や岩絵の具などを用い、鳥や植物を中心に描いている。

 明石の実家付近の風景を描写した「静寂」、オウムのいらだちを表現した「対峙」、夏の明石公園で池のスイレンを描いた「陽光」など100号サイズからA4サイズより小さいものまで、さまざまな作品が並んでいる。

 明石では初の展示といい、中井さんは「地元で作品を見てもらえる機会をいただき、とてもうれしい。日本画をあまり見たことがない人にも鑑賞してもらえたら」と話している。

 7月3日まで。午前10時〜午後8時(最終日は午後5時まで)。主催の明石文化芸術創生財団TEL078・918・5085

(金山成美)
http://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201606/0009235120.shtml

http://archive.is/ipIMb
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逍遥先生、ふん害に“憤慨” 「銅像シャツ」きょうで終了【岐阜新聞2016年6月30日】(ツバメ)

 岐阜県美濃加茂市職員有志がクールビズをPRしようとJR美濃太田駅前の坪内逍遥像にポロシャツを着用させていた取り組みが、30日終了する。当初は9月末までの予定だったが、雨天が続いたことやツバメのふん害が深刻で、洗濯の回数が増えていたことから決めた。

 クールビズと市が演劇界で優れた功績のあった人をたたえる「逍遥大賞」のPRのために5月31日から着せてきた。この間に何者かにポロシャツが脱がされ、無くなる事案もあった。職員有志は引き続き着用する。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20160630/201606300841_27559.shtml

http://archive.is/Otgwq
タグ:ツバメ 鳥害
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】トラフズク(虎斑木菟) スクスクと育つ【東京新聞2016年6月30日】

 栃木・群馬・茨城・埼玉の4県にまたがる渡良瀬遊水地で26日、夏木の枝に並ぶトラフズクの幼鳥。オナガ数羽が騒々しく鳴いたので一瞬、目を大きく広げて周囲を見回した。春に誕生し、スクスクと育って、親と見間違うほどに。印象的な光景に魅了される。
 23年前の春、関東で初めて同遊水地で繁殖が確認された。ひなは6羽も。カラスの古巣を利用した。頭に羽角(うかく)という耳状の羽毛がある。フクロウの仲間。全長38センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2016063002000130.html

http://archive.is/h8LaV
タグ:トラフズク
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウのひな2羽誕生 ファミリーパーク【北日本新聞2016年6月30日】(他3ソース)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工飼育に取り組んでいる富山市ファミリーパーク(同市古沢)は29日、ひな2羽が誕生したと発表した。28日午後2時55分と、午後11時にふ化し、体重は16〜18グラム。全身が茶色の羽毛に覆われ、いずれも元気という。

 環境省が昨年から実施する保護増殖事業の一環。ことしは6月21日、乗鞍岳(長野、岐阜県)で8個の卵を採取し、パークと大町山岳博物館(長野県大町市)に4個ずつ運んだ。

 6月上旬にも4個を採卵し上野動物園(東京)へ運び、26日に4個ともふ化した。

 パークでは残る2個のうち1個が殻をつつき始め、もう1個も卵が揺れるなどふ化に向けた動きが見られる。ひなの性別は、卵の殻のDNA鑑定により秋ごろには判別できる見通し。

 昨年は10個を採卵し、上野とパークで5個ずつ飼育した。上野は全滅。パークの雄3羽が順調に成長し、うち2羽は今月27日で、1羽は7月2日で1歳となる。ことし採取した卵から雌が無事成長すれば、来年春からの繁殖が可能となる。

 山本茂行園長は「1年間の飼育に成功したことは、大きな節目。この後も順調にふ化することを願いながら、飼育に全力を傾けたい」と話した。
http://webun.jp/item/7288711

ライチョウ 2羽孵化…ファミリーパーク【読売新聞2016年6月30日】
孵化したニホンライチョウのヒナ(富山市ファミリーパーク提供、28日撮影)
 富山市ファミリーパークは29日、国の特別天然記念物で絶滅が心配されているニホンライチョウのひな2羽が28日に孵化ふかしたと発表した。環境省による人工繁殖事業の一環で、ファミリーパークでは昨年に続き今年も孵化に成功した。

 ファミリーパークには今月21日、環境省が乗鞍岳山頂付近(長野県、岐阜県境)で採取した卵4個が届けられた。卵は孵卵器で温められ、28日午後2時55分に1羽目が、同日午後11時に2羽目が、それぞれ自力で殻を割って孵化した。元気に鳴き声を上げているという。今後、卵に残された内容物のDNAを分析して雌雄の判定をする。

 今回から人工繁殖事業に参加している長野県大町市の大町山岳博物館には、同じく21日に卵4個が運ばれているが28日午後5時現在、孵化する兆しはまだないという。今月4日に卵が届けられた東京・上野動物園では、26日にひな4羽が誕生している。

 人工繁殖1年目の昨年度は、ファミリーパークと上野動物園がそれぞれ卵5個の孵化に取り組んだ。ファミリーパークでは4羽が孵化し、うちメス1羽が死んだがオス3羽は順調に育っている。上野動物園では生まれた5羽全てが死んだ。

 ファミリーパークの村井仁志動物課長は「孵化直後は弱いので、注意深く飼育していきたい。残る2卵も孵化してほしい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160629-OYTNT50219.htmlhttp://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20160629-OYTNT50219.html

富山)ライチョウ2羽孵化 富山市ファミリーパーク【朝日新聞デジタル2016年6月30日】
【動画】孵化した2羽のニホンライチョウ=富山市ファミリーパーク提供

28日午後11時に孵化したヒナ=富山市ファミリーパーク提供

 絶滅が危惧されるニホンライチョウの人工飼育に取り組む富山市ファミリーパーク(同市古沢)は29日、乗鞍岳(長野、岐阜県)で採取した卵4個のうち2個が孵化(ふか)したと発表した。メスであれば人工繁殖が期待できるが、性別がわかるまで半年ほどかかるという。

特集:どうぶつ新聞
 同パークには21日に卵4個が運ばれ、孵卵(ふらん)器で温めていた。卵の内側からくちばしで殻を割る「嘴(はし)打ち」が27日午後6時から確認され始め、1羽が28日午後2時55分、もう1羽が同日午後11時に孵化した。別の卵1個も「嘴(はし)打ち」が始まっている。

 ヒナ2羽の体重は16〜18グラムほどで、体調は良好という。孵化後2週間が特に体調を崩しやすいため、担当者は「小さい動物なので、しっかり観察をして異常を早く見つけたい」と話した。ヒナには、ギシギシという野草を細かくちぎったものなどを与える。

 ニホンライチョウの人工飼育は昨年から始まり、乗鞍岳で採取した卵10個から同パークのオスのみ3羽が育った。孵化から約1年で448〜512グラムになり、いずれも順調に成長しているという。

 今年は同パーク、上野動物園(東京都)、大町山岳博物館(長野県)に卵4個ずつ運んだ。上野動物園の4個は26日に全て孵化した。(吉田真梨)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Y41FKJ6YPUZB012.html

ライチョウ 富山ファミリーパークで2羽ふ化【毎日新聞2016年6月29日】
富山市ファミリーパークで卵からふ化したニホンライチョウのひな=同園提供・共同
 富山市ファミリーパークは29日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の卵2個がふ化したと発表した。卵は環境省が21日に乗鞍岳(長野、岐阜)で8個を採集し、うち4個をファミリーパーク、残りを大町山岳博物館(長野県大町市)に運んでいた。

 ファミリーパークによると、27日夕に1羽が卵の殻をつつき始め、28日夜までに2羽がふ化した。2羽とも体重は16グラム前後で性別は不明。全身が茶色の羽毛に覆われ、いずれも元気という。

 環境省が取り組むニホンライチョウの人工飼育事業の一環で、今年で2年目。(共同)
http://mainichi.jp/articles/20160629/k00/00e/040/255000c

ライチョウ卵2個ふ化 富山、性別1、2カ月後判明【中日新聞2016年6月30日】
ふ化したニホンライチョウのひな=28日午後11時ごろ、富山市ファミリーパークで(同パーク提供)
写真
人工繁殖に向け雌 期待

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は二十九日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウの卵二個がふ化したと発表した。今年で二年目を迎える環境省によるニホンライチョウの人工飼育事業の一環。同パークでは昨年ふ化した雄三羽が順調に育っており、今回のひなが雌だった場合、人工繁殖を進める。

 卵は、同省が二十一日に生息地の乗鞍岳(岐阜、長野)で八個を採集し、パークと大町山岳博物館(長野県大町市)にそれぞれ四個ずつを運んでいた。

 パークによると、二十七日夕にひなが卵から出るため殻をつつく「嘴(はし)打ち」が見られるようになり、二十八日夜までに二羽がふ化した。

 ひなは現時点で性別不明。いずれも体長約五センチ、重さ一六〜一八グラムほどで元気に育っており、性別は一、二カ月ほどで判明するという。残る二個の卵にも嘴打ちなどの兆候がすでにあり、近日中にふ化する見込み。

 パークでは、昨年採集した卵から育てた三羽が雄のみだったため、人工繁殖に入るには雌が必要となっていた。

 パーク動物課の村井仁志課長(52)は「全ての卵を無事にふ化させるのが第一。雌がいれば人工繁殖も成功させ、個体数増加に貢献したい」と話した。

 今年は乗鞍岳で計十二個の卵を採集し、上野動物園(東京)でも四羽がふ化している。 (杉原雄介)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2016063002100025.html

http://archive.is/hh6T3
http://archive.is/Ubjn4
http://archive.is/RuxdY
http://archive.is/vqoIG

十文字チキンに20億円融資 復興支援で農林中金【岩手日報WebNews2016年6月30日】(既報関連ソースあり)

 農林中央金庫(河野良雄理事長)は29日、東日本大震災の復興支援プログラムとして、鶏肉食品製造業の十文字チキンカンパニー(二戸市、十文字保雄社長)に20億円の融資を決めたと発表した。同社の久慈工場(久慈市小久慈町)の増設資金で、2011年12月に取り扱いを始めた東北農林水産業応援ローンでは、県内最大規模。

 増設工事は15年11月に着工し、敷地内に鉄骨2階建て延べ床面積約1万2千平方メートルの新工場を整備している。増設により鶏肉製品製造の最大処理能力は従来より約4割増え、国内最大規模の1日9万羽となる。本格稼働開始は17年12月の見込みで、既に約70人を新規雇用した。

 工場増設に当たり、同社は国の「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」も活用。補助金と同金庫のローンで総事業費約89億円の約7割をまかなえることになり、佐藤政孝専務は「着実に事業を軌道に乗せ、さらなる雇用創出で久慈市の復興に寄与したい」としている。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20160630_4

http://archive.is/DXHx3
肉用若鶏の生産農場も拡大へ/十文字CC【デーリー東北2015年12月12日】
岩手)久慈の食鶏処理加工工場、増設へ 国内最大規模に【朝日新聞デジタル2015年10月22日】
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天売島ウミスズメ266羽確認 絶滅危惧種「生息数は安定」【どうしんウェブ2016年6月30日】

天売島周辺の海上で確認されたウミスズメ=調査に参加した大学生矢萩樹さん提供
 【天売】北海道海鳥センター友の会(羽幌)は、国内では天売島だけで繁殖が確認されている絶滅危惧種ウミスズメの今年の生息状況調査の結果をまとめた。最大確認数は過去2番目となる266羽で、最多だった昨年を33羽下回った。ただ、調査条件の違いによる誤差の範囲ともみられ、友の会は「一定の数が安定的に生息していることが分かった」と捉えている。

 調査は5月30日〜6月9日に計4回、海鳥センターの自然保護専門員松井晋さんらが行った。調査場所は巣のある島西部の断崖から300〜600メートルの沖合で、午後9時〜10時半ごろまで小型船からスポットライトを使って目視で数えた。

 その結果、3日に今年最多となる266羽を確認。ほかは5月30日130羽、7日143羽、9日41羽だった。

 友の会がウミスズメの調査を始めたのは2012年。この年は208羽、13年は181羽、14年161羽で、昨年が過去最多の299羽を数えていた。

 また、繁殖率を調べるため、ウミスズメを一時的に捕獲し、卵を抱えて毛が擦り切れる「抱卵斑」も調べた。この結果、捕獲した30羽中、17羽の下腹部に抱卵斑が見られ、単純計算で56・7%の個体が繁殖していたことが分かった。過去の調査でも繁殖率は6割前後とみられており、松井さんは「天売島で毎年繁殖が成功している裏付けになる」という。

 ウミスズメは体長約25センチの小型の海鳥で、繁殖地に飛来するのは夜間だけ。海上で子育てする習性があり、過去の調査例が少なく生態には不明な点が多い。ただ、友の会が5年連続して行った調査で毎年150〜300羽ほどの生息数が確認されたことで、松井さんは「実態がつかみにくかった生態を調べる手法が確立してきた。今後の基礎データになる」と話している。(鷲見浩二)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0287716.html

http://archive.is/6Tggd
タグ:ウミスズメ
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする